無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






(今日から使える) 【4時間足~日足スイングで効果的な「負けない検証方法」を考える!】

2020 2月 04 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

(今日から使える)
【4時間足~日足スイングで効果的な「負けない検証方法」を考える!】
⇒編集後記で

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

どうもゆうです!
こんにちは。


さてさて、もう2月にもなりまして、

市場もなんかボラは少ないけど動き出しておりますね~


ちなみにイギリスのEU離脱なんかは結構警戒してる

投資家、トレーダー多かったはずですが


意外にそこまで動かない感じはありましたね。


まあただ今年なんかはトランプとかボリスジョンソンが

色々ぶち込んでくるでしょうから 

トレンドも上でも下でも出てくるでしょうから


しっかり待ちたいところです。


それで、今日はずばり

【4時間足~日足スイングで効果的な検証方法を考える!】

としました。


これ、もう今日から出来ますね。


それで逆にこの検証方法は私なんかはよくやってるのですが

ただ15分足とかのデイトレードとかは結構難しいかもしれませんが

4時間足~日足あたりのトレーダーなんかは


この検証方法取ると、より精度があがって

ズバリ「負けづらく」なりますね~


ぶっちゃけこの 工程をトレード前に入れて

2020年代トレード続けるのと


入れないでトレード続けるのでは

かなり利益額にも違いが出てくると思われます。


是非考えて生きましょう!


編集後記で!















☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



【以下は世界経済の動向やFXや株などの関係の
最新PDFレポート・ゆうのエッセイ論文】などです


【解説】ディズニーランドが値上げすることが
話題になっていました。

8200円くらいの入場料になるということです。

これを聞いて子供が「ディズニー行きたい!」と言って来る
家庭のお父さんお母さんは戦慄している。

が、実はそんな中で株主たちは利益を拡大しているわけです。
10年で10倍。

そんで、「なぜ実質は不景気なのに、どこも値下げで対抗してるのに
果敢に値上げできるの?」
ですが

実はこれがバフェット投資で言う、
「消費者独占企業」の特徴です。

こういう事例からリアルに投資を学んでいきます。

PDFレポート
【ディズニーランドの入場券が大人8200円に値上げ!?】
から「消費者独占企業」について考え学ぶ!!
⇒  http://fxgod.net/pdf/dizni_dokusen.pdf


【解説】

日本で以前にユッケを、店頭で出すことがほぼ禁止されました。
日本の支配者である官僚たちの天下り先を作るために
大きく報道され規制されたという視点もある。

けど、私が今いる韓国ではユッケは食べ放題の店があって
なんとお値段1890円くらいでした。

日本で禁止されたユッケが食べられてなおかつ
食べ放題な店ですが

サーモン食べ放題の店でもあるけど
韓国にいるととにかく韓国の20~30代に大人気で
いつも並んでます。


(写真付きPDFファイル)
【韓国では「ユッケ食べ放題」の店がある!?】(若者に常に人気な店)
⇒  http://fxgod.net/pdf/yukke_korea.pdf




【解説】実は最近流したメルマガでめっちゃ反響があったのが
この号でした。

私も驚いたんだけど韓国のカフェでPC広げてると

「めっちゃ大きいディスプレイで17インチはあるのに
やたら板のように薄いPC」

を使ってる人がいる。


調べてみたらこのPDFに書いてあるPCでした。
もう2020年代は17インチある大型パソコンが
1.3キロで20時間稼動で使える時代で


しかも乱暴に扱っても耐久性が高いようです。
最近どんどん個人がPCで仕事しやすくなってる。


PDFレポート【17インチで重さたった1.3キロで20時間近く稼働する
パソコンがアジアの若者に人気!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/lg_gram_yabai.pdf



【解説】
「稼げるようになったら
個人事業主なのか株式会社設立なのか問題」


ってのは「どっちが正解というのはなくて」
もちろん、「その人による」、んですが


ただ最近、特に若いIT業界とか投資系の業界では


「元々株式会社の形態で社長やっていたけど
会社たたんで個人になる」

みたいな動きが私の周りでは特にすごい増えてます。

今日はその辺は正解はなくてその人次第ではあるんだけど

稼げるようになったら
個人事業主にするのか株式会社にするのか?について
詳しく考えていきます!

(コラムPDF)
【稼げるようになったら「個人事業主」か「株式会社設立」
どっちがいいのか!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/kojin.pdf





【解説】プーチンが

「国連安保理5カ国P5の
アメリカとイギリスとフランスと
中国とロシアで 首脳会談しようぜ!」


って言いました。

日本ではマスコミがちゃんと伝えたがらないため
その本質的な意味が分からない人も
多いのですが


これ実現したら実は「新ヤルタ会談」になるんです。

「後世の歴史の教科書に残るある種の
歴史的な会談」


になるんですね~

その辺について書きました!


PDFレポート【プーチン大統領が国連5カ国
(アメリカ、イギリス、フランス、中国、ロシア)の
首脳会談を提案したことについて考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/putin_p5.pdf




【解説】1月は色々ありましたが
その中で「米中貿易協定」なんかは注目されまして
一応、好材料として扱われました。

が、実際その後の株高なんかは実際は
実質QE4のものであって

またトランプ大統領はいつでも
「米中貿易戦争を再開できるように」してる感じがあります。


トランプ大統領が軍産側に気遣って行ったものなので
マスコミは持ち上げますが

実態は
「かなり怪しい米中貿易協定」ですが
その辺について扱ってます~



PDFレポート【「米中貿易協定の怪しさ」について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/beityu_kyoutei.pdf





【解説】アメリカのトレーダーたちの間で
使われてる トレードなどで使われる有効な負けづらい
プライスアクションのシナリオについてです。


トレードの話です。


サポレジを使ったものですが
騙しのひげなどを考慮するシナリオで
勝率が高く+リスクリワードは高いものです。


出現比率は少ないものの、検証すると良いかも

PDFレポート♪
(画像付き)【アメリカのトレーダーが最近よく使ってる
プライスアクションの戦略とは!?】
(サポレジ転換後⇒ピンバー)
⇒   http://fxgod.net/pdf/us_priceaction.pdf



【解説】韓国にいると分かるのが
「スピード」を重視する人が大変多いということです。


そこで「早く早く文化」というものが形成されています。
今の時代「早い⇒お金持ち」になる傾向が強まってます。

そしてこのスピードにブルーオーシャンをあわせると
最強だったりしますが


それについて書いてます

PDF★コラム☆【競争が少ないブルーオーシャンを取るための
「スピード感」】
⇒  http://fxgod.net/pdf/speed.pdf







【解説】以下は私が現在韓国にいるんだけど
そこで分かった「日韓の埋められない?違い」についてです!

私は収入が増えようと出費はリーマン時代の貧しいときと
あんまり変えないというのを
10年間続けてるためハングリー精神は常に維持してます。

そして普段は公共交通機関が充実してる
韓国では電車バスで移動してわけですが
そこで面白いのが 韓国の公共バスは 遅いベンツを煽り倒す
のです。

日本では考えられない光景だ。
けどこの後ろには「スピード重視」の哲学があって
それがきっと この数十年の韓国の躍進の背後にあるって話です。

「スピード」について真剣に考えましょう。

PDFレポート
【韓国の公共バスはベンツを煽り、
クラクションを30回以上鳴らす時がある!?】
(スピード重視)
⇒  http://fxgod.net/pdf/korea_bus.pdf






【解説】以下はFX関係で利益出ない方は読んだほうが良いかも。
たぶん成績劇的に改善するかも。


これをやっていない人はお金ない人多いし、
これをやってる人はお金ある人が多いのはこれ冷酷な世の中の事実、
です。

それでなぜそれをみんなやらないか?

というとマネーが絡むから。


逆にその辺に気づくと、負けない体質に変わって行きます。


PDFレポート【FXや株で「○○の時間」を長くすると利益でる】
(負けが超減る)
⇒  http://fxgod.net/pdf/forex_bunseki.pdf






【解説】以下は損きりできない人のためのもの。
また損きりもトレードと投資では考え方が違うっていう
みんな知らない話書いてます。

ちなみに大多数のトレーダーというのは
損きりができません。

なんででしょう?


が、一方「損きりが早すぎる人」も存在します。
が、トレンドが出たときなんだかんだ後者の人は
儲けている。

それでこの「違い」は何か?を説明してます。
私が自分で気づいたオリジナルではなくて
友人の億トレーダーが喫煙所で教えてくれた内容だけど

素晴らしい本質かも。


PDFレポート
【「プライド高い人」はFXや株トレードで
「損きりできない傾向」 がある!?】
(絶対価値の金融商品と相対価値の金融商品の話)
⇒  http://fxgod.net/pdf/anti_pride.pdf





【解説】以下は私がいる韓国でロボットが発展しすぎて
ハンバーガー屋の注文取るカウンターの仕事が消滅しつつある
2020年の現状をレポートしました。

私たちが生き残るためには?の私が発見した答えを書きました。

「機械やAIで人間の仕事はなくなる~」のは一部事実だろうけど
実は・・・生き残り方なんか 頭使えばいくらでもあるわけです。

むしろ機械やAIを配下におくのが大事ですね。


写真付きPDFレポート
【韓国のバーガーキングでは「店員のおねえちゃん」が
「カウンターの機械化」で
消えてきている!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/korea_robot.pdf











【解説】以下はイラン爆撃時にチャートで
「おかしな動き」がNYダウや金ゴールドチャートで見えました。

この背後について考えます。2019年9月以降の銀行間市場OMOを使った、
FRBパウエル議長にトランプ大統領がさせてる
実質のQE4 の仕掛けの動きが観察されます

PDFレポート
【イラン爆撃で「おかしな動きをしたNYダウと金ゴールド」
の裏のマネーの動き、について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/iran_nydow_gold.pdf




【解説】大きなファンダメンタルを見て、私たちが世界の株式市場などで
企業に資金投下して利益上げる場合

その国の素晴らしい人口動態を示す人口ピラミッドや、

また政治経済において
近代デモクラシーとそれに付随する資本主義が回ってないと
どんなに素晴らしい経営者が経営していても

利益が上がりづらいです。


それでその視点で日本の政治体制は近代デモクラシーや資本主義を
導入できてるか?
をカルロスゴーン事件を元に考えます。

この視点だと日本市場は長期的な利益率が低くなる傾向が見えてきますが
その根拠が分かります


PDFレポート【副島先生の最新言論から
「世界に注目されるカルロスゴーン」
について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/soejima_carlos.pdf




【解説】アメリカの大金持ちたちの資金動向を学びます。
なぜアメリカ人の情報を得てる大金持ちたちが
100ドル札や金ゴールドを備蓄するのか?

テレビ新聞では報じられないアメリカの大金持ちたちの
生の経済観を考えます。

PDFレポート
【最近アメリカの大金持ちたちは
100ドル札と金を備蓄しだしてる!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/us_rich_1……dollar.pdf



【解説】韓国のインチョン空港では最近色々な芸術活動をする
ライブ会場が用意されていて楽しめます。

そこでかわいいバレリーナが踊っていまして
目の保養になりました。

またバレエはロシアですがそういったロシアと韓国の関係も
あるのかも?とか。


(写真付きPDF)
【韓国に着いたら空港でバレリーナが踊っていた】
(台湾の空港では「怪しいロボット」が働いていた)
⇒  http://fxgod.net/pdf/korea_taiwan.pdf







【解説】たぶんこれから孫正義の話が増える。
世界でも日本の孫正義が注目というか警戒されだしている。
彼はどうも「第2のロックフェラー」になりたがっており

さらになんとアリババの大株主で
これから世界の投資家の間でも無視できない存在となっていきそう。
マレーシアでもネットの書き込みで英語で

「SON がGRAB(マレーシアのライドシェアサービス)を買収したら
値上げされてきてる」と話題な彼です。

しかしアリババという価値あるサービスを提供してる
企業の大株主は孫さんでもある。

人間の価値は毛髪の有無ではなく
その中身の脳の強さであるのかもしれません。

PDFレポート
【「ソフトバンクの孫正義氏」と
「アリババ」と「ブロックチェーン」 について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/son_alibaba.pdf




【解説】ついに、私のメルマガで数年前から
しつこく金の可能性と金を買うべき根拠を書いてきたけど
(たぶん、私ほどメルマガでこれを書き続けた人はあんまいない)


金1グラムが以前の3000円とか4000円台から
6000円になりました。


そしてその後ろの世界の経済・金融環境について
一喜一憂せず、分析を書きました。
2020年代は金ゴールドが徐々に注目されるかもしれない。



PDFレポート
【ついに「金ゴールドが1グラム6000円」を超えた!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/gold_6000.pdf




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆








============編集後記==============

さてさて、今日はズバリ、今日から使える

4時間足~日足のスイングなんかで使える検証方法を

考えます!


これは結構やってる人は以前ちょっと書いたから

いるかもしれませんが、


これからトレードやる人なんかは絶対やったほうが良いと

個人的には考えております。



それでまず「何かのトレードルールがあったとしたら

そのトレードルールを100回は検証する」


なんてのはこれはもう常識ですから


今回はそれが出来ている人を対象としている記事

ですね。



ちなみに例えば、ロジックとして極めて分かりやすいのが

こういうロジックですが


これは欧米のトレーダーが使ってるプライスアクションの

トレードルール。


極めてシンプル。



PDFレポート♪
(画像付き)【アメリカのトレーダーが最近よく使ってる
プライスアクションの戦略とは!?】
(サポレジ転換後⇒ピンバー)
⇒   http://fxgod.net/pdf/us_priceaction.pdf




この形でのピンバーなんかはズバリ検証したら

分かりますが


トータルで負けづらく極めて利益が結果として

出やすいってのは


検証した人なんかはわかると思います。



ちなみに時間足は4時間足~日足がやっぱり良いですよね。

15分とかは私は検証してないので分からないです。

(私の場合 株とか現物とかメルマガ書いたり、
色々やってるから15分足は見られない。

4時間~日足が一番良い。)



それで、今回の検証のやり方ってのは

4時間足~日足でやってる人なんかは取り入れると良いと

思うのですが


まず「100回以上検証してそのトレードルールは

負けないで統計的には利益が出ることが多い」


ってことが分かってる状態を前提としますよね。


ただ、そこでも「さらに負けづらくする方法」

ってありまして


今号ではそれを書きたいわけです。


まず、「普通の検証」ってのがあって

これは最近だとFOREX TESTER4とか


あとは、PCのメタトレーダーの上の再生ボタンみたいの止めて

過去チャートを見て検証する方法とか


あとは過去チャートを紙に印刷して

ベッドにゴロゴロして検証する方法とか


結構検証のスタイルって個人個人で色々取れますよね。


ただ、大体のケースで例えばルールとして



「MA10、25、75を出して

そのMAに プライスアクションの


「買いピンバー」(下髭が長い。

実体と髭比率が1:3以上。)


が出たとき

その髭がタッチしてピンバーが確定した後、


ピンバーの少し上にエントリーポイントを置いて

ストップはその髭とタッチしてるMAのちょい下


あとは利益確定はストップ1に対して2伸びたら

決済」


というルールがあったとします。


これをルールAとします。



このルールAも通貨間相関で「強い通貨×弱い通貨」の組み合わせなんかの

時は結構負けないで

ある程度のボラがある通貨で結構利益でますよね。



ただ、通常、この検証をしているときなんだけど

結構機械的に検証するわけですね。


MAにタッチしたピンバーを過去チャートで探して

それで1回づつ検証するわけですね。


といっても慣れたら数秒で終わる。


ここで大体100回検証とかするわけなんですが

そこで一応 まあ負けないな、と分かって


実践でそのルール適用するわけですね。

(ちなみにPCでカフェとかで検証するにしても
やっぱり11インチや13インチは小さい・・・と思いますが
そこで昨日のLGのGRAM17インチとかあるとより楽ですよね)



が、ここで実際のトレードではさらに

「チャート形状」って見えているわけです。

人間だと判断できる。



例えばですね、



「買いピンバー」でも上記のようなルールがあるけど

例えば


その「買いピンバー」が 上昇トレンドで

ガンガン上がった後に形成されてる時

(いわゆるエリオット波動で仮定しちゃうと

5波と想定できるときに買いピンバーが出てるとき)







その「買いピンバー」が下降トレンドが終わって

それでダウ理論上で高値更新がされて

安値もきり上がったのを確認した後に


出ている場合、



ですと



これ勝率も利益率も全然違ってくるわけですね。


それで通常のトレードだと上のルールAが出た場合なんだけど

まあ機械的にトレードするのは大事であるのだけど


これはだから文字通り「機械的に」ですけど

それならEAに任せておけっていう話もあるんです。


ただここで「私たち人間は」


上記のような



「ピンバーがどのようなチャート形状で

現在出てるか」


って「分かる」んですね。


これは今のAIとかだとちょっと判別が難しいんですよ。

AIとかの現状のプログラミングだと


人間レベルではエリオット波動なんかの波動読めないわけで。


ただ人間はそれを例えば「今は5波だと仮定できる」とか

考えられるんですね。


だからこの検証方法は

あなたが人間であること


ってのがすごい大事になるんだけど


例えばピンバーですと


「エリオット波動の5波と仮定できる、

すなわちダウ理論の高値安値切り上げが何度も

起こっているようなところで


出ているピンバーのルールA」


ってありますけど


現状出てるピンバーがそういうピンバーだと

します。


それで実際にそこで

「じゃあ過去10回のチャートでこのトレーディングって

負けないで利益出ていただろうか」


って確認するんですね。



ちなみにこれは メタトレーダー開いて

過去チャートで自分でチェックしちゃったほうが早いので


ソフトとか使わないんだけど


あくまで


「エントリー前に負けを減らすための簡易チェック」です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


大事な大好きなマネーを投入するわけですから

簡易チェックを入れるわけですね。


そう、「負けないために」です。



それで「このチャート形状、相場が結構伸びた後の

ピンバーだけど


最近のチャートではこういった場面のピンバーて

機能してるかな?」


と4時間足とか日足だと動きが遅いので

検証10回くらいはエントリー前に確認チェックできるわけですね。


ちなみに検証10回くらいだと、

もう慣れてる人なら検証に費やす時間も

数分で終わってしまうはずなんだけども。

(初心者の人はもっと時間かかるかも)


ただ4時間足の場合、例えばストップまでの

距離60PIPSに大して120PIPS利益取るみたいな

バランスですから


たった数分ずれても

まあそんな数分で30PIPS動くとか滅多にないから

特に問題はないわけです。


(むしろそんな時は少しボラ的に

異常だからエントリーしないほうがよい)



だから大体の人は「エントリーをすぐしちゃう」んだけど


ちょっとそこで「待って」ですね、


それで「今から仕掛けようというトレードルールは

今と似てる直近のチャート形状で10回トレードしたとして

ちゃんと負けないで利益でるだろうか?」


と、確認作業入れるんです。


これやると負ける確率が「ぐっ」と下がりますよね。


それで具体的には


例えば今 エリオット波動の5波と仮定できるような

結構上に動いた後の MAタッチの買いピンバーで

エントリーを検討してるとして



そこで検証してみるんです。


「このような5波終点での買いエントリーって

直近の似たような形状の場所だと


利益率とかどうなんだろう」と。


そしたら分かると思いますが


「あれ??100回検証のときはこの

ルールAは利益出てるけど


今のチャート形状のようなピンバーは

実際はあまりトレード効率よくなくて


トントンか少しマイナスになってる」


なんて気づくと思います。


そしたら「エントリーしない」ほうが良いわけですね。


ちなみに初心者の頃ってのは上のような

負けないためのチェック方法自体を確立してないから


こういうところでも バンバン入っちゃうんだけど

そうすると負け増えちゃってお金減っちゃうんですね。


けど慣れてきたらやはり同じ上の

MA使ったピンバーのルールAであっても


「チャートの形状の中でルールAの勝率も利益率も

変化してくる」


のがわかってきてしまう。



だから、これは4時間足~日足でスイングトレードしてる

人たちの「強烈なメリット」なんだけど


「エントリー前にそのチャート形状に似た

直近チャートで10回くらい、負けないで利益が出るか

確認できちゃう」


んですよ。


それで例えば、上ではこう5波とか4波あたりの

ピンバーのルールAが出たケースを扱いましたが


じゃあこれが「2波終点で3波始まるかも」なところの

ルールAだったらどうか?


という話なんですね。



そういう場面を起きてみることが出来ていて

見つけたら


「よし、じゃあ 直近の同じような

チャート形状にて


このルールAがどのように機能するか調べてみたよう」


とできるんだけど


ほんと10回検証なんかは数分で終わるでしょうが


「あ、このチャート形状上のルールAはめっちゃ強いぞ。

なかなか負けないな」


と分かってそこでエントリーとかできるわけですね。


そうすると負けが相当減るんですね。



それでこの「今からエントリーしようとするチャート形状と

「似ている直近のチャート」で10回とりあえず

ルールを検証」


ってのはこれ、たぶんだけど

AIでやろうとすると大変なんです。



AIなんかは例えば上のMAにタッチのピンバーとかは

プログラミングは結構できるんですが


「似てるチャート形状」っていうと


人間は「パッと見て」分かるんだけど

AIやEAって 数値なりで作られてるから


これどうも分からないんですね。


なかなかそういうトレードロボット作るのは

難しいんだと思います。


だからそれは人間の優位性だから

「なんとなく似てるチャート」を過去チャートで

探して


そこで出てるルールAなんかも


簡単に過去チャートをドラッグしていたら

人間なら、見つけられますから


そこで「今と似たチャート環境で

その上での直近のピンバールールAがどのように

機能したか」


は分析がすぐ人間のほうができるんですね。



だから、これは一応、取り入れたほうが良いんです。


エントリーする前、ほんの数分の工程なんですが

これ入れるだけで


「ルール通りのトレードが可能になるし、

また、すんごく負けづらくなる」


んですね。


だから一応あなたが使ってるトレードルールは

過去検証上、例えば

2019年までの検証で負けずに利益出てることは

100回以上の検証で確認されてトレードしてるでしょうが


(検証していない場合は単なるギャンブル)


2020年の相場でも一応妥当性を確認する必要があるから

一応 4時間足なら直近チャートで

10回くらいのトレードでどうだったろう?



とエントリ前にチェックしてみるのは大事ですよね。


それで結構100回の検証を最初にやるときとかは
機械的な検証で

大体の検証方法では 経済指標とかニュースは

考慮できていないんだけど



実際のトレードでは「トランプやパウエルが

何か言いそうな予定あるときはノートレード」とか

選択できるわけで


さらに負けづらい環境で勝負できるわけなので

その辺も有利ですよね。


と言う感じで実際は「負けない工夫」って

結構できるんですが


裁量トレードなんかでは


「似たような直近の相場環境で

10回くらい検証してみて


そのトレードルールの妥当性を再度確認する」


なんてことをするとより、効率の良い負けづらいトレード

なんかが構築しやすいわけですね。




だから全ては


「負けないためにはどうすればいいか?」


みたいなところから来ているんですが


なるべく負けないような状況であるって確認作業を

エントリー前にも入れて


それでより負けないようにするってことです。



それでこれをやるとわかるんだけど

結構「エントリーしないほうが良いな、ノーエントリー」

みたいなことが増えるんですね。


だから自然とトレード回数は減ってしまうけど

それはポジポジ病が治ってるってことだから

良いことだと思います。




あとは、今までこういう作業を4時間足~日足のトレーダーは

PCでやっていたわけだけど


最近はカフェでPC広げるにしても

以前のデスクトップ以上のスペックのPCも

昨日書いたようにアジアでは出てきてるから



まあ大きな画面で検証もしやすいでしょうし

そういう意味でも便利になってきてるわけですね。


たぶん今は 「エントリー前に似たチャート環境で

10回の検証確認」って


ほとんどの人がやっていないけど

これは多分、PCのみづらさとかもあるのかなと思いますが


それこそスマホでそれやろうとすると相当

指動かして大変ですが



最近はPCもよいの出てきてるから

よりエントリー前の上記のような最終確認は

しやすいと思いますね。


だから負けないためにまず検証とかポジションサイジングとか

するわけですけど


それでトレードルールとかが固まっていても


再度エントリー前にその確認をして


負けないチェックという工程を入れておくと

さらに負けづらくなるってことですね。



それで2020年ですがこの工程をあなたが

トレード前に入れるのと、



入れないのであれば


当然入れたほうが 

「負ける確率」を当然のごとく減らせるので


あくまで私たちの仕事は「確率に振り回されず

確率を支配下に置くこと」


だから なるべく負ける確率を減らす工夫や行動

をしたいものですね~


投資なんかでも結構負けない考え方、仕掛け方は

書いてるけど


トレードとかだとやはり上のエントリー前の

10回検証なんかはやはり強いですよね。



だから「事前の100回の検証」はもう長い人は

みなやってるものですが


それだけじゃなくて

「エントリー前の10回の直近チャートで

同じような環境でそのルールが通じるかの検証」


なんかは負けないための最終段階の検証として

かなり機能するってのが現実ですよね。




ということで、例えば

1万円の損失を出してもギャンブルチックにやってる場合は

「まあいいや」となってしまうところでしょう。


しかし実際の日本円の1万円では牛丼が20杯は食べられるわけで

本当はその1万円でさえ大事なお金だから


例えば私がいる韓国では

このビビンバのセットが500円もしません。


(写真)これが全部で500円、もしない。440円くらい
⇒  http://fxgod.net/gazou/picture……ukke22.JPG




これを韓国なんかにいると

20食食べられるのが

日本円の「1万円」なんですね。


だから「1万円の損失」を甘く見る人がいるけど

それは小さくないんですね。


だから「ちゃんとお金を大事に使う」


これは私たちの親が教えてくれることだけど

そのために


「負けないために最終チェックが必要」


ってことです!!



お金を馬鹿にしてる人はこういうことをしないけど

お金の大事さを分かってる人間は


ちゃんと最終チェックを検証でも入れるんですね~


この考え方 超大事かと。


だから常々「お金の重さ」について考えるのも大事で

だから「負けないためにはどうすればいい?」と考えられるわけで


上記のような最終確認 検証の考え方も出てくるってことです。


是非今日からでもいいからこういう最終確認の

検証を入れていくと良いでしょう~


では!




ゆう




追伸・・・ちなみに投資でも投機でも

「お金がある人のほうが有利」なのは

間違いありませんよね。


これはキレイゴト抜きでそうです。


元金100万円しかない人より

元金1億円ある人のほうがやっぱり強いのは

事実。


それでこれが大事なことだけど

「同じ2%」でも全然違ってくるわけです。

個人によって。


例えば資産1000億円の前澤さんの場合

1000億円を全額FXで回すのは少し難しいしまず無理ですが

仮にそうだとして


1000億円でトレードしてる場合の2%損失ってのは

20億円です・・・


損失20億円。



一方100万円元金の人はこれ

2万円の損失になる。


2万円くらいだと日本人の経済力だと

「まあいいや」となりがち。


だからそこで「負けないための工夫がおろそかになる」

ってのが


元金が少ない人の強烈なデメリットなんです。


が、これが回してる額が1億円の場合

2%というと200万円なんですね。


んで200万円を損失1度で計上するとすると

さすがにその200万円は

普通に考えれば、大金です。


上のビビンバで言うと、

4500食食べられるわけです、現実。


ビビンバ4500食分の損失だ。


だから仮に毎日上のビビンバ食べるとして

「3年分の食費の損失」になりますね、例えば。


となると・・・ここで大きなお金の人は

負けの額なんかも考えて


「より負けないように工夫して最終確認入れていこう」

という思考になりやすいのはあるわけです。


同じパーセンテージでも

損失額 事態は絶対的なものですから。

200万円は200万円。



だからそこで 元金がある人ほど

「負けないこと」に真剣になれるってのは

ぶっちゃけあるわけですね。


だから元金をネットビジネスや転売で作っていくってのは

そういう意味で 投資や投機の負けない意識を育てるためにも

大事といえますよね。


だから金持ちのほうが投資では有利といわれる所以じゃないかな?

と思います。



それでこれは山之内さんがおっしゃっていたけど

例えば、道を歩いていて


財布から1万円を抜き取られたらやっぱり

ショックですよね?


その財布の1万円は「現実とリンクしてるから」です。

上に書いたように1万円で私の場合なら

ビビンバ20食以上食べられるのだから。


こうやって財布のマネーは現実とリンクしてる。


が、証券口座に入ると感覚的に現実とリンクしづらくなる

ってのはあるんですね。


だから 財布から抜き取られた1万円は現実と

リンクしてるからショックなんだけど


けど証券会社でテキトーにトレードして

失った1万円は 「まあいいや、と思ってしまう」のが

人間ですね。


が、実はそれらは同じ1万円で

財布から1万円スラれたのと本来は変わりないわけです。


だから証券会社の口座から出金をかけて

一部使うって行為は大事で


そこで現実とリンクさせるんですね。


それで「負けない意識」を作ると。


これは億トレーダーの北田さんがやってますが

大事なことだ。



だからその お金は証券会社上の数字ではあるけど

本来大事なお金ですから


そのお金の大事さを理解させて、自分にそれを教育して
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そして「負けないこと」に本気にさせる必要はありますね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その点 元金あると 1回の損失が数十万円とか普通になるから

やはり「負けないこと」に真剣になるわけで


そのトレード負けたら サラリーマンの月収分以上が

吹っ飛ぶわけですから


だから「負けないための最終確認」と本気で

検証かけられるわけです。


だからマネーの大事さを理解してるってのが大事ですよね。


そしてそこで「負けないための工夫」が
色々育ってくるってことですね~


この辺は投資やトレードの書籍では書いていないものですが

実践の話で大事な心理部分だと思います。


それでは!


ゆう






追伸2・・・私の先生のトレーダーさんは

50億円くらいトレードと投資で稼いでるけど

その人なんかは


以前何十億円とか稼いだんだけど

けど「お金の重みを自分が理解しなくなってる問題」

をその時感じたらしい。


だから「お金の感覚がおかしくなってきてしまったから

現実とリンクさせるために」


その人なんかは

以前バックパックの貧乏旅行に出てました。



「世界中でマネーを実際に使ってお金の重みを

自分に理解させる」んですね。


そして「負けない意識」を強めるってことをする。

最終確認検証なんかも結局そういう姿勢から出てくるもの

ですよね。



この辺が理解できていると「負けない意識」が

あなたの中にも育っていくはずだから

是非よければ意識してみましょう!


私たちは1万円の損失を軽く考えてしまうけど



その日本円の1万円で

この写真のビビンバ定食(おかずはおかわりできる)が

20食以上食べられます。



(写真)これが全部で500円、もしない。440円くらい
⇒  http://fxgod.net/gazou/picture……ukke22.JPG



負けられない・・・ですね!


では!






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【以下は世界経済の動向やFXや株などの関係の
最新PDFレポート・ゆうのエッセイ論文】などです


【解説】ディズニーランドが値上げすることが
話題になっていました。

8200円くらいの入場料になるということです。

これを聞いて子供が「ディズニー行きたい!」と言って来る
家庭のお父さんお母さんは戦慄している。

が、実はそんな中で株主たちは利益を拡大しているわけです。
10年で10倍。

そんで、「なぜ実質は不景気なのに、どこも値下げで対抗してるのに
果敢に値上げできるの?」
ですが

実はこれがバフェット投資で言う、
「消費者独占企業」の特徴です。

こういう事例からリアルに投資を学んでいきます。

PDFレポート
【ディズニーランドの入場券が大人8200円に値上げ!?】
から「消費者独占企業」について考え学ぶ!!
⇒  http://fxgod.net/pdf/dizni_dokusen.pdf


【解説】

日本で以前にユッケを、店頭で出すことがほぼ禁止されました。
日本の支配者である官僚たちの天下り先を作るために
大きく報道され規制されたという視点もある。

けど、私が今いる韓国ではユッケは食べ放題の店があって
なんとお値段1890円くらいでした。

日本で禁止されたユッケが食べられてなおかつ
食べ放題な店ですが

サーモン食べ放題の店でもあるけど
韓国にいるととにかく韓国の20~30代に大人気で
いつも並んでます。


(写真付きPDFファイル)
【韓国では「ユッケ食べ放題」の店がある!?】(若者に常に人気な店)
⇒  http://fxgod.net/pdf/yukke_korea.pdf


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください