無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【なぜFXにおいて「サーバー型自動売買」をプロは使わないのか? を考えよう!】

2020 2月 01 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【なぜFXにおいて「サーバー型自動売買」をプロは使わないのか?
を考えよう!】
⇒編集後記で

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

どうもゆうです!
こんにちは。



さてさて、ここ最近ですが私でも私の読者さんでも

「裁量にEA(自動売買、ロボット、AI)などを加えて

裁量+EA」

みたいな運用をする方が増えております。


2010年代はまさにそういう時代の初期でしたが
2020年代はさらに

「人間しか出来ないところは裁量で、
ロボットでできることはロボットに(AIやEA)」


みたいな流れが明らかに進みますよね。



それでFXなんかですと、

「EA」は結構使われてるんだけど


負けないで利益出す場合、

「サーバー型自動売買」って結構危険なんですね。


これ以前もちょっと書いたことあるんだけど
なんでこれ書くかっていうと証券会社を邪魔するつもりは
ないけど

最近証券会社でこのサーバー型自動売買を勧めてくるケース
ってあるんだけど

あれって・・・私の周りで稼いでる人で
使ってる人「ゼロ」です。

本当に。


知らないことは怖いことなので
この辺考えます!


編集後記にて!





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



【以下は世界経済の動向やFXや株などの関係の
最新PDFレポート・ゆうのエッセイ論文】などです



【解説】実は最近流したメルマガでめっちゃ反響があったのが
この号でした。

私も驚いたんだけど韓国のカフェでPC広げてると

「めっちゃ大きいディスプレイで17インチはあるのに
やたら板のように薄いPC」

を使ってる人がいる。


調べてみたらこのPDFに書いてあるPCでした。
もう2020年代は17インチある大型パソコンが
1.3キロで20時間稼動で使える時代で


しかも乱暴に扱っても耐久性が高いようです。
最近どんどん個人がPCで仕事しやすくなってる。


PDFレポート【17インチで重さたった1.3キロで20時間近く稼働する
パソコンがアジアの若者に人気!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/lg_gram_yabai.pdf



【解説】
「稼げるようになったら
個人事業主なのか株式会社設立なのか問題」


ってのは「どっちが正解というのはなくて」
もちろん、「その人による」、んですが


ただ最近、特に若いIT業界とか投資系の業界では


「元々株式会社の形態で社長やっていたけど
会社たたんで個人になる」

みたいな動きが私の周りでは特にすごい増えてます。

今日はその辺は正解はなくてその人次第ではあるんだけど

稼げるようになったら
個人事業主にするのか株式会社にするのか?について
詳しく考えていきます!

(コラムPDF)
【稼げるようになったら「個人事業主」か「株式会社設立」
どっちがいいのか!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/kojin.pdf














※プーチンが

「国連安保理5カ国P5の
アメリカとイギリスとフランスと
中国とロシアで 首脳会談しようぜ!」


って言いました。

日本ではマスコミがちゃんと伝えたがらないため
その本質的な意味が分からない人も
多いのですが


これ実現したら実は「新ヤルタ会談」になるんです。

「後世の歴史の教科書に残るある種の
歴史的な会談」


になるんですね~

その辺について書きました!


PDFレポート【プーチン大統領が国連5カ国
(アメリカ、イギリス、フランス、中国、ロシア)の
首脳会談を提案したことについて考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/putin_p5.pdf




【解説】1月は色々ありましたが
その中で「米中貿易協定」なんかは注目されまして
一応、好材料として扱われました。

が、実際その後の株高なんかは実際は
実質QE4のものであって

またトランプ大統領はいつでも
「米中貿易戦争を再開できるように」してる感じがあります。


トランプ大統領が軍産側に気遣って行ったものなので
マスコミは持ち上げますが

実態は
「かなり怪しい米中貿易協定」ですが
その辺について扱ってます~



PDFレポート【「米中貿易協定の怪しさ」について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/beityu_kyoutei.pdf





【解説】アメリカのトレーダーたちの間で
使われてる トレードなどで使われる有効な負けづらい
プライスアクションのシナリオについてです。


サポレジを使ったものですが
騙しのひげなどを考慮するシナリオで
勝率が高く+リスクリワードは高いものです。


出現比率は少ないものの、検証すると良いかも

PDFレポート♪
(画像付き)【アメリカのトレーダーが最近よく使ってる
プライスアクションの戦略とは!?】
(サポレジ転換後⇒ピンバー)
⇒   http://fxgod.net/pdf/us_priceaction.pdf



【解説】韓国にいると分かるのが
「スピード」を重視する人が大変多いということです。


そこで「早く早く文化」というものが形成されています。
今の時代「早い⇒お金持ち」になる傾向が強まってます。

そしてこのスピードにブルーオーシャンをあわせると
最強だったりしますが


それについて書いてます

PDF★コラム☆【競争が少ないブルーオーシャンを取るための
「スピード感」】
⇒  http://fxgod.net/pdf/speed.pdf







【解説】以下は私が現在韓国にいるんだけど
そこで分かった「日韓の埋められない?違い」についてです!

私は収入が増えようと出費はリーマン時代の貧しいときと
あんまり変えないというのを
10年間続けてるためハングリー精神は常に維持してます。

そして普段は公共交通機関が充実してる
韓国では電車バスで移動してわけですが
そこで面白いのが 韓国の公共バスは 遅いベンツを煽り倒す
のです。

日本では考えられない光景だ。
けどこの後ろには「スピード重視」の哲学があって
それがきっと この数十年の韓国の躍進の背後にあるって話です。

「スピード」について真剣に考えましょう。

PDFレポート
【韓国の公共バスはベンツを煽り、
クラクションを30回以上鳴らす時がある!?】
(スピード重視)
⇒  http://fxgod.net/pdf/korea_bus.pdf






【解説】以下はFX関係で利益出ない方は読んだほうが良いかも。
たぶん成績劇的に改善するかも。


PDFレポート【FXや株で「○○の時間」を長くすると利益でる】
(負けが超減る)
⇒  http://fxgod.net/pdf/forex_bunseki.pdf






【解説】以下は損きりできない人のためのもの。
また損きりもトレードと投資では考え方が違うっていう
みんな知らない話書いてます。


PDFレポート
【「プライド高い人」はFXや株トレードで
「損きりできない傾向」 がある!?】
(絶対価値の金融商品と相対価値の金融商品の話)
⇒  http://fxgod.net/pdf/anti_pride.pdf





【解説】以下は私がいる韓国でロボットが発展しすぎて
ハンバーガー屋の注文取るカウンターの仕事が消滅しつつある
2020年の現状をレポートしました。

私たちが生き残るためには?の私が発見した答えを書きました。


写真付きPDFレポート
【韓国のバーガーキングでは「店員のおねえちゃん」が
「カウンターの機械化」で
消えてきている!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/korea_robot.pdf











【解説】以下はイラン爆撃時にチャートで
「おかしな動き」がNYダウや金ゴールドチャートで見えました。

この背後について考えます。2019年9月以降の銀行間市場OMOを使った、
FRBパウエル議長にトランプ大統領がさせてる
実質のQE4 の仕掛けの動きが観察されます

PDFレポート
【イラン爆撃で「おかしな動きをしたNYダウと金ゴールド」
の裏のマネーの動き、について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/iran_nydow_gold.pdf




【解説】大きなファンダメンタルを見て、私たちが世界の株式市場などで
企業に資金投下して利益上げる場合

その国の素晴らしい人口動態を示す人口ピラミッドや、

また政治経済において
近代デモクラシーとそれに付随する資本主義が回ってないと
どんなに素晴らしい経営者が経営していても

利益が上がりづらいです。


それでその視点で日本の政治体制は近代デモクラシーや資本主義を
導入できてるか?
をカルロスゴーン事件を元に考えます。

この視点だと日本市場は長期的な利益率が低くなる傾向が見えてきますが
その根拠が分かります


PDFレポート【副島先生の最新言論から
「世界に注目されるカルロスゴーン」
について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/soejima_carlos.pdf




【解説】アメリカの大金持ちたちの資金動向を学びます。
なぜアメリカ人の情報を得てる大金持ちたちが
100ドル札や金ゴールドを備蓄するのか?

テレビ新聞では報じられないアメリカの大金持ちたちの
生の経済観を考えます。

PDFレポート
【最近アメリカの大金持ちたちは
100ドル札と金を備蓄しだしてる!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/us_rich_1……dollar.pdf



【解説】韓国のインチョン空港では最近色々な芸術活動をする
ライブ会場が用意されていて楽しめます。

そこでかわいいバレリーナが踊っていまして
目の保養になりました。

またバレエはロシアですがそういったロシアと韓国の関係も
あるのかも?とか。


(写真付きPDF)
【韓国に着いたら空港でバレリーナが踊っていた】
(台湾の空港では「怪しいロボット」が働いていた)
⇒  http://fxgod.net/pdf/korea_taiwan.pdf







【解説】たぶんこれから孫正義の話が増える。
世界でも日本の孫正義が注目というか警戒されだしている。
彼はどうも「第2のロックフェラー」になりたがっており

さらになんとアリババの大株主で
これから世界の投資家の間でも無視できない存在となっていきそう。
マレーシアでもネットの書き込みで英語で

「SON がGRAB(マレーシアのライドシェアサービス)を買収したら
値上げされてきてる」と話題な彼です。

しかしアリババという価値あるサービスを提供してる
企業の大株主は孫さんでもある。

人間の価値は毛髪の有無ではなく
その中身の脳の強さであるのかもしれません。

PDFレポート
【「ソフトバンクの孫正義氏」と
「アリババ」と「ブロックチェーン」 について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/son_alibaba.pdf




【解説】ついに、私のメルマガで数年前から
しつこく金の可能性と金を買うべき根拠を書いてきたけど
(たぶん、私ほどメルマガでこれを書き続けた人はあんまいない)


金1グラムが以前の3000円とか4000円台から
6000円になりました。


そしてその後ろの世界の経済・金融環境について
一喜一憂せず、分析を書きました。
2020年代は金ゴールドが徐々に注目されるかもしれない。



PDFレポート
【ついに「金ゴールドが1グラム6000円」を超えた!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/gold_6000.pdf




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆








============編集後記==============

さてさて、今日は自動売買の話なんですが

FXなんかですと、


2010年代は

「裁量が良い」と言う人もいれば

「自動売買が良い」という人もいましt


結構対立してる感じがありました。


ただ、最近すごい思うのが

「結局 人間しかできないところは人間がやって

あとは機械ができることはEA(AI)がVPS上で

やって負けないように収益出す」


ってのがなんだかんだ安定しちゃってるってことですね。


ちなみに去年実は お金持ちたちの間で回ってる
EAをメルマガで長期で扱ったんだけど

これが今でも生き残っていて、
まあほとんどの人はもうEA購入費以上は稼いでる
と思います。


といってもほったらかしではなくて
年末年始とか、あとは昨日なんかはEU離脱とか
ありましたが


そういう場合は、もうよく分からないから
予測なんて人間にはできませんので

「ストップ!」なわけです。


欲を出さずに負けないこと、

を意識するとマネーが増える、


これ以上の本質ないのかなと。



それで

これは色々トレーダーによっても意見が分かれるところだとは

思うのですが


「裁量のほうがいいよ!」「いや、自動売買のほうがいいよ!」

両方の意見はあると思うのですが


実際に両者とも 実は負けない思想を適用すれば

最終的には稼げるので


個人的には両方やればいいんじゃないか、とは

考えてますし、


私も裁量部門と自動売買部門持ってますから

個人的には両方やればいいんじゃないかな

と考えてる人間です。



そういえばこの前の山之内さんなんかも

裁量と自動売買部門両方持ってらっしゃいますが


やはり両方あわせていくというスタンスがこれからの

時代の流れではないかな?と思いますよね。


というのは実のところ、自動売買に関しても

実際は 「EAを選んで負けないように
ポートフォリオ組むという部分が裁量」

なんですね。


また自動売買だと要人発言とか、あとは指標発表とかは
上に書いたように通常止めるわけです。
年末年始も止めるし


昨日みたいなボリスジョンソンのEU離脱みたいなのは
絶対レベルで稼動させちゃいけないわけですが


これも実は裁量といえば裁量なんです。



それで自動売買のプロみたいな人の場合は 

裁量 自動売買 があったとして

自動売買に相当寄せてる方で、


以前の山之内さんは 裁量 自動売買があったとして

裁量に寄せてる人、である

ということで


この辺はもう個性だろうと思います。


それで実は最近の傾向としては

「自動売買に寄せていったほうが
楽で安定してる」

って傾向はあるのかな~と。



だから実はかなり成功者出してるFXの裁量系の、
塾なんかでも

裁量も最初教えて、

「その後」「EA+裁量」を教えるところも
出てきてる。


というのはEA回すのも裁量で利益出せない人は
話にならないから、

(EAは裁量の補助)


だから最初裁量ってのは同じなんですね。



それで色々な稼ぎ方が実はあるのだけど、


その中で テクノロジーをフル活用した上で

そこに自分の感性を一部加えて稼ぐ、


なんてのがこれからの時代の流れ。



ちなみにこれはビジネスも同じで
例えば転売とかアフィリエイトなんかでも


「ロボットに任せられるところは任せる」わけであって
人間にしかできないこと、

に特化した人がやっぱり稼ぐんですね。


もし「稼げていない」と言う人がいたならば


「人間にしかできないこと」
「EA AIに奴隷のように振れる仕事」

の分化が甘いのかもしれない。


例えばFXで「損きり出来ない問題」があって
それはその人のプライドの高さがかなり影響するけど

それはまあ・・・

小さいトレードの積み重ねはEA使えばいいよね、って話になる。





それで


一般的に「自動売買は勝てない」なんてこの数年

いわれていたわけですが



確かに自動売買で負けてる人のほうが「圧倒的多数」
だったんです。
これは知っておいたほうが良いことです。



それで「ではなぜに大多数の圧倒的多数の人は自動売買で
この数年負けてきたか?」
ということですが


なんでだと思いますか??
考えてみてください。



そうですね、「負けないための」ポートフォリオ思想を
持っていないからで
あとは「ほったらかし」にして人間の裁量加えないから。


勝つためのポートフォリオ思想じゃなくて

「負けないための 負けを補填する、というポートフォリオ思想」

が欠落してる人が大多数であるから


負ける人が多くなるわけです。



ちなみにポートフォリオってどう組むの?

というと一言、

「負けに視点を投入して、

負けをそれぞれ補填するためにポートフォリオを

組む」

んです。


だから「勝ち」より「負け」を見るのが大事で、


例えばEAとか、ビジネスとか色々やってる人がいるけど

やっぱり


「収益が落ちる年、時期」がありますよね?


これを補填するわけですね。


EA1の最大ドローが2008年

EA2の最大ドローが2012年で2008年はなんとかなってる

みたいな感じだったら


この2つで「負け補填」するために

EA組み合わせるんだけど


そうすると「トータルでは右肩上がりで資産が増える」

っていう考え方なんです。


両者とも資産は右肩上がりで増やしてくれるEAなんだけど

それでも大きな含み損とか損失時期はあるけど


その損失時期に注目して、

負けを補填できるってのが重要なポートフォリオの

考え方で、これ学校じゃ教えてくれない。


だから いびつ、だけど

右肩上がりの曲線と

もう一つの右肩上がりの曲線があるけど


これを「合成」すると 「スムーズな右肩上がり」

になるんですね。


だからポートフォリオは「負け」から考えて組むのが

必然。


これはEAだけじゃなくて金融商品間もそうで、

例えば「株でマイナスが出やすい時期」ってのは

実際「金ゴールドが上がってたりする」

んですが、


そして新興国なんかの株とか

金も両者とも大きな長期では上がってきてる

わけですけど


ここでそれらの株のほうがダメージ受けたときに

金価格は上がるから


ここで負け補填されるんですね。


だからトータルでは資産増える、みたいなこと。


だから一番イケていないのが

「不動産と株と米ドル保険持ってます系」の人らで


実はこういう投資家多いんだけど

本当はこの人たちなんのリスクヘッジもできていないから


アメリカの債券市場が崩れたら吹っ飛びます。

こういう 勝ちじゃなくて「負けから考えたヘッジ」

ってのが大変大事なのです。


けど多くの人はそれをしないから長期で資産吹っ飛ばす。


ただよくよく考えると当然で

「負けないこと」を考えてる人が負けないのは当然で

「負けないことを考えていない人」が負けるのはこれ

当然でもありますよね。



ただ面白いことに、相場ってのは攻撃性が高い人が入ってくる

分野ですから


みんな「勝つぞ」と思って入ってくるので、

そういう意味では


「負けないことを考えていない人」が大多数なのは

人間の脳みそとして自然ですよね。


攻撃ホルモンでまくってるわけで

そこで「負けないこと」ってのは少し一歩引いた守りの考え方なので

それが人間ってのは出来ないのですね。


前に進むか、後ろに進むか、しか

どっちか極端な考え方が出来ない人ってのは

多くてですね、


例えば「自分で稼ぐ」っていうのは攻撃的な前に進む姿勢です。


だからみんな前に進もうとするんだけど

投資でもビジネスでも そうやって前に進みつつも、


一度下がって防御を整えるみたいなイメージって大事なんですね。


前に進みながら、防御も整えていく。


だから攻撃しないわけではないのですが

ちゃんとガードをしっかりやっていく、っていうことです。


ボクシングを見れば分かりますが

世界戦なんかで

例えば左ジャブを打ってる選手の右手を見てほしいのだけど


ちゃんと右手であご~頬らへんをガードしてるわけです。

これは攻撃してるときに相手に同じく攻撃されるのですが

そこでちゃんと右手でブロックするためですよね。


右手でガードしながら左ジャブという

攻撃を打ってるわけですね。


ちなみに右ストレートで攻撃するときも必ず

左手で顎(チン)を守ります。



これはボクシングなんかでは最初に教わることであります。


そして実は投資でも一緒で攻撃だけではだめで

守りも学ぶ必要があって、



特に守りを固めるってのは投資分野では相当重要なわけです。


それで大多数はこれをしていないから長期で

大損してしまうわけですね。


ボクシングでたとえると大変分かりやすいですが

まったくノーガードで、相手に攻撃を加えるようなもので


そんな人がいようものなら、強い相手(ファンドディーラーたち)

は一発でそんな人を仕留められます。



そういう意味ではやはり「守りを固める」のが投資なんかは

大変重要で


それがバフェットの格言だ、ということでもあります。



それで通常は「負けない思想」を持っていれば

自動売買1個だけ稼動なんてギャンブルに近いから

絶対やらないわけで


そこで「負けを補填する、負けの時の収益波動を調整する意味合いで

複数EAを使う」のだけども、



この考え方自体が知られていないんですね。


これは
たぶん書籍にもなってないはずです。


それで負けないで結果的には資産増やしてる投資家、投機家は

ソフトウェア側のEAを使って

当然バックテストをかけまくって


そこで収益波動の弱点をそれぞれのEAで検証して

分析するのだけど


そこで上に書いたような

収益波動の弱点を補い合うという考え方を

採るのですね~



それでなぜ自動売買で負ける人が多いか?

っていうと簡単で


自動売買一個だけで運用してる、とか

仮に複数合わせてる人がいても「勝ちだけ見てポートフォリオ組んでる」

わけで


だから負けるんですけど


もう一歩進んで


「複数のEAを負けから分析してポートフォリオ組む」


なんて人はほぼ皆無なんです。


逆にそれをやってるただ一部の人らはそういうのを

やっていてこの人たちが実は利益総取りしてるのが

現実ですね。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

金持ちのトレーダー・投資家で

サーバー型自動売買使ってる人は

なかなか 見ないという話。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



それでまた世間で自動売買が勝てないとなってるのは

理由がありまして、


それは悪しき証券会社の

「サーバー型自動売買」が普及した影響もあると思います。



私なんかの世代は自動売買EAっていうと

もうソフト型の、きっとあなたも使ってるかもしれない


メタトレーダーに設置してエキスパートアドバイザーボタン

押して稼動させるのが自動売買EAだ、


と思ってるんだけど


最近だと証券会社が自動売買を搭載して

「この自動売買システムに金突っ込んだらお金増えますよ」

とかやってるんです。


これ、ほんと2020年も証券会社が定期的にこういう

システムを勧めている。


んでこの証券会社の用意する自動売買システムってのは

メタトレーダーも使わないし、スマフォだけで完結するっていうことで

2010年代は大人気だったそうですが(私は使ったことないんですけど)



これってもう一発でヤバいって分かるわけですね。

バックテストもできないし、細かいパラメーター調整もできないし

中身ブラックボックスだし。


それでこれらの自動売買にやられてる人って

実はすごい多いようですが


この証券会社が用意してる自動売買システムって

スプレッドが異様にリアルトレードだと広かったりして

しっかり証券会社が儲かるようになってるんです。


だからたぶんだけども、証券会社内部では

その自動売買システムに入金させたら


その入金額が「売り上げ計上」されてると思います。


中身がブラックボックスってことは

「すなわち中の戦略ルールを証券会社が途中で

改変しても誰もわからない」ってことですから。


こういう構造も知らないと、カモになるのが世の中です。


それで私の周りで自動売買で安定収益上げてる

方って年々増えてるけど


彼ら新興富裕層で、サーバー型自動売買を使ってる

要するに証券会社がなんかシステムで入金するだけ

と謳ってる自動売買メインで使ってる人って一人もいなくて


基本的にはMT4なりにソフトのEAを設定して

それでポートフォリオ組んでるって人ばかりなんですね。





まあだから、日本の証券会社さんが提供してる

何もチャートソフトも使わない 入金するだけの

自動売買とかは結構論外なんですね。


だから私の場合証券会社が勧めて来るサーバー型の
お金入れて入金して回せるEAとかってのは

こういうのは一切見ないわけです。


こういうのも知ってるか知らないかの世界です。


もちろん証券会社さんに寄付したい方はその限りではないけども。

(もっというとそれらの個人投資家の損失が
証券会社だけじゃなくて官僚にも大企業にも流れる仕組みが
あってすごい世界なんです。日本はそれが顕著です。

ちなみに海外だとA-BOOK  B-Book問題でトレーダーたちが
その構図に騒いで最近はA-Bookである証券会社が求められてきている)


だから政治を知らないと、カモになるってのが

世の中の構造ですね。


それで、やはり基本は「ソフト型のEAを自分でちゃんとメンテナンス」

するわけで


そこで負けないポートフォリオ組するんだけども、


そこで重要なのは??


というとやっぱりこれは

「自立心」ですよね。


証券会社が入金するだけで自動売買使えますよ~

ってのはある意味 


丸投げして「自分で何もやらなくていいんだ」っていう

ところで「依存心マックス」姿勢なんだけど


「自分で稼ぎたい」ならば

「自分で全て管理できないとだめ」なんですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なぜか?


それは

「世界でただ1人自分のお金がなくなって
痛いのは究極的にあなた1人だから」

です。


要するにお金がなくなると悲しい気持ちになりますが
そこで悲しくなるのはあなただけなんです。

証券会社は関係ないんです、究極。

それが私有財産制の意味なんだけど。


だから、信じられるのは少なくともお金稼ぎだと
あなた次第なんです。


だから自分で管理できない部分があるってのはリスクです。


というのは、上に書いたように

自分の資金失って痛いのは自分だけ

だからです。


だから全部自分で管理できるのは大事で

そういう意味でソフトウェア型だと


色々と自分でメンテナンスできるし、管理ができるので

結局最終利益が安定する、わけですね。








追伸・・・それであと、自動売買と裁量の違いとして

あるのが「検証」の違いではないかな?と思います。


裁量トレーダーでそのある1手法、トレードルールを

行うには最低でも100、できれば1000回の検証が

事前に必要ですけど、


これは通常手動で行うものですね。



けどEAでソフトウェア型を使う場合、
バックテスト使いますから、


コンピューターのCPUに検証させるんですね。


だから検証スピードが相当速いってのがEAマネジメントの
特徴ですよね。


それである程度弱点となる相場を見つけるのが
早くなるのだけど


EAの検証の場合、コンピューターに検証させてるので、
そこで時間的余裕が発生するので


「じゃあこのマイナス収益期間をどう補填していくか」


ってことで他のロジックのEAなんかの検証もコンピューターに

させて、 EA複数あわせて負けの補填ができるんですね~



FXも結局統計ですから、その統計採るスピードがやはり

コンピューターが早い、というのがあって

それで時間効率を上げられるのが本当の意義だと私は思いますね。


手動で100回検証してかなり時間かかって

また別ロジックで補填だとそっちでも100回検証で時間かかりまして

体力勝負ですが


これがコンピューターだとスピードが速いので

それらの 「負けを見てポートフォリオ組む」のが容易なのが

EAマネジメントの特徴です。



んで、私の友人に10億円くらいEA作りまくって稼いだ人が

いるんだけど、


彼なんかは最近はバイナリ検証してますけどね、

彼の家はパソコンが何十台か稼動してまして

もはやある種工場ですが


そこで何やってるかっていうとパソコンの電気フル活用して

バックテストさせまくってるんですね。

彼と連絡すると


「今この○○ルールの検証しててさ~~

今丁度バックテストしてるところだから

明日くらいに終わるから見せてあげるよ~」


とかよく言われます。


だからEAで億万長者の人は
「ずーっと検証してる」ものですね。
ただそれはPCを使ってです。


んで、こういう条件付きの検証作業ってのができるのは
ソフトウェア型なんですね。


そこで、収益波動をそれぞれ抽出して、そして合成して、


収益波動画が平準化するように(デコボコ比率が低くなるように)
ポートフォリオ組むってのが
プロの運用方法ですね。


ただ大多数の人は上記の知識を知りませんから

結局「ワンチャン頼み」になるんだけど
これは「確率に翻弄」されるやり方で、はっきりいうと
情報弱者のアプローチなんだけども、


一方、強い人たちは徹底的に検証をPCにさせて
「確率を、運命をコントロールしよう」とするのですね。



時々「ワンチャン頼み」の人が短期では利益あげることは
ないわけではないのだけど


結局長期では 後者のプロのアプローチした人たちが

負けないで、勝つわけですね。

確率の必然性で。


まあだから稼いでる人間ってのは

普段の生活から お金に関してはですが


自分しか信用していないと

私は思うし、


あとは確率さえもすなわち運さえも自分コントロールしよう

という気持ちがあるわけです。


よく「あの人を信頼して」とか「あの会社を信じて」

とかそういう言葉を言う人が
特に大企業のサラリーマンみたいな人に多い。


けど私は上のような言葉をもうこの数年滅多に
使わないですよね。


ってのは結局人間の 脳みそとか体とかあるけど
その支配権を自分が持ってるのは自分の体と脳だけであって

他の人の体や脳のことなど自分には分からないし
支配権はないから。


リバータリアンってこう考えます。


それでお金ってのも私有財産制度だと
それぞれ個人に お金って属するけど

だからお金なくなったら痛いのは究極その本人だけ
なんですね。


一方、「あの人を信頼して」とか「あの会社を信じて」
とか言う人がいるけど

その「あの人」とか「あの会社」はあなたが
お金なくなっても同情はするだろうけど

痛みはかなり少ないわけです。
むしろ証券会社はそれを利益としている。


だから「あんたかわいそうな人ね」かもしれないけど
けども、

「お金に関して信頼できるのは自分自身しかいない」

ってのは大事な考え方だと私は思います。


それでその 自分のお金のコントロール権がなくなりやすいのが
サーバー型だから危険であり

一方ソフトウェア型はまだ、そのコントロール権が残ってるので
サーバー型よりマシなわけです。


「信頼して」「信用して」って言葉を 媒介にして

そんで私たち人類ってのは何かしら依存したがるんだけど


そうすると資金吹っ飛ぶわけですね。


依存する⇒資金吹っ飛ぶ、です。


自分で管理できる幅が大きいこと、
なるべく自分の管理下に資産を置く、

これは負けないために、大変大事なことですね~






追伸2・・・ちなみに私が昔書いた逸話があって
日本にいるとき、


2013年だか2014年あたり
年金に大変疑問があったため脱退したかった。

だから私は年金を払わないでいたら
相当年金事務所に詰められたんです。


お金があるのに払わない悪質な滞納者、らしい。


んで彼ら公務員様がそういってくるから私が
事務所に行ってそのトップの人間に

「私は別に年金が将来もらえるならば
例えば今は65歳からもらえることになってるけども

GPIFを株なり米国債に突っ込んでるから
僕がもらうときにはトータル損失が出るのは
確率上必然だけど


そこでもし損失が発生しても70歳とかに引き上げたり
年金減給ということがなければ
当然 払いますよ。」


そして

「もしそこで損失が出て 年金受給が現行の65歳から70歳に
なったら、

そしてそこで 今の年金事務所の所長のあなたが
個人的に責任を取ってくれるならいくらでも払いますよ」




と、いう内容を言った。


私としては年金集めるだけ集めて、そこで ドロンして
将来払わないとか 

それは投資詐欺と同じですから、
そしてそっちのほうがどう見ても「悪質」ですから、


そこで「もし年金がダメになって 約束と違う
70歳とかに引き上げになったり減給になったら、

それは義務だと言い張ってるその所長個人が
立派に責任取ってくれるなら
当然払う。

今は年金は溶けてなくなっても誰も責任を取らなくてよい
制度にあなた方公務員たちが作り上げてるけど

この民間から集めたお金をあんたがたが溶かしても
責任取れるならば当然払います。」

と言ったわけです。


民間だと担保取ったりするものだけど
まあ普通の話だと思う。


けどその公務員は言った。

「いえいえ、仮に年金が破綻して
将来年金が払われなくなったとしても

私は責任なんて取りません!
私たち公務員は個人では責任を取らなくてよいのです。

けど義務なので払ってください」


と・・・(笑)
こんなことを言って彼は相当焦っていた。


日本国民というのは公務員たちの奴隷であって
私も奴隷だから結局 強制的に払わされたけど


あれには 逆に 堂々と

「あなたの年金が吹っ飛んでも
私たちは一切責任を取りません!」

と立派に年金事務所のトップがいったわけですから


逆に笑った。


私は当時この逸話を結構2014年くらいだったかに
書いたけど・・・


その後結局実質 年金支給は70歳ということになった。

彼ら官僚や公務員のほうがよっぽど悪質であります。


ただそんな「誰も溶けても責任を取らなくてよい」
年金ってのを

多くの日本国民は「信じており」「信頼している」わけですが


要するにそういう依存姿勢が高齢者になってからの
貧困になってしまってるわけです。

これは大きな教訓で

依存⇒不幸や貧乏につながるんです。


だから自立を志向するのがすんごい大事な時代、
だと私は思う次第です。

あなたのお金のことを誰よりも
分かってくれるのはあなたしかいないから

自立して考えるのが大事ですね。


国家に老後のお金を運用してもらうというのは

すなわち「老後のマネーを国家にフルベット」してるわけで
負けが決まったギャンブルそのもの。

そしてそろそろこういうことに私たちの世代は
気づいてきているわけで

自立思考するのが大事ですね。


では!










☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



【以下は世界経済の動向やFXや株などの関係の
最新PDFレポート・ゆうのエッセイ論文】などです



【解説】実は最近流したメルマガでめっちゃ反響があったのが
この号でした。

私も驚いたんだけど韓国のカフェでPC広げてると

「めっちゃ大きいディスプレイで17インチはあるのに
やたら板のように薄いPC」

を使ってる人がいる。


調べてみたらこのPDFに書いてあるPCでした。
もう2020年代は17インチある大型パソコンが
1.3キロで20時間稼動で使える時代で


しかも乱暴に扱っても耐久性が高いようです。
最近どんどん個人がPCで仕事しやすくなってる。


PDFレポート【17インチで重さたった1.3キロで20時間近く稼働する
パソコンがアジアの若者に人気!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/lg_gram_yabai.pdf


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください