無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【韓国のバーガーキングでは「カウンターの機械化」で 「店員のおねえちゃん」が消えてきている!?】

2020 1月 18 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【韓国のバーガーキングでは「カウンターの機械化」で
「店員のおねえちゃん」が消えてきている!?】
⇒編集後記で

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 【2020年の新FX案件!】




今回の新プロジェクトは、

「億の約束」と言われるほどの
奇跡のFXトレードシステム(EA)の真実に
迫っていくプロジェクトということです。


自動化で勝率97.18%、
驚異の341連勝の実績を持つシステムを

2020年、初公開するということで注目ですね~


【2020年最新の稼ぎ方
奇跡のFXトレードシステムの真実に迫る】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★






どうもゆうです!

こんにちは!



さてさて、ここ最近ですがEA(ロボット)+裁量なんかのことを

メルマガでよく書いています。


ずばり、これからは人間がやっていたことを

ロボットとかAIとかEAに代替させて、


それで利益計上していくみたいなのが普通になってくる

わけですね。


それで・・・実は私がこんなことを書くのは理由があって


私が今台湾のあとに来ている韓国なんですが・・・

もうバーガーキングとかマクドナルドとかで


「カウンターのおねえちゃん」がいなくなってるんです。


ビビリました。


こんな感じです。


この前韓国の 光化門 のバーガーキングに行ったら

こんなカウンターの光景を見たわけです。

「うわ!!」と私は思った。


カウンターのおねえちゃん⇒機械ロボット になってしまった。


これです。

カウンターのおねえちゃんが注文取るところに

ディスプレイの注文する機械が置かれている。


(写真)韓国のバーガーキングではカウンターの店員が消えてきている
⇒  http://fxgod.net/gazou/picture……_auto3.JPG


私は日本にいないから分からないけど

最近は日本でもこんな感じなんでしょうか。


いや~この光景は考えさせられることがありました。

まあとりあえずもう「ロボット(EA+AI) +人間」

の時代なんですね。


特に飲食店でもこの流れ進んでる。


編集後記で!





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【FX(ユーロドル)で341連勝のEAとは?】
副題:自動売買+裁量での裁量の入れ方とは!?


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




さてさて、2020年にもなっていよいよ本格的に

相場も開始して


また投資関係の教材の会社さんの従業員さんたちも
稼動しだして

新しい案件が続々と登場してきてますね~



それで今回はずばり

【驚異の341連勝の実績を持つシステム】とのことです。


後半で書きますが、FXの自動売買なんかの複数運用は

もう私も何年もやってますが

基本的にはEA+裁量ではないと利益は難しいものですが


少額から検証できる方は是非見てみると良いと思いますね~


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/



それでやはりこの数年

なんだかんだ強いのが

「EAなどの自動売買+裁量」

のアプローチで


これはEAだけでほったらかし、みたいな人は

ほぼ全滅してますが、


ただEA+裁量の人は利益を月利5%~7%前後で

継続してる人が多かったりします。


それでこの辺で「じゃあどうやって裁量入れたらいいねん」

という話もあるので


今日は後半でその辺を書きます!





それで以下は2020年も投資教育に邁進していく

というクロスリテイリング株式会社さんから

[[name1]]様にメッセージです!


====================
【限定公開】勝率97.18%の自動化システム、知ってますか?


[[name1]]様は去年、
どれくらい収入が増えましたか?
 
今、日本の平均年収は、
441万円という水準となりますが、
 
[[name1]]様の収入は、
いかがでしょうか。
 
「平均年収より収入が低い…」
「たいして収入は増えていない」
「むしろ、働き方改革の影響で減った」
 
というように、
今の収入になかなか
満足できていないかもしれません。
 
特に働き方改革については、
これからサービス残業を強いられる企業も増え、
 
労働時間に見合わないような
低賃金問題も発生する未来が見えます。
 
そんななか、
どのようにして日本人は
収入を増やしていくべきか。
 
そこで注目されているのが投資。
中でもFXがダントツに人気です。
 
ただ、
 
「FXは難しそう」
「やっても損をしそう」
「勉強する時間なんてない」
 
といったイメージが、
先行してしまうと思います。
 
でも、それはもう、
古い考え方です。
 
2020年の新時代、
努力してお金を稼ぐことは時代遅れ。
 
これからは自動化で、
億を手にする時代となったんです。
 
例えば、遊んでいても
寝ていても、食事をしていても、
 
5億円、10億円、48億円といった、
圧倒的な利益を生み出すような
信じられない世界。
 
そう、これからお伝えするのは、
FXのトレードシステム。

勝率97.18%という
圧倒的な安定性を持ち、

一切働かず自動化で、
 
「億」という資産を、

誰もが簡単に目指せる、
新時代のトレードシステムです。

その無料講座が、
今だけ公開されています。

キーワードは【億の約束】

労働収入に限界を感じている方、
ラクして今より収入を増やしたい方は、
今すぐコチラをご覧ください!

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/

※10分間限定で無料公開されていますので、
 お早めにご確認ください。

ーーーーーーーーーーーーーーー
自動化がもたらす「未来」を
少しだけお見せします。
ーーーーーーーーーーーーーーー

自動化のシステムということは、
お金を稼ぐために、

[[name1]]様が行うべきことが、
極端に少ないということ。
 
システムをパソコンにセットしたら、
あとはスイッチを入れるだけ。
 

トレードし続けます。

しかし、そんな作業量でも、

勝率は97.18%

と、圧倒的な安定性。

この安定性が生み出す、
連勝記録は、

驚異の341連勝。

この記録は、
システムを開発した、
世界的FXトレーダーの「T氏」が、

自らの手法を
FXシステムに取り入れて叩き出した、
完全にリアルな数字。

一流のトップトレーダーですら、
持てる全てを出したとて、

ここまでの連勝を記録することは、
ほぼ不可能と言えるほど。

一握りの才能すらも凌駕する、
このポテンシャルは、

これまでの自動化システムと、
あきらかに一線を画す、
新時代のトレードシステム。

この自動化のシステムで、
積み上げられた利益は、

「億」

もちろん、
1億や2億といった、
ちっぽけな額ではありません。

[[name1]]様の想像を超える額が、
実際に叩き出された証拠は、
コチラで確認できます。
 
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/
 
なぜ資産を「守る」のではなく、
「増やす」必要があるのか。

それは、2020年が、

「激動の相場」と言われているから。

年明け早々に起きた、
アメリカとイランの問題。
 
イギリスのEU離脱。
台湾での総選挙。

さらに東京オリンピックや、
アメリカ大統領選挙など。

新たな時代はすでに動き出し、
もう去年とは全く違う状況です。

そんな中、
[[name1]]様は稼ぎ続けるために、
どんな準備をしていますか?

激変する相場を、
自らの力だけで乗り切ることは、
非常にハードルの高いこと。

資産を守るだけでは、
自らの人生を生きることは、
とてもできません。

しかし【億の約束】を、
[[name1]]様が手に入れたのなら、

お金を稼ぐのは、
システムにまかせれば大丈夫。

[[name1]]様の時間を何に使うのかは、
[[name1]]様が自由に決めればいいんです。

好きなだけ買い物をし、
好きなものを食べ、
好きなときに旅行へ行く。

今の生活とはかけ離れた、
夢の人生を過ごしている間も、

【億の約束】が、

[[name1]]様のもとに、
お金を運んできてくれる。

ラクをして、資産を増やすチャンスは、
[[name1]]様の目の前です。

人生で一度だけのチャンスを、
逃さないでください!

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/

※「公開は終了しました」と出ていたら、
 ページを見ることはできませんので、ご了承ください


【自動化】341連勝を誇る奇跡のEAが無料公開!



2020年、お金の稼ぎ方が変わります。

もう汗水流して働いて
お金を稼ぐ考えは時代遅れです。

これからは、

勝率97.18%、
驚異の341連勝の記録を誇る、
奇跡のFXトレードシステムを使い、

自動化で効率良く、ラクに
5億円、10億円、48億円と稼いでいく時代です。

もう面倒な仕事をする必要も
トレードで苦労することすらなくなる。

このEAを起動させるだけで、
全くのFX初心者ですらも、

億万長者を目指せる時代が
もう[[name1]]様の目の前まで来ているのです!

そんな、FX業界だけでなく、
金融業界全体に
多大なインパクトを与えかねない、

奇跡のトレードシステムがなんと、
世界で初めて公開されました!
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/

ただ、その桁違いの実力からわかる通り、
ここで紹介している情報は全て極秘事項。

そのため、このページは予告なく
消滅する可能性がございます。

まだチャンスが残っているうちに、
新時代を創りあげていくこのEAの全貌を
[[name1]]様自身の目でご確認ださい!
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/

これからFXを始める方も
まだ思うように稼げていない方も、

このEAを起動させてしまえば、
も、
億万長者を目指せるのです。

難しいロジックも、
複雑な環境認識をする必要もない。

面倒くさい理論も覚えなくていい。

[[name1]]様が億を稼ぐために、
これ1つあれば十分。

1億円、3億円どころか、
5億円だって、30億円だって、
50億円だって、

この奇跡のEAがあれば、
誰もが現実的に狙えるんです!

「億万長者になることは約束されている」

そう言っても、
けっして大げさではありません。

その証拠に、こちらにページで
数々の成績や履歴を公開しています。
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/

そして、このEAを使った
無料講座もなんと特別に公開しています!

ただ、この講座を受けられるのは、
本当に限られた方だけ。

超機密情報なので、
一般には公開できないんですよね。

本物の「億の稼ぎ方」が知りたい方は、
ぜひ今すぐ、こちらのページから
そのEAの全て、そして驚異の稼ぎ方をご覧ください。
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/

定員に達した瞬間、
このサイトは完全消滅します。

もう残りの枠は、
わずかしか残っていませんので、
ぜひ今すぐチェックしてください!



====================



以上です!!



それで今回の案件ですが

個人的な考え方としては 完全自動とかほったらかしだけで

勝てるEAってのは今までもう何百個のEAとか見てきて

知らなかったりするので


ほったらかし、何もしないでってのは危険とは

考えてます。


が・・・実際の話、

EAを稼動させて、 

ユーロドルなら欧州情勢をしっかり自分で

分析して


それで「危ないときはストップ」ということをやると

EAってのはしっかりと利益が平均では月利5%~7%は出せるものなので


そういう意味で

あなたが ちゃんと3ヶ月は少額で検証をして

その上で 裁量のオンオフを毎週こまめにできるようでしたら


かなり100%裁量と比べて手間を減らした上で

時間を確保した上で稼げる可能性はあるので見てみると良いと思いますね~


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/



それで前号でちょっと書いたのですが

やはり2020年代は・・・



もうこれは投資もビジネスも


「自動化+(人間の)裁量」


で自動化部分のバランスを強めた人が

より稼げる時代になると思います。


ただここで多くの人が疑問を持ちます。


「裁量っていってもEA稼動させるとき

どういう裁量入れるの?」


と。


今日はその辺もせっかくなので数年間生き残ってる

やり方ですがそれを書きたいと思います~



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


2020年代にトレーディングで注目される

EA(AI)運用+裁量のやり方とは!?


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



それで、一応個人的には 

「EAを稼動させたままほったらかし」とかは

かなり危険だと思うので


この案件なんかも

「ちゃんと 資金管理をして

その上でオンオフの稼動判断を練習できる人」

なんかはやったら面白いと思いますが


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/



一方

「完全自動で儲かるんだ~わーい、

億万長者」的な考え方の人は

かなり危険なので


一応今日は「じゃあ実際にFXの自動売買を複数個組み合わせて

負けないで利益上げてる人たちは何をしてるのか?」


を暴露して書きたいと思います。


ちなみに今回のやり方は、資金管理上、

月利20%をずっと継続とかは難しい、

のですが、


ただ月利5%~7%前後、を継続していくってことは

かなり現実的な方法です。



それで一応 EAの歴史ってのがあって

2000年代後半に結構民間用に私たちが使える


FXのロボット=EA ってのが出てきて

これが流行したんですね。


当初「完全自動でロボットがトレードしてくれるから

超楽に稼げそう」


ってことで相当ヒットしました。


が・・・結果は・・・!?


これは初心者の人は絶対知らないといけないけど


「ほぼ全員ほったらかしした人は資金がなくなった

溶けた」


ってのが2010年代の教訓、歴史でした。


ちなみにかくいう私ゆうも昔EAはやったのですが

結局・・・


ほったらかしにしたものは全部溶けました。

なくなっちゃった。


まあそこからただ私の場合は人脈というか

EA運用のガチプロの人がいて、


今は彼はシンガポールでファンドやってるんですが

その方にたまたま教えてもらえたってのが

あって損失は回収できましたが


普通の人は全然そういう当たり前の知識がないから

世間的には「EA=稼げない」となってるのかな?


と思います。



まあ実際に多くの人がEAで

資金溶かしたので


そうなってるわけですね。


が、実はその中でも「EAをずっと回して

何年間も負けないでプラスで推移して

資産増やしてきた人間」ってのは


実は海外に居住してる日本人では結構多いんです。


最近は色々と銀行への利益の吐き出しとかが

かなり厳しくなっていたりして


各国官僚が連動してでの運用者イジメみたいのがあったりは

しますが


ただやはりそんな感じで負けないで利益を吐き出すことに

苦労しているようなお金持ちの人ってのは結構いたりする

んですね。


それでじゃあ、みんなそういう多くの人がEAで負けてる中

なんだかんだ 負けないで結果的には勝って

資産を増やしてる人間は何をしてるか?


と言いますと


実は前号に書いた


「EA+裁量」を基礎としてるんですね~



この案件なんかもEAですが、なのでほったらかしは

結構危険かな?と私は思いますが


一方 EA+裁量ならば 341連勝とかはあまり出ない

結果なので見てみると良いと思います。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/




それで、まず資金管理なんだけど

じゃあどういう資金管理か?というと


通常EAには最大ドローダウンってのがありまして、

過去何年間で最も損失が出たときってのが

あるわけですね。


それが例えば資金の20%だとしたら

100万円運用していてそれが

仮に150万円に増えていても


一時的にその150万円の資金が

120万円に減ってしまったみたいな状況ですよね。


もしくはタイミングが悪いと最初から最大ドローに

当たる場合もあります。


この辺は分かりません。

(ただ一番良いのが 大きめのドローダウンが出た後に

実弾で開始するっていうこと。

調子の良いときに開始するとマイナスからスタートすることが

多いですよね)



まあそれで 通常EAで資金運用する場合

普通は 単体の1つのEAで運用するってことはなくて


大体は複数のEAで運用するのが普通ですよね。


ちなみに私の周辺では大体最初みんな20個とか30個とか

でくみ出すけど


なんだかんだ絞り込まれて7個くらいのEAになってたり

する人が増えてますよね。



ちなみにEAをどう組み合わせるか?というと

「勝てるEAで組むのではなくて」


「最大ドローダウンのバランスを見てEAポートフォリオ組む」

んだけど


例えば2012年に最大ドローダウンが出てるEA1

あとは2016年に最大ドローダウンが出てるEA2


ってのがあったとして、


けどEA1もEA2も資産曲線では右肩上がりだと、します。


これが右肩上がりでなければダメです。


ただ最大ドローダウンが必ずどのEAもあるんだけど

そこで


「最大ドローダウンの時期がずれてる右肩上がりのEAをあわせる」

ってことをするんですね。



それで EAってトレンドに強いものか

レンジに強いものか


で2分できますけど


この2つをバランス合わせて、

その上で「最大ドローダウンがずれてるもの」

なんかを合わせて


それでポートフォリオ組むってのが実は

普通の、負けないやり方です。



これは、一応プロだとEA1の資産曲線と

EA2の資産曲線ってのがあって


それを合成するツールがあるんだけど

それで資産を合成して


「EA1に資金を50%割り振る

EA2に資金を50%割り振る


それでトータルの資産曲線はどうなるか?」


ってのをチャートで出せたりするんだけど

そういうのも使ったりしますが、


実際は 資産曲線が右肩上がり、

最大ドローダウン時期がずれてる


というEAをあわせたら大体資産曲線が

「スムーズな右肩上がり」になりますね。


基本的にはだから「負けから見て、ポートフォリオ組む」

のが基礎だったりします。


ここで勝ってるEAで組まないんですね。

「なるべく負けがEA複数で同時期に起こらないように

ポートフォリオ組む」んです。



それでそのポートフォリオの一つとして

これは勝率重視型で341連勝とかも記録してるから

検証してみると


全てに100%はないけど

面白いんではないかなっていう話ですね。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/



それで上記のようなポートフォリオを組んで

EAを複数組むってのが普通で


そこでVPS使って普通は稼動させますけど

だからVPSの管理とかを海外にいたりしても


ネットからするってのが普通になりますよね。


ちなみにVPSってのはクラウドのコンピューターみたいなもので

どのパソコンからでも最近はスマホアプリからでも


サーバー会社さんに借りてるPCにアクセスできるもので、


だから例えばIPADなんかから、VPSにつなぎますと

IPADの中にWINDOWSのPC画面が出てきて


MT4のEA稼動の画面が出せるってものです。



こうやってVPSで管理するのが基本ですね。



■■■■■■■■■■■

【それでじゃあどうやってEAに裁量入れるのか?】

■■■■■■■■■■■

それで重要なのが

どのEAも「は負ける」んです。



これ、本当のことを言うと


数ヶ月とか場合によっては1年以上も

利益出してるものもあったりはするんだけど


ただそれもいつか2020年代に潰れる可能性はある

んですね。


EAとかAIでほんと長期で5年以上利益を

完全自動で実運用で出したものってのは


私も知らないんですよね。

たぶんこれは原理的にAIとかEAって意外に限界があるので


世間で言われてる AIのシンギュラリティって

AIを過大評価しすぎな感じで



マスコミはAIとかをやたら大きく脅威のように言いますが、

実際はAIとかEAロボットってまだまだ限界があるんです。


それで「ほったらかし」では負けるんだけど

そこで「特定のトレードロジックに沿って基本的には

EAに売買させるんだけど


人間しか判断できないときは人間が裁量を入れる」


ということをするわけです。


実はこの「EAプラス裁量」というアプローチでは

そこで負けないで資産を増やしてる人は結構いる。


それで今回のEAなんかだと一応

ユーロドルだと聞いてますが


ユーロドルでしたら


やはり欧州関係とかアメリカ関係のファンダメンタルは

相当見ておく必要があるわけですね。



そこで簡単な話だと

「危なそうな動きが想定できる場合はオフにする」

わけです。



じゃあ具体的に2019年とかでは

どういう時期にオフの戦略が具体的に有効だったか?


というと、



例えばイギリスのEU離脱の選挙があって

これはメルマガでも扱いましたが


ボリスジョンソンの保守党が勝つか

マルキストの労働党コービンが健闘するか


の勝負でした。



ちなみにここで ボリスジョンソンが勝ったら

実際は「合意なき離脱」も想定しなければいけない状況に

2020年はなりますから


相当そこでは相場の動きがヤバい動きすることが

想定できたわけですが



例えばそんな選挙の時はもう前後は停止するんですね。


そう、だから「裁量でテクニカル分析だけでトレード」

なんかをしてる場合


結構ファンダメンタルのこういう欧州とかアメリカ情勢を

軽視する姿勢はあると思うんですが


EAの複数稼動ですとこれ

政治経済事象はかなり詳しくないといけなくて


というかやってると詳しくなっていきます。


だから

「ボリスジョンソンが暴れまわりそうなときはオフ」

とかそういった判断になるわけですね。


あとは最近はやはり中央銀行関係のアナウンスも
一方的な動きを作りやすい。


ちなみにそこでオンにしていても結果としては

ユーロドルでEA回していて利益出たじゃん、みたいな

場合もあるけど


これはあくまで「負けないため」なんですね。


ってのが「2010年代に飛んだ期待されたEAたち」

ってのは



「同じ負け方」をしていて


「全部が全部 コツコツ勝って ドカーンと負けた」


んです。



基本的に 勝率重視型EAの負け方は共通していて

「コツコツ勝ってドカーンと負ける」

んです。



逆をいうと「ドカーンと負けそうなところをはじいていけば」

コツコツ勝ったところが利益として残っていくんだけど



その

「ドカーンと負けるところ」は大体が

やはり上記のような政治経済事象なんですね。


そこでユーロドルがある程度安定した動きだったら

負けずに利益が出るようなシステムでも



「一方的な動き」が発生した場合、負けることが多いんです。

EAとかAIは過去の統計でトレードロジックの優位性を

確認してたりしますが、


それらの政治経済事象の一方的な動きが発生しそうな

政治経済イベントには対応できないんです。


だからそういう「一方的な動き」が出そうな場合は

オフにするんだけど


「一方的な動きが出そうという想定」事態は

これ人間しかできないんですね。


例えば 上の ボリスジョンソンが合意なき離脱とか

したがってるだろう、とかそういうのは


AIとかEAではまだそういう判断はちゃんとできないわけで

リスクの含蓄ってのができないんですね。


年末年始だからそもそも動かしてないけど

この前のイランの革命防衛隊の米軍基地攻撃の時もそうだと思います。


これはAIとかが「思想」を持つまで対応は不可能で、


そして

実際はAIが心を持つってのは

本当はマスコミが言うような数年ってことはなくて


実際は400年とかかかると言われますが

私はAiのシンギュラリティ論よりこっちのほうが正しいんだろう

と思います。



けど私たち人間だったら

「なんだか結果次第では危なそうだな~」という判断はできるわけで

そこで「EAをVPSサーバー上でオフにする」という判断は

できるんですね。





それでFOMCとかアメリカの雇用統計でオフにするなんてのは

常識中の常識ですが


それ以外だとこの年末年始もオフにするってのは当たり前でした。



あとは例えばその日に FOMCとかEU政策金利とか

金曜小売り管理とか


そういうインパクトが大きな指標が入ってるかどうか?


っていうのはFXのカレンダーで証券会社で見ることができますが


もうそういう時はオフにするんですね。



例えば2019年11月だと


アメリカ消費者物価指数、

ユーロ国内総生産、

アメリカ小売り管理


なんかが連日で入ってしまってる週がありましたが

そんな週はやはり一方的な EAの統計データでは

追いつかない動きが出る可能性があるので


これもオフにするわけです。


そんで何もそういうインパクトが大きいものがないときだけ

稼動させるわけですね。



これは週によって結構

2019年の10月なんかも


ECB中銀ドラギスピーチ、EU物価指数

翌日にISM非製造景況指数

金曜日に雇用統計


みたいな週がありましたが


こんな週はもう稼動させない、わけです。


だから実際はFXの指標カレンダーってのがありますが

あれをEA運用すると相当見るようになりますよね。




それで色々な政治経済の動きってのが世界中で起こってるのですが

そこでボリスジョンソンの思想とかそういうのも

考えていくわけですが


例えばボリスジョンソンなんかはあの人

イギリスの経済を実際は衰退させて混乱させたいってのが

本当のところなんですから(イギリス諜報を弱体化させたい)



だからその辺まで知ってると

ボリスジョンソン関係の会見なりの政治経済イベントも

やはり怖いとなるので


そういう日は稼動停止したりとかになるわけです。


なのでユーロドルなんかのEAですと

政治経済事象で少し危ないな、と判断できるものは

その前後でとめておくってことが


大事になりますよね。


だから結局その辺を分析するのは私たち人間ですので

「私たち人間が大きな俯瞰をして、判断をして

それでEAに細かいトレードをさせる」


みたいな感じになりますよね。


だから人間が社長で

EA、AIが従業員みたいな感じですが


そこでやはり人間の社長の大きな大局判断ってのが

大事になりまして


少額で検証すべきは あなたの大局判断で

EAがしっかり回るかどうか、ですよね。



この辺分かってる方は使いこなせる可能性もあるから

見てみると面白いんじゃないかなと思いました。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/


それであとは、これはプロのEA運用者によっても

変わりますが、


例えばEAでは比較的小さなトレードを繰り返してるとして

そこで大きな時間足の4時間足とかで

上昇パーフェクトオーダー出てるのに


EAのポジションがショートになっており

そこでEAなんかがマーチンゲールタイプで

損失が出ていてさらに損失拡大しそう、


なんてときはこれはこれでもう

自分の裁量で損きりしてEA停止させたり

ってのもするわけです。


だから基本的には裁量知っていないとEAは使いこなせない


ってのが現実です。


逆に裁量でその辺慣れてる人はEA運用も

検証してみると面白いでしょう。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/


ちなみに上の大局判断でMA見る人もいるし

ダウ理論ベースで判断する人もいますが、


EAもこれまたそこまで考えないでルール通りポジショニングするので

そこは人間が 微調整して


損切りなんかは裁量入れて自分で入れたり

もするわけです。


だから裁量やっていて 損きり事態ができない癖がある

と言う場合は、まずそっちを治さないとEA運用でも

同じことになるわけで


結局裁量ということにはなるんですね。


だからEAなんかの場合は結構

稼動日数を意識的に減らす感じになりますが


本当に安全なところだけしか稼動させないで

危なそうなところは スルーしてストップしておく


あとはこの前あったようなイランの米軍基地爆撃とか

その時点ではいくつもシナリオが考えられるようなところは


ストップしないといけないわけです。

(しかしそもそも年末年始なのでストップされてるはず)



だから裁量だとエントリーが注目されますけど

EA+裁量だととにかく

「稼動ストップさせるタイミングを考えるのが仕事」になりますよね。



ただ裁量と違って自分でトレードはしなくても良いので

大きな一方的な動きをしなそうなときは


勝手にEAが利益出してくれるので

その辺の楽さが



「EA+裁量」の良いところでしょう。


それでそのようなスタンスで負けないことから考える人なら

この案件も

勝率97.18%で

驚異の341連勝

ってのも達成してるってことなので


検証する人なら面白いのかな~と思いました。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/



それで実は上の運用方法はもう何十億円とか運用してる

本当の金持ちのマネーを運用してるような

プロたちが毎日やってることなんだけど


そのレベルで

「EA+裁量」をしないとやっぱり負けてしまうわけですね。


ちなみに 完全ほったらかしは長期では

ほぼ100%負けてしまう?

と思うのですが


負け方は共通していて「コツコツドカーン」なんです。


だからあくまで 

「コツコツ勝ってドカーンと負ける」の「ドカーン」をなくすために

上のEAストップをこまめにやっていく必要がある


わけですね。


だからEAが年末年始なんかは完全に止まって

商売あがったりにはなりますが


ただそれでも止めるわけで


だから大体 プロがEA運用で想定してる月利は

5~7%ですよね。



それで複利で負けないで安全に増やしていくという

発想の人間だけが今生き残ってる。


逆に月利15%とか20%は月利出すぎでもあって

少し危険なサインかもしれない。



それで実は2010年代、上記のような考え方を知らない人ばかり

だからEAで負けた人が多く出たんですけど


逆に上記のような考え方を知って


それでEA運用ってのは少額のテスト運用を

上記の裁量のオンオフ判断も入れながら

大体2~3ヶ月はやって


ポートフォリオに大丈夫そうなら、要するに

月単位で負け確率は低いなと判断できたら

加えていくんですが

こういう姿勢の人は資産増やしてるわけです。



逆に「最悪」なのが


「大金持ちだ~

よしじゃあ早速100万円でも突っ込んで大金持ちになるぞ~

さあ!」


と言う人ですね。


こういう人が実際は大多数なんだけど

ほぼ全員上記の 姿勢の人は2010年代、相場で淘汰されて

退出してます。


だから上記のような姿勢の人はEAとかの運用は

ヤバいので、まずは「負けないこと」から勉強したほうが良いですね。


だから上に書いたように

「負けないEA運用の姿勢」ってのがありますので


上記の基本姿勢をあなたが知っていれば

この案件は検証するのであれば

その成績だったり、また過去のドロー時期もちゃんと

公開するそうなので


面白いのかな~と思いました。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/



まあだからいわゆる「環境認識」ってのがあって

これは去年相当扱いましたが


結局EAであっても同じで

裁量の「環境認識」が出来ていないとだめだし


あとは、ボリスジョンソンのEU離脱劇の意味が

分からないとか


今だと トランプ大統領が実質OMOの銀行間融資市場で

実質のQE4開始していて


QE4マネーが入ってるって知らないとか

結構 問題外になってしまうわけです。



かくいう私なんかも昔はEA運用しはじめは

全然そういうの知らなくて


「稼げる~ウホウホ」


っていうゴリラ状態だったんだけど


もろにそのゴリラは相場でEA

痛い目見たわけです・・・(笑)


その後上記のような本当の負けないプロの考え方を

学んだけど


EA分のマイナス損失がプラスに転じるまで

結構 その私の場合は時間がかかりました。


まあだから 上に書いたことってのは

私のエラー、失敗から色々その後学んで

その後分かった負けないでプラスにできる方法

なんだけど


結局「負けないこと」になりますよね。



だから最初に3ヶ月少額のフォワード運用で

テストするのは当たり前だし、

(EAのオンオフ感覚と、そのEAの苦手相場などの感覚を

得るため。あとはEA自体がそもそもフォワードでしっかり

事前の想定に近い感じで回るか?

など確認必要)


あとはオンオフの判断は 政治経済の話が

分からないと 

出来ませんから


結局 政治経済の話も知る必要が出てくるわけです。


それでEA運用では私が知ってる

日本ではトップレベルという人がいるんだけど


この人はおそらく個人部門では日本で3本の指に入る人で

ファンドやっていて

10年以上 月単位で負けていなくて


一番パフォーマンスがだめなときも、負けではなくて

月利1%だった人なんだけど


この人なんかは私も結構政治経済とかは

学んできたけど


彼なんかは私なんかよりさらに詳しくて

トランプの表向き建前と本音の分析も当然していたりするし


やはりそういう人が巨万の富を得てますね。



それで最初はまずは オンオフ判断でも

FXの指標カレンダーで 星マークが多いやつとかを

はずしていくわけですが


大体やってく中で上に書いたような

ユーロドルならそれに作用しやすい指標とか

体感でわかってくるので


その辺が分かると 負けはあまり出なくなって

安定してくると。


ということで実際のEA運用ってのは地味なもので、

政治経済のことも知っておいたほうが良いというか

必須ですし、


あとは大きなテクニカルのトレンド認識、環境認識とかも

当然知っておいたほうがよいですし



実は奥深いんですね。



多くの人はこういうのを知らないでお金溶かしてるのですが

ここまで読んだあなたは知ってるわけなので



あとは検証するのみ、でしょう。



それで実はこの


【それでじゃあどうやってEAに裁量入れるのか?】

の項目で書いたようなことをやってる人は


おそらくEA運用してる個人投資家で

実はほとんどいなくて


大多数の人は資金管理も関係なく、

例えば最大ドローの1.5倍、もしくは

2倍になったらそのEAは停止したりして


そのときの損失が 想定してる損失割合におさまるように

事前にロットコントロールするんですが


そういうことも一切していない人がほとんどなので


またオンオフの切り替えをせずほったらかししてる人が

ほとんどなので


結局この辺で 同じEAを使っても


利益が出る少数

利益が出ない大多数


で分かれるってのが2010年代にわかってきたことです。



逆にその辺を最初から知っていれば

負けない戦略が取れるので


強いのかな~と思います。


それで今回はクロスリテイリングさんが結構自信持ってる

EAということですので


いきなりそこで大金突っ込むのはギャンブルになってしまいますが


そうじゃなくてあなたが少額でまず3ヶ月とか

オンオフ判断も入れてみて

検証出来るならば


将来につながる可能性があるので

見てみると良いと思いますね~



【2020年最新の稼ぎ方
奇跡のFXトレードシステムの真実に迫る】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/







===========編集後記===========


さてさて、私は現在韓国にいるのですが


驚いたことがありました。



それが上に書いた


「韓国のバーガーキングではカウンターのおねえちゃん店員が

いなくなって機械になってる」



ってことです。



今まではバーガーキングってのは

レジでカウンターのおねえちゃんがいて、


そこで注文して、



という日本のマクドナルドなんかもそうですが

そんな感じだったのですが


この韓国の光化門(日本でいう霞ヶ関)のバーガーキングの

店舗では・・・



もう カウンターのおねえちゃん店員がいなくなっていて

今までのカウンターのところに


4人くらいレジ、カウンターのおねえちゃんがいたんだけど

その真ん前にこういう機械が4台置かれていました。




(写真)韓国のバーガーキングではカウンターの店員が消えてきている
⇒  http://fxgod.net/gazou/picture……_auto3.JPG



ちなみにアップにするとこんな感じで

言語は韓国語以外に日本語や英語や中国語も選べるんですが


機械の上で注文するようになってるわけですね。


(写真)このディスプレイの機械の前で注文する
⇒  http://fxgod.net/gazou/picture……_auto1.JPG

(写真)注文してるときの写真
⇒  http://fxgod.net/gazou/picture……_auto2.JPG



それでもうこれ 「カウンターの店員、人間がいなくなった」

ってことなんですけど


今までは 韓国の光化門ってのは日本でいう霞ヶ関ですから

かなりお客さんは多くて 店員はおそらく7~8人は

カウンター周りでいたはずなんだけど


これがもうカウンター前にいるスタッフは1人となってました。


この1人のスタッフが人間にしかできない、

ポテトを揚げたり、

あとはハンバーガーのセットをお客さんにカウンターで

渡す係りです。



(写真)もう、カウンターのスタッフは1人。
注文は取らないから、ただできたハンバーガーセットを渡して
ポテト作るだけの仕事になってた

⇒  http://fxgod.net/gazou/picture……_auto4.JPG




ちなみに、私ゆうなんかは昔

大学生時代マクドナルドのカウンター店員として

アルバイトしていて


そこでマクドナルドで注文を取っていた時代があるんです。


そこで「ダブチサンキュー」(ダブルチーズバーガーのオーダーが入りました)


とかそんなことをカウンタースタッフとして

マクドナルドで大声で言いながら

やっていたんだけど


もう今の時代は・・・


こんな注文をカウンターで取って厨房に

注文内容を伝える、なんて仕事がおそらくなくなってきてる

のですね。


私は当時マクドナルドのカウンターとして時給800円くらいで

仕事していたけど


もうこの仕事は韓国では消えてしまったんでしょう。




もうだから

「ロボットやAIやEAが発達して

人間の仕事がなくなる」


なんて2010年代は話題になっていたけど


2020年の韓国でそれは起こってきていました。


この光景私はシュールだな~と思ったんだけど


もうカウンタースタッフの代わりにあからさまに

ディスプレイの注文するための機械が置かれていましたからね、


「もう人間ではなく機械で注文取ります!」という

韓国のバーガーキングの意思を感じましたよ。



(写真)韓国のバーガーキングではカウンターの店員が消えてきている
⇒  http://fxgod.net/gazou/picture……_auto3.JPG


私なんかは注文するときに勉強してる韓国語使えるから

これはこれでコミュニケーションの機会減ってしまうから

残念ですが、


まあもうこれは時代です。



それでこの「自動化の波」ってのは韓国では

いたるところで見られて、


例えば道を歩いてるともうこういう自動販売機が

結構置いてあって、


これは「パンツ」を売ってる自動販売機です。



(写真)現代財閥が設置してる 自動販売機。
「オシャレなパンツ」を自動販売機で買える。
⇒  http://fxgod.net/gazou/picture……_auto5.JPG



(写真)自動販売機で売られてるパンツ
⇒  http://fxgod.net/gazou/picture……_auto6.JPG




いや~~自動化ですね、ほんと。


それでこれらの自動販売機とか

あとはバーガーキングで設置されてる


自分で機械で注文するやつは日本でも以前ちょっと

見かけたけど



韓国の機械はもうクレジットカードで

すぐ決済できる感じで


ここで感じるのが「決済の利便性」ですよね。


もうクレジットカードを 注文して 上の写真の

機械の差込口に指すと、


それで決済が完了して、


レシートが出てきて


そして「あなたの番号は180番だ」みたいに書いてあって


カウンターに1人しかいないスタッフが

そのハンバーガーセットが出来あがったら

「180番の人~」とか言ってきて


それで受け取るだけでハンバーガーが食べられるように

なってきてます。



はっきり言うと、カウンタースタッフがいないため

コミュニケーション自体がもう発生しないので


そこの味気なさは感じますけど


まず「早い」ってのはありますよね。


ちなみにこの「飲食店の自動化」に大変積極的なのが

韓国だと思っていて


というのが、上はバーガーキングだけど

「小さな個人店の のりまき店」でも上記のような

機械化が進んでいて、


もう上記のような機械を導入してる

小さな店舗を持つ小さな社長さんが

増えてる。


だから大企業だけが導入してるわけじゃなくて

韓国で、小さい企業用に こういう注文用の機械を作ってる

会社さんがあるようです。


それでどこもクレジットカードで決済が一瞬で完了するから

あとはレジで受け取るだけになってるんだけど


とりあえず「早い」んですね。


それで韓国人なんかは「早さ、スピード」をすごい

重視するところがあって


それはサムソンなんかもそうなんですが、

だからそういう 早さの要請で、コミュニケーションより早さ

ってことで


効率化が進んでるんだと思います。


それで何よりもビビるのが

「カウンタースタッフがいなくなってる」ってことで


一応 自動でハンバーガーを作ることは難しいようで

厨房のスタッフは2~3人だけいましたが


もう注文を取るスタッフはいなくなってるわけですね。



だからよく言われる

「機械やAIが発展することによって

人間の仕事がなくなっていく~」


ですが


もうリアルタイムにその光景は韓国で見られるわけです。



ただ・・・ここで私が思ったのは

「経営者側」「投資家側」の視点で立つと


やはり今まで飲食店って、人件費の圧迫が

利益率を結構圧迫していたわけですよね。



けど、ここで飲食店では一気に人件費が減るから

売り上げから利益が残る比率、利益率が相当上がるんだろう

ということですよね。



ちなみにカウンタースタッフがいなくなったから

そこで何も対策をしないと

新しい接客価値を提供できなくなって


そこで売り上げはおそらく下がるのかもしれないな

とは感じましたが


ただ人件費の分、コストが浮くので

利益はしばらくの間は、より残ってしまうのかもしれない。



それで今までこういう、

「人件費がかかって 利益率が低くなってる商売」

って沢山あるわけですが


これが人件費がかからなくなって

かかるのは ロボットやAIやEAなどの機械の電気代

だけになりますので


そうすると高収益のビジネスってのが増えてくるんでしょう、

きっと。


それで私なんかは今韓国にいてこういう光景が普通になってきていて

そこで考えるのだけど


もうこれから人類は


「自動+人間ができるところは人間で」
(そして人間にしかできないところに高付加価値がつく)

みたいなところで利益上げるのが

圧倒的に効率的になってくるのだろうということですよね。


2010年代は 「自動+人間の裁量」の考え方を

あらゆる点でいれていった人が金持ちになったけど


2020年代はそれが加速する。


ちなみに上のバーガーキングでも

ちゃんと「人間の仕事」ってのが残っていて


例えば注文はこういう機械で自動化・セルフ化

してますが

(写真)韓国のバーガーキングではカウンターの店員が消えてきている
⇒  http://fxgod.net/gazou/picture……_auto3.JPG



じゃあ ポテトを揚げるって作業は?

というと、これはまだ機械化できていないから

人間が必要なんです。


だからカウンタースタッフが1人いる。



ちなみに、私はこのポテトを揚げる仕事を学生時代に

カウンタースタッフとしてしていたんだけど


まず ラードの白い塊をポテトのところに入れて、


それで熱く熱して、それが油になるんですが

そこに冷凍したポテトを突っ込んで


それでポテト揚げるわけですが


この一連の作業はたぶんまだ機械に全部やらせるのが

難しい。


だから人がやってる。



ただカウンターなんかの注文は

機械化できてしまうから


そうなってきてるわけですね。


ちなみにいずれ、この辺でハンバーガー作る機械とか

ポテトを安全に揚げる機械とか出てくると・・・



もう「人間がほとんどいないバーガーキングとかマクドナルド」

が誕生しますよね。


最近だと無人コンビニなんてのも出てきてるけど


飲食店も徐々にそうなっていくんでしょう。


そんで、その飲食店で作られたものは

ウーバーイーツとかのサービスで


自宅にも自動的に自動運転で運ばれるみたいな未来です。


下手したらドローンで家の前まで

これらの食事が運ばれてくる時代になるかもしれない。



だから2020年代は恐ろしいくらいに「自動化が進む時代」

ですよね。



それで私なんかはもろにマクドナルドで

カウンター店員やっていたからわかるけど


「人間の労働者の仕事はなくなっていく」わけです。


が、新しく出てくる仕事が


「小さい経営者の仕事」でありますね。


例えば私なんかはビジネスで飲食店なんてやるつもりは

全くなかったわけですが


というのは人件費だったり固定費用があまりに大きいビジネス

ってのはやはりしたくないわけですよね。


そこは合理性を追求したい。


だからこのメルマガだったりも
サーバーで何十万人にも送られてるわけで
私が自分で メールの送信ボタンを押して

送ってるわけではないのですね。


書くのは人間の私しかできないけど、


メールを届けるのはサーバーの仕事

と考えてます。



それでこういったスタイルの仕事は飲食店でも徐々に可能になる

はずで


経営者はとりあえず店舗とか機械とか用意して

それでそれらを設置して、


お店の食事はコンテンツに当たりますが、


あとはやるのは店の広告、宣伝だけでしょうが

そこで飲食店でかなりの部分がほぼ自動で、

収益ビジネスを作る


なんてのがこれからの時代可能になってくるんですね。



上の現代財閥の機械なんかは分かりやすくて

もう「オシャレパンツ」を自動で自動販売機で売ってるわけですが


それは設置しておけば あとは場所代や電気代やメンテナンス代

だけはかかるけど



売れたらほとんど利益なんです。



だからもうこんな


「自動+人間の大きな判断」


を利用して利益あげていくのが当たり前の時代になっていく。


それであと韓国で生活していると


とにかく多くの事業者が自動化を進めてるから

「自分も何か自動化できないかな」

みたいな思考がより強くなるんですね。



これがおそらく全人類の流れになると思います。

だから自分でプログラムできたりなんてスキルは

これからほんと大事になりますね。


プログラマーなんかにお金払って

色々自動化してもらうのも

やはり自分がプログラム知らないといけないし。



マレーシア戻ったらプログラムの学校とか通ったりも

いずれしたいな、と思った次第です。


それでもう公式が見えてきていて


「自動化できるところは自動化してしまって

そこで人間しかできない部分は人間がやる」


これが結局どうも自営業の

2020年代のお金持ちへの公式なんでしょう。


2010年代なんかも私はこのメルマガやっていて感じたんだけど

FXなんかでも


「裁量なのか 自動売買なのか」

みたいな対立?はあったと思うんですね。



けどそこで出てきた、大変重要な考え方があって


「裁量+自動売買EAとかAI」


が結局すごい強いって2010年代後半に



膨大な検証でわかってきたんだけど


結局


自動化+裁量


を極めるのがどうも大事です。



あなたがビジネスやってるにしても

「自動化できるところはないか?

自動化で楽できるところはないか?」


を考え行くのは大事ですよね。





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


自動化は合理化であって

「人間性の排除」だ。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


それでこれは私が最近見た言葉で


超素晴らしい言葉があって


あなたにも共有したいんだけど


この業界ですごい有名な人でAYUさんっていう人がいて

以前与沢さんともやっていた方で

私も以前何度かお話したことがあるんだけど


彼が素晴らしいこと言ってましてですね、

「合理化というのは人間性の排除だ」


っていう本質をさらっと言っていた。


これすごい本質だな~と私は舌を巻いたのだけど


結局自動化、機械化、AI化って

まさに「人間性の排除」なんですよね。


だからまあ、例えば私だったらですね、


私のパートナーなんかはもろに セブンイレブンの店員さんで

私が客として以前に確か チキンがあったんだけど

それを注文したんです。


それですごい良い笑顔だったんだけど

そこで 「素晴らしい接客ですね」とか私が言って


そこからなんだかんだ交際がスタートしたんだけど


そういう人間の交流があって、実際に関係がスタートしたり

したんです。


まあナ、ンパといえばナン・パだけども。


ただ今まではこういう人間と人間の交流ってのが

ちょっとしたカウンターとかの注文時に、

発生していたんですね。


それが社会を回していた。


が、社会は韓国社会を見てれば分かるけど


「合理、合理、合理」となっていて


ここでカウンターでも人間は排除して


ロボットや機械で注文するわけです。


「人間性の排除」どころか「人間の排除」だ。



だから、そこで私が感じたのは「なんか味気ないな」

ってのはあって


この「なんか」ってのはかなり複雑な感情だけど

この「なんか」におそらく将来的に合理化が進みすぎた時代に

価値が発生しますよね。



っていうのは

「(機械化で)なんか味気ないな」

っていう感覚って


人間のあなたは分かるけど

機械やAIは分からないのですよ。




だから2020年代は 合理化が進みまくって

とにかく自動化の嵐なんだけど


しばらくして、人類は「やっぱり人間の交流とか

人間性って大事だね」


って話になってきて、そこにも価値が発生する未来

は見えますよね。



ちなみに中国の上海のマクドナルド経営者はそこに気づいていて、


彼らも上記の機械の導入をこの数年進めていたんだけど


ただその機械の前に「1人のコンシェルジュ」なんかを

つけてきて


マクドナルドのカウンター前に

コンシェルジュっぽい人がいたりするんです。


彼は機械の前で待機してるんだけど


そこでお客さんが注文したハンバーガーセットを

お客さんの机まで持ってってあげるとか


椅子を引いてあげるとか


そんなサービスをしていました。


すごい素晴らしい接客の人なんだけど


人間が「カウンター業」っていうあれは結構混雑すると

ストレスたまるんだけど


それをやらなくてすみましたから


その代わりに 人間が

「素晴らしい高級ホテルのような接客サービス」を提供する

わけですね。


そこに特化した人を雇う。

それを中国の上海のマクドナルドはやっていて

満足度はスタバなんかを超えたわけです。



だから自動化が進んで、人間性の排除が進むんだけど

人間は人間なしには生きられないから


そこで新しい人間性を提供する仕事がおそらく生まれるんですね。


例えばスターバックスの経営者はその辺分かってるから

スタバの注文を自動化したとしても


そこで接客用のスタッフは残すという判断をする可能性が高いと思う。

そこで新しいスタッフたちに新しい接客価値を提供させるわけ。




だから機械化で

人間性はこれから排除されていくんだけど

そこで


「じゃあ私たちにとって大事な人間性って何だろう?」


と考えることが大事になる時代でもありますね。



例えばこれは EAとかAIを利用して裁量を入れる

運用なんかでもそうなんだけど


「人間にしかできないこと」っていうと

やはり思想を読むとか 相手の気持ちを考えるとか

世界の情勢を俯瞰するとか


そんなものです。


例えば 中国の経済規模がアメリカを完全に抜いていくなんてのは

人間の私たちは様々な情報を処理して感じ取れるけど


AIとかロボットにはそれが分からないんですね。



AIですと最近だと ツイッターのツイート文字の

ツイート数なんかで 相場の傾向を読むとかしますけど



ただここで微妙なニュアンスは人間にしか分からないんです。



例えばこの前のイギリス総選挙でも


ツイッターで


「ボリスジョンソン勝利!」と書く人と

「ボリスジョンソン勝利・・・」

と書く人がいるわけですが


この


! と ・・・ だけでも

ニュアンスは違うわけです。


そんで


「ボリスジョンソン勝利!」と書く人は

比較的 反エスタブ思考を持ってるかもしれないし



「ボリスジョンソン勝利・・・」と書く人は

既得権益側の人が多いかもしれない、


なんてのも私たち人間は分かるけど

AIはこれ分かるのかな?という感じですよね。



ただツイートの統計なんかだと両者は同じことを言ってると

カウントされるわけでして


AIじゃこの違いは読み取りづらいわけです。


だから人間にしか出来ない判断ってのは存在してる。


これから究極的に自動化が進んでいくけど

その中で「人間性」もこれまた大事な時代になっていくわけですね。


だからこれから哲学なんかはすごい大事な時代になるでしょうね~


それでこの辺考えると「自動化したほうが良い部分」と

「自動化しないほうが良い部分」とか見えてくるんでしょう。



この辺がきっと 

自動化して成功する経営者と失敗する経営者 もしくは投資家の

分かれ目になっていくってのが私がわかってきたことです。



だから、上のハンバーガー屋の事例だと


バーガーキングに関しては「自動化を徹底的に進める」んですけど

だから少し私は味気なさを感じたけど、



一方 中国の上海の

マクドナルドなんかだと「自動化進めた上で

人間にしか出来ないことを考えて、


そこで上海マクドナルドではコンシェルジュみたいな人を

新たに雇用してる」


んだけど


その差で 両店が同じ場所で競争したら

 集客差や売り上げ差はつくわけですね。


前者は FXの自動売買で言えば「EAほったらかし」の感じに近いけど

後者は FXの自動売買で言えば

「EAにできるところはEAにさせて、人間にしかできないところは

人間が」の発想です。


飲食店でも根本的な思想ってのは似ている。


そして私が体感したところ、

たぶん完全自動化を進めたい思想のバーガーキングより

自動化を進めた先の人間性の排除の問題を考えてる

マクドナルドのやり方のほうが強いかもしれない。


コンシェルジェがいて、一流ホテルみたいに

椅子引いてくれる店員さんがいるマクドナルドのほうが

行きたいと思ってしまうから。



だから書いていて色々わかってくることもあるんだけど


これからの2020年代の


自動化の時代でまず負けやすいのが


「なんでもかんでも自動化して人件費減らしていこう」

みたいな経営者や投資家ですが



一方負けないで勝つのが


「一部自動化して人件費が相当浮くから

その浮いた人件費の一部を使って、


人間にしかできないサービスを提供できる人を

雇って、(例えばすごい笑顔の素晴らしい人とか雇って)


そしてそういう人に一流ホテルのようなサービスを

安い飲食店でも実現しよう」


みたいな経営者ですよね。

合理主義の利点と問題点、両方分かってる経営者。


そしてそこに投資した投資家は儲かる、きっと。




EAの世界でも

「全部自動化してほったらかし」という人は負けやすいけど


「そこで人間にしか判断できないところを理解して

そういう部分は人間がやる」


という人は負けないで勝ちやすいわけですね。



だから海外に住んでいてもうわかってきたけど

これからの AIとかEAなんかのロボット時代の


経営者や投資家の 勝ち負けは上記のようなところが

境目となって 勝ち負けが決まりますね。



この辺が色々わかってきたのでメルマガで書きたかった次第です。

この辺をきっと他の人も2020年代中盤に気づいていくはず。



だから、労働者であってもAIとかEAが進んで

仕事がなくなることを危惧する人も多いけど


そこで一流の人間らしい接客が出来る人は生き残るし


また自営業者であってもその辺の重要性を理解して

自動化進めていく人は なんだかんだ生き残るんでしょう。


だから「自動化をどう進めていくか?を考える」

のがこれからの人間の仕事ですね。


まあほんと時代は変化してきていますね。


とりあえずこれからの時代は


「ロボット、機械化 AI化+ 人間の裁量、心」

の時代です。



では!









☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 【2020年の新FX案件!】




今回の新プロジェクトは、

「億の約束」と言われるほどの
奇跡のFXトレードシステム(EA)の真実に
迫っていくプロジェクトということです。


自動化で勝率97.18%、
驚異の341連勝の実績を持つシステムを

2020年、初公開するということで注目ですね~


【2020年最新の稼ぎ方
奇跡のFXトレードシステムの真実に迫る】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★










コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください