無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【あなたが「世界中の企業のオーナー」になることについて考える!】

2020 1月 14 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【あなたが「世界中の企業のオーナー」になることについて考える!】
⇒編集後記で!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~


どうもゆうです!

こんばんは!!



さてさて、昨日は

【中国のITマネージャーの年収は4390万円!?】から考えるアジアの時代

っていう話を書きました。


それでここ最近、私が思うことがあって

それが

「世界中の企業のオーナーになることは最高だ」

ということですね。



ちなみに昨日書いたことってのが、

これからもうアジアの時代になるのは間違いないんですから

だから投資家はどんどんと、アジアの勢いある企業を見つけて


投資していけば2020年代は強いっていう話でした。


それで実際、世の中の多くの人は労働者として

企業に勤めて労働しているわけですが


私たち日本人が教えられるのは「労働者になる方法」だったり

します。


が、「企業のオーナーになる方法」ってのはまあ

教えられていないのですね。



それで私は大株主ではないけどいくつかの

世界の企業の株主であってそれはオーナーになってる

ってことなんだけど


やはりこれは大変大事なことだと思いました。


っていうのがやはりオーナーになると分かるのですが

時価総額は減るときも当然あるんですが


やはり増えるときは「何もしないでも」

数日で普通のサラリーマン時代の年収が増えたりするわけですね。


元々、こんなことは昔労働者だったころは想像すらしなかったけど

やはりバフェットの本で色々過去学んだ

「企業のオーナーになる」という発想、考え方ってすごいんだな


と最近ほんと、思います。


それで私のメルマガ見ているってことはきっと

あなたはオーナーになる人であって

労働者はあんまり向いてない?と思うんですね。


だからやはり2020年代「世界の企業たちのオーナーになる」

ことを考えると良いので


編集後記で一緒に考えましょう!



















☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

PDFレポート【2020年もガッツリ検証していこう!】
(副題:お金を好きな人は散財せず
負けない投資を心がける)
⇒  http://fxgod.net/pdf/2020_kenshou.pdf



PDFレポート
【年始からイランと「うまくやった」トランプ大統領】
⇒  http://fxgod.net/pdf/iran_trump2020.pdf

PDFレポート
【「ソフトバンクの孫正義氏」と
「アリババ」と「ブロックチェーン」 について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/son_alibaba.pdf



PDFレポート
【ついに「金ゴールドが1グラム6000円」を超えた!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/gold_6000.pdf


PDFレポート(写真23枚)年末の韓国ソウルの様子!
&氷点下の中でタクシーが
見つからなかった話
⇒  http://fxgod.net/pdf/korea_nenmatu.pdf


PDFレポート
【カルロスゴーンさんによって世界にばれだす
日本の役人たちの作る腐った司法システム、について考える!】
(ホリエモンの動画も)
⇒  http://fxgod.net/pdf/carlos_shihou.pdf



(写真付きPDF)
【韓国に着いたら空港でバレリーナが踊っていた】
(台湾の空港では「怪しいロボット」が働いていた)
⇒  http://fxgod.net/pdf/korea_taiwan.pdf



PDFレポート【アメリカ「GAFA」 対 中国「BATH」
の恐るべき戦い、について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/gafa_bath.pdf


PDFレポート
【最近アメリカの大金持ちたちは
100ドル札と金を備蓄しだしてる!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/us_rich_1……dollar.pdf

写真付きPDF)
【韓国に着いたら空港でバレリーナが踊っていた】
(台湾の空港では「怪しいロボット」が働いていた)
⇒  http://fxgod.net/pdf/korea_taiwan.pdf


年末のPDFレポート!
【金小売り価格がグラム5877円の
「40年ぶりの高値」を 年末につけた意味、について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/gold_2019high.pdf


PDFレポート
【副島隆彦先生の新刊
「全体主義(トータリタリアニズム)の中国が
アメリカを打ち倒すーーディストピアに向かう世界」
から考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/soejima_d……stopia.pdf





PDFレポート
【FXもネットビジネスも「時間の配分」を工夫することで
収益が10倍変わるっぽいという話】
⇒  http://fxgod.net/pdf/fx_timeshare.pdf


PDFレポート
【最近の日本の20代、30代、40代、50代は
価値観が全然違う!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/japan_sedai.pdf

PDFレポート
【アメリカのミレニアル世代は年収3000万円でも
米と豆食べている?】ことから考える!
⇒  http://fxgod.net/pdf/us_millennial.pdf



(写真29枚)【台湾の温泉街ジャオシーは
ただただ素晴らしい】

⇒  http://fxgod.net/pdf/taiwan_jaoxi.pdf



PDFレポート【2019年は結局「負けないこと」を徹底した人が
資産を増やした、
という話】
⇒  http://fxgod.net/pdf/2019_makenai.pdf



PDFレポート
【「聖なる夜」が「性なる夜」になってしまう日本文化の奥深さ】
について 真面目にクリスマスイブに考える!
http://fxgod.net/pdf/jp_xmas.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


PDFレポート
【「金ゴールドを買う人が増えた2019年」から
2020年代について考える!】
http://fxgod.net/pdf/gold2019_2020.pdf




PDFレポート
【イギリスのボリスジョンソン首相の勝利の本当の意味と
「米英の諜報機関をめぐる本当の裏側の近代史」とは?】
  http://fxgod.net/pdf/boris_win.pdf


PDFレポート
【南国でイスラムのマレーシアではクリスマスが盛り上がってる!?】
(写真付き)
http://fxgod.net/pdf/malay_xmas.pdf




PDFレポート
【中国のハイテク企業アリババ・テンセントのすごさと怖さ】
(銀行消滅)
http://fxgod.net/pdf/alibaba_tencent.pdf




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【クリスマスプレゼント動画】

「トレードにおける聖杯を伝授!」が
山之内さんから届きました!

⇒  https://vimeo.com/307415558/f51027d16c


<対談音声>




PART6

【「超有料級」の対談音声(相関性トレードについて)
を公開します!】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……/kakumei2/



PART5


【音声MP3♪「僕はチャートに恋焦がれている!」】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……/kakumei1/


PART4

音声MP3♪【「ポジポジ病」を克服して
「負けなくなった」生徒さんたち】

⇒  http://fxgod.net/onsei/yamanou……10oku4.mp3



PART3

音声MP3♪【どのようなときに山之内はポジションを撤退・決済するのか?】
⇒  http://fxgod.net/onsei/yamanou……10oku3.mp3




PART2


音声MP3♪【借金1000万円から12年かけて
資産10億超えに這い上がった方法論とは?】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……41/10oku2/





PART1

音声MP3【「資産数十億円になって変わったこととは?」】
⇒  http://fxgod.net/onsei/yamanou……10oku1.mp3


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





※以下は2019年にまとめた記事で
2019年終わり時点で「めっちゃ増えました」という声を
結構読者さんからいただいたものですね~


私的企業と公的部門がズブズブ癒着してる
共産主義国家の日本の株だと利益率がそこまで高まりづらいかもですが


日本以外の私的企業と公的部門をなるたけ分離して
資本主義を導入しだしてるアジアなどの国の株式市場で
かなりの優位性が発揮できてます。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【億万長者バフェット学】
(全項目、上から読んで全項目を考慮して
負けない投資を戦略立てる。)

PDF【資産10兆バフェットは大衆投資家が暴落で焦ってるところで買う】
(億万長者バフェット学)
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory1.pdf


PDFレポート
【億万長者のバフェットが避けたがる
「コモディティ型企業」について知る!】
(億万長者バフェット学)
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory2.pdf

PDFレポート【投資したら損する「コモディティ企業」を
バフェットが見分ける「7つの基準」とは?】
(億万長者バフェット学)
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory3.pdf



PDF【バフェットが愛する「消費者独占型の企業」とは何か?】
(億万長者バフェット学)
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory4.pdf


PDFレポート
【バフェットが「消費者独占型企業」を見極める
3つの方法とは?】
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory5.pdf


PDFレポート
【バフェットが株を仕込む際に見る「ROE15%基準」とは?】
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory6.pdf



PDFレポート
【「バフェットが消費者独占型企業を
割安かどうか見抜く計算式」とは?(億万長者バフェット学)】
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory7.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★










==========編集後記============

さてさて、今日はずばり

「あなたが企業のオーナーになっていくこと」

を考えて生きましょう!


ちなみに「あなたが世界中の企業のオーナーになる」

なんていうと


たぶん、今までの既存の常識からすると

一言


「超怪しい」と思うかもしれないんですね。



ただ、実際今の時代はそれは可能だし、

また私ゆうも世界のいくつかの企業のオーナー、株主では

あるわけです。



それで私の読者さんはFX のトレーディングを

メインでやってる方が多くて、私も今日辺りから

今年のトレード開始してますが、


ずばり、私たちが考えないといけないことってのがあって

やはりトレードってのは労働、に近いわけですね。



例えば通貨や金融間の相関見て、大きく俯瞰をして

環境認識をして、


それでラインやゾーン作ってストーリー、シナリオ作って

損きりはすぐに、

それで短期で数日~数週間利益が伸びれば利を伸ばす


なんてことをトレーディングではすると思うのですが

やはりこれは小金を作るのには良いのですが


どうしても「労働チック」なのはあると思います。


が、これは本当のところなんですが


私の場合ですと、世界の企業にも投資していて株を保有している

わけですが


例えば 今私は韓国に来て韓国語勉強してたりするんだけど

その間も・・・


ぶっちゃけ資産がどんどん増えてるわけですね。


結局、何もしないでも資産が増えてしまうわけですが

(むしろ株の長期保有スタイルは

ちょくちょくトレードしないで何もしないのが

仕事といえるかもしれない)




たぶんこれがきっと多くの人が本当に求めることではないかな?

と思うわけですね。


最初はもちろん、元金がないから、

トレーディングを平日頑張って、

あとは転売とかアフィリエイトを沢山して


それで会社でも仕事して、なんとか元金作っていくんだけど


そこでちょっとづつでも「企業のオーナーになる」

ってことを意識するのが大事で、


ちょっとでもいいから、それこそ最初は

5万円でも10万円でもいいから、

「日本じゃなくて」世界の企業の株を買って


そしてオーナーになっていくってことを意識していくことが

やはり大事なんですね。


私なんかはこの「企業のオーナーになる」

っていう考え方を昔、ヲーレンバフェットの本か何かで

知って、


「これこそが資本主義の本当の本質の考え方ではないか!」

と驚きましてですね、


今まで知らなかったことを相当後悔したんだけど


その後、何かしら稼いだお金をちょっとづつちょっとづつ

だけど


企業に投資していって「自分が小さくとも

企業のオーナーになる」


ってことを意識してきたわけです。



それでまだそれは 途中でして、まだまだだ、とは

思っているのですが


とりあえずこの数年出てきた現状は

「特に自分自身が働かなくても、時価総額上昇なり

配当金が出てくるから

資産が増えていく」


というものだったわけです。


「企業のオーナーになる」

この考え方ほど今の社会において強い考え方は

ないよな~なんて思うわけです。



が・・・たぶんあなたを囲む情報を見渡してほしいけど


そこで「あなたは企業のオーナーになるべきだ」

という考え方はなかなかいわれないと思います。


それよりは「自分自身でトレーディングや転売やビジネスをしたり

労働をしたりして稼ぎましょう」


みたいなメッセージがやはり多いと思うんですね。


かくいう私ももちろんそういうメッセージをすることは

あるんだけど、


やはり「最終的には あなたも私も

企業のオーナーとなっていく道」


を考えたほうがよいのだろうということを

思うわけです。



というのが、私のメルマガ見ているあなたは


思考形態ってのが人間にはあるんだけど

そこで


労働者的な思考形態か?

もしくは

投資家やオーナー的な思考形態か?



というとやはり


あなたはおそらくオーナー的な思考形態なんですね。


要するに面倒くさい労働はなるたけ避けたいと。

それでなるべく労働とかは他の人とか、AIとかに任せて

自分の仕事は「考えることだ」と思ってると思います。


そうじゃないと私のメルマガ見てないはずなんで。



それで私のメルマガ見ているあなたにとって

大事なのが


私も常日頃意識してることなんですが


「企業のオーナーになる」ってことです。



しかも ただの企業じゃない。

「世界中の企業のオーナーになる」


であります。



もうこれからそういう時代なんですね。


ちなみに「世界中の企業のオーナーになる」

なんていうとすごい難しいことに聞こえるかもしれないけど


簡単な話でありまして、最近は


世界中の企業のオーナーになる方法として

世界中の企業が発行してる株式ってのを


証券会社で購入できるわけですね。


ちなみに私は株を買うっていう考え方は本質と違うので

なるべく避けるようにしてはいるのですが


株ってのは結局 その企業の経営者に

お金、マネーを貸し付けて自分がその企業の所有権を

株式数に応じて持つこと


だから


それなので株を買うというよりは

その企業に投資するとか、株を買うことで

その企業のオーナーになる


という表現のほうが良いと思います。


いずれにしても、今の時代ってのは

世界中の企業のオーナーに私たち個人でもなれる時代

なんですね。



それで労働者である場合、基本的に株主のために

その時間を投じて収益を上げるために努力するわけですが


一方株主ってのはその企業のオーナーであるから

その企業がちゃんと収益を継続したら


その分、それが時価総額の上昇であったり、配当金の上昇なりが

あって


ちゃんと経営者や労働者が頑張った分、

しっかりと果実を得られるわけです。



資本主義のルールがもう世界中のルールになってきてるけど

結局一番有利なのは


企業のオーナーである株主であるわけですね。


一方労働者が尊いなんて教育を私は日本で受けてきたのだけど、

結局大きな資本主義の仕組みで言えば



「労働者は株主の保有する企業の価値を上昇させるために

存在してる」


というのは事実なんですね。


すなわち株主のために労働者は働いているわけです。


だからやはり 労働者というよりは株主になる

その企業のオーナーになるほうが


人生としては満足度が高くなりやすいってのが

これ本当の事実なんですね。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


その企業のオーナーになるという考え方


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

それで実は上の

「世界の企業のオーナーになる」


この考え方自体がまだ実際の話世の中では

あんまり(投資家や経営者以外には)知られていないわけですが



実はこの「世界の企業のオーナーになる」

という考え方がないから


多くの人がまあ投資で儲からないで負けちゃうんですね。


要するに「負けない考え方」ってのがあって

その一つがこの

「世界の企業のオーナーになる」

という考え方です。



どういうことか?というと多くの人は

実際 NYのウォール街のように「トレード」が大好きです。


かくいう私も「トレード」はすることはするけど、

やはりトレーダーと投資家って少し違う生き物なんですね。



ちなみに、もう歴史が証明してるけど

より金持ちになるのが投資家であって、


これはヲーレンバフェットやジムロジャースなど

名だたる投資家たちの生涯資産を見れば分かりますが


億の単位ではなくてその4桁上の兆の単位、

です。


それくらい投資家ってのはまあ資本主義の頂点になりやすい

職業といえると思います。


それでここで「その企業のオーナーになる」

という考え方があるとできるようになることってのが

あって


それがずばり「株式の長期保有」なんですね。


実はこの「株式を長期で保有する」ってこと自体が

多くの人にとって「最も難しいもの」です。



例えばですが、100万円である企業の株を買いました。


これは事実上、株主総会にも出れるようになるんですから

小口とはいえ立派なその企業のオーナーの1人となった

ということですよね。


ただ多くの人は 「その企業のオーナーとなって

最適な資金の配分者として振舞うのではなく」


単純に「自分の含み益がちょっと出て儲かればよい」

と思ってそれで株を買うという行為をしてるものです。



だから例えばその100万円の株が120万円になったりしたら

その人たちってやっぱりその株を売却して

転売してしまうわけです。


となるともうその人はたったの20万円だけプラスになっただけで

それでもうその企業のオーナーではなくなってしまう

わけですね。


いわゆるこれがトレードですよね。


このトレーディングの考え方ってのは

NYウォール街の考え方でもあるんだけど


実際は日本で「株式投資」とか言った場合、

実は「もっとも一般的な考え方」であると思います。


要するに 日本ではまだ、投資というと

トレーディングを指すわけであって


「企業のオーナーになる」ことを意味していないわけですね。


が、株を買うってのは本質は

「金を貸して、その企業のオーナーになる」

ってことなんです。



要するに、かなり現代の金融ってのは

本来の資本主義の考え方からすると

「ずれ」が

生じてるわけですね、



例えばウォール街は大変なことになっていて、

それこそ最初は


「会社を個人たちが所有してオーナーになる」

なんて単純な概念さえ簡単ではなかったのですが、



そこで今では「4半期利益の予想」であったり

クレジット・デフォルト・スワップや高頻度なトレード、HFT

なんかが行われていて



もう「トレーディング」しかしていないわけですね。


「企業のオーナーになる?何それ?」状態で

NYウォール街は動いている。


そしてその考え方の影響は日本にまで及んでいるわけです。



本来、NYウォール街ってのは、

資本ってのを生産的な用途に配分するとともに


重複コストなんかを抑えて、


様々な業界がマネーを得て、それで各企業が

消費者が求めるサービスや製品を提供できるようにする

場所であったはずなんですね。



しかし実際の話、NYのウォール街ってのはまさに

マネーゲームの場所となってしまっていて、


その企業が成長して社会に価値を還元していくかどうか

を考えて投資するのではなくて、


単純に統計などを取ってそれでトレーディングするのを

投資、と言うようになったわけです。


それでこの考え方は日本でも広まってしまって

投資=トレード と思い込んでる人って

結構多いですよね?


っていうか昔の私がそうだったんだけど・・・


ただ実際、投資ってのはその企業のオーナー、所有者になる

ってことを意味するけど


トレードは為替だったら為替差益を取ったり

株だったら安く買って高く売るだったりの差益をやっぱり

取るんだけど



それと企業のオーナーになるってのは

似てるようで全然違うわけですね。



それで 私はこういう考え方を世界一の投資家

バフェットの本をもう沢山読んで


それで以前身に着けたんだけど


もうこの知識がですね、本当に役立ったし

今の自由な、はっきりいえば自分自身が特に労働しなくても

まあ生活なんとかなっちゃう、っていう状況につながった

本質であったわけです。


それでこの考え方をもっと2020年代は

読者のためにメルマガに書きたいな~なんて

この数週間 2020年代について考えていて思って


それで今号で書いてる。


それで重要な考え方ってのがあって


「資本配分者になる」


っていう考え方があるんです。



要するに、日本はもう経済が衰退しているけど

私の読者であるあなたは「世界」が見えてるはずです。


私も韓国にいたり、台湾にいたり、マレーシアにいたり

上海にいたりしてメルマガ書いていて


現地の写真とかもあなたに見てもらってるから

なんとなくあなたの意識は


日本だけじゃなくて他の国も見ていると思うんですね。


もうその時点で本当は立派な投資家なんだ。


それで 「資本配分者になる」ってのはどういうことか?


を説明しますが、



実のところ世界には多くの


「素晴らしい、社会の中で

これから需要があって、人々の生活を豊かにするサービスを

作り出せる企業」



が実際はあるんだけど


多くの企業が悩むところ、それが

「マネーがない」ってことなんです。



先進国においてはマネーが溢れていて

どうしようもない、本来潰れるべき単なる利権だけで

生き残ってる企業に


ジャブジャブマネーが投入されてるんだけど


一方世界の企業では

「沢山需要もあるし、例えばお店を出せば沢山の

お客さんが来てくれるし、物もサービスも売れるのに


そもそも店を出したり、開発費用が出せない」



なんて企業がほんと多いのですね。


「潜在的な、もしくはもう目に見えてる需要は

沢山あるのに マネー、金がない!!」


って困ってる企業たちって実は沢山あるんです。



それで「素晴らしい資本配分者」ってのは

そこで「この企業は素晴らしいサービス、消費者独占型の

素晴らしいサービスを提供できているけど


マネーが足りていないからマネーを出してあげよう」


という人ですよね。


ある意味 上から目線なんだけど

「政府ではマネーを効率的に配分することはできない」

からですね、


ここで 投資家 っていう資本主義の主役が

「素晴らしい資本配分者」となる必要があるんです。



これ、実はバフェットがよく強調する考え方なんだけど

この考え方があるから


「長期で株を持つ」ということが出来るんですね。



だって、その時点で「私はこの企業が素晴らしいと思って

そしてこの企業が消費者独占企業で


社会に素晴らしい価値を提供し続けることを確信して

資金を投下した」


と思ってるわけですから



そこでちょっとその企業が利益出したからといって

見放して株を売却する、なんて行動にはならないわけです。


すなわちこの「資本配分者になる」ってのは

「あなたがその企業のオーナーになったと考える」


ことなんだけど


そう考えたら多くの 自称投資家ができない


長期保有


ができるようになるんですね。


いわゆるトレードの世界ではチキン利益確定といわれるけど

そういうことが起こらなくなる。


もっと、資本主義に根付いた崇高?なのか分からないけど

強い考え方に根付いて買い付けをしているから、


です。



それで私なんかはいくつかの世界の企業たちの

株主ではあるんだけど


ここで自分はNYウォール街にいるトレーダーではなく

「その素晴らしい企業のオーナーである」


と考えるんだけど


このように


「私はその素晴らしい企業のオーナーである」


と考えられるようになった本当の意味の

「投資家」は


マーケットではなく、その企業の提供する

事業そのもの、が投資リターンを生み出すと考えるわけです。



そして彼らは自分自身が 有限責任ではあるけど

投資した企業が利益出せないと自分にそれは時価総額減少なりで

責任が襲ってくるけど



それもまた他の人が救済してくれる、とは思っていない

わけですね。


オーナーなのであるから投資した自分の判断で

損失が出ることもある、と考えます。


すなわち自己責任という考え方になりますが、

日本で否定される自己責任という考え方自体が


「その企業のオーナーになる」ための基礎的な考え方です。


ただ、資本主義の株式市場においては

例えばある企業が何兆円もの負債を背負って倒産しても

株主はその赤字を負担する必要はなくて


あくまで株券がゼロになるだけであって


リスクは投資した金額に限定される

というのがルールですよね。



これを有限責任と言いますが、それを理解した上で

「企業のオーナーになる」わけです。



この考え方自体、学校じゃ絶対教えてくれないんですが、

しかしバフェットは 書籍なりを通じて教えてくれてますが


この考え方が本当に人生変えちゃうんですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


だから よく 人生を変える方法、とか自己啓発であるけど

あんなの・・・

この一言に比べれば圧倒的に弱くて


その一言が


「私たちは世界の企業のオーナーになればよい」


なのであります。


そうしたら人生なんて大きくダイナミックに、

変わっていく。



それでこういう考え方を私たちは教えられないで

それで大人になるんだけど


そこで投資といっても「トレード」をメインで

考えるようになってしまうわけですね。



これはテレビやネットの洗脳を私は以前扱ったけど

それも影響していて


テレビやネットでトレーダーが映されるんだけど

そこで「トレードで1日10万円」みたいのを見せられて


それで「投資とはトレードなのか」と洗脳されちゃってるってのが

大きな問題なんですね。


逆に 本当の企業の大株主、オーナーたちが


「時価総額が今日は○億円あがったな~

大株主でよかったな~」みたいな

映像ってのは世の中には出てこないんですね。


要するに社会全体が 労働的なトレードをさせようと

動いてるのは事実で、


ここで企業のオーナーとなる人物を増やそうとは

社会全体でしていないってのが重要です。



これはよく考えれば分かりますが、

みんながみんな、もし企業のオーナーになってしまったら?



労働者する人たちがいなくなるって問題以外に
(その問題はAIで解決していってしまう)


やはり 既存の株主たち、オーナーたちが

儲けを阻害される機会が増える


ってのがあると思います。


実際は世界ってのは 例えば アメリカのGAFAなんかの

所有者である大株主は辿っていくと


バンガードグループだったりブラックロックだったりする

わけでして


それでもっとそこの大株主辿っていくと

モルガンとかの財閥なんかの名前が出てくるわけですが


彼らが世界の大企業の一番の所有者なんですね。


本当の資本家が世界を牛耳ってるわけで

彼らがじゃあ そんな 企業のオーナーを沢山増やしたいか?

というとそうでもないでしょうから


やはり 社会全体として 


その企業のオーナーになりましょうというメッセージよりは

その企業の株のトレードしましょう、


というメッセージになるんでしょう。



トレード自体は否定するものではなく私もしますけど

ただ最終的には、


もう一切トレードしないで「その企業の所有者、オーナーとして」

配当金なり時価総額を何もしないで


享受できる立場を目指すというのは大事な考え方です。


それでNYウォール街でこの数十年進んだのが



「投資のプロ化」でして、



これが実は今の世の中の金融情勢に影響してるんです。


どういうことか?というと

本来株ってのは「その企業のオーナーになること」

であったんだけど


いつのまにやら、本当の所有者である

個人とか基金が証券の選択から切り離されるようになった

のですね。




そこで「企業の所有者、オーナー」である長期保有してる


バフェットみたいな本当の「企業オーナー」よりも


投資信託や、ヘッジファンドのような短期で証券なりを

売買するトレーダーのほうが優勢になったんです。



その結果、投資リスクよりもファンドマネージャーの

職業上のリスクを減らすポートフォリオが選ばれる傾向が強まって


そこでトレーダー的な発想が強まって

結果・・・



その会社の運営への関心は弱くなったんです。




ちなみに、これは以下の話を聞いたら

多くの人が「確かに」と思うだろうけど



GAFAの株価が高い ってのはきっと多くの人は
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
知ってるはずです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


それはずばり NY先物なんかで「トレード」で使われる

指数がまさに株価ですから。



じゃあここで質問ですが



「GAFA グーグルやアマゾンやフェイスブックや

アップルの所有者は誰ですか」


と聞くと・・・



そう、みな知らないのですね。



「確かに」と思いませんか?



そう、だから世間の人の常識みたいのがあって


「その企業の株価は知ってるけど

その企業の大株主はみな知らなかったりする」


んです。


要するに世間の人は 株価で一喜一憂する傾向を

洗脳されていて


もっと本質である「その企業のオーナーは誰か」

は考えない思考回路がインストールされてる(洗脳されてる)


ってことですね。



ここに気づくのが大事です。



ちなみに上に書いたように大体のアメリカの大企業の

大株主 major shareholder は

実際はバンガードグループとかブラックロック

だったりするんだけど


最近、ようやくアメリカ人でさえ、

この「大株主誰やねん、っていう重要性」に気づきだしてます。


これは「え?いまさら?」と思うかもしれないけど

アメリカ人でさえ、この重要性をあまり議論していなかったんですね。


結局企業の本当の所有者は株主であるわけです。


経営者はフロントに過ぎない。


しかしその「本当の所有者は誰か」を今まで

多くの人は全然考えてこなかったわけです。


だから世間では大事なことは隠されているといえます。



それで実はこの本当の所有者であるバンガードの創設者である

ジョン・ボーグルって人がいるんだけど



彼なんかはまさに 名だたる大企業の大株主のバンガードの

創設者なんですが


彼はちゃんとこの辺を言及していて、彼が言うのが


「かつての「株を所有する」という業界ならば

株主のための企業統治を確認しないことなんてありえませんでした。


しかし新しい(NYウォール街の)「株を借りる」業界はそんなことを

気にもしていません」(笑)


ということです。


まさに(笑)なんだけど


実はこの

ジョン・ボーグル

はトレード重視のNYウォール街を遠巻きに見て上のように

批判してるんだけど



じゃあ実際、アメリカの大企業のもっとも大きな大株主、所有者は?

っていうと

バンガードだったりするんですよね。


だから大きく言いますと


「超お金持ちたちが 短期保有しかできないNYウォール街を

あざ笑ってる構図」


ってのがあるんです。


これは事実なんですね。



私は色々昔本を読んで学んだんだけど

結局上の構図なんです。



それで結局の話、資産で言うともうNYウォール街のトレーダーが

数億円とか数十億円で一喜一憂してる間、


彼ら本当の「企業の所有者オーナーたち」ってのは


時価総額が何兆円、何十兆円となってきたわけでして


実際は世界で最も強いのは上の「投資家=企業のオーナーたち」

なんですね。


実際にヲーレンバフェットも上のバンガードの創設者である

ジョン・ボーグルと全く同じことを言って

NYウォール街を批判してる。



この大きな資本主義の構図って恐ろしいものなんですが

これが現実なんです、どうも。



もっと言うとバフェットなんかは

「短期トレーダーが一喜一憂して本来価値ある企業を

空売りしまくって安い価格にしてくれてるから


より儲かる」

と考えてるわけで


だから 投資家は短期トレーダーをうまく使って

さらに資産を拡大している


という構図でもあるんですね。


これは私は色々勉強してわかってしまった構図です。



それで投資において、オーナーの発想をすることの重要性は

いくら強調しても足りないのです。


まず経営陣は株主のために働いているのでありまして、

その逆ではないわけです。



私も大株主ではないものの、いくつかの世界の企業に

投資してるけど


あの企業のあの経営者は株主の私のために働くわけであって

その逆ではないのですね。


だから株主は持分が1株であろうと100万株であろうと


その権利を法的に行使はできるわけです。


もちろん、持分が小さいと、経営に与える影響は小さくなりますが

このように大きく考えることが2020年代の

あなたの飛躍のためにも大事だと

私は思考するのです。


それで「最適な資本配分者」というバフェットが昔から

言っている考え方があるのですが



これはだから

「もし私が大株主なら」みたいな考え方にもなります。



それであなたがその企業のオーナーになるために

色々分析するんですね。



ちなみに分析の方法は私が無料で

書いてます。


ちなみに私はこの分析方法で某企業を

米中貿易戦争の安値でスポットで買い付けて
(マネーを配分して)


もう数ヶ月で40%以上、上がってきているわけで


まさに2020年代通じるやり方です。


何度も読んで欲しいです。


あなたが効率的にその企業のオーナーになっていくための

方法が以下ですね。


1日あれば、全部読めるはず・・・


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【億万長者バフェット学】
(全項目、上から読んで全項目を考慮して
負けない投資を戦略立てる。)

PDF【資産10兆バフェットは大衆投資家が暴落で焦ってるところで買う】
(億万長者バフェット学)
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory1.pdf


PDFレポート
【億万長者のバフェットが避けたがる
「コモディティ型企業」について知る!】
(億万長者バフェット学)
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory2.pdf

PDFレポート【投資したら損する「コモディティ企業」を
バフェットが見分ける「7つの基準」とは?】
(億万長者バフェット学)
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory3.pdf



PDF【バフェットが愛する「消費者独占型の企業」とは何か?】
(億万長者バフェット学)
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory4.pdf


PDFレポート
【バフェットが「消費者独占型企業」を見極める
3つの方法とは?】
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory5.pdf


PDFレポート
【バフェットが株を仕込む際に見る「ROE15%基準」とは?】
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory6.pdf



PDFレポート
【「バフェットが消費者独占型企業を
割安かどうか見抜く計算式」とは?(億万長者バフェット学)】
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory7.pdf


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




それで、本当は上のPDFの話を

とにかく読みまくって、


あとは練習していけば、大体の人は

こううまく、人生変えられる確率は急上昇するでしょうが


(なぜか?労働者ではなく

企業のオーナーになるから)



ここで大事なのが上記のような視点で分析を行うわけですが

そこで


「自分が大株主なら」と考えるのも大事でして


そこでもし分析の結果

「自分が大株主なら」

そこで色々なアイデアが出てくるはずです。



・そこで経営陣が特別配当を行うか?

・自社株買いをすればいいか?


・一部をスピンオフするか?
(スピンオフ=企業が特定の部門を分離して
新会社として独立させること)


・経営力が弱い経営者ならば最高責任者である

CEOを代えれば優れた投資先になるか?


などなど。


そこでちゃんと分析して何かしらそういうアイデアが出てきたら

実のところ、本当の大株主たちってのが



それに賛同する可能性は高いわけで、


実際にそういった行動を大株主が取って

結果 株主の価値が再評価されて時価総額が上昇する


なんてのはしょっちゅう、起こります。



だからそこで「自分が大株主なら」と考えるけど

そこで


「もし自分に会社を変える力があればどのように変えるのか」

「それによってどれだけの価値が生み出されるか」


などを考えるわけですね。


だから 経営者はあくまで株主価値を上昇させるために

動くのであるから


カリスマ経営者にお任せするというよりは

感覚的にはその上に立って考えるというのが大事になるわけです。



いわゆる「俯瞰する思考」ですよね。


このような思考に立ったとき

私たちは初めて


「その企業のオーナー」となっていけるわけですね。


そしてその株の長期保有は当然できるようになって

(というか長期保有するのはその会社事態です)


結果、事前に上記のPDFのような分析では

15年とか20年以上のスパンでBPS上昇率などを

考えて企業を評価しますが


そこでしっかりと自分の持ってる企業の価値が

1株あたりの資産が増えていくわけです。



だから学校では絶対教えてくれない考え方ですけど


「あなたが世界の企業のオーナーになっていく」


この考え方ほど強力なものはありません。



それでオーナーになるとどうなるのか?というと

まず配当金なりが定期的に入ってきますが


あとはそれに加えてその会社がしっかり事前調査に沿って

社会で提供価値を増大させていき、


利益を増加させれば


それは結果として短期トレーダーたちにも評価されて

株価は上昇して 時価総額がさらに上昇することになる。



だから結果として 企業のオーナーってのは

自分自身はマネーを出すだけで労働的なことは

何もしていないんだけど


(しかしその代わり 最適な資金配分者となるために

脳みそ使って考える、という仕事をする)


しかしその会社の経営者や従業員の方が頑張って

そこで利益を計上してくれて


その利益の一部が持ち株比率によって しっかり

自分の利益となっていくわけですね。


だから今は世界中で資本主義の考え方がなんだかんだ

最強だから 採用されており、

(日本やアメリカなど先進国は共産主義化してるけど)



これからより資本主義ルールで世界は動くのですが

その中で


「自分は世界の企業のオーナーとなっていく」

という考え方ほど強いものはありませんね。



それで、FXとか転売とかアフィリエイトとか

あとは会社での労働とか


色々 労働収入というのがあると思うのですが

その労働収入でまずは元金を作っていくしかありませんが


それらを徐々に 

「「あなたが世界の企業のオーナー、所有者」

になるために 振り分けていく」


という考え方がこれからの時代最強だと

私は考えます。



やはり私も色々やったけど、これ以上の考え方が

見つからない。それくらい強いです。


だって、私が今こうやってあなたにメッセージ書いてる間も

私が資金配分をした、オーナーである企業では

社員の方が残業して働いてくれて

そして、時価総額をあげるために貢献してくれてるのですから。



ちなみに、私はこの記事を2020年に書いてるけど

もうそれを40年とか50年も前から知って

実行していたのが ヲーレンバフェットなんです。


彼の個人資産は億単位ではなくて

10兆円ほどですが、


これが投資家としての考え方

=企業オーナーになるという考え方

の威力です。




それで、この考え方が出来るようになると

あなたの生涯資産の「桁」は圧倒的に

変わるでしょう。


というのが多くの人は、ネットなんかの言論見ると

分かるけど


「資産1億円作りたい」なんて人がやっぱり多い。

富裕層の基準だから。




が、それはやはり労働的なもので稼ぐというのを前提とした

数値であると私は思います。



それで一方ここであなたが

「これからちょっとづつでも

世界の企業のオーナーになっていく」


という考え方を持った場合・・・



実はその生涯資産の目標額は1億円どころではなくて

寿命、余命によりますが


それは最低でも100億円とか1000億円とか

もしくは寿命が長いことを想定すれば兆とか、

そういう単位にひきあがってくるんですね。



これは実際に複利計算の方法を私はよく書いてますが

寿命が長ければ、また、「企業のオーナーになるという考え方」

を知った年齢が若ければ若いほど、


現実的な数値となります。


少なくとも 想像することくらいは自由だけど

実際に その想像自体が現実的なものになりまして、


そして、資産1億円がゴールじゃなくて

資産1億円がスタートだな、


くらいには考えられるわけですね。


資産1億円をゴールと考える人と

資産1億円をスタートと考える人では


やはり後者が強いと私は思います。


だから 上の考え方

「私は世界の企業のオーナーとなっていく」

の考え方を持っていくと


あなたが生涯期待できる資産の「桁」が

人類の政治経済のシステム上、

変わっていくということなんです。



私は今これを書いてるけど

この考え方を20歳には知りたかった。


が、私に教えてくれる記事とか頭脳に出会わなかったこと

が大変後悔なんですが、

(20後半あたりに気づいたけど、
10年という時間を無駄にしてしまった。)



まあだからあなたはこの考え方を知ったらもう

あとは

「2020年代はどんどん世界の素晴らしい企業の

オーナーになっていく」


と猛進していくと良いと私は思います。



ちなみに私が記載するときに


「世界の」企業と書いてますが


ここで注意してほしいのが私は「日本の」企業とは

書いてません。


日本の株式で長期保有で儲かってる人は少ないのですが

それはなぜか?



そう、私の読者であるあなたは理解してるけど

日本は実質は共産主義とか社会主義だからです。


日本は未だかつて資本主義の絶対条件である


「公的部門と私的企業の分離」が出来てません。
(この体制では官僚や公務員は企業に「指導ができない」。)



またアメリカも・・・実際は株価なんかは

トランプ大統領が実質QE4を9月にOMOで開始して

引き上げてるわけですから


やはり市場統制で上がってるんだから

自由市場を放棄してるのですから

資本主義とは言いがたいです。


だから今実のところ、先進国を利益源泉の中心としているような

企業は


少し 長期で15年とか20年もオーナーになっていく

と言うことを考えると、


選択肢から外れてくるのですね。



以下のPDFを参考にしてください。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



PDFレポート
「未来の2023年までの世界のGDP推移」を知る!
⇒  http://fxgod.net/pdf/2023gdp.pdf




PDFレポート
【毎年世界のどこかではブル=強気マーケットが形成されてる】
⇒  http://www.fxgod.net/pdf/sekai_bull.pdf



PDFレポート
【人口が減少する国で経済が成長するはずがない、という話】
⇒  http://fxgod.net/pdf/jinkougensho.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


それでまず私たち「企業のオーナー」になることを

考える人間は


最初に「どの国を拠点とする企業に投資するか」

みたいなところで

2020年代は「国自体」も考える必要が出てきますね。



ちなみに今までは自国マーケットバイアスといって

自国にしか投資しないなんてのが

普通であったんだけど


だから日本人なら日本株にしか投資しないなんてのも

当たり前だったけど



もう時代は変化しております。


バフェットの時代もアメリカ株しか投資は実際できなかったけど

そこでは「たまたま」アメリカが資本主義の国であったから

バフェットは儲かった。


しかし私たちはこの「たまたま=偶然=運命確率」を

コントロールする視点が必要。


今の私たちの時代は


アメリカ株や日本株だけではなく

中国やマレーシアや韓国やロシアやベトナムや

インドネシアなどなど・・・



もう世界中のマーケットの企業に投資して

世界中の企業のオーナーとなれるわけです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


一応各国の現地通貨で企業にマネーを貸して

オーナーになることになりますが


その辺はもうどの国の証券会社でも簡単に

自国通貨で投資するように投資が可能ですね。



だからすごい時代で

「私たちは どの国の企業にも投資できて

そして世界の企業のオーナーとなれる」


のが2020年代の特徴です。


この考え方はめっちゃ強いですね。


ちなみに社会主義の日本であると 1株単位ごとに買うことは

できなくて


企業の所有者となるためには100株単位とか

1000株単位とか、お役人による

変な制限がついてますが


日本以外の国からでは例えば1株単位から

企業のオーナーになれる国も多い。


だからそれこそ 5万円とか10万円とかから
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
企業のオーナーになれる、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そんな市場は結構あるんですね。


これも意外に知らない人が多い。



だから今の時代はスゴイ時代でもありまして

知っていれば私たちは世界中の企業のオーナーとなれる

わけであります。


もう日本にこだわる必要もなくなっているわけですね。


それで日本ははっきりいって政治がひどい。

あんな官僚が威張って商売人をいじめてる共産主義国で

企業などが利益あげろってのも大変なものでしょうが


実のところ、そこで日本が衰退したとしても

資本主義を導入してる世界各国に投資する

「世界企業のオーナー」は

別に痛手はないわけですね。


日本が仮に衰退したとしても、自分がオーナーである

世界の企業たちはしっかり世界のそれぞれの国の子供たちや若者を相手にして

利益を出しているわけですから。


それでその世界、日本以外の国で勝負してる

企業の経営者や従業員たちが

頑張って利益を出してくれたものってのが


私たち「企業のオーナー」の利益となっていくわけです。


それが今の世界です。


それでまさに私が今生きてる世界がそんな世界だったりします。


世界中の企業の世界中の多くの国籍の人たちが

株主である私の株の価値を高めるために

毎日頑張ってくれている・・・


こんな状態ってありえるんだろうかと思いますが

実際その状態が起こっているわけですね。



それで私も色々と資本主義の考え方は勉強したし

色々な稼ぎ方を知ってるけど


結局上の考え方以上に現代で強い考え方を知りません。


それくらい強烈なのが


「世界の企業のオーナーとなっていく」


という考え方ですね。



だから2020年代は色々考えていたのですが

メッセージとして


「色々とトレードなりアフィリエイトなり転売なり

ビジネスをして 元金を作っていき、


そして、最終的には世界の企業のオーナーとなっていく」


っていうのがメルマガの主になると思います。



あくまで「自分でネットで稼ぐ」ってのは労働的な部分が

入りますが(チャートチェックなど)


それは「世界の企業のオーナーとなるための元本つくり」

であるわけですね。


最終目的はそこに設定すると

なんだかんだ2040年とか2050年に

あなたの人生が納得いくものになる可能性は

高いのではないかなと

思いますし、


私自身もそのように動いております。


もっと良い考え方とかが見つかれば 

随時メルマガに書いて行きたいけど・・・


資本主義である以上、これ以上の考え方ってたぶん

出てこないかな~


というのが2020年の今の状況ですね。


それくらい上の考え方は強烈。



それで上に書いたように元金がないなんて人も

いるわけですが


例えばFXで毎月20万円は稼げるようになってきました

となれば


その20万円のうち6万円はFXの複利で

また6万円は今の時期的には金なりの固い資産に

また6万円は世界のこれから覇権国になっていく国の

企業オーナーになるために


割り振っていくなども良いと思います。


この辺は色々アイデアがあると思うけど

それこそあなたの思考の自由というものです。


ちなみに爆発力で言うとやはり金は安定してるけど

じゃあ100倍になるか?といえばそれはないけど


株ですと20年とか30年で見れば

何十倍、100倍はありえます。


今は時期的にアメリカがQE4に入ってきた時期なので

金なんかが注目されてるわけですが


先進国が本格的に崩れたら、そこで

先進国とデカップリング=経済の離別 ができていない

国の株式は当然落ちますが


ただやはり需要が強いアジアの国々の企業は

生き残ってまた高値をその後更新していくことでしょう。


アメリカの債券市場が近年中に

崩れることも今は想定しないといけない

ですが、



それでも新興国たちはデカップリングを進めて

アメリカが崩れようとしてもなんとか生き残れるように

準備を進めてるので


それらの企業のオーナーになっていくというのは

大事な考え方であろうと思いますね。


ということでこれからの時代は

もう私たち個人でも、


ネットを通じて

「世界中の企業のオーナーになれる時代」

であって


あなたも世界中の企業のオーナーになれるのが

事実なので


その辺の優位性を理解して

2020年代を意識して生きていくと良いと

私は思いました。


私は色々今アジアを回って企業たちを見てるんだけど

やはりこれら多くの国々の企業のオーナーになれてしまう

というのはすごいことだと思います。


そしてこれはあなたにも可能なことです。



それでこの考え方を持てると、

見えてくる景色自体が全然変わってくるので


人生を変えるための大きな起爆剤ともなることでしょう。




それでは!




ゆう





















☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


NEW!PDFレポート
【「ソフトバンクの孫正義氏」と
「アリババ」と「ブロックチェーン」 について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/son_alibaba.pdf



PDFレポート
【ついに「金ゴールドが1グラム6000円」を超えた!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/gold_6000.pdf


PDFレポート(写真23枚)年末の韓国ソウルの様子!
&氷点下の中でタクシーが
見つからなかった話
⇒  http://fxgod.net/pdf/korea_nenmatu.pdf


PDFレポート
【カルロスゴーンさんによって世界にばれだす
日本の役人たちの作る腐った司法システム、について考える!】
(ホリエモンの動画も)
⇒  http://fxgod.net/pdf/carlos_shihou.pdf



(写真付きPDF)
【韓国に着いたら空港でバレリーナが踊っていた】
(台湾の空港では「怪しいロボット」が働いていた)
⇒  http://fxgod.net/pdf/korea_taiwan.pdf



PDFレポート【アメリカ「GAFA」 対 中国「BATH」
の恐るべき戦い、について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/gafa_bath.pdf


PDFレポート
【最近アメリカの大金持ちたちは
100ドル札と金を備蓄しだしてる!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/us_rich_1……dollar.pdf

写真付きPDF)
【韓国に着いたら空港でバレリーナが踊っていた】
(台湾の空港では「怪しいロボット」が働いていた)
⇒  http://fxgod.net/pdf/korea_taiwan.pdf


年末のPDFレポート!
【金小売り価格がグラム5877円の
「40年ぶりの高値」を 年末につけた意味、について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/gold_2019high.pdf


PDFレポート
【副島隆彦先生の新刊
「全体主義(トータリタリアニズム)の中国が
アメリカを打ち倒すーーディストピアに向かう世界」
から考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/soejima_d……stopia.pdf





PDFレポート
【FXもネットビジネスも「時間の配分」を工夫することで
収益が10倍変わるっぽいという話】
⇒  http://fxgod.net/pdf/fx_timeshare.pdf


PDFレポート
【最近の日本の20代、30代、40代、50代は
価値観が全然違う!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/japan_sedai.pdf

PDFレポート
【アメリカのミレニアル世代は年収3000万円でも
米と豆食べている?】ことから考える!
⇒  http://fxgod.net/pdf/us_millennial.pdf



(写真29枚)【台湾の温泉街ジャオシーは
ただただ素晴らしい】

⇒  http://fxgod.net/pdf/taiwan_jaoxi.pdf



PDFレポート【2019年は結局「負けないこと」を徹底した人が
資産を増やした、
という話】
⇒  http://fxgod.net/pdf/2019_makenai.pdf



PDFレポート
【「聖なる夜」が「性なる夜」になってしまう日本文化の奥深さ】
について 真面目にクリスマスイブに考える!
http://fxgod.net/pdf/jp_xmas.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★









コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください