無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【2019年は結局「負けないこと」を徹底した人が資産を増やした、 という話】

2019 12月 25 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【2019年は結局「負けないこと」を徹底した人が資産を増やした、
という話】
⇒編集後記で
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

どうもゆうです!
こんばんは!


さてさて、今日は2019年12月25日クリスマス
です。


いや~~もう2019年というか2010年代も終わりまして
いよいよあと数日で2020年代、

となります。


それで私なんかは今年を色々振り返ったりするのですが

「ずばり今年資産を増やした人はどんな人だったろうか?」

ということを考えていました。


これは、私や私の友人や、あとは読者さんの傾向から
強く分かることなのですが

やはり今年資産を結果として、増やしたのは

ズバリ「負けないこと」を徹底した人だったな~と

思います。



この辺を年末に考えることは大事だと思ったので

編集後記で!!





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


PDFレポート
【「金ゴールドを買う人が増えた2019年」から
2020年代について考える!】
http://fxgod.net/pdf/gold2019_2020.pdf




PDFレポート
【イギリスのボリスジョンソン首相の勝利の本当の意味と
「米英の諜報機関をめぐる本当の裏側の近代史」とは?】
  http://fxgod.net/pdf/boris_win.pdf


PDFレポート
【南国でイスラムのマレーシアではクリスマスが盛り上がってる!?】
(写真付き)
http://fxgod.net/pdf/malay_xmas.pdf




PDFレポート
【中国のハイテク企業アリババ・テンセントのすごさと怖さ】
(銀行消滅)
http://fxgod.net/pdf/alibaba_tencent.pdf




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【クリスマスプレゼント動画】

「トレードにおける聖杯を伝授!」が
山之内さんから届きました!

⇒  https://vimeo.com/307415558/f51027d16c


<対談音声>




PART6

【「超有料級」の対談音声(相関性トレードについて)
を公開します!】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……/kakumei2/



PART5


【音声MP3♪「僕はチャートに恋焦がれている!」】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……/kakumei1/


PART4

音声MP3♪【「ポジポジ病」を克服して
「負けなくなった」生徒さんたち】

⇒  http://fxgod.net/onsei/yamanou……10oku4.mp3



PART3

音声MP3♪【どのようなときに山之内はポジションを撤退・決済するのか?】
⇒  http://fxgod.net/onsei/yamanou……10oku3.mp3




PART2


音声MP3♪【借金1000万円から12年かけて
資産10億超えに這い上がった方法論とは?】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……41/10oku2/





PART1

音声MP3【「資産数十億円になって変わったこととは?」】
⇒  http://fxgod.net/onsei/yamanou……10oku1.mp3


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★






============編集後記==============

さてさて、私は現在台湾の台北を離れて

この前から、ジャオシーっていう温泉街に来ていまして


そこで温泉に入りつつ色々考えていたのですが

それが「今年資産を結果として増やしたのはどんな人だったろう」

ということですよね。


まあこれは私なりに色々自分のデータとかがあって

わかっていることなのですが


それこそ私や友人だけじゃなくて

あとは稼いでる人たちの状況なんかも色々販売会社さんにも

教えてもらってるのですが


そうそれが結局・・・


「負けないこと」を徹底した一部の人
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


が今年の2019年は結果としては稼いだ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

っていうことですよね。



これは実のところ2019年だけではなくて

毎年そうなんですが


結局「勝つことよりも、負けないこと」を意識してきた人たちが

これ資産が増えて良い年末を迎えている

というのが事実ですよね。


逆に、「勝つこと勝つこと」にこだわりすぎた人ってのは

なんだかんだ

資産を減らしてしまって、結構きついことになってるんだと

思われます。



ちなみに今年はかなり「負けないこと」というのを

読者さんにも意識するように集中的に記事を作っていたのですが


これはやはり良い感じでして

読者さんでも結果的には資産が増えたみたいな人が

メールもらった体感、相当増えましたよね。



正直言うといわゆる情報発信みたいな部分で

人気があるのは「勝つこと」にフォーカスしたものであって

人気がないのは「負けないこと」にフォーカスしたもの


なんだけど、


結局人気がある=大衆受けであって


資本主義では少数の金持ちと大多数の中間層なり貧困層に

なる構図なんですから


やはり人気がある考え方ってのは

ダメなんですね。


それよりは少数派が持ってる考え方が大事でして

それが「負けないこと」だと私は考えているわけです。


それでこの「負けないこと」なんかを意識して

色々検証の仕方とか、ポートフォリオの組み方とか

株の仕込み方とか、あとは最近だと通貨間相関とか


色々扱ったのですが


結局そんな「負けない技術」を磨いた人が

資産をガッツリ増やしたってのが2019年です。


ちなみに特徴があって資産が結果として負けないで

増えてきた人ってメールとか見るとすごい落ち着いていて


普通の教材で成果報告とかであるのが

「○○円稼ぎました!!!」みたいなちょっと興奮した感じで

元気な意識高い系のネットワークビジネスにはまっちゃってる

大学生みたいな感じなんだけど



一方負けないで稼いでる

彼らって落ち着いてまして、


「おかげさまで負けないで資産が増えてきました

これからも油断しないように負けないことを徹底していきます」


みたいなすごい大人な感じなんですね。


こう心理がすごい落ち着いてる感じというのが

強いですよね。


これってメールとかでもそういうのって反映されていて

面白いってのは


よく 投資の講師さんと話します。


それで、たぶん最初って「負けないこと」って

意味が分からないんですね。


これ実は私のことで

ヲーレンバフェットとかがよく言っている

「負けないこと」の意味が最初は意味不明でした。


それでこの「負けないことが意味不明な状態の時」

ってのはおそらく昔の私も含めて資産が減ってしまってる

わけですけど


ここで勉強していくと


「あ、負けないことってそういうことね!」


みたいにわかってくるわけですね。



例えばすごい分かりやすい例だと

色々あるんですけど


FXのEA運用でしたら今年やはりちゃんと稼いでる人たちは

「負けないためにトランプ様やボリスジョンソン様が

多極化のために大暴れしまくってるときは


とりあえずEAとめておく」


とかですね、


こういうことするだけで負けることって

大幅に減らせるわけです。



あとは例えば今年なんかは株式市場が

米中貿易戦争にて アメリカと中国が表向きの喧嘩を

していたわけですが


ここでも一時的に株式含み益が大幅に減ってしまう局面が

発生したんですが


ただそこで金ゴールドなりを買ったり

あとはオプションでヘッジしてる人たち


なんかはそこで資産が減るどころか

株式と実物の割合によっては資産が増えていた

んですね。


それで、その後株も持ち直して、一方実物資産の金とかは

高値のままですから


トータルとしてはさらに資産が増えてるという状況になっていた

はずなんです。


それでこれはビジネスなんかでも一緒であって

ビジネスも本質的には経済学では投資と考えられますが


そこでいかに 転売とかなら仕入れをするか?

とかアフィリエイトなら広告費拠出するか?

ってのも投資家の考え方が大事になるけど


そこでもちゃんとテスト、検証を重ねた人たちは

しっかり費用対効果を取って結果としては負けないで

利益上げ続けてるわけでして、



もう今年は全部の分野で

「負けないこと」を意識した人たちだけが

1人勝ちしたな


という年になりました。


ちなみに本当のことを言うと、

以前までは「負けないことを意識しないでも」


だから「勝つことだけ」に意識がフォーカスされてる人たちでも

資産が増えていたという現状はあったんですが


この人たちってのがこの2年くらいで一掃されてるんです。



例えばなんですがFXで言うと

私は2018年くらいに


「今の相場は正直言うとナンピン買いしてる人でも

勝ててしまってる人がいるけど


この人たちはその記憶が強いためそれを辞められないから

いずれボラが復活したときに大損する」


って書いてるんですが



まあ今年2019年ですが、彼らは大きく資産を減らしてる

わけです。



負けないことではなくて

勝つことにフォーカスしたため


彼らは負けて退場なり大損こいた・・・


ってのが正直な本当の分析ですよね。


今年この類の話は色々な人から聞きます。


それで今年、唯一生き残って資産を増やしてる人たちってのが

いて


それが「負けないことを徹底した人」

なんですね。


この人たちだけは、大変な今の時代、

市場も荒れてきているし、


さらには実体経済も先進国では最低最悪ですけど

それでもしっかり負けないで利益を上げ続けてるわけです。


ちなみに投資行動なんかで言うと

負けないこと、を意識してる人と

勝つこと、を意識してる人では全然違って


例えば上のEAの例だと負けないことを意識してる人は

とりあえず資産が減らなければいいや、と考えてたりするので


EA運用の場合、今月の12月中旬~下旬はEAとめてたりする

んですけど


一方「勝とう、儲けよう」と思ってる人は

やはりその思想が正反対ですから


この12月なんかは結構危ない相場なんですが

そこでもEAを稼動しているわけですね。


これは確率の問題なんですが

この「姿勢の差」って仮に今月特に問題がなかったとしても


必ず「癖」として継続してしまうもので


それは確率が収束されて、


「ちゃんとEAとめていた人は救われて

EA稼動し続けた人は大損する」


っていう事態に陥るわけです。


全て、確率の問題なんですね。


結局、うまう行くときも、行かないときもある

っていうことでして


全て私たちの行動って確率で支配されていて

そして何が起こるか予測不可能なんですが


そこで私たちに出来ることって究極

「負けないために、負けを少なくするために

工夫する」

くらいしかできないわけですね。


投資家やビジネスマンの裁量は

この「負けないことについてどう判断するか」

だけとも言えます。



ここで「負けないこと」を全く意識しない人は

本当に私はこの10年色々な人を見てきたけど


きれいにみんな、何かの事象で、すっ飛んでます。


一時的にはすごい有名になる人とかもいたんだけど

やっぱり勝つことに意識してると確率的にはかなり宝くじみたいに

1万人いれば1人くらいは資産増やすこともあるんですけどね、



けどもそれは長く続くものではないですから

最終的には大損しちゃうものですね。


だからある程度わかってくると

「この人は思考的にいずれ吹っ飛ぶな」とかわかってきてしまう

のですが


やっぱり負けないことに焦点を置いていない人は

成長期はよいんだけども


成熟期や衰退期で本当に大損していなくなってしまうわけです。



ちなみに経済のサイクルってのがあって

これは私は大学で学んだけど


1導入期 2成長期 3成熟期 4衰退期


ってのが全ての分野にはあるんですけど


1導入期や2成長期ってのは

「勝つこと」に意識をフォーカスした人でも


稼げる時期なんですね。


この時期は市場全体が盛り上がってたりするから

言い方悪いけど猿でも稼げる時期、です。


が、必ず市場は上記のサイクルに支配されるんで

3成熟期が訪れて

そして4衰退期が訪れます。


ちなみに私は個人的なタイプとしては4衰退期

に強いタイプだ、と労働者時代に自己分析してます。



それでこの3成熟期~4衰退期あたりにですね、

ここで「負けないこと」をしない人たちってのは


やはり崩れてきて資産を減らしたり、借金生活になったり

するんですね。


これが人類がもうずっと何百年も繰り返してきたことですよね。


一方、「負けないこと」ってのを意識してる人ってのは

導入期に入ってもまあまあな稼ぎ

成長期に入ってもまあまあな稼ぎ

成熟期に入ってもままあまあな稼ぎ

衰退期に入ってもまあまあな稼ぎ


でしてそこでは 市場サイクルに影響されないで

比較的資産の増加が安定してる傾向があります。


となるとどうなるか?


というと、そう、「複利」がかかってくるんですよね、

資産に。



ジェットコースターみたいに資産が増減してる場合


例えば1ヶ月目は+50% 2ヶ月目はマイナス10%

3ヶ月目はマイナス5% 4ヶ月目は+30%

5ヶ月目はマイナス20%


みたいなそういう数字ですと


このタイプの数字は確実に「勝つことだけに意識を傾けてる」

のですけど


もう「安定」がないわけですね。


一方そんな中で負けないことを意識するのは

極めて地味です。


1ヶ月目は+5% 2ヶ月目は+3%

3ヶ月目は+4% 4ヶ月目は+7%

5ヶ月目は+5.5%・・・


みたいな感じで マイナスはなかなか出ないけども

極めて地味なんですね。


これが特徴。


だからこの「負けないこと」を意識してる人の

考え方とか姿勢とか投資スタンスってのは

世間には出ない傾向があって


それは一言「つまらない」からです。


これは以前にボクサーのメイウェザーについて書きましたが

去年 那須川天心とやった彼ですよね。


日本ではメイウェザーの「強さ」が注目されたけど

やっぱりそれが大衆なんですね。


けどメイウェザーのすごいところってやっぱり

ディフェンスなんです。


以下に動画張っておきますが

結局投資家でもイメージ持つべきはこれなんですね。


徹底的に守りを練習する、みたいなところです。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



動画★メイウェザーのディフェンス集
⇒  https://youtu.be/bQYeSXpC244



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


それでこのメイウェザーという選手は、

アメリカでは最も稼いだボクサーとして知られていて

超有名人ですが



ただ彼の試合をあのマイクタイソンが評したのが

「まるで芝生の草がずっと生えてるのを見てるかのようだ」


ということでした。


そう、「つまらない」と言うことをマイクタイソンは、

言ってました。


だからメイウェザーのボクシングってのは


言い方かえると、

「最もつまらないボクシング」なんですよね。


大衆が求めているのはそれこそ

日本のボクシングでいう 薬師寺×辰吉のあの

ノーガードの殴り合いボクシングであったけど、


アメリカであれば攻撃のマイクタイソンとか

あとはパッキャオみたいな積極的な攻撃がすごい

大衆が喜ぶものなんですね。


が、「守りを固めたメイウェザーのボクシングほど

つまらないものはない」


んです。


が、「最も稼いでるのは彼」なんですね。


だから投資家ほど彼のボクシングスタイルを見たほうがよくて

この「イメージ」をあなたの


資産のポートフォリオに生かすのが大事なんです。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



動画★メイウェザーのディフェンス集
⇒  https://youtu.be/bQYeSXpC244



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



ちなみに面白いことがメイウェザーが尊敬してるのが

なんと・・・


「投資家のヲーレンバフェット」でして

実はメイウェザーはヲーレンバフェットのバークシャーハサウェイの

株主総会にも来たことがあるけど


それは基本思想の「負けないことをつまらないといわれても

徹底すること」


が 投資家のバフェットと通じてるから、なんですね。


それでこれはバフェットなんかも自分の投資スタイルについて

「自分のはつまらない投資スタイル」


なんて言うんだけど



ただ結局最も成功してるのは

投資家でも「負けないこと」を意識したバフェットなんですね。


それでこれが面白いところで

世間は 「派手なもの」が好きであるから


そこで 注目されるのは「時流にのって大きく稼いだ人」

だったりしますよね。


マスコミなんかで取り上げられるのはこのタイプの人です。


この人たちは結構目立ちたいってのもあったりする人たちでして

これは勝ちたい、みたいな心理にもつながってるんだろうと

思います。



だから私たちが見る成功者で

「負けないこと」を意識した人を目にする機会って

あまりないんですね。



が、日本の長者番付なんかを見ると

結構見えてくることなんだけど


「名前も顔も知らない人」って結構いるはずなんです。



というかそういう人が富裕層たちの大半であって

ある人は大企業の大株主だったり創業者だったりするわけですが


この人たちこそが「負けないこと」を重ねてきた人

なんですね。


が、メディア的にはつまらないから、

あまり表に出てこないんですね、彼らの本質的考え方は。


だからここで 「負けないことを意識する」っていう考え方は

大変重要なのに、


つまらないから、


世間では注目されないっていうのが重要です。


ただもっと重要なのが彼らは注目されないのですが

負けてないですから


資産が複利で毎月、毎年のようにしっかりと増える

わけですね。



「なんで負けないことを意識してる人間が

経済活動で最終的に勝つのか」


ってのは簡単な話で「複利が効くから」ですよね。


というか「複利を効かせるために負けないことを徹底する」

わけです。


例えばですが月利3%って「しょぼい」っていう感覚の人が

多いと思うんですが


これは計算機使ってみたら分かりますが


月利3%が複利でずーっと継続して

じゃあ20年経過したら


資産はどれくらい増えるでしょう?


計算としては1.03の240乗となりますね。



そう、大体資産は20年で

1204倍となります。



だから仮に100万円でスタートしてるとしたら

そのスタート資金だけで12億円、となります。



ただこれ「なんだ、20年で12億円か」と思うことなかれ

でして、


私たちって常に生活していたら

生活保護の人でさえ月15万円くらいは日本人なら入ってくるわけで


そこで「消費を節約すれば」ですね、

ここで投資金が生活保護の人でさえ、


生活保護の監視してる役人にばれなければ

作れるんですよね、今の時代は。


サラリーマンの人なら25万円の所得があるなら

15万円でやりくりして、


10万円を毎月作り出すことも可能ですよね。


となるとこの10万円が最初100万円で投資しても

毎月投資に回せるのですが


そうするとこの新しく入ってきた10万円にも、

上の例なら毎月×1.03の3%複利がかかっちゃうんです。



だから翌月に100万円に+して10万円を入れたとしたら

その10万円は100万円入れた20年後には

1169倍になってるんで、


1億1千万円になってるわけで


だから100万円の元金に10万円を一度追加したならば

それは20年後は12億円+1億1千万円で 13億円になってる

わけです。


これを 毎月、欠かさず追加していったら??


そう誰でも まあまあな富裕層になるわけですね。


これが経済の法則なんだと私は思いますよ。


これ以上の考え方を私は知らないし

バフェットがやっていたのは究極これです。


あの人の場合は20年ではなくて30年、40年、50年と

時間がかかってるから


そこで「負けないこと」ができてるから

どんどん資金が複利で増えていったわけです。



だから「負けないこと」は一見地味で全くかっこよくなく

目立ちもしないし、承認欲求は満たされないでしょうが


ただ「最も強いし最も資産が増える」思想なんです。



それでそれこそ多くの人は億万長者になりたいと思うのですが

そこでじゃあ資産1億円になったとしますと


普通なら「やった~」でしょうが


上記の考え方の人だと

消費は拡大しないで投資に回していくわけですから

安い生活してるわけですね。


つまらないですよね、お金稼いでもそこで散在することなく

普通に年収300万円くらいの人と同じ生活するんですから。


ただその代わり、「負けない投資」に振り分ける金額が

毎年どんどん大きくなるがために


彼の資産はしっかり着実に複利がかかって

増えていく、わけですね。



それで、私はこの話を結構昔からよく書いてるのですが

読者さんでも しっかり実践されていて


数字上当然なのですが資産増えてきたって方は

多いのですが


結局これが最強ですよね。


負けないこと、が最強です。



負けなければ、どんどん複利かけられて増えていくんですから。



ちなみに「派手な稼ぎ方の人」ってのは世間で注目されるんだけど

彼らってやっぱりすごい。数字がでかいですから。


ただ長く継続してると、いつの間にやらそれを

負けないで複利で回してると超えてたりするんです。


「負けないこと」ってのは

「最初は地味」なんだけど


ある程度期間が貯まると、そこに複利がかかってくるので

すごい増え方するんですね。



そして私が大人になって分かったことがあって

それが世の中には


「負けない知識」って沢山あるんですね。


この前やった山之内さんの案件でもそれを学んでもらったけど


実は「世間で知られていない負けない知識」って

実は沢山あるんですよ。


それで私みたいな「サラリーマン家庭出身の人間はそれを

しらないで大人になる」


んですが


一方おそらく金持ちの息子とか娘ってのは

お父さんとかから

それを帝王学でかなり小さい頃から身に着けてるんです。


この教育の差ってのが冷酷に世の中には存在してるってことですよね。


私は30代になっていろいろ学んだ

負けない技術とか知識って

「20歳の頃には知っておきたかった!」と思ったものですが


それくらい負けない技術とか知識って世の中で

出回っていないものなんですね。


たぶん、人気が出ないから。


だから世の中ってのは不公平なもので

大多数の人が教育を受けていないから


「勝つこと」に集中して資産を減らすんだけど

そこで「負けないこと」に意識した人たちは


結果として複利で資産が増えまくって

富裕層になっていく・・・わけですね。


それで今年の2019年を見ても、結果としては

稼いでる人って

「負けないこと」を徹底した人たちであったわけで


それはきっと2020年代も本質は変わらないから

一緒でしょう。



だから2019年の最後に「負けないこと」について

再度ゆっくり、考えてみても良いかもしれませんね。


その2019年に「負けないこと」について考えた時間は

あなたの強い2020年代につながっていくでしょう。




それで、負けないことってのはお金の話でいうと

これ資産を減らさないことでもありますが


究極自分の資産の時価総額をなるたけ減らさないこと

ですよね。


だから「自分の資産の時価総額はいくらなのか」

は定期的にチェックする時間が必要かと思います。



負けないこと、を意識すると

それこそポートフォリオとかアセットアロケーションとかは

絶対に考えないといけないところですが


となるといくつか 資産クラスが混在することになりますが

そこで「時価総額がいくらだろう」みたいな計算は

定期的にする必要がありますよね。


そこで「負けていないか、資産が減っていないか」

みたいな確認を常にやるんですが


それは「大好きなお金」が減らないためです。

「大好きなお金」が増えることはお金が好きならば嬉しいはずです。


今の時代、

「マクドナルドは美味しい」と公言するのはかなり

勇気がいるように


「お金が好きです」と公言するのはこれまた

一定の勇気はいるだろうけど


やはりお金は大事ですからね、


そこで「大好きなお金が減らないように」

常に自分の資産の時価総額を計算するってのは大事なんですね。


この時価総額と向き合っていかないと

「どうやって減らさないように工夫できるかな?」という

思考になりませんから。


逆に自分の資産の時価総額と向き合ってると、

「資産を減らさないためのアンテナ」が結構脳内に立ってきますので

色々工夫やアイデアが出てくるものです。



だからあなたの資産の時価総額とか

そういうのにしっかり向き合って、

そこで「どうやって負けないように大きく減らさないように

すればいいかな~」


と常に考えると良いと私は思います。


そうするとかなりトータルとして時価総額の上昇が

安定してきて


そこに複利かけられます。


ということで2019年も終わりになりますが

結局今年も資産を増やした人たちってのは


「負けないこと」を意識した人たちでしたので

これは引き続き2020年代も大変大事な考え方になるから


意識していきたいところです!


では!




ゆう





追伸・・・それで思うのは

「勝つこと」に意識してるとあまり学ばないもので

大体勝つことに意識してる状態の人は

一攫千金を狙ってたりします。


一方、

「負けないこと」を意識すると

そしてそれを極めていこうとすると、

これ学ぶことはかなり増えますね。

それこそ自分の資産の比率として


現金(不換紙幣)、

キャッシュ、実物資産、株、不動産をどういう

比率にしておくか、


とかを判断するためには世界経済の情勢も理解してたほうが

よいわけでして。



そしてそれらは実は、

かなり奥深くて面白かったりします。


なので今の時代を生き抜く哲学として強いのが

「負けない技術を学ぶことを楽しむ」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
だといえると思います。



ということで来年2020年も

「負けない技術を学ぶことを楽しむ」

を意識したいものですね~


それでは!








☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


PDFレポート
【「金ゴールドを買う人が増えた2019年」から
2020年代について考える!】
http://fxgod.net/pdf/gold2019_2020.pdf




PDFレポート
【イギリスのボリスジョンソン首相の勝利の本当の意味と
「米英の諜報機関をめぐる本当の裏側の近代史」とは?】
  http://fxgod.net/pdf/boris_win.pdf


PDFレポート
【南国でイスラムのマレーシアではクリスマスが盛り上がってる!?】
(写真付き)
http://fxgod.net/pdf/malay_xmas.pdf




PDFレポート
【中国のハイテク企業アリババ・テンセントのすごさと怖さ】
(銀行消滅)
http://fxgod.net/pdf/alibaba_tencent.pdf




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【クリスマスプレゼント動画】

「トレードにおける聖杯を伝授!」が
山之内さんから届きました!

⇒  https://vimeo.com/307415558/f51027d16c


<対談音声>




PART6

【「超有料級」の対談音声(相関性トレードについて)
を公開します!】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……/kakumei2/



PART5


【音声MP3♪「僕はチャートに恋焦がれている!」】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……/kakumei1/


PART4

音声MP3♪【「ポジポジ病」を克服して
「負けなくなった」生徒さんたち】

⇒  http://fxgod.net/onsei/yamanou……10oku4.mp3



PART3

音声MP3♪【どのようなときに山之内はポジションを撤退・決済するのか?】
⇒  http://fxgod.net/onsei/yamanou……10oku3.mp3




PART2


音声MP3♪【借金1000万円から12年かけて
資産10億超えに這い上がった方法論とは?】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……41/10oku2/





PART1

音声MP3【「資産数十億円になって変わったこととは?」】
⇒  http://fxgod.net/onsei/yamanou……10oku1.mp3


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください