無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【ついに「在韓米軍撤退議論」が出てきました!】 (メルマガでこの数年書いてきたシナリオの復習など)

2019 11月 22 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【ついに「在韓米軍撤退議論」が出てきました!】
(メルマガでこの数年書いてきたシナリオの復習など)
⇒編集後記で
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【令和元年始動】驚愕の10億円超えを本編にて初公開!

⇒  http://gaikaku.com/fn01aws_nl/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

■山之内さんから音声にてご挨拶
⇒  http://gaikaku.com/yamanouchi/……eeding.m4a

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



どうもゆうです!

こんばんは~~


さてさて、ここ最近ですがやはり日本含む、

極東アジア情勢がとにかく面白いです。



それで私の読者さんはみんな私が結構前から


「これから在韓米軍撤退議論が出てきて

そしていよいよ在日米軍撤退議論が出てくるのだ」


ということを呪文のように書いていたのを見ていただいてると

思うのですが・・・



ついにここ最近ですが「在韓米軍撤退議論」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
が出てきてますね!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


読者さんも「あ、ほんと出てきた」みたいな感じだったと思います。




いや~~これいよいよ2020年代に日本に飛び火して

在日米軍撤退議論につながっていき、


2009年以来の反官僚の大きな流れが日本で形成されるぞ

ということで私は注目しております。



それで私はもうこの在韓米軍撤退議論ってのが

韓国で出てくるのだ、っていうのは

ムンジェインが韓国の大統領になる前から、書いていたのですが


基本的にもう極東アジア情勢は

メルマガで2017年に扱って説明した流れで

動いてますね。



それでマスコミばかり見ていると、この大きな流れは

つかめないと思うのですが、


それこそ最近の木下さんとか沢尻エリカさんの報道とか

この在韓米軍撤退の流れを日本人に知られたくないってのは

あるのかななんてのは感じますが、


これは日本にとっても大ニュースであって

すごい流れなんです。


それで今までの流れ、ストーリーと

これからの流れ、


これについては私は以前から事前に後付けではなく

書いてますので、


是非今日は大きな極東アジア情勢の流れについて

考えて生きましょう!


編集後記で!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【令和元年始動】驚愕の10億円超えを本編にて初公開!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



さてさて、この前予告しておりましたが・・・


今日はいよいよ メルマガで扱っていた山之内さんが

マレーシアのロケ映像で登場となりました!


今回はずばり驚愕の10億超え映像を見せてくれてますね~


なかなかヤバイです。

超富裕層ですね。



【令和元年始動】驚愕の10億円超えを本編にて初公開!

⇒  http://gaikaku.com/fn01aws_nl/




さて、以下は山之内さんからあなたに

メッセージです!


=====================


【令和元年始動】驚愕の10億円超えを本編にて初公開!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【第1章】

『驚愕の10億円超えを本編にて初公開!
 400名以上の教え子を稼がせてきた
 圧倒的なトレード技術の”本質”とは』

⇒  http://gaikaku.com/fn01aws_nl/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ゆうさんの読者様、



こんにちは、
山之内 悠(やまのうち ゆう)です。


この度は私が一年に一度限り主催する
『渾身のプロジェクト』をご覧いただき、
誠にありがとうございます。


私は拠点をマレーシアに移しているのですが
このプロジェクトを始動するにあたって、
日本とマレーシアを行き来しながら、
半年以上前から準備を重ねてきました。

そして、ようやくこのように、
お伝えできることとても楽しみにしており、
今もワクワクが止まりません。


これから約1週間にわたって
お伝えしていくプロジェクトでは、

『今まで塾や教材を買ってもなかなか結果が出せなかった方』

『投資詐欺などにあってきた方』

『FXトレードの真実を知りたい方』

『今後大きな利益が欲しい方』

このような方々には絶対に、
見逃すことができないような、
とても【価値ある内容】となっています。


と言いましても…、

私のことを知らない方がほとんどだと思いますので、
自己紹介も含めて、
まずはこちらをご覧になってください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼プロジェクト第1章の動画をご覧ください

⇒  http://gaikaku.com/fn01aws_nl/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



ちょうど一年前に
初となる私主催のプロジェクトを始動し、
現在までで総勢400名以上の教え子たちがいらっしゃいます。


過去に投資で失敗してきたり、
詐欺に遭った方々、投資が怖い・危険と
もともと思っていた方々でしたが、

私のもとでしっかりと学び、
“本気で稼ぐという意志”を持たれた方は、
全員結果を出すことに成功いたしました。


今回このメールを受け取られたのも
何かのご縁ですので、
是非最後までお付き合いいただけたらと思います。


★稼ぐ力を本気で身に付けたい
———————————–

☆稼ぐまで諦めないでやり抜きたい
———————————–


という強い想いがありましたら、
必ずやお役に立てることをお約束いたします。



また、本日公開致しました【第1章】では、
私山之内の自己紹介から、
これまで行ってきた活動、
私の教え子がどれくらい稼いでいるのか…

などなど、
お伝えさせていただきました。


【第1章】

驚愕の10億円超えを本編にて初公開!

⇒  http://gaikaku.com/fn01aws_nl/



そして後半には、
私がメインとしているFXトレードだけでなく
様々な事業で生み出した投融資で
築き上げた資産『985万ドル(10億円)』の
銀行口座を初めて公開させていただきました。

決してお金自慢をしたいということではなく
投資に秘めた「可能性」と「魅力」を、
あなたにも感じて頂きたいと思い
一部ではありますが公開致しました。


10億という金額はなかなか
イメージしにくいかもしれませんが、
10万・100万・1000万であっても、
やることは基本的に変わりません。

投資を行う上で大切なことは
金額ではなく”本質”を捉えて、
正しく行っていくことだと私は考えます。



正直、今の投資業界には失望をしており、
結局のところ、業者の金儲けをするために、
ツールやシステムなどの情報商材が、
販売されている現実があると思います。



おそらくあなたも心当たりが
=============
あるのではないでしょうか。
=============


私自身も過去に、
必勝法と呼ばれるものを買い漁り、
投資でも騙されたりなど…
総額1000万以上の借金を抱えた経験もございます。

ありとあらゆるツールやシステムを購入し、
必勝法も何度を試しましたが、
今残っているものはひとつもありません。


だからこそ、

ゼロサムゲームである投資の世界では、
9割以上の人が退場していると言われているほど
狭く厳しい世界だと今になって理解しています。


『本質』はもっともっとシンプルであり、
それに気が付くかどうかで、
結果を出せるかが決まってきますし、

9割以上の方がこの『本質』に、
気が付いていません。


その本当に大切な『本質』についても、
1週間にわたるプロジェクトを通じて、
正しくお届けしていけたらと思っていますので、
是非楽しみにしておいてください。


◎今まで塾や教材を買ってもなかなか結果が出せなかった方
◎投資で上手くいっていない方
◎これからFXを始めようと思っている方
◎本気で成功したいと思っている方
◎毎月安定した利益が欲しい方
◎この先数千万・数億という世界を見てみたい方


1週間後には今まで見たこのない世界、
投資って本当に稼げるんだ!ということを
身をもって体感していただけるかと思います。


本気で稼いでいきたい方は、
最後までお付き合いいただけたら幸いです。



それでまたご連絡させていただきます。

ありがとうございました。




山之内 悠





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【外貨革命】
発行者:山之内 悠

▼お問い合わせはこちら
info@gaikaku.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【令和元年始動】驚愕の10億円超えを本編にて初公開!

⇒  http://gaikaku.com/fn01aws_nl/



====================


以上です!



それで今回はずばり山之内さんのマレーシアKLの

家が登場してますね~~



こちらの家はプールが付いておりまして

都心なのに大変自然に恵まれた素晴らしい場所なのですが


まあ値段は相当高いところです。


マレーシアなんかだと日本の有名人がGACKTさんですが

彼の家と同じくらいの価格だと思いますけど


そんなマレーシアの豪邸でのロケ撮影になってます!




【令和元年始動】驚愕の10億円超えを本編にて初公開!

⇒  http://gaikaku.com/fn01aws_nl/





さてさて、それで今回の1話目の動画でまず何よりも

見てほしいのはマレーシアのロケ映像!と言いたいところなんですが


実はこの山之内さん、この1年間、以前も私のメルマガに

ご登場いただいて指導にあたっていただいてたのですが


何よりも相当生徒さんが全員ではなくても

ちゃんとサポートと連絡取ってるかたなんかは


実力つけてきてるんですね~



一応、こちらのサイトに

生徒さんの個人情報などに配慮した形で

実際の山之内さんと生徒さんのサポートの様子なんかも

あって・・・




相当実はこのページにあるラインのやり取りの画像が

希少価値が高いと思います!




【令和元年始動】驚愕の10億円超えを本編にて初公開!

⇒  http://gaikaku.com/fn01aws_nl/




ちなみに実は山之内さんの生徒さんで稼げるようになった方で

私の読者さんも結構いらっしゃるんですが


まあラインの生徒さんで成長されてる方の声見たら

分かると思うんですが



「素直な人」多いですよね~


実は私は昨日上記の ページが納品されてきて

見ていたのですが


「やはり稼ぐ人は良い意味で子供っぽさがあって

素直な人が多いな~」なんて思って感心してました。




ちなみに結構多くの生徒さんが半年以上勉強されまして

そこで徐々に力あがってきた方が増えたのですが



そこでやはり「ポジポジ病が治った」という報告は

多かったですよね。


この山之内さんですが 正直ポジポジ病タイプの人は

「エントリーなかなかせーへん」ということで

イライラするかもしれないんですが

(いわゆるクレーマー気質の人)



ただ多くの学ぶ姿勢がある生徒さんなんかは最初驚くんですね。


「この人、デイトレでもここまで待つの??」


と。



デイトレってたぶん毎日毎日トレードするイメージでしょうけど

山之内さんの場合、1回の20PIPS前後の利益確定するデイトレシーンでも

たまに1週間2週間、チャート見ながら待ったりするんですよね。



この「待つ力」を学んだ生徒さんたちがやっぱり

負けを減らして結果として勝ってるんですけど



ラインの生徒さんでかなり長文で書いてくれた方で

「ポジポジ病がかなり減り、トータルプラスになってます」


という方なんかも掲載されてますね。



今回動画もマレーシアの豪邸での撮影で面白いんですが

それ以上に実は見てほしいのが

「がんばって成長してる 山之内さんが教えた生徒さん」なんで


是非彼らの生の声も見て学んでみてくださいね~


「こういう素直さがある人たちが稼ぐのだ」


とリアルに分かりますね~




【令和元年始動】驚愕の10億円超えを本編にて初公開!

⇒  http://gaikaku.com/fn01aws_nl/





追伸・・・ちなみに今回の動画は音声のように聴いていただくだけでも

ある程度分かるようになってるから


スマフォで目が疲れたなんて方は 

ラジオみたいに山之内の相場哲学を聞いていただくだけでも

勉強になると思います。



あまり派手に目立つのを好む方ではないのですが

ただやはり濃い人生を送ってきて、

相場に関しての哲学を深めてきた方です。


学んでほしいのはやっぱり彼の

真摯な姿勢や人間としての器ですね~


これは下手な動画見るよりもあなたの

将来の成長につながってくると私は思います!



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【令和元年始動】驚愕の10億円超えを本編にて初公開!

⇒  http://gaikaku.com/fn01aws_nl/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★










===========編集後記===========


さてさて、ここ最近ですが

メルマガでこの数年間、何度も何度も書いてきた

「在韓米軍撤退議論」

ですが


いよいよそれが表のニュースメディアでも

出てきてますね~


それで今月のこのニュースはあなたもチェックされてる

と思いますが、


在韓米軍の駐留費の1部として

韓国が米国に支払う分担金ってのがあったけど


それをトランプ大統領が従来の9億ドルから

一気にその5倍以上の47億ドルに引き上げたのですが


そこでそれを韓国側が「いや~~それはちょっと高すぎます」

みたいに反応したら、


そこでトランプ大統領はまさに私がメルマガで書いてきた流れ

なんですが


「じゃあもう在韓米軍のうち4000人を撤退させるぞ!」

とそれを示唆しだしたわけです。



それで3日前の11月19日なんですが

米韓交渉ってのがあって、ここで

アメリカ側が怒って(そういう演技して)


それで「決裂」したってことで大きなニュースになってますよね。


それでメルマガで

「トランプ大統領は必ず在韓米軍撤退議論を仕掛けてくる」

と書いてた通りですが


これがまあトランプ大統領が

「在韓米軍撤退させちゃうぞ」ということになったわけでして


ここで韓国では「アメリカふざけるな」となってまして

96%がそれに反対してます。


ということでいよいよ 今月あたりですね、

「在韓米軍撤退議論」が火つきだしました。


来年からが大変注目なんです。


それでこの トランプ大統領の

「マスコミたちにとっては唐突な発言」ですが


もうこのトランプ大統領と韓国側の未来ってのは

私はあなたもご存知のように

メルマガにて2017年あたりから書いてるわけです。



それで、「ニュー」ス を自称しているマスコミは

「在韓米軍撤退」なんて言葉を一切

数年前は出しておりませんでしたが


私はこの辺はメルマガで事前に、後付けではなく

出してました。



それで「今の2019年11月の極東アジア情勢」

なんですが


基本的には以前にメルマガで書いたとおり動いてる

んですね。


それで以下は当時のメルマガの引用ですが

当時多くの読者さんが見てくれた文章です。


それでこれは当時は「本当に?」みたいな感じだったろうけど

2019年の11月末の今見たら分かる

そんな内容だと思いますので


是非復習しましょう~


それで以下は2017年の5月2日に私が書いた

メルマガの文章ですね。


このときは私は 韓国大統領選挙が極めて

極東アジア情勢にとって最重要だったので


韓国にてこの韓国大統領選挙をウォッチしに行ってたのですが

その時の記事です。


まだムンジェインは大統領になってなくて

アンチョルスと大統領選挙を戦っていた時期のメルマガです。


それでは引用です!




2年半前の

2017年5月22日のメルマガ

【韓国大統領選挙の後に進みそうな
在韓米軍撤退⇒在日米軍撤退議論の動きと

それを阻止したい官僚たち】

より引用



==================
どうもゆうです!


こんにちは!!


さてさて、私は今韓国にいて色々韓国語勉強しながら

ビジネスや投資の勉強しながら、という形ですごしているのですが


こちらの今度の韓国大統領選挙ですが、結構盛り上がってきています。


次の韓国大統領候補1位ってのがムンジェインなんだけど

今日は街中で超大音量のイケイケな音楽流す車がいて、

見てみたらまさにムンジェインの車でした。


そしてやっぱり応援団がみんな「踊ってます」・・・(笑)


これ踊ってます。


(ゆう写真)ムンジェインの選挙カー。基本的に
音楽ノリノリで踊ります!
⇒  http://fxgod.net/gazou/picture……njein2.JPG
(これは手をあげてるようで、実は踊りの振り付けです)


いや~なんともこっちの選挙はこれはこれで面白いですね。

それで・・・次にムンジェイン大統領になったらですね、

これどうなるか?というと大きな長期方向性としては


在韓米軍撤退という話になるんです。

これは沖縄に在日米軍持ってる日本も関係してるんです。


今日はこの辺を書きたいと思います。編集後記で!


==============編集後記=============


さてさて、私は今韓国に滞在しておりまして、

韓国大統領選挙の様子というのを肌でこう感じて生活しているのだけど


いや~やはりムンジェイン元気やな、というのは韓国にいて

感じます。


街中で一番見るかな?というのがやはりムンジェインの選挙カーでして

今日は私はソウルに戻ってまして


ソウルぶらついていたのだけど

そこで歩いていたら 「超大音量の愉快な音楽」が

流れてくるわけですよ。


イメージとしては渋谷とかでエーベックスの新曲宣伝カーが

大きな音楽で音楽流して宣伝してるじゃないですか?


だからそれで「なんかアーティストの宣伝かな?」なんて

思って見に行ったら・・・


これがまさにムンジェインの選挙カーなんです。


そしてムンジェインの選挙カーはまあおもしろくて

その選挙カーから応援団が「ダンス」するわけです。



(ゆう写真)大統領選挙1位のムンジェインの選挙カー。
踊ってました
⇒  http://fxgod.net/gazou/picture……njein1.JPG



(ゆう写真)ムンジェインの選挙カー。基本的に
音楽ノリノリで踊ります!
⇒  http://fxgod.net/gazou/picture……njein2.JPG
(これは手をあげてるようで、実は踊りの振り付けです)



いや~なんでしょう、これくらい選挙活動もノリノリで

音楽いっぱいだとなんか面白いですね。


それで最近このムンジェインの選挙カーを見る機会が多くて

その次にアンチョルスという感じでしょうか。


ムンジェインかなり強いな、というのは韓国内にいると

感じますよね。


それで私も韓国語ってのは結構上達するようになっていて

テレビの韓国語ニュースも結構分かるようになってきているのだけど


日本だと「日韓慰安婦合意は「再協議」 各候補」みたいに報道されてる

と思うのですけど


こちらの韓国のニュース見る限り、一応それも報道はされてるものの

やはり対外の焦点としては 対中国関係、対北朝鮮関係、対米国関係

をめぐるサード配置問題がトップであって


そしてそれ以上に?国内経済問題を回復する、

すなわち 今の韓国内の財閥、大企業支配に対して

中小事業者元気にしていきましょ!

みたいな部分がメインで報道されてる感じをうけますね。


対日問題に関してはこれ 中国関係、米国関係、北朝鮮関係の後に

出てくる話になってるのかな、と思います。


ちなみに日本のマスコミを見ると不思議なのが


「革新系ムン候補リード 中道系アン候補が追う展開」とNHKが

報道してるけども


私は現地韓国人にも聞くけど基本的には

両方とも左なんですよね。


だからムンジェインは結構左なので、ムンジェインと比べると

アンチョルスは中道に見えるけど


やっぱし全体としては左なんです。


だからその左の度合いを決める選挙であって、


それで今回はサード配置問題に関しては

こっちの韓国のニュース見る限り、やはりサード配置を批判しないと

逆に批判される、という感じになっているように思えまして


中国関係を重視しようとする韓国世論の傾向をすごい感じます。


私の友人たちがまさにムンジェインもしくはアンチョルスを

支持してるわけだけど


両者は結構左か、ちょっと左という関係値でありますけど

ここで彼ら支持者が言うのは


中国の観光客とか減っちゃって大変だろ、

サード配置したら中国怒るのわかってるのになぜ配置する


みたいな意見があるわけです。


この辺の状況がムンジェイン支持の背景にもあるな~というのは

感じますよね。



ちなみに韓国大統領選挙についての日本語圏の情報では

やはり優れているのが日本人の記者が書いてる

大手新聞社ではなくて


この韓国の会社さんがやってるこのサイトが比較的

現地韓国にいる私から見ても今の韓国情勢を偏りなく

報道しているように思った。


このサイトなんかはよくあるネットウヨ系の産経とか時事通信とか

その辺と違って


理念として

両国の相互理解が進んで良いパートナーになれればよい

ということを打ち出してますから、


少し毛並みが違ったサイトだけどよく韓国内情勢を

報じてるサイトだと思った


<これは韓国大統領選挙のサイト。日本語できる韓国人の
人が作ってる。>
https://kankoku2017.jp/



このサイトなんかでも私が現地で感じた感想と似たこと

書いてるけども


やはり韓国の人は経済成長率2%台を低い、と考えるわけですね。


日本の場合だと経済成長率がプラスなら良い首相となるわけだけど

韓国の場合はやはりこの辺の前提がどうも違って

経済成長率プラスは最低限で、

その2%を3%4%と出来る大統領なのかどうか?が見られていて


パク大統領の弾劾デモ背景にはもちろん汚職などはあるけども

それ以上に背後国民感情として

「経済成長率2%台を3%4%にあげられなかった」

というところは冷酷に見られていて、


だから引き釣り下ろしたということなんだろうというのも感じますよね。

そのためには財閥大企業利益じゃなくて

韓国経済支えてるのは 中小の事業者である


それこそ小さな道で海苔巻き売ってたり、チキン売ってたり

サムギョプサル売ってるような事業者なんだからこっちを

もっと元気にしろ~ってのがあるのだと思う。


といってもみんな

大企業のサムソンやLGのスマフォや液晶テレビを使って

現代自動車やKIA自動車に乗ってるんだけど


この辺の矛盾も韓国人は分かっていてだから自虐的に

それを言ったりはしますね。



それで韓国人と話すと分かるんだけどそれこそ日本人の私が

韓国は発展していてすごいよくなってますね~なんて

言うと結構怒るんですね。


「いーや、韓国はこれがだめで、あれがだめで

全部だめだ!」


くらいに、まあ言うわけです。


要するに若い世代は自国というか「自国の民衆」には

愛着持ってるんだけど、

そこと自国政府は分けて考えていて

政府とかにはすごい対抗的な意識を持ってる人が多いんですね。



自己批判意識が私の周りの20代、30代の韓国人はすごい強く

これはだから最近テレビ番組で日本のここが素晴らしいみたいに

やっていた日本と間逆ですよね。


その国民感情の背景があってパク大統領弾劾デモになった

んだけど、


その辺の背景もやはり上のサイトではしっかり

正確に説明されてる点があって

現地の日本人から見ても比較的上のサイトは


情勢をちゃんと描写しているように思えました。



それでムンジェインが大統領になればこれは

国内経済の今までの新自由主義の大企業優位主義が

徐々に見直される形になりまして、


中小の自営業者たちがガンバる体制、になっていくのだと

思われますが


これは実はトランプ大統領誕生の背景とすごいそっくりだ

ということも現地にいて感じる点ですね。


この辺を多くの韓国人たちは期待していると思います。


また、対外関係でやはり重要視されるのが

対北朝鮮問題でして


今までってのは韓国はあくまでアメリカの属国であって

韓国自身が北朝鮮問題を主導してきたわけではなかった

わけです。


が、ムンジェインの宣言というのはまさに

これから韓国自身が隣の当事者国としてちゃんと北朝鮮問題解決の
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
主導を果たしていくということですから
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これは一気に北朝鮮問題解決のシナリオが変わってくる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということです、彼が大統領になれば。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私はやはり自国日本の人たちがこの前もあったけど

「北朝鮮の核が飛んでくる、わーわー、きゃーきゃー」

とパニックになってる様子を韓国で見ていたので


やはりこの北朝鮮問題解決をムンジェインが大統領になり

主導して解決していくのは大事だ、と自国日本のためにも

考えるんですよね。


ただなぜ産経とか時事とかそういう日本の外務官僚の利益代弁する

あとはCあいAとかの利益代弁する機関がこのムンジェインを嫌うか

そのムンジェインの対日政策ばかり出して批判したがるのか


という意味も分かりまして、


このムンジェインが大統領になれば必然的にこれは
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
トランプやキッシンジャーが考える在外米軍撤退の方向を作り上げるから
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
でもあるわけです。


日本の外務官僚の利権はまさに在日米軍にありますから

在韓米軍撤退となれば次は在日米軍撤退議論になると

彼らはよーく分かってるから


だからムンジェインに外務官僚とそして彼らの利益代弁する

マスコミが批判的なのはこれすごい構図としては分かりやすいといえば

分かりやすい。


北朝鮮で核戦争だ、とあおったのもやはり在日米軍の必要性を
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
訴えたい、トランプ大統領になってアメリカファーストで
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
在日米軍利権が追い詰められる外務官僚の悲痛さというのが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その背後にあると私はみてるわけです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


それでトランプ政権が誕生して100日ほどですが

実は北朝鮮問題はメルマガで書いてきたように

実は2月末から3月にトランプが非公式に北の民間をよそおった

代表団と会談する予定だったわけです。


トランプは北朝鮮の金正恩に関しても

「金をアメリカに呼んでハンバーグ食べさせたい」とか

選挙前に言ってたけどそれを素直に実行したら


軍産に邪魔されちゃったという構図でした。


だからキッシンジャーもトランプも

次のスキームに移ってきてるということですね。


北朝鮮問題解決=在韓米軍撤退、在日米軍撤退となって
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そこで軍産利権消滅、および韓国、日本にいる安保マフィア官僚たちの
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
利権消滅につながるのは必然ですから
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それを解決したくない人たちが大勢
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
アメリカ、日本、韓国の官僚たちにおりまして
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ここでキッシンジャーとトランプの闘争があります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それでアメリカとしては、トランプキッシンジャーラインとしては

中国主導で北朝鮮問題を解決させたいわけですけども


だから米中協調体制が出てきましたよね、最近。

これはメルマガで書いていたシナリオ通りだったんだけど。


ただ中国主導だと少し問題が出てきまして

中国がしようとするのはアメリカと北朝鮮の対立を解消するところまで、


であって、その後の実際の

アメリカの軍産勢力が求める アメリカ主導査察団が北に入国して

そんで北朝鮮の軍事施設を査察して、

すべての核兵器と開発設備が破棄されたかどうか?


を確認するのがCVIDだけど、この辺を分析されてるのが

田中宇先生ですが


この辺は中国主導でもなかなか難しいわけです。


これはアメリカの軍産複合体ってのはとにかく北朝鮮脅威を

作りたい煽りたいわけであるから


どうしてもこのCVIDという確認をしたがるわけで

「ほら、北は核を放棄していない!」とやりたがりますし


そして北朝鮮はこれ外国の視察団が自国に入ってくるのを

許さない体制ですから


それこそ北朝鮮観光なんかにいったら市民生活は

外国人に絶対見せないわけですけども



ここでCVIDという軍産が求める条件が出てきたらやはり

北朝鮮交渉はアメリカとの間で頓挫するわけで


それは中国が主導役になってもこれは同じなわけです。


ただここで重要なのがしっかりとムンジェインが勝利できて
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
大統領になりまして、彼が交渉主導していくとすると
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そうなると今までの交渉相手が
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
北朝鮮とアメリカという交渉関係から
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
北朝鮮と韓国という交渉関係になるわけですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


それで北朝鮮が一番嫌なのはやはり在韓米軍がいることなわけですけど
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ここでムンジェイン大統領になればそこでアメリカのトランプ大統領が
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
まるで喧嘩している演技をして
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「ムンジェインめ、在韓米軍を撤退させたがってるぞ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あ~おれは彼がむかつく。しかしそれに従うしかない、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
しょうがないから在韓米軍を撤退しなくては」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということをいえる状態にはなるわけです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

韓国はムンジェイン大統領なら

北朝鮮を追い詰めることはしませんから


そしてその姿勢は中国ロシアも賛成するでしょう。


それで韓国が北朝鮮解決の主導役になっていけば

中国もこれ安全保障の点で北朝鮮問題解決でリスクを負うのだけど

それもなくなっていくわけですね。



ただ韓国でムンジェイン大統領が誕生した場合はこれ

ノムヒョン政権の太陽政策が復活していって


韓国から北朝鮮への経済支援が始まるわけです。


韓国のムンジェイン大統領は、それが

「順当に」誕生したとすればの話ですが


ここで核ミサイル開発なんかをやめるならば

北朝鮮の経済関係をもっと拡大していくという路線ですから
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
これは新しいアジア情勢の動きになっていきますね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中国ロシアとの関係性もあるため韓国でムンジェインが登場して

在韓米軍が撤退したら北朝鮮が南進してきて朝鮮半島戦争だ、

というシナリオはどうもないように私は今のところ思います。


(このシナリオを流布することで得するのはやはり

在韓米軍を持って利益を得る勢力かと。)



実際に私は春川というところにいってきて、

これは北朝鮮にもろに面してるすごい近いところなんだけど

ここに以前在韓米軍があったんですよね。


が、今はもぬけの殻。


(写真)もともと米軍基地があったところ
http://fxgod.net/gazou/picture……hong36.JPG

(写真)これは当時の米軍基地のときの壁。
http://fxgod.net/gazou/picture……hong30.JPG



ここで在韓米軍は撤退したのだけど、じゃあ一気に防御が甘くなって

北朝鮮が南進してきたか?というと


これ何年も経過したけどその動きはないわけです。


それで以前のノムヒョン政権のときってのは


当時対米従属が日本レベルに強かった韓国と

そして北朝鮮という関係、


そして中国と北朝鮮の関係、


これが別々に存在していたわけです。


いわゆる冷戦構造を引きづった国際政治力学のままであった。


が、今は少し変わっていて北朝鮮はというと

もうとりあえず早く純粋な純資本主義を導入していって

中国のように経済発展していきたいと考えるわけで


そこでアメリカとも本当は戦いたくない。

(というか北朝鮮の戦力ではアメリカには当然かなわないと

彼らもわかってる)


それで今はノムヒョン政権時代とは違いまして

中国と韓国が以前はそれこそ 対米従属の韓国であったけど

これが最近は強く連携しだしているわけです。


これはまさにトランプ大統領誕生の「余波」であって

この状況が2016年11月からほぼ決定してきてるわけです。


要するに分かりやすくいうと

子供の弟の北朝鮮が兄の韓国を怒らせたら

お父さんのアメリカとお母さんの中国ロシアが


「こら、北朝鮮、韓国とうまくやりなさい」

と怒る構図っていうんでしょうか、そんな感じです。



ちなみに最近日本の与党政府というか政権内でも

明らかに 政治家と官僚の方向性の違いが見出せるわけで


これは田中宇先生がやはり分析が進んでると思うけど


6カ国協議ってのはこれ、一番日本の日米安保マフィアがいやがる

ことなんですよね。


北朝鮮脅威、中国脅威がなくなったらですね、

在日米軍の必要性を訴えられないわけでして。


そうなったら官僚は困るんだけど、なんとその6カ国協議を

やりましょうというのを対米従属一点張りだった

安倍首相が言い出してると。



明らかにトランプ大統領誕生を皮切りに日本の政権内でも

方向性の考え方の違いが出ております。


ちなみに私は好き嫌いで政治やビジネスや投資を見ませんので

好き嫌いで見るのはこれお子ちゃまのものだと思うので


冷酷に見るのだけど

実はこの動き、ってのは小沢一郎さんも以前やっていたわけです。


小沢一郎さんなんかは私は支持してるけど、

それを隠しませんが、が、彼ってのは以前は自民党幹事長のころとか

まさに対米従属の政治家だったわけです。


が、途中でデービッドロックふぇらが弱ったというところで

一気に脱米従属に鞍替えした過去があるのだけど

それは時期尚早な判断であったと今なら言えるけど


今はデービッド死にましたからやはり今自民政治家の間でも

方針が分かれてるはずで


外務官僚の重視する対米従属のままいくのか?

もしくは脱米従属方針をとるのか?


で意見が割れてるでしょう、自民内部も。


だから6カ国協議を推進するというトランプの方針に乗る

安倍と外務省官僚たちの間でどうも

4月に意見相違が起こってる可能性を私は見ていますよね。


森友学園問題もこの視点で分析する記事はほぼありませんが

やはりこの視点での分析もこれから必要になるだろうと。


が、これは右にも左にも嫌われるから誰も書きたがらないけど

田中先生なんかは書いていましたね。


これは安倍が日本で北朝鮮脅威が報道される中で

のほほん、とした対応をしていてやはり左に攻撃されてたけど

(そして右にも不可解に見られていたけど)


これは私には安倍が外務官僚に対するあてつけをしてるようにも

見えたわけです。


この見方は今日本ではだーれも賛同しない、右も左も賛同しない

見方なんだけど、私はこの見方の検証をしてたりするんです。


ちなみにトランプ大統領になったら次は在日米軍撤退議論になるんです、

という話を私はメルマガで去年ずっと書いてきましたから


そしてマスコミはヒラリーっていうけど

トランプ大統領の流れなんだという言論を扱ってたから


この流れがすごい分かるんだけど


やはり日本の外務官僚は今すごくあせってると思うんですね。

彼らはよく分かっていて韓国でムンジェインが大統領になれば

次は在韓米軍撤退議論、そして在日米軍撤退議論に発展するのを


分かってまして、


自民政治家もそこの流れをおそらく読み出してる政治家が

かなりの相当数出始めており


この政局ダイナミズムがおそらくですが2018年にかけて

日本で動き出すだろうと見てます。


となるとこれは為替としてはドル防衛放棄という動きも
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いずれ出てくるかもな、というのは私は見てるんですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(これは実はトランプも本音ではドル防衛なんかしたくない。

あの人は本音は米国債デフォルトさせたい論者でして

トランプを支持してる茶会党の人たちはそういう考え方が主流。

これはまた今度書きます。)



それで韓国で順当にムンジェイン大統領誕生となりましたら

そうなると北朝鮮も今までは韓国をアメリカの子分という

付き合いで馬鹿にしていたけど


これがムンジェイン大統領で新しい太陽政策となれば

ここで在韓米軍がもっと撤退していくわけですね。



この写真のように


(写真)もともと米軍基地があったところ。韓国の春川という
ところ
http://fxgod.net/gazou/picture……hong36.JPG


どんどん米軍が撤退して、その土地がもぬけの殻、になっていく

んだろうと思う。



それでトランプはおそらくですが中国の習と同じ対応を

ムンジェイン新大統領に取ると思われまして

(彼が大統領に順当になった場合の話しだけど。)


表向きはやはり中国の習に対して最初に冷遇したように
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「中国は為替操作国だ」なんてやったようにやると思うんですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

韓国に対してもトランプはあの手この手で韓国民を
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
挑発する言動を取ると思うのだけど
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そこであえて反米感情をあおるように動くことが考えられるわけで
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そうなると対北朝鮮問題を主導したいムンジェイン大統領の意向も
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ありまして
~~~~~~~~~~~

「うーん、在韓米軍撤退も考えないと」となるわけでして
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

やはりこの流れは進んでくると思われます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これはムンジェイン大統領が順当に勝った場合の話ではあるけど

仮にほか候補者であってもやはり同じ左ですから


マスコミのいうように中道の候補者も実際は左ですから

やはりこの流れはほぼ不可避だと私は見てますね。


だから在韓米軍撤退はほぼ不可避でして、

そして同じく在日米軍撤退議論もこれダイナミズム的にはその後

必ず出てきますから


それを全力阻止したい官僚勢力の意向というのがあるわけです。

これは日韓ともに、同じ。


その流れの過渡期として、4月の日本の外務官僚が主導した

北朝鮮脅威、北朝鮮の核戦争!と騒いだ問題があると思いまして


ここで北朝鮮脅威除去を進めようとする勢力と

その北朝鮮脅威が存在していて利権を得る勢力(外務官僚など)


の闘争がしばらく極東情勢では続くと思われますね。


ただ韓国でムンジェイン大統領が誕生すればこれ

一気にその流れは進むわけでして


そして韓国大統領はこれからキッシンジャーのアンダーコントロールに

なるでしょうから


そうなるとやはり在韓米軍撤退、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そして次は在日米軍撤退議論
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とつながってくるのだろうな、と感じますね。



こうなるとトランプとしては

「アメリカファーストやって在外米軍撤退させたぞ」といえるわけで

今まさに極東情勢でそれが進もうとしております。


ここで猛反発する既存の軍産勢力という構図があるので

これは闘争なので、まだ予断を許さないものの、


明らかに世界はトランプ大統領誕生とともに

そのダイナミズム変化が顕著になっておりますので


だから面白いともいえますね。



それではまた!



ゆう





追伸・・・ちなみに韓国のテレビでは以前はありえなかったことだけど

「笑顔の金正恩の写真」が時々映し出されることがあるんです。


スイス留学時代の。


明らかに「新太陽政策」「第2の太陽政策」に適応しようとする

韓国マスコミの動きもあります。



それで金正恩は最近以前の人民服を着なくなっておりまして

スーツを着だしているわけです。


このスーツを着だしている意味を日本マスコミは報道したがらないけど

どうも彼はこれからの国際情勢の開放路線に乗りたがってると

思われまして


スーツってのはまさに西洋のものですが

明らかにそっちに譲歩しようとしているという姿勢が見えるけど

これはあまり報道されませんよね。


やはり彼は暴発したい北の独裁者でないと困る人たちがいて

このスーツを着る意味というのを分析したがらない

日本語メディアの奇妙な方向性を感じます。


日本語メディアの多くが金正恩のスーツ姿を馬鹿にしたがるのはこれ

やはり意図があるだろうと。



ただ全世界がトランプの思想分析、やろうとしていることを分析して

一気に去年から動き出しておりまして

既存の冷戦構造の本当の意味での終わり、をキッシンジャーは志向してますから


それにあわせて各国指導者も動き出しているという構図が見えます。


それがうまくいくかどうか、がこれからの注目です。


が、もうデービッドRFも死にましたから、あたらしい

時代に入っていきそうですね。


=====================


以上です!!



2019年11月22日のゆうの文章に戻ります。


ということで2017年の5月2日のメルマガからの

引用でしたが・・・


たぶん見ていただいて分かると思いますが

あまりにもこの2年以上、書いてきた流れで

政治が進んできたのがわかると思います。


これはもう読者さんにとっては


生きた勉強になってると思うのですが

実は「マスコミなんかのニュースみていてもプロパガンダばかり

意味がない」って書いてきたのがよく分かったと思います。


ただ実際は「裏に為政者たちのシナリオ」ってのがありまして

大きな部分ではそれに沿って動く、んですよ。


さあ、当時私が書いてることを

陰謀論だなんだと攻撃してきた


官房機密費や外交機密費で官僚に飼われていた

世論扇動のための工作員の方々がいますが


この人たちは日本人をこの数年ネット工作で欺いてきたけど

いよいよそれは ばれだすでしょう。


最近はユーチューブでこれまた日本の民衆を欺くために


複数アカウントでコメントしまくってるようだけど

「いずれその工作活動、日本の民衆も覚醒してばれるよ」

ってことは知っておいたほうが良いです。


それで、このメルマガ書いていた2017年5月の

後に


韓国の大統領が

ムンジェイン大統領になりまして


それでムンジェインがこれまた書いてきたシナリオで

南北首脳会談しまして


それで今はこれまた2年以上前に書いてる

「トランプが韓国の反米感情高めてるフェーズ」

ですよね。


それなので私の読者さんはもうこの数年

極東アジア情勢が全て想定の中で動いてる感覚は

あったかと思います。



それでここで気づくと思いますが

「マスコミは完全に日本国民を騙すために報道していたし、

官僚たちは日本人を欺くために北朝鮮脅威を

Jアラートなどであおってきた」

のも証明されたと思います。


時系列で私はこうやって読者に妄信していただくのではなく

自分で考えて検証していただくのを重視しますが
(それが教育です。マスコミの情報は教育ではなく
洗脳や扇動だ。)


こればかりは読者さんがご自身で分かったと思います。

だから恐ろしいのですよ、日本の官僚機構ってのは。




それでこの2017年の5月の文章で




そうなると今までの交渉相手が
北朝鮮とアメリカという交渉関係から
北朝鮮と韓国という交渉関係になるわけですね。


それで北朝鮮が一番嫌なのはやはり在韓米軍がいることなわけですけど
ここでムンジェイン大統領になればそこでアメリカのトランプ大統領が
まるで喧嘩している演技をして


「ムンジェインめ、在韓米軍を撤退させたがってるぞ
あ~おれは彼がむかつく。しかしそれに従うしかない、
しょうがないから在韓米軍を撤退しなくては」

ということをいえる状態にはなるわけです。




と書いてますが


今の2019年11月22日のフェーズがこの段階です。


まさにこの前11月19日に米韓交渉がありまして

そこで在韓米軍の駐留費について、話し合って

米国は譲歩をせずに


1時間で米韓の交渉が決裂したわけで

これはまさにこの2日で報道されてる通りですが・・・


そう上の話を見たら分かると思いますが


「この決裂でさえ、
全部トランプ大統領と韓国ムンジェインの演技」

なんですね~


ちなみに 今回在韓米軍撤退議論が出てきて扱ってるわけですが

実は韓国人にも2017年の大統領選挙前に

この話をしたんだけど


それは否定されて「さすがに在韓米軍撤退はないよ」

なんて私は言われていたんだけど


まあ韓国人でも、自国の情勢を把握してる人自体は

少ないってことです。


それで韓国の若者たちも大きくはこれが

トランプとムンジェインのある種のプロレスって知りませんから


まさに今「アメリカめ、在韓米軍駐留費引き上げで

好き勝手いいやがって」


となってますが


実のところ、これがトランプの政治なんですね。


「無茶言って、過激にやって失敗させて

そして最終的に在韓米軍引き上げたい」っていう戦略です。



以前にこれは書いてますが本当に戦争を止めたいならば

「戦争反対」なんて言ってはいけなくて

「戦争大好き!早く戦争するぞ」と過激に言う集団を

投入して、


そこで本来の保守の民衆の人に危機感持ってもらえば

戦争は防げるんですが


これがマキャベリズムという考え方なんだけど

トランプはまさにそのやり方を取ってるわけです。


こうやって時系列に見ていくと分かると思います。


あと、上に2017年5月に書いてる



となるとこれは為替としてはドル防衛放棄という動きも
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いずれ出てくるかもな、というのは私は見てるんですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~」


ってことですが


これが最近のQE4と利下げの動きですね。


それで政治経済とか国際政治とか金融って

「普通に報道みたらよく分からない、意味不明」なんだけど


こうやって内情が分析できてわかってきたら

相当面白いってのが伝われば私はうれしい限りです。


私の場合は日本の官僚機構が作った閉鎖的な社会で

弟も失ってますから

まあこれは執念でこういうことを扱ってる部分はあるけど


やはりこれからついに在韓米軍撤退議論が

出てきたのだから


次は在日米軍撤退議論だ。


この在日米軍撤退議論はあまりまだ出てきていないけど

いずれ火がつきますね。


それで、もう政治家たちの動きなんかも私は

見ていまして


安倍首相もそれに沿って動いてます。



それで多くの諜報工作員たちの情報や
マスコミ情報に扇動されてしまった人たちは

韓国の安全保障が危ない!とかいってますが

これは現状見るとないですね。


なんでか?と言いますと

もう「韓国の安全は中国が見る」となってるから、

です。


だから全部トランプ大統領はこの辺考えて

事前にもう2016年前半あたりには

シナリオ作ってるんですよ。


ただそれは普通に分析してると分からないから

メルマガで色々突っ込んだ分析を扱ってるけど

よーく丁寧に見ていくと トランプの本音って


小さい言葉遣いとか全部に現れてるんですね。


ちなみにこういうのが分かるかどうか?ってのが

実のところミクロの営業マンの営業成績とか

そういうところになるんですね。


首脳などのある一言から、思想を割り出していく

これは大変重要な技術かと思います。



それで最近だと「日韓対立」とかがあるけど

これも以前扱いましたが


本当は日本側と韓国側が 日韓対立という

「都合の良い対立」を使って

(今まで批判的にマスコミが報道していた)

中国という大国


と日韓両国が距離を近めるための戦略です。


これは今年の7月に扱いましたね。


PDFレポート
【日韓の対立が「演出」される理由とは?】
http://fxgod.net/pdf/nikkantairitu.pdf



それでもう日本も韓国も日韓対立で一応

「表向き」は対立してるんだけど


本当は政治家同士はバックでは仲良いのですが

いよいよ来月の12月に

「日中韓3カ国サミット」が中国の成都で

開かれる予定であります。



それで日中韓の3カ国のサミットってのは大変大事でして

ここで日中、 韓中は今結構仲良しなんですね。


一応表向き対立してるのは日韓だけです。


そうここで長期では
「中国が日韓の仲裁」
する感じになっていく流れですよね。


それでここで中国が北朝鮮に対しても主導役として

これから入っていくでしょうが


そうすると

北朝鮮と 日本、韓国、ロシアなんかをうまくなだめていくのが

中国、ということになっていきまして、


そこで「アメリカは傍観状態」となるわけです。


トランプはこれを狙っている。


だから「アメリカ抜きで極東アジア情勢が安定していく」

わけでして


これはトランプが中東で

その覇権をロシアと中国に渡して

米軍撤退させた スキームと基礎は一緒だと気づくと思います。


だから基本的にトランプ大統領は軍産官僚と戦うために

中東と極東アジアで分けて考えてますが


両地域の米軍撤退スキームはある程度共通してる

ってことですね。



ということで以前から書いてるように

これからは極東アジアで


日本も韓国も中国も北朝鮮もロシアも

なんとか仲良くして交流して発展を追求していくのが

新時代のルールとなりますし


それは2009年の小沢鳩山路線でありましたが

現在の首相の安倍は実のところその小沢鳩山路線に

近いともいえます。

(2016年に急に安倍はそのように変節したのだけど

そこで急に森友問題をマスコミたちは出してきたわけです)


そして実態としては

日本の安倍も韓国のムンも中国の習も、

北朝鮮の金もロシアのプーチンも


そしてアメリカのトランプも

それに納得して動いてるってのが大きな流れを見て

わかってくるわけですね~



ということでこれから極東アジア情勢が

いよいよ「各国の対立解消」の時代に

2020年代に入っていきますね。


これはトランプが戦っているのが

イギリスの諜報が牛耳る軍産官僚なんだけども


彼らの戦略が

「分断して統治せよ = Divide and rule」って

言うんだけど


それが極東アジアでは仕掛けられたんだけど

そこで 日本も韓国も中国も北朝鮮もロシアも

分断されてきたけど



いよいよこの 分断統治戦略が数百年ぶりに

崩壊していくってことです。


それでその分断統治の象徴として存在するのが

在韓米軍とそして 在日米軍です。


これらの駐留根拠は北朝鮮脅威であるけど

いよいよトランプが 中東からの米軍撤退を皮切りに

極東アジア情勢に早めに手を付け出したってことです。


となると、いよいよ在韓米軍撤退議論の次、

在日米軍撤退議論が

これまた始まってくる土壌になってきてるんです。


この5月は「上級国民」と言う言葉が出てきたけど

いよいよ、日本において


官僚と大企業たちの

民衆に対する奴隷支配構造が表に出てくるんでしょう。


それに気づいてる人も徐々に増えてきている、

というのを象徴するのが上級国民と言う言葉の

普及率です。


そこで多くの日本人が

「自分たち日本民族を苦しめていた

化け物の正体」に気づいてくるわけです。


最近は日本でもN国党や青汁王子などなど

最前線でそこと戦う人が出てきてますが


いよいよこの大きなダイナミズムが加速する

強烈なファンダメンタルが

国際政治では形成されていくってことですね。


ということで現在は在韓米軍撤退議論が

出てきましたから


次は・・・注目が在日米軍撤退議論でして

これが2020年~2022年あたりの

重要なトピックとなっていきますね。


それでこれから先進国の米欧が崩れていく中

やはり重要になってくるのが私たち日本人の属する

アジアという地域ですから


これからまさにアジアの時代ですから

それに早めに気づいて行動をしていくと

良さそうです。



それでは!



ゆう







追伸・・・それでもうこれは2012年とか2013年に

「将来北朝鮮に
ピョンヤン株式市場みたいのが出来てくる」

っていう話を書きましたが


やはり北朝鮮の資本主義化ってのはこれから

チャンスが出てきますね。最近はジムロジャースなんかも

それを言い出してる。


ちなみに北朝鮮のピョンヤンの不動産は

ピョンヤンのピョンハッタンっていう地域が

将来的に韓国のカンナム地区みたいに

相当上がるでしょうね。



それであとは、今は欧州通貨としてユーロってのが

ありますが


ここで、やはりアジア通貨構想って言う話も

いずれ2020年代には議論されてくる可能性があります。


これはバスケット通貨のSDRなんかが出てくるので

アジア通貨になるかどうかはこれからの様子見ですが


いずれそういう話は早ければ

2020年代、もしくは2030年頃には

議論にはなりそうです。


それで欧州のようにある程度 日中韓北の往来なんかも

スムーズになるように


ビザ協定を欧州のEUに見習って見直すなんてのも

話として上がってくるかもしれない。

あとは以前あった日韓トンネル構想も再び表に出てくるでしょう。


だからいずれにしても日本人にとっては英語だけではなく

中国語、韓国語(朝鮮語)なんかは

結構大事な言葉になる。


この辺はまだまだ先の話ですが

ただ大きくはそのダイナミズムで極東アジアは動いていく

ってことです。


いよいよこれからアジア間で

本格的な交流が開始していく時代

に入っていきますね。


そういう意味でやはりアジアが熱い時代です。


では!






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【令和元年始動】驚愕の10億円超えを本編にて初公開!

⇒  http://gaikaku.com/fn01aws_nl/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

■山之内さんから音声にてご挨拶
⇒  http://gaikaku.com/yamanouchi/……eeding.m4a

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★











«  【ついに「在韓米軍撤退議論」が出てきました!】 (メルマガでこの数年書いてきたシナリオの復習など)  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください