無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【アフガニスタン人に教えてもらったアフガンの現状とは!?】 (ISやタリバンのことなど)

2019 11月 06 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【アフガニスタン人に教えてもらったアフガンの現状とは!?】
(ISやタリバンのことなど)
⇒編集後記で!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
   
 【以下は無料でトレード技術を

職歴・学歴問わず学びたい人は誰でも

かなりの部分まで学べる動画講義(無料)です!】



NEW!【年収6億トレーダーの
「今週の相場解説動画(11月4日~)」が届きました!】

⇒  http://yamanouchi-school.com/?p=221
(直リンク。こちらのページからPC、スマホなどの
環境で再生可能です!)





【新・動画!】山之内流「必勝のチャート」とは!?

⇒  http://yamanouchi-school.com/?p=115


(以前までの動画)
~~~~~~~~~~~~~~

【無料動画】1年で6億4千万円を築き上げた
FXトレーダーから学ぶ!


【年収6億円】山之内流
トレンドとレンジの見分け方
⇒  http://yamanouchi-school.com/?p=89



【動画】年収6億のマインドセットとは?
⇒  http://yamanouchi-school.com/?p=72

<動画>【年収6億のFXトレーダーが「ろうそく足」を語る!】
⇒  http://yamanouchi-school.com/?p=86

<動画>【FXで年6億円を稼ぐ
山之内流 時間軸の法則とは!?】
⇒  http://yamanouchi-school.com/?p=170


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




どうもゆうです!

こんばんは!!



さてさて、私は現在海外に住みながら暮らしているわけですが

やはり英語が必要だったりするので、


結構 英語を積極的に使ったり練習は欠かさないわけですが


そんな中で、つい最近アフガニスタンの方と話す機会に

恵まれました。



あなたはアフガニスタン人と話したことありますか?

私はなくて、生まれて初めてアフガニスタンの人と話したんだけど


これが結構知らない話ばかりであり、

驚くことばかりでした。



それこそ最近はISISのバグダディが殺害されましたが

それをどうアフガニスタンの人は捉えたか?

とか

これからのアフガンの問題は?とか


色々教えてもらって面白かったというとあれだけど

やっぱり面白かった。


編集後記で!




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

NEW!【年収6億トレーダーの
「今週の相場解説動画(11月4日~)」が届きました!】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




さてさて、昨日ですが

山之内さんの「今週の相場分析」の動画を配信しました!!


こちら、実際に今週のリアルチャートを見ながらの

解説になっておりますので


大変分かりやすいのでかなりの好評でございますね~


私はこういう 本当の本物の水準の教育を

ネットで実現していけば世の中の貧困ってのは

かなり解消すると考えておりますね。


是非是非学んでみてください~


学ぶことが人生を1歩も2歩も前に進めるのです。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

NEW!【年収6億トレーダーの
「今週の相場解説動画(11月4日~)」が届きました!】

⇒  http://yamanouchi-school.com/?p=221
(直リンク。こちらのページからPC、スマホなどの
環境で再生可能です!)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



それで、今回の動画は基礎ではありますが

いよいよ「通貨間相関を使った環境認識」の話に入っていきますね!


もうこういうのを学びたい人は貪欲に学んで

それでデモトレードなんかで環境認識を見よう見真似で

いいから練習を続けていけば


1年2年経過したら相当力はついてくると思います!!



それでまず大きく 日本でも世界でも個人投資家の多くは

こういう「ちゃんと通貨全体を見る環境認識」を学んでいない

のが現状で、


大多数の人は 多くの通貨の環境認識とか相関を見ないで

「なんとなくお気に入りの通貨ペア」だけとかで

トレードしているものなのですが


一方、ここで気づいてほしいのは「少数の本当の本当の

強いトレーダー(年収6億超え)」

の人らなんかは 山之内さんのように


ちゃんと「主要通貨の全体を捉えて、

その上で仕掛ける通貨ペアを選択」して


それで仕掛けているものなんですね。


これは「狩り」に似ているかもしれませんが

狩りでも上手な狩人は山の全体を見て、森を見て


そして状況を把握して環境を認識して

狩り場なんかを探すと思うのですが


それと似ていますよね。


しかし普通はそういう全体的な視点がないから

「なんとなくお気に入りの狩り場」で戦おうとして

結局獲物が得られないわけですが


そういう場合でもこうやって

「全体を大きく捉える視点」を身につけることで


「狩り」(トレード・投資)がうまくなるわけですね。



そういう意味で簡潔ながら

すごい重要な動画です。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

NEW!【年収6億トレーダーの
「今週の相場解説動画(11月4日~)」が届きました!】

⇒  http://yamanouchi-school.com/?p=221
(直リンク。こちらのページからPC、スマホなどの
環境で再生可能です!)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



それでまず感じていただきたいのが

山之内さんが「全体の大きな流れ」を読もうとしていて

「森」(通貨ペア全体)を見ようとしているってことですね。



そこで「勝負する木」を絞り込もうとしている姿勢なんかを

感じ取っていただくことがこの動画だと大事になります。



大多数の人は上に書いたように

「木」しか見ないのですが


そこで「トレンドが出ないよ~」とか言って

利益が出ないで困ってるわけです。


しかしこれは大事なことなのですが

お金=マネーってのは性質があって


儲かる方、儲かる方に血液のようにサラサラと

流れていく性質がある、わけですね。


あるときはそのマネーが上の動画の状態のように

ユーロから逃げてオージーに流れることもあるし

あるときはドルから逃げて金なんかに流れることもあるし


こうやってマネーってのは世界中を

サラサラと流れているわけでして


そこで「トレンド」ってのがその流れた先で形成される

わけですね。


それでこの環境認識の本質ってのはそこにありまして

「今マネーがどこから主に逃げて、

どこに向かってるか」


っていうところを把握するために大変重要です。


それでこれは機関投資家のトレーダーなんかでは

山之内さんのように通貨間で流れを見ようとする

為替部門専門の人たちもいるし、


また野村とかみたいなほんと大きな資金動かしてるところは

これは為替だけではなくて金融商品全体の流れも

見たりしますが


いずれにしても「全体を把握して

それでそのマネーが逃避してそして流れてる先を見つける」


なんて全体像を見ようとするのがこの環境認識の本質ですよね。



それでこの動画だと、

ユーロからマネーが逃げて

オージーにマネーが入ってるという分析ですが


そこに 至るまでの過程が簡潔に解説されてるので

相当勉強になると思います。


やる気ある方は何度も自己洗脳のごとく

見てみると 身につきやすいと思います。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

NEW!【年収6億トレーダーの
「今週の相場解説動画(11月4日~)」が届きました!】

⇒  http://yamanouchi-school.com/?p=221
(直リンク。こちらのページからPC、スマホなどの
環境で再生可能です!)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




それでこの「全体の通貨ペアの流れを見る」

ってのがすごい大事な理由ってのはいくつかあるんですが


その中で大きいのが


「全体を把握していればポジポジ病が起こりづらくなる」

っていう強烈なメリットがあるんですね。



これはたぶん通貨間相関とか、金融商品間の相関分析を

使ってる人たちはみな 体感で分かることなんだけど


この「全体を見る」っていう 多くの人が身につけていない視点

技術が身についてきますと、


ある変化が起こってきて


「仕掛ける先を絞り込んで、

そしてチャンスを待つ体質」


に変わってくるものなんですね。



実はこの山之内さんも今は年間6億円とか稼いで

マレーシアとかにいるけど


元々ポジポジ病でもう最初 ポジションエントリーしすぎて

手が止まらなかった時代があったんです。


それを経験してるんだけど


そこで彼が身につけたのが「環境認識技術」で

その基礎がこの動画ですが



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

NEW!【年収6億トレーダーの
「今週の相場解説動画(11月4日~)」が届きました!】

⇒  http://yamanouchi-school.com/?p=221
(直リンク。こちらのページからPC、スマホなどの
環境で再生可能です!)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




ここで彼はこれらの技術を身につけて

「待てる、絞り込めるトレーダー」となって


それで年収6億4000万円をたたき出すまでに

成長したわけです。




それで、「なんで全体像を把握すると

ポジポジ病が治ってきて狙い済ますトレードになっていくのか」


っていうことですが


これは実感として理解するために

恋愛が分かりやすいと思います。


例えばもしあなたに好きな女性しかいなくて

その女性しか見えていないとします。


もうその女性しか考えられない、みたいな状態。


それは若いうちはよくあることだと思います。


が、これ問題が生じてそこでストーカー気質になる

人って多いわけですね。


特に男性。



1人ばかりをずっと見ていると「こだわり」

「固執」ってのが起こりますが


ここで人間ってのはその1人の対象に執着しやすくなる

ってのはご存知だと思います。



実はこの恋愛の例えはまた別のスーパートレーダーが

生徒にFX塾で教えていたことなんだけど

(勝つ人が続出した塾です)




彼なんかが昔よく言っていたけど

それは「トレーダーは異性をたぶらかすホスト、ホステスのように

なりなさい」


ということなんです。



というのは上に書いた「1人の女性に固執」

「1人の女性に異様なこだわり」っていうこの

状態が、ストーカー状態を生むわけですが


実はこのストーカー状態ってのは

心理状態的には 「ポジポジ病」に似ているわけですね。


ポジポジ病ってのは全体が見えていないで

もう1つしか見えなくなって


脳の思考力が麻痺してる状態ですが



こうなったらもう廃人同然です。



この主原因は「1人の、特定のものに固執、

こだわりすぎてる」ことが原因ですよね。



が、ここでホストやホステスのように

「多くの異性を大きな視点で見て

それで恋愛なり営業を考えられる」人ならどうでしょう。


例えば良いな~と思う女性がいたとして

かなり自分にとって良い女性だけど


世の中うまくいかないもので、あまりアプローチしても

うまく行かなかったとします。


ここで1人の女性しか見えなかったら

そこに固執してしまうわけで、そういう男性ってのは

恋愛経験が少ない人に多いわけですが


逆にここで

「世界全体の女性」を見えてる人ならどうでしょうか?


「うーん 振られちゃったけど 日本にだって

世界にだって沢山の女性がいて、魅力的な女性が

よく見たら沢山いるよな」


と、冷静にその真実に気づいたとします。


となると彼は1人の女性にこだわりを持ちませんので

そこで潔く、ダメそうなら退散できますし


そこで全体を見て また挑戦することができる

わけですね。


ここで重要なのは 1人の女性と書いたけど

それは トレーダーでいうと通貨ペアや株の銘柄のようなもので


それだけを見ていると、それに固執、こだわりすぎると

全体が見えなくなって 


結局そういう男性がストーカーになるように

ポジポジ病になってしまうってことなんですね。



じゃあこれを解消するためにはどうすればいいか?


というと「全体を見ればよい」となります。


「全体を見て いけそうな魅力的な最高にセクシーな

国の通貨ペアにアプローチすればよい」



となりますよね。


心が落ち着いて「待てる」ようになってくるわけです。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

NEW!【年収6億トレーダーの
「今週の相場解説動画(11月4日~)」が届きました!】

⇒  http://yamanouchi-school.com/?p=221
(直リンク。こちらのページからPC、スマホなどの
環境で再生可能です!)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


フェミニストの人が怒りそうな例えですが

ただこれが真実かと私は考えております。


ちなみに、よーく考えてほしいのですが

男性ではこの

「ポジポジ病」にかかる人はすごい多いわけですが


女性ってどうでしょうか?


女性の個人投資家でポジポジ病に困ってるって言う人

あまり聞いたことないですよね。


これは恋愛で男性はやたら1人の人にこだわるけど

女性は切ると決めたらすぐ切って

次に行きますが



その潔さが性の性質上ありますが

これはトレード行動でも反映されてるものと

思われます。



それで男性なんかは特にこだわりが強い傾向が

あるんでしょうが

(それはそれで生き残るために必須なDNAだったんでしょう)



ただそれはトレードとか投資だと色々問題になりやすいので

その場合は


「全体を見る」ことをすればよいわけですね。



これは悩みとかもそうでして、

大体の悩みってのは、


意識が一点に集中してしまって

視野が狭まってることによって起こります。


が、全体が見えていればその悩みってのは起こらないのですね。



例えば日本では自殺問題が長い間大きな問題となってますが

例えば精神を病んでる方で


海外に旅行にいって、それでタイとかで相当

女の子とチョメチョメしまくったら

それで欝もなんかよくなっちゃって


それで復活して起業家になって金持ちになった

なんて人が私の知ってる人でいます。



これは今まで日本の会社なりの特定コミュニティなりに属して

視野がせまくなっていたのが


一気に海外に出て視野があらゆる点で広くなったことによる

ものでしょう。



結局世の中のほとんどの悩みは視野を広げる、

大きく見ること、全体を見ることで

解決できてしまうものです。



それでこれは投資でもトレードでもビジネスでも一緒で

ひとつのドル円だけ、とか見ていたら

ずーっと悩んでる人も



通貨全体の環境認識


をすることでちゃんと仕掛け場所がわかって

それで儲かるようになってくるわけですね。



ポジポジ病も徐々にマシになり、

それらの全体を見るのが癖や習慣になると


それも治っていくわけです。



山之内さんは「投資のメンタル問題は

技術を学べば治る」とよく言うのですが


まさにその技術の一つがこれです。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

NEW!【年収6億トレーダーの
「今週の相場解説動画(11月4日~)」が届きました!】

⇒  http://yamanouchi-school.com/?p=221
(直リンク。こちらのページからPC、スマホなどの
環境で再生可能です!)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





それで重要なのが

今回の通貨間の強弱なんかの分析で


最終的に「強いオージーと、弱いユーロ」

なんかで ユーロオージーの


ブレイク&フック&ゴーの戦略が語られておりますが

(ブレイクして戻ってきたところでそれで売り仕掛ける)




この通貨間強弱の判断も今回の動画は極めて

シンプルで、パーフェクトオーダーだけを見てますよね。


極めてシンプルだけど強力です。



こうやって全体を見て

それで強い通貨と弱い通貨を割り出して


それでその強い通貨と弱い通貨の通貨ペアでは


マネーがその弱い通貨から逃げ出して

強い通貨に流れているのですが



そこでトレンドは発生しやすいからそこで仕掛ける

という話なんですね



シンプルだけど強力、これが環境認識でして

「全体を見る技術」ですよね。


それで私たち日本人は普通に生きていたら

視野がせまくなるように教育されてますので

(洗脳っていうのは視野を狭めさせる、

全体を見せないことで効率化しますが日本ではそれが

行われてます)


やはり意識的に大きく見ることをしていったほうがよい

のです。



例えば、新聞を例にすると、

日本の新聞では 為替であれば


ほとんどがドル円で占められたりしてますが


けど通貨ペアって世界にめっちゃ沢山あるわけですね。


日本の新聞ではドル円が108円だ、109円だと

よく出てますが


そこでユーロドル、ユーロオージー

オージーカナダ


みたいな通貨ペアの数字は出てこないわけです。


こういう記事一つでも全体が見えないように

意識が作られるようになってるんですね。


だからみんなドル円が好きってだけです。


ただ全体を見たほうがチャンスは圧倒的に広がるので

日本だけで恋人を作ろうとするよりも

世界の女性を見て恋人を作ったほうが楽なように


そういった全体を見る視点が人生を豊かにしますね。


それでこの動画は

今まで視野がせまくなっていた人たちに


視野を広く持つ、通貨間全体の流れを把握する方法を

教えてるわけなので


大変意味のある動画だと私は思いました。




全体を見ることを俯瞰(ふかん)すると言いますが

それが大事なのは


通貨の為替取引においても同じなので


是非この機会に全体を見る技術を

養ってくださいね~






★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

NEW!【年収6億トレーダーの
「今週の相場解説動画(11月4日~)」が届きました!】

⇒  http://yamanouchi-school.com/?p=221
(直リンク。こちらのページからPC、スマホなどの
環境で再生可能です!)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆







追伸・・・ちなみに、私が疑問なことがあって

それがドル円だけで取引したがるとかそういう人でもあるけど

同じようにやたら日本の中だけを無意識に見てる人が

多いなってのがいつも疑問です。


というのは、この前どこかネット見ていて

書かれていたことがあって


30代後半の男性が書かれていたけど

この人は年収は高いんだそうですが


ただ本人いわく不細工なんだっていうことで

不細工だといくら年収高かろうと、女性に

相手にされないと。


20代の女性には相手にされないんだ、と嘆いてる

わけです。


そんな人がすごい多いですよね。


それでその人は婚活サービスとかあとは

相席居酒屋とか行くのだけど全然ダメなんだと。

もう絶望状態なんだ、ってことです。


私はこれ見て 超絶疑問だったんだけど、

結局恋愛も 需要と供給の市場原理は働いてしまってる

わけですが


ただそこでその人は

そういう婚活みたいな一定の特定のタイプの

女性が集まるようなところ、でしか


勝負していないわけです。


たぶん、そういう場所ってのは通貨ペアで言えば

統制されて価格があまり動かないドル円のようなもので


そこでトレンドフォローとかやってもなかなか

利益が少ないですが


なんかそれに似てますよね。


けど世の中には沢山女性はいるわけで

例えば私なんかはパートナーと知りあったのは

セブンイレブンでしたが、


私が客だったわけです。


正直言うと、普段歩いていて、日本中に出会いが

転がっているのに、

そこで私は日本でキャバとかそういう婚活みたいな

ところだけに顔出す人のことが理解できませんでした。



ちょっと全体を見れば沢山場所はあるわけです。

これは投資やビジネスでも同じ。


また、上記の男性の不細工云々の話で言うと、

日本は確かに

格好とか容姿とかTPOなど、外見ルールがやたら厳しいので



それに適応させないとどんなに都会であっても

村社会ですから

不利になるんでしょうが



例えばオタク系の格好をしたら一気に異性の反応が落ちたり

するんでしょう。


(日本人はおしゃれだ、と言われるけど

それは コミュニティ阻害の条件として

容姿や格好があるからってのが大きいはずで


日本のファッションは純粋な芸術性というよりは

多くの場合、コミュニティから阻害されるなど不利を防ぐために


恋愛市場なりの不利から逃れるために、

その恐怖心から発展した感は否めないと私は思う。


日本では○○系、とかの分類がファッションにはあって

例えば、私が若い頃は「ギャル系」というのが女性に

人気で私が付き合ってる子もそういう子が多く

当時付き合っていて感じたことですが、


どうもファッションでいう

「系」というのが共同体を形成しているわけです。


「ギャル系」の友達は「ギャル系」であることが多く

先進的なファッションに見えて実は村社会っぽいな、と


私はいつも思っていた。すなわち何かしら所属しないと

生きていけない社会なんでしょう。)




それで日本だと以前は「ただしイケメンに限る」

っていう言葉があって


まあそれくらい容姿の美醜ってのがすさまじく

恋愛に影響を受けやすい市場でしょうが


じゃあそこで、まるで統制市場に近い

ドル円みたいな市場だけで

そういう男性が勝負するのは得策なのか?


っていう話です。


その悩みもだから 極めて狭いコミュニティで

勝負しようとしてるから起こる話で


例えば世界では、最近は日本の男性はモテやすい

ってのがあると私は実感で思います。

先進国としては成熟した国になってるから。


それで日本以外の人はそこまで外見でヒエラルキーを

形成したいなんてのは


一部いるけど、そうじゃない人のほうが大多数であったりするから


それよりはトークとか話とか思考の強さとか

内部が見られる傾向が

強いですから


じゃあそういう人は普通に全体を見て

日本だけに変にこだわらず、海外にも沢山魅力的な女性が

いるんですから、


また日本国内にも沢山の出会う場所なんかは

あるわけですから

(それが人に用意されたものではなく)


そういうところに視点を広げると

上記のような悩みって消えると私は経験上

思うわけです。



これもたぶん、小学校のころから

同じ学校で、同じ教室の、同じ学年の子と恋愛する

みたいなそういう 同じ、同列意識の中で恋愛することを

暗に洗脳的に教えられているから

そうなってる可能性もありますが


実際の社会では自分よりずいぶん年上とか年下の人と

付き合うこともあれば、国籍が違う人と付き合う自由も

あるわけですね。




その自由を教えられていないから

自分で自分の可能性を限定してしまう思考回路が

形成されて、それが悩みになってきてしまうのでしょう。


オタクと呼ばれる人は本来は何かについて

相当語れるわけですから、それは海外では自己表現になるから

強いでしょうし


また優しい人も多いでしょうから実際モテたりするんでしょうが

その可能性を見ないのはもったいないことです。


が、それがあるから婚活業者が儲かるんですけども。



(新興宗教で信者を洗脳するためには、

視点をとにかく狭くさせるもので、外部のテレビも新聞も外部情報は

見せないようにするものです。)


なのであらゆる分野の悩みは

「視点を大きく持つ」


「世界全体を見る」


みたいなところで解決されてしまうんですね。


逆を言うと多くの問題は視点の狭さから発生してます。


私はマレーシアにおりますが、この国だと

若い人たちはTシャツ、短パンでもちゃんと恋愛している。



欧州の女の子たちでも、どうみても

アジアの男に興味を持ってる層はここ最近相当増えているし。

(あと、日本の女性はアジア圏で

すさまじくモテる傾向がある)


だから島国の、特定コミュニティだけを見るのではなく

世界全体を見ると、あなたの可能性は

単純に今の数百倍になるのは、これは間違いないといえます。



それでこれは、為替取引でも株でも商品でも不動産でも

同じであって、


それで為替FXなら色々な通貨ペア見て

それで仕掛けたほうがあなたの可能性は

圧倒的に上がるわけですね。



まさに通貨ってのはそれぞれの国だから

世界全体を見るっていうことと同じだけど


それが可能性を広げる。


この辺が分かってると特に悩みなんてのはなくなって

あとは戦略をどう立てるか?だけの人生で

充実度は段違いです。


それでこの

「通貨全体を見る」なんてのは

実のところ人生全体の視点を広げる練習にもなりますから


そういう意味でこの山之内の

広い視点からの分析は是非参考にされてくださいね~



統制的なドル円に振られても

魅力的なユーロオージーが実は隠れていたりするのです。





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

NEW!【年収6億トレーダーの
「今週の相場解説動画(11月4日~)」が届きました!】

⇒  http://yamanouchi-school.com/?p=221
(直リンク。こちらのページからPC、スマホなどの
環境で再生可能です!)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆









=============編集後記============

さてさて、私はこの前なのですがたまたま、

アフガニスタンの人と話す機会に恵まれました。



ちなみに英語話せると面白いな、って思うことがあって

こういう普段だったら日本ではなかなか接することができない

色々な国の人と話してそれで教えてもらったりして、


やはり世界は広がりますよね。


それで「中東問題」っていうと、やっぱり私たち日本人からすると

少し「遠い感じ」はあると思うんですが、


ただ現状、世界って中東から大きな動きが始まってるので

現在世界では最重要地区が中東なんだろうと思います。


それで最近は私なんかがマレーにいてイスラム教にも

理解を示している人ではあるので


結構中東の人と話す機会が多くて、

それこそこの前なんかはイラン人と話したっていうのも

メルマガで扱いました。




PDFレポート
【イランの若者の間でも「筋トレがブーム」らしい!?】(日本と同じ)
http://fxgod.net/pdf/iran_kintore.pdf




それでこの前はアフガニスタンの人と話す機会に恵まれた

わけですが


それがまあ面白かったです。



それでその方は英語を教えてる方だったりして

英語ぺらぺらなんですが、まだ30代になりたて

くらいの若いアフガン人ですが


だからアフガンでも相当高等教育を受けた方ですよね。


それで彼なんかはメインは 最近はトルコで

プログラミングを学んでたりもしたんだけど


私もある程度はそっち系の話は分かるので

色々話していたわけです。


それで彼なんかは普段はトルコに住んでいるわけですが

それこそみんな 彼がアフガニスタン人と知ると


「アフガンの最近はどうなの?」みたいな話で

聞いてくるんだと。


ある意味人気者ですよね。


たぶん、私たち日本人からしたらアフガニスタン人とか

あとは北朝鮮人とか、接したことがないから

どんな人たちなんだろうと単純に興味本位で知りたいと

思うわけですが


彼はだから結構トルコではアフガン人だから

ある意味人気なんでしょう。


それで彼はアフガンにはよく戻るんですが

だからアフガニスタン人だから情勢は良く知ってるわけですが


私もやっぱり色々興味あって聞いたんだけど

「アフガニスタンって住んでたら爆弾とか降ってくるの?」

みたいなとんでもない質問をしたわけです。


気になりますよね。


ちなみにこの質問をしたのは、私が以前

マレー軍に入っていたマレーシア人の話を聞いていて


彼が国連軍か何かに入って、それでアフガンで

米軍とともに活動していたけど


アフガンの現地の人は米軍嫌っていて

この米軍がISIS退治の名目で、カーペット爆弾とか

やってくるから


相当嫌われていた、なんて話をマレー軍にいた人に

聞いたわけです。


だからその質問をしたんだけど、

このアフガン人の彼いわく、


実際に、この爆弾が降ってきたとか、彼の場合は

なかったそうです。


が、近隣で色々最近はISISの人らが無茶して

テロとかするから、ほんとそれで死んでしまう人が

多くて


みんなアフガニスタン人はISISが嫌いで

「あの無法者どもをなんとかしてほしい」

という状態だったんだそうです。



とりあえずアフガニスタン人の彼に聞いて分かったのが

アフガニスタン人はみんなISIS(イスラム国)が嫌いだ、

ってことですよね。


それはそうです、過激なイスラム原理主義でそれで

殺戮しまくるんですから


本当のイスラム教の人も迷惑するでしょうし

何よりもそんな内戦状態で生きた心地がしない。



それで私なんかは「米軍がISIS作ったっていう話が

かなり信憑性が高いと思うけどみんなそういう話はするの?」


みたいな話も聞いたんだけど


これは・・・やはり公ではなくてもみんなアフガンの人は

コソコソとそういう話をしてるんだそうですね。


まあそれはそうです。


というのは彼が言っていたけど

やはり アメリカの話が出てくるんですが


彼が言っていたのが

「米軍はずっといるくせに何もしない、
できてない とみんな思ってるよ」


っていうことでした。


「もうずっと昔から米軍はいるのに、

何にもしてくれなかった。


だからアフガニスタン人の多くは米軍に失望しているよ」


なんてことを言っていました。

とにかく彼の言葉から分かったのが


「ISISをなんとかしてくれ!」という悲痛な思いですよね。


ちなみに私が話したこのアフガンの彼なんかは

アフガンの中では金持ちの一家だと思うんですが


お父さんがお医者さんで海外にも勉強のため留学できるくらいだから

そして英語もかなりぺらぺらなので相当な高等教育を受けた人

でしょう。


それで彼みたいな人がこれからのアフガンの再建の中心になっていく

のだろうと私は感じたけど


そこで彼なんかは「どうやってアフガンを良くするか」

みたいなことをとにかく、考えていました。


彼はトルコで色々勉強されてるようだけど

そういう人が自国のアフガンに戻っていき、

復興の中心人物となっていくのだろうってことで


これは国が復興するときの基礎的な流れですね。


まあそれで彼なんかはISISがどれだけ迷惑な存在で

アフガニスタン人を恐怖に陥れてるのかを私に教えてくれたのだけど


ただ彼が言っていたのが最近

トランプ大統領が仕掛けて


ISISの最高指導者バクダディを殺害というニュースがありましたが

あのニュースって私たち日本人は「ふーん、死んだのか」

くらいで捉えていると思うけど・・・



実はあのニュースはアフガニスタンの人にとっては

もうすさまじく大きなニュースだったそうです。


みんな米軍が今まで何もしてくれないし、ISISは元気そのものであった

からアフガニスタンの人はみな米軍に失望していたらしくて


アフガニスタン人が集まれば

「アメリカは何もしてくれない」と言っていたそうなのですが


ここで 初めて?米軍というよりはトランプが良い仕事して

それで、ISISのトップと言われるバグダディを殺害したというニュースが

流れたわけですね。

(これも色々裏側で言われてるけど
それはとりあえず今号では置いておきます)


それでアフガンの人たちはそのニュースをどう捉えたか?

ってことですが・・・



そう、「すさまじい大喜びでガッツポーズ」をみんなで

したそうです。


「やった!あの俺たちを恐怖に陥れてる

ISISのトップであるバクダディが死んだぞ」


ということで もうアフガンでは相当多くの人が

ガッツポーズで喜んでいて


彼もそれをうれしそうに言っていた。



それで私はメルマガで以前に

【IS(イスラム国)殲滅に動き出したトランプ次期大統領!】

という号を扱ってます。


バックナンバー(2016年11月28日)
【IS(イスラム国)殲滅に動き出したトランプ次期大統領!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……ID=111#111




引用ですが以下ですね。

2016年11月の記事でまだトランプが大統領になる前ですが

2019年の今、

相当この作戦が進んでトランプペースで動いてるのが分かると思う。

↓↓


【IS(イスラム国)殲滅に動き出したトランプ次期大統領!】

より引用
====================
それでトランプとしては軍産複合体military industrial complexとの

暗闘に入りますからね、これから大統領になって大変だと思いますが


ただこれからトランプはプーチンと連携して、ISを打倒していく

という動きになってきています。


ちなみにISイスラム国はテロリストだけど、なんで退治されないの?

というとこれは「お敵様」であってヒ

ら 、、リーなんかが作り出した

テロリストであったけど、これとアルカイダってのがくっついていたのですね。




だからロシアのプーチンとシリアのアサドがISアルカイダを

潰そうとしていたけど


それに対してなぜか今までは米軍が邪魔していた、というのが

分かりやすい簡単な構図になります。

米軍が邪魔してるのに「え?邪魔してませんよ~IS倒したいのにな~」

みたいなそういう状況だったんです。


これは以前に中東問題私が書いてるから参照してください。

けど簡単に言うと上の数行のような状況でした。


この簡単な構図を分かりづらーく、するのがマスコミの役割として

あります。


ただトランプとしてはこれから軍産の無力化を進めていくわけですから

「ISイスラム国を殲滅」という動きなんですね。



それでもうこの数日で急激にこの辺の政治の動きが

進んでおりまして、


トランプが大統領就任するのが

(トランプに軍産勢力から妨害が仕掛けられなければ)

1月20日の予定ですが



このトランプはまだ就任する前ですが、既に

シリアとかイラクでISとアルカイダを殲滅せんめつ するために


国際軍をアメリカとロシアで編成するということを


ロシアとトルコと協議しております。


だからトランプが大統領に就任すれば、そこで1月2月あたりかと

思うけど、


アメリカ軍とロシア軍とトルコ軍が晴れて連携して

(今まではこの中の対立があった。)


そしてシリアとイラクでISを殲滅する、退治する

軍事作戦が開始される、というシナリオ可能性が濃くなってきております。



======================


以上です。


それでこれを書いていたわけで

その後も中東関係の記事は結構書いてるけど、


それで私はすごい気になってアフガニスタン人の彼に

「最近はアフガニスタンの人たちはロシアのプーチンについては

どう考えてるの??」


と聞いてみた。


そしたら彼は

「プーチン・・・彼は AWESOME(素晴らしすぎる) だ !

彼が現れてどんどんISが駆逐されていった。


アフガンの人はみんなプーチンはすさまじく頭が切れる男だ

と評価してる」


と言っていましたよね。


これ「へ~~」って思いませんか?


私は中東関係の話は田中宇氏の分析読んだり

英語圏の記事見たりして一応表面上は分かっていましたが


ただこれ実際にアフガンの人に聞くと

「やっぱりか~~」なんてことですごい納得しました。



まあだから日本では情報が伝わらないんだろうけど

アフガンの人は最近は簡単に言うと「ISIS殲滅してくれてる

プーチンが好き」なんですよ、世論感情として。



だから彼の周りのアフガン人でもプーチンに対する信頼は

すごい高いんですと。


それで私は さらに突っ込んで聞きます(笑)


やはり興味ありますから、知りたいですから。


それで私が彼に言ったことで


「一応あなたも英語が分かるから色々ニュースを見ると

思うけど


それこそ表のメディアではトランプとプーチンが

少し争ってる様子とか報道されてると思うんだけど


俺はそうは思っていなくて

トランプとプーチンは表向き戦ってる感じを装うけど


実際は背後で協力関係にあると思ってるんだ」


と言ったわけですが



そしたら彼はどういう反応だったと思いますか?


「おお、お前よく勉強してるな!

そうだ、そうなんだ、実はみんなアフガニスタン人は

そんなことを話したりしてるんだ。


俺もこのトランプとプーチンは本当は仲が良くて

それでISIS潰してくれたんだと思う」


みたいな話をしていました。


だからこの上の見方では、日本だと田中宇先生1人が

孤高に書いてるんだけど、


そしてなぜかその本当の言論をしてる彼が陰謀論者?とか

言われちゃってるんだけど


実際はやはり彼の見方が正しいと私も判断したのですが

アフガニスタン人お墨付きで、今まさにアフガン人たちは

そのように考えてるんだそうです。


アフガンだと上のような トランプとプーチンの

表向き戦ってるけど裏では協調関係だ、みたいな話は

結構普通の話なんですね。


それでこれはなぜか?というと

分かりやすい話で、


今まではオバマ時代は米軍はほんとなーんにもしてくれなくて

ISISに好き放題させてきたけど


トランプになってからプーチンがISISを殲滅に動き出して

それで相当アフガンの人はプーチンに感謝したけど


そこで最近トランプがバグダディを殺害としましたが


ここでやはり「本当は後ろで協調してるだろう」と思うのは

きっとアフガンの人からしたら、内戦状態にある生活実感から

当然のことなんでしょう。


それが私は、アフガン人と話して良く分かった。



だからよくメルマガで書いてるようなストーリーがあるけど

それはアフガン人と話して、まさにその通りなんだ、

ってのは確信した感じです。




「現場のアフガン人」は良く分かってるわけですね。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

アフガニスタン人が教えてくれた

アフガニスタンの教育問題とは?


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



それで、これからISISを完全に殲滅させるっていうのが

アフガン人にとっては大事になってくるんだけど



ここで、彼が私に言っていたのがすばり・・・


「教育問題」でした。



私たち日本人はアフガニスタンの教育事情って

まあ知らないわけですが


私なんかもその辺はあまり詳しくなかったわけですね。


それで「おまえは日本人だからたぶんアフガンの教育事情までは

知らないだろうけど、ほら見てみな、こんな感じだ」


と、彼が見せてくれたんだけど


まさにこんな感じなんだそうです・・・


この写真は驚いた。

NBCが扱ってる写真なんだけど


「ここまでか・・・」と驚いた。



(写真)このサイトのトップにある写真。
これがアフガニスタンの子供たちの教育・・・
https://www.nbcnews.com/news/w……ly-n879586



ちなみにこの私が話したアフガニスタンの彼は

アフガンの教育問題を相当真剣に考えてる人なんだけど


本当にこんな写真の状態だそうです。


もう教室なんかは 爆弾で吹き飛んでしまったのか

そもそも写真で見るように天井がないわけで


瓦礫で囲まれたところが「教室」であって


そこで風呂敷を敷いて、それでみんなその前で習う

っていう授業スタイルですよね。


この上の写真の通り。

グーグルでも


children study in afghanistan


と検索して画像検索したら沢山引っかかります。


もはや学校としての体をなしていないわけです。


だから彼なんかはアフガンでは豊かな層でしょうが

そこで留学して学んで、


そして自国アフガンの復興にいずれ政治が安定したら

当たるわけですが


そこでこの「アフガンの教育問題」はすごい

大きな問題が山積なんだ、ということです。


それでさらに教育問題があって

というのは 今アフガニスタンで比較的強いのが


タリバンなんだけども


このタリバンってのもかなり強烈なイスラム主義である

わけですね。


ちなみに私はマレーシアに住んでるけど

こっちのイスラムは世俗的であって


例えば、イスラム教の人でもお酒をこっそり飲んでたりするし

タバコも本当はNGなんだけど結構タバコ吸ってるイスラムの人は

多い。


が、アフガンのタリバンの場合はそうではないそうで

結構厳しいんだそうです。


それでその中で「女性に教育を施すな」みたいな考え方が

ありまして、



そこで実際に女性はあまり教育を受けられないという

事情はあるんだそうです。


これはイスラムのほんと原理主義的な考え方になっていますが

だから彼なんかはお父さんがアフガニスタンのお医者さんだけど

お母さんは?というと 文字の読み書きはできない


んだそうです。


富裕層の家庭であってもお母さんとかは女性ですから

文字の読み書きができないんですと。


それで子供の彼は英語も話せるし、文字の読み書きは

できるように教育をなんとか施されて海外でプログラミング

勉強してたりするんだけど


まあ大多数のアフガンの女性とかはまず

文字の読み書きできない状態なんだと。


あとは男であっても上の写真の通りの、

教室ひとつまともにない、


教室といっても 爆弾に破壊された瓦礫で囲まれてる

四角形のところで子供たちは勉強してますから


なかなか教育に問題があって男でも

教育レベルは相当低いんだ、っていうことでした。


彼なんかはゲームがすごい好きで

だからプログラミング言語としては C++

とかできるらしいんだけど


そこで日本人の私とアフガニスタンの彼で

「アフガンの教育をどうこれから数十年で

復興できるか」

を討論していたわけです。



それで彼なんかはゲームのプログラミングも

できますから


私なんかが言ったのが

「まずこれからスマートフォンがあるから

そして価格はどんどん安くなってるから

中国はどんどん安くするからそこでスマートフォンなりで

子供たちが自宅教育できるアプリケーションを

どんどん開発すればよいのではないか、


そうしたら教室などの場所に制限されないで

人々は勉強できるのではないか」


というアイデアを出したのですが


これはまさに私が投資とかビジネスでメルマガで

やろうとしてることですが


彼いわく


「俺もそれは実は考えたんだ。

が、問題がある。


まずスマートフォンがないんだ。


そもそも上のような状況だから。

(写真を見せる)


だから、そこでオンラインの教育はインフラが・・・」


ということだったんですね。


そもそもITインフラがないのだ、って言う大きな問題が

あると。


それでこの「スマートフォンがない」ってのは私は

驚きまして、


というのは意外に 貧しい国でも最近スマートフォン普及率は

上がっていて北朝鮮でも80%くらいは普及しだしてる

なんて話もありますが


アフガンの場合は、彼いわく「10%か20%くらいしか

まだスマホは持っていないんじゃないか?」


ということでした。


だから、まずそのITインフラがないって言う問題が

あるんですね。


ただ私は結構この辺は考えていてそのアイデアを彼にぶつけたのですが

まず、前提として

最近、アフガンのタリバンと中国なんかが相当近くなっているんですよね。


それで、中国からするとアフガニスタンというのは

「一帯一路」の要衝地でしてもう要かなめ なのですが


それもあってこれから上海協力機構で

アフガン支援をしていく方向です。



それで中国のスマフォはファーウェイがアンドロイドに

代わるハーモニーOSを出してきてる状態ですから


となるとスマホ値段はさらにさらにこれから下がるんですが


そこで

「これから中国なんかのスマートフォンを

普及できるようになるであろうから


そこでアフガニスタン政府がスマートフォンを
一人一人与えることは財政上可能になる時代が

すぐ来るはず。


C++でプログラミングしてアプリケーション開発できる

アフガニスタン人の君が


ゲームと教育をつなぎ合わせたプログラムを作ってそれで

オンライン上の教育を発展させればよいと僕は思う。


教育の問題はそれが楽しくできるかどうか?であるけど

そこはきっとトルコでプログラミング学んでゲーム開発できる

君の役目で、楽しく学べるアプリケーションを開発すればよいと

僕は思う。


そこでアフガニスタンの教育や文字の読み書きの識字率は

大幅改善される。



あと女性の識字率は低いのはあるけども

タリバンもさすがに

学校に行くなとは言っても
(本当に女性は学校に行くなという圧がタリバンからあるそう)


さすがにタリバンも人々に

スマフォ持つなとは言えないだろ?


だからこのスマホを使った教育方針なら

オンラインとオフラインをあわせる形も取れるだろうけど

これから中国の援助もあって成功する。



その時にアフガニスタンのあなたがcプラスプラスの

教育ゲームアプリを主導して識字率向上できるし

アフガニスタンの教育問題は解決できるのではないか」



なんてことを私は長々と説明したのです。

これは昔から私が中東教育問題は考えていて

そこで持っていた考え方なのですが


これを言ったら彼は

「それはグレートアイデアだ」と相当言っていた。


タリバンの女性に教育を与えないという主義みたいなところ

ってのはスマートフォン経由のオンライン教育で

これは回避できるはずなんですね。


さすがに女性に学ぶ機会はいらないと主張していても

女性にスマホ持つな、まではタリバンであっても

反対にあうので主張できない

はずなんですよ。


それで彼みたいな高等教育を受けたアフガン人も

まだ少ないですが


例えば C++、 Python Rubyとか色々あるけど

それらのプログラミングスキルをアプリで教える


みたいなことはこれから中国の上海機構がアフガンの

インフラ整備でお金出すから


インフラ面では可能になるはずなんです。


だからこのアフガニスタンの彼とはそんな話を

沢山していた。



全然考えていなかったアイデアだ、と彼は言ってくれたけど

たぶん アフガンの教育問題(男性の教育レベルがまだ低い+

女性の識字率が低い問題)


ってのは インフラ整備で教室立て直すような

先進国が従来やってきた教育の真似ではなくて


最初からオンラインベース基軸でやっていたほうが

現代は効率的で復興コストがかからないはずなんですね。


(WIFI基地設置とかは土木系インフラ整備よりも

相当安いです)


それでこのアフガニスタンの

海外で学んだ彼のような人が

これからのアフガニスタンの復興の主役になりますから



まさにそれをやればいいんだ、という話をして

結構盛り上がったわけです。



問題は無線インフラとスマートフォンの配布という

ITインフラ整備なのですが


が、これは費用的にisisいなくなって

政治が回り出したら


中国の一帯一路マネーが結構入ってきまして

上海協力機構もあるから将来的に実現できる可能性は高いのですが


たぶん彼みたいな人が先進的な

教育方法を作り出してアフガンを回していくんでしょう。


私はこの上の教育改革アイデアをアフガニスタンの人に

伝えたかったってのもあって話していたのもあるのですが


話した感じ、アフガニスタンの海外人材は

かなり優秀な若者が育っているから


おそらくISISがいなくなって数十年もしたら

一帯一路の中心部ですから発展していくのでしょう。


それで教育問題はタリバンの政治なんかも考慮すると

上の方法がもっとも合理的な解決方法ですので

やはりそうなっていくんじゃないかなと私は思います。


それであとこのアフガニスタンの彼が言っていたのが

「サフラン問題」でして


アフガニスタンではケシの代わりにもなる

サフランって花があってこれがまあすごい価格で

やり取りされるらしい。


がアフガニスタンってのは色々な国に囲まれていて

このサフランの花ってのが政治問題になっているのだそう。



ここにサフランの花の写真とか現状がありますね。


AFP:アフガニスタンでサフラン栽培に注目、ケシに代わる作物として
https://www.afpbb.com/articles/-/3034979




それでこのサフランなんかがアフガンでも取れるから

周りに沢山の国があるからそのアフガンが利権で狙われたり

なんかもあるようですが


この辺も問題があるんだってことでした。



それで私なんかもこれは考えたのですが

ただサフランってのは1次産業でありますから


やはり色々記事に書かれてるように問題があるんだろうなと。


これからの時代やはり知識産業がどうしても生産性を

発揮する時代には入ってくるから


やはり上のようなオンライン系の教育、識字率向上なんかで

IT使った復興ができるかどうか?


が、ISIS殲滅後の

アフガニスタンの復興スピードを左右するのだろうってのは

話して感じたことです。



1次産業から一気に 安価でもインフラさえあれば

その国が3次産業に 飛ばして発展できてしまうのがITですが



たぶん、今のアフガンの指導者は

1次産業と2次産業を検討してる段階なのでしょうが


彼みたいな人材が育っているなら

そこで第3次産業をIT関係でどんどん進める


っていう方向がおそらく経済的な復興は早い。


通常の国の復興は1次産業、2次産業、3次産業の順番でしたが

最近はITでそのステップを飛ばせるってのはメリットですので


それぞれの次元の産業を発展させつつ

第3次以降の産業も発展させるというのが


おそらくアフガンのこれからの復興の肝になるんでしょう。

マレーシアなんかが私が分析するにもろにそんな形式で

発展してるのですが

(だからマレーシアでは道路は歩道もないのに、

第3次産業は発展してるからライドシェアが日本より発展してる。

が、日本より便利なわけです)


たぶんアフガンもこれを真似すればよい。



この辺は中国の上海機構あたりの指導者たちが

どれくらい知識や戦略持ってるか?でアフガンの復興スピードは

変化するでしょうが


上のような戦略だとアフガンは急速に

ISIS問題が片付いたら発展しそうです。






■■■■■■■■■■■■■■■■■■


アフガンのタリバンについて考える


■■■■■■■■■■■■■■■■■■


それで彼なんかはISIS問題ほどは

タリバンの問題は言っていなかったけど


ただやはり教育問題とかで女性が教育受けられない

なんてのは お母さんがまさにそれで文字の読み書きできず

海外でも苦労しているのを見ていたので


疑問なんだそうですが



ここで私がわかってきたのがおそらく

アフガンのこれからの問題が タリバンのイスラム思想が

原理主義的なものから

世俗的なものに転換できるかどうか


っていうところなんでしょう。

マレーシアのイスラムなんかはもろに世俗的なもので

結構「ユルイ」ってのが生活していて感じるのですが


このタリバンが世俗化したイスラムを許していくかどうか

ってのがこれからのアフガン問題では何気に重要なんだな

ってのは彼と話して感じました。


ちなみにアフガニスタンの世論もおそらく

ISISが駆逐されてきたら徐々に変化していくだろうな

というのは話していて感じましたが


実のところ、これは彼には言いませんでしたが

タリバンってのはもともと1990年代に

アメリカの諜報(Cあい えー)の傘下にあったのが


パキスタン軍の諜報機関(I   S、I)だったのですが
 

このパキスタンの諜報が、パキスタンにいた

アフガン難民の若者たちを集めて作ったのがタリバンですね。


これはたぶん日本のマスコミではタブーです。


それで1997年~1998年くらいに

アフガニスタンの他の武装勢力がいたのですが


それを蹴散らして首都カブールを陥落させて

政権をとったのがタリバンなんですね。


だから元々、タリバンは軍産の、もっと言うと

アメリカっていうよりはイギリスの諜報が親玉だった、んです。


ここまで書いていいんでしょうか。


が書きます。


だから当時タリバンが同じく軍産官僚の傀儡だった

ビンラディンってのがいてサウジアラビア人だったんだけど


彼はアルカイダの人であったけど彼らとタリバンが当時

親しかったんです。


それでサウジアラビアがアメリカのCあいえーに

依頼されてこのタリバンを支援してきた。


ただここでタリバンは軍産に裏切られることになるんだけど

それは9  1。。1ってのがあって

あのテロ戦争ってのがあって


そこで軍産は「アルカイダが犯人だ」とかやったわけですね。


それで当時、軍産官僚がその後アメリカを乗っ取った

わけでして(トランプ登場までずっと)


そこでアルカイダのビンラディンをかくまっていた

タリバンを「敵」ということにしたんです。


だからタリバンとしては

「今までアメリカの諜報が上司のようなものだったのに

急に敵にされた」


って感じでして、


これは会社で例えると、今まで会社に忠誠を誓っていた

社員が

急に上司に 不祥事の責任を押し付けられたようなもので


そんな感じでタリバンはこうアメリカの諜報やら軍産に

裏切られてきたって言う過去はあるんですね。


それでタリバンってのは思想変遷を分析すると、

元々イスラム原理主義の組織だったんであんまりISISと

こう大きな違い?はあったかという疑問だけど


そこで米諜報に裏切られてから

「なんだよ、裏切られた、アメリカは信用ならん、

もう 普通に彼らアメリカ諜報の言うことは聞かないで

アフガンの国粋主義のナショナリズム組織になるぞ」


ってなって 思想変遷してるんですね。


それまでのタリバンってのは殺戮を推奨するサウジのワハビズムの

影響受けていたけど


それを排除して、まだイスラム原理主義的なところは

残るけど ナショナリズム組織になっていて

民族派みたいになってきてるわけです。


だからタリバン=危ない、という認識で私たち日本人の

認識は止まってるけど


最近は話 聞く限りそうでもなくて

アフガニスタンの彼もISISの問題は色々いっていたけど

タリバンにはある程度理解は示してる感じはあった。


ただ以前の 米諜報時代の 原理主義的なところっては

まだ残っていて


それが女性の教育を一切しない、反対みたいなところだけど

おそらくこのタリバンなんかの姿勢も最近は

国粋主義で普通の民族派になってきてるから


いずれ変わっていく可能性は高い。


それはかなり俗的な中国の資金援助を受けだしたところから

感じ取れます。


だからここで これからアフガンで

タリバンが英米諜報時代の影響を抜けられるか、

ってのが意外に注目だなと私は思いまして


ここでマレーシア的な世俗的なイスラム教の国を

彼らアフガニスタン人が作れるかどうか


ってところが大事なんでしょう。


この辺が私は今まで生活感ベースで捉えられなかったんだけど

それがこのアフガニスタンの彼と話しをして

分かってきました。



それで分かってくるのが

「ということは2020年代あたりはまだ混乱が

続くけど・・・


2020年代後半あたりには

アフガンの復興が開始されて

2030年代には相当アフガンで強い経済が

立ち上がりだすぞ」


なんてのも分かりました。



まだ10年はかかるでしょうが

けどそこまで長くもかからなそう。



だから今なんかはアフガンの不動産なんて

買えないし、誰も買わないし

アフガン企業に投資なんて 選択肢にないわけですが


2020年代後半から・・・意外に注目されてくるかも

しれませんね。



特に場所としてはこれからの世界をリードするのが

中国の一帯一路であるのはもう確定してるのですが


その要衝地、中心部が 中国の左隣にある

アフガンですから。



それで話して分かったけどまず

イランはもうイスラムが世俗化していて

発展の政治環境は整ってきてますので


もう間違いなく今後10年~20年で発展します。


これ確定です。


それでイランの右隣にあるのがアフガンですが

となるとイランに次いでやはり10年くらい遅れて

徐々にアフガン経済が息を吹き返してくるってのが


これからの世界の中東の流れですね。


だから2035年~2040年台あたりにアフガンでも

徐々に中間層が出てくる、みたいな時間の流れになりそう。


この辺がアフガンの人と話して分かってきたことです。



ということでIS問題がそろそろ近年中に落ち着きそうですが

そうなると、今までは経済発展地域としては

アジアが鉄板でしたが


ここにやはり中東が加わってきますね。


もうその片鱗は見えてきていて、マレーシアに住んでいても

アラブ系の金持ちと時々話すし、


結構お金持ちです。



私と同年代でもうサウジとかで事業成功させて

リタイアしてマレーシアに来てるサウジ人とか結構いるけど

中東で金持ちになってくる人ってのがこれから

さらに増えそうですね。



ということでアフガニスタン人と話す機会なんて

今までなかったのですが


ただ話してある程度アフガニスタンの未来なんかも

想定できるようになってきます。


まああとはトランプがなんとか軍産押さえて

米軍撤退させて、


それで中国ロシアに覇権をスムーズに渡して

プーチンと中国にISIS一掃させられるかです。


それでこういった流れを追っていくと

もうこれから間違いなく


「ユーラシア大陸の時代」になります。


バスコダマ以来の海の時代は終わる。


ヨーロッパと、中国含むアジアはある程度準備は

できていたけど

その中間の中東が問題でしたが


これもそろそろ近年中にトランプがアメリカの覇権放棄を

進めるから


いよいよ安定してきます。


そして本格的に EU 中東、中国などアジア

が交易する時代になるわけですね。


中東なんかは私たち日本人からしたら

「遠い国」でしたが


私が普段英語で接する中で 中東の人の話が

メルマガでも増えてきてるのを感じるでしょうが


やはりそれくらい影響力が徐々に増してるってことで


これからより重要性が増すのは

アジアに住む私たち日本人にとっても間違いないですから


中東なんかにも意識を向けるのが大事になってくるかも

しれません。



それで中東情勢ってのは色々ごちゃごちゃして

分かりづらい、ってのがあるんですが


まとめると、上のようなことなんで

実はそこまで複雑でもなくシンプルなんで


上のような理解を基軸にしたら、やはり

アフガニスタンの人とも普通に

ズレなく話せるなと思った次第です。



基本的には人類ってのは アジア人であろうと

中東人であろうと白人、黒人であろうと


自由に楽しく暮らせたほうが良いってのは

みんな一緒ですし、


また家族とかと仲良く暮らしたいねみたいなところも

一緒ですし


貧しくなって飢えたくないから稼ぎたいみたいな

ところも一緒ですので


見た目は違っても人間の基軸は 

どこの国の人も大差ないので


その辺押さえておくと どの国でもなんとかなるんでしょう。


私たち日本人はアフガンの人とかイランの人とか

北朝鮮の人とまったく交流がなかったけど


時代は変化してきてるってことですね。


ただアフガニスタンの人と話してただけだと

すごい勉強になったので

日本語に落とし込んで書いた次第です。


それでは!



ゆう






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
   
 【以下は無料でトレード技術を

職歴・学歴問わず学びたい人は誰でも

かなりの部分まで学べる動画講義(無料)です!】



NEW!【年収6億トレーダーの
「今週の相場解説動画(11月4日~)」が届きました!】

⇒  http://yamanouchi-school.com/?p=221
(直リンク。こちらのページからPC、スマホなどの
環境で再生可能です!)



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください