無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【稼いでる新興富裕層たちは○○をうまく使っている!?】

2019 10月 31 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【稼いでる新興富裕層たちは○○をうまく使っている!?】
⇒編集後記で

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【無料動画】1年で6億4千万円を築き上げた
FXトレーダーから学ぶ!

【動画】年収6億のマインドセットとは?
⇒  http://yamanouchi-school.com/?p=72

<動画>【年収6億のFXトレーダーが「ろうそく足」を語る!】
⇒  http://yamanouchi-school.com/?p=86

<動画>【FXで年6億円を稼ぐ
山之内流 時間軸の法則とは!?】
⇒  http://yamanouchi-school.com/?p=170




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


どうもゆうです!

おはようございます。


さてさて、昨日は


【田中宇×副島隆彦 の最新言論から
「金融崩壊後の生き方」 について考える!】


という号を流しました。

まだ読んでいない方はバックナンバーからどうぞ。


【バックナンバー】
【田中宇×副島隆彦 の最新言論から「金融崩壊後の生き方」 について考える!】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=2065#2065



それで、これからの時代・・・今なんてまだ生ぬるいほど、

「貧富格差」はやはりどうも広がっていきそうです。


それで今日は私は結構重要な

これからの流れ決めるFOMCだったので深夜まで起きてるのですが

0.25%利下げとなりましたね~


これ事態はもうメルマガ読者のあなたは

事前に記事に書いていたトランプ様がQE4と利下げの

流れだからいわゆる想定内だったと

思いますが


ただ・・・もう昨日書いた田中宇先生の記事なんかに

あるように、これから金融崩壊=具体的には債券市場の

2020年代中盤あたりの崩壊

をどうしても意識しないといけないことになりますよね。


やはりサイクル理論の2025年くらいは気になるけど

ひょっとしたらもっと早まるかもしれませんが

私もこれは分からない。


まあそれでもう分かってきてるのが

債券金融市場を今はQE4なり利下げで買い支える姿勢は

決まったけど、重要なのがもうアメリカは債券市場を蘇生するのを

諦めたってことでして


となるといずれ 強烈な格差、は登場するというのは

決定したと言えると思います。


まあほんと「自分でなんとか生活の糧を稼いで行く」

ってスキルが重要な時代に 今まで以上になってきてます。


それで



【稼いでる新興富裕層たちは○○をうまく使っている!?】



としたのですが、


やはりネットで自分で稼ぐという分野でも

「稼いでる少数」と「稼いでいない大多数」になってきていて

これがまさに格差の縮図だと思いますが



ここで実はこの2者で「徹底的に違う、目に見える違い」

ってのがあります。


これはすごい重要なことでして

私なんかが以前にビジネスの師匠の柴野さんに学んだことです。


稼いでる人と稼いでいない人の「差・違い」は

これが最も大きいでしょう。



それでこれはどういうものか?というと

「稼いでる人は当たり前にしてること」で「なーんだ」だし

逆に「稼いでいない人はほぼ100%できていないこと」

なんですね。



そしてこういうことこそ、学校で教えてくれません。


編集後記で!








■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【無料動画】1年で6億4千万円を築き上げた FXトレーダーから学ぶ!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



さて、この前ちょっと告知したのですが

なんと、私のメルマガ上で


【相関分析手法で

年間6億4千万円稼ぐスーパートレーダーの

無料FX講義】


の講座がスタートすることになりました!


この方、山之内さんといって

証券会社のトレーダーランキングでも以前上位になった方なのですが


現在は年間事業投資なども含めると10億円前後行ってると

知ってますが


そんな彼から・・・


「相関分析の投資手法を基礎から」学べる講座になりますね~


ずばりマルチタイムフレーム分析とか言いますが

その辺から学ぶことができまして、


それで 専用のページを事務局さんが用意してくれました!



現在【初級編】のほうに相関分析の基礎動画が3つほど

あがってますので


是非チェックしてみてくださいね~



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【無料動画】1年で6億4千万円を築き上げた
FXトレーダーから学ぶ!




1年で6億4千万円を築き上げた
圧倒的トレード戦略を代暴露!

相場の本質を学ぶための

【山之内 FX 講座】(動画×3本をアップロードしてます!)

⇒  http://yamanouchi-school.com/



【FXで年6億円を稼ぐ
山之内流 時間軸の法則とは!?】


⇒  http://yamanouchi-school.com/?p=170



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



以上です!!



それでこれから


初級編⇒中級編⇒上級編と積み上げる形で

無料形式でこの専用サイトで学べるようにする予定なので


かなりあなたにとっても11月あたり

FXの負けない技術を学ぶのに役立つでしょうから


是非お楽しみに!


まずはいきなりですが、


初級編の動画3本をあげてますが・・・


おそらく多くの方が知らない知識が既に沢山

盛り込まれているので


是非見てみてくださいね~





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【無料動画】1年で6億4千万円を築き上げた
FXトレーダーから学ぶ!




1年で6億4千万円を築き上げた
圧倒的トレード戦略を代暴露!

相場の本質を学ぶための

【山之内 FX 講座】(動画×3本をアップロードしてます!)

⇒  http://yamanouchi-school.com/



<動画>【FXで年6億円を稼ぐ
山之内流 時間軸の法則とは!?】


⇒  http://yamanouchi-school.com/?p=170



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆






それで、この山之内さん、以前に

FXで年間6億以上稼がれて、


さらにその後現在では事業投資なんかも含めると

年間10億円前後行ってしまってると聞いてますが



あまり表に出ない方ですが

かなり強い投資家ですよね。



それで彼は


通貨間の相関分析とか

マルチタイムフレーム分析とか

その辺がめちゃくちゃ強いのですが


今回はそんな年間で6億円をFXで稼いで

相当な税金を払っている山之内さんですが


そんな彼がトレード戦略を基礎から紹介してくれてます。



それでまず山之内さんが時間足について解説してくれてるから

学びましょう!


↓↓
====================

時間足とは?
1本のロウソク足を何分で描くのか 、
ということを表したものです。



私は基本的に、日足と1時間足をよく見ています。

他は見ても15分足くらいです。



1時間足のチャート設定では、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
期間区切り線を表示させています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



この期間区切り線を表示させることで、

1日つまり24時間の値動きがわかりやすくなります。



この期間区切りの線と線の間には

23本のローソク足があり、

この23本の足が1日の動きを表しています。




では、これが何を表しているのかというと、

同様のチャートの日足を見てみましょう。



1時間足の終値と日足の終値が

セットになっていることがわかります。


それでは、ほかにもセットになっている

時間軸はあるのかと言いますと、もちろんあります。



4時間足の線と線は1週間の値動きを表します。


詳しい解説は動画で説明していますが、

時間軸には必ず関連性があります。



ですので、1分足や5分足を一生懸命見たりするよりも、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
もっと合理性の高い時間軸、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


自分の中で言語化して説明できる時間軸で
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
相場を見ていくことが大事なことだと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


=====================


以上です!!



それで今回の動画では某証券会社のトレーダーランキングでも

3位とかになった山之内さんの


基礎の知識から学べるようにしてますが・・・



今回は早速ですが


「時間足」の内容ですね~



それで「期間区切り線」を山之内さんは

もうチャートでデフォルトで設定しているということでして


これが相当 時間足をまたいだマルチタイムフレーム分析で

使えるんだっていう話ではあるのですね。



期間区切り線の機能はMT4についてるのですが

その説明は動画内でされていますね~




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<動画>【FXで年6億円を稼ぐ
山之内流 時間軸の法則とは!?】


⇒  http://yamanouchi-school.com/?p=170

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




それでこの期間区切り線を山之内さんは

よくチャートに表示させているっていうことでして


これが 山之内さんの中では必須の機能であるっていう

ことなんですね~


例えば 動画内では1時間足のチャートに

期間区切り線が表示されていますが



1日は24時間ですが


その期間区切り線の 間の 1時間足23本ってのが

日足になるのですが



これもチャート上で可視化できて大変

マルチタイムフレーム分析には活用しやすい、


というものなんですね~




それでこの期間区切り線の使い方にしても

ちょっとしたことですが


やはりその 「ちょっとしたチャートの使い方」

事態がやはり年間6億円レベルで稼ぐトレーダーは違うんだな~

と分かる動画だと思いますが


これはあなたもやってみるとよいと思いますので


是非


MT4上で右クリックでプロパティから

全般に移動して

「期間区切り線」にチェックするだけ


なんでやってみるといいでしょう~



そうすると大きくかなり正確に

1時間足でトレードしていても日足なりの

大局がよく見えるので


見方が変わる、というものですね!



ちょっとしたことではありますが

年間でFXで6億円稼いでるトレーダーの自由な説明で


大変あなたのこれからのスキルアップにつながるでしょうから

是非見てみてくださいね~









★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【無料動画】1年で6億4千万円を築き上げた
FXトレーダーから学ぶ!




1年で6億4千万円を築き上げた
圧倒的トレード戦略を代暴露!

相場の本質を学ぶための

【山之内 FX 講座】(動画×3本をアップロードしてます!)

⇒  http://yamanouchi-school.com/



【FXで年6億円を稼ぐ
山之内流 時間軸の法則とは!?】


⇒  http://yamanouchi-school.com/?p=170



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆






追伸・・・


ちなみにこれから


「1年で6億4千万円を築き上げた
圧倒的トレード戦略を代暴露!

相場の本質を学ぶための

【山之内 FX 講座】」


ですが


現在初級編ですが徐々にこれから

またコンテンツを更新予定なので


お楽しみに~


まずは 彼の基礎から学んでみてくださいね!





【山之内 FX 講座】(動画×3本をアップロードしてます!)

⇒  http://yamanouchi-school.com/











=============編集後記===========

さてさて、今日は

【稼いでる新興富裕層たちは○○をうまく使っている!?】

としたのですが、


この○○ってのは

分かった方もいるかもしれませんが、


「稼いでる人は当たり前に使ってるもの」

だし、


「稼いでいない人はほとんど使っていないもの」


ですね。


さあなんでしょう?


そうです、これは「経費」ですよね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「なーんだ、経費ね」と思うことなかれ、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
これは大変大事です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちなみに私はこの10年くらいですが

「0から稼げるようになる人」



「全然ずっと稼げない人」ってのを


色々見てきたのですが



「なぜ、同じようなことをしても

稼げる人と稼げない人がいるのだろう」


と大変疑問で、そして興味を持ってその違いを

色々分析していたのですが、


実はこの「経費を上手に使える人」



「経費を全然使わない人、もしくは

経費の使い方がスーパー下手な人」



これが実は 経済で貧富格差を分ける

強烈に大きな要因だと気づくわけです。



以下で何故か?を説明しますが

本当に「なーんだ、本当にそれだけの差で貧富の格差が広がるのね」

と言う話です。


それでまず重要なのが

「学校では、経費の使い方を教えない」

のですよね。


あなたは義務教育をきっと日本で受けたと思いますが

そこで

「経費はこのように使うのです」と先生から教わったでしょうか?


教わってないはずです。



なぜならばその公務員の先生も労働者であって

労働者というのは「経費を使って売り上げ、そして利益を拡大させる」

という経験を一切しないから、ですね。


「いや、私はタクシーを経費にして経理に申告してるぞ」

なんていう人もいるかもしれませんが・・・


それはやっぱり全然違うんだと私は思います。


ちなみに私は労働者と、そして自営業者、両方の

経験がありますから


この「考え方の大きな差」はよく比較の上分かってるのですが


実は私が独立して、それで一番驚いたのが

この「経費の考え方」でした。


「これ、全然学校では教えてもらってなかった」

というものでした。




逆を言うと、「稼げるか、稼げないか」って

ぶっちゃけ色々な意見があるけど


私は本質的には

「これだけ」なのかもしれない、とも思います。


それで重要なのが、労働者時代だと

「売り上げを、利益を上昇させるために

経費を使う」


というこの考え方が身につかないわけですね。


初めて、自営業者になって確定申告なりがあって

「経費」っていう考え方に触れるわけです。


それで、私はこの考え方は私のビジネスの師匠の柴野さんに

教わったことでもあるのですが


もうずーっと生きてる考え方ですね。



それで簡単に言いますと、

「稼いでいる、資産数億円とか数千万円とか

この数年で一気に稼いでるような新興富裕層たち」


ってのが増えているわけですが


実は彼らは「経費の使い方が上手な人たち」

なんです。



一方稼いでいない人ってのはじゃあその反対の

経費を使うのが下手な人たちなのか?というと

「違いまして、」



稼いでいない人ってのは「経費をそもそも使っていない、

経費を使って 利益を増加させるという投資的思考を持っていない」

人のことなんです。



ちなみに経費ってのは種類がいっぱいあるけど


それこそ、



「租税公課

荷造運賃

水道光熱費

旅費交通費

通信費 通信のために必要な料金


広告宣伝費

接待交際費

損害保険料


消耗品費


減価償却費


福利厚生費

給料賃金

利子割引料

雑費


・・・」



などなど、いっぱいあるわけですが


これは経営者たちが歴史的に「利益あげるために

どうしても必要だった投資の一部」と言えると思います。



まあそれで、例えばですが

以前に「FOREX TESTERはとても検証に良い」っていう

話をよく書いてるわけですが



例えば FXで稼いでる人ってのはこういうFOREX TESTERの

数万円の料金だとか、


あとはEA購入費だとか

あとはFX教材やFX塾とかの料金とか

あとはそれこそパソコン代、モニター代、

その電気代だったり、


オフィスがある人はオフィス代なんかは

やはり収益を上げるためのものですから


それは経費として使ってるわけですよね。


一方・・・稼いでいない人は?っていうと

「稼ぐために何かに出費するという投資的思考がないため」


ここで「無料でやろうとしたり」

あとは全然出費しないでお金を使わないで稼ごうと

するわけですが


当然 経費を使って利益を出そうとビジネス的に投資家的

思考で戦ってる人に勝てるはずもなく、


やはり稼げない、となるわけです。


そもそも「経費に計上できそうな利益に直結しそうな

ところに出費するという思考自体」が


労働者だと身につかないってのがあります。


だから私は自営業者になって、こういう考え方に触れて


「うわ~~俺は今まで何にも知らなかったんだな」

なんてのは身にしみて感じたものです。




それでこれは重要な考え方なんですが

FOREX TESTERは大変便利だ、という記事を書きました。




【FX裁量の強い味方、
FOREXTESTER(フォレックステスター)について考える!】
http://fxgod.net/pdf/forex_tester.pdf



それでここでもう経営者的な思考の人ってのは

もうFOREX TESTERなりの検証ソフトを一瞬で購入するんですね。


要するにここでは

「経営者脳」



「労働者の使われる使用人の脳みそ」

の違いってのがあって



経営者脳の人はすぐにそういう利益を拡大すると

確信があるものであればすぐに導入するし、


逆に労働者脳の人は「えーどうしようかな

確かに便利そうだけど、今月のお金は・・・

えーっと○○万円しか使えないし、どうしようかな」


みたいな感じなんです。


要するに「お金の使い方の判断スピード」が

全然違うと言えます。


ちなみに、資本主義ではやはり大事にされるのは

経営者や投資家たちであり


一方共産主義では労働者こそ正義だ、と教えられますが


だから日本では後者の共産主義の価値観が強いのですが

やはり私は資本主義を支持する人間ですので


この経営者脳、投資家脳を身につけるのが大事だ、という

思想の人です。


思想信条の自由は憲法で保障されます。


それで日本では労働者になるための教育

しか施されていないから


この「経費を使って利益を上げる考え方」って

教わっていないのですが


もし今稼げいていないと言う人は

この考え方をもう自己洗脳するがごとく

昔の何も知らなかった私がしたみたいに

身に着ける必要があるわけですね。



それで「なぜ経営者、投資家脳の人は判断が早いか」

っていうことですが、


これはかなり簡潔に考えてるから、ですね。


例えば、そのFOREX TESTERという検証ソフトが

あれば時間短縮できるわけで


あらゆるロジックの検証を数時間で100本くらいは

終わらせられるわけですが


となるとまず「時間を買う」という視点で

2.3万円の出費は大変安いと考えます。


自分の時給が10万円として、

例えばデモトレードであれば3ヶ月間で

時間として何百時間も消費してしまうところ


2.3万円出せばその何百時間が買えるので

時間給として数百万円、数千万円分は時間を

買える事になるから「お得だ」と考えます。


だからすぐ 判断して導入したりするわけです。


あとは、例えばその経営者さんがFXで10万円くらいの

収益だったとして


けどFOREX TESTERを2~3万円で導入したとしたら

それで将来的に年間で2000万円くらいは生み出せる可能性が

高いな、と判断したら


それは費用対効果が数百倍以上の投資ですから

当然、それは経費として、扱って買うわけですね。


すなわち数学で全て計算して買うんです。


これはFXとかビジネスの塾も同じで

経営者脳、投資家脳の人は迷わないですが


「この講師さんの知識と経験を学べば

大体2020年、2021年あたりに

1000万円の収益アップが見込めるから


だったら20万円の教育投資なら収益率が高いから

投資する」という考え方で経費を使うわけですよね。


あくまで算数、数学で考えるから、だから暗算しますが

だから判断が早いのだろうと思います。



基本的には上記のように「全ての出費」について

考えるのですね。


すなわち

「その出費が将来お金を生み出すかどうか」

だけずーっと見るんです。


そう、だから お金持ちと貧乏を唯一分けてるのは

何も出生の違いや教育の違いだけではなく


それよりは「お金をどう使うか」なんです。


「お金をどう使うか」が貧富の差を分けます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



これ、日本語ではほとんどこういう指摘って出ないのが

不思議ですが


私の実経験としてこれだけなのかな、と最近は思います。



それで例えば最近はPC一台で稼ぐフリーランサーなんかは

もう日本でも多くなっていて、マレーシアでも普通です。



それで彼らがよく 作業場として使うのが

私もそうだけど「カフェ」ですね。


カフェでコーヒー飲みながら検証したり文章書いたりって

はかどりますよね~~


ちなみにこれは理由は以前に書きましたが

人間には交感神経と副交感神経があるのですが

家だと副交感神経がリラックスしちゃうからあまり


戦いには向いていないのだけど


(自宅で学生時代

「宿題」ができなかった、と言う人は多いはず。

私はこの辺知っていたのでよく電車の各駅停車に乗って

勉強してました)


カフェとかだと外出先でちょうど交換神経も優位だけど

リラックスの副交感神経も働くわけでそのバランスが

良いのでしょう。



それでこの「カフェでノートPCで仕事する」ってのは

効率が良いので、


よく採用されるやり方で私もそれをよく書くけど

じゃあこの「コーヒー代」ってどう考えるべきでしょう?



これも労働者脳だと「コーヒー代節約しないとな~」と


思ってしまうものですが


けど投資家や経営者脳だと

「コーヒー代は一杯500円で毎日消費すれば

月間1万5000円だ、

年間で18万円の場所への投資となるけども


ここで毎日快適に作業をして、それで収益が年間で

○○千万円は上昇するから

何百倍にもペイする費用対効果が高い経費だ」


と考えるわけですよね。



だから常に数字で考えるんです。


例えば1杯500円のコーヒー代で毎日

1時間FOREX TESTERで検証していれば

月収100万円なんて普通になるでしょうし


これはビジネスでもアフィリエイトでも

結局1日何時間もやればすぐ月収100万円は行くわけですから


となると、このカフェのコーヒー代ってのは

すごい効率の高い投資になるんですね。


だからフリーランスの人なんかはカフェで作業してるわけですから

それは経費でしょうが


結局「そのお金が最終的にお金を生み出すかどうか」

で 毎日毎日、お金を使うわけです。


パソコンでもそうですよね。


毎回 テスターなんかでテストしていてやたら

ロードに時間がかかって時間が奪われているなら


そこで10万円のPC買ったら効率化して

将来的に資産が数千万円、数億円上乗せされると

計算できるのであれば


それはやはり早いPCを買ったほうが良いわけです。


が、「そんなに速くなくてもあまり将来収益は

そこまで変化しないだろうな」と思うならば


それは今のPCを使うって判断になるわけですね。


例えばビジネスの分野だと「広告費」ってのがあるけど

広告費なんかの投資は大変大事ですが


広告費で1000万円ぶちこんで2000万円返ってくる

という根拠があるならばそれは突っ込んだほうがよい

わけです。



要するに常に「そのお金の使い方は費用対効果があるかどうか」

を意識するわけですね。



ちなみに、経費の幅ってのはすごい広いけど

例えばFX教材とか塾とか あとはセミナー費用とか

それは知識投資だけど


この知識投資はかなりペイする投資ですが

(費用対効果が数千倍以上になることが多い)


これもやはり「どれくらいその得た知識で実践時間を割り当てられるか」

とかで


そこで投資判断、経費判断するわけですね。


そう、常に「お金の使い方の判断」を下さないといけない

ってのが大事でして


常に「費用対効果が出るか」でお金を使うわけです。


コーヒー一つとっても。


それでここで色々考えることになるんだけど

例えば上にコーヒーの事例を書いたけど



「コーヒー頼んで席について何もしなければ」


その投資ってのは何も生み出さない、のですね。


これが重要で「経費ってのは使えばよいわけではなく」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そのお金を使ったら、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そこに人間の工夫なり知能なり時には検証なりの
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
若干の時間、を使うことで
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その経費の費用対効果は最大化されるんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


例えば、コーヒー500円を毎日頼んで

何にもしないで友達とメッセンジャーで雑談ばかり

していても、たぶんあまり将来のお金は生み出さないですね。



逆にその時間2時間3時間カフェでPC広げて検証なり

ビジネスの作業をするならそのカフェの年間18万円の投資

ってのは「数百倍、数千倍に化ける」んです。



これが大事です。

「投資したら儲かる」なんてものはほぼなく

「投資して何かしら自分の知能なり工夫なり労力を

ちょっと加える」ことで


そのマネーってのは増えるんですね。


例えばどこかの塾に学ぶために入りましたと。

20万円、30万円払いました、と。


が、そこで講師に教わることをただただ聞いてるだけで

検証しなかったら、自分の労力、知能、検証、テスト

なりを加えなかったらそれはまったく意味のない経費になります。



結局


経費投資+ ちょっとした自分なりの工夫、労力、検証、テスト

なりを加えることで


マネーってのは増えるんですね。


こういうことを学校じゃほんと教えないんですが

だから貧乏な人が増える原因になってます。



例えばFOREX TESTERなりの検証ソフトを買って

それで検証しなかったら・・・その経費は意味がない

わけですね。



それで常に「この出費、お金の使い方は

将来お金を増やすかどうか?」


を考えるわけですけど、



こうなると「お金を使うのってめっちゃ大変」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
となるんです。
~~~~~~~~~~~~~~~


ちなみにこれが重要なところで、

私なんかは労働者時代はそうでしたが


お金を使うのは「自分の快楽とか欲望とか

便利さを求めて」使うものなんですね。


消費者ってのはそういうものです。

経済学的に言えば それを 効用 とか言いますが

効用を求めようとして、それで使いたがる。


「おいしいご飯が食べたい」とかそういう食欲とか

そういうところで大多数の人々はお金使います。



けど投資家や経営者は全然違うお金の使い方の

思想を持っていて


それは上に書いたように

「そのお金の使い方が将来お金を増やすか」

を「常に」起きてるときは考えてるんですね。


ちなみに私は 会社員⇒自営業者になった人ですが

もう自営業者になって

「お金を使うってのはこんなに難しくて

大変なものか」


というのに気づきました。



今までは、自分の欲望なりを満たすために

お金を使っていたのに


「自分で稼ごう」とすると

「自分の出費が将来のお金を増やすかどうか」

の基準でお金を使うようになるわけで


そこでは上のように色々その出費の性質について

考えないといけないから


「お金を使うのは大変だ」という話になってくるんですね。

すごい思考力を使う作業なんです、本来お金を使うってのは。



ちなみに「お金を使うのが大変」なんて言葉は

すごい いやらしい言葉に聞こえることもあるだろうけど


これは本当であって、

日本の投資家、経営者たちがみな抱えてる問題で


例えば 月10万円とか20万円を稼ぎたい~みたいな

段階だと


毎月数万円を何かしら 将来お金を発生させるものに

使うだけであるから


結構簡単なんです。対象が沢山あるから。


けど・・・


「資金が大きくなればなるほど

投資対象、経費対象が少なくなる問題」



ってのが起こります。



ちなみに個人でPCで稼ぐというスモールビジネスの場合、

月数十万円くらいまでの経費出費であれば

結構対象はあるんですね。


例えば 「これこれに20万円を経費として投資すれば

来年には300万円で返ってくる」


なんていうすごい費用対効果のものは

このステージだと溢れている。


だから実は 0⇒1が難しいと言われるけどそれは嘘もあって

本当は 


上の考え方を理解していれば、という前提ですが

まったく稼いでいないサラリーマンとかが

月30万円くらい稼ぐなんてのは結構簡単なんです。


が、これがどんどん自分の資産や収入が増えてくると

毎月、毎週、毎日、何十万円、何百万円、何千万円と

何かしら経費として使わないと 拡大が止まってしまう

と言う問題が起こってしまうんです。



それで月数十万円くらいで 数年後に費用対効果を

見込める投資、経費対象は沢山あるけど、


月数百万円を使わないといけない、となると

費用対効果を取れる対象がぐっと数が減るんですね。


それでこれがまたもう一つ上になると

月数千万円を何かしら経費なり、投資対象を見つけないといけない

となると、すごい難しくなるわけですよね。


だからどの企業体もある程度、スタートアップが終わると

「お金を使うのが仕事」になるんだけど


これがすごい大変になってくるわけです。


ちなみになぜ大変か?というともっと解説できるけど

それは「日本が不況だから」です。


ちなみに大きな視点で

「経済成長が5%以上の国」

と日本のように

「経済成長が0%の国」


だったら


当然前者のほうが「費用対効果が見込める投資対象」

が多いわけですね。


設備投資なんかは個人の事業主なら

PC代金とかそんなものですが


成長国ならば「ここに経費つぎ込んだら

翌年何倍になる」みたいな対象が結構あったりする

わけです。


成長国だから。


けど・・・日本はマイナス成長っていうか衰退中ですから

ここで「費用対効果が取れる投資対象」が相当少ないのが

実情ですよね。



それで大企業の場合は何百億円も何千億円も何兆円も

投資しないといけないのですが


国内に有効な投資対象がないってのが実情で

だからだぶついてるわけです、資金が。



だからこの「お金を使うのが大変」ってのは

日本の経営者や投資家がみんな しばらくすると抱える問題

ですよね。


だから結局フロンティア求めて海外に出たりするんだけど。




ただ、実際の話 スモールビジネスの月数十万円という規模を

まず目指す場合は実際は

沢山経費を使う対象はあったりしますから、

(それこそ上のカフェ代年間20万円くらいもそう)


それで十分、毎年数百万円くらいは利益出ますみたいな

経済体制は作れるわけですね。


が、これがどんどん図体が大きくなると

経費として成長のために使わないといけない額も高額になっていくけど

投資対象が少ないから


そして大きな投資ってのは必ず時間を一定程度食うから

そこでその労力と費用対のバランスの話になるんですね。


だから「うーん、ここに経費、投資をしていくかな」

と常にお金の使い方を考えるわけで


だから実は「お金を使う」ってのは本当は大変なことなんです。


だから本当は

「自分で稼ぐ」ってのは「お金をうまく使うのが仕事」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
なんですね。



皮肉なことだけど

「お金をどう使ったか?で

収入が決まる」

んです。


多くの人は「自分で稼ごう」と労働者の思考のままで

しますけど


それは大体無料でやろうとしますが・・・


まあそれは稼げないですよね。


経済というのは資本主義のルールで動いてるのに

そこで官僚的な共産主義の労働者脳で

勝負しても勝てないわけです。


それで重要なのが「顧問税理士なりをちゃんと見つけて

経費を知る」ことでして


例えば税理士代ってのも年間20万円だったり30万円だったり

するわけですが


これでちゃんと節税が年間100万円でもできたり

その税務作業の時間がかからないならば

それはペイしますよね。



それで経費も色々種類があるけど、

なぜこれを知るのが大事か?っていうと


それは


「歴史に裏づけされてるから」です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


要するに歴史的に多くの経営者や投資家たちが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
利益を出すために この出費は費用対効果が高いと
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
認めたものが
~~~~~~~~~~~~~~

経費計上できるものです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


たとえば、「接待交際費」ってのがあるけど

あれって 要するに どんちゃん騒ぎしてるだけに

見えるけど、


実のところ、どこかで一緒に経営者たちが

飲食したりするけど


そこで重要な情報が得られたり、あとは

ビジネスがまとまったり、


あとは単純に投資のほかでは知られていない

投資対象が見つかったりするわけですね。


例えば年間600万円の接待交際を使ったとして

そこで年間の利益が3000万円あがるなら・・・


その接待交際費って費用対効果を生み出す

「生き金」です。


ただこれ重要なことだけど

「稼いでいない人」で例えば

「接待交際費を使ってる人」

っていますでしょうか?


私は 稼げていない人で接待交際費使ってるなんて人

見たことないです。


逆に稼いでる人は大なり小なり接待交際費なんかは

使いますよね。


それは結局彼らの収益大きくするから。


それで重要なのが接待交際費ってのはコミュニケーションだけど

これは結局そこでお金が発生する


っていうのを従来の経営者や投資家たちが認めて

それで経費計上してきたものなんです。


歴史に裏づけされた経費です。

広告費もそうですよね。


だから「経費項目を知ると、難しいお金の使い方が

ちょっとわかってくる」


んです。



それでその 毎日経費を個人でもちゃんと

費用対効果を考えて使うってことをしていれば


稼げないってことは本来起こりえないんです。


だって毎日毎日、

「将来お金が増えると根拠あるものに

出費してる」

んだから。



もしそこで増えないならば、その出費をする際に

根拠があるはずだけど


その根拠がおかしいケースでしょう。


例えば、キャバで散財とかのケースはあるけど

それはそれで交流を作ったりするものだけど


そこでその経営者はめっちゃキャバが好きなだけで

ただ一応そういう本音があるんだけど


それを「これも交流のための経費だ」と自分をだましてるケース

とかですね。


欲望とか便利とかで労働者脳だとお金を使うわけで

その いわゆる 効用を満たすためのものが消費ですが


本来効用を満たそうとしてるのが本音なのに

無理やり 費用対効果があるように振舞って

それで出費してるケース、


これがほとんどでしょうが、その場合はお金当然増えないですね。


ただ大体のケースで 稼げていないという場合は

そもそも「お金をうまく使ってその上で収入を増やす」

っていう投資家や経営者の思考がその人に育っていないか


もしくはそれ自体がゼロのケースがほとんどです。


この思考の違いってのはすごい大きくて


その違いってのが 「経費を使って収入を増やす」

っていう考え方があるかないか?だけで


生涯資産は数億円どころか数十億円、数百億円・・・

と変わってしまうのがネットが発展した現代ですね。


ちなみによく自営業者の人が4ドアベンツを

4年落ち以上で買いますが


あれも理由はあって、新車だと税務で非効率的

ってことで税理士さんに聞いて4年落ちで買ったりするけど


あれも労働者時代は「いいな~経営者は自動車が経費で落ちて」

なんだけど


本当はあれってのは接待交際にもつながるもので

社用車なり、または送り迎えで誰か投資やビジネスパートナーを

送ったときにその車内で商談が進んで


将来的に収入を増やすわけです。


個人事業主の場合だと、そこで車でビジネス、投資パートナー

たちとドライブして


「この車はスイーって走って楽だね~」とかで

それで交友が深まって

もっと収益が拡大するケースも多いわけですね。



(ちなみに経営者や投資家は人によるけど

負けないために安全性を重視するので

トラックに突っ込まれたら 重体になる可能性のある

軽自動車は自分で乗ることはあっても、


やはり経営者や投資家の

友人乗せるとなると命預かるから躊躇するでしょうから

だから比較的 クラッシュテストでよい結果出してる

大型セダンが選ばれるのでしょう。)



ちゃんとマネーの数字を踏まえた合理的な理由があるものです。


それでこんなことは絶対学校やテレビで教えないんだけど

それくらい日本は金持ちが増えて欲しくないという


体制なんですね。


金持ちが増えるとそれこそ青汁王子みたいに

反抗してきますから、官僚たちに。


ちなみにあの青汁王子ってのは経費をフルスイングで

使った人でそれがすごいんだけど


やっぱりその辺で突出する人のすごさってのも

その視点で分かってくるんです。



それで経費ってのは実のところ私たちは

まったく学校で教わっていないけど


これは重要なことで


実のところ人件費も経費です。


この人件費ってのは「使えば相応の利益がもたらされることが

期待できる経費、投資」なわけですね。



経営者、投資家からしたら。



だから経営者、投資家からしたら人件費も

「費」と書いてるように 控除が効き辛い経費の一部な

わけですが


それが労働者からすると 「給料」という言葉に代わる。


だから労働者時代、私は給料をもらっていたけど

それは経営者からしたら「費用対効果が期待できる経費」

でしかないんですね。


ただこの本質を学校で教えちゃうと、

みんな労働者になってくれないから


一応労働者と会社は堅い絆で結ばれてる?という

謎の宗教を作ったのが日本で


それを共同体にすることで 村がなくなった後の

日本の新しい共同体にしようとしたわけですが


やはり重要なのは 給料というのは

単なる人件費であって 経営者からしたら

費用対効果を考えた経費でしかない、わけですね。




こういう本当のことさえ言えないのが今の官僚社会主義の

日本でしょうけども


やはりそれは資本主義の基礎だから

理解する必要があります。


すなわち日本人ってのは私もそうだったけど

全部教えられてることって共産主義のものなんだけど


そこで資本主義のことは何も教わっていないんですね。


経費の考え方なんかはまさに資本主義のそれなんだけど

これは教えずというのが日本でして


だから多くの人が学んでいないから「自分で稼げず」となります。


逆に上のことが分かれば誰でも稼げるわけですね。



だから重要なのがもし 稼げていない場合、

「お金を将来増えるものに使えていない」と言う問題が

あって


それを「お金を常に、毎回、毎日、出費するときに

将来お金が増えるものに使う」


っていうのを考えるのが大事ですね。


投資家と起業家の仕事は考えることですから。




だから「お金の使い方で稼げるかどうか決まる」

と言えますよね。




それでこうやって思考転換していくと

毎回「うーん、このお金の使い方は将来お金を増やすかな~」

と考えるわけですから


すんごいお金を使うことに思考力使うわけです。


それでこれも 全員にとって同じではなくて

ある人は接待交際費を支出しても特に

将来の収入が変わらないと判断するかもしれないし、


ある人は接待交際費ですごい収益が伸びると

考えるかもしれないし


それはもうその人の個性なんですよね。


そこで自分にとって最適と思われる

「将来お金を増やせると根拠があるお金の使い方」

をしないといけないわけで



これが毎日、ですから、お金を使うってのは

本当は頭をすごい使う行動なんですね。


そこで常に考えるのは 費用対効果ですね。


それで効率的なお金の使い方を知るためには

どうしても勉強が必要ですから


だから本、書籍代ってのもこれもまた

大事な経費ですが


それもあって

経営者とか投資家はよく本を読みますよね。


例えば上に書いた「日本は経済成長していない国だから

費用対取れる投資対象が少ないから


かなりお金の使い方を考えないといけない」


とかっていう考え方も 本読んだりして学ばないと

客観的にそういうのも分からないんです。


経費になるものをなんでもかんでも使っていていいわけでもなくて

それは日本だと経済衰退国ですから

「絞る」のは大事なんですね。


費用対が取れる投資対象なんて限られてる国ですから。


FXでもエントリー箇所を絞りますが
それと同じです。



ということで「お金をどう使うか?がそのまま

自分で稼げるかどうかにつながる」

ものなんで


これがもっとも 稼げるかどうかの

因果関係が大きいところなので


お金を使うときに「その出費が将来の自分の資産を増やすか」

という視点で毎回、毎回考えるとよいですね。


そうしたら誰でも稼げるんだろうと私は思います。



それで上の考え方ってのは日本では異端であり

支持されない考え方であるのは私も分かってるのだけど


それくらい日本では共産主義で労働者が尊ばれるけど

労働者育成教育、がされてるわけで


その影響を多くの人は無自覚に受けてるわけですね。

それを洗脳と言います。


逆を言うとこの辺に気づいた人ってのは

毎回 効用を満たすために自分の欲望を満たすために

お金使うんではなくて


「合理的にお金が将来増えるかどうか」でお金を使っていく

わけですから


それはコーヒー一杯500円のお金の使い方でも

「そういう思考が注入されてる」わけですから



だからどんどん資産が増えていくわけです。


それがそのまま、格差拡大につながっていくだろうというのが

今の時代です。




だから上に書いた「経費思考」みたいのがあるかないか・・・


が本当に大きな差をこれから作り出すことになってしまいますね。


それで 現代の日本人ってのは

私が海外から見る限り、


多国籍企業の戦略に気づかず短文ばかりに慣れてしまって


(数千文字のHP文化⇒数百文字のブログ文化

⇒一気にツイッターの数十文字、LINEのスタンプ、

⇒いまやインスタグラムで写真で文字なし


となってる大きな多国籍企業の文字を読ませない文化ってのは

極めて戦略的なものでしょう。


ある民族を弱体化させるためには、

その民族が抽象思考できなくするために広告費をつぎ込んで

サービス展開して長文読解できないようにさせればよい。)


そして上記のようなことに気づいてる人が超少数になってしまってるので


そしてあなたはその超少数なわけですから

そういう意味では持ち上げるわけではなく

有利ですよね。


逆に今稼げていないならば

私が以前 師匠の柴野さんに学んだような経費、投資思考が

落とし込めていないだけだともいえるので


それを改善すれば稼ぐ確率は大幅に上がる可能性が極めて高い

と言えると思いますし


今もう相当稼いでるのであればこの辺の経費思考を

さらに追求することで 毎月の月収のフローや

また資産のストックはさらに莫大に増やせることでしょう。


ということでお金ってのはなんとなく無意識で

使ってしまってるケースがほとんどですが


そこで「その出費するお金は経費として

将来お金を増やすものか?」

と考えてお金を使っていくと


それが将来につながるってことで


そのためには 何が経費になるか?とかは知っておいたほうが

よいですね。


だから本当は「お金を稼ぐ」ためには

「お金の使い方を考える」のが一番早道だったりしまして


最近の新興富裕層たちは例外なく

このお金の使い方をその時だけではなくて

「常に」考えてるものなので


それを真似すればこれからの時代強いかと私は思います。



それでは!



ゆう








追伸・・・それで、これからの時代なのですが

実は個人事業主、新自営業者、フリーランサー色々な

言い方があるんですが


そこで新しいIT系の投資家など含めた

新興富裕層の人たちが増えてきてるんだけど


この人たちの多くが 


会社組織・株式会社っていうのが元々

旧大英帝国なんかも関係しますが

東インド会社の奴隷制度だったものだから


それが嫌で(それを無意識に感じ取り)

独立したような人たちです。


それでこの人たちは

そういった経緯であまり人を雇うことを好まない傾向が

ありまして新世代でしょう。


ちなみに世界の大きな流れとして、もう何百年も続いた

アメリカをフロントにしたイギリス諜報の支配が本格的に終わっていくか

もしくは弱っていく。


となると、現代の株式会社の搾取体制ってのは

確かにあるんだけど

これは徐々に、人類に疑われるシステムとなっていく。



(が、しっかり労使契約という契約を

結んでるのが税金の収奪と会社組織の搾取の違いで

搾取は一定程度 経済が回るために肯定される必要がある。


がこれこそ左派の人が認めたくない事実だ。

ただやはりみな搾取は嫌だから、それを疑いだす。)




最近、会社に属さないIT系の投資やビジネスを行う

新自営業者が出てきたのが時代の象徴と言えます。


それで彼らはあまり人件費にお金をつぎ込むことを

好まない性質がありますが


ただ「力強い味方」が現れてそれがAIです。


今まで誰かに労働者にお願いしなくてはいけなかったこと

ってのを


AIでプログラムしてあればやってもらえる時代が

2020年代のあり方ですね。


それでここで「経費」としてAIを導入していけば

それがすごい費用対効果を発揮する時代になる。


だからIT とか AIってのが

格差を進める本質でして


ここで資本主義脳を持ってる人はそれを活用して

どんどん資産拡大するし


逆に労働者脳ってのは共産主義的な価値観が

背後に控えるけど、そしてそれに自覚がないものですが


そうなるとどんどん格差は広がり、大変になってしまうのですね。

格差を縮小させるためには多くの人に資本主義の上記のような

経費とか投資思考を教えればよいのですが


どうもそれは不都合な人(役人たち)が

多くいるからそうなっていない。


それでトランプのバックのキッシンジャー博士ってのが

「これからどんどん 経済も多極化して

大企業たちばかりではなく


スモールビジネスオーナーたちが生産性をあげていき

彼らがそれぞれAIを活用すべき」

という経済思想ですね。


これは昔私が書いていたことでもあるんだけども。


だから、これからAIってのが極めて費用対効果が高い

経費落としの対象、設備投資になってくるので


そしてそれを私たちのような一般の自営業者も使う時代になるから

そこは私たち自営業の人間は意識しておきたいところです。


そしてAIってのは大企業がやたら宣伝してるけど

実際は開発費無駄にしてるだけで もっと安く

それ以上のものが作れるのが本当なので


それもいずれ ばれて行くでしょう。

(AI脅威論ってのは政治的なものです)


だから世間的にはAIが脅威だなんだなんていわれるけど

それはあくまで労働者的な価値観を疑わない人にとっては

脅威ってだけであって


資本主義の考え方を学んでる人間にとっては

脅威どころか収益拡大させるチャンスになりそうですね。


視点の違いによって大多数にとっては脅威と勝手に言われてる

AIは逆に大きなチャンスとなるわけです。


このような心持ができていれば

新時代がやってきてもうまーく、なんとか生き残れるかと

私は思います。


それでこういう視点とかは最近の新興富裕層たちの間では

当たり前だったりもするんで


彼らから学ぶのは大事だと私は思います。


では!










★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【無料動画】1年で6億4千万円を築き上げた
FXトレーダーから学ぶ!

【動画】年収6億のマインドセットとは?
⇒  http://yamanouchi-school.com/?p=72

<動画>【年収6億のFXトレーダーが「ろうそく足」を語る!】
⇒  http://yamanouchi-school.com/?p=86

<動画>【FXで年6億円を稼ぐ
山之内流 時間軸の法則とは!?】
⇒  http://yamanouchi-school.com/?p=170




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆












コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください