無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






(FX237連勝)【検証できないナマケモノな人でも検証できるようになる方法とは?】

2019 10月 21 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


どうもゆうです!

こんにちは。



さてさて、この前から開始している

FXで237連勝のこの方の無料案件・・・


今日の夜まで 10月21日(月)23時59分まで

ということですので

是非お早めにチェックしてみてくださいね~



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


検証できないナマケモノな人でも検証できるようになる方法とは?


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




さてさて、それでなんにしてもこの案件、

すごいのが


もうあらゆる通貨と時間足でこの方ってのは

裁量で1000回以上は検証をしている方、

なんですね。


それなので「検証の鬼」と書いています。


それで世間の人はきっと

「237連勝」って聞いてやはりこれは

なかなかできないことですから、


「すごい」となっていて

「ロジック知りたい」となるわけですが・・・



ただやはり本質は


この億万長者の「彼」ってのが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
検証をめっちゃしてきた人間である
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

っていうことですよね。



それで正直、世の中には

「稼げるロジック」「稼ぐ方法」

っていうのはもう

星の数ほどあるわけです。



それこそ例えば、

MA10、20、75なんかを

使ったトレードで


4時間足~日足でピンバーを基準した

売り買いの戦略、ってのも

すごい有効ですよね。


例えば、クロス円関係で売りピンバーだけで

それで



売りピンバーがMAのどれか自分が検証した

期間にタッチしている場合、



ピンバーの安値よりちょっと下でエントリー、

髭より上の高値でストップ置いて

利益確定は 


1ダウ理論で安値更新したらトレールで

高値にストップ下げる


2もしくは新しい売りピンバーや売りエンゴルフィンバー

が出たらまたその高値にストップを下げる


の1+2のトレールルール


なんかで普通に利益ってのは上がるわけですよね。



これは極めて、シンプルなルールだったりします。


その他にも原理原則を使った、そんな

取引手法なんかは沢山あって


稼ぐ方法なんてのは山ほど世間にはあふれているわけですが

けど

「稼ぐ人は少数」っていう問題があって


これが資本主義の面白いところで謎な部分ですよね。


「みんな稼げる情報とかは大体最近は

ネットの影響もあって持っているのに、


けどそれを活用できない問題」


これがおそらく「稼げない人のほうが多い」

っていう問題の本質だと私は最近考えてます。



そうそこで大事なのが

「実験する」=検証、テストする


っていう研究者みたいな思考ですよね。



それを学べるのがこの案件の彼のいいところで

そういう検証する心を学ぼうみたいな人は


彼が237連勝するロジックにたどり着くまでの

過程が学べるからこの案件面白いと思います。




⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/




それで実験、検証しましょうっていっても

それは多くの人はできない、やらないものなんですが


これはおそらく学生に 宿題しましょうといっても

やらないのと似ています。


やればいいのはわかってるけど

めんどくさくてできないよ~


であります。


それでこの 解決策は?

っていうのを私はよく読者のために考えるのだけど



これは私自身もよくやってることなんだけど


エントリーする前、またエントリーしてしまうタイプの

ポジポジの人はエントリー後でもいいのですが、


「直近の似ているチャート形状でその

トレードルールがどれくらいの勝率でリスクリワード出せるか」


ってのを 10回くらいは検証する


ってのが結構良いです。


というのが、多くの金持ちたちってのは

10回トレードしてマイナスになることは滅多にないわけですが


だからこの「エントリー前後の10回検証」

なんかは もし検証が習慣化できていない方は


意識してみると良いですよね。



例えば何かしらのトレードルールがあって

それでエントリーする前後に


「本当にこのトレードルールはちゃんと

負けないで利益計上できるものなのかな」


と思うんでしょうが


これは事前に検証していればそんなことは

起こらないわけですが


大体の初心者の人はそういう感情が生まれるわけです。


だから最初はもし検証できないならば

エントリー前後にまずは10回だけでも検証してみる


これが良いですよね。



それで例えばですが、

上記のプライスアクションを例にしますけど


「ピンバー」でも 

「どの波動で出てるか」で全然勝率や利益率は

変わってくるわけですね。



波動だとやはりエリオット波動が分かりやすいんだけど

例えばその売りピンバーがエリオット波動の


3波が始まると想定できそうな場所で出てる場合

(すなわち2波の終点と想定できる場所で出てる場合)






その売りピンバーが 調整波動のA~C波の

B波終点と想定できそうなところで

出ている場合・・・



だと当然ですが勝率もリスクリワードも

全然変わってくるわけです。



ちなみに「エリオット波動とか意味不明」って言う人は

ネットで検索して学んでみてください。沢山情報出てます。



上記のような10回検証なんかではエリオット波動は

分かっていたほうが精度がすごいあがりますんで。



それでその「ピンバー」で仮に

特に満足もなしにエントリーしていた場合、


それはたとえば エリオット波動で

2波終点と想定できそうな場所で出てるピンバーだったと

します。



そのときに「直近のチャートで2波終点で出てる

ピンバーを10回は検証してみる」


わけですね。


日足とか4時間足なら検証する時間は沢山あります。



これはもう既に初心者の方でポジションを持ってしまってる

状態ですから


おそらく脳内でアドレナリンが出てるから

この際の10回の検証作業ってのは


自分の収益に関わるものであるため、

行動心理学とかも関わりますが

結構真剣にできるはずです。


それでここでエントリーしてしまった後でも

検証してみるわけですね。


「エリオット波動の2波終点の売りピンバーの

勝率とリスクリワードは・・・」


と。


そうすると???



これは私も全通貨全時間足 を検証したわけではないですが

ただ大体の通貨と時間足で


「あんまり芳しくない結果」が出ると思います。


それでここで検証を10回でもしてみたら



「自分がそのあんまり芳しくない結果が出る

その根拠で勝負しちゃってる」


と気づけるので


そこでポジションを大した含み損や含み益出ていない段階で

一回整理できますよね?



こういう場合は優位性のある根拠がないのですから

トレードする意味がないので撤退したほうが良いとなります。


こういうのも「ポジションをエントリーする前後で

10回の検証」をやるだけで


おそらくできるようになってくるでしょうし、


それで徐々に

ポジポジ病は治せるんですね。


こういう投資とか投機の心理を治す方法論って

日本語ではあまり出ていないものですが


実は上記のやり方は


「今まで検証やらない人がちゃんと検証する

検証マンになるために」


有効です。



それで検証できるようになると

この237連勝してる彼のような人から学ぶことが

大変勉強になってくるわけですね~


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/


それで実はこの「波動の中で現れたそのトレードルールを

検証する」


ってのは結構良くて、


やっぱり大体検証した通りの勝率やリスクリワードに

なっていくものなのですが


例えば上記の場合は2波の終点で売りやっちゃってる

パターンを書きましたが

(初心者に多いエントリー方法)


が、ここで


「エリオット波動のC波と波動のカウント、

想定できそうなところで


ここで売りピンバーが出た場合」


ってのもあったりするわけですね。


それでこれは最初のうちはポジポジ病で大した

検証もしないでエントリーしてしまったりするわけですが


これも4時間足とか日足だったらまだ

含み益、含み損拡大するまで時間がありますから、


その間に10回は検証してみるってのをやるといいですが


そこで「C波と想定できそうなところの

売りピンバーは直近10回くらいの相場だと

どんな成績だろう?」


と検証してみるわけです。



そうすると、大体が結構良い成績だったりすると思いますが


「あ、、じゃあこれはこのままこの10回の検証の

内容でそのままルール通りに利益をトレールで伸ばせばよいな」


とかは分かってきます。



ちなみに私が謎なのが

「時間の使い方」であって、


よくネットを見ると

「上がった~下がった~」と一喜一憂してる人って

いませんかね?


あの人たち、たぶんほとんど資産築けていないわけですが


たぶんですがエントリーしてるから

アドレナリンが出てしまってそれで一喜一憂して

興奮状態なんだけど・・・



もしそうやってネットとかツイッターで一喜一憂してるなら

その間に

「自分が仕掛けてるトレードルールがちゃんと

直近相場で機能してるか」


を検証でテストかけていたほうがマシなんですね。

(※ちなみになぜ人はエントリー後に

ろうそく足の動きを「見てしまうか」っていうと

「動いてるから」です。


「動いてるのを見てしまう」ってのが動物である人

の性質です。


だから、みんな動いてるチャートに熱心になってしまって

一喜一憂するんだけど


その間検証してたほうが良い)


ちなみにこれは日々検証してる人なんかも

やはり再度の確認のためにやってたりするものです。



100回の検証と直近10回の検証だと

相場付きは10回の検証のほうが相場参加者が似てますから


直近10回検証でもちゃんと

勝率とリスクリワードを担保できてるか?


ってのは検証してる人にとっても

確認するのは大事なんですね。



それでここで大事なのが

何かしらのトレードルールがあると思うのですが



そのトレードルールってのも


波動の中で 1~5波、A~C波の中で

それぞれ出ているそのトレードルールでも


それぞれの波動ごとにやはり勝率とかリスクリワード比率とか

変わってくるものなので、



これは自分がエントリーしてるのと似てる波を

過去チャートで探して、


それで今自分がエントリーしているトレードルールが

その過去10回のトレードでどれくらいの

パフォーマンスかな?


ってのを調べるのは大変有効です。


これおそらく、多くの方が検証できていない状態

であるはずなので


まずはそこからやってみるとよいと思います。


そうするとこうやって「検証する習慣」にもつながりまして

実を言うとこういう工夫のほうが


ロジックより大事だったりもします。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/



要するに なんでみんなエントリー前に検証しないか?

っていうと


これは「金=マネーが直接的に関わっていないから」

ですね。


金=マネーってのはなくなったら本当に餓死とか

するんだけど


本質的には私たち人間の生存権に関わるものなんですが


ポジションをエントリーする前後ってのは

やはり人間、多くの人で緊張感が発生するんだけど


それはマネーってのが生存に関わるから、です。




だからこの心理状態のときはさすがに多くの人が

検証をしやすい、んですね。


これはカフェとか人がいるところで検証しやすいっていう

理由と似ていて


そこでも戦うための交感神経が優位なんだけど


そういうところだと宿題とか検証とか

しやすいんですけど


そういった人間の性質を利用した検証を習慣付ける方法が

上記のやり方です。


私なんかは子供の頃 、こういう工夫ばかり考えていて

当時偏差値とかが38とかから

1年~2年で75超えたりしたんだけど


これは受験勉強とか語学学習なんかでも

応用がきく話だったりします。


基本的には「人間やるべきことは分かってるけどやらない」

ものなんで


それをどうあなたにさせるか?

っていう考え方だけが重要です、実は。



んでこういう 方法は実はFXや株の塾とかでは教えられてなくて

ただ起業家系のアメリカなんかで心理学学んだ人が

やってる塾では教えられてるものなんだけど


それを応用するとよいわけですね。



それで、エントリー前後はさすがに検証しない人も

「まあ検証しないとな」と思える心理状態になってるんだけど


その中で上の「エントリー前後に(本当はエントリー前がよいのだけど)

そのトレードルールの妥当性を


似ている波動を見つけて10回は検証する」


ってのをやるといいですね。



それでこれのよいところってのは

これ10回でもやると検証数が100回超えますんで


そこで「今までポジポジ病の人もポジポジしなくなる」

わけでして


私なんかも昔この方法で結構ポジポジ治しましたけど

やはり有効な方法です。



それでこれやってるともう検証数が貯まってくるので

そして検証をちゃんとエントリー前にもしっかり

100回200回とやることは普通になってくるので


検証が習慣化できたりするわけです。



これは強いですよね。


多くの人が検証できない中、自分は検証できてるわけですから。



それでこういう習慣化を知っていたら・・・


この案件も活用できるでしょうし


237連勝をしたロジックをあなたの

ほうで検証して あなたなりに活用できる

可能性は上がりますね~

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/




だからちょっとした工夫なんですが、


こういう工夫の有無だけで

人間の資産量とかは全然何百倍・何千倍レベルで変わってしまう

ってのが今の世の中なんですが


そこでちょっとした知恵を使うのは大事ですね。



ちなみに私が上記のようなことをよく書くのは

検証しましょう、検証が大事だ、


ってのは多くの人が知ってるけど


できない、わけですよね。


「じゃあそのできない心理は何か?」って考えるのが

大事で


そうやって上記のような工夫って沢山出てくるんですね。



例えば、私はこのメルマガを立って書いてることも

増えてますが、


ほんとちょっとした差なんだけど


座って検証してると肩こったりしますが、

立って検証してるとあまり肩こりませんね。


だからスタンディングデスクなんてのは良いでしょうし

それだけで検証が習慣化するか否かを

分けてしまったりします。


それが人間・・・


だから実は「検証する人が少なくて

検証できない人が多い」


ってのは結構心理学とか人間の傾向を理解してる必要が

あるんだけど


その中でも有効なのが上の

エントリー前後に10回は似た波動を探して


それでそこで検証していく


ってことですね。



これは時々書くんだけど、これやっていたら

嫌でも検証数貯まってくるんで


その人の脳みそが徐々に統計思考に変わるわけです。


まあだから 今検証すればいいのは分かってるけど

できないよ、


って方は上記のエントリー前後に

10回そのトレードルールがちゃんと機能してるか


波動も見て検証ってのはよいですね~



たぶん その時間足で100回検証してください、

はできない人が多いけど、



エントリー前後にそのトレードルール10回は検証してください


ってのは誰でもできることです。



最近はスマホでゴロゴロしながらでも

直近10回くらいなら過去チャートがスマホのMT4でも

出てるから検証できるものです。



本当にちょっとした工夫ですが

こういった自分を理解したうえでのちょっとした工夫が


私たちの人生を大きく変えていくのが

現代ですので



是非今、何かしら変なポジション持ってる人は

「そのトレードルールは過去チャートで10回検証してみて

どうなのか」


を検証してみるといいでしょう。


そうすると含み損抱えてるそれがまったく

統計的には意味がないから

手仕舞いするべきだ、なんてのも分かってくるでしょうし。



それで色々なルールがありますが

それは上記のようなちょっとした工夫で


あなたの生活に検証を落とし込むことで


それは「机上のロジック」から

「あなたの資産を増やす武器」に変わっていきますので



是非 上記のようなことを意識して

検証を継続していきましょう~~




それでは!



ゆう







■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

世界トップクラスの237連勝
神すらもあざむく、究極の錬金術を学べる
FXの魔法学校が存在するそうです!


【今日10月21日の夜まで期間限定】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■







追伸・・・ちなみに

エリオット波動なんかも考慮して


そのエントリーや決済ルールを

再度10回確認する


ってのは大変良くて、


なぜかというとこの検証方法は現状


EAのバックテストなんかの検証やAI検証では

まだうまくできないことなんですね。


エリオット波動のカウントってのは人間だと

視覚的にエリオット波動の形が分かってるから

一目で簡単にできるんだけど

(チャートを数秒見ればエリオット波動は見えてくるようになる

慣れてくれば)


機械だとそうでもないんですね。



だから波動も1~5波、A~C波と

ありますが

そのトレードルールが


直近波動の中でどれくらい当てはまってるか?


みたいな検証は人間のほうが得意と言えます。


だから上記のような検証法がありますね。


プライスアクションとかと相性の良い検証方法です。


これやるとエリオット波動の各波動で出てくる

プライスアクションなりのマイルールがそれぞれ別物だ、

って気づいてきます。


それでこういう検証も ポジション持ってない状態だと

いまいちやる気が起こらない人も


ポジション保有前後のアドレナリンが出てる状況だと

できるものなので


その性質をうまく利用して検証を習慣化していくと

いいですね~




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

世界トップクラスの237連勝
神すらもあざむく、究極の錬金術を学べる
FXの魔法学校が存在するそうです!


【今日10月21日の夜まで期間限定】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

























コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください