無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【「中国がヨーロッパの面倒をみる時代」について 副島隆彦氏の最新言論から考える!】

2019 10月 20 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【「中国がヨーロッパの面倒をみる時代」について
副島隆彦氏の最新言論から考える!】
⇒編集後記で

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

世界トップクラスの237連勝
神すらもあざむく、究極の錬金術を学べる
FXの魔法学校が存在するそうです!


【明日10月21日の夜まで期間限定】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/

なんでも、その魔法学校で学べるのは
勝率100%で負け知らずの手法。

1日たったの5分で
億万長者を目指せるとか。

たとえ、
あなたがFX初心者でも、
ゼロからスタートしても、

エントリーも決済も
自動で決まるので
すぐに利益に繋がって、

月収100万円、300万円、
500万円と次々に稼ぎだすことも
可能というので本当に驚きです。
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


どうもゆうです!

こんばんは!



さてさて、ここ最近ですが

私も政治経済金融を学ばせていただいてる副島先生の

最新言論が 重たい掲示板で公開されました~


それでここで、「中国がヨーロッパの面倒を見る時代」

について書かれていまして


大変興味深かったです。


やはりもうこれからの時代は中国が世界を

引っ張っていくことになるんでしょう。


編集後記で!




■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【10月21日夜まで!】
FXで237連勝した彼は「研究者思考」を持っている!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■




さてさて、この前開始した

FXで237連勝を記録したトレーダーさんの

案件が人気ですね~


内容としては以下のようなものになりますが、






★「神すらもあざむく」究極の錬金術★

 プロのトップトレーダーが
 3年かけて作り上げた、

 『究極の15分足ロジック』が、
 ついに初公開。

★FX初心者でも簡単に再現できる!?★

 月収100万円、300万円、
 500万円と欲しい収入を好きなだけ
 魔法のように利益を生み出す。

★1日5分あれば、それでOK★

 成功確率8割、9割では物足りず、
 成功率100%を目指し、
 忙しい方でも億万長者を、いとも簡単に
 狙っていける新時代の稼ぎ方。

★圧倒的な勝率★
 世界最高レベルの衝撃の237連勝を、
 叩き出す圧倒的なトレード術。






この方、実は私のメルマガ読者さんでもありまして

特に検証しまくってる方であるので

かなり勉強になると思いますので


【明日の月曜日深夜まで】


の無料案件ですのでぜひ見てみてくださいね~



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/




さて、以下はクロスリテイリング株式会社の

KATSUさんより

あなたにメッセージです!

==================

こんにちは。FX-Katsuです。

いよいよ明日、
10月21日(月)お昼12時から、

「FX魔法学校 無料講座」

の第1弾の動画をお届けしますので

まだ登録されていない方は

こちらから登録して明日の動画を確認ください。


【明日10月21日の夜まで期間限定】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/

237連勝という、
信じられない記録を生み出した、

禁断とも言える、
究極の錬金術。

そのヒミツが、
FX魔法学校で明らかになる。

運命の瞬間が、
迫ってきましたね。

海外から来日した、
そのスーパートレーダーの方は、

実に20年以上も、
この方法論を研究し、

おそらく世界で一番、
この「神の法則」を、
深くまで知り尽くした人物。

実は僕も、
この理論を研究したことはあります。

でも、彼のように、
深いところまで、
たどり着くことはできなかった。

そして237連勝のような、
とんでもない勝ち方は、
もちろんできなかった。

このFX魔法学校は、
無料講座としてお届けしますが、

ここで語られることは、
20万円、30万円を出しても、
知る価値があると思います。

これまでの無料講座とは、
ワケが違うし、次元も違う。

あなたがこれから、
年収1億円、2億円といった、
億万長者にたどり着く。

この無料講座はそのための、
「裏ルート」と言ってもいいでしょう。

本当に怖くなるくらいの、
お金が流れ込んでくると思います。

ただしこれは、

「神すらあざむく、禁断の稼ぎ方」

だということ。

本当に公開すべきかどうか、
僕たちも確信を持てずにいます。

だからこそ、
あなたからの意見によって、

本当に伝えるべきかどうかを、
判断することになると思います。

まだ詳しいことを、
お話することができず、

あいまいな表現ばかりで、
申し訳ないのですが、

明日、10月21日(月)お昼12時の、
第1弾の動画をご覧いただければ、
謎は徐々に、解けていくでしょう。

【無料登録がまだの方はこちらより】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/




前回もお伝えしましたが、
大切なことは、

・必ず僕たちからのメッセージを見ること
・動画をご覧になること
・コメントを書き込むこと

この3つ。

この3つだけは、
必ず実践するようにしてください。

1つでもサボってしまうと、
今後のメッセージが、
届かなくなる可能性もあります。

本気で1億円、2億円という、
収入を「禁断の錬金術」で実現したい方にだけ、

この情報を伝えたいと思っていますので、
その点はどうかご了承ください。

第1弾の動画は、
明日、10月21日(月)お昼12時に、
公開予定です。

運命の瞬間を、
どうぞ楽しみにお待ちください。


【無料登録がまだの方はこちらより】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/



==================



以上です!!



それで今回登場の「彼」ですが、

実は私のメルマガ読者さんでもありまして


以前対談音声にも出ていただいた方ですね。




それでこのように書かれていますが




海外から来日した、
そのスーパートレーダーの方は、

実に20年以上も、
この方法論を研究し、

おそらく世界で一番、
この「神の法則」を、
深くまで知り尽くした人物。

実は僕も、
この理論を研究したことはあります。

でも、彼のように、
深いところまで、
たどり着くことはできなかった。

そして237連勝のような、
とんでもない勝ち方は、
もちろんできなかった。




彼なんかは東南アジア中心にずっと滞在して

そこで検証しまくった人物です。



なので「検証の過程でこの数年たどり着いた

何かの原理原則」


がありまして、


そこでなんと今回237連勝まで

今年達成してしまった、


という方ですよね。




⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/





それでこの「彼」いわくおっしゃってるのが

以下のようなことです。

↓↓


=====================


光の裏には、影がある。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
それは自然の法則であり、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
世界の法則であり、神の法則でもある。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
このロジックは、
あなたが想像している以上に、
危険なものとなるかもしれない。

ここで1つ、想像してみてください。

あなたがもし、5000万円、1億円というお金を、
毎年、勝手に振り込まれるようになったら、
どのように感じるでしょうか?

世の中の大半の人たちは、
汗水たらして、毎月20万円、30万円を
必死になって稼いでいる。

でもあなたは、仕事をしなくても、
世界中のリゾートで、カクテルを片手にのんびり過ごしながら、

毎月300万円、500万円、1000万円と、
使い切れないほどのお金を手にする。

そんな世界が現実のものになったら、
あなたは平常心でいられますか?

そしてそのお金を、
正しく使うことはできますか?

多くの人は、
自分の器以上のお金を受け取ってしまうと、
人生を滅ぼしてしまうような、愚かな判断をしてしまう。

詳しいことは、
無料講座の中でお話したいと思いますが、

このロジックは、

「稼ぐ覚悟と責任を受け入れられる人」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
だけにしか、お伝えすることができないんです。

エントリーも決済も自動で決まるから、
FX初心者でも迷うこともないでしょう。

あまりにもシンプルに、
そして、圧倒的なスピードで稼いでいて、
さらに長期的に利益を積み重ねている。

だからこそ、この稼ぎ方は、
素晴らしいものになる可能性もあり、
人によっては危険なものとなる。

まさに究極の錬金術であり、
神の法則を、世界で初めて方法論に落とし込んだもの。

これを知る覚悟がある方は、今すぐ、
こちらから無料登録をお済ませください。



【明日10月21日の夜まで期間限定】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/


=====================


以上です!!



それで今回の案件ですが



光の裏には、影がある。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
それは自然の法則であり、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
世界の法則であり、神の法則でもある。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



ということが書かれていますよね。


ちなみに、稼いでるトレーダー、投資家ほど

この「神」とか「自然の法則」っていう言葉を

使う傾向がある、って気づきませんか?


例えば以前扱った野田さんの案件でも

「神の法則」

っていう言葉は出てきたと思いますし


FXNさんのときも

サイクル理論の話で


メリマンさんの占星術の分析ってのが実際のところ

相場に影響を与えている、という話も書きまして


それをジョージソロスとかモルガンとかが

利用しているのだ、っていう話を書いたと思います。



それでこれがとても大事なことで


「資本主義で勝つ(すなわち負けずに儲かる)

そんな人ってどういう人だろう??」


っていうことですよね。



そう、これは

「みんなが発見していない、重要性を理解していない

自然法則を理解して、それを活用する人」


であったりするわけです。


よく言われるのが日本人ってのは

自然法則を活用していくのが苦手だ、


ってことなんですが、


実際に稼ぐ人ってのはこの

「自然法則」をうまく活用できる人、ですよね。




例えばですが、エリオット波動という以前扱った

法則がありますが、


あれも自然法則ですよね。


1~5波までの波が上昇のときは上昇で形成されまして、

そしてA~C波の調整の波がやってくるわけですが、


例えば「波」ってのはやはり波動といいますが

自然の法則性が働いてるわけです。


これには実際天体の動きなんかも影響してると

言われてます。



また面白いことに

3波の長さは1波の長さの

フィボナッチの1.618倍になることってかなり多いですし、


それはまるで

「神が存在していて相場を動かしてるかのような」

そんな感覚ってありますよね。



相場ってのは多くの人間の心理が集合したものですが

それが集合すると、


これ自然界の法則が思いっきり機能して動いてる

なんてことはよくあることです。


フィボナッチなんかは自然界の法則として

よく使われますけど


例えば相場がレンジしているときなんかは

フィボナッチの38.2%と0%の間で

うろちょろしている、


なんてのもよく見ますよね。


みんな自分で自分の意思で動いてるつもりなんだけど

その動きとか意思そのものってのが


自然界の法則に支配されている・・・


ってのがこれ人間の経済活動ですよね。


その「自然法則」ってのを見つけて

自分のお金稼ぎなどに利用していくってことが


日本人は苦手とされるのですが、


それを学べるのがこの案件ですよね~




【明日10月21日の夜まで期間限定】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/




それでどの分野でもそうなんですが

「稼いでる人はどんな人なのか?」っていうと


やはりそれなので


「研究者」みたいなタイプの人が稼ぐんですね。



例えば検証やデモでも


「このような自然法則を活用した

トレードルールは一体勝率何%でリスクリワードはどれくらいで

機能するだろう?」


みたいな感じで


自分で仮説を立てて、検証をしたりするわけです。


そこで「お、これ結構強いルールだな」みたいのが分かってきて

ロジックとかマイルールってのが強くなっていくものですが


それは実験者とか研究者みたいな視点ですよね。



一方、稼いでいない人はどういう人か?っていうと

この研究者みたいな視点がない人だと思います。



「とりあえずこれで儲かると言われたから

とりあえずリアルマネーでいきなりギャンブルのように勝負して

なにも データもとらず、自分の気分通り取引する」


みたいな人ですよね。


こうなると完全に心理がプロスペクト理論通りに

動いて、


それで「コツコツドカーン」で負けたりするわけです。


大体の人は「コツコツドカーン」で負けていく。



これってのは研究者のような視点がないからですよね。


研究者視点があれば


「このロジックはなかなか面白そうだ。


よしちょっとテストしてみて、それがどのように機能するか

検証やデモで調べてみよう」


みたいなそんな感じのアプローチから入るのですが

だからそれは


小学校のときやったと思いますが

「理科の実験」の考え方です。


「こうやってみたら どうなるか?」


をひたすら、検証やデモでやってみる姿勢、


これが検証の姿勢ですよね。


それで、そこでダメだったら修正をかけて

また新しい仮説を立てて実験(検証・デモ)を

するわけですが


そこで徐々に「強いルール」なんかが出来上がってくるものでして


その強いルールってのは検証してるのが自分しか

いないのですから


自分の「マイルール」になるわけですね。


そして自分で検証しているから「統計的な自信」とかは

存在してるわけでして、


だから「ルールを守る」ってこともできるようになるわけです。


そういう意味でこの「研究者視点」ってのは

実はめっちゃ大事だと私は思います。



よく「○○やってみた」とかネットであると思うのですが

今の時代って価値が置かれるのが


情報を活用してそれをやってみてどうだったのか?


みたいなところでして


多くの人は研究結果を望んでたりする

わけですね。


それで今回の案件については

この「彼」が実際に色々莫大な何万回もでしょうが

検証をこの数年してきて


「このルールでやったら237連勝できちゃった」

みたいなところを色々明かしてくれるようですので


なかなか価値が高いと思います。


【明日10月21日の夜まで期間限定】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/




それで今回の彼なんですが

実は

「もろに研究者タイプ」なんですね。


私が以前に彼と話したときは確か

年収で2000万円くらいだったと思いますが

今は年収で1億前後になってるはずなのですが


その間もどんどん「研究」をしまくったようです。


ちなみに「研究」ってのはもう実験のようなもので

それはFXでいう検証ですよね。


「この自然法則を生かした損きり、利益確定ルールは

実際どのように機能するか」


ってのをとにかく繰り返して実験していくわけです。


チャートがあればその実験が簡単です。


それでこの「実験」は検証とかテストとか私は言いますが

その実験を積み重ねると


「すごい強いルール」が見つかったりするのですが

そこではどうしても「自然法則の強烈さ」を感じるものです。


「自然法則ってのはこんなにチャートの

価格形成に影響してるのか」


みたいなところが分かってくるわけですね、

実験していると。


だから一番の成功の近道は


「自然法則を組み込んだロジック(裁量用のトレードシステム)を知って

それが実際にどのように機能するか

実験(検証)してみる」


みたいなところです。


こういう「研究の心」みたいなのを持った人が

結局稼ぎますよね。



【明日10月21日の夜まで期間限定】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/




ちなみに・・・これは例えば恋愛の分野でも

一緒だったりします。



私は生きてきて色々 研究、実験を自分なりにしていて

自分なりのルールみたいのを知っているのですが



例えば恋愛では「女性に100人アタックして

その成約率はどれくらいか」


みたいなところで数字に落とし込む人って

やっぱりモテるわけです。



これは完全に尊敬されない話を書いてますが

やはり恋愛分野なんかでもこの「統計」とか「実験」の

考え方って当てはまります。



ちなみに元々キャッチとかナ ん,パとかして

結果出していた人ってのは

投資も強い傾向があるのですが


実はこれは統計っていう根本的な考え方が一緒だからです。


婚活しているけどうまくいかない、と悩む人はいるけど

それは実は投資でうまく儲からない、と悩んでる人と


根本の解決策は一緒です。


それでどういうことか?っていうとFXでは

実験、検証をするわけですが


恋愛でも同じで「自分は100人の異性にアタックして

ライン交換を何%の割合でできて、


なおかつそこからライン交換してデートにこぎつけるまで

何%か」


みたいのは考える必要は本当はあるんですね。


それでここで最初は明らかに数値が低いのですが

ここで「じゃあどうやってこの数値をあげていこう」となると


トークの組み立て方、

および服装、髪型、体型、ボディーランゲージ・・・


と色々と要素はあるわけですね。


例えばなのですが、私が以前に実験したことなのですが

「服の色」なんかはかなり実験してみたことがあります。


例えば、女性と話すときに

「赤い服」や「黄色い服」や「黒い服」や「白い服」

があると思うのですが・・・



その中でじゃあ一番 上記の数値が上がるのは

どういう色の服装だろう?


と私は実験したことがあります。


これはよくそういう恋愛の相談してるような仕事してる人が

「○○色の服がいい」なんていうけど


それはFXでいうロジックに当てはまりますけど

これってやっぱり

「自分で実験、検証してみないと分からない」

わけですね。


それで実際に 色々な色の服を着て女性にアプローチしてみる

わけですが


結果・・・


黒い服


が圧倒でした。私の場合。



ホストやキャッチがなぜ黒い服を着るかってのは

だから彼らなりの経験=統計学です。



それで赤や黄色よりおそらく黒か白が強いんでしょう。

これは私は理由が分かりませんが


やはり実験してみると黒い服とかのほうが

女性は無視しないし、比較的話てくれたりする

わけですね。


また格好でも 「HIPHOPの格好」とか

「ホストっぽいスーツ系の格好」とか

「原宿っぽい格好」とか


私が実験した当時はあったけど

これもやはり「スーツの格好」が一番成約が

上がりやすい格好であるわけですね。



これは結構実験していくと色々見えてくるんだけど

例えば、


「肌が美白で白い男」と

「肌がガングロで日焼けサロン丸出しの男」


ですが、


どっちがモテルだろう?と考えたとき、

おそらく常識では前者のほうがモテるとされます。


が、実際に実験したら分かりますが

「日焼けサロンに行かない状態の白い肌でのアプローチ」



「日焼けサロンに行って松崎シゲルみたに日焼けした肌での

アプローチ」


ですが、


どうみても前者のほうが数字はあがりそうですが

実験すると・・・


そう後者のほうが圧倒的、です。



だから世間の常識は嘘ばかりである、ってのは

自分で研究、実験して初めて分かってくるんですよ。


あとは「髭は不潔」とされますよね?現代社会では。


昔、髭ってのは武将とか偉人ははやしていたわけですが

現代人は西洋から入ってきた文化で

明治あたりから「髭をそれ」と命令されて髭をそるように

なってきていまして、


それが清潔だ、という常識、(洗脳)がされているわけです。


が、髭なんかは自然に生えるものであって

それは人体で必然性があるから生えてくるものであるわけで


それを剃ると肌が痛むし、雑菌がつきやすくなるし、

本当は清潔の逆であるはずなんですが、


とりあえず現代では髭がないほうが清潔だ、とされる。


が、あなたの周りで「髭はやしていない人と

髭はやしてる人、どっちがモテる傾向があるか」


を見てみるとよく分かると思う。


私の周りだと髭を生やしてる人はやっぱり女性に

モテる傾向がある、と私は仮説を持っていたのですね。


んで、これも実験してやってみるわけです。



「髭生やしていない状態」と

「髭生やしてる状態」で女性の反応はいかほどに変化するか


ってのを私は以前やったことがありまして、


結果・・・


「髭が生えてる状態だと無視される確率が激減する」ってのに

気づいたわけです。


実際に女性は「髭剃りなよ~」とか言うんだけど、

実際はけど、私とLINE交換してデートしてたりする

わけですね。



これは女性が表向きは

「優しい人がタイプ」と言いつつ、

実際付き合ってるのは「男尊女卑のとんでもねーやつ」

ってのはよくあることだと思うんですが


人間ってのは男も女も実のところ

自分の本当の本能的な好みとかそういうのを

表層の意識では理解していないわけですね。


例えば男性だと「沢山の男と しまくっている

そんな尻軽女は嫌だ」


と表面的には言います・・・が、


実際のところ、男性は、すごい真面目な女性と

めっちゃ自由奔放の遊び人のギャルが並んだら、


どうしても後者が気になってしまう、

というのはあると思います。


これも「言ってる事としてる事が違う事例」ですが

そんなことって恋愛の分野では大変多いですよね。


それでこんなことってのも

「実験してると」色々見えてくるわけですね。


だから実はこの「研究者思考」ってのは

何もFXや恋愛だけじゃなくて

ビジネスでも一緒ですし、


結局統計的に考えて

その数値を上昇させるために

工夫を続けて実験を続けた人が


あらゆる分野で果実を手にするってのが

実のところ現代の特徴です。



FXでも、

「このトレードルールで

リスク1リワード1 もしくはリスク1リワード2だと

どっちのOCO注文のほうがより数字が出るか」


みたいなところで実験したりするわけですが


ここで「自分なりの正解」は導き出すことが

できるわけですね。



そういう意味で「研究者思考」を身につけるってのが

実は今の時代最も大事なことでしょうが


その中で今回の「彼」ですが


徹底的に チャート上で 実験、検証をしてきた男

なんだけど


彼の場合は検証数がもう多すぎて

最近発見したルールだと


「237連勝」ということです。


なので彼のルールを知って、あなたが検証していくと

色々と成長が早いと思いますから


ぜひあなたが研究者思考を身に着けたいようであれば

見てみるといいでしょう。


逆にこの辺の思考が身につくと、

もうどんな分野でも結果が出てくるわけですね~



そして大変重要なのが

「世の中の人でこういう実験とかをやってる人って

ほぼいない」

のが私が大人になってわかったことでして


こういう実験=検証、テストをやってる人が

少ないので


それをする人は1人勝ちしてしまうわけです。


ちなみにこれはFXや恋愛だけではなくて営業分野でも

同じですし、


こういった考え方の人は

もう今の時代はめっちゃ強いってことですよね~


そういう意味で検証、実験をしまくってる

彼に学ぶのは意味があることでしょう
















■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

世界トップクラスの237連勝
神すらもあざむく、究極の錬金術を学べる
FXの魔法学校が存在するそうです!



【明日10月21日の夜まで期間限定】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■








===========編集後記===========

さてさて、私のメルマガで扱っていた大きなテーマってのが

「これからの世界の覇権国ってのはアメリカから中国に

徐々に移っていく」なんてことで


当時2010年くらいから中国がアメリカを抜いていく未来に

なっていくということを書いていたわけです。


当時なんかは「中国崩壊論」なんかも日本ではよくされていたのですが

ただ好き嫌いで見ないで分析していくと


どう見ても中国が次の覇権国になっていく・・・なんてことは

当時分析できたわけでそれを書いていたわけですね。


それで、最近も米中貿易戦争とか言われて

中国がこれから大変になると言われていますが


やはり好き嫌いとかではなくてそうはならないでしょう。


それでいずれ私たちが生きてるうちに

かなり近い未来、「中国がヨーロッパの面倒見る時代」に

なっていきます。


それで今日はその辺について副島先生の

最新言論が勉強になるので見てみましょう!


====================
副島隆彦です。以下の記事のとおり、

イギリスの BREXIT (ブレグジット、EUからの離脱) は、

EU首脳との 合意が出来ず、失敗のようだ。


たとえ、欧州委員会(ヨーロピアン・コミッション)が、

形だけの合意をイギリス政府としても、

そのあと、また、イギリス議会でゴタゴタとごたつく。



 そうなると、ボリス・ジョンソン英首相は、

自分の 堅い約束どおり、


「EUと合意できない場合でも、
10月末に離脱を強行する」を 実行するだろう。


もうこれ以上の延期も、総選挙も、国民投票も、
今すぐは、出来ない。 


BREXIT は、Britain exit
(ブリトン・エグジットと発声する。
ブリテインとか、ブリテンではない 。

×「イ」グジットではない、はっきりと、「エ」グジットだ )の略だ。



 なぜ、イギリス(国民の多数派 と 権力者と支配層たち)の

強硬離脱派が、こんなに焦って、

EUからの離脱を、無理やりにでも実行しようとするのか。


しかも、この10月末に期限を決めて。


それは、ドイツ銀行の破綻の際の、救済の処理で、
2000億ユーロ(24兆円)とかの分担金を、


イングランド銀行と英財務省が、
出さされることを嫌ってだ。


それを拒否するために、何が何でも
「今のうちに、EUから脱出しなければいけない」と
イギリス人が考えているからだ。

 だから、今以上の イギリスへの移民と
外国人の流入を阻止したい、もう面倒見切れない、

というイギリス国民の保守的な願い の他に、

イギリスの支配階級は、ヨーロッパの金融危機に直面して、
イギリスが、これから次々と負担をさせられるのが、
本当にイヤなのだ。 


だからブレグジット(UEからの脱出、離脱)だったのだ。 



 イギリスは、(無)関税同盟
(EU内では、すべて関税が無い。連邦国家への道)

その他の、おいしいEUのルールには入っていたい。


だが、「そんな虫のいい話を、誰が、許すか」と、
EU各国の首脳たちは怒っている。

 ドイツのメルケル首相は、いよいよ腹をくくって、

「私が、ドイツ銀行の破綻を処理して片付けるわよ」と

覚悟した。


処理しなければいけない負債総額は、

3兆ユーロ(360兆円)のようだ。


 その15倍の、5300兆円(45兆ユーロ)の、

デリバティブ取引の残高がある。



これを、強制解約(契約の溶け合い、溶かし合い)を、

強硬にやって、95%の取引を無効、無かったことにする。



この手口は、2008年のリーマン・ショックの時に、

アメリカ政府が、実行したやり方だ。


あの時は、

アメリカ政府は、「政府の救済で処理した負債総額は、

4兆ドル(400兆円)」と、あとあと発表した。


しかし、真実は、その5倍の、

2000兆円(20兆ドル)だった。



 世界の金融都市だったNYを襲った

リーマンショックに先立つこと10年の、


1998,9年の、日本の金融危機

(山一証券の破綻から始まり、長銀=ちょうぎん=を天王山として、

大手の銀行までが、次々と破綻した)のときは、


日本政府が出した救済資金は、合計140兆円だった。


これで軒並み大銀行から、地銀、信用金庫まで助けた。 


このとき、小淵恵三首相が、苦しんで、自分のことを

「オレは、100兆円の借金王だ」と呼んで、

脳出血で倒れて、死んだ(2000年5月14日)。



 ドイツ政府は、今度のドイツ銀行破綻の処理で、

決意して、200兆円ぐらいを出すだろう。


中国が、60兆円ぐらい支援するだろう。

日本は、お付き合いで10兆円かな。


アメリカは、前回書いたとおり、トランプが、


「そんなカネは、1ドルもない。

アメリカは救援資金を出さない」となる。 



 あとは、IMFと世界銀行が、60兆円ぐらいか。

私は、このような予測、予言 を立てている。


中国がドイツを助ける(救済する)、ということは、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ヨーロッパ全体を助ける、ということだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アメリカと、イギリスは、英米同盟で、

ここから逃げる魂胆だ。


 ということは、欧米白人同盟である、

西側同盟( the West、 ザ・ウエスト)に

大きなひび割れ、亀裂が生じる。


中国が、ヨーロッパの面倒を見る、という時代が来る。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


======================


以上です!!



それでこれからの大きな流れとして

「中国が資金力を使って、お金がなくてヒーヒー言ってる国々を

助ける」


みたいなそんな事態ってのはかなり増えてくるんだろうな~

というのは分かりますよね。


ちなみにですがもう 今後2020年代前半~中盤あたりに

どんどん

「先進国の矛盾」ってのは明らかになってきます。


ちなみに数年前から書いていたのが

「政府の統計には不正があり、日本の官僚たちも

不正をして日本が豊かに見えるように偽装している」


なんてことであったのだけど


最近は厚生労働省の統計偽装なんかも出てきてますが

あんなのは氷山の一角であって


これからもっともっと アメリカと日本と欧州という

ジャブジャブマネーをしてなんとか市場をもたせてきた


先進3カ国で「矛盾」が出てくるんですね。


これはよく扱うことでもありますが、

本当はアメリカの債券市場ってのはリーマンショックの時に

破綻していたわけで


そこでドルってのは終わっていたはずだったけど

そこで「禁じ手」であるQEジャブジャブマネーをやって

なんとか買い支えをして


死に体であった債券市場を持たせた、ってのが

真実ですよね。


ちなみに以前に書きましたが、

「債券市場と株式市場の関係」ですけど


これはアメリカの株があがる仕組みってのは自社株買いが

実際はほとんどなんだけども、


企業が社債を発行しまして、その社債なりの債券を

FRBが買い入れしてマネーが市場に流れるわけで

それがQEだったりしますが


ここでそのマネーが企業の自社株買いに回って株が上がる

なんて仕組みだったりしますが



こうやって先進国は株だけは高く、景気がよいように

偽装してるってのが事実なんですね。


ちなみにトランプ大統領もNYダウの偽装を

よく批判してたものだけど


今はもう大統領ですから、さらにひどい偽装をしてるのだけど

おそらくというかほぼほぼ間違いなく


彼ってのは「バブルを拡大させて一気に潰す」のが

本当の目的です。



だから、これから数年間、世界で一番大変な地域が

既存の先進国であって


それが日本であったり、ヨーロッパであったり

またアメリカであったりする。


それで、ドイツ銀行問題なんてのも出てきてまして

これももう副島先生の話だともうそろそろヤバいんだろう

っていう話ですが、


ただこれはいつなのか?は私も分からないものの

警戒して、何かあっても大丈夫なようにポートフォリオで

準備しておりますが、




ここでイギリスってのは「なんとか逃げたい」ということ

ですよね。


離脱して、そしてEUで出た大きな負債の責任は

俺にはないよ~ ということで


逃げ切りたいイギリスです。


ちなみにイギリスなんかはやはりずる賢くて、

もう中国上海とイギリスのシティのほうで


これから金の値決めの決定権を持っていくとも

言われていて


最近の金ゴールド価格の決定時間が

NY時間から中国市場の開場あたりに移ってますので


どうも徐々に金の値決め権利ってのは

NYから中国上海に移りつつあります。


そしてその成長都市である上海と早めにくっつきたい

イギリス、っていう構図がありますよね。


ちなみにイギリスと言えば中国のAIIBに参加して

物議を醸しまして、これは以前にも扱いましたが


もういち早く「これから中国が覇権国になりそうだ」

ってことでもうその諜報力で中国とくっついてるわけですが


ここでうまくイギリスが離脱してヨーロッパで発生するかもしれない

その大きなドイツ銀行なりの負債から逃げ切れるか


っていうところも注目ですね。



それでまあこのドイツ銀行のことってのは民間の情報で

一度こうやって出てしまうとどうなるのか、私にも

分かりませんが、


(私は将来は予測できない、という立場なんで)



ただEA運用なんかはこの辺落ち着くまでは

ユーロ系の通貨も荒れそうですから、


一方的な動きが出る下地はできてるから

気をつけて運用するのが大事ですよね。


EAやシステムなんかでも一方的な動きが出ると

弱いシステムの場合はやはり 裁量いれてストップ入れていく

なんてことも大事でしょう。



それで・・・これからの時代2020年代なのですが

「アメリカや日本やそして欧州」なんかの先進国3地域で



「金欠状態」ってのがこれからかなり

顕著になってくるんだろうってことです。



>>
処理しなければいけない負債総額は、

3兆ユーロ(360兆円)のようだ。



なんて書かれていますが


「そんな360兆円もの金、だれが出せるんだよ」


っていう話になるんですが・・・



そうここで登場するのがやはり中国になってきます。


だからこれはかなり先進国には屈辱的な展開でしょうが

「先進国が調子乗って 金融ゲームでレバレッジ効かせた

ギャンブルゲームをしすぎたため


短期的には先進国は繁栄したけど

長期的にはバブル崩壊で衰退していき


そこでじっくりと実需で成長してきた

中国にお金の援助をしてもらって助けてもらう」



という展開になってきますよね。


だからこれからヨーロッパやアメリカやまた

日本なんかが倒れる可能性があるのですが


そして倒れるってのは、具体的には

今までゼロ金利状態を続けてきた、もしくは低金利状態を

続けてきた国の債券金利、


特に10年ものなんかの金利が一気に4%、5%と

あがって、国債格付けが下がっていくような事態のこと

でありますが・・・



そういったことが2020年代中盤前後ですね、

この辺にやはりどうしても想定できてしまう。


「バブルの時間延命力はどれくらいか?」とかそういうのも

過去の事例から検証で考えたりするんだけど


そうなるとどうしても

「そんなに先進国バブル経済の余命は長くない」のですね。



これは多くの人がなんとなく分かってるけど

言葉では認識していない現状だけど


今の世界ってのはよく中国バブルだ、とか言われるけど

それは金融を良く知らない人の発言であって


金融緩和規模なんかを見るとどう見ても、

バブルは先進国でこの数年起こってるんです。


「先進国バブル」です。


それで歴史の教訓として「バブルは必ず崩壊する」

でありまして、


やはりその事態に備える必要がありまして、

私が海外移住したのもそういった事態でも生き残れるように

であったりします。



それでここ最近だと欧州らへんが こう

バブルが延命できるのかどうか、臭い感じですが



ここで・・・そう、「中国はもう準備してる」んですね。


これは以前に

中国が主導するファンドであるAIIBのこととか

あとはBRICS開発銀行のことを書いたことがありますが


実は中国やロシアが準備してるこれらの機関ってのは

それこそ昔アジア危機でIMFが助けに回ったけど

(が、実態は、その国々がIMFの支配下に置かれたといっても良い)



今度そのIMFの代わりをするのが

中国が絡む AIIBとかあとはBRICS開発銀行でして


ヨーロッパやアメリカがこれから倒れていくとしたら

そのAIIBとかBRICS開発銀行が

そのIMFなんかがやっていた 


資金を貸す役割ってのを代替していくわけですね。


それで重要なのが、これはもう人間関係の全てに

いえることなんだけど


お金を貸してる人にお金借りてる人は逆らえない

わけです。


これが大事です。


世の中みんな平等なんていうけども・・・


実際はそんなことなくて

債権者が債務者よりも強いわけです。


こういうことを学校は教えないけど大人なら

分かってる事実です。



それでこれが国家間に拡大してもそれは同じで

もしある国や地域がうまくいかなくなって破綻状態になったとして


それが例えば中国やロシアから支援を受ける形になるわけですが

やっぱりもう債権者と債務者の関係でありまして、

逆らえないんですね。


それでこんな状態がこれから出てくるってのが

かなり明白にこの2019年は見え出したな~

ってことですね。


それで実際に今世界で一番金持ちはどう見ても

中国であります。


特に金持ちといえば、その文字通り、


金ゴールド をどれだけ持ってるかみたいな見方にも

なりますが


この金を最も保有してるのはアメリカではなく

中国なんですね。


アメリカのフォートノックスに金ゴールドはあると

言われますが、本当はタングステンというゴールドに似たもの

がゴールドバーとして置かれているだけであって


本当に世界でもっともゴールドを保有してるのは

中国でしょう。

(もしくは日本も天皇や財閥が莫大な金塊を持ってるという

噂もありますが、 金ゴールドと日本円の相関を見ると

その噂も馬鹿にできない。)



それでこれから 結局資金力があるのは

中国ですから、


ヨーロッパなんかも崩れたときに、

そこで中国の助けになる、なんて事態が普通に


これから見られるんでしょう。



だから今までは先進国と言われた国の人たちが

なんと中国やロシアなんかのBRICSに面倒見てもらう時代

に変わっていくわけですね。



ただこれはもう既に日本なんかでも見られる光景で

大阪の多くのお店ってのが中国の観光客なしでは

事業を営めなくなっているわけであって


そう見ると多くの日本の店舗も中国系の需要がないと

成り立たなくなってきてるわけですが


このように今まで先進国だった国々の人々が

(日本以外の)中国をはじめとした

アジアの人々に面倒を見てもらう時代ってのが

おそらくやってくるわけです。



それでもう数年前にこの動きってのはメルマガで追って

書いていて


だから中国やロシアってのはBRICS開発銀行とか

AIIBの創設を急いだって話も書きましたが



いよいよそれらにヨーロッパやアメリカや日本なんかが

将来的に中国のお世話になる時代が来るのでしょうね。


まあなんとも時代は変化するものです。



ちなみに私は今マレーシアのカフェでこの号を書いてるのですが

私の目の前でなんか サッカーのパーティーがありまして


数千万円のランボルギーニが5台くらい登場して

ブンブーンという音で行進してました。



もう東南アジアのマレーシアなんかは昔は貧しいという

イメージでしたが


最近はやっぱりこのマレーシアなんかも

豊かになってきておりますよね。


ということで大きくこの数十年常識であった

主に白人圏で構成される先進国地域ってのは衰退を

していき、


その代わりにBRICSなんかが台頭していき

そして既存の先進国たちは金融の場面でかなり追い込まれて


中国やロシアなどのお世話になるという時代になりそうですので


今はまだそんなの想像できないなんて人が多いでしょうが

実際にもう先進国の貧しさってのは誰の目にも見て明らかですから


早めに世界の変化に対応できるように準備を進めておきたい

ところです。


私より上の50代以上くらいの世代なんかだと

「今までの先進国支配体制が崩れることなんてない」

という感じなんでしょうが


実際はもう世界運営の中心機関も

G7から新興国たちを含めたG20になっているわけでして


嫌でもこれから大きな流れとして先進国が

衰退していき、


そして今まで発展できなかった新興国たちが

世界の主役になっていきそうですね。



それで既存先進国は借金なんかをこの新しい新興国たちに

作ってしまうわけであって


今までは白人圏が強かったわけですが

これからアジアや中東あたりが強くなっていきまして


彼らアジアや中東の国々が白人圏の国々に

お金を貸してあげる、という事態が現れてくるのでしょう。



もうこの今までの既存の先進国と新興国の

優劣逆転ってのは嫌でも

海外にいると感じるのですが


(5つ星以上のホテルはアジア系や中東系の客ばかり

になってきてるけど


3つ星、4つ星くらいのホテル、

もしくはゲストハウスみたいなところに

欧州系の人が泊まるように

なってきてる。)



これからもっとそれはあからさまになってきそうですね。



まあなんとも時代は変化するものです。


が、これはチャンスといえばチャンスであって

日本人はそもそもアジア人でありますから


うまーく、今までの欧米従属から逃れていけば

ひょっとしたら成長中のアジアにうまく乗っかれる人も

出るかもしれません。

(国単位だと難しいかもしれませんが

個人単位ならそういう人が出ると思われる)



日本という国はこれからも衰退が続くでしょうが、

その中で個人は生き残るためにも

自分たちの地域であるアジアに重点を置くのは

大事でしょうね。



時代の変化に対応することが

これからの私たちに求められますね。


それでは!



ゆう





追伸・・・ちなみに欧米なんかの頭の良い

若い学生たちはもうこの大きなアジアが中心になる時代

なんてのを良く理解していて、


だからもう最近は中国語マンダリンを勉強しだしておりまして

中国語学習してる欧米人が明らかに増えてます。


もうこれからアジアの時代になっていくので

それにあわせて価値観修正をしていくのが大事ですね~



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

世界トップクラスの237連勝
神すらもあざむく、究極の錬金術を学べる
FXの魔法学校が存在するそうです!


【明日10月21日の夜まで期間限定】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/41/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■











コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください