無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【アメリカも日本も欧州も「先進国全体が低金利になる時代」 について考える!】

2019 9月 09 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【アメリカも日本も欧州も「先進国全体が低金利になる時代」
について考える!】
⇒編集後記で

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

メルマガで期間限定で許可いただいて特別価格で

公開できていたTHE THIRDですが


今週の金曜日13日の深夜に現行価格から

10万円ほどの値上げになりますので

気になってる方はお早めにどうぞ



【メルマガ読者様☆限定特典☆】

⇒  http://the-third.net/tokuten/



(参考:テレグラムの分析を使いながら

裁量で危ないところはストップしながら

危険性の少ないところだけEAを回していく


THE・THIRDですが


安定型利益分で回していくハイリターンが

先週もなかなか良かったようです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼9月2日~9月6日運用成績

http://the-third.net/img/907high.png
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【メルマガ読者様☆限定特典☆】

⇒  http://the-third.net/tokuten/




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



どうもゆうです!


こんばんは!!



さてさて、私はここ最近色々

「うれしいこと」がありました、笑



というのは私のメルマガの長い読者さんがいらっしゃって

以前に結構メールいただいて、よく政治経済の話を

やり取りしていた方だったんだけど、


その方、私のメルマガで購入いただいた塾で色々

試行錯誤しながらもご自身の自立性と努力で成長重ねた方なんだけど、


今日はその方が所属してる塾の販売者さんから

久しぶりに連絡あって

その私の読者さんが 5000万円前後稼げるようになった、と(笑)



まあうれしいですよね、単純に。

こうやって忘れた頃に、連絡が来たりして知るんだけども、

多くの方がゼロから実力つけて、


それで人生を前に進めていく姿を見るのはどんな映画見てるより

おもろいですね。


私のメルマガはあくまできっかけでその方の努力が

あったからなんだけど、

このご時勢で0から5000万円前後の資産作ってるってのは

素晴らしいと思いました。


それで私の情報がちょっとでも役立ったのならば

超うれしいな、と。これこそ生きる実感だ、っていうことで

うれしかったです。


ちなみにこの前私の仲良い友人の起業家の訃報があり

落ち込んでいたのだけど、

元気出た。


ちなみに稼ぐ金額を1億円目指すって感じだと人間は

潜在的に数千万円で止まりやすくなりますが


稼ぐ金額の目標を5~10億円、とかに置くと

1億円は通過点になると思いますよね。

そうやって少し先に目標を置くと強いです。


いや~それでその方なんかは私より年上の方なんだけど

やはり年齢とか関係ないっていうか

その人次第だな、と思った次第です。


それで最初壁が必ずお金稼ぎってあるんだけども、

その壁ぶち破った方ですね。


それでこの方なんかは徹底的にリスク管理も塾で学んだわけですが

結局

「負けないこと意識する=最強」ってのが


今日感じたことです。




ぜひ資金管理なんかも意識して

THE THIRDなんかは100%とは言いませんが、

3年4ヶ月利益が出続けてるものは


知ってる人ほどびっくりする内容なんで

(正直、50個以上のEA検証して生き残ったのがこれ。

だから本来 業界の相場では

39万8000円で売る内容なんですよね。

今は相当無理した価格でがんばってもらってる)



是非見てみてくださいね~



【メルマガ読者様☆限定特典☆】

⇒  http://the-third.net/tokuten/



さてさて、それで今日は

世界経済について考えて見ましょう~~


まあやっぱり注目は「トランプ様の利下げ圧力」ですよね。


それで、日本ではゼロ金利、マイナス金利と来て

多くの人が貧しくなって、それで10月の消費税増税で

もっと貧しくなってしまうけども、


世界的にもこのゼロ金利の波ってのがこれから

出てきそうだ、と。


世界中が「日本化」すると。


これについて パウエル議長とトランプ大統領のやり取りや

FOMCのことなんかも含めて

考えます!




編集後記で!




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【9月2日~9月6日運用は週利9%だけど
資金管理で守りを固める!】


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




さて、それでこの前公開して人気の

THE THIRDですが

あと数日で値上げの予定ではあります。



現在既にシステム会社がシステム発行をしているところですが

これからサポートに注力していく予定ですね~




さて、それでこのTHE THIRDですが

9月2日~6日ですが 安定型の利益分で

回していくハイリスク・ハイリターン型に関しては

9%も利益が出てるってことですね。


基本は安定型で利益がたまったら

そのたまった利益でハイリターンで回していく

ってものだけど、


安定型が今回のTHE THIRDはメインですが

ハイリターン型も1年3ヶ月だったかの運用期間で

現状負けていないようです。



以下 事務局さんからです~

↓↓

===============

【9月2日~9月6日運用】週利9%の威力!


ゆうさんのメルマガ読者の皆様、

お世話になっております、
システム運営事務局の市原です。


昨日のメールにて、
募集期間に関して言及させて頂き、
値上げについてもお伝えさせて頂きました。


もし今悩んでいる方・検討している方は、
お早めにご決断を頂けたらと思います。

ゆうさんの読者様限定特典を
手に入れることができるのも今だけとなります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ゆうさんの読者様☆限定特典☆】

⇒  http://the-third.net/tokuten/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


そしてすでに参加された方々は、
システムの導入が完了し、
来週より、いよいよ運用開始というところまで来ています。


そんな中、

「ハイリターンも興味があります」
———————————-

「どれくらい利益がでているのですか?」
—————————————-

といったご連絡もいただいております。


まずは低リスク運用で
===========
毎月着実に資金を増やす
============

という事を本システムはコンセプトとし、
その先に興味がある方は
ハイリターン運用も実践していただく。

といったご案内をしていますが、
早くも興味を持たれている方がいましたので、
お伝えさせて頂きます。

参考のひとつとしてご覧ください



弊社では、
低リスクの運用とハイリターンの運用、

それぞれ複数の口座を持ち、
リスクヘッジをしながら運用をしております。


その内のひとつの口座、
運用資金100万円です。

現在約180万円ほどまで増えておりますが、
単利でハイリターン運用をした結果、

今週の利益は93,616円でした。
~~~~~~~~~~~~~~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼9月2日~9月6日運用

http://the-third.net/img/907high.png
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


運用資金100万円に対して、
利益約9万円なので「週利9%」という実績です。


毎月5~10%程度の利益を
コツコツ積み上げていく
低リスク運用に対し、

1週間で9%の利回りを出した、
ハイリターン運用、大きな利益ですよね。


特に今週はユーロドルの動きも大きかったので、
上手く利益を抜き取ることができる相場でした。



『週の利益が9%』はとても魅力的な数字ですが、
やはりリスクもゼロではありませんので、
低リスク運用で増えた利益や余剰資金で、
運用することをお勧めします。


あくまでも低リスク運用を先行して、
~~~~~~~~~~~~~~~~~
その先にハイリターン運用をご案内しています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼自動と裁量を融合させたTHE-THIRDシステム

⇒  http://the-third.net/tokuten/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ご相談やご質問がある方は、
お気軽にご連絡をくださいませ。


▼メールでのお問合せはこちら

info@the-third.net


それでは、よろしくお願い致します。




システム運営事務局
市原



===============


以上です!!



それで今回のハイリターン型ですが

なかなかすごい利益が出てるってことですが、



ただ一応注釈で書いておきますと、


これはTHE THIRDだけに限らず

全てのFXや株式なんかのトレードにおいては


「破綻リスクはあります」ってことですね。


なのでそのために資金管理なんかの考え方が

とても大事です。



これは以前にPDFにしました。


■■■■■■■■■■■■■■■

PDF【「徹底した資金管理」で「利益倍増!?」】
http://fxgod.net/pdf/third_shi……nkanri.pdf


■■■■■■■■■■■■■■■


資金管理のアイデアについては上記で

書いてますが、


やはり重要なのが最初に破綻リスクから見る

ってことですよね。


その現実と向き合って、

上記のような資金管理で工夫していって

確率収束させていく、ってのが


ビジネスマン(投資家)ですよね。


それで上記のようにちゃんと破綻リスク、

資金がなくなるリスクをしっかり考えつつ


仕掛けていってそれが数年経過していくと

負けずに資産は徐々に増えてきて


気づいたら数千万円、数億円・・・と

なっていくってのが複利の面白いところですよね。


私なんかは上記のアセットアロケーションで

アセットクラスが違うもので


ちゃんとポートフォリオ組むってのは

実は神レベルトレーダーの根崎さんに教えていただいたのだけど



これはもう今でもすごい役立ってますし

すごい資産増加に貢献した知識です。



上ではFX+金(実物)の組み合わせのアイデアを書いてますが



例えば、今回のTHE THIRDは違うけど

クロス円の買いメインのEAでしたら

そして円高が進んだから含み損が増えてるタイプのもの


ならば


それに+金ゴールド +日経オプションのプット買いのみ

なんかをあわせていくヘッジ戦略もあります。


だから実はその個人の資産の多さってのは

アセットアロケーションっていって


こういうアセットの組み方が

一番影響するって話です。



これはもう数十万円の塾とかで学ぶ話で

発展編ですが、


もう知っておいて良いと思います。



ちなみに、最悪なアセットの組み合わせは


ドル円などのクロス円の買いばかりのFXロジック

+

先進国(米日欧)の株買い

+

不動産

+

米国債


みたいな組み合わせは「最悪」と言えます。


なぜか答えられますか?



それは今は世界はもう アメリカ⇒日本⇒欧州の

順番でQEジャブジャブマネー金融緩和してきて


それでアメリカの債券金融市場がリーマンショック後

一度死んだけどそれを買い支えて延命させてるんだけど、


そのジャブジャブマネーが流れてるのが

上記の債券とか株とかの市場だからですね。



だからドル円が円高になる地合いでは

当然 日経平均なんかも崩れていく可能性が高いし

また不動産なんかにもジャブジャブマネー入ってますから

これが崩れることは想定できるし、

また米国債なんかの債券価格も下がってしまうことは


想定しておかないといけないわけで


ぜんぜん組み合わせとしてヘッジにならない

わけです。



一方、これから アメリカが金利を下げていくでしょうから

近いうちにFOMCでそれらの方向性が


私が支持してるアメリカやくざのトランプ大統領の圧力によって

示される可能性が

高いですけど


そこで金価格は上昇を崩されても高値更新していく

可能性は高いですね。



だからそういう安全資産をアセットとして

ちゃんと保有して


その上でFXや株なんかの少しリスクが上がる

ものを組み合わせていくってのが


重要なことです。


ちなみに私たち日本人は上記のような

アセットアロケーションの考え方とかを


まったく義務教育で学んでいないわけでして・・・


だから大人になった今学ぶ必要があるってことです。



ちなみに上記ハイリターン型ってのは

週間の利益で9%ですからなかなかなものですが


今まではこういうのに対して

「お~大もうけできる!!全額突っ込もう」

みたいな人が結構いて、そういう人は破綻リスクを考えていないから


なんだかんだ調子が悪いときに資産を飛ばしてる

ってのが近年の歴史です。


負けてる人の思考は上記のようなものです。



一方 生き残って資産を着々と増やしてる人たちってのは

上のように 安定型で出た利益だけをハイリターンに

割り振ったり

とかそういう保守的な資金管理をしてるのだけど


まさに 保守、守ることを保つ、ですが

これをした人たちが資産を増やしてるってことですね。


以前にボクシングの

「守り・ディフェンスの神」であるメイウェザーの話を書いたけど



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

PDFレポート
【資産運用】まずは毎月5%・10%と着実に積み上げていきましょう
http://fxgod.net/pdf/geturi5percent.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



以前に動画を扱ったけど

イメージトレーニングとして見ておくと良いです。


【動画】ボクシングのメイウェザーのディフェンス集
https://youtu.be/bQYeSXpC244



攻撃を仕掛けつつも、

この完全な守り、ディフェンスを

ビジネスや投資でも意識していくってことですよね。



それで資金管理で言うと上記のようなアイデアがある、

ということになります。



だからこの辺を理解して

自分で私もあなたも、


精神的に自立して、独立して


それで投資に向き合う必要があるってことですよね。




ちなみに本当は、

事務局も私も 3年4ヶ月以上も結果出てるEAなんて

世間にはほぼ出ていないんだから


もっとこんな資金管理も書かずに

ただただ 儲かりました~~  だけ書いてればよいのかも

しれませんが


ただ「それだと必ずいつかどこかの時点で資金を溶かす」

のですよ。




これが市場っていうリングの上で戦う

投資家、ビジネスマンの現実なんです。




要するに利益しか見ないで入ってくる人ってのは

依存心マックスのやばい労働者脳の人ですが

そういう人は 自分で自立して稼ぐってのは難しい。


自立と依存は間逆だから。



資産を1年だけ増やすじゃなくて

資産を あなたが生きてる間、ずっと死ぬまで増やす


ことを考えることが大事です。



人生は何か事故や大病がない限りは

1年で終わらないんですね。


あなたも私も、何かなければ

これからこんな大変な世界を

数十年生きていく可能性のほうが高い

わけです。



だからそこで「数十年」という単位で

資産の増加戦略を考えていくってのは大事で


その中で「負けないためには」っていう思考が

大事になるんです。



冷酷な現実として



情報弱者と言う人たちは 儲けてるところばかり見るけど

情報強者という人はリスク算定から考えて

そして確率を考えて仕掛けていく


わけです。



それでTHE THIRDの事務局が

分析として会員さんに伝えてるのが

以下のような内容です。




===============


お世話になっております。

今週は月初のためISMや米雇用統計、
EU国内総生産などの重要指標が複数並んでおります。

またEURUSD相場も先週末から
大きく下落し1.09台に入っており相場としても
若干不安定かなと思えるところです。


少し悩みましたが、
弊社での夏休み明けの本稼働は来週からスタートを予定しております。


最近参加された方はこの1ヶ月まともに
稼働できていない状況かと思いますが、1%でも利益を残すという事、
リスクは極力回避することを目的としておりますので

焦らずやっていきましょう。

ただそんな状況下でもハイリターン運用をしている方々は
大きく利益を取っていますが、

もちろんリスクもゼロではありませんので、
ロットを落としたり定期的に出金するなどの
資金管理は徹底するようお願い致します。

ご参考に頂けたら幸いです。

引き続き宜しくお願い致します。


===============

以上です。


また昨日だと




お世話になっております、
システム運営事務局です。

最近ご参加された方々へ。
現在システムファイルを一人ひとりの方へ発行する作業を
弊社でしており、少しお時間を頂いております。

お待ちいただき大変申し訳ございませんが
もう少々お待ちくださいませ。


尚、来週以降の相場状況に関しましては、
明日以降改めて共有させていただきます。

何卒宜しくお願い申し上げます。」



ということでサポート等に注力しているとのことです。



それで、3年4ヶ月に渡って利益出してるのですから

もっとよくある仮想通貨のコミュニティのように


「やった~~大もうけした~~うれしい~」

みたいな感じか?というと違うんですね。



仮にハイリターンで週間9%の利益出ても



ただそんな状況下でもハイリターン運用をしている方々は
大きく利益を取っていますが、

もちろんリスクもゼロではありませんので、
ロットを落としたり定期的に出金するなどの
資金管理は徹底するようお願い致します。」


と書いてるのが事務局さんの姿勢です。



私はこれが立派だと思って紹介したいな~と

思ったってのがありますね。


勝った勝った~って一喜一憂していたら

特典付きの紹介見送ってたと思います。



まあやはりこういう冷静な姿勢って大事ですね。



利益が出て調子乗って

アドレナリンでまくりの状態を継続してしまうと

必ず後で足元すくわれる、


ってのは私も以前経験したことなんだけど、


そういう「姿勢事態」を学べるのがこのTHE THIRDの

良いところではないかな?と個人的には感じます。




世の中には楽しいことや面白いこと

そして辛いことや悲しいこともあって


それらで感情というのはとても大事だと私は思いますが


ただこと お金=マネーのことについては

常に冷静で いることが大事ですね。


そしてそれは言うは易し、行うは難しだけど、

それを徐々にできるようにするってのが


投資やビジネスの成長なんでしょう。


ということで事務局さんもシステムファイル発行などを

1人ずつ行ってる状況ですが


そろそろサポートに注力していくために

安定型の稼動も今週から再開になる予定なので



この値段の募集は今週中、金曜日あたりには

終了していこうという流れになってるので


ぜひお早めにチェックしてみてくださいね~





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


▼自動と裁量を融合させたTHE-THIRDシステム

⇒  http://the-third.net/tokuten/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆














===========編集後記============


さてさて、それで今日は上に書いたように

私の読者さんでかなり大きく稼げるようになった方の報告を

事務局さんにいただいたんでまあうれしかったです。




やっぱこのご時勢で0の状態から5000万円前後まで

努力次第では資産引っ張ることができる今の時代って

すごいと思います。


ちょっとでもそれらに貢献できたのなら

大変メルマガ発行してる人間としても

うれしいですよね。



ちなみに最近だと私の読者さんで

現金化はみなしていないだろうけど


数年前に「金価格は上がる期待値が高すぎて

買ってないのはどうかしてる論」をずっと書いてたんだけど



買うのはその方の自己責任でしたが

判断基準はかなり書いたので、

そのかたがたの時価総額も上がってますよね。


基本的には私自身、読者全体の資産を仮定して

その時価総額を上げるには?みたいな視点も持ってるんだけど


もっともっと負けないで資産増やす人が増えればな

と思ってます。


ちなみに思想としては トウ小平の先富論を元にしていて

先に豊かになった人がまだ豊かじゃない人に

考え方教えて それで金持ちが増えればいい、


っていう今の中国の真似をすればよいってのが

私の思想ですね。


ただやはりその思想だとお金持ちは徐々に増えていく

と思う。


それでこれを日本中でやればいいのに、とも思いますよね。




さて、それで多くの読者が気になってる金の動きなんかにも

関わりますが、


やはり今市場関係者で注目されてるのが

「世界的低金利」です。



それで、最近、マスコミの経済報道で少し

「論調の変化」があるのにあなたは気づきますか?


そうです、「世界の経済が急速に悪化してる」というのを

よく報道するようになりましたよね。



以前は私がマスコミ批判していたのが


「世界中が不景気なのは明白なのに、

マスコミたちは景気が良いと嘘をついてる」


ということだったのだけど


なんと捏造ばかり繰り返す

マスコミが正直に景気が悪化してるってことを

言い出した。


これは少し驚きの 転換ですが

実際はほかの分野では歪曲報道が多いわけです。



それで「急になぜマスコミは景気悪化という

本当のことを言い出したか?」


っていうことだけど



これは単純で、「トランプの大統領選挙の再選の妨害のため」

ってのが一つ考えられるわけです。



ちなみにですが、マスコミってのはマス(大衆)メディア

だけど そこでマスメディアが、

「景気悪い」って言えば みんな「景気悪い」って

言い出すんですが


となると市場はあまり崩壊しづらいのですね。


これ分かりますかね。


要するにマスコミが 「景気絶好調」とか言ってるときは

相当恐慌とか崩れに気をつけないといけないし、


逆に「景気悪化がやばい」ってときは

結構市場の状態がよくなったりします。


これはなぜ 逆現象が起こるのか?っていうと

以前に書きましたが



本当は個人投資家の損失とかが

証券会社だけじゃなくて自民政治家や大企業や

官僚たちに還元する流れがあるんですよ、日本には。


これはタブーです、が、一部の投資家は

情報を諜報機関レベルに取ってるので知ってる内容です。



だから個人投資家はめ込むために逆の報道がされる

ってのがマスコミの傾向としてあるので覚えておくと良いです。



だから私なんかはNYダウなんかはもみ合ってるけど

高値を

いずれ更新するんじゃないかな、なんてシナリオも見てます。


ちなみに実はこの「マスコミの論調の間逆に売買する」

ってこと「だけ」で1億円の資産築いてる投資家もいますんで

これはある種 手法なんだけど


100%ではないけどかなり精度高いですよ。

(その代わり論調を読める文章読解力は必要)


それで、なぜ マスコミが急に正直に景気悪化を

報道してるのか?


だけどまず一つは 上に書いた

トランプ再選を防ぎたい、ってのがあるでしょうが


もう一つはトランプ側の事情も絡んでいて


「トランプが今の株の高値を維持していくため

そこで FRBに大幅利下げとQEジャブジャブマネーを

再開させようとして、


マスコミに圧力をかけて景気悪化を宣伝させてる」


という見方もありますが後者のほうが

政治バランス的にはあるのかな?


というところですね。


マスコミはトランプを攻撃してるつもりだろうけど

実はトランプの手のひらに乗って景気悪化を報道しちゃってる、

と。



ちなみに、ぶっちゃけアメリカ大統領選挙の状態なんだけど

「トランプ大統領の圧倒的優位」はあるんです。



民主党はボロボロですよね。


ただ一応民主党がそれでもなんとかトランプに

立ち向かうためには


そこで不景気だ、不景気だってことを報道する必要がある。



それで特に 


民主党の中は


軍産官僚側と、

本気の左派(バーニーサンダースやエリザベスウォーレンなどなど)


がいるのだけど



ここで本気の左派がマスコミに不景気を報道させると

結構強くなるので

それもあって マスコミたちが不景気をあおってる

ってのがあるでしょう。



ちなみにこれは世界のマスコミ論調の特徴が

あるんだけど


マスコミのバック、背後はやはり

政治影響力として エスタブ官僚なんですよね。



それでこのエスタブ官僚も、

世界的な 反エスタブ、反上級国民の流れは

理解しながらも


一番彼らが嫌なのが「右サイドから攻撃されること」です。

保守のトランプみたいに。


逆に彼らエスタブ官僚からしたら

まだ「マシ」なのが 「左から攻撃されること」

でして


これだと根回しして骨抜きにできますから、

だからできれば 反エスタブであっても、

左からの攻撃のほうがマシ、と


世界の官僚たちは考える傾向が

ありますよね。


だから日本だと 本当に日本の官僚たちが

嫌なのが、


N国党です、本当は。

右からの攻撃ですよね。


逆に比較的マシ、と官僚たちが考えてるのが

れいわ新撰組でしょう。


これは左からの攻撃ですが、まだ

その後次第ではなんとかなる、と官僚たちは

考えるから、


だから日本ではN国党は徹底無視、

またN国党と合流しそうな青汁王子は徹底無視

ですが


そこでれいわについてはやたら報道してる

ってのはそういう大きな政治の流れがあります。



それでアメリカでも、

やはりマスコミは トランプ大嫌いですが


ただ大統領選挙では左派に勝たせたいってのは

あるでしょう。


だからそこで 不景気報道をあえて繰り返してる

ってのはあるかもしれない。


が、それ自体がトランプの手のひらに乗っけられてる

戦略であるかもしれない、ってことですね。



というのは今度、9月18日に

制作決定会合のFOMCがありますけども


ここでどうも 早ければもう9月18日のFOMCで

7月末に次いで 2度目の利下げはありそう、

なんですよ。


短期金利の引き下げですよね。


まあ仮に9月ではなくても10月11月あたりまでの

FOMCでもう利下げ方向は確定していく可能性は

高しです。



それでこれがトランプのずる賢いところで

リベラルマスコミたちは結構

頭があんまし良くないってのは

ぶっちゃけありまして



そこでトランプの再選防止のためにと思って

不景気を報道してるけど


トランプとしては「ほら不景気なんだから、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
利下げしないとまずいぞ!!」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と、圧力をパウエルFRB議長にかけられるんですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


それでFRBは2015年から ジャブジャブマネーの反対の

資産圧縮で QEで買い込んだ債券を放出していくQT

をやってるんだけども


これももう8月あたりから辞めるような感じになってきてます。




ちなみにFRBの資産額の増減は時間ある方で

英語分かる方は

よく見たほうが良いんだけど



今までは毎週 このFRBの総資産額は

QT=ジャブジャブマネーの反対 によって

減っていたのですよね。


ジャブジャブマネーをすると、総資産額が増えて

ジャブジャブマネーの逆の資産圧縮をすると

総資産額が減るんだけど



今までは毎週このFRBの総資産額は減っていた。



が、これが8月以降、増えたり減ったりの


あいまいな状態になってます。



だから今の2019年9月初旬の状況は?

環境は?


っていうと


まだFRBのパウエル議長は

トランプ大統領様の求める 金利の大幅下落や

QE再開のQE4まではやっていないものの、


もう従来の利上げ姿勢をやめて、小幅な利下げを繰り返して


今までの利上げの流れの資産圧縮をやめて


ジャブジャブマネーモードに再転換するかどうか??


みたいな 


「あいまいな状態にすることは

できてる」ってことですね。



んでこれから 本格的にトランプとパウエル議長が

「仕方ないから、 利下げとQEだ~~」

となりそうな前段階、ってのが今の状況です。




その根拠作りとしてマスコミの不景気悪化報道が

トランプ様に貢献しちゃってるってところですね。


こういう 駆け引きがトランプはうまいですよね、ほんと。




ちなみにトランプのツイッターの発言の

「建前と本音」ってのがあって


このツイッターを見るとトランプは

「アメリカは好景気なのだ!」

と連呼していて


そこで「好景気であってほしそう」

です。


が実際は彼のそれは建前で本当はトランプは

「一時的なNYダウの急落がほしい」ですよね。



7月末に利下げにアメリカのFRBが転じて

そこで株価などが急落して パウエル・タントラムと

呼ばれたけど、



9月もこれが発生するかもしれない。



ただトランプとしては本音ではそれは歓迎でして、

暴落や急落があれば



「おい、パウエル議長よ。

おまえがQE再開に消極的で 利下げも積極的にやらないから

だから株価暴落したんだぞ!!


おい、早く利下げとQE再開をしろ!」


と圧力をかけられるんです。



だから世界経済の悪化がこれから宣伝されると、

FRBの利下げとQE再開につながることが


考えられるんですね~



だからあなたにはマスコミを「裏から見る視点」

を知ってほしいんだけど


これは大学の政治学なんか学ぶとそういう視点が

できるんだけど


たぶん世界経済悪化だ~~ってマスコミが今以上に

騒ぐ事態が起こるかもしれないけど


そのときにみんな脳のプロパガンダ耐性がない人から

順番に


「世界経済悪化か??」とか

マスコミに洗脳されて言い出すはず。


が、そこで「これはトランプとしてはうれしい動きで

QE再開と利下げ圧力をパウエルにかけられるな」


と気づくことが大事です。


今はまだそれが起こっていないけど

上記のような流れが起こる可能性が高い。


大衆を常に「裏から見る」ってのが大事で

こういうことばかりしてると資産増えます。



ちなみに今、この アメリカのFRBの利下げに反対してるのが

銀行勢なんですけども、


この銀行界ってのはですね、

それこそ日本の銀行を見たら分かるけど


ゼロ金利やマイナス金利になると

利ざやが減ってもう 経営難になっていくわけですよ。



数年前に「日本の銀行はマイナス金利になったから

地銀が死んでいく」


ってメルマガで書いてるけど最近そうなってますでしょう?



だからアメリカの銀行たちもこのゼロ金利やQEに

大反対、です。


「トランプふざけるな」と思ってる。


が、それでも銀行たちってのはポートフォリオとして

かなり株式や債券を持ってますから


そこで金融が混乱してこれらの市場が崩れたら

困りますから、そこで不良債権が増えちゃいますから



だから金融混乱が大きくなれば、

この銀行勢力も トランプに反対できなくなるんですね。


トランプが「おいパウエルよ、利下げとQEを再開して

株と債券を買い支えろ」


と指示するんだけど そこで銀行界も

「そうだそうだ」と最終的には言わざるを得なくなる


っていう政治をトランプはしっかり理解して仕掛けていく

でしょう。



それで今はアメリカ債券市場では短期金利が

長期金利より高い金利の逆転現象が起こっています。



それでこれは よくマスコミが言ってる

「金利逆転は実体経済不況が近いのだ~」ってのは嘘で


っていうのは既に先進国の実体経済なんて昔から

不況なんですから、嘘なんです。


実際は単純に債券金融システムのジャブジャブマネーってのが

世界中で 米日欧で行われてそれで


長期国債が買われて、長期金利低下が続いて


以前にアメリカが利上げして短期金利が上がってるんで


短期と長期の金利逆転が起こってるに過ぎない。


それでこれからは


FRBの短期金利の利下げの方向性はあるけど

長期金利の低下の流れもさらに作られるから、


やっぱり金利曲線の逆向きはそのままになると。


この辺は田中宇先生が最近分析されていたのだけど

もう投資家は田中宇先生のメルマガとかは


年間で数千円で激安いから見たほうが良いですね。


最初は難しいけど、慣れれば理解できます。

(たぶん資産が多い人は数千万円、数億円の価値あり)


http://www.tanakanews.com/


それでもう8月末にはアメリカに

アメリカと日本と欧州の中銀幹部たちが

集まってジャクソンホール会議で 会議してましたが


そこでもう


「金利とドル為替をもっと引き下げるぞ~」

という認識で合意されたって話がある。


これは日本語ではなぜかあまり出ていない情報だけど

だから金利下がりますし、クロス円買いはちょっと

リスクあがるってことです。



それで今までは結局

「米ドル防衛」のために 以前の イエレン前FRB議長とかが

利上げに固執したわけですね。



そこで「日本はマイナス金利、欧州もマイナス金利、

けどアメリカでは金利付いてる」


ですからそこで世界中のマネーがアメリカに集まって

アメリカの債券市場買い支えに貢献したわけですが


これから「世界的な低金利」状態になりそうです。


それでこれからアメリカや日本や欧州をずっとゼロ金利状態にして

そこで 「どこもゼロ金利だから結局資金がドルから逃げない構図」

を中銀たちは作りたがってますが



世界中がゼロ金利ならば資金の逃げ場がなくなって

ドルの基軸性も崩れないという考え方、戦略を

中銀たちは考えてるわけですね。



だから世界の多くの中銀に これから「ゼロ金利強要」

がされるようになって


なんとかドルの基軸性を保ちたいってのが

どうも中銀群が考えてることです。



が、これは 一つ考えられる欠点があって

投資家はそうなったらどうするか、ってことなんですが


「どうせ金利付かないなら金のほうが資産逃避先として

優位性があるだろう」


と考えることは想定できますよね。



だからこれから FRBや仮に金利低下、QE再開(QE4)

に向かっていくなら


そこで金相場の上昇は期待できるとなります。


それで金が強くなるならばそれはドル円の円高方向の

圧力相関になりますから


ドル円は・・・やはり想定としては

2020年代あたりに100円割れていき


90円とか80円とかその辺もシナリオ想定は考えておく

必要はありますよね。


ただ金価格が強くなるとドルは弱くなりますが

(ドルの敵は金)


だからおそらく FRBとかの軍産官僚たちは

再開したQEの資金なんかを利用して


そこで金先物を売りはなってそこで


金相場を反落させたい、という動機は出てきます。



それで金相場に関しては

「米ドル防衛勢力のNY勢と


金価格の上昇を支える中国の上海勢」


っていうところの駆け引きが見えてきてますが、


金価格の国際価格決定権が

最近どうも NYからようやく中国上海に移りつつある

んですね。


これはいつか 中国上海に移るって言われていたけど

今年それが見えてきてます。


それで相場をアメリカのNYスパイダー先物で売り崩すけど

結局中国市場が開く時間帯あたりに


買いが入って売りが否定される動きが顕著になってきてますが


もう金相場の価格決定権は

どうも アメリカとイギリスから(イギリス諜報機関から)


どうも中国側に移ったっぽい。



だから急落は想定されるのですが実はこれは

チャンスで、かなり安値で買う機会を提供してくれる

ボーナスみたいな感じになりますが



そこでこれから貴金属市場が資金逃避先として

みなされる傾向がこれから強まりそうです。



だからこれから金相場なんかはシナリオ的には

株価の急落や あとはトランプが中国に表面上喧嘩うるんだけど


そのたびに 資金が金ゴールドに逃げていく

のは想定可能。



ちなみにもうそろそろ世界の、特に先進国の

金融腐敗が本格的になってきた、ってことなんだけども、



世界中をゼロ金利にしていくと。


もうだからここで 世界中の中央銀行に

金利をつけなくさせて、


資金逃避先を潰していくっていうやり方ですが


これはもう 警察官や裁判官全員に汚職をさせて、

それでみんな自分が犯罪をしてるから

誰も取り締まらないっていう状態と一緒だ、


と田中先生が書かれていたけど


まさにそんな感じで、全ての先進国中央銀行が

ジャブジャブマネーで腐敗していき、


そして全て腐敗してるからそこで米ドルをなんとか

持たせるっていう策ですよね。


が、これは長続きしないですから、いつか崩壊すると。


それでアメリカと日本どっちが先に崩壊するのか

ってのを考えると


どうも現時点では米ドルのほうが弱いですよね。


金価格がこれから上昇していく可能性は期待値は

結構ありますが


となると日本円もある程度強くなりそうですが


米ドルは逆に金価格が上がれば上がるほど弱くなりますから。

通貨的には日本円よりも米ドルが信用ならない通貨だ

という認識になる。


これは最近のイギリス中央銀行総裁が

「もうドルの基軸性崩壊は不可避だから

SDR(通貨バスケット)なんかに移行が必須だ」


みたいな内容を言ったけど




以前書いたこれですよね。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


PDFレポート【イギリス中銀カーニー総裁の
「米ドル依存から抜け出すべき」という発言について考える!】
http://fxgod.net/pdf/eng_carney.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




ってことはやっぱり米ドルも危険、ポンドも危険ですよね、

通貨としては。



だから一時的な上昇の後に

もしマスコミがドルが強くなったというプロパガンダをしたら


そのときの売りの戦略のほうが

これから強いのではないか、何て風に見えます。




ただここで実は・・・


「生き残るだろう国」があって

それが中国ですね。


これは日本では嘘が報道されてるけど

間違いなく、中国がやはりこれから勝っていく、

ように仕組まれてます。


アメリカと欧州と日本がこれからゼロ金利やQEを

したとしても、


それこそ世界中が ゼロ金利やマイナス金利になっても、

中国などの新興市場諸国はそこに入りませんよね。



「先進国だけでゼロ金利を満喫してくださいね~」


という感じだ。



ちなみによくマスコミやそれを批判する知識がない人が

「中国バブル崩壊だ~、と30年以上前からやってるけど」


未だにそれを言ってる人いますよね。


がこれは嘘でして、


実際は「中国は自国の金融バブルを意図的につぶすことを

やってる」のが正しい。


これは以前分析で書きましたけど

2016年くらいからもう 習近平がバブルつぶしを

仕掛けてるんです。



だから中国株なんてのは「誰かが仕掛けて

投機的に仕掛けて上昇させようとしても


中国政府自体がそれを潰す」


っていう感じになってます。


が、これは中国の株式市場のためには大事なことで

結局


「バブルを膨張させてしまったらその業界が

終わっちゃう、ダメージ受けちゃう」んですよ。


これは 仮想通貨業界が分かりやすいのではないでしょうか。


仮想通貨業界が2017年のバブルがなければ

もっと堅調に上がっていただろうけど


これがバブルのために少し停滞する形になってますが

バブルってのは投機ですから


なんら成長に貢献しないわけです。


だから中国は「自国で起きたバブルを潰す」ことを

この3年間してる。



が、これを理解できない人たちが

「中国バブルが崩壊だ~」とか言ってるけど

そうじゃなくて「意図的に潰してる」んですよね。


これ中国株仕込んでる人間は多くが理解してることです。




それで今は人民元の対ドル為替も中国政府が意図的に

引き下げてるけどこれも彼らの戦略でして



一見それは ドルが崩壊したら人民元が生き残る

っていうシナリオに反してるようだけど



ただやはり実態経済成長が期待できるのは

中国などの新興諸国です。


ここにマレーシアだったりも入る。


先進国はこれからどんどん貧しくなる中、

新興諸国では金持ちがどんどん増える。


それで アメリカと欧州と日本ってのは

金融バブルが崩壊すると 成長の源がなくなってしまうけど


けども 中国などの新興市場はここで


沢山の「需要」がまだまだあるわけです。


マレーシアは中国との提携をマハティール首相が

明確にしてるけど


例えばマレーシアなんかはもう子供だらけで

実需だらけです。



だからこれから世界では以下のようになる


■アメリカと欧州と日本の

3先進国地域

⇒ ジャブジャブマネーで金利低下で

バブル拡大。そしていずれ崩壊。



■中国などBRICS新興国地域

⇒先進国の低金利ブームにはなるべく

乗らず、そこで実需で成長していく


となります。


それで先進国地域は一度崩れるでしょうが

そこで 中国などのBRICS地域がおそらく

その後に世界を回していく 新世界秩序に

なっていくんですよね。


これは好き嫌いではなくてどう分析しても

そうなってきてる。



ちなみに「トランプの米中貿易戦争は

本当は中国のためなんだ」


っていうメルマガでよく書いてることなんだけど


例えば数ヶ月前に「中国のファーウェイが独自OSを

作るでしょうね」


ってメルマガに書いたら


最近それをファーウェイが発表したわけです。


これを見てみな 驚くわけですけど

そういう結果を想定できるのは


上記の


「トランプの米中貿易戦争は

本当は中国のためなんだ」



を理解できていて初めて分かります。


中国も今まではアメリカの属国だったんだけども、

トランプの本音ってのは


中国に貿易戦争を吹っかけて


「おい、中国、もう自立しろ、おまえらが

これから世界を引っ張っていく。


だから アメリカから離れろ。

もう先進国はこれから数年で潰れていくぞ。


おまえらが次の時代を引き継ぐんだから

私たちアメリカと距離をとりなさい」


っていうことなんです。


本当はトランプ大統領のバックが

親中のキッシンジャー博士なんだけど


トランプの米中貿易戦争ってのは

中国を長期的に利するためにある、んです。


これは、多くの人は2019年段階では分からないけど

おそらく2020年代にこれをようやく理解できる人が増えて


そして私がきっと2020年代に

「2019年のメルマガでこう書きましたけど~」とか

言って説明してる姿を思い浮かべます。



だから英語勉強してる場合じゃなくて

これから中国語の時代なんですよ。


私も最近中国語勉強してますけども。


最近投資家の

ジムロジャースも気づいたようでそれを言い出してます。




っていうことで、今の中国株なんかは

上海総合が3000ポイントくらいで

ちょっとバブルがまた拡大してる感じですが


長期的には仕込む価値ありですね。


それでバフェット銘柄を探すわけです。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【億万長者バフェット学】


PDF【資産10兆バフェットは大衆投資家が暴落で焦ってるところで買う】
(億万長者バフェット学)
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory1.pdf


PDFレポート
【億万長者のバフェットが避けたがる
「コモディティ型企業」について知る!】
(億万長者バフェット学)
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory2.pdf

PDFレポート【投資したら損する「コモディティ企業」を
バフェットが見分ける「7つの基準」とは?】
(億万長者バフェット学)
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory3.pdf



PDF【バフェットが愛する「消費者独占型の企業」とは何か?】
(億万長者バフェット学)
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory4.pdf


PDFレポート
【バフェットが「消費者独占型企業」を見極める
3つの方法とは?】
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory5.pdf


PDFレポート
【バフェットが株を仕込む際に見る「ROE15%基準」とは?】
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory6.pdf



PDFレポート
【「バフェットが消費者独占型企業を
割安かどうか見抜く計算式」とは?(億万長者バフェット学)】
http://fxgod.net/pdf/buffet_theory7.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




んで長期で置いておくと100%は保障できませんが、

自己責任ですが


まあ・・・結構利率は期待できるだろう

ってのが私の今の見方ですかね。


しばらくは トランプの発言で荒れると思いますが

バブルを作らないで実需だけで株価を引っ張ろうという

新興国の姿勢が見て取れるから


この数年はまだ株価が下がってお買い得かも

しれません。



実際に私が取得したバフェット銘柄がこの前

米中貿易戦争で急落した中国系の株が

買い付けたらまあ20%くらいあがってますね、数ヶ月で。


そんで中国株なんてのは日本人にまったく人気がないですが

数年後、今の金と一緒で

「中国株をやろう」とか上がりきったところで


マスコミに言われるかもしれませんから


今 仕込んでおくのは大事かもしれません。


ちなみに私が結構ビビルのがやはり

英語圏のファンドでして


特にもうイギリス系のファンドはそれに気づいていて

中国国債とか最近買い捲ってるんですよね。


日本のファンドと違いますよね。

あとはハーバード大学の基金なんかも

どんどん自国のポートフォリオを減らして


新興国のポートフォリオ拡大してるけど

もう長期で分析してそうしてるんでしょう。



ということでこれから

先進国は一時的にジャブジャブマネーで


生き残りそうですが、もう2020年代の中盤あたりには

限界が見えてきて、さようなら状態になるかもしれませんが


そこでバブルを拡大させないで

バブルを潰してきた 新興国が、新しい

世界のリーダーとなって、世界経済を運営していく体制に

なっていきそうですね。


この辺が今の世界情勢の「現実」だと私は

見てるんだけど


マスコミもネットニュースもそれを歪曲して報道するから

その辺を騙されず個人個人が

見て考えていくのがこれから大事になります。



それで先進国全体がこれから

低金利状態に入っていきそうですから


いよいよ先進国では

ジャブジャブマネーの末期状態に入っていくってことですね。


アメリカは米ドル防衛のための利上げ姿勢を

いよいよ放棄していく。


それでは!


ゆう





追伸・・・それで米日金利差がこれから縮小していく

と思われますが


日銀もマイナス金利と言っても

そこでアメリカでこれから起こる強烈な利下げには

ついていけないと思うんですね。


マイナス金利で日本の銀行がきつい状態で

これ以上マイナスにするのはかなりきつい。



となると米日金利差は狭まっていくことが想定できまして


となると長期的に米ドルが売られる場面は

2020年代には増えるだろうな

なんて考えられますね。


この米日金利差なんかも非常に重要な指標になりそうです。


では!






★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

メルマガで期間限定で許可いただいて特別価格で

公開できていたTHE THIRDですが


今週の金曜日13日の深夜に現行価格から

10万円ほどの値上げになりますので

気になってる方はお早めにどうぞ



【メルマガ読者様☆限定特典☆】

⇒  http://the-third.net/tokuten/



(参考:テレグラムの分析を使いながら

裁量で危ないところはストップしながら

危険性の少ないところだけEAを回していく


THE・THIRDですが


安定型利益分で回していくハイリターンが

先週もなかなか良かったようです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼9月2日~9月6日運用成績

http://the-third.net/img/907high.png
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【メルマガ読者様☆限定特典☆】

⇒  http://the-third.net/tokuten/




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください