無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【実はどんどん増え続けている海外移住者】

2019 9月 03 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【実はどんどん増え続けている海外移住者】
⇒編集後記で

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【以下は事務局からいただいた
最新のTHE THIRDの会員さんの成績です!】



◆実践者①
2018年10月8日~2019年9月2日
損益:+148.44%

⇒  http://the-third.net/img/mu2.png

◆実践者②
2019年4月16日~8月29日
損益:+82.79%

⇒  http://the-third.net/img/mu1.png

◆実践者③
2018年5月7日~2019年8月29日
損益:+161.18%

⇒  http://the-third.net/img/mu3.png

◆実践者④
2019年2月5日~8月28日
損益:+159.97%

⇒  http://the-third.net/img/mu4.png

◆実践者⑤
2019年4月15日~8月29日
損益:+24.81%

⇒  http://the-third.net/img/mu5.png




【裁量+EA(AI)自動売買で組み合わせて
運用していく新しい運用方法を学べる
THE THIRD ザサードはこちらから】
⇒  http://the-third.net/tokuten/



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




どうもゆうです!

おはようございます。


さて、先ほど以下の号を流しました。


日本には国民の3大義務ってあるけど

実はアメリカには国民の3大義務ってないわけですが


なんでアメリカには国民の3大義務ってないのだ?


っていう「日本の学校じゃ絶対教えないこと」を

扱いました。。



こういうのを学ぶのが政治学の面白さで

私が政治学にはまった理由があなたにも

分かるかと。


バックナンバー
【なぜアメリカには国民の3大義務がないのか?】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=1959#1959



さてさて、それでそんな中、

ここ最近はどんどんと海外移住者が増えてるようです。


以前は海外移住者っていうと日本では

100人に1人もいなかったのですが


なんと最近は100人に1人を越えてきたわけです。

どんどん海外移住者が増えてる。


編集後記で!





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【裁量+自動売買のTHE・THIRDの
9月の運用戦略と最新成績は?】


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


さて、ここ最近メルマガで扱ってる

自動売買EA(AI)+裁量 の


THE THIRDですが


この前特典自体は3つから1つ減って

2つとなっておりますね~



しかし

滅多にこのEA+裁量の内容を1年間学べて

それでこの値段ってのは

最近ありませんから


また運用金にもよりますが大体の方は

長期で見たら元とれる期待値は100%じゃないですが

かなり高い確率である商品ですから


それもあって人気ですね~




それで今日は・・・

事務局さんから引き続きあなたに

メッセージです!


今回は「9月の運用方針」などについて

語られております!




↓↓↓
====================


【THE THIRD】9月の運用方針についてです!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ゆうさんの読者様★限定特典★】

⇒  http://the-third.net/tokuten/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゆうさんのメルマガ読者様の皆様、

お世話になります、
システム運営事務局の市原です。


先週の金曜日で、
ゆうさんの読者様限定3大特典の内、
ひとつ削除されました。

今回、ご参加された方々、
改めておめでとうございます。

また、今後正しく運用していけるよう、
弊社も全力でサポートさせて頂きますので
今後とも宜しくお願い致します。

⇒  http://the-third.net/tokuten/

※特典の送付に関しまして、
現在準備中ですのでしばらくお待ちくださいませ。



また、今後の運用に関しまして、
弊社常駐のトレーダーより発信される情報を
早速、専用のチャットアプリを通して
ご確認いただいているかと思います。

ご覧頂いている方はご存知かと思いますが、
8月は本システム運用に適した相場ではなかったため、
見送っておりましたが、9月より改めてシステム稼働を行って参ります。



3年4ヶ月間安定して運用してきた
THE-THIRDシステムは

いかにリスクを回避しながら、
~~~~~~~~~~~~~~
狙えるところで利益を積み重ねていくか、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということをコンセプトとしていますので
焦らず長期での運用をしていきましょう!


つきましては、
相場状況の様子を見ながら、
弊社運用情報をお送りさせていただきますので
そちらも参考にして頂ければと思います。

⇒  http://the-third.net/tokuten/


また、現在参加を悩まれている方も、
質問やご相談がありましたら、
お気軽にご連絡をお待ちしております。


▼運営事務局へのお電話
080-9682-9345

▼メールでのお問合せはこちら

info@the-third.net


今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

引き続き宜しくお願い致します。



システム運営事務局
市原



==================

以上です!!



それで


これは最新の会員さんの方からいただいてるという

成績ですが




通常のEAってのはあまり長い期間のデータってのは

出ていませんが


このTHE THIRDは


裁量+EA(AI)で長い期間、

裁量を入れて「危なそうな相場はストップ」

ってのを徹底して


3年以上生き残ってる稀なものですが


最新の結果だとこんな感じで会員さんは推移されてますね。



この方は2018年の10月ですので

大体1年近く前に運用開始された方でして



1年近くで

損益としては148.44%

プラスになってますよね。


1年近くで資金が2.4倍ですから

それは10倍とか100倍ではないですが


やはり安定的に利益が上がっていて

すごいと思います。


これ、画像です。

会員さんの個人情報の運用金とかその辺は

モザイクかかってますが


実際の運用のデータですんでかなり

情報価値あるんじゃないかな?と。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◆実践者
2018年10月8日~2019年9月2日
損益:+148.44%

⇒  http://the-third.net/img/mu2.png

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


あとこの方なんかは

2019年4月から運用されてる方で

8月末で4ヶ月ちょっとくらいですが


損益はプラス24%くらいですよね~



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


◆実践者
2019年4月15日~8月29日
損益:+24.81%

⇒  http://the-third.net/img/mu5.png


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


ということで 世界を荒らしまわる

アメリカ帝国覇権放棄で動く

トランプ大統領の動きなんかにも注意しつつ、


オンオフをしてるわけですが


こんな感じでしっかり成績が出てるってのは

なかなか他にはないと思います。



それで重要なのが


「派手な成績ではない」ですよね、正直言うと。



多くの人が「1年間で億万長者になりたい!」とか

言ってる中


それこそ「このEAは月利50%出るEAです!みたいな

プロモーション」と比べると

ぶっちゃけ、地味です。



が、やっぱり私が長く自分自身でも

お金稼ぎをやってきて、


それで分かってきたのが


「地味に稼いでいくと結局資産大きくなって

気づいたら豊かになってる」


というのが重要なのですよね。


ちなみにこの

「地味にコツコツ毎年

資産を減らさずに儲け続けることが

富の拡大に一番の近道だ」

ってのはそれをやってきた経験がある人しか


分からない話なのですが


ただおそらく THE THIRDの会員さんたちは

それを理解してる人が増えてるでしょう。




ちなみに私なんかも最初は

それこそ月3万円稼げて、それで

「うわーー自分で稼げた!すげ~~」って

大喜びしていた人間でしたが、


これが長く続いていくと・・・


自分ではそのときには想像もできなかった額が

継続と積み重ねで稼げるようになってくる、


のですね。




だからTHE THIRDは積み重ねの意味

をあなたが分かっているようだったら、


すごい面白いかと思います。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【メルマガ読者様★限定特典★】

⇒  http://the-third.net/tokuten/



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


それで前号で


【30~40代で「貯金100万円以下」の割合は
60%超え、 という現実について考える】

っていう内容を書きました。


バックナンバー
【30~40代で「貯金100万円以下」の割合は
60%超え、 という現実について考える】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=1957#1957



それでここでも書いたのですが


もう今の日本の現状ってのが


「みんな等しく 平等に 貧しくなってる」


状態なんですよね。


これは昔 フェミニストの間では有名な

上野千鶴子って人が


「みんな等しく貧しくなればいいのよ」


なんて言っていた。


フェミニズムってのは

「みんな同じであることを絶対正義」とする

共産主義を源流とするけど、


まさに今日本は そんな感じで

「みんな等しく貧しい」状態になりつつあります。


ただそんな状態に疑問を抱いてる人たちが

私のメルマガ見てくれてると思ってるんですが


ここで もう政治や国が変わるまで

待っていたらおじいちゃんになってしまうかも

しれないわけですね。


政治で言うと日本の官僚、役人支配は

これから数年で少し弱くなるかもしれないけど


ただそれが 諸外国のように自由な国、風土に日本が

変化するまではかなり長い年月はどうもかかる


というのが私が考えていることです。


それを待っていたら、

おじいちゃん、おばあちゃんになってしまう

と思ったのが私が海外に移住したきっかけでもありました。



やはり「自分でなんとかするしかない」って腹くくるのが

大事だと私は思います。



それで今、みんな貧しくなってるわけで

そこで「みんなと同じことやっていたら貧しくなる」

わけですね。


みんなと同じ=貧乏ってのがこれからの

日本の図式でありまして


だから私は実質共産主義国家の日本では

過激なようだけど



「みんなと一緒=悪である」とよく、書きます。


それで お金稼ぎの部分で言うと「みんな」って

どんな人か?っていうと


ある程度私なんかは定義づけることができていて



「一攫千金を求める人」

「焦ってる人」

「すぐに金持ちになろうとする人」


です。



というのはマーケティングなんかではもう

データが出ておりまして、


そういう「一攫千金ですぐに億万長者になりましょう」

とか「誰でも金持ちになれます的な」ものが


一番人気が出るんです。


が、そういう案件で金持ちになる人はどうも

直近の歴史を見ると見当たらない、のですよ。


私なんかはメルマガやっていて

読者さんから「稼げるようになりました」とか

あとは中には 塾の講師として立たれてる読者もいるんだけど


みんな・・・「地味なコツコツ派」だったんですね。


結局ここに本質がある、って私は

この10年くらいでデータとともに気づきまして、


だから 地味~なコツコツ稼いで行く、

そのために負けないことを意識しようなんてことを


書き続けてるわけですが


が、これは人気は出ないですよね。


分かってるんだけども。



ただこれが大事で、だから少数派が金持ちになる

ってのが資本主義なんです。



少数派は常に


考え方も、

思考も

社会の見方も、

資金戦略も、

稼ぎ方の戦略も

稼ぎ方の思想も、


全部 大衆とは違うから金持ちになる

のであります。


だから多くの人が一攫千金を求めて

不景気が長期的に続くことが想定される日本で

動く中


ここで「負けないこと」だったり

「コツコツ地味にでも資産を増やしていく」


って方向で真剣に考えられてる時点で

少数派ですし、


ほぼ勝ちなんです、実は。


みんなマスコミに出てくる超少数派のお金持ちの

豪勢な生活だったり、


ユーチューバーの収入ばかり見て

現実を見なくなってるわけですね。


それはそうです、

月3万円を稼ぐよりも

誰でも月1億円を稼ぎたい、わけです。


が、大事なことは月1億円稼いでる人も

最初は小さな月数万円なりの商いから

開始してるってことですよね。


まずは地味でも着実にしっかり資産が

減らないで増えていくっていう状態になるのは大事です。



それで今多くの人はこういう考え方の重要性に

気づいていないけど、


ここに気づいてる時点で少数派で優位性はある

となります。



それで今はみな貧しいわけで

「ここからどう抜きん出るか」

というのが大事ですが、


ここでは やはり私が昔からやっているように

「消費を抑えて投資金を作る」

ってのが何度も言うように大事です。



これは音声でも言ってます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【資本主義下の『お金の増やし方』】
についての音声MP3


⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……hikata.mp3


(MP3音声なのでスマートフォン等でも再生できると思います。
30分くらい)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


ちなみに私ゆうはというと

今もマレーシアで月15万円世帯で暮らしてます。


この辺の毎月の消費を

稼げるようになっても拡大しない

というのは私はずっと遵守してきたルールなんだけど


それは今につながってるんですね。



例えば月20万円の手取りがある人なら

今全部多くの人が消費で使ってしまってるっていうのが


実は前号の

【30~40代で「貯金100万円以下」の割合は
60%超え、 という現実について考える】


の意味なんです。


バックナンバー
【30~40代で「貯金100万円以下」の割合は
60%超え、 という現実について考える】
https://04auto.biz/brd/BackNum……=1957#1957


もちろん、健康保険料やら年金保険料やら

あらゆる税金やら取られるんだけど


そこで必ず 無駄な消費ってのが

存在してるんですね。

(3大キャリアの携帯電話とか。

格安携帯がつながりづらい、とか

私は使ってたけど、嘘だと思う。

4Gが熱海の田舎でも超早かったし。)


消費ってのは 直接的に将来の資産を増やさない

お金の使い方です。



こじつければ、それこそ

「キャバで女性と話すことも社会勉強だから

それは収入につながるのだ~

だからキャバ代は投資だ~」


とかいくらでもいえてしまうんだけど


それは私は採用していないで


あくまで直接的にお金を増やすものを投資と

割り切ってます。


ここで消費をとにかく削っていって

毎月 投資金を捻出するわけです。


だから毎月毎月、何かしら投資することになるけど

ここで身につくのが


リスク感覚ですよね。


そうすると大きく負けることが減ってくるので

そうすると資産は 経験と共に、


まさに人間の脳みそは「生きてる限り成長するから」

増やしやすくなります。



それでコツコツ、毎月 投資金を捻出して

そしてちゃんと毎年


負けづらく、増える媒体に資金投下、

投資していくわけですが


この繰り返しで徐々に 毎月のフロー(いわゆる月収)

ってのが拡大するものなんですね。


「もうこれしか今貧しい状況から這い上がる

方法ってないよね」


って私なんかはよく友達とも話します。


ただ、多くの人は節約とかしたくないですし

お金を豪勢に使いたがるわけで


消費と言うものに対して、

中毒者、ジャンキーになってしまってるから

なかなか投資金を毎月捻出するってことが

できません。


ちなみに私の場合は

過去振り返ったら


「収入が増えれば増えるほど

毎月の消費を切り下げてきた」


ってのが実情で、


普通は収入が増えれば増えるほど

毎月の出費や生活水準を拡大してしまうけど


私の場合は間逆でやってきてますよね。


ただこうやっていくとどうなるかというと

投資金はどんどん拡大しますから


フローがどんどん増えるわけで


「気づいたら働かずとも食えるようになってた」

みたいな状態になるわけです。



こういう事例はほとんど世間では知られていないので

みなこういうライフスタイルの戦略を知りませんが


やはり今の時代は上記のような考え方が強いと

私は思います。



それで重要なのが、


例えば上の方のケースですと

年間で資金は2倍前後になっているけど


複利で考えれば、月利6%前後ですよね。


1.06を12乗(12か月分)かければ

大体2になります。



それで

その個人の資産っていうのは


例えば最初50万円投入するとして、


その50万円自体は

複利ですと


まあ3年くらいでも8倍の

400万円前後になってるかどうか、


です。


これでも今の日本の現状考えたらよいほうですが

人生を変える金額ではない、と思います。



が、ここで投資金を毎月5万円でも追加で捻出したら

その5万円はこれまた3年より1ヶ月少ない

35ヶ月では 7,7倍になりますから

やっぱり最初から3年後には

38万円くらいには膨れるわけですね。


そうなると3年後に期待できる資産額は大体

400万円+38万円で 438万円です。


が、これが毎月5万円が足されたら??



そう、3年後を考えてもかなり資産は膨らむわけですね。


3年後の自分の資産を想定するなら


上記の例なら


100万円×(1.06の36乗分)



5万円×(1.06の35乗分)



5万円×(1.06の34乗分)



5万円×(1.06の33乗分)



・・・


=3年後の期待できる資産量ですよね。


この計算が成り立つ大前提が

「大きく負けないこと」であるから


だから「負けないこと」が大事になるわけです。


さらにい上の計算では3年ですが

大体の人の残り人生は 30年40年と考えられるわけですから


もっと期待できる金額は本来大きいのです。


地味ですがこれは強くて

複利のマジックを最大限に活用する


資産増加戦略です。



そのためには「毎月の消費を見直して

毎月の投資金を捻出する」ということが必要になるんで


だからバフェットなんかは消費欲を抑える生活をしてる

わけですね。


がそれが彼にもたらした資産は10兆円ほどです。


桁、が違う。



それで上の資産増加戦略は学校では絶対教えないけど

本当はこれを真剣に資産増やしたい人は考えるべきですよね。



だから「コツコツ負けないで稼いでいく」ってのは

まったく派手さがない地味なものだけど


本当はここに経済的な打開策のキモがあるわけですね!!



それで今回のTHE THIRDは 即金ですぐに

億万長者になりたいみたいな人には向いていないですが

(ちなみにそんなもの、世の中に出てこない。

あっても超富裕層の間だけでそういう情報は還流しますから

表には出てこない。)



ただ「コツコツと複利で増やしていきたい」みたいな人には

長く付き合えるものになると思いますので


あなたが後者の方ならば

是非チェックしてみてくださいね~~







【コツコツ負けないことを重視して
稼ぐスキルを手に入れる】
⇒  http://the-third.net/tokuten/








==========編集後記===========

さてさて、私はマレーシアに住んでるわけですが

そこで「日本の海外移住者数はどんな状況だろう?」

って時々、自分のことでもあるので


調べます。


それで現在2019年9月になりますが・・・


なんと・・・


調べたら「海外移住者はどんどん増えている」

ってのが分かりました。



これはもうこの10年20年の大きな流れなんだけど

日本から海外に住む場所を選択する個人たちが

どんどん増えているわけです。



外務省が発表している


「海外在留邦人数調査統計」


ってのがありまして、



これを見るともうどんどん

海外移住者が増えてるってのがわかるんですね。


上記の外務省の統計数字は1昨年の10月現在のデータ

なので2年近く前のものでアップデートされたものは

またしばらくしたら出てくると思いますが


ここですごい面白い事実が分かってくるわけです。



というのが今までは海外移住者なんてのは

日本でもかなり特殊な感じであったのだけど、


それこそ100人に1人も私が海外に出た頃は

いなかったんですね。


が、最近は日本国籍を持つ海外移住者ってのが

長期滞在者と永住者を含めると135万人に

達しておりまして、



日本の人口が1億2421万人でありますから

その1.1%となっているわけです。



だからすでに現状、

100人に1人以上の日本人が海外に住む時代に
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
突入してきてるってことですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



それで内訳としては、

企業の駐在員だったり留学だったりその家族で帯同して

やってきたって言う人が多数で3分の2で


結婚だとか現地企業で就職して

永住権取得済みの永住者が3分の1

という割合ですよね。


居住国としては北米がすごい多くて全体の37%だけど

次にアジアの29%でこれが相当延びていて、

あとはヨーロッパの16%、オセアニア9%となってます。


それで面白いのがリーマンショックが2008年に

ありましたが、


それ以降、アメリカや日本や欧州で

ジャブジャブマネーQEがされていまして


このジャブジャブマネーでどんどん先進国の経済が

大変になってるってのが実態だけど、


この10年間に関しては平均で3.6%増加している

わけです。



ちなみにこの135万人の海外に出てる日本人が

いるわけですが


逆に日本に居住する外国人を増やして

補おうとしているのが分かるけど


そこで日本居住の外国人は264万人と過去最高に

なっております。




それですごい勢いでここ最近は

海外永住者が増えてるってことでして


平成元年はこれ501人に1人だけが

海外永住者だったんですね。



が、今は永住者に限ると

270人に1人が永住者となってます。


いずれにしても

長い大きな人口のダイナミズムとして


日本を出て、海外に住むと決意する

個人たちがこの数十年でどんどん増加している


ってことですよね。


それで以下が永住者の多い国のトップ20です。

平成28年度データより。



1 米国 421,665 +0.5%
2 中国 128,111 -2.3%
3 オーストラリア 92,637 +3.9%
4 タイ 70,337 +4.3%
5 カナダ 70,174 +5.9%
6 英国 64,968 -4.5%
7 ブラジル 53,400 -1.1%
8 ドイツ 44,027 +4.3%
9 フランス 41,641 +3.3%
10 韓国 38,045 -0.0%
11 シンガポール 37,504 +1.5%
12 マレーシア 23,693 +4.0%
13 台湾 21,887 +8.6%
14 インドネシア 19,312 +4.6%
15 ニュージーランド 18,706 +4.0%
16 フィリピン 16,977 -0.3%
17 ベトナム 16,145 +9.9%
18 イタリア 13,808 +3.8%
19 アルゼンチン 11,608 -1.0%
20 メキシコ 11,390 +20.7%



それで今までは上記のように北米なんかがすごい

多かった状況ですが


やはりここで「アジア圏への移住者」ってのが

ここ最近で相当増えてるっていう

状況ですよね。




例えばアジア圏への移住者は以前は

長期滞在者だと


平成19年ですと27万人だったのに対して

10年後の平成28年には36万人と


相当長期滞在者が増えてるって感じです。



ちなみに個人的には以前は長期滞在だったけど

その後はもう完全に住むっていう感じで

移行してる人間なんだけど



こういう人がこれからも増えるのではないかな~

なんて思います。





それで海外に居住する日本人はどんどん増えてるのですけど

じゃあ海外から日本に移住する人はどれだけいるのか??


というと


これは以前マスコミで2017年にプロパガンダ的に

「在留外国人が過去最高!」

と報道していました。


日本に中長期に在留または永住している外国人の数は

238万2822人に上り、前年末に比べて15万633人の増加で、

過去最高となったということが報道されていましたが


これをみて日本の人たちは「世界の人は日本が大好きだ」

と思う仕組みですよね。



ただ実はこれは世界全体のデータを見るとよくわかるんですけど

例えばOECD諸国に中長期に滞在している外国籍を有する人が

総人口に占める割合は、全OECD諸国平均で8.1%だったわけです。


それで最高は一人当たりGDPが高くて有名な

ルクセンブルクの47.1%が最高です。


それではテレビ報道で「在留外国人が過去最高!」と日本は

やっていたくらいだから


日本の外国人数は当然OECD平均を大幅に上回るのだろう

と思いがちですが・・・


実際のデータを見ると・・・何%だと思いますか?



そう、なんと「1.8%」なんですね。



通常、先進国ほど外国籍移民の数が多くなってる現状がありますが


世界ではGDPがまだ3位である

日本の経済規模とかを考えてみると、


この「1.8%」というのは驚異的な少なさである

というのはわかってきます。



だから日本としては外務省、もしくは法務省がマスコミに

「こう報道しなさい」といって記者クラブでマスコミがそういわれて

「過去最高レベルの外国人の数」と報道してるんですけど


実態は、というと世界では ダントツの少なさの移民数である

ということがわかりますね。


それでデータを見るとわかるのが

まず一番多いのが永住者で73万人、

特別永住者34万人、

留学28万人、
~~~~~~~~~~~~~
技能実習23万人、

定住者17万人です。



これは難民移民学を研究している橋本さんが

発表している論文でありましたが


実際の「過去最高レベルの外国人の数」を支えているのは

どうも留学生の数であると。


が、これは日本政府が「留学生30万人計画」

と政策でやって増えた結果でして、


外国人労働力が必要という政策からきたものであって

今のマレーシアとかタイに見える「その国が魅力的だから

ビザなり永住権を取得した人たちではない」


ということですね。



んで一方、日本側が本当に受け入れたいのが

富裕層だとかあとは「教授」とか「研究」といった

高度人材、という言い方をするんだけど


そういう人材でありますが、この人たちに実際のところ

各国は永住、定住してもらいたいから


色々な政策を打ってるんですが


日本の場合は、この高度人材が日本には来るんだけど

すぐ出て行っちゃって他の国に移住しちゃってる


という状況のようです。



だから

1 日本から出て行く日本人の数が過去最高

ということや

2 海外から日本に好んで移住する人が

先進国でトップレベルに少ない


というこの2つの状況を知ると・・・


あれ?日本ってそんなに素晴らしい国なのかな??

という疑いは出てきますよね。



それでどうも外務省のこれらのデータを見ると

「海外に住んで日本に戻ってくる日本人が実際は

かなり少ない」


ってのが分かるわけです。


以前はそれこそよく日本のテレビで


「海外移住して大変だったから日本に戻ってきた人」

なんかを特集していたことがあるんだけど



そういう人は実際は住み続ける人らと比べると

少数派であるということですよね。



それで最近は資産フライトの問題も言われていて

日本国内の金持ちたちがどんどん海外に移住していくと。


大体が経営者層とか投資家とかの人材なんだけど


彼らがどんどん日本から出ていると。


これは資産フライトとかでも言われますが

どんどん最近日本人が海外に出て行っていて


その本当の理由は大多数が日本の公務員万歳国家みたいな

そういう社会主義的なところに嫌気してるわけでして


要するに公務員が威張り腐ってると。


そしてどんどん借金を勝手に積み上げてそれを民衆から

強制的に増税して取ろうとしているという悪行があって

それに対して

ふざけるな、とみんな思ってるけど


その本音をテレビは絶対に報道させない。


それでこれからも日本人がどんどん海外に居住しだすことを

官僚たちも想定しておりまして、


だからこそ、テレビ番組でも「海外移住は大変なことばかり!

日本がやっぱり最高ですね」という大本営発表が

必要になってきてるのだな、というのが


こう海外から見てると冷静にわかってきます。


実際は例えば
タイなんかに住んで、タイで問題になってるのが

「日本に帰りたくない日本の若者」が増えすぎてるんですね。


だからビザランというのだけど例えば隣国マレーシアに

きて、またタイにすぐ戻るとビザが必要ないんだけど


そのビザランも問題になっていたくらいでして

日本に帰りたくない日本人問題というのがこれ、実際にあるんです。


特にタイはその辺が強い。

だからこうやってどんどん海外居住してみてその良さが

わかっちゃって、


逆に外から見ると日本の社会主義の官僚政治とかは異様である

というのも気づくんですけど


そうやって日本から出る人が増えてきてる現状があるんですけど


これをなんとか隠したいという日本の官僚機構の意向も

あるのだろうな、というのは感じます。



今回の件名である

「実はどんどん海外移住者が増えてる」っていう話も

知らなかった人も多いと思うんだけど



それくらい 私たち日本人が日本語で接している情報も

コントロールされてるってことが言えるかもしれません。




それで主に永住者なんかを見ると

もう既に

「住む国を選択できる選択権」がある人たちから順番に

好きな国に移住してる姿は見て取れますよね。


憲法22条においては

「居住移転の自由」ってのがあるのだけど


この憲法22条の居住移転の自由を行使しだしている

富裕層たちはかなりの数増えてるってのも

分かってきます。



ちなみに私は海外に住む日本人の富裕層と会う機会が

多いのですが


みんな口をそろえて日本の官僚独裁政治の問題点は

語りまくりますよね。



彼らは母国日本でそれなりに裕福になった後

謎に国家に悪者扱いされて


それでもう海外に住むことを選択した

って人がかなりの数います。



それでここで最近のトレンドとしてはもう


「住む国も選択する時代」になりつつあるってことですよね。



それこそ今までは 住む国なんてのは

日本一択しかなかったんだけど


最近はそれこそネットの登場で

「どの国にいても稼げるように」

なったわけです。


別にFXだろうと、株だろうと、

アフィリエイトや無在庫転売なりのネットビジネスだろうと、

それこそユーチューバーであっても


「どの国にいても稼げる」状況には

なってしまったわけです。


となるとここでネットの登場で人類に


「住む国を選択する」


という考え方が徐々にですけど登場するんです。


私ゆうなんかはまさにそれなんだけど

ここで一部の人が「住む国を選択しだしている」

のが今の現状ですよね。


その国に住みたいと思えばいくらでも

ネットでビザ取得要件とかも確認できるわけで


ネットの登場がどうも人類に

「住む国の選択権」まで与えだしているってのは

面白い傾向だ、とも思います。


それでここで


「選ばれる国」と「選ばれない国」ってのが

あって、


悲しいかな、社会主義国家の日本は選ばれない国

になっているけど


最近の東南アジアの国々は独自に制度を工夫して

選ばれる国、になるようにがんばってますよね。



それでマレーシアなんかがそうだけど

どんどんそういう国は豊かになってるという

現状です。



(写真33枚)マレーシアの高級住宅街を散歩してみたところ・・・
http://fxgod.net/pdf/malay_san……o_desa.pdf



だからそこで本当は世界中で

「経営者層や投資家層の取り合い」

になってる現状でして、



そこで経営者や投資家は数ある国の中で

「どの国に住もうかな」と選択する時代になりつつある

ってことですね。



ということでこれからの時代は

「住む国でさえ私たち人類が選択する時代」

になっていくってことですね。


特にこれは若い世代では稼げるようになって来た人から

どんどん進んでいくでしょう。


そこではやはり

「住む国を選択できるスキルを身につけた人」



「住む国の選択権はまだ得られていない人」


に冷酷に分かれていくわけですが


これから上記の人がネットの登場で

どんどん増えていくことでしょう。


それこそ今 裁量+EAなんかやってますが

これとかネットビジネスで月収30万~50万円でもあれば


もう「住む国の選択権」ってのは得られるわけで


例えばVPSなんかをEA運用では使うけど

VPSなんかは世界のどこからでもアクセスできますから、


もうどの国にいても収益は上がるわけです。


証券会社も世界中にある。


さらに

ぶっちゃけいうとほとんどの国はキャピタルゲインに

課税はされないのが実情です。


それで例えばTHE THIRDの会員さんなんかの

9月までの収益の結果が出てますが







◆実践者①
2018年10月8日~2019年9月2日
損益:+148.44%

⇒  http://the-third.net/img/mu2.png

◆実践者②
2019年4月16日~8月29日
損益:+82.79%

⇒  http://the-third.net/img/mu1.png

◆実践者③
2018年5月7日~2019年8月29日
損益:+161.18%

⇒  http://the-third.net/img/mu3.png

◆実践者④
2019年2月5日~8月28日
損益:+159.97%

⇒  http://the-third.net/img/mu4.png

◆実践者⑤
2019年4月15日~8月29日
損益:+24.81%

⇒  http://the-third.net/img/mu5.png


それこそこんな感じで、稼ぐ方法をいくつか習得する

ような人が増えてくると



どんどん海外移住者はさらに増えそうです。



ということでどうも、

インターネットの登場ってのは


「住む国の選択権を人類に与えだした」


ってことですね。


となるとインターネットの登場で各国は

住みやすさや多様性や税制や教育などを

比較されるわけでして、


各国は 選ばれる国になるために

努力しないといけない、となります。


もうその傾向を察知してるのが

それこそタイやマレーシアやカナダや

ニュージーランドだったりしますよね。



だから国自体も冷酷に これからは

競争原理にさらされるってことですよね。


まだそれは日本の官僚たちはあまり深刻に考えていない

ようですが


いずれ考えざるを得なくなるでしょう。



ということでこれからの時代は

「自分で住む国を選択する時代」ですので


どんどん私たちの既存常識は変わってきますから

それに対応することが大事になりそうですね!


それでは!



ゆう





追伸・・・ちなみにこれは私の仮説なのですが

私は海外に住んでいてそれこそマレーシアにいると

地理的に近いから、シンガポールとかマレーシアの

日本からやってきた富裕層たち

とまあ話す機会がちょくちょくある、んです。


それで話して驚くくらいなんだけど

みんな共通して 言うのが、日本の政治の問題でして、


この日本の政治ではっきりいえば

よく私が書いてる 日本の官僚機構が独裁支配してる

問題だとか、そういうのはみなよく言います。



例えば、森友、加計問題とかでも

私より年齢が上の移住してきた経営者や投資家たちとかは


「マスコミは政治家叩くだけで

官僚については一切問題を言わない」


と結構 ガチで問題を語る人が多いです。


だから私のメルマガで書いてる

天下りの特別会計の問題とかは

移住してきてる富裕層たちはみんな知ってるんですよね。


だから海外移住を 駐在とかではなくて

自分の意思でしてる人たちの思想ってのは

おそらく反共産主義とか反社会主義的な考えの人が

多いんだ、ってのが私が気づいたことです。



んで分かったことがあって

日本の税制を外から見ると


「このような稼ぐ能力が高い経営者たちを

日本の外に放り出す」のが目的ではないか?


とすら思えてしまうわけです。


要するに国内に留まられると、それこそ

政治家になってしまったりするから


トランプ大統領みたいのが出てくると面倒なことになる。


昔、それこそカンボジアのポルポトは

富裕層たちや経営者たちを殺しまくったけど


さすがに日本は 腐っても先進国ですから

それはできないから


税制を用いてこの将来脅威になる

めんどくさい富裕層たちを海外に追い出す

っていうのが隠れた目的として存在するのかもしれない


ってのは私が最近感じてることです。


だからどうも日本のある種の国体として、

世界の多くの国と違う点は

「富裕層を日本に呼び込もうともしていないし

むしろ追い出そうとしている」


っていうところで、


ここで官僚独裁権限を強めようという政治が

どうも日本では働いているのだな、ってのも

感じます。



これはちょくちょく最近の海外に移住した

経営者や投資家たちがコソコソ話し出してることですね。


それでケインズの公式だと

Y=C+Iってのがあるけど


すなわち労働者のC と経営者や投資家のIですが


これは以前にちょっと書いてます。

PDFレポート
【若干タブーな「ケインズ経済学Y=C+Iの本質」について考える!】
http://fxgod.net/pdf/keynes_y_c_i.pdf




ここでどうも日本における

Y=C+Iの 経営者とか投資家層を

日本から追い出して


労働者だけの国にしよう、

というそんな「思想」はちらほら見えてくるんですね。



そう、労働者だけの国ってのは

まさに原始共産主義の思想です。



これを緩やかに進めてるのがおそらく日本の国体なんでしょう。


そういう意味で

この海外移住者がどんどん増えてるっていう

裏側にはどうも何か日本の役人たちの

黒い思惑があるのかもしれませんね。



すなわちこれから今後数年で

反エスタブの政治家たちが躍進できない場合、

日本の実質の体制が「地獄の平等主義」に近づいていく

ことは想定できてしまうわけです。


民衆の自由がどんどん制限されていく中

官僚や公務員たちがどんどん強くなり

税金で食べてる

彼らだけが金持ちになるみたいな未来です。



この辺はそろそろ考える時期なのかな、とも思います。

ただそうなっても憲法22条には

居住移転の自由がありまして


これが暴走する行政に対しての

民衆による対抗手段の自由権でもありますから、

これを行使するってことが今後悲しいかな


大事になっていくのかもしれませんね。

かつては華僑と言う人たちも


地獄の平等主義の毛沢東時代の中国から逃げ出して

それで国際ネットワークを作って生き延びましたが



日本人も実は似たような状況になってきてるのかもしれない

ってのが私が最近考えてることです。



それでは!
















★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【メルマガ読者様★限定特典★】

⇒  http://the-third.net/tokuten/



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆















コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください