無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【首都高速道路料(税)が1000円値上げ?することについて考える!】

2019 8月 28 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【首都高速道路料(税)が1000円値上げ?することについて考える!】
⇒編集後記で

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【EA+裁量のTHE THIRDザ・サード
はあと2日で特典のうちどれかが削除となります】
⇒  http://the-third.net/tokuten/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



どうもゆうです!

こんにちは。



さてさて、ここ最近ですが役人様の暴走が止まりません。

なんと・・・以前930円から1300円に大幅値上げした

官僚の方々の重要な天下り原資となっている

首都高速道路ですが



なんとオリンピックを機にまた1000円も値上げする

といいます。



一応オリンピックは渋滞するから~~という「口実」

なわけですが


オリンピック終了後もそれを継続する、なんて話しも

出ていまして、


さらには「走行税」なるものも官僚たちは検討してる

そうです。



「国栄えて民滅びる」


と言う言葉があるけど


まさにそれだな~と。


編集後記で!




■■■■■■■■■■■■■■■■


【FX】コツコツ積みあげた結果「8月の利益は●●円!」
【残り2日間】

■■■■■■■■■■■■■■■■



さてさて、それでメルマガのほうで

最近期間限定で扱ってます

裁量+自動売買で運用していくという


新しい形のTHE THIRD(ザ・サード)ですが

残り2日間で特典のどれか1つが削除になりますね~


3年3ヶ月に渡って実運用で負けずに

最終的に利益計上してるものになりますので


なかなか面白いと思いますね~


【EA+裁量のTHE THIRDザ・サード のメルマガ特典詳細はこちら】
⇒  http://the-third.net/tokuten/



さて、それで今号は引き続き

事務局の市原さんよりあなたに

メッセージです!


8月も終わりですが

裁量+EAの安定型のほうで出た利益の一部を回して

運用していくハイリターン型のほうが

8月はかなり調子良かったそうですね~




=====================



【残り3日間】コツコツ積みあげた結果「8月の利益は●●円!」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ゆうさんの読者様★限定3大特典★】

⇒  http://the-third.net/tokuten/
※30日23:59にて特典は削除されます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ゆうさんのメルマガ読者様の皆様、

お世話になります、
システム運営事務局の市原です。


毎日たくさんのお問い合わせ
誠にありがとうございます。

ゆうさんの読者様限定の3大特典は、
今週の【金曜日23:59】までの公開となります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼特典の削除まで残り3日

⇒  http://the-third.net/tokuten/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それ以降は、
特典を受け取ることが出来ませんので、
早めに手に入れて頂く事をお勧め致します。


そして早速、
既に参加されている方から、

特典パート1である、
「ハイリターン運用のシステムファイル」や
正しい運用方法についてもご連絡を頂き、

改めて、新しい会員様と共に、
長期での資産運用をしていくことを
実感しております。


極力リスクを避けて、
狙える相場を狙いながら、
弊社の運用情報を共有させていただきますので、
是非ご参考にいただけたら幸いです。


そしてその結果、
今月も会員様より『利益確定』の
ご報告を頂いておりますので、

ハイリターン運用での結果を
一部ご紹介させて頂きます。


 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


【8月1日~27日まで】

★運用資金:10万円
☆利益:22,955円

⇒  http://the-third.net/img/827-1.png
◆利益率:22%◆


【8月1日~27日まで】

★運用資金:50万円
☆利益:145,162円

⇒  http://the-third.net/img/827-2.png
◆利益率:28%◆


【8月1日~27日まで】

★運用資金:30万円
☆利益:119,130円

⇒  http://the-third.net/img/827-3.png
◆利益率:39%◆

===============


いかがでしょうか?

よく多くの方を魅了するような、
数百万・数千万というような数字では
決して無いかもしれません。


ですが、1%、1円でも増やす気持ちで、
コツコツと長く運用していくことで、
やがて大きな資産へと激変していきます。

投資の”本質”はこの積み重ねてあり、
これを実現させることが何よりも大切だと
私たちは考えています。


是非一度イメージしてみてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~


数万・数十万円の利益が、
3ヶ月・半年、1年…

それ以上と続いた時に、
いくらの利益が積みあがっていますでしょうか。

弊社ではこのコツコツを続けていた結果、
【3年4ヶ月間】という長い期間、
一度も資金を失うことなく、
リアルなフォワードでの運用を成し遂げることができております。

⇒  http://the-third.net/tokuten/



低リスクの守りの運用を主としながら、
リターンを狙う攻めの運用へ繋げることで、
より多くの利益を獲得することも可能です。

たったひとつのシステムを、
自動だけでなく裁量を加え、

色んな運用方法によって
新たな色へと変化する唯一無二の
資産運用こそがThe-Thirdシステムです。


是非この機会に手にして頂き、
一生のパートナーとして、
本システムをお使いくださいませ。


改めてお知らせしますが、
ゆうさん読者様限定の特典を
無料で獲得できるのは、

残り3日となります
==========


⇒  http://the-third.net/tokuten/



質問やご相談がありましたら、
お気軽にこちらまでご連絡を頂ければと思います。


▼運営事務局へのお電話
080-9682-9345

▼メールでのお問合せはこちら

⇒ info@the-third.net


それでは宜しくお願い致します。


システム運営事務局
市原



==================

以上です!



それで8月はリスクはあるのだけど

安定型で出た利益の一部で回してる会員さんが

多いハイリターン型のほうが上記の感じで


かなり利益が乗ったということですね。


それであくまでもハイリターンはその裏に

ハイリスクがあるっていうことで聞いておりますので

そこは破綻可能性は当然


裁量+EAのベーシックな安定型より上がりますので

事務局さんでは


「しばらく運用して安定型で利益が乗ってきたら

その利益の一部分でこのハイリターンを回していく」


ってのが良いってことで聞いてますね。



安定型で例えば長く数ヶ月裁量入れながら

回して利益が50~60%前後

になったら


その利益の半分をハイリスク・ハイリターン側で

回すっていうやり方の会員さんも結構いらっしゃるようで


それが上のかたがたですね~


この辺も どのようにリスクを取っていくか?

ってのはあなたの余剰資金量だったり

運用方針次第ですけど



まずは裁量+EAの 安定型が基礎となるってことですね。

やはり負けないこと、を意識した

安定型がこのTHE THIRDでは重要ですよね。





それでそれこそここでは

「資金管理」ってのが大事になるわけですが


例えばハイリターン型なんかは

リスクが高い代わりにかなり

高い収益性を出してるのは現実としては


あるわけですが



例えば100万円の運用金の人なら

上記の10万円で運用してる方のように

資金の10%入れていくってのも資金管理アイデアとしては

考えられますよね。


全てのEA,および裁量には破綻確率が存在しますが


ハイリターンのほうは破綻確率が

安定型よりも高めですから


ただ破綻する月、ババの月を拾わなければ

そこで資金が3~5ヶ月で倍前後になってる方は

多いわけですので



そこで10万円で仮に20万円前後に増えたら

10万円出金でそれを安定型に回す


なんてアイデアもあります。


そうなれば仮にその運用金の残り10万円が

破綻しても


資産は減らないわけですね。



それで100万円運用するならば

10万円を上記のハイリターン、

50万円を安定型


そして残り40万円を金地金=ゴールド



に回して運用する、みたいな考え方もあると

思います。

(下に行けば行くほどリスクが下がる)



こういう感じでポートフォリオを組むってのも

個人的にはひとつのアイデアとして考えられるな~


なんて思います。



また、金ゴールドを加えない場合だと、


100万円の運用金なら

90万円を安定型、10万円をハイリターンに

回して


安定型では裁量入れて安全に

月利5~10%を狙っていくわけですが

月4~9万円前後ですが


そこでハイリターンのほうは結構数字が

出るときは相当出てるので


ここでハイリターン側では月2~3万円前後を

狙っていくという組み方もありますよね。



それで仮にハイリターンのほうで外れ月を引いて

破綻してしまったケースなら


そこで安定型の分からまた10万円ほどを

運用に入れていく


みたいな感じの運用スタイルは考えられるのかな

と思います。


この辺はその投資家さんによって

どれくらいの割合で 安定型とハイリターンで

資金割合を設定するかってところで


もうそこから裁量が始まりますが

こういう柔軟な戦略が立てられるのは


THE THIRDの面白いところですね。




【EA+裁量のTHE THIRDザ・サード のメルマガ特典詳細はこちら】
⇒  http://the-third.net/tokuten/



それであと、

以前にAIってのは結局相場では

それだけでは機能しないなんてことを扱いましたけど



そこで安定型のほうで AI+裁量でやるわけですね。



それで以前

「なぜAIだけでは勝てないのか」は扱いました。


<引用>




===================

【AIが勝てないと言われてる理由】

実は、世に出回っているAIシステムは
勝てないモノが多いです。

正確に言うと、

『利益を”出し続けるモノ”がない。』
ということです。


私もこれまで
たくさんのAI(人工知能)システムを見てきましたが、
“一時的”に利益が出るシステムはたくさんあります。



それこそ仮想通貨バブルと言われていた去年は、
ビットコインのAIシステムが
「凄い利益出る」とあちこちで言われていて、


実際に私も使っていましたが、わずか”3ヶ月間”で破綻しました。



理由としては、ビットコインの価格が急騰しているときは、
「買いのポジションを入れておけば自然に利益が出る」
という状態でしたが、


価格が暴落した瞬間に対応できず
資金は吹き飛といったものでした。

このようなこともあり、世に広まっているAIシステムは、
短期間の間は勝てても、勝ち続けることが難しいという
イメージが定着してきていると私は感じます。

要するに、よくあるAIシステムは…

突発的な動きに対応しきれていない

そもそもAIといわれる人工知能は、
脳が行っている知的な作業をシステムで模倣したものです。

私たち人間は、成長の過程で経験し
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
学んだことをもとに
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
行動の基準として採用し、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そしてまた学んでいくものです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

例えば、勉強やスポーツ、
人との付き合い方など、

過去の経験及び出来事をもとに推測して、
大人になってからも学習しながら
応用していきます。



ただ、子供の頃に一切経験してこなかったとした場合、


とっさに『フランス語を話してください』
『今からサッカーの試合に出て1点決めてください』
と言われても、

急に対応できるわけがありません。

これは、

投資のAIシステムも同じです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

特に昨今の為替相場では、
世界情勢の変化による突発的な動きをはじめ、


過去からは推測しにくい
チャートの形・値動きが多く存在しています



そして何よりも為替の相場は似たような動きがあっても、
まったく“同じ動き”は存在しません。



さらに、
各国の市場の変化、
重要人物の発言、世界中のイベントや天災など、、、


今まさに相場では、次々と新しい事象が起こり続けています。

こういった状況では、
相場は時に予期せぬ動きに直面する場合が多く、



どんなに優秀なAIシステムであったとしても
『これまでの蓄積された経験・データ』が無い状態では


相場の突発的な動きに対応して、
利益を得ることは難しいのです。

これこそが、

AIシステムが勝ち続けることが難しい
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
確固たる原因です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


AIシステムは常に、
毎日の変動している相場の値動きに合わせて
『最適化』という作業を行っています。

最適化は、システム化した
プログラムデータを用いて、


より安定した利益を狙える
パラメーターを探し、


パフォーマンスのチェックを行ったうえで
トレードをするといったものです。

しかし完璧に最適化を行っていたとしても
予測できない大きな事象や想定外の出来事があった場合は、
そのすべてが破たんしてしまう可能性があります。



だからこそ、
多くの優秀といわれていたAIシステムが


ほんの数ヶ月ほどで廃れて使えなくなるという
事態が発生してしまったのです。

では、いったいどうしたら
長期間を通して利益を上げ続けることができるのか…。
その答えはとても単純なものでした。




【人間の頭脳を加えることで息の長い

安定運用を】


The-Thirdシステムは、
AIが完全自動でトレードを行うというものではなく、


プロトレーダーの頭脳であり考え方を
“リアルタイムに同期”することで、

大きな事象や予想外の出来事に対しての
堅牢なセキュリティとしています。



========================



以上です。



それでここで、

「裁量+AI(EA)」っていうアプローチが

出てくるわけですね。



<続き>

======================

つまり、先ほど伝えた
『常に最適化しパフォーマンスを維持したトレード』は
AIで行い、


『『AIが補えない予想外の事象や
経験からくる優れた感覚』を人間が行うことで、


大きな変動のない安定した利益を
積み重ねていける仕組みとなっています。

”攻めのAIと守りの裁量”

この2つの概念を効率よく融合することで
これまでには実現したくてもできなかった


最高レベルのセキュリティがかかった運用システム
として完成しました。

AIのシステムとプロトレーダーの環境認識、
中途半端なものを組み合わせるのではなく、


高いレベルの2つが融合しているからこそ、
安定したパフォーマンスを出すことに成功しているのです。

私も実際にThe-Thirdシステムを運用して感じたことは、
長年利益を上げ続けていくためには、
どうやって勝つかではなく、
いかに負けを抑えていくかという管理・・・

いわゆる「リスク管理」だと実感しました。




予想もしなかったリスクに直面した際、
どのように回避したらよいか…

ポジション整理をするために、
どこを損切りしたらよいか…

突如訪れる相場環境の変化に、
どうやって対応していけばよいか…

これらが相場の世界で生き残るために一番難しく、
多くのとレーダーが悩むところだと思います。





逆に、誰もが抱えている悩み、
不安要素・リスクを排除することができれば、
安心して相場から利益を得ることも決して難しくありません。

そこで欠かせない存在となってくるのが、
環境認識を駆使して9年間もの期間で培われた、
絶対的な相場観を持つ『M氏の裁量頭脳』です。

M氏は過去に、親交の深い投資家さんやファンド会社と契約し、
数十億という資産を動かしていました。

「絶対に資産を減らしてはいけない」
という環境の中で感性を磨き続けていくことで、

極めて低いリスクで運用し安定した収益を得る
技術を身に付けたのです。

そしてそのM氏の技術をThe-Thirdというシステムに
組み込むことで常に計算された動きの中でトレードしつつも、
低リスクで安定した収益を得ることが可能となったのです。


======================



以上です!!


ここで裁量+EA(AI)

っていう考え方になるわけですが


サードの注目点はやはり

このM氏の相場観も学びながら


大きくマイナスを計上しないで

それで利益をあげていくっていうところかと

思います。


これで3年3ヶ月生き残ってるという実績は

あるわけですね。



ということで、

THE THIRDの場合は


安定型と、そしてハイリターン型で

2つのリスクの取り方を混ぜていって


運用してる方が多いですが


そういう意味で柔軟性が高いシステムではないかな

と私は思いました。




それで残り3日で特典のどれかも一つ削除となりますので

ぜひあなたが興味あれば


ページもじっくりご覧くださいね~






【EA+裁量のTHE THIRDザ・サード のメルマガ特典詳細はこちら】
⇒  http://the-third.net/tokuten/











============編集後記============


さて、ここ最近


「オリンピックを口実に

首都高速1000円値上げ」


というニュースが相当話題になっておりました。


ちなみに首都高速道路なんかはつい10数年前なんかは

700円前後だったと記憶しておりますが



その後、結局 小沢鳩山の高速道路無料化闘争ってのが

マスコミや官僚たちの一斉攻撃によって潰されまして


それで、高速道路は本来、高速料金で今までの建設費などを

賄ったら無料化するという約束で始まったものでしたが


そこで高速道路は官僚たちや関連会社の強烈な

天下り先であったから


そこで官僚たちは

「次また政治家に攻撃しかけられたら

私たちの既得権益である高速道路代金を無料にされてしまう」


ってことで高速道路もどんどん民営化していきました。


それでその結果どんどん全国の高速道路は

既得権益のために 料金があがってきてるわけですが・・・



ここで首都高速道路は以前なんかは700円とか600円台

ってのが普通だったんだけど


その後930円に大幅に値上がって、

そして今はさらに値上がって1300円になってる

わけですが



これが・・・「オリンピックを口実に1000円」

の値上げになるんだそうです。


ただ一応、ここで「ただ単に値上げしますよ~」

だと国民みんなが怒るわけですから


そこで彼ら官僚が良く使うのが

マイナンバーなんかもそうですが


「よく分からないカタカナ語」ですよね。


最近使われてるのが

「ロードプライシング」とかいう単語でして


ここで「まず先に天下り先の原資である

高速道路料金を値上げしたい」ってことがありまして


その口実としてこの ロードプライシングという

単語が使われてます。


「自動車交通量の抑制を図る目的で~」


ということでだから「混雑する時間は料金値上げしましょう」

ってやつですよね。


すなわち「料金値上げの口実」ってのを

官僚たちは探して、


それを記者クラブに所属してる

大新聞やテレビ局に報道させるわけですが



そこで、


「おい、単純に高速道路値上げだと

うるさいやつらがいるから

「ロードプライシング」のために値上げするんだ


っていうストーリーで報道しろ」


と各テレビ局や新聞社に報道させるわけです。


今がまさにそれです。


それでうまーく民衆が言いくるめられて

そして首都高速が「大幅値上げ」となるのでしょう。


それでもうこのロードプライシングなんかは

官僚用語であって、


それは「格差是正」とか言って官僚たちが

マスコミたちに報道させて、


それで大衆洗脳して「金持ち増税」ってことで

所得税増税を2014年にしましたが


それと同じですよね。


が、未だに騙される人が大半なのに私は危機感を

覚えます。


あの

「あおり運転報道を沢山させる理由」だって


一瞬で「ああ、警察利権を拡大させたいのだな~~

最近は安倍にMI6に代わる諜報機関を設立させようとしているし

警察官僚の暴走がひどいものだ。


吉本問題だって 得をしたのは 天下り先を作った

警察官僚だけだ」


と私なんかは見るのですが


今回のロードプライシングってのも

まあ値上げの口実ですよね。



それで前回なんかは930円から1300円に値上げ

するにあたって


「ETCなら料金は刻んでいくんで安くなりますよ~という嘘」


を官僚たちはこれまたテレビに報道させていたけど、


実はこのETC関連会社も天下り先でありまして


また実際の話は首都高速道路使うような人は

結構長い距離乗る人が大半ですから


大多数は大幅値上げなんだけど

そこで「高速道路が安くなります~という嘘」を


官僚たちはマスコミに報道させていたのは私も

よく覚えている。



それで今回なんかは「絶好の口実」として

「オリンピック」ってのがあるんだけど


この「オリンピック」ってのは

まさに官僚公務員たちの既得権益拡大の口実、として

使われてますよね。


ちなみに大きなストーリー・シナリオに気づきましょうよ

って話でもありまして、


例えばオリンピックでは高校生が「実質的にボランティアを強制」

されてることが話題になっていましたが



あれもですね、その前に

「ボランティアのあのおじいちゃんは素晴らしい」

って報道がよくマスコミに展開されましたでしょう?


一応民間人なので名前は書きませんが、

まあ怪しい人だ、と私は見ていて思ってて


そこでメルマガにも「ボランティアに人々を扇動するための

テレビ報道だ」って書いたけど


それでも集まらないから、結局公立学校の高校生なんかに

ボランティアを実質強制するような格好になってきてる。



「テレビや新聞を読むと官僚のプロパガンダが分かる」

ってのはありますね。


テレビの放送時間ってのは広告時間に換算すると

何十億円、何百億円という価値があるものですから


そこで本当に意味のない、目的のないニュースなんて

ほとんど流れないもので、


何かしら既得権益の得になるような放送が

組まれるってのは大人なら分かる話です。



それで最近だと

首都高速道路ってのは官僚の天下り先の原資であるから

そこで役人様や関連会社が値上げしたがってるわけですが


そのために使われてるのがロードプライシングっていう

言葉ですよね。


これをマスコミたちが官僚たちに協力する形で

流してまして、



実際日本のマスコミってのは

行政利益を代弁する機関なわけです。


本来は行政を監視する役割が第4の目といわれて

重要なのだけど


日本のマスコミは行政の暴走を批判できないどころか

プロパガンダに協力してる悪質さはあります。



それで首都高速道路がオリンピックで値上げとなると

2300円とかそんな感じになるのでしょうが、


つい10年ちょっと前までは首都高速使って

往復でどっか遊びに行って、それで戻ってきて

1000円ちょっと払う感じだったのが


これが今度から往復で大体4600円前後になる、

と。


なるほど、日本で引きこもりが増えるわけです。

外でたら めっちゃお金かかるんですから。交通費が。



それでおそらく多くの首都圏の人らが気にしてるのが


「100歩譲ってオリンピックのときだけ値上げするなら

まだ我慢しよう。

けどその後は??」


ってことだと思うんですね。


オリンピックが口実ならば、オリンピック終わったら

元の値段に戻さないと筋通らない。


が、これがやはり官僚ロジックってものであって

国土交通省官僚たちと東京都の役人たちは


「これから先もこの値上げ(ロードプライシングっていう口実)を

そのまま恒久的に活用しよう!


オリンピックを機にそのまま料金値上げを恒久化しよう」


ってことなんですね。


だから「オリンピック終わっても値上げはそのままか

一時的に値上げしたものから下げて、値下げという

騙しを使ってその後値上げする」

見たいな感じになりそうです。



それで今回のオリンピックを口実とした値上げですが

「口実」なところでボロが出ていて


すなわち「値上げが先にあって、口実として

ロードプライシングを持ってきた」


のが本当のところだろうけど


そこで外環道と圏央道なんかはまた上記の値上げを

オリンピック後にする予定のようです。



それで、最近は消費者庁なんかが景表法なんかで

自営業者に圧力をかけている現実があるのだけど、


「本来値上げなのを値下げと偽る」


この国家官僚たちの手口は同じ官僚たちだから

見逃すわけですね。



このロードプライシングってのはどうみても、

値上げです。


が、それを「値下げ」と言い張るこの官僚、役人たちの

欺瞞があるのだけど


それをマスコミたちは一切言わないですし、

なんともおかしいもんでして


民衆の多くも最近は気づいていて

「なんか俺たちは役人に騙されている」

ってのがあって


それがN国党支持に向かってることでしょう。


それで・・・「あ~~日本の首都高速は

2300円くらいになってしまうのか・・・

消費税も10%になってもう税金地獄だな」


ってことなんだけど


実はそれだけじゃなくて「走行税」導入も言われてます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



これは官僚、行政の広報機関である

自称公共放送のNHKが


「1000キロで5000円」ってことで報道してましたよね。



だから年間で3万キロ走る人なら

年間15万円くらいの負担になりますが



ここで「走行税」なるものも作ろうとしている

役人たちの動きがあります。


それでここで マスコミたちは「安倍政権」について

よく言いますが、


2013年から安倍のアベノミクスを

スタグフレーションになってしまう、と批判していた

私からしても



この報道はおかしいと感じてまして


「いやいや、立法府の安倍はもうぜんぜん権限ないでしょ。

官僚が暴走して勝手に進めてる感じがすごいんですけど」


て話なわけで


これは最近多くの人が感じてきている。


官僚の暴走を5年間止められない安倍も情けないのだけど


「矛先、問題の原点を反らして行政をなんとも

守ろうとするマスコミ」


の姿は顕著・明らかですよね。



それで今回の首都高速道路、高速道路料金なんかは

国交省の官僚たちってのがかなり

重要な役割を果たしておりますけど、


ここで結構出てくるのが「ETC利用」ですよね。


「ETCだと安くなりますよ~」ってやってる。


それは嘘でETCでも大きく料金取られるんだけど

距離制になるから 現金よりはちょっと有利なくらいで


過半数の人にとっては大幅値上げだけど

ここで「ETC推進」はすごいわけです。


が、これもやはり役人の天下り利権で

ETCを管理運営し、普及を推進しているのが

『道路システム高度化推進機構』という財団法人なのです。



そして利用者がETCを搭載するたびに

“セットアップ料”として、

525円が自動的に転がり込む仕組みになっていて


以前大変問題になった。


私はそれを知っていたからなんとしても

日本にいるときは現金に固執しましたが


まあ多くの人はあまりそういうの気にしないで

疑問を持たずETCを導入するわけです。

便利ですからやはり。



ただ問題は、

そこが国交省役人の天下り先になっていることであって

歴代の幹部が次々に理事に天下っているところが


上の財団法人ですよね。


以前指摘されたのが

常勤理事5人のうち、2人が国交省出身、

1人が警察庁出身でして


天下り先の最たるものなんだけど


だから日本のドライバーががんばってETCを導入してあげて

それで役人様の豪勢な生活を支えてあげる構図に

なっている。



ちなみに私が日本にいるとき、ETCを導入しなかった

のは結構考えたからってのがあるんだけど



というのは高速道路は、債務償還が終われば、

無料開放が原則として始まったインフラなんですね。



が、途中で 上記のETCなんかもそうだけど

どんどん役人の天下り先が広がっていき


既得権益化したんだけど


そこで



「この年間兆単位で民衆から巻き上げられる

この高速道路収入を手放すのは惜しい。


これを手放したら私たち官僚様の天下り先が

なくなってしまう」


ってことで、


そこで出てきたのが「ETC」なんです、本当は。


本来 債務償還したら無料化するはずだったのが

ETC導入で永久的に有料にする、


これが目的だったわけですね。


多くの人が

「せっかく金を出して買ったのだから、

ETCを廃止するのはもったいないよな~」と、

現状追認に心理が動くのも


官僚たちはよく研究していて

それで導入されたのが本当はETCだった。



それで2009年にはその天下り構図に反旗を

翻したのが 小沢鳩山であったけども、


ここで猛烈な官僚たちの攻撃にあって


国交省官僚、検察官僚、警察官僚、

財務官僚、外務官僚・・・


と官僚たちの総攻撃を受けて無残に「負けた」のですよね。


それでこれは官僚たちも焦ったわけで


「この道路公団を民営化すれば

民衆の代表である政治家どもに解体されないぞ。

そうだ、民営化してしまえ」


ってことで今はそれがNEXCOとかになっている。


民衆は、官僚との闘争に完全に負けたわけです。



それで道路4公団が27兆円もの赤字を積み上げた

ってのが以前問題になったんですね。



ここで疑問がわくわけですが


「なんで世界でも屈指の高さの日本の高速道路収入が

あるのに 赤字なの??」


っていうことですが、


この道路公団が抱える巨額の借金は、

不採算路線の建設だけが原因ではなかった

んです。


この「不採算路線」っていう言葉は官僚の天下り批判を

かわすための単語でもあるんだけど



役人らが

天下りを抱えるために、

儲かる業務をファミリー企業に配分してきた結果、


ここで道路公団は27兆円の赤字転落したんですね。


27兆円の赤字・・・ってのが実際天下りで出る、

んです。


だから天下りは悪なんですよね。


最終的にはそれが増税の形で国民の生活を潰すから。



それで高速道路そのものは、

巨大なビジネスであるのは分かりますよね。


道路に入るためには高速料金を徴集する人員も

必要だし、


道路を照らすライトや看板なども膨大な量だし


さらにそうした施設のメンテナンスも

金がかかるわけでして



そして入ったら出られない仕組みが高速道路ですが


ここでサービスエリアのレストランは高くても、

まずくても客が入るし、


こうした事業を、随意契約で関連会社や

息のかかった子会社に振り、

収益の多くを天下り社員で山分けしていたってのが


実情なわけです。


その上で公団を赤字に仕立て上げて

累積赤字を積み重ねてきた


ってのが役人たちの歴史であって

これが行政の恐ろしさです。


以前はこれを勇気あるジャーナリストたちが

暴き立てていたけど


行政たちは暴力団のように

こういうジャーナリストを潰していった。


それで、ここで以前は道路公団だったんだけど

道路公団だと、政治家によっては反旗を翻してくると


小沢鳩山のように天下り利権を潰そうとしてきますから

そこで最近は政治家に既得権益が

つぶされないように民営化して


いよいよ暴走してるわけですね。


それで首都高速道路なんかは

昔は700円とか600円だったのに

これから2300円くらいになりそうです。


だからこんな政治があるのに

「若者の車離れ」とかマスコミが言うのはおかしくて


「若者は情報革命で頭が良くなってるから

もうなんとなくそういう構図を感じ取ってるから

税金を多く取られる車を持たないだけだ」


とはっきり言う人が必要だ。


ちなみに上記のような高速道路の政治ってのは

日本以外でもフランスなんかでも似ていて


だからフランスのイエローベスト運動ってのが

高速道路を民衆が封鎖する動きに出たけど


それはそういう理由から、です。



フランス人は 近代国家思想ってのは

あくまで「暴走する行政」を三権の中の

立法と司法がけん制するものだ、


っていう基礎を理解してるから


ここで行政官僚たちの利権である高速道路の

料金所封鎖に動いたわけですね。


ちなみに何度も書くけど日本で教科書で書かれてる


行政、立法、司法が「お互いに監視してる論」は

「間違い」であって


モンテスキューの三権分立ってのは

「暴走する行政」を監視するために立法と司法が

存在するってのが基礎で


それが世界基準の知識だ。


これをまだ多くの日本人は知らないんですね。



それでこれから、どんどんこういう

行政への縛りが弱くて日本は行政役人が

暴走してますから


これからどんどん増税や「○○料」とついてる

実際は税金なんだけど「○○料」とごまかしてる

隠れ税金も値上がりしていきそうです。



人々はどんどん生活できなくなる。


それでじゃあ私が住んでるマレーシアの高速道路は?


っていうと、


実は多くの日本人が最初マレーに来て

驚くのが高速道路料金の安さです。


マレーシアは高速道路はちゃんと整備されてて

走りやすいのだけど


それでも首都高にあたる首都KLの道路は

現状2.5リンギットだから


日本円で言うと「60円」前後です。



だから日本の高速道路はこれからオリンピックで

首都高値上げとなったら


2300円前後になるわけですから


マレーシアの大体38倍前後ですよね。


クレイジー・・・。


それで日本の高速道路は日本で運転する外国人が

みな驚くことですが


世界一日本の高速道路は高いと揶揄されるけど

これはすなわち

「世界一役人が強い国が日本」

っていうことなんですね。


それくらい役人の利権が温存されてるのが日本。

そんな国で 笑顔で暮らせって言ったって

なかなか難しいのは私も分かる。





それで重要なのが日本の場合は

「○○税」というのがあって国税に入るけど


それ以外の「○○料」ってのが非常に多いわけで

例えば健康保険料とか、年金保険料とか

ありまして「料」という記載だけど



これって「実質強制」なんですね。


だからそこで強制的に徴収されるわけですが、

ただ 税金じゃない、ってことになっていて


ここで世界比較で日本の税金は安いってことで

プロパガンダされるけど


実際はこういう「○○料」なんてのも

含めると


日本人はほとんどのカネを行政に持ってかれてる

わけでして


こういう「隠れ税金」が多いわけです。


NHK受信料、なんかもそうですね。


となるとどんどんみんな貧しくなるわけでして、

そろそろこういう問題を考える時期に来てますよね。


そうそう、それで1ヶ月後の10月には

消費税が増税される。


ちなみにこれが国家官僚というもので

例えば今 EA+裁量の教材なんかがあるけど

本来は数十万円で販売してた実績もある内容なんだけど


それをすごい値下げして期間限定とかで

やってるけど民間業者はそうやって商売をしてる。



みんな苦労して なんとか満足できるものを

と思ってサービス提供したりサポートしてたりする。


が、行政の高速道路だったり、ってのは

独占型事業ですから


そうなると競争が発生しないので

いくらでも簡単にこの10年で4倍とか5倍で

首都高速料金のように値上げできるわけで


それが行政の恐ろしいところですよね。


それで実質それは税金ですから

「強制力を持ってる」のですが


例えば健康保険を滞納したら差し押さえされるし

年金だって差し押さえされる。


高速道路は選択できるように見えるけど

もう最近は 高速道路が高くて一般道が大渋滞することが

増えてますから


そこで人々は高速道路を使えず、なんとか

自分の時間を犠牲にして移動するしかなくなっている。



これが・・・日本の恐ろしいところで

行政が暴走するとここまで人々の生活を圧迫する

わけですね。



それで結構面白いのが

NEXCOなんかを見ると東日本だと


売り上げに相当するものが

2兆円あるわけですが


じゃあ営業利益は?


というと驚きますよ。


2兆円の売り上げある中で

純利益は41億円だけ、


です。


0.2%の利益率ってヤバイでしょっていうことで

自由市場だと完全に淘汰される企業になるはずですが

これが役人の商売です。


どんどん天下り先に流れているんでしょう。



だから一言で言うと腐敗してるってことなんだけども、

ただこの行政の腐敗を 言及するために


憲法21条言論表現の自由があるのですが


それが機能していないのが日本の情勢ですね。


となるとみんな問題点を知ること事態ができないので

これからさらに首都高速道路などの税金値上げが

進んでしまうことが想定されます。



ということでこれから

消費税増税、走行税、あとは最近だと

砂糖税なんかの話も聞くけど、


あとは首都高速道路税 値上げということで

どんどん 税金上昇が続きそうでして


ここで貧困に陥る人がより増えそうです。


ただ・・・ここで

謎に 給料が増えてる人たちはいるんだけど


それが公務員の方々でして



彼らなんかはこの夏、

「国家公務員 夏のボーナスは

平均67万9100円 7年連続のプラス 」


となってまして、


既得権益側の上級国民なので

どんどん税金を100%原資とする給料は

上がってるのが報道されてますよね。


だから政治学ではこういう現象、歴史を把握して

「唯一利益相反するのは


行政官僚(国家権力)と民衆だ」


っていうところから分析が始まるんだけど


「民衆が税で苦しめば苦しむほど

国家官僚や官吏(公務員)たちは豊かになる」


わけでして


元々 怪物である行政と民衆は

利益相反してるわけです。


それが日本の場合は最近顕著になってきてますね。



一方、マレーシアなんかは

民衆の政治意識が強く行政をみんな監視してますので


その結果 消費税を上げるのも、

公務員の給与を上げるのも

官僚たちからしたら一苦労なんですが


その代わり、民衆は豊かになっているわけですね。



このような現状があるから、

世界で、小さな政府の重要性に気づく人が増えてきた


ってのもあります。



それではっきり言えば私はマレーシアに住んでるから

この首都高速値上げは

日本で運転しないから関係ないといえば関係ない

んだけど


ただ一番関係する日本の東京住みの人が

この辺で声を上げない謎ってのはありますよね。



やはり 政治に無関心を装っても

政治とは無関係ではいられないものですから



行政の暴走を人々が監視するってことが

これから大事になりそうです。



それでは!



ゆう













☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【EA+裁量のTHE THIRDザ・サード
はあと2日で特典のうちどれかが削除となります】
⇒  http://the-third.net/tokuten/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


















コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください