無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【FXの「騙しブレイクアウト後のプライスアクション」を MAの「斜めの世界」で検証しよう!】

2019 6月 28 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【FXの「騙しブレイクアウト後のプライスアクション」を
MAの「斜めの世界」で検証しよう!】
⇒編集後記で
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



どうもゆうです!

こんにちは!




さてさて、昨日ですが、

【ついにトランプ大統領が「在日米軍撤退議論」に火をつけた!】

っていう号を流しました~


メルマガでこの数年トランプ大統領の思想分析ってのを

諜報機関がやってるような感じでやってるわけですが、


そこで「トランプは任期中に必ず(リバータリアン)思想で

米ドル崩壊させるために 在韓米軍撤退、在日米軍撤退議論を

仕掛けてくる」


ってことを書いてきたわけですが、


やはり仕掛けてきた、という感じですよね~


これからさらにトランプが在日米軍と在韓米軍に撤退の流れに

なるように揺さぶりかけると思いますよね~


これが「一見難しそうな政治」の超面白いところで、

思想分析すると、大体流れが100%とは言わずとも

かなり高い確率で見えてくるんです。



【PDF】【ついにトランプ大統領が「在日米軍撤退議論」に火をつけた!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/trump_zai……beigun.pdf



ちなみにちょっと金融と政治の「相関」について

知らない人も多いと思うのですが、

私なんかはこの辺、FXの他の数十万円する塾で

相関分析のトレーダーの先生に教えてもらって、

あとは田中宇のメルマガ購読していて学んだけど、



一応書くと、ドルの敵が金ゴールドなわけですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
歴史的に。


一般的に言われるのがですね、

「リスクが出たときの逃避先が金ゴールドなんだ」

ってことですよね?


けどそれだと少し分かりづらくて

ドルの敵が金なんです。


アメリカのドルってのは世界中で決済で使われてるけど

そのドルの世界基軸性、覇権ってのが落ちる事象があると、

金ゴールドに マネーが流れるって構図なんです。


んで、米軍撤退と 金ゴールド価格ってのはじつは

政治事象と、金融事象でつながってるものでして、


世界の警察官としてのアメリカ、を象徴するのが

米軍なんですよね。


この米軍が撤退するってのはすなわちアメリカの世界覇権が

衰退するってことですが、
(最終的にドルの覇権が低下するということ)


これはドルの敵である

金ゴールドのファンダメンタルにはすごい影響するんだけど


だからそれらを事前に分かってると、

金現物でも先物でもいいですが、事前に金を買っておいて

お得な状態になれる、ってことです。



それで金ゴールドが買われる地合いだと、

円ってのは買われる傾向がありまして、


(※この相関のちゃんとした分析は私は見たことありません。

リスク逃避、だけでは説明できない相関係数です。

おそらく日本の財閥だとか、あとは昔日本が

「黄金の国ジパング」と言われていたことが関連してるかも)


それはひとつのクロス円をショートしかけておく根拠と

なってたりするわけですね。


ちなみに個人投資家だとテクニカル分析しかしませんが、

何千億円動かしてるファンドたちが諜報機関レベルに

政治経済分析するってのはこれらが理由ですよね。


以前2ちゃんねるとかですごい有名だった

株で300億円稼いだBNFさんとかは

この辺の政治経済分析のプロでしたが
(テクニカルは乖離手法だったかと)


やはり大きな政治の流れってマスコミ報道では一切

情報得られないけど、


自分で調べて考えていくのは大事ですよね~


それで自分の分析とテクニカルが合致したところで

仕掛けていくっていうことをすると

負けない投資になっていくと。


さて、それで以前にお渡ししたのが

こちらの内容ですよね。



アメリカの投資家さんたちが使っている

プライスアクションの戦略です。


PDFレポート(画像で)
【アメリカのFXトレーダーが最近使う
プライスアクションを学ぶ!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/false_breakout.pdf


それでこれ・・・

検証されてる方は分かると思うんだけど、

結構使えますよね??



やっぱり情報って大事だな~なんて思います。


それで一応検証しないと使えません、っていうのは

私がよく書いてるのだけど


今回はこのFalse Breakout priceaction

「だましブレイク後のプライスアクション」

の検証のコツなどを書きたいと思います。


編集後記で!









★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

音声プレゼント【検証の時給は1万円?】
⇒  http://fxgod.net/onsei/fx/kiso……u_1man.mp3
(スマートフォンでも聞けます♪
通勤中、寝る前、ドライブ中などお好きなときに聞いてみてください♪)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【以下は最近お渡しした内容の音声やPDFです!】

【PDF】【ついにトランプ大統領が「在日米軍撤退議論」に火をつけた!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/trump_zai……beigun.pdf


PDFレポート(画像で)
【アメリカのFXトレーダーが最近使う
プライスアクションを学ぶ!】
http://fxgod.net/pdf/false_breakout.pdf



PDFレポート
【現代人は家賃で人生の3分の1を搾取されている?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/yachin_3bunno1.pdf



PDFレポート
【シリコンバレーのウーバー(UBER)を打ち負かした
東南アジアのグラブ(GRAB)のヤバさ】
⇒  http://fxgod.net/pdf/grab_beats_uber.pdf


PDFレポート
【米ドル覇権はフェイスブックの仮想通貨リブラにつぶされるか】
⇒  http://fxgod.net/pdf/facebook_libra.pdf


PDFレポート
【アメリカ・サンフランシスコでは
ホームレスの排泄物が問題化してきてる】
⇒  http://fxgod.net/pdf/sanf_homeless.pdf


PDFレポート 【金(ゴールド)価格がついに1400ドル台へ
突入したことを考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/gold_1400dollar.pdf



【音声プレゼント♪】「あなたの資産に金利をつける重要性とは?」

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……san_kinri/



【音声プレゼント】マレーシアでの
電気代が1ヶ月たったの1300円だったという話と
生活物価の話

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……sia_price/


PDFレポート
【世界で注目されるアメリカとイランの関係について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/us_iran.pdf

PDFレポート
【なぜ日本の若い富裕層たちは日本の年金を捨てて「海外の保険」に
加入するのか?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/nenkin_ka……ihoken.pdf

PDFレポート
【最近、マレーシアのマハティール首相は中国との親密な協力を表明した、
という話】
⇒  http://fxgod.net/pdf/mahatir_china.pdf


PDFレポート
【投資において「検証の最低時給」は1万円以上?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/kenshou_j……yu1man.pdf



PDFレポート
【日本と中国は実質対立状態ではなくなってきている、という話】
⇒  http://fxgod.net/pdf/japan_and_china.pdf



PDFレポート
【FXで注目の「メタトレーダー4 VS Cトレーダー」の
戦いについて考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/ctrader.pdf



【証言動画ありPDFレポート】
「毒カレー事件の林真須美死刑囚」は冤罪(えんざい)で
死刑にされそう
⇒  http://fxgod.net/pdf/enzai_hay……masumi.pdf


PDFレポート
【トランプ大統領にドル送金禁止で抗議する中国とロシア】
⇒  http://fxgod.net/pdf/dollar_ch……russia.pdf




PDFレポート
【目標より「恐怖を明確化」すると行動できる!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/kyoufu_me……kakuka.pdf

(写真ありPDFレポート)
クアラルンプールの新しい芸術系ショッピングモールを
見てきました!
⇒  http://fxgod.net/pdf/linckl.pdf



PDFレポート
【金(ゴールド)はいずれ簡単には買えなくなる?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/gold_kaenai.pdf



PDFレポート
【先進国の人々のIQ=知能指数は低下してきている?という
調査結果について考える!】

⇒  http://fxgod.net/pdf/iq_teika.pdf




PDFレポート【「ゆたぼんの炎上」と、最近
「学校に行かないホームスクール」が
マレーシアでは当たり前になってきてる、
ことについて考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/homeschool.pdf



PDFレポート
【好きなことを追求するマレーシアの教育】
⇒  http://fxgod.net/pdf/malaysia_……ation1.pdf



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆










==========編集後記===========

さてさて、この前お渡ししたこちらの

内容ですが


好評ですね~めっちゃ使えますよね、このプライスアクション。


PDFレポート(画像で)
【アメリカのFXトレーダーが最近使う
プライスアクションを学ぶ!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/false_breakout.pdf


それで私は最近この False Breakout Priceaction

騙しブレイクあとのプライスアクション


を結構検証してるんだけど、



これヤバいな~~と。


勝率もかなり高いですし、また大体

そっちの利益の方向に価格が結構な強度で動きますから


やはりアメリカなんかの個人投資家たちが検証してる

プライスアクションは面白いですよね。


それでこの前この

False Breakout PriceActionにおいて

補足として書いたのが


以下の記事ですよね。


「例えば長期移動平均線の75日とか
中期25日とかそのあたりを
サポレジと見立てて、斜めのラインで

同じく

ファルスブレイクアウト後の
プライスアクションで狙うという考え方もあります。

根本的には同じですので。」



個人的には最近こっちを検証してるのですけど



一応アメリカの個人投資家たちが使ってる

今回の騙しブレイク後プライスアクションは

水平線(真横の線)を使うものですよね。



そこを基準にブレイクアウトが騙しで、その後の

戻りのプライスアクション形成(エンゴルフィンバー、ピンバー)

で仕掛けるってものです。



これもすごい強い。


ただ一応「検証効率」ってのも私はよく考えるのですけど

この水平線の騙しブレイクアウトのプライスアクションって


検証が少し面倒なのはありますよね。


ちなみに検証数としてはやはり

100回はほしいわけです。


1通貨、1時間足で100回。


ただ水平線を100回引いて検証していくってのも

結構骨が折れる作業ではありますよね。


この辺はその人の個性ですけど。



ただここで書いたMAをレジスタンスと見て

そこで 騙しブレイクアウトのプライスアクション

を検証すると


かなり検証スピードが上がると思います。


水平線を自分で引いて検証していて

1回検証する時間内で、


3回は検証できるので3倍早く

データ集積できますよね。



というのが私の場合は最近やっていた

検証が


MA5 MA25 MA75 をクロス円の日足で

出して、


そんでそこでこのPDFにある騙しブレイクアウト後の

プライスアクションを


ルールとしては損きり1:利益確定2の

システムルールで検証してるんですね。




PDFレポート(画像で)
【アメリカのFXトレーダーが最近使う
プライスアクションを学ぶ!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/false_breakout.pdf




単純にPDFにあるアメリカ版は、

水平線の「真横の世界観」ですが


個人的には「斜めの世界観」で検証してまして、

MAとかは斜めの世界観ですから、



そこで検証するわけです。



例えばMA5、MA25、MA75なんかを

私は表示させて、


それで、日足でそれらのMAを一度ぶち抜けた・・・

と思ったら結局戻ってきて、


ピンバーなりエンゴルフィンバーが形成されてるところで

エントリーして、


そこで損失1利益2で決済、


っていうルールを検証してみてます。


いまクロス円やってますが、まあハマりますよね。強い。


ちなみにちょっとしたコツはありまして、

そこで例えばMA25のこの騙しブレイク後のプライスアクションですが


「角度」はちゃんと見ますよね。



ちゃんとトレンドは見るようにしていて

MA75が例えば右肩上がりの斜め上に向かってる角度で

ここで


M25で騙しブレイク後のプライスアクション


が出てもそこはスルー、というルールも加えてます。


あくまでもMAベースでの大きなトレンド判断があるんだけど
(それは長期MAを使う)


これはちゃんと相場の流れにあわせて、


その中で出て来た 騙しブレイク後のプライスアクション

を使うって検証です。


そっちのほうが勝率あがって安定しますよね。



ちなみに、一応この「斜めの世界観での

騙しブレイク後のプライスアクションの検証」


はMAじゃなくても トレンドラインゾーンを引いて

やっていくこともできますけど、



ただ検証効率をあげたければ

完全にMAが楽です。


チャートソフトがMA出してくれますから、自動的に。



それでMAを使うってのはもう検証効率が良いから、

いちいち検証のたびに水平線とか引かなくて良いから

数こなせる、

ってのが一番の理由ですが、



一応MAの場合だと「パーフェクトオーダー」なんかも

知っておくべきですよね。



例えば売り検討なら、

位置関係として MA5が一番下、MA25が中間に、

MA75が一番上にある、


というMAの位置関係ですが、



これを見るためにMAは短期中期長期と出すわけです。


個人的には短期と中期のMAがごちゃごちゃしてても

長期の流れに沿ってれば検証データに入れてますが、



これは慣れてくると チャートソフトで例えばMT4なりで

検証していると かなり検証スピードはあがりますね。


そんで日足以外で検証していないので

正直、他の短い時間足は知りません。


あとは入れてるルールがこれは私が検証する際、大体

いれるルールなんですけど


建値決済、は入れてるわけですね。


それで検証中に建値にストップを引き上げるのは


相場がストップに対して8割9割利益の方向に向かったら

建値にストップいれて、


それで利益はストップ建値に対して2のところに

入れたまま狙っていく、というルールです。

同値撤退はちょくちょく検証では出てきますが



まあそれでもトータルではしっかり利益上がるルール、手法

ですよね。



それで上記のような検証方法だと

この 騙しブレイク後のプライスアクション ってすさまじく

検証効率がよくてですね、


例えば自分で水平線引いて、検証するなら

20回しか検証できないところ、


その時間でおそらく60回以上は検証データ取れます。


メタトレーダーやCトレーダーなんかで目視で

MAの位置関係見て

プライスアクション探して


検証できるわけですから


検証スピードが相当上がりますよね。



それで検証をシンプルにするってことも大事なんだけど、

ストップ1:利益確定2 ってしてるのは意味があって


検証のためですよね。


本当は、利益をトレールで追ったほうが利益率が

上がる場合もあるんだけど、



ただ検証のしやすさ、を優先すると

固定のストップ1:利益確定2 の割合でやるのが

楽だと思います。


ただこれらが一通り終わったら、ダウ理論でトレールする

ルールも検証はしたいと思います。



ちなみに考え方としては

ストップ1 利益確定2の割合で決済するルールと、

ダウ理論でトレールするルール、は


エントリー箇所は同じでも、

まったく別のルールと考えますよね。


それで2つのルールの検証が終わったら

いままで ストップ1 利益確定2の割合で

やっていたところで


利益取り逃がしてるシーンでも、

そこでも利益は取れるって話です。


ちなみにこれは本来は両方のシステムルールを

分割決済で混ぜたほうが良くて、


同じところでエントリーしても


例えば1LOTの人なら、

0.5Lot は リスクリワードでストップ、利益の比率

1:2の上記ルールで決済、


残り0.5lot は 利益出たらトレール決済


と分割決済するトレードシステムになっていきますね。



これはCMAの神レベルトレーダーから以前教わりましたよね?


基礎はトレードルールが違っても一緒です。



このようにするとレンジっぽい相場でも利益は出やすいし

トレンドが強い相場でも利益は伸ばせるという

システムになっていきますね。




それでよいのが、このPDFで書かれている水平線の

False Breakout Priceaction

騙しブレイク後のプライスアクション






PDFレポート(画像で)
【アメリカのFXトレーダーが最近使う
プライスアクションを学ぶ!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/false_breakout.pdf





これは検証が少し水平線を引く手間が毎回かかるので

面倒な部分はあるんだけど


MA5、MA25、MA75なんかの一般的な

短期中期長期のMAをレジスタンスと見立てた


同じく騙しブレイク後のプライスアクション
で検証すると


結構 検証が楽になります。


それで特に リスクリワード1:2の

ストップ1 利益確定2のルールの場合、


横に紙でも置いて、それで


損失 利益  建値決済

と3項目作っておいて、



それで100回検証するなら

それを100段にして


それぞれの項目に○つける、

みたいな方法だと相当早く検証進められるんで


かなり楽ちんだと思いますよね。



私はグーたらでどうしようもない人間なので

楽して どれだけ検証数稼ぐか、をよく考えるのだけど


上の検証のやり方は 結構おススメですね。


それでこの 騙しブレイク後のプライスアクションの

ルールをMAの斜めの世界観で適用して、


それでちゃんと上に書いたようなルール、

建値決済とか、


あとはMAで相場の方向性にあったところだけでの
騙しブレイク後のプライスアクション

ってやっていくと

(これも慣れるとMAの色みて位置関係で

一瞬で判断できるようになります)


相当強いシステムなのが分かると思うんですが、



これを日足でやってる人なら

他の通貨もやってみる、ってことですよね~~


そしたら、エントリー回数少ない問題ってのも

解消されます。


あとは日足だけじゃなくて4時間足なんかもよいかも

しれません。


ちなみにお金持ちのトレーダーのほとんどは

実際は日足以上でやってる人たちなんで

(これは統計で証券会社内部で出てるんだそうです。)


1つの通貨で 様々な短い時間足でやるよりは

20通貨30通貨を見て日足検証するほうが


最終的な利益率は高まるわけですね。



なので結構上の検証方法は楽ちんなので、

このアメリカの水平線のプライスアクションルールがあるけど




PDFレポート(画像で)
【アメリカのFXトレーダーが最近使う
プライスアクションを学ぶ!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/false_breakout.pdf




その応用でMAの横の世界観でレジスタンスを判断する方法ですが、

結構 効率がよいので


あなたが興味あったらカフェとかマクドとか行って

検証されるとよいでしょう~




■■■■■■■■■■■■

【ちょっとした発展】

■■■■■■■■■■■■



それであと補足で書くとしましたら、

日足なんかで20通貨とか30通貨見ていくってなると

結構しんどい、と思いますが、


じつはこれは毎日全ての通貨見るわけでもない、

んですね。


FXの通貨ペアってのは

ドルと円でドル円、 ポンドとドルで ポンドドル

ですけど


何かの通貨と何かの通貨の組み合わせ、です。


それで地合いや政治経済の状態によって

どの通貨ペアが 仕掛ける優位性があるか?


ってのは変化するんだけど、



それを見るためにまず最初に1日の最初にやるのが

通貨間相関を見るわけです。


これは mataf.net mataf (マタフ)っていう英語サイトがあるから

mataf で検索するとよいです。


以前に神レベル根崎さんのCMAの最中に

メルマガでも説明してますね。


PDF【日本で聞きなれない「ポジションサイジング」
の考え方は欧米トレーダーでは常識なのか??】
⇒  http://fxgod.net/pdf/positions……_mataf.pdf



ここでMATAFで それぞれの通貨の強弱を

見ることができますけど、


ここで「強い通貨 × 弱い通貨」

のチャートだけ見るわけですね。



それで例えばその日は

強い通貨が スイスフランで、

弱い通貨が ポンドだったら


狙うは ポンドフラン GBP/CHFで売りですよね。


それでその際は

ポンドフランの上記の検証が終わってるのが前提ですが

(検証していなかったらそこで検証する。

日足なら検証中にそこまで動かないから、それが有利。)



それで検証で優位性確認できて、


そこでポンドフランで ルール通りの形、

騙しブレイク後のプライスアクションがMAの世界観で

出ていたら


そこで仕掛けるって言う流れですよね。



だから本来のMAの検証ではシステム的にある程度

高い勝率と、リスクリワードで利益出てくるわけですが


実際の相場ではそこで MATAF使っての通貨間相関を使って


そこで裁量入れてちょっと勝率を補足できるので


じつは実際のトレードでは

システムに通貨間相関の裁量も入って

有利になるってことです。


基本的にはこの 通貨間相関の裁量入れずとも、

上に書いたシステムルールで利益は出てきますが


さらに通貨の相関も裁量として判断加えたら

より 安定するってことですよね。


そうやって検証していきまして、

ルール作り上げていきますと


結構安定度が上がってくるものですから、


是非上記の検証も あなたが興味あったら

してみてくださいね~~



検証も上のようなちょっとした工夫で

シンプルにしていく


ってのは継続するためには大事でしょうから

(検証が複雑だと継続できないかと)


ぜひガチでやってる人は検証をやってみてくださいね~



それでは!




ゆう






追伸・・・


ちなみに「検証をよくする人」と

「検証しない人」の習慣の違い、も知っておきましょう。


「検証をよくする人」はおそらく

パソコンを毎日開く習慣があります。


パソコンを開く時間を増やして、電気代使ってるってのは

結構大事な要素です。


例えば常時パソコンがオンになってる家なら

暇なときすぐ検証に入れますよね。


だから「検証を生活の中に取り込む」のが大事。


例えばですが、ノートPCなんかが最近とても安いです。

3万円くらいで以前は手に入らなかったスペックの

ノートPC買えます。


最近は日本だと ASUSのノートPC安いけど

なかなかよいと思う。


んでメインのPCとは別に、

こういうノートPC買ってですね、


ベッドとかソファーで寝転がってるときでも

ノートPC開けるようにしておくんです。


ベッドでうつぶせになりながらPC操作できるようにする。


したらそこで検証をごろごろしながらできるわけです。

上の検証ならMA使うので できます。


なんなら ストップ1 利益2のルールなら

暗算しながら紙なくても検証はできますよね。


利益でたら +2 して 損失ならマイナス1して

利益2回連続したら 4 、損失その後出たならマイナス1で

3、、また利益出たら +2して 5といった具合です。


ストップ損失が2%固定なら

そこで2×5 で 10%の利益となる、といった具合です。
(けど、実トレードでは複利が利きますね)


こうやって 検証を生活に落とし込むために

ハードの 安いノートPCなんかを買ってしまって

それを活用するってのもありですね!


上に書いた内容はちょっとした工夫なんだけど

こういう工夫の積み重ねが将来の利益をもたらしてくれるってのが

現実なんで


ぜひ上記の工夫もあなたの生活でできるものは

応用して取り入れてみるとよいかもです。


では!







☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【PDF】【ついにトランプ大統領が「在日米軍撤退議論」に火をつけた!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/trump_zai……beigun.pdf


PDFレポート(画像で)
【アメリカのFXトレーダーが最近使う
プライスアクションを学ぶ!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/false_breakout.pdf



PDFレポート
【現代人は家賃で人生の3分の1を搾取されている?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/yachin_3bunno1.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★












«  【FXの「騙しブレイクアウト後のプライスアクション」を MAの「斜めの世界」で検証しよう!】  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください