無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【現代人は家賃で人生の3分の1を搾取されている?】

2019 6月 24 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【現代人は家賃で人生の3分の1を搾取されている?】
⇒編集後記で
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


どうもゆうです!

こんにちは!!


さて、いよいよ土日が終わりまして、

平日の相場が開ける楽しい月曜日です。


今週もしっかりルール通りに

損きり、利益確定行っていって稼いで行きましょう~



さて、それで、私は今日は「家賃」のことについて

考えておりました。


というのが日本の謎の習慣として

「家賃は収入の3分の1」ってのがあるじゃないですか??


あれって絶対おかしいよな~なんて思うわけです。


特に投資とかビジネスでなかなかそもそも

元金がたまらなくて、お金増やせない、なんて人も

最近多くて、


例えば「FXでは10万円の元手が必要です」とか

「アフィリエイトでは最低10万円の広告費は用意してください」


なんて色々お金稼ぎの塾で言われたりするわけですが

「10万円すらないです」と言う人は結構増えてるんですね。


けど、日本人の所得って世界では下がってるとはいえ

まだ高い水準なのにおかしい話ですよね。


それで、私なんかがすごい思うのが

「家賃」・・・

ここに問題があると思ってます。


実際に私なんかは昔派遣社員だったけど、

その後「家賃」を当時すごい工夫して、


それで長期で資産を増やして

這い上がることはできたってのはありました。



例えば私が月100万円が当たり前になったころの

家賃はっていうと月2万6000円でした。



それで今も家賃はなるべく安いところに住んでいて

それを切り詰めたら「海外移住」って話になったんだけど

今日はこの「家賃は本来何割が理想なのか?」

を実体験をもとに私の独断と偏見で、

書きます。



編集後記で!









★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【以下は最近お渡しした内容の音声やPDFです!】



PDFレポート
【アメリカ・サンフランシスコでは
ホームレスの排泄物が問題化してきてる】
⇒  http://fxgod.net/pdf/sanf_homeless.pdf


PDFレポート 【金(ゴールド)価格がついに1400ドル台へ
突入したことを考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/gold_1400dollar.pdf



【音声プレゼント♪】「あなたの資産に金利をつける重要性とは?」

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……san_kinri/



【音声プレゼント】マレーシアでの
電気代が1ヶ月たったの1300円だったという話と
生活物価の話

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……sia_price/


PDFレポート
【世界で注目されるアメリカとイランの関係について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/us_iran.pdf

PDFレポート
【なぜ日本の若い富裕層たちは日本の年金を捨てて「海外の保険」に
加入するのか?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/nenkin_ka……ihoken.pdf

PDFレポート
【最近、マレーシアのマハティール首相は中国との親密な協力を表明した、
という話】
⇒  http://fxgod.net/pdf/mahatir_china.pdf


PDFレポート
【投資において「検証の最低時給」は1万円以上?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/kenshou_j……yu1man.pdf



PDFレポート
【日本と中国は実質対立状態ではなくなってきている、という話】
⇒  http://fxgod.net/pdf/japan_and_china.pdf



PDFレポート
【FXで注目の「メタトレーダー4 VS Cトレーダー」の
戦いについて考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/ctrader.pdf



【証言動画ありPDFレポート】
「毒カレー事件の林真須美死刑囚」は冤罪(えんざい)で
死刑にされそう
⇒  http://fxgod.net/pdf/enzai_hay……masumi.pdf


PDFレポート
【トランプ大統領にドル送金禁止で抗議する中国とロシア】
⇒  http://fxgod.net/pdf/dollar_ch……russia.pdf




PDFレポート
【目標より「恐怖を明確化」すると行動できる!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/kyoufu_me……kakuka.pdf

(写真ありPDFレポート)
クアラルンプールの新しい芸術系ショッピングモールを
見てきました!
⇒  http://fxgod.net/pdf/linckl.pdf



PDFレポート
【金(ゴールド)はいずれ簡単には買えなくなる?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/gold_kaenai.pdf



PDFレポート
【先進国の人々のIQ=知能指数は低下してきている?という
調査結果について考える!】

⇒  http://fxgod.net/pdf/iq_teika.pdf




PDFレポート【「ゆたぼんの炎上」と、最近
「学校に行かないホームスクール」が
マレーシアでは当たり前になってきてる、
ことについて考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/homeschool.pdf



PDFレポート
【好きなことを追求するマレーシアの教育】
⇒  http://fxgod.net/pdf/malaysia_……ation1.pdf



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆











===========編集後記===========

さてさて、今日はずばり「家賃」のことを書きたいと思いました。


というのが多くの人はこれからなけなしのカネで

FXやネットビジネスの塾に入ったりして、

教材購入したりして、知識をつけて教育を受けて勉強して


這い上がって稼ごうとしてるわけですが、


そしてそこで必ず必要なのが「元手」なわけです。


よく「無料から稼ぐ」なんてのが流行してるとは

言いますが、


私は色々な稼ぎ方知ってるけど、

なんだかんだ今稼いでる人ってのは


ある程度最初10万円でも20万円でもいいけど

ちゃんと元手を用意してそれで仕掛けた人たちだったり

するわけです。


ちゃんと

「毎月、自分の収入をこれから増やすための

投資金が3万円でも5万円でも存在している」


ってのが個人の財政では大変重要だ、と私は思います。


それで多くの人ってのは

まず月間の所得が20万円前後なわけですが


そこで大体「収入の3分の1くらいの家賃」を払ってる

のが通常で、


7万円とか8万円くらいの家賃を払って、

そして残りのお金で食費だったり衣料費だったり

通信料だったり交通費だったり光熱費・・・

を払って生活しているわけです。



そこでようやく残ったお金があって

それを投資にまわして、お金増やしていく


ってことですよね。


それで、この「自分で稼ぐ業界」ってのは

「今あるお金を増やす方法」を教えるものは多いけど


「その今あるお金の元手を増やす」ってことは

あまり関知しない傾向があるんだけど、

それはその人たちの自由なお金の使い方もあるからだろうけど



それってどうなのかなってのが私の考えていたことです。


というのが私ゆうが昔から超謎なことがあって

それが


「家賃は収入の3分の1で!」っていう謎の価値観が

ありますよね??


これ、私は結構物心ついたときから謎で、

昔からよく言われていたことだと思いますが、


どこかの誰かが

この


「家賃は収入の3分の1で!」


っていう価値観を流布してるんです。


けどこの謎の

「家賃は収入の3分の1で!っていう価値観を疑わないと

基本的に貧乏になりやすい」


ってのは知っておいたほうがいいな、と。



ちなみに私がこの 家賃とかあとは住宅ローンとかの

「住むコスト」に疑問を感じたのが

子供のころの話なんだけど


私なんかは母子家庭だったわけですね。

父がもう小さいころに出て行ったわけですが


そこで父が残したものがあってそれが「家」でした。


それでこの「家」は結構新しい新築だったんだけど

そこでもし一括で購入してくれたものだったら

良かったのだけど、


そうじゃなくて父が残したのは

「毎月10万円のローンがかかる「家」」だったんですよ。




これ今考えたら結構最悪だな、と思うんですが、

当時は子供だからよく分からない。


それでこれ、バブルも崩壊していた後だから

家もどんどん値下がりしていて、


母もおそらく売るに売れないとなっていたわけですが

(私が親だったら売っているだろうけど)



そこで私の小さいころってのは

母が看護の仕事して毎月20万円前後の所得があって

10万円のローン払って、


それで残り月10万円で私と当時生きていた弟、

この2人を養う、みたいな感じだったわけです。


まあ大人になった今なら分かりますが、月10万円で

子供2人育てるってのは大変だったろうと思います。


ちなみに子供のころ私が謎だったことがあって

その「借金ありの家」は家として成り立ってますから

まあ生活はできるんだけど


ただ他の食費とか様々な出費が制限されていたわけで

「生活はなんとかできてるけどなぜか

他の子供と比べると貧しい気がするのはなぜだろう」

なんて思っていたわけです。


旅行なんてのは滅多に当然、行きませんし、

贅沢な外食っていうとマクドナルドだったわけです。


それで子供ながらに当時は不思議だったんだけど

ただ子供ながらに感覚として


「どうもこの家の「重さ・負担」が

家族の幸せを圧迫してるのではないか」


ってのは常に感じていたわけですね。



それで大人になって分かったことがまさに上の

家賃(ローン)のバランスがおかしいっていう話で


大人になって親に聞いたらこれ

20万円の所得のうち10万円をローンにつぎ込んでる

と。



それを大人になって知って「それはきつかったはずだ」

と私は分かったわけです。


子供2人いると、学費なんかもありますから。


それでそんな感じの子供時代であった私が大人になって

どうなるか?というと


相当この「家賃やローンという罠」を意識しだすように

なるわけですね。


特に私の家の場合弟も亡くなりましたが

それはやはり豊かな家だったら死んでなかったとも

思うことが多いわけですね。


それで、ここで「どうもこの家賃やローンというのは

人類に仕掛けられた罠である」


ってのにちゃんと言葉で認識して、

気づきだしたのが20代のころです。




それで私が20代のころに何よりも「これはおかしい」

と思ったのが


「家賃は収入の3分の1で」っていうやつでした。


私が過ごした家庭なんかは収入の2分の1近くの家賃であった

わけですが、


もうそこでは生活が成り立たなくなるってのを

20年近く生きていて知ってましたから


「2分の1とか3分の1とかどうも嘘である」


ってことですよね。


これを当時20代くらいのころにすごい感じていたわけです。



というのはよくよく考えてほしいわけですが

私たち日本人は前提として「重税国家」に住んでるわけで


3分の1を使ったら3分の2は残ると思われるけど

実際は 所得税や住民税や健康保険料や年金保険料っていう


「毎年ぐんぐん上がる税金」に収入取られるわけです。


となると・・・



そこで可処分所得として使える3分の2もこれまた

30%以上は収入が少なくても取られるわけで


となると3分の1も家賃で使ってしまうと

収入の3分の1以下で生活を賄わなくてはいけない


と私は当時考えたわけですよね。


そこで色々食べたり呑んだりするわけですが、

となるともう貯金なんてまずできないと。


貯金できないなら投資やビジネスも元金作れないから

そもそもできませんよね。


実際このような状態の人ってかなり多いのではないか?

と私は思ったわけです。


それで私が若いころに気づいたのが


「とりあえず何が何でも住居費、住むコストは下げなければいけない」

ってことだったわけですね。



というのが例えば多くの人は家賃を払ってますが、

その家賃というのは大家の、物件所有者のどっかの金持ちの

収入になっているわけです。


それでこの物件所有者のオーナーたちは

「所得の3分の1より2分の1が、

所得の3分の1より3分の2が」


家賃に費やされたらうれしい人たちですよね。


ちなみに不動産会社だったり、ディベロッパーだったり

この「土地」というところから発生して


インカムゲインというのを金持ちたちは得るわけですが

その人たちはまさにこの


「家賃は収入の3分の1で」


っていう言葉が常識になればなるほど、得をするわけです。


ちなみにそこで多くの人が疑問を持たず高い賃貸のところに

住んでくれれば住んでくれるほど、


都心の不動産価格も高騰するからそれは政府のプロパガンダとしても

使えます。


だからどうも「何も考えない人たちが

沢山家賃を払ってくれることでうれしい人たち」


ってずいぶん多いわけですね。



だからどうもこの

「家賃は収入の3分の1で」ってのは恐ろしい言葉なんだ、

ということです。


ちなみに私は調査したわけではないけど、


この数年で増えてきたのが

「投資金がそもそもない人」です。


日本が貧乏になってるのと連動してそういう人が

増えてきてるのをよく感じますが、


たぶんですがこの「投資金がそもそもない人」って

家賃比率がかなり所得に対して高いのではないか?


ということですよね。



月収における家賃比率って結構大事で、

おそらく貯金がなかったりする人の大多数はこの

家賃比率がかなり高い人たちなんだろうと思います。


んでこれはやはり上にあるような

「家賃は所得の3分の1で」みたいのにこう軽く洗脳されてる人

ってのは多いのだろうと。


だから私なんかはもう20代のころからこれを

見直すってすごい大事だなって思いまして、


とにかく家賃の安いところに住むってのは

意識したものです。


ちなみに私が月50万円とか100万円あたり

これが安定しだしたころってのは


家賃がいくらのところに住んでいたか?というと

大体2万4000円~2万6000円の大阪の

アパートに住んでいたんですね。



だから月100万円とか超えたときも

普通にワンルームの月2万円台のところに住んでいた

わけです。


だからよく言われる家賃のプロパガンダとしては

給与の3割だから33%だけど、


私の場合はその10分の1の3%未満で暮らしていた

ということになります。



当時意識していたのは「家賃は最高でも収入の10%前後」

ってことでしょうか。

ちなみに私の親なんかはやはり見栄とか持ってる人でしたので

そこで私に「あんた収入に見合った生活しなさいよ」

なんて いわれたことも何度かあったんだけど


私は「いいんだこれで、それで貧乏になったのが

俺が育った家庭だ」

なんて話をしていたのを覚えている。



それで当時はまさにネットで稼ぐってのが

結構流行しだしたときでもあったので


流行していたのは「たくさん稼いでよいタワーマンションに

住んで、日々を楽しもう」みたいな

ものだったんだけど、


私はここで月50万円やら100万円超えても

そこはぶれずに家賃2万6000円のマンションに

しがみついていたわけですね。



ただこれ今考えると 本当に正解だったと思えることが

大変多いのだけど


まずそこで税金の支払いは困ることはまずなかったんですね。


一括で全部払えますから。


日本だと累進課税という恐ろしい共産主義のシステムが

存在するってのはもう私はそれは副島隆彦に学んで

知ってましたから、


だから浪費はしなかったけど、そこでまず

税金支払いで払えないってのは起こりませんでした。



それで家賃2万円台のところにそれくらいの所得で

住んでいましたら


当然 毎月自由になるお金ってのはありますから

ここでその毎月自由になるお金の全部とは言いませんが


かなりの割合をどんどん新しい お金が拡大するところ

に投資していけたわけですね。


それでこれはまさに「余剰金」であるから

精神的には健康なもので、


なくなったらまあ諦められるものですから、

だからそれで心理的にも有利ですから


当然それは大きくなっていくわけです。


それで気づいたらそんな家賃のところに住むことを

繰り返していたら、


投資効率は当然上がりますから、


毎月潤沢に投資できるマネーが準備できますから

当然資産は拡大していったわけですね。


それでこれは言い方変えますと

良い言い方だと節約家、

悪い言い方だとケチなんだけど



ただここで重要なのは私の場合、何かその資金を

拡大できるものがあったら


投資対象があればそこには

家賃を節約した分、出てきた余剰の

100万円とか200万円くらいは

バンバン使っていったわけです。


だから自分の家賃とか消費ってのは切り詰めるけど

投資は結構豪勢に使う、みたいな感じですよね。


これは大学時代に、経済学の授業で

カネの使い方は1消費 2投資があるんです~


っていう話を聞いていたので、


「じゃあ2投資に使えばいい」って学んだ結果でもあるんだけど

やっぱり毎月その「2投資」に割り振る割合を

大きくすれば、資産って必然的に拡大するんですね。


もし減ってるならばそれは単純に投資対象の選別について

教材なり塾に投資して、学べば良い話、と割り切ってました。



それで今、改めて思うのですが

昔の私のこの「家賃3分の1神話に疑いを持ったところ」

ってのは重要だったな~


ってことです。



これがあったから、結局入ってきたお金、

各種投資に回せたわけで

資産を拡大できたわけです。


よく言われるのが「金持ちがどんどん金持ちになって

貧乏人はより貧乏になっていく」

ってことですが


これはなぜか??


というと端的に言うと


金持ちは毎月投資できる金があって
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
貧乏な人は毎月投資できる金がほとんど搾取なり
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
収奪されてなくなってるから
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だと思います。


毎月投資できる金が5万円でもあれば

それは複利効果で10年も経過すれば

最低数億円にはなるわけですから、


だからこの「毎月の投資金を捻出する」ってのが

おそらくもっとも、大事なんです。



それでここでもっとも疑わないといけないのが

「家賃」でして、


「3分の1近くを喰ってる家賃」ってのは異常なコストだ

ということですね。


税金で3分の1喰われて、

家賃で3分の1喰われたら・・・


残りの3分の1で生活して貯金するんですか

って話になっちゃう。



ここに疑問を持つのが大変重要です。


私なんかは上記のその矛盾に気づきやすい家庭環境だったから

気づきやすかったけど


これに多くの読者が気づけば

きっとさらにお金持ちはこれから増えるだろう


なんて思って書いてるわけですね。


ちなみに不動産の家賃で不労所得を得てる人たちってのは

まさに日本では実際多いんだけど


よくよく考えるとその「家賃」は彼ら不動産で

特に何もしないで不労所得収入を得てる人たちの収入に

化けているわけですね。


だから多くの現代人は不動産投資家のために、

せっせと所得の3分の1以上を寄付してるようなものです。


日本なんて空き家が多いんですが

そこでなぜか空き家は当然住めなくて高い家賃のところにしか

住めないわけで


そこでその家賃が大家の不労所得になってる構造ってのは

あるんですね。


それでさらに、3分の1「以上」は税金で持ってかれるわけですから

となると


搾取と収奪の2重なわけです。



ただこれが重要で、その

「毎月の所得」でさえもですね、


株主や役員にそれは労働契約書で納得の上、

搾取されてる残りが給与になってるわけですから


すなわち世の民衆は昔の私も含めて

一度会社で搾取されて、それで残った所得があるけど


さらにそこから家賃でも搾取されて、

そんでもって役人に税金で収奪されて


その残りを貯蓄してるわけです。


そしてその貯蓄も消費すれば消費税で、

死んだら相続税で持ってかれるんだけど。


これは民衆が貧乏になって当然だって話でして

大きなそういう構造があるんですね。



それで唯一こんな 頭の良い人らが作った構造の中で

個人が対抗できる方法が


「家賃減らす」ってことなのかな、って私なんかは

思うわけです。



というのが私は家賃の安い家も、またホテルなんかも

泊まったりしてわかるんだけど


労働生産性って、ネットを使ってる仕事の人は

ほとんど変化ないのですよ。


ちょっときれいなところがモチベーションが上がるくらいは

あるけど、


その辺にあるコーヒー500円で飲める

オシャレなカフェ行けばいいんですよ。



パソコンのCPUがちゃんとあって

HDDとメモリの容量があればなんとかなる。


むしろ生産性が下がるならPCを数万円で最近は安いから

買い換えたほうが合理的だと私は思うんですね。


だからなるべく家賃は下げたほうがいいのだ、ということです。


ちなみに以前これに似たことを書いたことが

結構あるんだけど


読者さんから「家賃下げたいけど・・・

奥さんが反対するんです」


って方はいらっしゃいましたが、


それは奥さんに数字のことを事細かに説明して

理解してもらうしかないですよね・・・


特に交通費補助なんかが出る会社がほとんどだろうから

なるべく交通費補助マックスの家賃安い地域に住んで

通勤するほうが私なんかはよいのではないかな


なんて思う人です。


ちなみにそういう地域からだと人がまだ少ないので

サラリーマンの人でも、朝の上りの電車座れまして

満員電車も苦痛じゃないです。座って寝てるので。


ちなみに経営者側としては

「そんな遠くに住んだら労働生産性が下がりそうだから

近くに住んでもっと稼げ」


と言うと思いますが、


実際の話労働の給料が上がるスピードと、

自分で残った余剰金でビジネスや投資をやって

稼げる額が上がるスピードはおそらく


10倍100倍違いますので

(当然後者のほうが早い)


私は後者の収益を優先したほうが合理的っていう

考え方ですよね。


給与なんてのはほとんど上がらないのが実情だと

思うし(株主が最も儲かるシステムが株式会社。)


それなら自分で小さくともスモールビジネスの

オーナーになったほうが良い。





それで私なんかは結局この辺の家賃を極限まで

減らすってことを常に意識して、


当時の2万円台の大阪のマンションは

結構すごいマンションで、


ワンルームで、高速道路の目の前で、

それで土曜日には御堂筋の暴走族がすごい音を

立てて通り過ぎて、


外には結構な率でホームレスがいるみたいなところでしたが


それは住めば都で結構快適でした。



ちなみに、そんなところに住んでいても

外の綺麗なカフェ行けば気分よく仕事できますし、

コーヒー飲めますし、

住んでるとなんとかなるものです。



ただやはりそんなところにいると、

どんどん投資できる額は毎月増えるので


当然資産は増えていくわけですね。


それでその後私なんかは地方に移動して

住んでいたんだけど


日本の地方なんかは特に良くて、

家賃は同じく安いんだけど

「広さ」が東京大阪とは桁違いなんです。


よく言われるのが北海道の札幌なんかは

2LDKが3万円台で借りられると言われますが


日本の場合は地方がもうどんどん過疎が進んで

家賃が総崩れしていて


借り手がすごい有利です。


空室率がすごいもので、貸切状態で、

さらに広く、温泉がついているのに

月5万円~7万円くらいの物件は

あふれてるわけですね。


それで私は今は家賃を突き詰めて、

「じゃあ海外ならもっと安いだろう」ってこともありまして

マレーシアにいるわけですが


これが月5万円でもプールもあればジムもあれば、

見晴らしもいいわ、100平米以上あったりするわけです。



それでこうなってくると家賃で収入がぜんぜん飛びませんから

それで数年前と比べると家賃比率をさらに

下げられているので、


もうこれは資産は何か政府に収奪されるとかない限りは

数字の必然として増えてこないとおかしい、わけです。



それでこれは投資の心理には明確に影響を与えていて

損きりできないとかまずありませんし、


利益確定を早くしてしまうなんてのも出てこなくなる

んですね。


だって利益確定早くしても使うものないから・・・


この辺で家賃を圧縮することで「余剰」が出るってのは

大変強いものだと私は今でも思っております。



ちなみに海外に住む場合に家賃を抑える方法は

結構あって、


もうあらかじめ英語のサイトで、

「ここ安くてよさそうだから住みたい」って

現地価格をチェックしておくのが大事ですよね。



それでそこではエージェントとか日本人つけたとしても、


そこで現地価格を最初に提示してるから

日本人価格にはならなくなるわけです。



ここですべて日本人に任せると確実に高い

ぼったくり家賃になってしまうというのは世界共通でしょう。


それで値段交渉なんかもコツがあって

大体の海外のコンドってのは、


オーナーさんがプリビルドっていうので買っているもので

安い価格で買ってるんだけど


そこに居住者つけたがってるんですね。


それで私は何度か家賃交渉して失敗してるんだけど

そこで分かったのが


「ああなるほど、この辺の地域は、大体オーナーの

目的価格がプリビルドセール時の価格を基準とした

年利7~8%前後だな」


みたいなことですね。


私が当時計算した感じだと年利8%は

プリビルド価格基準でとりたがっていたのは感じましたよね。

最近はもっと下がってるかもしれない。


この辺は交渉する中で見えてきます。


だからそこでぎりぎりの家賃の指値を

相手側に言うわけですがこれが決まると・・・


現地人も比較的驚く価格で、家賃決定できたりします。


だから海外の家賃だと「相手側の求める利回りを理解して

家賃交渉する」ってのは大事ですよね。


それなら相手側も満足ですし、私も満足です。

最初はこの辺分かっていなかったので

指値の家賃価格がぜんぜん ダメだったんだけど


分かってきたらうまくいきましたよね。


それでこうなると 家賃は毎月5万円台だけど

相当な満足度で生活できて


毎月の収入が 家賃に喰われなくなっていくわけですね


となると当然投資の余剰金は増えて勝負しやすくなる

という具合です。


ということでこの

「家賃を減らす重要性」ってのはどうも

政治の不都合な部分とかもあって

あまり言われない部分だろうけど、



やはり個人がこれから資産を作っていくためには

大変重要なことですね。




それで私の個人的意見だと

これから資産を増やしていきたいと言う人ならば

家賃の所得内の比率は


大きくても15%以内にするのが理想なのかなと

思います。

それを長い目で10%、5%、3%、1%以内と

下げていくのが大事かなと思います。



よく家計をつけるときには

エンゲル係数といって食費減らすことが

推奨されますが・・・


食費減らしすぎたらカロリー不足で死んじゃいますが

家賃は減らしても死なないですし、なんとかなる支出

なんですね。


さらにネットである程度稼げる人なら

場所変えても大丈夫だから


さらに海外や地方の安くて広い場所に住める。


それで謎なのがこの 所得内の食費比率のエンゲル係数と

いう数値はあるのに


「家賃比率」という数値の、

エンゲル係数のような知られてる名称がない疑問があります。


義務教育なんかではエンゲル係数を下げましょうとかは

暗喩的に教えますが


家賃比率を下げましょうってのは国策もあって

教えてくれないわけです。


が後者のほうが大事ですね。



ということでこの「家賃は所得の3分の1」ってのは

政治も大企業も合同したプロパガンダみたいなものなので、


そこに気づいて家賃はなるべく下げていくと、

なんだかんだ幸せな余裕ある生活につながりやすいのかな


と私は思います。


ちなみにこれができる人はおそらくごく一部ですが

それくらい人間は欲深いものですが、


ただこれができるようになると毎月の投資金は

家賃に喰われず、

捻出できますのでそれは将来につながりますよね。



あとは遊びも今までよりは我慢しなくて済むわけです。



ということで日本では意外にこの家賃比率が高い人が

多いと推測されますので、


ここを見直していきますと一気に資産が増える循環に

入りますね。


家賃は3分の1とかいう謎のプロパガンダは無視して

基本的に15%とか1割未満になるように

なんとか収入増やして、その上で家賃を下げていく工夫を

考えていくといいのかななんて私は思います。


ここでは欲を制御するとか

自分の持ってる見栄と向き合うっていう

内省が必要になってくるけど


それはこの大変な世の中で

将来に大きくつながるプロセスですね。


それでは!



ゆう





追伸・・・ちなみにテレビなどで取り上げられる

金持ちな有名人というのがいますが、

彼らの一部は

どんどん散財しつつも大きくなっていきますが


彼らは実は「天才」です。


私も含んだ凡人の人とは少し脳の構造が違う人たち

ですよね。


ちなみにそういう天才は大体10代~20代で

他をあっと言わせる実績を持ってたりします。


が、私を含めた多くの人は凡人なわけですが

そこでも資産を拡大させないといけないわけで



そうなるとそこで家賃なんかのプロパガンダを見破って

圧縮していくってのは大変大事です。


ここで投資金が毎月5万円でもいいから

捻出できるようになったらそれだけで

年間60万円ですから

それが毎年投資の複利がかかって

積み上がるんだから・・・大きいですよね。


よくよく考えると私たち凡人なりの戦略ってのは

結構あったりするので


それを知って実行していくのが大事だったりします。

それでは!








★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【以下は最近お渡しした内容の音声やPDFです!】


PDFレポート 【金(ゴールド)価格がついに1400ドル台へ
突入したことを考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/gold_1400dollar.pdf



【音声プレゼント♪】「あなたの資産に金利をつける重要性とは?」

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……san_kinri/



【音声プレゼント】マレーシアでの
電気代が1ヶ月たったの1300円だったという話と
生活物価の話

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……sia_price/



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆























コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください