無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【トランプ大統領にドル送金禁止で抗議する中国とロシア】

2019 6月 14 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【トランプ大統領にドル送金禁止で抗議する中国とロシア】
⇒編集後記で

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
     【FX新案件登場!】


「勝つのが分かっている」ような
高勝率の場所で取引!という新しい案件です。

月にわずか10回〜20回ほどの取引で

「暴落で稼ぐ」を実践して月収800万円以上を狙う方法とは?


【無料】FXど素人が3日で1,272万円も稼ぐ!
(売りだけで「暴落で稼ぐ」手法です!)
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/42/



(それで今回の案件を担当している講師さんが・・・


そう、あなたもご存知かもしれませんが


不動修太郎さんです。

教え子の資金を

1ヶ月で2000万円増やすなど、


「不動修太郎から教われば最速で専業トレーダーになれる」

と業界内でも声が広がり、

「現役最強」のFXトレーダーとして有名な人ですが

ついに「暴落で利益を月800万円以上狙っていく手法」を

公開されるようです。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/42/





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆






どうもゆうです!

こんにちは!!



さて、6月も半分が終わろうとしておりますが、

注目の出来事が起こってますね。


トランプ大統領が 中国ロシアなんかをあえて

怒らせていて


中国ロシアはトランプ大統領のドル送金禁止なんかに

怒り出してます。


が、これは最終的にドル覇権崩壊につながる動きでして

注目です。

編集後記で!






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【無料】FXど素人が3日で1,272万円も稼ぐ!
(売りだけで「暴落で稼ぐ」手法です!)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



さてさて、大変注目の案件が登場しました。


ずばりこちらの案件ですが


「暴落」を察知して月収800万円以上を狙っていく
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


という案件ですね!!


しかもこの業界のFX系の教材でかなりの評判を獲得している

クロスさんがやりだしてる案件なので

相当な注目です!



【無料】FXど素人が3日で1,272万円も稼ぐ!
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/42/



それで今回の案件の大きな特徴としては


「大暴落を予知して稼ぐ!秘密のFX無料講座」



となっていまして、


やはりFXで儲かってるトレーダーの多くは

「暴落で大衆を刈り取る」というのが大変上手だったり

します。


すなわち個人投資家の損失がショートで仕掛けて

暴落したときの利益になったりするんだけど


今回はその「暴落で月800万円以上儲ける方法」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
を教えてくれるということです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





・業界初公開となる”売りだけ”で稼ぐロジック

・初心者からでも3日で、専業レベルに成長

・投資業界トップに君臨する「不動修太郎」ついに手法を公開



ということなので

結構ヤバイ内容なので是非ご覧くださいね~



【無料】FXど素人が3日で1,272万円も稼ぐ!
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/42/




さて、今日はこちらの案件を担当している

クロスリテイリング株式会社さんからあなたに

メッセージです!



=====================


【無料】FXど素人が3日で1,272万円も稼ぐ!


こんにちは。

いま急いでメールを打っています!

もの凄い情報を手に入れたので、
あなたにここだけの話、
お伝えできればと思います。

けっして、他言しないでくださいね。

FX業界で知らない人がいないほど名声があり、
メディア露出はもちろんのこと、
(FX攻略.comに、10年にわたる長期連載)

年間10,000pips以上は当たり前のように稼ぐ
投資歴35年のベテラントレーダーの
ロジックツールを使ったFXど素人が、

” たった3日間で1,272万円稼いだ ”

そんな驚きの情報が入ってきました!
(10分間のみの限定公開とのこと)

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/42/

FXの初心者だと、
最初は週や月、
プラス収支で終えることは、
なかなかないと思います。

じゃあ、ビギナーズラックだったのかな?
と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

冒頭でもお伝えしたとおり、
業界No.1と言ってもいいほど実力のある
現役最強FXトレーダーの術が詰まった、

ロジックツールがあるので
そのルール通りに
使っただけなんです。

しかも、簡単。
エントリーは売りだけ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
だから迷わないんです。

このFX初心者さんは3日間で
1,272万円稼いだそうですが、
毎月同じ額を稼ぐことができれば

年収1億5000万円超えですね…!

FX初心者からでも、
1億超えの年収を目指せる
常識を外れ過ぎた稼ぎ方について、

10分間限定で無料公開中なので、
お急ぎください。

すぐフォームにメールアドレスを登録すれば
その詳細をご覧いただけます!
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/42/

しかも、このツールはこれだけではないんです。

1日5~10分もあれば利益を狙え、
勝率8割、年間11,790pipsという
申し分ない実績!

エントリーは売りのみで、
大暴落を狙って一気に利益を
手にすることも不可能ではないとか。

そして、ツールでもあるので、
まったく迷わずと言っても過言ではないほど
スムーズにサクサク利益を上げて

それ以上の収入を目指せるんです。

もし、あなたが、
下記のいずれかに当てはまったら
ぜひ詳細を確認すべき!

・ 為替相場が大きく動くときを狙って、100万円、200万円と一気に稼いでみたい
・ 今の仕事を辞めて、FXだけで稼ぐことに憧れる
・ お金、時間、人間関係に縛られない、自由なライフスタイルを送りたい
・ 通勤時間や、家事のスキマ時間だけでFXで稼いでみたい
・ だらだらテレビをみながらでも、スマホ一台で稼げるトレード技術が欲しい
・ 未来の相場の値動きがどうなるか知って、高い的中率で連続利益をとってみたい
・ FXトレードで売ればいいのか、買えばいいのか毎回迷ってしまう
・ トレードで買った後、売った後に相場が逆に動いて、後悔することが多い
・ 8割以上の高勝率で、安定的にFXで稼ぎ続けたい
・ 経験豊富で信頼できるFXトレーダーから、稼ぎ方を具体的に教えてほしい

10分しか時間がないですし、
1つでも当てはまったら絶対に見てくださいね!
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/42/

本当にすごい情報を手に入れたと実感しています。

今回のロジックツールの開発者でもある
業界NO.1の現役最強FXトレーダーの方ですが、
経歴もすごいですね。

・ FX攻略.com(10年にわたる長期連載 ※現在連載中)
・ マーケットの魔術師 (パンローリング社)
・ テクニカルを使って投資相場に勝ち続ける方法(パンローリング社)
・ FXで稼ぐためのファンダメンタルの読み方(パンローリング社)
・ 勝ち続けるトレーダーになるための心構えと必須テクニック(FXジャーナル)
・ 投資スクールや、東京金融取引所主催のセミナー講師

また、今回のFXど素人さんだけではなく、
教え子の資産を1ヶ月で2,000万円
増やした実績もあるとか!

そんな現役最強FXトレーダーに
私も手ほどきを受けたいものです。

ただ、もしかして本当に
売りだけで本当に3日で1,272万円とか、

年収1億超えを狙えるのか
疑問に感じているかもしれません。

でも、十分に狙えるんです!

その理由は現役最強FXトレーダーの
過去に隠された秘密があります。

その業界No.1のプロトレーダーの
これまでの軌跡も公開していますし、

見ないと損すること間違いなしな
ここだけの内容なので、

3日間で1,272万円!などなど、
稼げるトレーダーになりたいのなら
絶対に見てくださいね!
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/42/





======================


以上です!



それで・・・今回の案件ですが

ずばり もう「超特徴的」なのが


「エントリーは売りだけ!」に特化してる

というところではないでしょうか。



一応初心者の人にも説明すると

FXってのは買いと売り両方ができるのですが、


そこで買いの場合は相場が上がれば利益ですし

売りの場合は相場が下がれば、暴落になれば利益ですが


実際の現状として・・・


これはネットなんかを見ていただくと分かると思いますが


「多くの個人投資家が買いだけで

大損してる」ってのが


現実なんですね。


あなたもネットで

「FXで100万円の損失が出た・・・」なんて

記事見ませんか??


中にはもっと大きな金額があるけど。


ただ・・・私なんかも売りのほうが多かったりするんだけど

実はその影で、彼らのその100万円なりの

損失を利益に変えてる人ってのがいるわけですね!!



例えばこの

「FXで100万円の損失が出た・・・」なんて人たちは

大体が実は買いポジションで損失膨らませてるケースが

多数なんだけど


そこで「逆の売り」をしていたら・・・


そう逆で、「FXで100万円の利益が出た」に変わるわけです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そう、「空売り」を極めていくってのがすごいすごい

大事なのですね!!


そして今回はその「空売り」に特化した手法でして

月収800万円以上をガンガン狙っていく


という案件です!!


たぶん暴落で稼ぐっていうのは多くの人が

今望んでいることですが


ようやくこういうのが出てきました!


【無料】FXど素人が3日で1,272万円も稼ぐ!
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/42/



それで最近で言いますと、5月後半にはドル円ってのが

110円台後半だったけど


ここで数週間で現在ドル円が108円台になったわけですね。

この前は107円台もつけました。


ここでこの1ヶ月は米中貿易戦争のファーウェイのことなんかも

ありましたから


まあ市場が大騒ぎになったのは

あなたもご存知の通りです。


ちなみにメルマガで「ファーウェイが独自OS作る」って

話を当時書いたけど


最近 メルマガに遅れて報道で出てきてるかと。


ただ多くの人は漫然と取引してるものですから、

そこで何もしらず 買いポジションを作っていて


そこでこの数週間の107円までの急落で

大損してるわけですよね。


ネット上でも「ワイFXで○○万円溶かす」みたいな

そんな記事である種「にぎわって?」いたわけです。


が、実はFXってのは相対取引ですから

そこでは証券会社だけではなく、


個人投資家の

「暴落を取る能力」が高い人間は


そこで売りで利益出てるんだけど、


私も実は110円台で売っていたわけですが、

実はそこで売りで稼いでるやつって

いるわけですね。




100%とか絶対はないものの

「暴落を想定して利益取る手法」というのが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
実は世の中に存在していまして、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それを教えてるのがこの案件です!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ヤバイですね



【無料】FXど素人が3日で1,272万円も稼ぐ!
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/42/




それで実はこの「暴落で稼ぐ手法」ってのは

世の中の人は知らないだけで


以前もメルマガでちょっと扱っていたことがありますが、

たとえば、波動分析でその暴落を取る手法なんて

あったりします。


波動分析の調整波動のA B C 波ってのがありまして、


私が個人的に頻繁にやるのはC波想定での売りですが


まず相場が結構あがって、A波の急落があります。

それでB波で戻して、

それでC波で暴落に続伸!


ってのが結構綺麗なパターンですよね。


ここではフィボナッチ当てたりライン分析を

ダウ理論見ながらかますわけです。


それで例えばA波の暴落を取るロジックとなると

グランビルの売り法則4を使って、


それでMAに2回タッチして乖離した後に

フィボナッチ数列で反発ポイントを読んで


そこでA波を取るみたいな手法もあったりするんだけど

ここで「天井」を取って、


そして暴落を取ることが実は可能だったりします。


私はA波取りではなくC波ですが、


ただファンドのトレーダーなんかはこのA波の最初の

急落を取るのが上手な人がいたりしますね。



それでこういうトレードの特徴としては・・・

やはり勝率は低くなる傾向なんだけど


ただ例えばストップを狭くするのですが

一方利益はストップに対して10倍、20倍が

普通に出たりするわけです。


すなわち例えば、

 損きりは1万円であったりしても

利益出るとき、すなわち暴落が発生したときなんかは


1万円の損失に対して、利益が10万円、15万円、20万円・・・

と出てしまうのが「暴落想定のトレード」のすごい面白い

ところですよね。



それで今回はその「暴落で利益取る方法」を
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
より具体的に教えてくれるということなので
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたの重要なポートフォリオとして
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回の案件は機能するかもしれません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【無料】FXど素人が3日で1,272万円も稼ぐ!
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/42/




それで今回の案件を担当している講師さんが・・・


そう、あなたもご存知かもしれませんが


不動修太郎さんです。



FX攻略ドットコムなんかの雑誌でも

現在連載されてる方なので


あなたもご存知かもしれません。


一応簡単なプロフィールが以下になります!!


======================

「不動修太郎」

海外株式、日本株式、FX、仮想通貨と
様々な分野で利益を上げた実績を持つ。

2005年からはFXに市場を変え、
トレーダーとして資金を増やしながら、
株式の経験を生かして、講師としても活動し始める。

FXを始めて2年目には、
リーマンショックにより、全ての資産を失い地獄を味わうが、
その経験をしたことで、大暴落を予知し、
利益に変えるための「売り専用ロジック」を生み出す。

その後は、教え子の資金を
1ヶ月で2000万円増やすなど、
「不動修太郎から教われば最速で専業トレーダーになれる」
と業界内でも声が広がり、

「現役最強」のFXトレーダーとして
令和という新たな時代に入った今も、No.1として君臨し続けている。


【書籍やDVD、CDの出版活動実績】


・FX攻略.com(10年にわたる長期連載 ※現在連載中 )

・マーケットの魔術師 (パンローリング社)

・テクニカルを使って投資相場に勝ち続ける方法(パンローリング社)


・FXで稼ぐためのファンダメンタルの読み方(パンローリング社)

・勝ち続けるトレーダーになるための心構えと必須テクニック(FXジャーナル)


======================


以上です!


ということでもう投資家の間では大変人気の高い

FX攻略.comそして

パンローリングなんか出版されてる方なのですが、



彼の知識を集結したのがこの案件で


ずばりそこで「暴落で利益をあげていく!」

というのに特化した案件ですね。


もう手法は潔く「売りだけ」です。



【無料】FXど素人が3日で1,272万円も稼ぐ!
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/42/








==============編集後記=============


さてさて、この前ですが中国の習近平がロシアを訪問してプーチンと

話し合いました。


次の覇権国として世界をどうも引っ張っていく流れである

中国とロシアの首脳同士が話し合いました。


それで最近は 今までにない動きが見られまして、

もうそれは世界中からアメリカがバッシングされだしている、と。


何度も書いてますが

トランプ大統領の意図はそこにあるのですけども。


それで冷静に見ると、もう

「トランプ大統領がめちゃくちゃで

意外に中国ロシアの言ってることのほうが

真っ当」に見えてしまうようになってます。


かくいう私はトランプ大統領支持なのですが

たぶん普通に見たらトランプ大統領のやってることは

確かに滅茶苦茶なんですね。


が・・・これはこの3年くらい書いてきたように、

やはりトランプの意図的な「稚拙な戦略」ですよね。


これは政治学の勉強で実際にあるんだけど

政治家ってのは表向きの発言をするんだけど

実際はその表向きの発言ってのは後ろに意図が

隠されてるものでして、


例えばとある政治家Aが 表向き対抗してる政治家Bと

裏で利益共有しておりつながっており、


あえてその政治家Aが評判は落ちても

政治家Bに利益供与するために 

自爆発言をする・・・なんてことはよくあります。


マスコミの役割ってのはこの自爆発言の裏を読まずに

ただそれをスキャンダルに報じることなんだけど


その裏を読むのは政治学ではとても大事なことですね。

それでトランプなんかもやはり自爆的な政策をやってるのは

やはりドル覇権を今後2020年代から2030年代にかけて


中国ロシアなどの新興国に移譲させていくことを目的としてる

のは明確です。


ちなみに日本と地政学的に違うマレーシアなんかに

いると英語ニュースでそれが結構分かって


もうマハティール首相なんかがそれを見越して

選挙前は中国をバッシングしていたのだけど(表向き)


最近、それを以前メルマガにマハティールは親中だ本当は、
って書いてたんだけど

最近中国の一帯一路と協力する姿勢を明確にして

こっちではニュースになってます。



ちなみにマレーシアのニュースって結構分かりやすくて

例えば日本で「北朝鮮が核ミサイル打ってくる!」っていう

ときでも


「北朝鮮は脅威じゃない」って書いていて

米朝首脳会談や南北首脳会談の可能性をメディアは

暗に言及してたけど、


もう冷静な分析者がマレーシアに育ってるんだなと

思います。


それで・・・6月としてはやはり

注目が中国の習とロシアのプーチンが話し合って


トランプ大統領のアメリカをバッシングしました。


「トランプのアメリカが最近覇権を乱用してる!

中国などの世界各国にWTO違反の不正な貿易戦争をふっかけて


イランやロシアに濡れ衣着せてドル送金禁止したり、

不当な経済制裁ばかりしてる。


世界に害悪を及ぼしている!」


ということでアメリカを批判しました。


そしてこれは結構真っ当な主張ですよね。

まあそれをトランプは言わせたいから滅茶苦茶してる

のでしょう。


それで今までは中国も日本や韓国に近い対米従属関係で

経済発展させてきましたが、


(政治はアメリカと戦うけど、経済はズブズブな関係。

例えば、

上海なんか行ったらアップルストアがここらかしこにあって

マクドナルドが大人気だ。)



ここでトランプが「お前ら、いつまでもアメリカに

頼るんじゃない」ということで


関税かけまくってますから


そこで結局従来の対米従属、協調路線をあきらめて

中国の習とプーチンのロシアが共同して


アメリカの経済制裁に立ち向かうということになりました。


が・・・ここで日本のマスコミは

「これから戦争になるんじゃないか」みたいに言ってますが

現状、それはないわけで


というのはよーくトランプの発言見ると分かりますが

あの人どう見ても中国の習とロシアのプーチンと裏では

つながってますから、


おそらくトランプの背後のキッシンジャー博士が

頭目なんだけども、


裏ではつながってますから本気で物理的な戦争みたいな

ドンパチはない

ってことですよね。


あくまでも 中国ロシアに自立させると。


ただ最終的にはアメリカの債券市場が崩壊する

という流れは作られてますので


もうそれはロス茶系の金融機関は察知して

それらの情報がない情報弱者の日本の銀行とか投資家から

金買い集めてるってシンガポールの金持ちにこの前聞きました。


ちなみに中国とアメリカは裏では協調してるのですが

表面的にドンパチやるってのは以前書いたことがあって

それがそのまま今の現実になってますが、



アメリカをめぐる、

中国とロシアの違いってのはあって



中国はロシアよりも親米的な傾向がすごい強かった

わけですね。


特にロシアは中国より経済がまだまだ弱いですから

そこで中国ロシアの間の経済の不均衡ってのはありました。


だから中国ロシアが結束してアメリカ覇権を倒すってのは

少し問題があったわけです。


それで私は日本だと田中宇先生の分析がもっとも

優れてると時系列の政治経済の流れの検証を

もう数年間行って、その上で検証結果の上、見てますが、


田中先生の「中国の米国債売り」についての話が

結構面白かったです。


ちなみに 金融知識があると少し疑問になるのは

「中国が保有してる米国債」ですよね。


だから本気になれば、金融戦争として中国が

米国債を売り崩せば一気にアメリカにダメージを与えられるわけですが


中国はそれを「まだ」やってません。


それでこれはなぜか?というところなのですが

やはりマーケットのポジション量なんかの話でもありますが


中国が現状米国債を完全に売り崩しても、

アメリカのFRBと金融界が資金を大量発行して買い支えて

崩壊はまだ防げる現状だ、と。


だからまだ今年は私なんかはアメリカの市場崩壊はない

と見ていてやはり2020年代の中盤あたりかな~と

想定してみてます。


まだ準備できますね。


ただじゃあ ずっと中国が米国債売らないか?というと

そうでもなく、


田中宇先生の分析だと 

FRBが今利上げから利下げ姿勢になってるわけで


これも以前から分析で取り上げましたが


ここでFRBが再利下げ(QE4に近い)をやって

それでそれらの金融緩和をやりつくして、


ジャブジャブマネーをやりつくして、そうすると

もう行き詰まりますから、


ここでもう買い支えの「玉」がなくなってくるんだけど

その「最後のとどめの一撃」として米国債売りがいずれ発動される

可能性はそのとき考えられるわけですね。


また今中国からしたら、まだアメリカのドル決済などを

使ってる現状でして、


ここで米国債を現在、「アメリカ離れできていない状態で」

売り崩すとですね、


自国経済にも大きな悪影響が出るからまだやらない。


ただある程度、アメリカのドルと中国経済の切り離しが

終わったら、


そこでドルの債券市場は買い手も少なくなりまして、

そこで不安定化していきますが


このときようやく中国は米国債売りを検討できるようになる

ということですね。



それでこの「ドル離れ」が最近顕著になりつつあります。

ちなみに以前に 石油決済で人民元なんかが使われるって

数年前扱ったけど、石油決済も非ドル化進んでいくよ~~


っていう話を書いたけど


その後それもニュースになりまして

石油決済もいずれドル中心ではなくなってきますよね。


それで、最近はトランプのドル送金禁止の嫌がらせが

あったわけですが、


ここで中国ロシアも「じゃあドルつかわねーよ」となっていて

これも怒ってる「ふり」なんだけども


そこでここぞとばかりに、本音は「トランプ大統領ありがとうね」

位の感じで


貿易体制をようやく自国の人民元やロシアルーブルでの
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
決済で拡大してるわけです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



だから世界が「自立傾向」になっているわけですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今までは「アメリカに依存していれば大丈夫」という

体制で各国の官僚たちがアメリカの代理人として


各国の大衆を支配する体制でしたけど、


それは日本についても、米軍が駐留してアメリカに依存してれば

大丈夫っていう自称保守の人たちなんかが

その扇動をしてきました。


(自称保守って書くのは本来の保守ってのは

経済体制で言うと資本主義、

政治だと自由主義と民主主義・代議制民主政体

の合体した近代デモクラシーを重視する体制ですから、


また他国に侵略はしないけど自国は自分で防衛するっていう

発想ですから、


日本の自称保守の人は保守じゃないんですね。

保守の姿勢ってのは小金持ちのどっしりとした

中小企業たちのおっさんの姿勢で、


そこに大きな変革は求めません。保守だから。

日本の自称保守の人ってのは、大きな改革を求めるわけですから

実は国家社会主義で左の人たちなんですね。


けど左の人たちってのは自分が共産主義だ、とは言わないで

保守を偽装して共産主義、社会主義政策を進めるんだけど

これが国家の世論工作でして、日本ではその世論工作が

行われてる、ってこと。


が、日本の政治学者の怠慢でここまでの分析が

日本では出ていないです。



ただもう、それらの従来の体制は変化していくと

思われまして、


というのは中国ロシア以外の国も、

最近はアメリカの同盟諸国も 貿易戦争や

イラン敵視なんかで


トランプに愛想を尽かしてます。


もう世界中がトランプに対して

「なんだこの金髪のゴリラは」となってしまっているわけです。


が、実はトランプはこの「反応」を誘発するのが目的で

挑発してる。


それで今までのアメリカの同盟諸国が

「結果としては」

「アメリカ抜きで」なんとかなるように

動かないといけない状況が作られてるってことですね。


これはライオンの親に似てますよね。

ライオンの子供が親にやたら依存するから

崖から子供を突き落として、

「自立せよ」とやるけど

(それが本当かどうかは知らないけど)


トランプがやってるのはライオンの親のようです。


それで結局トランプが同盟諸国に冷たい態度取って

関税で挑発して、


それで結局 中国ロシアと 既存のアメリカの同盟諸国が

協調していくしかないように、


誘導してるわけですね。


メキシコなんかもそうで、この前懲罰関税をトランプが

いきなり言い出して、これは引っ込めるかもと言われてまして

それも書いてますが、ただやはりメキシコはトランプがそれを

引っ込めたけど、


やはりそのトランプのやり方にメキシコも怒ってますよね。

「WTO違反だ!」とWTOの元事務局長のパスカル・ラミーも

トランプに怒った。



WTOのトップだった人が

アメリカの批判をする時代になったってことです。


それで今トランプ大統領が自由貿易体制を無視して

各国に挑発を続ける中・・・


実は「ちゃんと自由貿易体制を維持しよう」という姿勢を

見せてるのが中国やロシアでして


中国やロシアは互恵主義を取っていると。


冷静に判断すると結局

「中国とロシアの言ってることのほうがまともだ」

という流れになっていくわけですね。


そういう流れをトランプが作ってる。


ちなみにですが、トランプが戦ってる対象ってのが

これはもうまず、日本語圏では田中宇しか書いてないけど


やはり本質的にはイギリスの諜報機関なんですよ。


昔はこれ書いたらいけないみたいな雰囲気があったものだけど

今はもうこれくらいはヒソヒソと噂話程度でいいので

書いてよい話です。


一応トランプが戦ってる表(おもて)ってのが

軍産複合体、およびアメリカの金融勢力ですよね。

ドル覇権を維持してアメリカ帝国覇権を維持したい勢力、です。


けど実際はその彼らの裏ってのはやはりイギリスの諜報機関

なんですね。


例えば「なんでドルとポンドって連動しちゃうの?」

って思うわけですが


これは最近ポンドの没落が激しいものですが

実は理由があって


アメリカの金融界を作ったのは歴史を紐解いて

調べていくとやはりイギリスの諜報機関ですよね。

シティらへんに本拠地置いている。


それで最近はもうこのイギリスシティだったり

イギリスの諜報機関が弱体化しているわけでして、

トランプが勝ってるんですね。


ちなみにイギリスの支配戦略として大変重要なのが

「分断して統治せよ Divide and rule」なんですけども


それはアジアでも「分断して統治されてる」わけですね。


だからイギリスの植民地哲学ってのが

世界中で使われてる謎は多くの人が持つものだけど


それは実はイギリスが隠然と影響力を持ってるってのが

重要です。


ちなみに私が最近すごい面白いな~ってことがあって

「車道が左側の国」ってやはりアジアって多いんですよね。



韓国は違う。

けど、マレーシアとかこの前私が行ったインドネシアとかは

車道が左側なんです。


あとはですね、最近話題の香港も・・・車道が実は

左側。


この車道が左側の国ってのは面白いんだけど

実は大体の左側の国ってのが

過去イギリスの植民地だった歴史があるんですよね。



マレーシアなんかもそうで、民間の契約形態はもろに

イギリスの契約形態を取ってたりするんだけど



私はマレーシアに移住してこれにすごい関心を持った

んですよね。


んでもう何十時間も調べて発見しちゃった。



それで「じゃあ日本はなんで左側通行??」

っていう話なんだけども


これは明治時代を調べるとすごい分かるんですよね。


明治時代ってのはご存知の方も多いだろうけど

これも最近は言っていいことになってきましたが、


もともと明治維新ってのはイギリスの諜報機関が

絡んで起こってるものですよね。


維新ってのが実際は、イギリス留学組の人間たちが

主導して起こされてるわけでして


例えば坂本龍馬好きな人は多いだろうけど

あの人はやはりイギリス側のスパイだったという説は

最近ようやく日本でも言われだしたけど

(けど副島先生が昔から書いていた。)


実際にグラバー商会とつながっていたなんてのは

有名な話ですよね。

だからよく日本の「えらいおじさん経営者」が

明治維新をやたら

持ち上げるけど


あれは結構 裏を知らない知識が浅い人って詳しい人には

見られてしまいますね。


ただやはり近代日本ってのは明治時代に

イギリスの介入で作られた

ってのは事実ですよね。


ただそこを隠すために本当は日本はアメリカに支配されてる

っていう左派の考え方があるのだろうと私なんかは

最近は見てたりするんです。


ただこれは不思議なことで日本がアメリカの完全な

支配下ならば、


「なぜ日本はアメリカと韓国のような

大統領制度じゃないの?」


って不思議になるんだけど

どうも明治あたりにやはりイギリスの議員内閣制ってのが

これは日本に導入されてるわけです。


それでアメリカってのも現状、イギリスの諜報機関が作った

債券金融システム(米国債とかジャンク債とか)

で動いてる国ですが、


だから大きくはイギリス、旧大英帝国の諜報・インテリジェンスを

活用した支配力ってのは

すごい長い間持続していたのだ、って言う話ですよね。


こんなのは池○彰さんは絶対知っててもいえないですよ(笑)


けど政治って面白いんですね。


ただ日本でも最近 いくつかの大学で

「インテリジェンス(諜報)」を扱う学部が

出てきてるので


この辺は10年とか20年したら日本の政治学教授たちが

ようやく言い出すと私は見ております。


今は私みたいな一部の「変な人」が言ってるだけです。


ちなみにですが、実は日本の教育制度もそうで

私は10年近く日本の義務教育を批判してきたけど、


この義務教育はもともと産業革命以降必要となった

優秀な工場員を

「生産」するためだ、


というのは、よく書く。


上司に文句言わない、時間守る、

同じ作業を疑問持たず淡々とできる、みたいな

ロボット系の人材ですよね。


「ゆたぼん」っていう子供ユーチューバーが

「みんなロボットに見えるねん!」って言ってたけど

だからこれは鋭いんですよ。


ただ日本に導入されたこの義務教育制度ってのは

元々を言えばイギリスの制度なわけで


日本に導入されてるわけです。


それで よくよく考えると不思議なのが

「英語」ですよね。

「米語」じゃない。


英(イギリス)語なんです。


洗脳解けましたかね。


ちなみに日本で「英語」が教えられた明治当時の

ほとんどの英語教師はアメリカ人?と思うじゃないですか。

違うんですよ、イギリス人。


だから本当は日本の近代制度を作ったのは

イギリスであるんだけど、


けどイギリスのすごいところがあってそれは

「ステルス化」していて見えないんです。


だから官僚機構ってのはイギリスの諜報機関の傀儡でありますが

表としては軍産複合体の傀儡、アメリカ金融界の傀儡に

見えるんですね。


だから日本がアメリカの支配国のように見える。


が不思議なことに、アメリカが米軍を撤退したいと

以前から言ってるのに、


なぜか日本側の官僚が反対してるってのは

そういう構図があるからなんですね。


ドル覇権てアメリカ帝国作って隠然と支配するっていう

イギリスの諜報機関の体制を堅持するっていう日本の官僚機構の

動きは面白いですよね。



それで面白いのが、イギリスの支配下であった国

植民地だった国は 車の車道が左側通行なんですね。


日本は右側通行だったらいいんだけど

なぜか左側通行です。



これはどう見てもイギリスを手本にしたとしか各種

議員内閣制や産業革命以降の産業化の流れでは説明できなくて


日本の鉄道は、イギリスの指導のもと計画が進められて

明治時代に政府が交通法規を決める際、

イギリスの法規を元にしたことで左側通行が定着していった


わけですね。



ただこの説ってのは

「一部の官僚側の人にとっては大変不都合な説」ですから

これは「そんなのはでたらめだ!」という記事が


これからプロパガンダ的に増えるだろうな~と思います。


一応説としては、まあ「武士が右利きだったから、

左側になったのだ~説」がありますが・・・(笑)


議員内閣制度というイギリスの制度をもろに

グラバー商会とつながって導入した明治政府が

もろに同時期に

イギリスとこれまた同じ左側通行を採用したのですから


それは否定するの苦しいよな、ってのは私が

調べていて感じた点です。


いきなり武士の理由出さないでしょ、と。

これから武士なんて消滅していくのが分かってる時代にっていう

話ですけど、


グーグルで検索すると火消しサイトがよく引っかかります。


あとは「なぜか」日本人が旅行するときに

ビザなし観光でヨーロッパで唯一「6ヶ月」滞在できる

国があります。普通は1ヶ月か3か月なのに。


その国はどこか?


そう、海外旅行好きな人はご存知の通りイギリスなんです。

ヨーロッパでは唯一、日本のパスポート持ってたら

イギリスは6ヶ月滞在できちゃう。


全部「つながり」ましたかね~



それで最近はイギリスの諜報機関であったり

彼らがバックにいるアメリカ本拠地の軍産複合体であったり

金融界がトランプに攻撃されておりまして、


かなり劣勢でしてポンドも弱く、

さらにイギリスの諜報機関が創設した

アメリカの金融界のドルの覇権も弱まってますが


これは大きな世界の流れですよね。


どうも世界は新しい流れに入っていくってことです。


ちなみに私がいるマレーシアのマハティール首相ってのは

日本を評価してます。


なぜか??


当時 アジア人では絶対にかなわないと思われた

イギリスをマレーの地域で打ち破ったから。


当時はマレーシアという国はなかったけど

マレーの人たちはすごいこれに驚いたのだけど

マハティールも当時若いときそれを見て驚いたと。


大日本の支配は結構いかついものでいじめられたそうですが

それでもやはりこのアジア人が白人のイギリス支配を

打ち破ったってのはマハティールが評価してよく言うことです。


だからマハティールなんかはもうこの世界の

イギリス諜報機関離れ、はドクターと言われていて大変頭良い

人ですから


分かってるんですね。


だから一対一路戦略、中国の新しい戦略と協調する

流れになっている。


それで香港の民主化デモってのも

その流れで今起こってるわけで


香港もイギリスの植民地でしてやはり左側通行です。

今もそう。


ただここをこれから中国が イギリスが実質支配権を

持っていた国の支配権を握ろうという動きですから、


この辺はイギリス植民地っていう考え方で見ると

何が起こってるかわかります。


ただ人権批判が大きいですし、中国の法廷は厳しいですから

それは嫌な香港の人たちの気持ちもありますから


緩やかに中国と香港が協調する形になりまして、

徐々に中国側に戻していく流れになりそうですよね。


台湾もそう。


この辺が見えてくると世界の動きが透明感を持って

見えるようになりますのでその面白さがあります。



それでトランプは「米ドル壊し屋」ですが

本質的には米ドル覇権の背後はイギリスの諜報機関ですからね、


これからも米ドルを壊していく政策をやるのは

自然だ、と言う話です。


ちなみにアメリカでは「リバータリアン思想」の人がいて

「なんでもかんでも自立してやるべきだ。

反官僚支配、反税金の重税支配」なんだけども、


この思想ってのは実はそのアメリカが隠然とイギリスの

支配下であったことに対する反発から出てるわけですね。


だからリバータリアンたちと組んでる茶会党(ティーパーティー)

の主張が

「一度 アメリカの腐りきった

金融制度をぶち壊して その後再起すべきだ。

アメリカ帝国覇権はいらない」


と、主張するのです。


そんで、彼らがトランプ支持者の大きな主流にありますね。

私ゆうの立場はちゃんと表明してますが

リバータリアンの人たちを支持する立場だから

だからトランプ支持なんだ、ってことです。



それでこれからカナダとかメキシコとかEUとかインドとか

オーストラリアとかパキスタンとかエジプトとかトルコとか


アメリカの同盟諸国は邪険にされていくわけですが

そこでやはりアメリカの同盟諸国は

「自立」を求められるわけですね。



それで今回、中国ロシアはもう世界の既存体制が

いよいよ数百年の節目を持って変化していくってのを

理解していて、


「アメリカ抜きの新しい世界秩序作ろう」って

話になってるわけですね。


もうそれは日本で「信用スコア」っていう

大衆管理システムの気持ち悪いシステムがあるけど


その導入も進んでるけどその大きな流れにあわせている。


だから私もそれには疑問を感じてるのだけど

主観ではなく客観で分析してるだけなので


その流れはあるってことです。

ただ最終的には世界は共産主義化していくのだろう

と私は嫌だけど見てます。


(ただこれは従来の米ドル覇権があっても同じ。

やはり世界は共産主義に近い「シェア」とかの思想が

主流になってきます。私有財産権が徐々に否定される流れ。)



それでこれから、中国やロシアが

「対米従属の経済構造をあきらめて、こっち側と

協力しましょう」

となるわけで、


そこで日本も含めて中国の一帯一路事業の

参入していく流れは確実に出てくるでしょう。



それで最近重要な発言としてはプーチンの発言で

要約すると、


「アメリカと日本と欧州がドル覇権延命のために

QEジャブジャブマネーをやってきたけど

それで世界の金融バブル膨張はひどい。


しかし中国などのアジアの実体経済は成長してるから

バブルがきちんと処理されればよい状況になる」


と言ってますよね。


これは長期では本当かと思います。


それでトランプが対中国挑発をしてまして、

アメリカの銀行が最近中国の企業に

ドル建て融資をしなくなってます。


そして中国の銀行は自国民が人民元を

ドルに換金する場合の上限額を引き下げてますよね。


ここでドル需要がこれから少なくなっていくと。


だから需要と供給の話で言うとこれから

ドル需要が少なくなるように


トランプが挑発して

仕掛けていて、


その通りにドル需要が小さくなるってのが

これからの世界の傾向です。


これ分かっていない人は、だからドル建ての保険とか

買い捲ってるんだけど、


そういう洗脳された人は結構日本人に特に多いですが

この人たちはやっぱり長期でカモになりますよね。


一方逆に、ドルの敵である金地金ってのは

情報が入ってる金持ちたちの資産保全として利用されてる

ってのが現状です。


が、この前書いたようにその金自体の購入も

これから日本含め世界各国で制限されていくかもしれない。


それだから、例えばFXやるときでも

決済はドルでやる人も多いだろうけど


これから各種の決済のドル決済が徐々に減っていく流れってのが

2020年代の傾向ですよね。


だから決済が非ドル化していく大きな流れがあるのですから

(言い換えると、イギリスの諜報機関が作った

米ドル覇権が崩壊していく大きな流れにあるのですから)


ドル資産のポートフォリオは徐々に今持っているなら

減らさないといけないってのが


分かりますよね。


ちなみに日本も政治家レベルでは

上の話理解してる人かなりいるんです。


これはもう安倍首相の動き見てたら分かるんだけど

あの人が「なんでイランに仲裁にいくの?」って

みんな思いますよね。


けど上記の話分かっていたら分かる話で、


最近日本の安倍首相とドイツのマース外相が

イランを相次いで訪問したんだけど


そこで一応表向きは「イランとアメリカの対立を

仲裁」しようとしたんです。


が、これは「安倍首相がイラン行っても

そんな頑固なトランプを説得できるはずない」


ってことで批判されてますが、


それは安倍は当たり前のように分かってるでしょうね。


日本もドイツも馬鹿ではないので

そこは分かってイラン訪問してるんです。


目的は?というと日本もドイツも一緒でして、

これからイラン核問題の主導役は


アメリカからロシアと中国に変わっていくんですね。


トランプがそれを意図した。


そうなるとその枠組みから外れてしまう国が

日本とドイツになってしまうんですが、


ここでイランと仲良くしてたら石油ガスなんかの

貿易関係もアメリカに黙って維持できるんです。


だから左派も右派も理解できないだろうけど

ここに安倍の狡猾な動きがあるといえます。


日本もドイツも一応 アメリカの同盟国で

日本なんかはその同盟国アメリカと仲良しこよしする


ってことで自称保守を政権に引き付けてますが

実際はもう自民の政治家たちも

「アメリカが主導権を失っていく」のは分かって行動してる


ってことですね。


ただ一応表向きは

「イランを説得に行きます」とアメリカに言ってるわけです。


それでアメリカに変わって中国ロシアがこれから

台頭していきますが、


これはもう既成事項でおそらく私がメルマガに書いて

5年前後して それがネットでも結構言われることになるので


たぶん2020年代中盤にその認識が広まるでしょうが


ここで日本は中国とロシアと関係強化していかないと

いけなくなるんですね。



だから日本の政治家の動き方は

「表向きはアメリカに追随する姿勢を見せつつ、

裏ではアメリカが敵視してる新興諸国との関係維持を

強化していく」


という流れにこれからなっていきます。


安倍のイラン訪問とかがそれでして、

あとはこれから起こるのが


以前書きましたが 日本と北朝鮮の

日朝首脳会談なり、日朝が和解する流れ、


あとは、ロシアとの北方領土解決の流れになります。


すでに実はもう安倍の日本は中国と関係が良いわけで

日本と中国はこれから協調路線に

長期では入っていかざるを得なくなるわけで


そこで日本が大国としてこれから

中国に負けずに台頭してプレゼンスを発揮できるか

ってのがポイントになるわけですね。


だから世界の分析者の間では最近日本の政治も注目されてる

わけです。


それで日本が自国内の官僚機構の反発を乗り越えて

それでロシア、北朝鮮と和平、和解していき

関係強化していきますと


中国とロシアと北朝鮮っていう

今まで「分断して統治せよ」で


日本の極東地域は分断されていましたが、

これが実は 米軍駐留の根拠となっていた

外国の脅威は事実上、なくなるんですね。


となると、米軍の駐留根拠がなくなります。

だから昔から私が書くように、


米軍を撤退せよという動きが必ず日本では出てきますね。

最近ちょっと出てますけど、もっと出てきます。



それで米軍に頼らないでも自衛隊だけで

十分自国防衛できるっていう話になります。



それでここで、まず韓国から在韓米軍撤退の流れが

作られていくって昔からメルマガで書いてますが


(そして多くの人が2016年時点ではまさかと思ってだろうけど

2019年にそうなってると思うんです。

これが政治分析の面白さ。)


これは序の口で在韓米軍の次は在日米軍撤退議論に

やっぱりなるんですね。

となるとここでやはり米ドル覇権は崩壊してく

長期的流れが形成されまして、


ここで、日本の人々は自分で自立を獲得するのではなく

「自立を強制」される状態になるわけですね。


そういう意味では2009年に小沢鳩山が

実質は今の安倍と似た動きをしていたんだけど


当時はまだ小沢が早すぎましたが、

そろそろまた官僚たちが追い込まれる第2波(調整C波)が

くるってことです。

(官僚機構の力の推移をチャートにした場合。

A波は2009年。)



それで・・・最終的にはどうなるか?というと

そう、トランプ大統領が選挙前に主張していた
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「アメリカファースト」であって
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「世界の米軍を自国に撤退させていく」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

っていうトランプの選挙公約が実現することになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


トランプのすさまじいシナリオ構想力・・・

すごいんですね。





上の分析って、日本語だとまず出てこない分析なので

多くの人が知らない状態にさせられてますが、


こういうの知ると色々未来の対策立てやすいですよね。


そうそう、メルマガでそれこそ2016年より前から

「これから英語より中国語の時代だ」

と私は書いてましたよね?


けど、これ、最近同じことをジムロジャースも2019年に

言い出してます。


これは日本だと「頭おかしい投資家のおじいちゃんが

なんか言ってる」扱いですが、


やはり中国語がこれから大事になりますよね。


英語も残るでしょうがやはり覇権国が実質中国になるのは

もう(共産主義化は複雑な心境だけど)

冷静に分析すると決まってるんで、


だから富裕層は最近シンガポールとかに子供留学させて

それで中国語覚えさせるわけです。


今から言語学習やるなら英語はいいですが

私も学んでますが中国語のほうが良いんでしょう。

っていうことで世界のルールが実は大きく変化しております。


ただこれに気づいている人はおそらく1%もいないのですが

その気づいた1%がなんとか生き残る時代になりそうですね。


では!




ゆう






追伸・・・ちなみに私のメルマガはクローズドにしてるんですが

最近どこで知ったのか、

大学教授の政治学系の人らもよく見てくれてるんだけど


ただ私を妄信しないでほしくて、

是非「あなたご自身で」

私の書いてる内容だったり

「マスコミの記事だったりを

比較して」考えてほしいわけですね!!



それで時系列で流れを見ていけば

真実がどのように作用してるか??ってのが

検証をして分かってくるわけです。


これはピンバーがMA支えられてるプライスアクションルールが

検証で機能するって分かるのと一緒で、


基本的には政治ってのも過去検証しながら

それに作用してる基本的ルールが分かるようになります。

そしてそれらは表ではめったに出ないものです。


これが政治分析の検証方法だから投資の検証と似てますね。

それでこの「色々な視点、意見を比較していく」とですね、

自分の考え方ができてくるので、

自立心ができてくるわけでして


それが成長ですね。


そしてその自立心ってのはあらゆる分野でこれからの時代、

必ず生(活)きます。


なぜかというと世界中の国々が自立を余儀なくされまして

それは個人単位でもそうなってくるから。


最近「年金が支給されないなら自分で稼ぐぞ」っていう

流れが日本にあるけど

これも大きくは世界の依存的価値観からの脱却の

ダイナミズムが働いているからなんですね。


このように政治のマクロ構造は私たち個人の精神構造にも

影響してるっていう面白さがありまして、


ここまで見えてると、地図・未来の設計図が

見えてるようなものなんで

生きやすいですね。


では!




追伸2・・・ちなみに私がマレーシアに移住した経緯は

色々あったけど

そこで「マレーシアは一帯一路の地域になるから

クアラルンプールにいる」って以前書いたことあるけど


それに呼応するかのように

最近マハティールが一帯一路協調をマレーシアで

今月は言い出した。


世界の流れが分かってると移住先の選定もスムーズになりますね。

だからマレーシアは調整は経験するだろうけど

長期では発展します。


それでこれからの世界は抽象化すると

中国とロシアなんかの新興国とイスラムの国々ってのが

仲良しこよしで融合していくんですね。


だからこれからの時代は中国の価値観と

イスラム圏の価値観を理解するのが大事になります。


日本は今までは欧米の先進国価値観と、

あとはキリスト教の価値観を重視してきた国ですが

(例えば婚姻制度の一夫一妻制度はキリスト教のもので

やはり明治時代にさかのぼる。

マレーシアではよく一夫多妻の家族がレストランにいます。)


これからは中国やイスラムの価値観を理解するのが

大変研究分野として


彼らが長期で経済台頭するのは人口動態からも

決定してるので

重要性を増すということです。


ちなみにこれらが例えば、産業にどう影響するかというと

医療分野だと今は免疫抑制剤の製薬会社が石油から作った

薬が売り上げ伸ばしてますが、


これから中華系の漢方、イスラム圏では漢方はスパイスと同じなので

よく使われてるけど


漢方分野は注目されていくってことですね。


すでに韓国やマレーシアではその市場が注目されてきており

日本もそうなります。


健康分野では免疫機構を強力にする飲み物、食べ物は

漢方しかないですから。

(西洋医学は免疫を抑制する薬を出して

薬漬けにする問題があります)


だからその辺にアンテナ張ってたりすると儲かる

わけですね。

あとはイスラムのハラル系のビジネスとかですね。


だから日本の飲食店なんかも今まではハラルとか考えなくて

良かったのだけど、金持ちになって日本にやってくる

イスラム圏の観光客は増えますから


ハラル対応なんかがいずれ結構議論されだしますよね。

飲食なんかだとこの辺空いてますからねらい目なんでしょうし

そういう飲食は売り上げを長期で伸ばす確率が上昇するのが

分かります。


てことで色々世界のルールは変化してます。

では!








★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    

【無料】FXど素人が3日で1,272万円も稼ぐ!
(売りだけで「暴落で稼ぐ」手法です!)
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/42/



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆







コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください