無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【4月に入塾されて、「今頑張っている生徒さんの声」を紹介します!】 (残2日)

2019 5月 29 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【4月に入塾されて、「今頑張っている生徒さんの声」を紹介します!】
(残2日)


どうもゆうです!

こんばんは!!


さて、CMAですがこの2ヶ月近く、

かなり学んでもらいましたが


残り2日でメルマガでの特典付き募集と特別価格が
終了になりますね~


事務局に私から3月あたりに無理いって

30万円台の価格から5万円ほど値下げしてもらって

扱ってましたが


それも残り2日となりました~


【「まじめに検証」が一番近道。
CMAはこちらから】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……73991/cma/


(【CMAチャートマスターアカデミーの特典は
こちらから】
⇒  http://chart-ma.com/td/y2tokuten/

【まとめPDF】4月~5月までの
膨大なメルマガの内容(FX中心)をPDFにまとめました!
http://fxgod.net/pdf/matome20190405.pdf






さて、先ほどですが

以下の内容、お渡ししました!


今回は「チャートパターン」でちょっと発展ですが

システムトレードで利益取れるようになった後

さらに裁量入れて勝率上げるのに貢献する知識ですね!






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

神レベルトレーダー根崎さんより
電子書籍15冊目のプレゼント!


<PDF>構築したシステムに加える裁量!
「チャートパターン」を知る!
⇒  http://chart-ma.com/url/yuu/re……/part7.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



ということでまた下にリンクもまとめますが

今まで本当にかなりの内容を学んでもらいましたが


実はこれらが「基礎」です。

それで「基礎」が固まってくると、

利益はこの前のヨーイチさんみたくあがってくるんだけど


そこでいよいよ月利が安定しだして

目標の「複利」が利かせられるようになって

下克上、ができるってのが資本主義だ。


さて、それで私も根崎さんのメルマガ見てるんですが

今日配信されたもので、


大変 すばらしい内容がありました。


ずばり、今根崎さんの下で4月から入られた生徒さんたちが

もう指導を受けていらっしゃるんだけど、


たぶんあと2日なので検討されてる方もかなり

いらっしゃるので参考になるかな?と。


私も思ったのだけどこの方・・・成功するのは

遅かれ早かれですね。


しっかり「精神が自立」されてる。


今回はそんな4月に入って既に

5月から開始されて学ばれてる生徒さんの声を

紹介します!!


=====================


あなた、こんばんは。

チャートマスターの根崎です。


ゆうさんとの特別企画も、
残り2日で終了しますね。

長期に渡りメールを出してきたので、
なんだか寂しい気持ちもあります。

5月31日の23時59分59秒までは、
特典も価格も変わりなく受け取れるので、
掴めるチャンスは掴んでほしいです。

⇒  http://www.chart-ma.com/url/yu……/cma/ndef/



さて、月曜のWEBセミナーが終わって、
いつも通り、塾生からのメールを確認して、
サポートしたりしていたのですが、

来ていたメールの中に、
この人は結果を出せるんじゃないかと、
感じた人を見つけました。

正直、現段階ではまだどうなるか分からないけど、
しっかり自己分析できているし、

トレードで稼げる習慣を、
身につけるヒントも掴みかけてます。

せっかくなので、
あなたにもお見せしておこうと思います。


————————————(ココから)

根崎塾長、こんばんは。

4月からCMA会員になった上杉です。

入学させてもらってから、ちょうど1ヶ月ぐらいで、
まだまだ検証についての理解が足りてないと感じる部分が多いですが、
とても楽しく学ばせてもらっています。

実践記で検証結果を投稿して、
先生からのアドバイス・指摘・添削までしてもらうとこは、
CMAに入ってかなり大きなメリットだと感じています。

正直、最初はモチベーションが上がらず、
数日放置していた私が、検証を少しずつでもやるようにもなり、
地道な習慣が身につきはじめています。

人間慣れてしまえば、苦に思うこともなく、
こなせるようになってくるものですね。

根崎塾長と出会う前までの私は、
勝率や年利や簡単稼げるという言葉に、
反応して情報や塾に飛びついては、

「また騙された!」

と被害者ぶっていただけの人間だったと思います。

やり抜く覚悟もないのに高額商品に手を出して、
上手くいかなかったり、やる気がなくなったりすると
次の情報へ転々とするまさにノウハウコレクターです。

この1ヶ月で自分の中で、
大きく変化が起こっています。

そしてこのタイミングで根崎塾長に連絡をしたのは、
自分自身の決意表明を言葉にしたいと思ったからです。

冷静に自分を見た時、1ヶ月~2ヶ月ぐらいで、
モチベーションが落ちてやらなくなってしまっていたので、
今回の自分は違うんだ。と自分自身に言い聞かせるだけでなく、
思い切って塾長に言ってしまおうと思った次第です。

まだまだペーペーな私ですが、
自分で掲げた夢を諦めずにとことんやります。

失敗してもそこで止まらなければ失敗じゃないですよね!

これからもよろしくお願いします。

————————————(ココまで)

いかがでしたか?

まだまだ始めたばかりで、
上手くいかないこともあるようですが、
伸びしろはかなりあると思っています。

人は無意識に変化を嫌ってしまう生き物なので、
新しいモノを取り入れようとするとエネルギーを使います。

疲れるし、面倒くさいし、時間がかかります。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これはトレードに限ったことじゃなく、
大体、何をやってもこういった現象が身に起こります。

それで、モチベーションが続かなかったり、
途中で他のノウハウに目移りしてしまうのかなと、
僕は考えています。

今回連絡をくれた上杉さんは、
自分とすごくしっかり向き合っているし、
勝てるようになる習慣を理解してきてますね。

何より、冷静に物事を見れています。

自分の状態や周りの状況を“俯瞰して見れる”人は、
早い段階でリアルトレードで勝てます。

最適な行動が取れるようになるし、
感情流されてトレードすることも防げます。

見る人によっては、
まだまだな決意表明に見えるかもしれませんが、
みんなこうやってゼロからイチを積み上げていくんです。

当たり前に思えて、案外出来てない人は多いので、
一歩先を歩いている先輩として話しておきたいなと。

あなたも時間が出来た時に、
自分の状況や過去を俯瞰して見てくださいね!

それではまた。



グッドラック!



※ゆうさんとの特別企画終了まで、
 【残り2日】と迫っています。

6月1日からは通常価格、特典なしになるので、
くれぐれも参加タイミングは気をつけてください。

⇒  http://www.chart-ma.com/url/yu……/cma/ndef/





根崎優樹(ねざきゆうき)



=====================


以上です!!


さてそれで私は今回この生徒の上杉さんの声を見て

大変すばらしい!

と素直に思いました。


ちなみに私もこのメルマガ、既に10年近くやってますから

たくさんの自立して稼ぐ読者さんを見てきました。


それで「稼ぐ人のオーラ」ってあって、

まあもちろん、今はまだ貧しかったりするんだけど

やはり文章にそのオーラって宿るんですね。


だから最近は失礼ながら、もう文章とか見て

「あ、この人、あきらめないで継続すれば

結果収束してくるな」

なんてのはもうさすがに分かるようになってきました。


実際に「この人は稼げるな」なんて方は

すぐではないのだけど


数ヶ月して結果報告が入ってきたりして、

サラリーマンやめて、海外移住したり、なんて人も

多く見てきました。

(ちなみにやはり海外移住の人気地域は

フィリピンとかマレーシアとか暖かいところですね。)


それでこの上杉さん、もろにそんなオーラが満ち溢れてる

文章ですよね。


もちろん、油断はしてはいけないのだけど

常に稼いでも勝っても根崎さんのように謙虚さは大事だけど、


ただもうこのメールの文章の感じ、姿勢があれば


あとは根崎さんと二人三脚で以前のトレバトで

ストップ1%で月利25%やったヨーイチさんのように

修正かませばいいだけです。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

PDF「月利25%を出した生徒さん(よーいちさん)
の履歴を公開!」
(ストップ1%固定で。)

http://fxgod.net/pdf/geturi25percent.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




それで実は私この生徒さんのメールを見て、

「いよいよこの方は稼ぐステージに乗っかった」と

思った点があって、


それがこの部分なんですよ。



正直、最初はモチベーションが上がらず、
数日放置していた私が、検証を少しずつでもやるようにもなり、
地道な習慣が身につきはじめています。

人間慣れてしまえば、苦に思うこともなく、
こなせるようになってくるものですね。

根崎塾長と出会う前までの私は、
勝率や年利や簡単稼げるという言葉に、
反応して情報や塾に飛びついては、

「また騙された!」

と被害者ぶっていただけの人間だったと思います。

やり抜く覚悟もないのに高額商品に手を出して、
上手くいかなかったり、やる気がなくなったりすると
次の情報へ転々とするまさにノウハウコレクターです。

この1ヶ月で自分の中で、
大きく変化が起こっています。




まず重要なのがちょっとでもいいんですが

「習慣」が徐々に付き始めたってことです。


これが大きいんですね。


検証とかも結局習慣ですが

これを習慣化できるかどうか??


がもう全てと言っても過言ではないと思います。

ほんとみんな検証やりませんから。


さらに大きいのが「思想転換」が徐々に

起こり始めてるわけで


今までは

「勝率や年利や簡単稼げるという言葉に、
反応して情報や塾に飛びついては、

「また騙された!」

と被害者ぶっていただけの人間だった」


と述べられてますが、

そこに気づいて「ちゃんと学ぶぞ検証するぞ」

と思想転換されてるわけですね。


実を言うと私ゆうも最初まったく同じで

このインフォ業界っていろいろな教材あるから


「だまされた、おれは被害者だ」みたいな

そんな感じの時期が恥ずかしながらありました。


ちなみに当時はすごいひどくて

69800円とかの教材買ったら

PDF入っていて2ページだけなんだけど


そこで「このPDFを他の人に69800円で売れば

あなたはお金持ち」みたいな内容で


「やられた!」って感じだったものだけど

まあただよく考えたら買ったのは自分で

私もこの方と同じで

「勝率や年利や簡単稼げるという言葉に、
反応して情報」に飛びついていた人間だったんですね。


ただ「これでは絶対に自立できないし稼げない」

って結構いろいろ考えてたどり着いて、

そこで「依存」から「自立」に向かっていったんです。


そこで「結局ちゃんと学ばないと道は見えない」って気づいて

ようやくそこで「稼ぐスタートライン」に立った

20代のころを思い出します。


だからこの上杉さんの言葉、昔の私の転換を見てるようで

すごい心に個人的には来た内容です。





それでまあ私も ちゃんと検証なり過去のデータなりを

分析して、っていうまじめな姿勢を取り入れだしたけど

そうしたら、やっぱり結果が出てきたんですね。


だから ちゃんと学ばないと道は見えない

っていうところの気づき、

そこが私にとっては完全なる近道でした。



ちなみにCMAはこんなやる気ある生徒を全面的に

サポートするから、ぜひこの方はこれからどんどん

下克上していってほしいと思います。


(といっても、心理だけは崩れないように。

慢心すると必ずやられるのが相場です)



それでうれしいのがこういう方がCMAチャートマスターに

集まってきてることですね。



結局環境が大事ですんで、

こういうかたがたに囲まれて、自分の器も広がってくる

と私は思います。


それで根崎さんが書かれていますが


「自分とすごくしっかり向き合っているし、
勝てるようになる習慣を理解してきてますね。

何より、冷静に物事を見れています。

自分の状態や周りの状況を“俯瞰して見れる”人は、
早い段階でリアルトレードで勝てます。

最適な行動が取れるようになるし、
感情流されてトレードすることも防げます。




ということでだからこれは根崎さんのレポートにも

書かれていたのだけど


結局稼ぐってのは「自分と向き合う」ことが大変
大事になるんですね。


私は上杉さんは昔はそれが昔の私と同じように

できていなかっただろうけど


それが今できてるなってのを文章からすごい感じ取って

うれしく思いました。



ちなみに、これも実は投資心理学なんだけど

「何かうまくいかないとき

人間は 自分以外の他の部分に責任転嫁したがる」

って傾向があり、


これを「自己防衛バイアス」って言います。


例えば上杉さんが書かれている、



根崎塾長と出会う前までの私は、
勝率や年利や簡単稼げるという言葉に、
反応して情報や塾に飛びついては、

「また騙された!」

と被害者ぶっていただけの人間だったと思います。」


という部分ですがこの時点では

やはり「自己防衛バイアス」がかかってる状態なんですね。

こんな人が実は多数派なんです、特に日本は。


というのはその勝率や年利で簡単に稼げるっていう

部分の広告とかに思考力失って マウスクリックして

決済してるのはまさに自分であって、


実際に自分がその「だまされた」っていうものは

買ってるわけです。


別に急に画面でマウスが勝手に動いて、勝手に

クレジットカードの番号が入力されて買ったわけではない

わけですね。


どう見てもそこでは自分の判断で

「楽して稼ぐ」ものを買ってしまってるわけです。



実を言うとこれは私が当時ビジネス分野の師匠の

柴野さんにまだ若いころ

指摘されたことで


「っていうかだまされたってみんな言うけど

それって別に画面でマウスが勝手に動いて

勝手に決済されたわけじゃなくて

決済したのってきっとあなたたちですよね」


って言われたもので、これは衝撃的だったけど、

そこで自分の依存心ってのに気づいたのは覚えてます。


ただこれ恐ろしいもので、稼げないのを他のせいにする

投資家やビジネスマンの心理は


「自己防衛バイアス」と言ってアメリカではもう

既に人間の脳の性質として、

研究されているんですね。


以前に私のメルマガでPDFプレゼントでお渡ししてます。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

PDFレポート【投資心理学を学ぶ!】
「なぜ人間の脳みそは損失を出したとき「誰かのせい」にしたがるのか?
⇒  http://fxgod.net/pdf/jikoboueibias.pdf

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



引用です

====================



それで・・・今日は投資心理学のことをさらに書きたいと思うんですけど

よく投資をやってる人で損したときに見られる発言があって


それがですね

「相場が悪かった」とか「ついていなかった」

とか「あの講師のせいだ」とか


そういう発言ですよね。


こういう発言って結構ネット上にも溢れていますよね?


ただここで
~~~~~~~~~~~
「自分が下手だった」という発言をする人はほとんどいません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そう、「自分は相場はうまい」とか言う人はいるんですけど

ただ「自分は相場が下手だった」という人はほとんどいないんです。



実は・・・ここに投資心理学の研究対象があるんですね。


例えば良く株式なんかであるのは

損したら個人投資家の多くが「証券会社のあの推奨銘柄のせいで」

とか「相場が悪かった」みたいなことを言うわけです。


それでよくあるのが、儲かった人から

「俺はこの相場で○百万円儲けたぜ!!」という自慢話を

聞かされるということですよね。


これ、読者さんも経験あるんじゃないでしょうか?


ここで少し考える必要があって


「なぜ人間という動物は損したときに

「自分が下手くそでクズでどうしようもなかった」

とか、


「あのとき証券マンは良かったのだ、おれがダメだったのだ」


とは言わないのか?」


というこういう研究が実は投資心理学でされてる研究なんです。


重要なのは 多くの大衆投資家っていうのは
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「損したときは原因を外部に求め、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
儲かったときは原因を内部に求め、帰属させる」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という傾向があります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


自分に都合の悪い出来事、すなわち連敗がどんどん

出てしまったときとかですよね。


リスクリワードを高くというトレードをやってると

時々そういうシーンも出てきます。


こういうときに「ちくしょーなんだこの相場の動き!

絶対おかしい!!」


「ちくしょーなんだよ、こっちの方向に進むんじゃないのかよ!

あの○○講師に騙された!あいつは詐欺だ!」


と怒る人は多いんですよね。


このとき、この投資家さんたちってのは原因を

外部に求めてるわけです。


この自分の損失を外部に求める性質というのが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
個人投資家の多くの姿勢なのだけど
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これを投資心理学では「自己防衛バイアス」と言います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

逆にやたら儲かったときに

「俺って天才!相場うまい!」と自画自賛したりすること


これをですね、「自己高揚バイアス」って言うんです。


実は人間ってのはこうやって自分のアイデンティティを

守ってるわけです。


人間というのは痛みを避けたがる生き物だから
(そのような脳みその構造。)

そこで「俺って相場へたくそだ」と発言するのは


やはり痛みの発言ですから、それをしたくないわけですね。


だから、原因を外部に求める傾向があって

これを投資心理学で自己防衛バイアスと言うわけです。



それで重要なことなんだけどこれは副島先生なんかが本で

書いてることなんだけど


「世の中の大多数は自分を素晴らしい人と思ってる」


わけです。


実際は私も含めて世の中の単なる余剰人間で

とりあえず偶然生まれたらなんとなしに

生きてるくらいの人たちなんですけど


ここで「自分はとても立派な人間で、頑張っているんだ」

と思って世の中の人は生きてるわけですね。


だから例えば私は文章を書いてるときに

「私は今この文章をパンツ一丁で書いています」とか

よく書くんだけど


あまりこういうことを書く人っていませんで

やはり「なるべく立派に見てもらいたい」ってのがこれ

人間です。


私ゆうの場合、基本的に世界から自分がいなくなってもまあ

世界は回っていくだろうな、ともう達観してますから


だからある種余剰人間としての意識がありますから

承認欲求ってのが弱いのか、そういうことを良く書くわけです。


ただ世の中の人ってのは肩書きとか名声とかすごいこだわりますからね

だから尊敬されたい、立派と思われたいわけです。


これをうまーくついてるのがSNSです。

「リア充アピール」なんかそうです。


まあこれは人間らしいと言えば人間らしいのだけど

世の中の人は自分を立派と思ってるし、そして立派、常識人

素晴らしい人と思われたい、わけです。



が・・・これが投資では「あだ」となります。


要するに何かその投資家がいけていないことをしていたとき

相場で明らかに入るべきではないときに入って

損失こうむったとき、


これは自己の至らなさ、自分のクズさを理解して

猛省しないといけないんですよね。


ただここで上の投資心理学の「自己防衛バイアス」というのが

働くわけです。


ちなみに自己防衛バイアスと同じく大事なのが


「私は素晴らしい人だ」という認識、これを

「自己奉仕バイアス」と言う。



だからこの「自己奉仕バイアス=おれって素晴らしい人間」

っていう認識と


「自己防衛バイアス=損は外部のせいにして、

自己高揚バイアス=利益は自分の内部に求める」



これが合わさるとですね、


「こんなに素晴らしい人間の俺が損するなんておかしい!

きっとあいつとあいつとあいつが詐欺師でだまされてるのだ!」


となるわけです。



そうするとここで自分の投資行動の猛省、反省ができない

となりまして、


同じ過ちをずーっと繰り返してしまう個人投資家が
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
出来上がっちゃうわけですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これが実は投資心理学で研究されてることなんです。


だから実は投資家で買ったときに

「俺って天才」「俺ってトレードが上手なんだよね」

とかになってくると


これは投資心理学の自己高揚バイアス通りに

脳みそに考えさせて、脳みそからの信号で

声帯を使って「俺ってトレードが上手なんだよね」


と、発言させてしまってるということなので


ここでその投資家は自分の思い込み相場観が素晴らしいものだ

と勘違いしてしまうんですね。


ここで具体的にはロットをあげたり、資金管理ルールを破ったり

変なところで投資したりというポジポジ病みたいな病気が

生まれるんです。



だからポジポジ病ってのは実は深層心理で言うと

この「自己高揚バイアス」とか「自己防衛バイアス」とか

「自己奉仕バイアス」

が元にあって起こってる病気なんですね。


だから良くあるのが、「俺この前この株で○万円利益出したぜ」

と自慢してる人ってのがですね、


面白いことに必ず最後負けるんです。


これは実は投資心理学の通りでして、

自分が素晴らしいトレードをしていると勘違いしてしまうと

ここに高慢が生まれるんで、


それで自己防衛バイアスも働いて損したときも

原因を自分でなく外部に求めるようになりますから


結局その人どっか消えていくんですね。



これは市場で勝負している、というところで言うと

ネットビジネスも一緒なんだけど


この自己高揚バイアスが強い人、自己防衛バイアス、

自己奉仕バイアスが強い人って


一時はいいんだけど、やはりしばらく経過すると

結局どっかに消えてしまったりするわけです。



だからまあ「謙虚でいる」ってことですよね。



それで重要なのは損失が出た場合、これは上記投資心理学の

負けていく投資家の法則に当てはまらないように


「俺が下手だった」と

ひとりごとでも、言うようにする必要があるわけです。



これをやるとですね、なかなか痛いんですね。


自分がどれだけダメ人間か、分かる。


「プライド全破壊」されるわけです。


だからこれがみんな嫌だから 外に原因を求める

自己防衛バイアスを脳みその中で働かせて人のせいにするんだけど


それだとやはりいつまで立っても投資家としての成長は見込めない

ということが投資心理学で実際に研究されてることなんですね。



これはプロスペクト理論と同じく、重要な考え方だろうと

思います。


ちなみにプロダクトローンチの仕掛ける案件を

今号でやっていますが


見てほしいのが「あなたが稼げないのは詐欺師たちのせいなのです」

というのがあります。


実は、これはもう私がはっきり書いちゃいますけど

人間の


自己防衛バイアス=稼げない原因を外部に求める脳みその傾向

自己高揚バイアス=利益は自分の内部に求める脳みその傾向

および

自己奉仕バイアス=自分は素晴らしい人間とみな思ってるという傾向


この傾向を使ったものなんですね。


これをやることで「稼げないのは自分のせいです」という

ことを認めなくてよくなりますから


それはある意味 人間の脳みその傾向に「非常に優しい、近い」

から人をひきつけるわけです。



実はこれがアメリカのマーケティングのすごいところでもあり

怖いところでもあるんだけど


今よくあるのがネット上で中傷マーケティングってのがあるけど

それを教えてるのがインフォスタイルっていう本当に

やばいASPがあったんです。


私が最初に買ったのがインフ○スタイルっていうところの

教材で69800円の教材だったけど


PDF2枚だった。そして内容は

「このPDF2枚を誰か他の人に69800円で売ってください

それであなたもお金持ち、不労の所得です」

みたいなもので


「やられたー!!」って感じだったのですけど(笑)


まあ今はネタになるからそれでよい。


んでこのインフ○スタイルってASPのアフィリエイターが塾やっていて

その塾で「人気な案件を中傷するネガティブキャンペーンブログを

作って自分に連絡させて違う教材を売りつけましょう」


というのが教えられているんですね。


これは最近良く見るビジネスモデル、中傷マーケティング

というのだけど、ここで脳みそやられる人も多い。


ただこれは実は高度なマーケティングでして


上記


自己防衛バイアス=稼げない原因を外部に求める脳みその傾向

自己高揚バイアス=利益は自分の内部に求める脳みその傾向

および

自己奉仕バイアス=自分は素晴らしい人間とみな思ってるという傾向



を利用してるわけですね。


ここで「稼げないのは自分のせいじゃなくてあの講師のせいだ!」


と出来るので、


特に精神的に弱い人をお客さんにしてモノを売りつけられる

というマーケティングでして、


まあ宗教の洗脳にも近いところがあります。



実際に上記インフ○スタイル出身のアフィリエイターさんが

そういう塾でその考え方を教えてそういう中傷ブログ

作らせてるわけですね。


(ゆう:ちなみに追記で最近はそこに

過払い金の仕事がなくなった、法科大学院出るようになって

ジャブジャブに人数が増えすぎた弁護士と消費者庁なんかが

くっつきだしてる。あとは大企業の孫請けがそういうブログを

個人装ってやりだしてる。


実際はこの依存心高い人を国家ぐるみでカモろうとしてる
だけなんだけども)



だから実はビジネスの分野でも人間のこの脳みその傾向

すなわち 



損失は人のせいにしたがり

利益は自分の中に求めたがり、

自分を素晴らしい人と人間は思ってる



こういう部分をうまーく利用しているということです。



これがまあ「仕掛ける側の論理」です。分かりますかね。



だからこの辺の人間の心理の部分を理解していると

「稼ぐためにあるべき心理状態」を持つことができまして、


それは


自己防衛バイアス=稼げない原因を外部に求める脳みその傾向


であるから


それを「稼げない原因を内部、自分の過失として

認める」


ということがまず必須になりまして、


そのための言葉がおかしな損失出したときに

「俺って下手くそだ」という発言が必要になるわけです。


これをやると、「反省や猛省」という行動が次に必ず出てきますので

その人は「自己成長」できるんですね。



それで儲けたときはどうするか?ということなんだけど


儲けたときは


「私なんてどうしようもない人が儲けられたのは

○○さんから色々学んだからです、ありがとうございます」


という姿勢です。


一切儲けた原因を自分の中に認めない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


という姿勢です。なかなかハードですよね?



だからそういう人から出てくる言葉は

「自分なんてまだまだです。たまたま色々な方に

教わって結果が出ましたがこれからまだまだ精進しないといけません」


と言う言葉になります。


だから投資心理学で指摘される

大衆投資家の心理的特徴と「間逆」でいる必要がある。



それで

自己奉仕バイアス=自分は素晴らしい人間とみな思ってるという傾向

というのがあるのだけど


これはだから間逆でいうと


「自分はクズのような人間です。人類の中の吹き溜まりの1人です。

まったく素晴らしいところはありません。

なのでこのままだとまずいので 勉強し続けます」


という姿勢になるわけです。


私ゆうなんかはそういう姿勢が結構自分で強いように思いますが

まあこれは承認欲求の逆ですよね。


「おれは相当しょぼい人間だ」と認める精神的なタフさが

必要になりますから、


多くの人がこの発言はしたがらない。


けど、こういう発言は投資心理学でいう自己奉仕バイアスと

間逆の発言ですから


こういう発言できる人は「長期的に強い」となります。



いつでも成長機会がその人の内部に生まれるから。です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ただここで注意なんだけど

自分を責めすぎて「どうせ俺なんか」となる人がいる。


これで命をなくす若者がいて、それが私の弟でした。


だからそれはしてはいけないわけでして、

そうじゃなくて


「俺はどうしようもない、

だからこれからもっと学問や学習、実践を通じて
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
器を広げて成長していきたい」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


この方向性の心理、精神性を持つのが大事になります。


これをもてるようになると、多くの人は一気に

成長軌道に乗れますから、当然お金もついてきますよね。



だから以前に億トレーダーのダイスケさんが



「勝ってる投資家の心理状態は人間として不自然」


ということをおっしゃってましたけど


要するにこういうことで


「痛みは積極的に受け入れて
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(プロスペクト理論の逆)

負けたときは外部のせいにしないで自分の内部に原因を求め、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(自己防衛バイアスの逆)

勝った時は原因を内部の自分に求めないで、外部に求め、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(自己高揚バイアスの逆)

自分は大した人間じゃないとプライド全消去する」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(自己奉仕バイアスの逆)


という精神状態が必要になるわけでして


これは実は「人間として大変不自然な状態」なんですね。


上記のプロスペクト理論も

自己防衛バイアスも自己高揚バイアスも

自己奉仕バイアスも、


生物がなんとか生き残るためにDNAに組み込まれたものだから。


ただこの通りに動いていると結局

相場や市場においては資産を構築できない、


ということです。


だから例えば証券会社でスプレッドを20PIPS

広げられて、刈り取られました。


こういうことは結構枚数多いとありますよね。


けど、それって証券会社のせいと言いたくなるところだけど

それって証券会社の規約にそういうこともあるって書いてるし


だからそれはそれを知りながら

スキャルしてる自分のせいなんです。


もしくは証券会社そこを使ってる自分の

「調査不足」のせい、

証券会社の裏をかけない


相対の証券会社が痛がるトレードができない

自分のせい、


と考えるわけですね。



なかなか多くの人が受け入れられないハードな考え方かもですが、
(だからそれが出来る少数が金持ちになる)

この姿勢が大事になるということです。


ウォーレンバフェットなんかはこの辺よく知ってるので

彼の発言を見ると、この辺が良くわかるかなって思います。



それでこのような プロスペクト理論

自己防衛バイアス、自己高揚バイアス、

自己奉仕バイアス


という脳みそが持ってる大きな傾向の「逆」を

心理として持てるようになるのは少数でありますので


だから少数にお金が集まるように資本主義というのは回っていく

ということです。


だからこれがある種の市場の法則、です。



この話は多くの人にとって「耳がいたーい」話であるはずなんだけど

なぜ痛いか、というと


それは上記のバイアス通りにどうしても私たち人間が

考える傾向があるから、です。


ここをちゃんと「認識」して、自分の発する言葉として


上記バイアスやプロスペクト理論と間逆の発言をする必要が

常にあるということですね。


これをやると、たぶん誰でも成長して、お金増やせると

私なんかは思っています。



だから、私がよく「日本すごい系の番組は最悪だ」

とかくのだけど、これは「日本ホルホル系番組」とか言われるけど


これがなぜダメか?というと


自己高揚バイアスとか、自己奉仕バイアスを極端に

刺激する傾向があるからですね。


当然、そのような民族は世界の市場で「負ける」に決まってる。


市場というのはそういうバイアスやプロスペクト理論を

もっと上から研究してみている人間たちが

闊歩しているところだからです。


だからテレビのバラエティー番組なんかを見ると

大きくはこういうバイアスを刺激する方向で

民族を弱めようという意図を投資心理学を勉強してる私からしたら

感じるわけでありまして、


そこは注意しないといけないんです。


だから稼ぐようになると「読者さんはすごいですね~

天才です」


と言われることも出てくるかもしれない。


けどそこで「いやいや、まだまだです、これからも精進です」

というこの言葉


これが大事になってくるわけですね!


ここで常に自分の精神状態を 

上記バイアスに支配されないように、コントロールする必要がある

ってことです。


要するに、

これが出来るようになってくるのが

「器が広がる」ってことですよね。


そして後にお金がついてくるようになるわけです。


だから投資というのは器を広げるために

とても面白い分野だと私は思いますよね。



ということで耳のいたーい話をしましたが

この投資心理学を理解していれば

一層読者さんの長期成長につながるのは確実だと思いますから



今一度自分の発言や考え方が

上記のプロスペクト理論や

自己防衛バイアス、

自己高揚バイアス

自己奉仕バイアスに


支配されていないかチェックしてみるといいかもしれません。


この心理状態を調整するのが実は投資とかビジネスにおいては

とても重要になりまして、


どの分野でも結果を出す人たちというのが世の中に存在するわけですが

実はそういう心理状態を整える人がうまい人たちが

そういう人たちなので


こういう練習をするとよいですね。


そしてその結果「強烈な依存心が消去されてきて

⇒人間の中に自立心が生まれてくる」わけです。


それではまた!


=====================


以上です。


それでこの投資心理学の話は以前に

メルマガで扱ったのだけど、


今回根崎さんが引用されてる生徒さんは

もうそれを克服しだしている、

のですね。



だからそれは強い!と私は思いました。



それで解説すると、根崎さんはこの投資心理学のこと

全部アメリカでCFG投資スクールで勉強してますから


以下のように書いてるわけです。




今回連絡をくれた上杉さんは、
自分とすごくしっかり向き合っているし、
勝てるようになる習慣を理解してきてますね。

何より、冷静に物事を見れています。

自分の状態や周りの状況を“俯瞰して見れる”人は、
早い段階でリアルトレードで勝てます。

最適な行動が取れるようになるし、
感情流されてトレードすることも防げます。



だから投資心理学のこの辺まで分かると、

根崎さんの言ってることがどんどん分かるようになりますね。


それでやはり自分がどれだけ駄目か?

を認めるのはとても心理的につらいことなんだけど、

それを受け入れる勇気がですね、


やはり稼ぐ力につながるってことです。


そんでそれがメルマガでよく書く

「自立心」であってそれが育ってくると

稼げるようになる、稼ぐのが当たり前の状態になる


資産が数千万円、数億数十億あって当たり前の状態になる

ってことです。


ちなみに若くして富豪になった人たちは

みな上記の心理状態を兼ね備えてるので、


そういう意味で金持ちの発言見たら、全部理解できますね。


それで毎回メルマガに書きたいことが多すぎて

長くなっちゃって恐縮ですが


ただそれくらい「自分で稼ぐ」って深い分野で

これが商い(トレード・投資)の世界ですね。


そういう意味で「器を広げる」ために

学ぶっていう姿勢だとうまくいきます!!


それで最後に宣伝ではありますが、

CMAのチャートマスターアカデミーの何がすごいのか?


というと実は今回の生徒さんだけじゃなくて

入った方の大多数がこのように


「自分と向き合いだしてる」ところにあります。


ちなみに他の教材見てください。


みな、稼げない自分を他に転嫁してる大衆ばかりだから。

これが依存心、なんだけども、

ただ日本の国是として依存心を強烈に作って

官僚が民衆支配するという流れですが


年金もそうですよね?

年金で老後は安泰です、国家が面倒見ますということで

老後を国家に依存するように子供のころから教えられるけど


このように依存心あおることこそが

民衆支配の方法なのであります。


だから依存は人類の敵。


けど少しづつではあるけど

投資という分野を通じて自立心をこうやって

つけてきてる生徒さんが出てきてるのはうれしい限りなんです。


メルマガやっていて良かったな~と私は思った。


それでCMAの良いところはずばり

「自分と向き合える」っていうところだと私は思います。


根崎さんとコミュニケーション取ったり

例えば履歴を出したり検証結果を出したりして

いろいろ自分の駄目な部分が

明らかになるので、


そこで神レベルトレーダーが相当的確に指摘しますんで

「うっ」となると思いますが

ただここで みんな最初稼げてない生徒さんたちも

自分と向き合って


それでようやく修正できるようになります。


こういう環境ってのは今の業界にはほぼないと

言えますから


そういう意味で貴重な環境であります。




自分と向き合うってのは結構難しい、

心理的な障壁があるものだけど


それができるようになって、初めて

「自分で稼ぐのは当たり前である」という

考え方が出てくるんです。


それでこれを自立心といいますが

それを教えられる人材は実はほとんどいないのが

現状でありますので


あなたが生涯武器になるその自立心を

身に着けたいということがありましたら


ぜひCMAチャートマスターアカデミーも

検討されてみてくださいね。






「自分で稼ぐ」というのは奥深いんだけど、

そこで器も作れるし、

そしてそこにこそ楽しみは見出せるだろう

と私は考えております。



そしてそこで築いた自立心は

FXや株やビジネスだけにあらず、

一生の財産になります。


そしてそれを生徒に与えるのが

洗脳ではなく

「世界基準の教育」であります。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【「まじめに検証」が一番近道。
成長できる環境はここにあります。
CMAはこちらから】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……73991/cma/


(【CMAチャートマスターアカデミーの特典は
こちらから】
⇒  http://chart-ma.com/td/y2tokuten/

【まとめPDF】4月~5月までの
膨大なメルマガの内容(FX中心)をPDFにまとめました!
⇒  http://fxgod.net/pdf/matome20190405.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★











コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください