無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【副島隆彦先生の最新言論から 「ばれ始めた月面着陸の嘘」を考える!】

2019 5月 24 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【副島隆彦先生の最新言論から
「ばれ始めた月面着陸の嘘」を考える!】
⇒編集後記で

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【超強力な特典3つが追加され

ありえない特典が5つ(さらに追加されて6つ)になった

神レベルトレーダー根崎氏のCMAはこちら】

⇒  http://chart-ma.com/td/y2tokuten/
(残り7日となりました。)



【2015年の音声対談2】
プライスアクション「ピンバー」について語る!
⇒  http://fxgod.net/onsei/cma2.mp3
(スマフォでもお聞きいただけます)


【2015年版の根崎×ゆう対談音声1本目!】
アメリカの講師150人が億トレーダーの
「CFG投資スクール」とはどんなところだったか?

⇒  http://fxgod.net/onsei/cma1.mp3



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




どうもゆうです!


読者さん、おはようございます。


さてさて、今「世界のネットが日本以外騒がしくなっています」。

ずばりそれはウィキリークスのアサンジさんが

いよいよ「アメリカの月面着陸は嘘である証拠動画」を

暴露して出しちゃったと。


ちなみに私のメルマガでも私はこの

「月面着陸はなかっただろう説」の副島先生の弟子なので

このことをよく扱ってたのですが・・・


まあ今までは「こいつ頭おかしいのか」扱いでした・・・


んが!ついに2019年の5月にその証拠のような

動画が出てきてしまったわけで

世界は大騒ぎであります。


副島先生が書かれていたから

見てみましょう!


編集後記で!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【音声対談♪】プライスアクション
「ピンバー」について語る!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


さて、告知ですが今度の5月27日月曜日に根崎さんが

主にテクニカル分析になると思いますが

WEBセミナーを無料でリアルタイムのチャートで行ってくれる

そうです!


かなり勉強になると思いますのでお楽しみに!



さて、4月から無料で神レベルトレーダー根崎さんから

学んでいただく企画をやってますが

めちゃくちゃ勉強になると色々と声をいただいております。


まあほんと、世界の基準を知る事で

私たちのレベルって上がりますし人生って広がるものですね~



さて、それで4月から2019年版の少し上級者向けの対談音声

なんかを流しておりますが、


もうそろそろ5月いっぱいで値上げなので

参考になれば、ということで


2015年の対談音声なんかも流しております!



それで今回の2015年版の対談音声では

上級者向けの2019年版とは

違って色々違ったことが話されてるのですが、


今回の対談音声は2015年に録音した2本目になりまして

ずばり「ピンバー」について色々話していますね!


あの手法を基礎としたやり方だけでも稼げる人がこの1ヶ月で

続出したのですが、


「なんで無料で公開しちゃうの?」と思う人もいるかもですが

その辺から話されてます!




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【音声対談】プライスアクション「ピンバー」について語る!
⇒  http://fxgod.net/onsei/cma2.mp3
(スマフォでもお聞きいただけます)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

前回の音声はこちら



【2015年版の根崎×ゆう対談音声1本目!】
アメリカの講師150人が億トレーダーの
「CFG投資スクール」とはどんなところだったか?

⇒  http://fxgod.net/onsei/cma1.mp3


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





ちなみに音声でも話されていますが

実はもう根崎君が業界に出てくる前までは


このピンバーなりのプライスアクションって

全然日本ではマイナーなものだったんですね。



グーグルなんかでもめったに検索に引っかからなかった

ものです。


ただ根崎君が出てきて「どうもアメリカではプライスアクション

というトレードのアプローチが注目されてるらしい」


ってことで理解されて

使う人はおそらく数千人レベルで増えました。



それで「なんでピンバーって使えるのか」というと

ずばり「早い」わけですよね。


インジケーターなんかでよく問題になるのが、

遅効性だったりして、


なかなか「遅い」わけですね。


インジケーターで判断して入ったところでは

「もう遅い」ってことが起こりまして、


一方ピンバーとかのプライスアクションってのは

ローソク足ですから

もろに価格がそのまま形成されて

すぐ反映されてるものですから


やはり早いので使いやすいってことですね。


インジケーターで入ってる人は「今から入ろうかな」と

考えてるとき、


プライスアクションで入ってる人は

「どこで利益確定しようかな」と

考えてるわけです。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【音声対談】プライスアクション「ピンバー」について語る!
⇒  http://fxgod.net/onsei/cma2.mp3
(スマフォでもお聞きいただけます)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





それで根崎さんからのプレゼントは

4月から色々送っておりますが、

以下のPDFにまとめておりますね!





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

PDF【今までお渡ししてる
PDFや動画や音声などのまとめです!】

⇒  http://fxgod.net/pdf/13technic……alysis.pdf

(PDFの中にそれぞれの動画や音声や電子書籍のリンクを
収録しております。)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



また最近お渡ししたささっちの動画



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【FX動画(後半)】
「勝率80%」のフィボナッチトレード手法を公開!
⇒  http://chart-ma.com/cma/201904……8sasada02/


(前半の動画はこちら)
⇒  http://chart-ma.com/cma/201904……8sasada01/



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





それで今回これらの内容を公開した理由ですが

特にピンバーなどのプライスアクションのことを

なんでここまで無料で公開するのか?っていうところで


根崎さんが単純に「喜んでほしいですね」

っていうところでおっしゃっていて


「あとはFXで稼ぐってすごい簡単だって言っても

みんなわからないから


実際に公開して検証してもらったら

勝てるからそれを体感で理解してほしかった」


っていう内容をおっしゃってます。







☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【音声対談】プライスアクション「ピンバー」について語る!
⇒  http://fxgod.net/onsei/cma2.mp3
(スマフォでもお聞きいただけます)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



それで今回上のPDFの内容なんかでも

色々学ばれて

「とりあえず月単位で(初めて)勝てるようになってきた」


なんて方からも連絡が入ってるわけですが


そう、実は稼ぐってのは原理原則に沿っていけば

本来は誰でもできること、なわけですね。


逆をいうと稼げていない人が多いってのは

それくらいみんな原理原則を無視して

勉強せず、独学でやってるっていうことです。



基礎からしっかりやれば稼げるという結構当たり前の

ことであったりもしますね!


それで稼ぐのは当然だけど

根崎さんの場合 月利50%とか普通に出しますが


月利10%前後というのは無料でできてくる

でしょうが


さらにそこで月利20%30%40%

というのを毎月ではなくてもかなりの頻度で

出せる「実力」をつけたい方なんかは


CMAが5月いっぱいまでは安い価格なので

見てみるといいですね~



【超強力な特典3つが追加され

ありえない特典が5つ(さらに追加されて6つ)になった

神レベルトレーダー根崎氏のCMAはこちら】

⇒  http://chart-ma.com/td/y2tokuten/






それで特典ですが以下のメルマガ6特典がつきます。






========================
   

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■■■■■■■■■■■■■■


【CMAのありえないメルマガ特典6つを公開!】


■■■■■■■■■■■■■■
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【特典1】検証済みの稼げるロジックプレゼント


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


アメリカの投資教育機関CFGを最年少で卒業してから、

今も現役バリバリのトレーダーである根崎が、

1000本2000本と検証を重ね完成させた、


現在も使用しているシステムを提供します。



CMAに参加した際にやってもらうことは
既にご存知だと思いますが、ご参加頂いた方には、
自分だけのシステム(トレードルール)を確立してもらいます。


FXを始めたばかりだと、投資の原理原則も分からなければ、
何が分からないのかも
よく分からない状態になることがあるかもしれません。

いざ、検証を始めたとしても

「失敗したらどうしよう・・」
「優位性はちゃんと見つけられるのか?」

と期待と不安で胸がいっぱいになってしまうと思います。

その不安や疑問を解消するために、
僕ら講師陣がメールやチャット、


セミナーでそこをサポートいくので
安心してくれて問題ないのですが

その不安を少しでも減らせるように、
僕の見ている画面を見せよう


「実際使っているシステム」を
提供してしまおうと考えました。


この検証済みルールの特典を
わかりやすく言い換えるするのなら


「今現在も儲かっているお店、
または会社をあなたに差し上げます。」
と言っているようなもので

普通、公開なんてされるものではありません。

かなりの数の検証を重ねたので、時間も労力もかかっています。
数十万・数百万の価値はあるんじゃないでしょうか?



でも、「これさえあればもう実践しなくてもいいじゃん!」
と思われてしまうのは本末転倒になってしまうので


僕が実際に使っているシステムをあなた自身が使い
資金が増える瞬間を目の当たりにしてもらい

「プロのトレーダーはこういう事をしてるのか!」
とリアルに体験・経験するためのものだと
考えて使ってください。



僕の見ている世界を実感することができれば、
あなただけの手法を導き出すことも
簡単になってくるはずです。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【特典2】独自のトレードインジケーター

ツールプレゼント!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





独自に開発を進めていた、
フィボナッチ数列でFIBを見て進めていく、
トレードインジケーターツール。

その名も「HSIツール」
CMAの教えるトレードでは、
勝率が低くても勝てる資金管理方法をお教えしていますが、

トレードの精度をより高めるために
開発された独自のツールです。

いま現在もなお、使い続けているうえに、
ここでしか手に入らないものになります。

価値としては相当大きいと思いますが、
今回は特別にCMAにご参加いただく方に差し上げます。

ぜひこのタイミングで手に入れてください。



※HSIツールについての説明はこちら参照

(写真説明付きPDF)
【FX】「必殺のフィボナッチと連動したHSIインジケーター」
とは何なのか?を暴露します!
http://fxgod.net/pdf/hsi_indicator.pdf






★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【特典3】根崎優樹と直接LINEでつながれる権利


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

根崎優樹の個別LINEも特典としてお付けします。

このLINEは会社で使っているものでもなく、
僕がプライベートでも使っているLINEを
そのままお教えします。ということです。


いくらノウハウが優れていても、
結果を出した人が多くいる塾だとしても
近い距離感で話せる環境は大切だと思っています。


長年教える立場をしていても、実践結果の報告は嬉しいですし
レベルの高いトレーダーになってもらいたい、
成功してもらいたいって気持ちは強くあります。

「最強のトレーダー集団を作りたい。」
その夢を実現するために包み隠さずに
公開していこうと決断したからですかね。

全員が全員同じ結果を出すことは難しいのは分かっているけど
せめて、関わる人たちは成功してほしいなって思うんです。

なので、行動は絶対にしてほしいですし
ダメなまま見過ごすことはイヤなので
たまに厳しいこともいいます。

だからあなたも遠慮なんてしないで、
僕にぶつかってきてほしいなと思っています。

エントリーしたいポイントや
マインド部分のことについての質問でもいいですし、
実践してみたことや、考えてることを共有してくれてもいいですよ。

CMAで成功してきた人はみんな、
環境をフルに活用しまくっていました。

寝ている時間帯や予定がある場合でない限りは基本返信しますので
どんどん質問・相談してきてください。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【特典4】CFG直伝の超手法

「1st ストライク」


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


僕がアメリカに渡ってFXを始めた時、
最初にスコットから教えてもらった手法。

1stストライク(ファーストストライク)
を特別にお付けします。

1stストライクは、サポートレジスタンスの
原理原則を利用してトレードを行います。

シンプルにお伝えするとサポートレジスタンスを
抜けて戻ってきたところで、
トレードする方法になります。

別名、「ブレイク・フック&GO」というのですが、
CFGでは1stストライクと呼ばれています。





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【特典5】プロ並みのトレードを簡単再現?

「リバーベンド」


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




「リバーベンド」とは移動平均線と
ローソク足の絡みを見る方法です。

この手法を使うとゴールデン/デッドクロスをする前に、
ゴールデン/デッドクロスするのが前もってわかるようになります。

普通ならゴールデンクロス発生でトレードしますが、
それでは遅くて勝てません。

なぜならトレンド初期で入ってるプロたちは、
ゴールデンクロスが発生するころには、
既にどこで決済しようか考えているからです。

でも、この方法を使えば、
プロたちと同じようにトレンドの初期に入ることができるので、
遅れをとることがなくなります。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【特典6】超手法の知識をさらに補強するための
「ケーススタディスライド」!160ページ


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


上記の超手法についてより深く学べる画像特典。


オージー円15分足の分析をケーススタディ形式で、
まとめたものです。

チャートパターンやファーストストライク、
ダウ理論をみてやっているものですので、

今回お付けしているファーストストライクを
より理解できるようになります。

DT-double to
DB-double bottom
HH-higher high(高い高値)
HL-higher low
LH-lower high
LL-lower low
FS-first strike・・・


などがまとまってますので

より知識を深めて実践に生かすための
ケーススタディとして活用いただけます。





【超強力な特典3つが追加され

ありえない特典が5つ(さらに追加されて6つ)になった

神レベルトレーダー根崎氏のCMAはこちら】

⇒  http://chart-ma.com/td/y2tokuten/



========================


以上です!!



ということでかなり特典が充実した

チャートマスターアカデミーCMAですが


いよいよあと8日でこの条件で入れるのも

終わりですね。


今後ここまでの条件で神レベルトレーダー根崎さんから

学べる機会は訪れないだろうと思いますから


特に前回のメルマガ募集からなんだかんだ4年経過して

再募集となってますが


今後それがあるかも不定なので

もし読者さんが欧米の投資教育機関の教育を

しっかり読者さん自身のものにしたいようであれば


チャートマスターアカデミーはベストな選択になること

でしょう。




それで今回の対談音声なんかが

まさに普段の根崎さんだな~っていう感じなんですが


入るとしたらこの神レベルトレーダー

根崎さんと二人三脚で

読者さんのトレードを作り上げていく形になりますんで



是非聞いてみて下さいね!










☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【音声対談】プライスアクション「ピンバー」について語る!
⇒  http://fxgod.net/onsei/cma2.mp3
(スマフォでもお聞きいただけます)



【チャートマスターアカデミーの
メルマガ特典詳細はこちら】

⇒  http://chart-ma.com/td/y2tokuten/

(大人気のCMAチャートマスターアカデミーは
あと8日で現行の20万円台から
34万8000円に値上げとなります。)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★










===========編集後記==========


さてさて、日本語圏では色々情報統制がありまして

なかなか知られていないと想像しますが、


今世界ではウィキリークスのアサンジさんが注目されてます。

なぜか??


このアサンジさんってのは色々諜報機関やら

内部からのリークをウィキリークスで公開してるすごい方でしたが


なんと彼がついに・・・


「月面着陸の嘘」を暴いてしまいました。


ちなみに「人類は月面に降り立った事はない。

それは壮大な嘘である説」ってのは

日本では私の先生である副島隆彦先生がオリジナルで


ずっと副島先生が言われていた事でした。


そして私のメルマガでもそれを引用したり扱ったり、

あとはそれについての情報を私はまた別経由で知ってしまったので

数年前から書いてました。


んが、やっぱり想定していたけど「ほんまかいな」とみんな

思うわけで、もう私は自分が馬鹿扱いでいいや、と。

割り切っていたのですが


ここでついに・・・

「ウィキリークス」がそれを暴露しだしたからもう大変。

日本語だと情報統制入ってますが、


もう英語圏だとすごい話題になりつつありますね。


さて、このことについて副島先生が書かれていましたから

見てみましょう!


副島先生を馬鹿にする人が「アポロ副島」とか馬鹿にしていた

けどやっぱり、人類はどうも月に行っていない。

トランプも

(あとは一部の日本人も)知ってる。



====================

そうですか、月面着陸は無かった、
が、ついに、大きくバレ始めました。感慨深い。 

投稿者:副島隆彦



副島隆彦です。 今日は、
2019年5月23日(木)です。


私は、5月16日からずっと、
米中貿易戦争(今や、その通りの激しい 
経済戦争になってしまった)の 

記事や情報を追いかけていた。 

他の 原稿書きの仕事もあった。


この米中貿易交渉を巡る 
目下の、世界的な政治紛争については、
このあと、数日したら、書いて載せます。

それよりも、 やはり 
「アメリカによる、人類の月面着陸
(1969年、から 6回)は、無かったのだ」という 
問題が、急に表に出てきた。

それは、この 重たい掲示板の、
下 ↓の「2403」番に、田中進二郎君が、
2日前の、5月21日に、貼り付けてくれたとおりだ。

(再度の貼り付け 始め)

重たい掲示板 
ジュリアン・アサンジ氏(イギリス警察に拘禁中)の
ウィキリークスが「月面着陸」の
映画撮影現場のフィルムを流出

投稿者:田中進二郎 投稿日:2019-05-21 03:51:17

https://youtu.be/qFUxM4SO2OQ


(貼り付け終わり)

副島隆彦です。 

 このユーチューブの動画は、先月、4月11日に、
ロンドンのエクアドル大使館に、

7年間、政治亡命(ポリティカル・アサイラム)していた、
ウィキリークスの主宰者の 
ジュリアン・アサンジが、

イギリスの政治警察に、襲撃されて、逮捕された。

この事態に怒った、ウィキリークスの同志たちが、
計画しておいたとおりに、大反撃として、

 「アメリカ政府の犯罪」を 世界中に知らせる、
として、予定通りに、公開したものだ。  

みなさんも、とくと、何度でも、じっくり見て下さい。


私が、この情報を知ったのは、この21日の、 
午後2時35分に、一本の電話を貰った時だ。


 「先生-。 あんたが、言っていたとおりだよ。
NASAのアポロ計画の 月面着陸は、無かったんだな。

たいした、もんだよ。

先生は。 今、ネットで、大騒ぎになっているよ。 

ユーチューブに、 ウィキリークスが、発表した、
「月面着陸の 撮影の 様子を撮した、動画が 出ているよ」 

 私、副島隆彦 

「ホントですね。 へー、そうですね。 
ついに真実が、明らかになったのですか。

それは、ありがたい。

私としては、自分がずっと言ってきて、
本にも書いたことだから、嬉しいです 」 

と言いながら、


横の助手が、PCを開いて、そのユーチューブの画面を、
私も見た。見ながら、電話してくれた相手と、話し続けた。

 「せんせー。あんたは、偉いよ。 やっぱり、月面着陸は、
ウソだったんだな。アメリカは、よくやるねー、
こんなことを。

50年間も、オレ達は、ずっと騙されていたよ。

私たちの間では、副島先生が、ずっと、
アポロ計画は、捏造(ねつぞう)だ、言うから、

そのことで、ずっと、話題になっていたンだ。

そんなはずはないよ、アメリカはちゃんと、
宇宙飛行士たちを月面着陸させているよ。 

副島先生は、こればっかりは、
どうも信じられないよ、と、みんなで、言っていたんだ。

 私「副島隆彦は、キチガイだとか、
妄想癖(もうそうへき)だとか、書かなきゃいいのに、

あんなこと。講演会でも、ずっと、言ってたからな-。 

信用を無くすだけなのに、と、皆さんで、
私のことを言っていたんでしょう」

Mさん「そうだよ。 みんなで、副島は、
キチガイだ、バカだ、と、言って盛り上がっていたんだよ。

オレもさんざん、言ったよ。

でも、やっぱり、NASAは、行ってなかったんだ。
出来るわけ無いよなー、月面着陸なんてさ。

考えてみれば、そうなんだよ。

センセーは、それを、
早くから見抜いていたんだから、たいしたものだよ 」 

と、 その人は言った。

 この人は、大金持ちの、お医者様で、
投資家としても相当の腕のある、本当に頭のいい人だ。

そして上品な紳士だ。私は、この人を尊敬している。 

日本にも、こういう本当に、スマートで、
シャープな頭をした、ずば抜けて頭のいい、
秀才がいるものだ。


私は、こういう鋭い、頭のいい、人たちを、
自分の 金融本 や歴史、政治思想 本の読者として、
全国に、数万人、抱えている。

 それが、私、副島隆彦が、30年掛けて、
営々と作ってきた自分の信用だ。自分の実績だ。
この 実績だけは、今も壊れていない。 


人間の価値(値段)は、その人が、
努力して築き上げてきた、信用と実績だけだ。 
この実績でしか、人間の 値段は、測定できない。


本物の男たちは、相手を見るときに、
その人の実績しか、見ない。

それでしか、相手を判定、判断しない。 

このことが、分からない、そこらの、ひよこ 
のような、値段のない人間たちは、少しは、
恥じ入らなければいけない。

いい歳をして、自分の実績を持たない者は、
「人間は、皆、平等。生まれながらに平等 」などと、
言っていてはいけない。


それは、人類(人間)を、増長させて、
我が儘(まま)にして、思い上がらせるための、策略だ。

 私は、この電話を貰ったあと、
重たい掲示板の、田中進二郎くんの、この 投稿文の、

ジュリアン・アサンジが、主宰する、ウイキリークスが、
公開して、YouTube に載せられた、
世界中の、感覚の鋭い人たちが、共有している、

真実の言論、真実の情報の ネットワークを、
私なりに調べた。

すると、世界中の主要なメディアは、
5月23日(水)時点で、
どこも、「人類の月面着陸は、捏造であった」の、
記事も、評論も出していない。


彼らは、またしても、押しつぶす気だ。

世界中の主要メディアの、民衆支配のための、
「報道、言論機関」どもは、

ウイキリークスの、ジュリアン・アサンジたちの 
世界真実メディアの、闘いを 無視して、
このまま、黙殺、封殺する気だ。 

私、副島隆彦は、また、これからも、
このあとも、厳しい持久戦(じきゅうせん)を
続けなければいけないことを、覚悟した。

 私は、「ああ、よかった。ようやく、大きな真実が、
白日の下に晒(さら)されて、人類が、

すべてで、アメリカ政府が、50年前に行った、
犯罪である、人類の脳を騙し、

人類に、大きな愚鈍と、不正を押しつけた、
宇宙計画のウソ(出来もしないことを、
やったと、言ってしまった)が、暴かれた。


私が、まだ生きているうちに、大きな真実が、判明した」
と、一瞬、喜んだ。が、これも、ぬか喜びだった。

 私たちの日本国なんか、
世界の端(はし)っこの、


ほんの一部(それでも、1億2千万人いる)だから、
世界が先に変らなければ、

日本から、真っ先に変ることは出来ない。


日本人は、世界の動きを追いかけて、そのあとを、
ついて行く人たちだ。


だから、世界言論、世界メディアが、
ひっくり返らなければ、

日本から、率先して、大きく前進することはない。出来ない。


と、私、副島隆彦は、ずっと、書いて来た。

だから、世界メディアが、ガラガラ、崩れないと、
日本からは、まだ、

この虚偽、捏造(hoax ホウクス と言う。
人をかつぐこと、騙すこと)の崩落(ほうらく)は、
どうせ起きない。

 それでも、今、おそらく日本で百万人単位で、
この虚偽への 疑い、懐疑、疑念が、気づかれて、

そして、それが、300万人、
1千万人に、なりつつある。


そのことを、私は、日本でこの問題を
領導、牽引してきた者として、
がっしりと、実感を込めて、受け止めている。

 臆病者たちは、後(うし)ろから着いてくる。
彼らは、権力者や、支配者たちに逆らわない。


逆らったら、自分が、
ヒドい目、イヤな目に遭(あ)わされる、と分かっている。


だから、「(丁度)50年前
(1969年7月20日だから、
あとすこしで50年だ。50周年記念だ )に、

アメリカのNASA(米航空宇宙局)がやったことにした、
アポロ計画の飛行士たちの 月面着陸、

そして、無事、帰還、というのは、
ウソ、やらせ、捏造だったんだってさ」と、 

皆で、言い合うのは、もう少し先だ。 

それなら、それでいい。 


だが、この時期が、かなり、早まってきた。 

あと、半年も持たないだろう。

あの、正直者の、暴れん坊の、トランプ大統領は、
今や、独裁者に近い。 


何でも、自分で、決める。閣僚たちの首なんか、
自分に逆らったら、いくらでも切り散らかす。

 トランプ大統領は、言うだろう。 


「ああ、月面着陸は、ウソだったんだってな。

私は、大統領になった時に、

そういう申し送り事項で、


代々、大統領が引き継ぐ、国家秘密の中に、

このこともあって、そのように、事務官僚から、

ご進講(しんこう)されたよ。 


だけど、もう、こんなウソをついていては、

いけない。あれは、ヤラセだった。


アメリカ政府が、世界中の人々を、騙したのだ。

今の政権担当者として、私は、謝る(ペコリ)。

以上終わり」 と、やるだろう。


トランプは、そういう男だ。


それで、それで、あとは、どうなるのかな? 


「アハハ、いやー、悪かったね。長いこと、騙して。
あの時は、アメリカとしては、ソビエトとの、
宇宙開発競争、宇宙核兵器競争があって、
仕方がなかったんだよ」 と、なるだろう。

トランプは、

「だけど、まあ、ケネディ殺し の件は、まだ、
表に出せないけどな」と、口には出さないが、
そういう顔するだろう。 


それは、あと、半年ぐらいのことだろう。


 世界というのは、そういうもんだよ。 


人間(人類)という愚かな生き物(動物の一種だ)と、
私、副島隆彦は、
達観、諦観(ていかん)しているから、何も、動じることはない。

 それよりも、私の敵たちだ。


、私が、ここの 学問道場で、
この「どうも、アメリカのNASAのアポロ計画の 
1969年の、人類の月面着陸は、なかったようだ」と、

書き始めた、2003年 の 4月29日 だ。 


あのあと、激しい、非難と攻撃が、
私たちの学問道場のこのサイトに押し寄せた。

もの凄い攻撃だった。

コンピュータ・ウイルスを送りつける攻撃もあった。

それは、IPアドレスで、追跡したら、
東京大学や、大阪大学からのものも有った。

 それらの、IP(アイ・ピー)アドレスは、
よしなお君が、採集して、それらは、今も、

私が、翌年(2004年6月刊)書いて出した
『人類の月面着陸は無かったろう論』(徳間書店刊)に 
載っている。 今からでも、この者たちは、恥を知るべきだ。

 私が、この、謀略人間たちを、許すわけがない。

あとは、「とんでも本(ぼん)学会」を名乗る、
アメリカのCIAの手先ども、だ。 

お前たちの名前も、素性も、表現者として、
文章を書いている者たちは、すべてファイルしている。

 私が、自分から、出掛けて行って、
問い質(ただ)した

JAXA(ジャクサ。まだ、NASDA ナスだだった)の連中は、
アメリカの手先を、忠実に、従僕として
やっている連中だから、真実を知っている。 


ただ、少年時代から、「宇宙への夢」で、
「僕は、宇宙物理学者(うちゅうぶつりがくしゃ)になるんだー」で、
目出度くなって、勉強秀才たちだから。

 それで、やっていることが、
「月面着陸は有ったのだ」と、いう キャン-ぺーンを張って、

それを疑う者たち(私、副島隆彦は、その中心的なひとり)を、
押え付けて回る係りをやらされている。


ほとほとイヤに成り尽くしているはずなのだ。 

「こんな、ヒドい、ウソつきの片割れ、
片棒担ぎの仕事をしなければならないなんて、
哀れなものだ。オレの人生は何だったんだ-」と 

しょぼくれているだろう。何百人も。

 そして、一番、打撃を受けるのは、
やはり日本でも、理科系の人間たちだ。


大学の理学部(りがくぶ)や、
工学部で、数学や、物理学を、死ぬほど勉強して、
頭のいい人の認定を受けて、


それで、やってきた自分の人生だ。


「月面着陸は無かったのだ」と、気づいたときに、
彼らの頭は、混乱する。混乱では済まない。

本当に、脳がズキズキして、壊れそうになるだろう。

 自分が長年、堅く、信じ込んできたことが、
本当は、ウソだった、でっち上げだった、
ということになると。自分の脳(頭)が、壊れそうになるのだ。 


このことを、私は、よーく、分かっている。  

 私、副島隆彦に、襲いかかって、
「お前は、キチガイだ。頭がおかしいのだ」と、
本気で、キチガイ扱いした者たち自身に、

自分に、今度は、この刃(やいば)が、向かってくる。

 さあ、大変だ。 

そして、副島隆彦は、彼らがのたうち回る様子を、
じっと見ながら、次のことを、あれこれ考える。 


愚か者たちは、そうやって、自滅して、
消えてゆけばいいのだ。 


自分自身が、洗脳
(せんのう。マインド・コントロールあるいは、
ブレイン・ウオッシング)されていたのだと、

気づいたときに、人間は、どういう態度を取るか、
だ。じっくり観察させて貰う。

 こういうことも、実は、すでに、上記の 

15年前の書いた拙本『人類の月面着陸は、
無かったろう論』に、私は、書いている。 


すべて見通して、予(あらかじ)め、早くから見抜いている。

 その他に、生来、頭があまりよくない文科系の、
それでも、世の中を、適当に、柔構造(じゅうこうぞう)、
で、お笑いの対象に出来て、


「オレもさあ、頭がよくなくて、
バカなんだけどさー、それでも、これはないよねー」と、

面白(おもしろ)可笑(おか)しく生きて来た、
それなりに、生き方上手の人たちが、
どういう反応を示すかだ。

 「ほーらね。私が、思っていたとおりだよ」と、
急に、この生き方上手たちは、態度を変えて、
次の大勢(たいせい)と、体制(たいせい)に、

さっさと自分の体勢(たいせい)を変更するだろう。

そういう、生来、こずるい連中なのだ。
そういうもの、山ほどいる。 

 理科系の 石部金吉(いしべきんきち)たちが、
「この世の、真実とは何なのだ。もう、何も信じられない 」と。

のたうち回っている、すぐ横で、
この手の、生き方上手たちは、鮮(あざ)やかに
自分の態度を翻(ひるがえ)す。 


お前たちも、バ,,カヤローどもだ、と、
予(あらかじ)め、私、副島隆彦は、はっきりと言っておく。 


私の目の前に、この手の人間が、表われたら、
一瞬で、見破って、(言論で)刺すから、覚悟していなさい。

 それから、私、副島隆彦の本の読者、
そして、学問道場の会員たちだ。

あなたたちは、私や弟子たちと、同志で有り、
冷や飯(めし)食いの、あまり上手な生き方も出来ず、
あれこれ、不器用に、生きて来た人たちだ。 


それが、副島隆彦の同志たちだ。 
だから、今度の、月面着陸問題が、
満天下(まんてんか)に、明らかになったら、

皆で、お祝いをしましょう。

皆で集まって、おおいに酒宴を張ろう。 
何百人で、集まって、講演会用の場所で、
お酒は飲ませてくれないだろうから、

コソコソと、それなりに、賑やかな、
集まりを工夫して、開きましょう。

 地味(じみ)に、しかし、盛大に、盛り上がってやりましょう。 

 東京に集まるだけでも、電車賃(交通費)が、
かかって仕方ないから、その本気の集まりは、

私たちが、一生に一度の、緊急事態の、
決死の覚悟で集まる、時のために取って置きましょう。

一生に一度の大事件の時に、集まりましょう。

 たかが。 どうやったって、
人類は月には行けないよ、あと300年ぐらい
掛かるんじゃないの、という、バカみたいな、

どうでもいいような事に、本気になる方が、
実生活の苦労を知らない、頭でっかちの、
知識、言論、思想 の勉強が好き人間という、

元々そんなには、いない人間たちだ。私たちだ。 

 それでも、私たちは、ひたすら
、「大きな枠組み の中の真実を、明らかにする。
意図的に隠されてるものは、暴き立てる。
徹底的に、遠慮会釈なく、容赦しないで、暴き立てる」と、

決めた人間たちだ。 恐いものなんか、何もない。

私たちが、怖れるのは、
真実、そのものの 本当の諸相(しょそう)だけだ。

そうだ。 今日のぼやきに、 よしなお君が、 
来たる6月30日(日)に、
定例会(自力での講演会)を行う、開催する、
と 宣伝、公示しました。

(貼付け ここから)

・2019年 6/30(日)「学問道場」定例会
『「絶望の金融市場」
及び「国家分裂するアメリカ政治」発刊記念講演会』

講師:副島隆彦、古村治彦、中田安彦
開催日時:2019年6月30日(日)12:15~
会場:JR「田町」駅 建築会館ホール

・上記定例会のお申し込みは、コチラ↓
http://snsi-j.jp/kouen/kouen.html

(貼付ここまで)

 皆さん、来て下さい。そして、そこでも、
「月面着陸問題」も、私は、あれこれ、たくさん、します。

思いの丈を全部、ぶちまける覚悟で、
話します。集まって下さい。皆で、盛り上がりましょう。

 ところで、「人類の月面着陸」の
「有ったか、無かったか (有無)」という問題の立て方を、
この地球上で、初めてしたのは、この私だ。 


それまでは、アポロ計画は有ったか、無かったか、
という不正確で、誤解を招く言い方をしていた。 

それで、今でも、私、副島隆彦は、
「ああ、あのアポロの人。アポロは、月に行っていない、
というおかしな事を言っている人ね」と、 

「アポロ副島」と、一般には、呼ばれてるらしい。

 しかし、正確には、
「人類の月面着陸は、有ったか、無かったか問題」という。

このことを、私が、前記した、
本、まさしく「月面着陸本」で、はっきり確定した。 

だから、以後、そこら中で、新聞記者たちや、
テレビ局までが、「月面着陸は・・・」と言い出したら、


それは、私、副島隆彦が、確定したコトバなのだと、
皆さん、注目していて下さい。

おもしろい事態が、これから、
どんどん頻出(ひんしゅつ)するだろう。

 さあ、取り敢(あ)えず、これだけのことを、
私は書いておいた。このあと、何が、続いて起きるかだ。 


私は、言論諸売人だから、
「月面本」(これが、略称)の 第2巻目、
あるいは、続編、を、
急いで書き始めるべきなのだろうか、と、今、自問した。

 私の弟子の 田中進二郎くんが、下 ↓ に、
 続けて「2404」番で、

スタンリー・キューブリック監督が、
死ぬ間際(殺される前)に、若い映画監督に、
真実を話した 会話も、続けて載せてくれた。ありがとう。

副島隆彦拝



====================


以上です!!


それで私の読者さんに関しては、

現代の技術で月面着陸なんてできるわけないんですよ、

っていう話は結構扱ってるんで


特に驚くべきことでもなく

とりあえずまあ人類の月面着陸が本当にあった

という主張はキツイな~~という話で


納得。という感じでしょうが、


まあ以前書いた話、たぶん読者のきっと数%しか信じてくれなかった

だろうけど


もう大体の読者は理解してくれるだろうと思います。


ちなみに以前書いた事ですが

実はこの月面着陸していないってのは色々政治の問題が

絡むアメリカの威信問題だからタブーに近い話なんだけど


実はですね、自民党の幹部なんかではそれ常識なんだ

って話も以前書きました。


以前に投資家の集まりがあって、みんな億は稼いでる集まりで

そこに出たとき私が聞いたのがちょっと名前書けないけど

M&Aのスペシャリストの方で、


彼がこれまた自民党の名前書けないくらい有名な人
(安倍じゃないですよ)

とまあかなりよく飯食ったり飲んだりしてるわけですね。


サラリーマンだと政治家とか官僚とのつながりなんて

全然ないものだけど


自営業はどうしてもそっちとの接点が増えるわけです。

んでこれ、当時聞いたのが

その自民幹部の人が酒の席で結構副島先生が書いてる話

そのまんまの話、を言ってるわけですね。


行ってるはずねえんだ、と。

だから自民の下っ端の議員は知らないけど

上の幹部あたりはたぶんぶっちゃけみんな知ってる話です。


ただそれを大声でいえないのが
日本の政治家の限界なんですね。


それでこれはまた別方向の話も書いた事あるけど

その上の社長さんがですね、これまた人脈広くて

以前に「人類の月面着陸は本当にあったのか?」っていう

テレビ番組が作られたんですね。


ちょっと伏字ばかりで申し訳ないけど

ビート・タ○シっていう大物芸能人が司会やった。

某、地上波で流された。


んでここで スタッフたちが、アメリカに突撃取材行くわけです。

そんで最後に「人類が月面着陸に行ってないかもしれませんね。

けどこの番組自体はエイプリルフールの嘘でした」


くらいの閉め方をとりあえずしたと思います。


だからまあ朝○系列の人はこれ知ってる話なんですけどね。


それでその社長さんがなんとその番組の制作のトップと

かなり近い友達で、やっぱりですね、ディレクターとかも

プロデゥーサーも「ヤバい番組になってしまった」というのは


実はアメリカロケ中に気づいたって聞きました。


実際にディレクターさんがアメリカで関係者を

当たるんですね。


が、これがテレビでは放映できなかったけど

「すごいヒステリックな反応」だったらしい。

しかも関係者全員。


んでもうそこでスタッフたちが取材重ねるうちに

最初はスタッフたちも「月面着陸していないはずないだろ」

と思ってアメリカに行ったらしいけど


取材するうちに「わかって」しまったんだと。

ただこれをビート○ケシさんにそれを言わせるわけには

いきませんから


とりあえずエイプリルフールの冗談でした、

みたいなそんなあいまいな閉め方にしたんだって感じですよね。

ただスタッフさんたちやディレクターはどうしても

これ他人に黙ってられないですからね、


結構これ、関係者の間では口コミで知られてる話で

私の場合はネットじゃなくて直接社長さんから聞いたって

話は以前書きましたよね。


まあだから、そういうことなんですね。

んで晴れて本当にそれが今月表に出てきたと。


んでまた私はさらにほかの情報源もあって

実は以前にNASAに勤めていた人と交流があった。


私が外国人とよく日本で接していたのは書いたけど

これ面白くて東京には 政治経済討論とかする

外国人と英語できる日本人が集まるような場所が

以前あって、私はよくそこに行っていたんだけど。


んで今思うと面白くてノルウェーの時々書く

ウィキリークスのスウェーデンバージョン作ってる方も

そこにいた。

しかもなんと・・・(笑)


そこにNASAに勤めていた方もいたんですね。

名前書けないけど。


ただこれ覚えておいて損はないけどNASAの人は

自分からNASAにいたとは言わない。


私の先物投資家のそこに出ていた友人が彼と相当
仲良くて、

家に行って NASA関係のもの を発見して

問い詰めたら実は彼NASAで働いていた人だった


というのがわかったってことですね。


学歴はまあすごい学歴の人でしたが

職歴も「なんでこんな大企業を渡り歩けるのだ」

という人だったけど


さらに日本人は英語話せないのに、

彼は英語のアクセントが日本のアクセントじゃないんだ。


だから私は「変な不思議な人だな」と思っていたけど

まあ元NASAだった。


それを知って「なるほど、だからか」と色々

納得する点があった。



んで それを彼に聞いたら「なんで知ってるの?

あ、お前(先物投資家)が言ったのか。

おい、言うなよ」


みたいな感じだったんだけど

結構ガチ切れしてたんだけど


まあこれ、結構面白いじゃないですか。


元NASAなのを隠していてそれがバレちゃった

シチュエーション。


それで私はそのときはまだ上の社長の人脈なかったから

副島隆彦の月面着陸なかった本読んでただけだったから


彼に聞いたんですよ。


「人類が月面着陸行ったのって嘘ですよね?」

って。


んでこれがすごくてですね、

人間って

話しかけたら何かしらYESかNOを言うじゃないですか?。


けど私は人生で「初めてのコミュニケーション」を経験したけど

その彼・・・


私が上のように聞いてるのに

「そういえばさ~~○○(先物投資家)くん

今度さ~~」


と、「聞こえないふり」するんですね。

ただご存知私の声って相当大きい声で


間近で話して聞こえないはずがない。


ただ私も何度も彼に

「月面着陸してないですよね」

って聞くんだけど


これ3回くらい聞いたけど本当に

YESもNOも言わないんで

全然違う話をするんです。

「文脈」を会話の中に一切作りたがらない。



すなわち私はそのとき悟ったけど

「彼は、月面着陸関係では そのことについて

YESもNOも言う事を許されていなくて

そのことについて 会話を重ねる事「自体」

を禁じられてる」

ってわかりました。


NDAがNASAとの間であるんだな・・・と

私は気づいたのですが、


まあそういうのをメルマガで書いてきたけど

ほら、行ってなかったとなります。


ちなみに当時私が感じたのは

「彼は常に会話を盗聴されてるような前提で話してる」

ってことで、


元NASAの人は色々制限があって大変そうだった。

RFIDチップとかで元社員たちの会話とか機密情報を

文字化して管理するなんて話は以前聞いたことがあるけど


本当にそういうレベルなんだろうと思います。

逆にNASAってすごいなと思ったものです。


だからそこで私と その あるかないかについての

議論さえ、NGだったんだと思いますね。


ただ世の中ってそういうのが面白いって話で

メルマガに書いていたものだけど


もうこの月面着陸論については

ロシアなんかだと信じてる人のほうが少ないそうですから


日本がそうなるのも時間の問題でしょう。


ただ日本の若い理系のある程度の偏差値の学生は

おそらく誰も信じていないんでしょう。


だからよく「常識疑いましょう」と書きますけど

常識って嘘ばかりで義務教育なんて洗脳なんですね。


それで今回のウィキリークスのリークに関しては

主流メディアが「そんなの馬鹿らしい」くらい書いて

否定してほしいところですよね。


けどそれさえ書けないで「触れたらまずい」となってる
ところで

私たち察するのが世界一得意な日本人は

察する。



ただこれは、例えば読者さんの友達に

真正面から月に行ってないというのを主張すれば

やはり馬と鹿さんだと思われますから

そこは言う相手を選ぶ姿勢も大事です。


ただある程度情報あるお金あるずる賢い事業者たち、自営業者たち

あとは政治家である程度長い幹部とかになってる人間は

みんなこれ言わないだけで知ってるから


酒の肴になりますね。


ちなみに私の経験ですけど

私はこの副島先生の人類月に行ってないよっていう話を

宇宙のことが大好きなオーストラリアの友達に

説明したら 「めっちゃ怒られた」経験あります。


「いや、だから人類の今の技術じゃ行けないんだって。

飛行機乗ってみなよ。たかが数百キロの着陸でさえ

あんな ズゴゴゴゴとしか着陸できない技術で

どうやって月に突っ込んで減速して着陸できるのさ。


そもそも地球出るとき放射線耐えられないでしょう人間は



とか色々言ったらぶち切れられたことあります。


ただ彼もこのニュースはきっと今月、

日本かオーストラリアで

見ているから、

今は察してるでしょう。


ただやはり人類が月に着陸したってのは

話として夢はありますからね、


やはりそれは壊されたくない人もいるから

その辺は話す相手を選べばよいわけです。



例えば日本の女の子が大好きなネズミーランドってのは

当時SRIインターナショナル(アメリカの軍事会社)が

絡んで


軍事プロパガンダを最大限に使って

新米感を醸成する目的があった、


なんて彼女とネズミーランドに行った時に話したら

嫌われますから


それは相手を選ぶのが賢明なのかもしれません。

それが「うまい生き方」です。


が、あえて上手い生き方をしない、副島先生みたいな

正直な人がこうやって書いてくれてるわけですから


私たちはそれを受け止めて

真実を知っていくってのは大事ですね。



ということで世の中は基本的に嘘だらけなんだけど

学ぶ事でそれが見破れるようになって


ようやく「現実」が見えてきて

なんとか生きられるようになります。


それでトランプ大統領ってのは

平気で今までアメリカが積み上げてきた嘘を

暴露しちゃう人ですから


おそらくこの話も彼の軍産官僚と戦う材料になりますんで

やっぱりトランプ王国はこれからも続きますね。


そもそもトランプとウィキリークスのアサンジは

仲良しですから

わざとアサンジに圧力かけて

これをリークさせたようにしか思えない。


そういう意味ではトランプ大統領は私は応援するけど

軍産官僚から見たら

とんでもない狸です。


それで中国の諜報機関はこの情報知ってますからね、当然。

だからやはりアメリカと中国は本気で戦っても

結局長期で中国が勝つ状況になっているってことです。


ただ今までの洗脳、プロパガンダがばれてきてるのが

今の人類の状況で


次のステップに人類が進めればよいと思います。

では!




追伸・・・けど本当にアメリカがばらされたらマズイ情報が

金塊はほとんどアメリカのフォートノックスの地下金庫に

入っていないってことです。


ただそれをトランプは2016年の選挙中に

言及してしまってるんですね。


トランプは明確に任期中にアメリカの覇権を

自爆的に破壊していく大統領であるともいえます。


それで今回は自分で言わないで、

自分が圧力をわざとかけて、

ウィキリークスのアサンジにそれをリークさせた

っていうところが


トランプのやり方ですね。


そして何よりもアメリカのすごかったところは、

この「プロパガンダ力」があったわけですね。

数億人の人に嘘を信じ込ませるプロパガンダ力。

これがアメリカが帝国といわれる所以です。


が、今回のリークはそれが弱体化してきたのを

象徴するわけで、すなわち200年続いたアメリカ帝国支配も

いよいよ私たちが生きている間に変化します。


日本でいくら官僚たちが「USA!」って曲を流行させるために

画策してもやっぱりそれらはばれてくるわけでして


中国人で爆買いする人はいてもアメリカ人で爆買いする人は

めったに私たちは見ないわけです。


だから自分の目で見たところから素直に考えるのが大事。


では!





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【超強力な特典3つが追加され

ありえない特典が5つ(さらに追加されて6つ)になった

神レベルトレーダー根崎氏のCMAはこちら】

⇒  http://chart-ma.com/td/y2tokuten/
(残り7日となりました。)



【2015年の音声対談2】
プライスアクション「ピンバー」について語る!
⇒  http://fxgod.net/onsei/cma2.mp3
(スマフォでもお聞きいただけます)


【2015年版の根崎×ゆう対談音声1本目!】
アメリカの講師150人が億トレーダーの
「CFG投資スクール」とはどんなところだったか?

⇒  http://fxgod.net/onsei/cma1.mp3



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



«  【副島隆彦先生の最新言論から 「ばれ始めた月面着陸の嘘」を考える!】  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください