無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【トランプの中国への高関税率の挑発と、 北朝鮮のミサイル発射のつながりについて考える!】

2019 5月 09 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【トランプの中国への高関税率の挑発と、
北朝鮮のミサイル発射のつながりについて考える!】
⇒編集後記で
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




どうもゆうです!
こんばんは!



さてさて、ドル円の円高ですがなかなか良い感じで

進みましたね~


世間的にはドル円がすごい下落して「ふんぎゃ~~」って

なってる人が多いですが


私の読者さんはちゃんとショートできている人が多いようで

トレーリングも検証の上、

練習されてる方なんかもいらっしゃいますね。


さて、それでここ最近の大きな世界の動きも一応

フォローしていきたいと思います。

それで書きたい事が山ほどあるんだけど

いつもながら長くなりすぎちゃうんで


今日は

【トランプの中国への関税挑発と、北朝鮮のミサイル発射のつながり
について考える!】

について書きます!

これ、別の事象として日本では報道されてるけど

実は裏でトランプのシナリオとかなり合致してるところが

あるんですね。


これは見ておきたいところですので編集後記で!





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

   
【対談音声4本目レビュー】「生徒ひとりひとり個性がある!」


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


さてさて、昨日いよいよ

神レベルトレーダーとの対談音声4本目を公開しました!

またCMAの特典3つを全部受け取れる人数も

GWあけてかなり少なくなっていて

今日の時点で残り4名となっておりますね~



それでこちらの根崎さんとの対談音声4本目は

ずばりチャートマスターアカデミー、CMAの詳細や

実際にどんな運営されているのか??


みたいな話が暴露されているので、


今検討されてる方はかなり参考になると思いますね~





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【神レベルトレーダー×ゆう 対談音声4本目!】



【神レベルトレーダーの「理念」とは?】
⇒  http://fxgod.net/onsei/godfx4.mp3


【CMAチャートマスターアカデミーはこちら】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……73991/cma/

【CMAゆうメルマガ読者特典の詳細はこちら】
⇒  http://www.chart-ma.com/url/yuu/cma/def/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





また、以下が今まで配布した対談音声3本目までになりますので

こちらも参照ください!







★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【神レベルトレーダー×ゆう 対談音声1本目!】



「神レベルトレーダーが実戦で使える
プライスアクションを「無料で」暴露してます」
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……41/godfx1/




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



【神レベルトレーダー×ゆう 対談音声2本目!】


欧米の投資教育機関の常識は日本の非常識。

「裁量トレードのシステム化」とは??
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……41/godfx2/




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




【神レベルトレーダー×ゆう 対談音声3本目!】


「え?ここまで使えるロジックを暴露しちゃうの?】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……41/godfx3/
(スマフォでも聞けます!)




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【神レベルトレーダー×ゆう 

3大特典についての対談音声】


「ありえない3大特典」がつきました!

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……x_tokuten/




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆






それで今回はCMAの色々な話がされておりまして

結構貴重な音声だと思います。



それでまずCMAアカデミーの基本的なことが解説されていますが


・チャットワークでのサポート、

・参加者で作っていく実践記

・WEBセミナー毎週2回

・月に2回、東京と大阪での対面の勉強会、

・その後の懇親会・・・


などが現在CMAがやってることですね~



ちなみに、こちらの音声では言われていないですが

他にはオプションで


「定期的に根崎さんと泊まって合宿」とかも

やっていたりしますよね。



それであとは時々「トレードバトル」なんかもあって

ここで生徒さん同士でストップは2%までとか決めて


それでトレードでどれだけ結果が出るか?の

バトルなんかも最近は開催されていて結構盛り上がっているのが

CMAアカデミーです。



それでWEBセミナーは「メイン平日で週2回」ありますんで

これは根崎さんの回とささっちの回があったりして


毎週開催されているのでこれが相当勉強になります。


実際に動いてるチャートを使って説明して

時にはそこでデモトレードみたいな感じで一緒にトレードしたり

とかもあるわけですので


まあちゃんと毎回参加してる人はやっぱり

利益出る人多いわけですね。



それは当たり前で億トレーダーたちと同じ視点を

日足とか4時間ベースで持ててしまうから・・・

まあ当たり前なんです。




それで


・月に2回、東京と大阪での対面の勉強会、



というのがありますが、


これが実はGW中にお渡ししたこちらのセミナーですね!!




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【根崎さんのFXセミナー動画(前半)を初公開します!】


⇒  http://chart-ma.com/cma/201902nezaki01/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

      
【根崎さんのFXセミナー動画(後半)を初公開します!】

⇒  http://chart-ma.com/cma/201902nezaki02/
(前半は下にリンクがあります)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


■ CMA勉強会2019年2月東京セミナー動画



【セミナー動画前半!】

「サポレジを極めると家が買える」を実践した
もう一人の億トレーダー講師ささっち
⇒  http://chart-ma.com/cma/201902sasada01/


【セミナー動画後半!】
「サポレジを極めると家が買える」を実践した
もう一人の億トレーダー講師ささっち

⇒  http://chart-ma.com/cma/201902sasada02/



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

<動画>【FXで稼げるようになった生徒さんが
セミナーをしてくれました!】

CMA勉強会2019年2月東京:大室さん(前半)
⇒  http://chart-ma.com/cma/201902omuro01/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

<セミナー後半動画!>
【FXで稼げるようになった生徒さんの独自戦略とは?】

CMA勉強会2019年2月東京:大室さん(後半)
⇒  http://chart-ma.com/cma/201902omuro02/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




こういうセミナーが東京大阪で毎月行われていまして、


さらにそれだけじゃなくて、やはり

遠方でこられないっていう方もいらっしゃいますので


上記のように録画をしてますし、


さらに、WEBセミナーが週2回ありますから


「どっぷり学ぶ」環境になりますね~



ちゃんとWEBセミナーとか毎週視聴して、という条件は

つきますが、


相当未来のあなたの成長につながると思います。

今1ヶ月間以上学んでる方に関しては ちゃんと習慣的に

学ぶ姿勢がある人だからその辺は心配ないかな?と私は

思ってます。



それで毎週のWEBセミナーは世界のどこからでも参加できますが

やはり「対面も大事」ってことで東京大阪で毎月根崎さんが

セミナーやってるわけですが



その後に懇親会もやってるんですね~


この懇親会の様子はこの動画です!



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【動画】CMA参加者達による座談会
http://www.chart-ma.com/url/yuu/10m/m5/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



基本的にこんな感じの雰囲気でして、


「トレーダー同士の横のつながり」ってのが相当

強くなってるのがCMAの特徴ですね。


やはり稼いでる生徒さんが動画みても分かりますが

非常に多いので、


そこで稼いでるトレーダー、生徒さんたちと

どんどんそこでリアルで情報交換できる、って感じです。



それでこのトレーダーさんたちはみな共通してるのが

「検証をしっかりしてきてる人ら」なので


例えば


「この前こういうルールで検証したけど

勝率は65%でリスクリワード1:2以上でいけたね」


みたいなそんな会話もあったりするわけですよね。


なのでロジックを捜し求めてる人なんかは多いですけど

もうそれぞれの生徒さんが 


確率優位性を持ってるロジック・マイルールを持ってるんで

もうそういうロジック探し求めてあれ買ってこれ買って

みたいなループにはまらなくなるわけですね。



特にこれが面白い点でやはり「一人で検証を継続していく」

ってなかなか難しいかもしれませんが


やはり懇親会なんかで「周りがみんな検証している」

状況だとあなたも検証するようになると思いませんか?



この辺の「環境の力」がすごくて根崎さんのCMAでは

積極的に「横の生徒同士のつながり」も大事にして

交流できるようにしてるわけですね~



それで対談音声4本目でおっしゃってますが






★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【神レベルトレーダー×ゆう 対談音声4本目!】



【神レベルトレーダーの「理念」とは?】
⇒  http://fxgod.net/onsei/godfx4.mp3



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




根崎さんが指導する中で気づくのが

「指導していると、もうそれぞれ抱えてる問題が違う」

ってことで、



ここで一応カリキュラムという基礎はあるんだけど

人によって


例えば検証からデモに移っていまいち検証通り結果が出ない


とかトレーリングストップをあげられない、


損きりを入れない性質がある、


とかほんと人によってさまざまな、まったく違う問題が

出てくるんだそうです。



そう、やはり心理によって生じる問題も変わってくるから

そこで神レベルトレーダーがそれを分析して


「あなたはこれからこうこう こうしてみると

いいです」


みたいな話で 


生徒一人ひとりにあわせて教えてる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

わけですね。



中にはそういうのなくても独学で、一気に稼ぐような人ってのが

いて、そういう人はどこかの分野でほぼ日本一になってたり

するような経験がある人たちですが


やはり普通は独学でなかなかその辺に気づいて

修正していくのが難しいので


それを根崎さんが 1:1のマンツーマンに近い形で

指導してるのがCMAアカデミーです。



それでこれは指導して翌日から変わるわけではなくて

心理も関わるから徐々に徐々にその生徒さんの問題が

解決されていくものなんだけど



やはりやっていく中でそれぞれの生徒さんで

「ズレ」が出てくるので


これを個別に指導しながら修正するってことを

根崎さんはやっていてだから

生徒の成果が出ているってことですね~





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【神レベルトレーダー×ゆう 対談音声4本目!】



【神レベルトレーダーの「理念」とは?】
⇒  http://fxgod.net/onsei/godfx4.mp3


【CMAチャートマスターアカデミーはこちら】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……73991/cma/

【CMAゆうメルマガ読者特典の詳細はこちら】
⇒  http://www.chart-ma.com/url/yuu/cma/def/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



それで対談音声4本目で


「根崎さんが今まで1000名以上を教えてきた中で

分かった事」


ってのがあってそれが言われていて大変興味深いわけですが



まあ通常の教材とか塾ってあなたも入った事

あるかもですが


基本的には


講師一人に対して生徒数百人


の関係性で、


一応「動画とPDFと音声を見てみてくださいね」

という感じで


イメージとして学校の授業で


先生が前にいて、生徒が40人くらいいてそれを聞いてる

みたいな感じです。


けど根崎さんはマレーシアとかではインターナショナルスクールとか

行ってらっしゃったので


やはり教育も少し日本人と違う考え方持っていて



対談でおっしゃっていたのが


「そういう普通の 1人対多数で

一方的に教えるやり方で稼がせるって絶対無理なんですよ」



っていうことですよね。



もうほんと生徒一人ひとりで違うと。

個性が全然違う。


例えば「稼げるロジック」ってみんな探しますが、

本当に大事なのって


「自分の性格や個性にあった 確率優位性のあるロジック」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんですね。


例えば日々サラリーマンの仕事で忙しい人が

スキャルのロジック渡されてできるか?


っていったら忙しくてできませんよね??


だからその人の空き時間とか持ってる資産とか

性格、心理状態、全てを見極めてロジックも決定していく

必要があるわけですね。



例えばですがこれも個性なんだけど

勝率が9割以上でリスクリワードは1:0.7のロジックが

合う人も中にはいるし、


逆に勝率が3割でもリスクリワード比率が1:5のものが

合う人もいるわけです。


それはもうほんと「人それぞれ」なんだけど

こういう「ロジックの選択」ってのも大事で


その辺を根崎さんはそれぞれ生徒さんに合わせて

やってたりするんです。


だからCMAの生徒さんって、セミナー動画見て分かったと

思いますが


実はロジック、トレードルールはみんな微妙に結構違います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


どれも検証上、確率優位性はあるんだけど

「その人にあったトレードルール」ってのがあるんですね。


んでこれを自分で探してもらうために

色々根崎さんが神レベルトレーダーですから


そこでサポートしているわけです。




この辺が分かると「生徒さんの声の意味」もあなたも

分かるはずですが


この以下のコメントの「スーさん」なんかは分かりやすい。

ちなみにCMAでは

「勝つことより負けないこと」を重視して教えてるので


数百万円を月で稼いでる生徒も一様に

「負けなくなりました」と言いますが、


すなわち他の教材の生徒さんみたく勝ちばかりに視点が

いってないで、リスク管理から考えてる人が多いです。


だから金持ちになる。


以下生徒のスーさん。


======================

【自分のトレードの軸が出来たので、

もう負ける気がしません!】


根崎先生
いつもお世話になっています。スーです。


プロジェクトモニターの体験談を書いてほしい
ということで書かせていただきます。

私は、もともとスキャルピングからFXを始めました。


それからいろいろあり、スイングに転向して
少し利益が出るようになっていたのですが、


ポジションを持っている時間がかなり長かったので、
もう少し短い足でトレードを勉強したいと思っていた時に

根崎さんと出会い、
今回のプロジェクトのモニターとして参加しました。

モニターを開始してから、根崎さんに直接指導してもらって、
いろいろなトレードを教えていただきました。


いろんなルールがあるのですが、
正直どれを使っても勝てるイメージがあるので、

今のルールをマスターしたあとは、
また次のルールを入れていこうと思っています。

私はできれば短い足でトレードしたいと
ずっと思っていたので、


それに合わせたトレードスタイルの提案を
してくれたのがとてもよかったです。

これからも卒業証書をもらうために頑張ります。

これから入ってくる人に伝えたいことは、
まず、自分のトレードの軸がまだできていない人は、


細かく指導していただけるこの塾に参加して

「要となる武器」を手に入れて欲しいと思います。



サポートが本当にしっかりとしているので、


一人でやってて悩んでいたりする人には
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
もってこいだと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そして、入会するのになかなか踏ん切れない人が
いると思うのですけど、


やはりこれもトレードと同じで、
チャンスを逃さないようにしてほしいです。

このような機会はめったにないと思いますので、
ぜひチャンスをつかんでいただきたいなと思います。


======================

以上です!


また他の生徒さんで

「和田さん」っていう方ですが


このように書かれています。



======================

【指導を受けた直後から急激に成長し

2ヶ月で1000PIPSを超える大利益!】


根崎先生、こんにちは。
プロジェクト(専業コース)でお世話になっている和田です。


このプロジェクトに入る前は、
いろいろと勉強しつつデイトレードをしていました。


収支とはいうと、月20万円稼いで、月20万円吐き出すを繰り返していました。
なので、収支はトントンです。

マイナスは何とか避けてこれたのですが、
収支をプラスに持っていきたいと思っていました。

そんな時お声をかけていただいたのがこのプロジェクトでした。

始まって、スカイプで直接指導を受けてからは、
教えていただいた手法の数々を試してみてびっくり。

どれも理にかなった考え方で作られた手法であり、
根崎先生やささっち先生の意見やwebセミナーを
参考にトレードすると、

今まではあり得ないほどの利益が取れました。

以前はびくびくしながら入っていた相場に対しても
安心して挑む事が出来ました。

スイングとデイトレードをメインに取引しています。



そして3月に入って2月の集計を出すと驚きの数字!


何度も何度も数字を見ました。
チャートマスターに入塾して本当にヨカッタと思います。

しかし、気になる通貨も用事を済ませると忘れている…。


ボケるには早いので
(棺桶に片足は突っ込んでいますが)、


ホワイトボードを購入し一日の予定やチェックしている
通貨の簡略図を書いて、いつも目につくようにしています。
(ホワイトボードがデカッ!すぎました^_^; )

少しでも根埼先生の相場観を身につけたいと思い、
根埼先生のwebセミナーの控えを作っています。

それを元にトレードもしています(日記にあげています)。

先生方のトレードを参考に、今週も頑張りたいと思います。
本当にm(__)mありがとうございます。
これからも精進していきます。

今後もどうかm(__)mよろしくお願いします。

専業コース
和田



======================




以上です。


これは一部なんだけど


まあみんな「それぞれ違うトレードスタイル」なのが

分かるかと思います。



ある人はどうしても短期足でトレードしたいと言いますし、

ある人は負けてるわけじゃないけど トントンですし

ある人はボロ負けしてます。



本当にそれぞれ人によって抱えてる問題が違うわけで

それを神レベルトレーダーが診断して、


適切な方向性、ある種の処方箋を示して

負けてる人たちを「治してる」わけですね。



そういう意味では根崎さんは

投資業界のある意味「名医」ですね。


ちなみにもう根崎さんの生徒さんで

月単位では負けがなくて

月利10%20%30%当たり前みたいな生徒さんも


かなり多いので


そこで「サブ講師」にもなっていただいてる人も多いです。


特に生徒で稼げるようになって講師やってくれてる方が

現在 10名以上いるんで



だから実は講師は根崎さんとささっちだけじゃなくて

他の稼げる生徒さんも講師なんです。




ということで

まさに「最強のトレーダー集団」になってるのが

CMAでありますが、


これが欧米の投資教育、世界基準の投資教育を受け続けてきた人らの

すごさ、ですよね。



CMAでちゃんと学び続けた生徒さんたちってのが

他のFXの個人投資家が例えば今週のドル円の下落で


ひえ~~って言ってる中


爆益あげてまして、


このようにして格差というのは出来ていくわけです。



ということで多くの人は聖杯を求めていて

それは聖杯を求めるのがお金持ちへの近道だと勘違いしてる

わけですが


実際の近道はちゃんと一流の知識を
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一流の人間にサポートしてもらいながら
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

学ぶことなんですね。



だから音声で言われていますが以前にCMAに入って

言われたとおりに検証とかやらなくて

他の何十万円もする教材や塾やEAを買ったけど


やっぱりだめで、結局 CMAに改心して戻ってくる人たちも

結構いるということです。


当たり前ですが

「結局ちゃんと原理原則学ばないと儲けられない」


と気づいて、戻ってくるわけですね・・・




ただそれだと時間とお金の無駄になってしまうから

もうやるなら


ちゃんとCMAに入って、それで根崎さんからガッツリ学んで

直接サポート受けながらそれを素直に受け止めて


改善繰り返すのが一番の近道ですね。



ということで根崎さんの今までの指導経験なども

語られているのが 今回の4本目の音声になりますので


是非聞いてみてくださいね!



では!























★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【神レベルトレーダー×ゆう 対談音声4本目!】



【神レベルトレーダーの「理念」とは?】
⇒  http://fxgod.net/onsei/godfx4.mp3



【CMAチャートマスターアカデミーはこちら】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……73991/cma/

【CMAゆうメルマガ読者特典の詳細はこちら】
⇒  http://www.chart-ma.com/url/yuu/cma/def/

(残り人数が4名になってます)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆












===========編集後記============

さてさて、今日は

【トランプの中国への関税挑発と、北朝鮮のミサイル発射のつながり
について考える!】

について書きます。


ちなみに、日本情勢に関しては、

私が見てるのが


「上級国民」という言葉が出てきておりまして

これは官僚機構や公務員やマスコミを揶揄する言葉ですが

いよいよ、日本のネトウヨ層にだまされていた本来の保守の人たちが


アメリカやフランスの人たちが立ち上がったように

「真の敵」に気づきだした、ってのが5月の日本国内情勢の

注目点です。



私が以前から書いていた

「右と左の対立や、男女の対立、

金持ちと貧乏層の対立というのは

全部彼ら 既得権益者に民衆の刃が向くのを防ぐためである」

っていう話なんだけど


最近それがコソコソといわれるようになってきてますので

いずれその認識はアメリカでそうだったように

日本でも広がってくるでしょう。



あと、個人的には天皇家関係も結構見ていて、

明確に日本の官僚機構というのはこれから秋篠宮家を

コントロール下において、新天皇としてその今は幼い子を

いずれ担ぎ上げて、天皇をフロント、官僚が実質支配という

構図を作りたがってるというのは 明白ですよね。



そこに小室さんっていうそうなったら色々と関わってくるだろう人

が出てきたのだけど、彼の思想分析をしてるとおそらく頭が

良い人です。


親族の自殺、さらに英語話せるっていうことで

このような経緯をたどる人間は官僚に従順ではないですから

それが秋篠宮家に入るのを大変恐れてる官僚機構の姿も

見えてきます。


ちなみによく左派の人が安倍批判で「日本会議」を言うけど

不思議なことにこの「日本会議」を連呼してるジャーナリストは

暗殺されてません。


本当に力がある、そういう団体を批判するのは結構リスクの

あることだけど、

どうもそういうのを見ると日本会議は本丸じゃないんだろう

ってのが私が感じてるところですね。


ただ官僚機構の支配、という点で日本のニュースを見ると

実は「全てがつながる」のがありまして、


そこに「上級国民」という言葉で気づいてきた日本の民衆

という姿があって私が最近注目してるのはそこですよね。


ここで日本の右と左の不毛な対立が終わり、

本当の政治学の対立軸


行政VS民衆

という普遍的な対立軸に気づく人がきっと2015年~2016年の

アメリカ、


および現在のフランスイエローベスト運動でそうだったように

増えてくるでしょう。



ちなみに、これは私が2016年トランプ就任前後に

「これからトランプが大統領になれば、

日本の官僚機構は追い込まれていく」と書いてますが


実はその流れに沿ってますので注目してます。



それでこれは日本で起こってる事ですが

実はもう少しフレームを広げて見てみる必要がありまして、


それが「最近のトランプの中国挑発と北朝鮮のミサイル発射」

ですよね。



ちなみに以前 2回目の米朝首脳会談についてはPDFで

書いてますので読んでください、そのシナリオに沿ってるんです。



PDFレポート
【北朝鮮の金正恩と「意図的に破談する演技」をした
トランプ大統領の思惑とは何か?を考える!】(⇒日朝首脳会談シナリオ)
http://fxgod.net/pdf/nichou_sh……kaidan.pdf



ここでポイントは

「トランプが米国主導で北朝鮮問題を解決すると

対米従属国の官僚機構の権限がそのまま温存されちゃうから


北朝鮮とは戦争にならない感じで つかず離れずで

そこで中国なり日本なり韓国なりに自分たちで解決させたい」


というトランプの思惑を書きました。


もう上の「」内の記述でピンと来た人はいるかもだけど

まあだから


北朝鮮がミサイル発射したのも、

トランプが中国挑発してるってのも全部つながってる確率が

高いですね、相当。


それでこの前5日前の5月4日に北朝鮮が

またミサイルっぽいのを発射しました。


それで2回目の米朝首脳会談の後に、

北朝鮮は アメリカと国連が自国に対する経済制裁を

早くとかないと、


軍事拡大するぞ、という脅しの姿勢をとり始めた

っていう感じで報道されています。



それで主流メディアの報道はこう 金太郎飴みたいに

(官僚機構の味方である)左も右も一緒で


「これから米朝関係が悪化して、

北朝鮮問題が解決不能になる~~!!!」


と報道してます。


が、これは間違いなんです。


以前も「北朝鮮とアメリカで核戦争になる~」って

やってましたがそのときと


「上級国民」であるマスコミは変わっていない・・・


ただこの報道は間違いであり、これに洗脳されてる人が

大変多いというのが世界の現状です。


が・・・それは日本とかアメリカの一部でして

東南アジアとかの人らは結構冷静に見てますね。



んでよく見るとトランプのツイッターなんかでは

以下のように5月5日にツイートされてます。



「世界とはおもしろい所で、

なんでも起こりうるんだ


だが私は金正恩氏が自国の経済的可能性を

よく知っていて、


その妨害をしたり台無しにしたりしないと信じてるよ

それに私が彼の味方であることも承知していて、

私への約束を破りたくはないだろうさ

交渉は行われるだろう」

(三島堂さんの訳)



ということで、これを見ると随分マスコミ報道とは

違うわけですね。


だからますます混乱してる人が増えてるだろうから

編集後記で分析で補足してます。




それでやはりマスコミの

「これからアメリカと北朝鮮が戦闘になる~」

ってのは間違いである確率が、


MAにサポートされていてダイバージェンスも出ていて

通貨間相関でも担保されてるピンバーが勝つ確率くらい高くて


やはりどうも間違いであると。


北朝鮮は脅しを発しつつも、米朝関係を悪化させない

「微妙なさじ加減」で敵対性の強さを抑えつつ行動してる

わけです。


トランプも激怒はしていない。

むしろ余裕な感じで


「これからアメリカと北朝鮮は仲良くできるのだ」


という姿勢ですよね。


だから北朝鮮は微妙なさじ加減で主張はしてるわけですね。


それで3月末に、南北の国境線の北側の開城工業団地に

作られた南北間の連絡事務所で

いったん北朝鮮の代表団が引き上げました。


ここで「マスコミ大喜び」で、

マスコミの親分である官僚機構としては


南北の融和が悪夢です。


(※なぜか?? を解説。

官僚機構の権力源泉はこの数十年、

米軍基地であった。


南北融和が決定すると

在韓米軍撤退⇒在日米軍撤退につながり

官僚機構が 日本では「上級国民」と揶揄され

どんどん追い込まれていくから。


だから日本におけるGWの

「上級国民」騒動と、 南北融和問題は実は

つながってるんです。


私が以前に2016年には「官僚機構が徐々に

追い込まれる自体が出てくる」と書いていて

今まさに上級国民という言葉がネットでは言われてるのは


その関係値を分析していたからですね)




それで南北がいったん関係悪化したようだったから

マスコミが大喜びした。


んが・・・そこで北朝鮮の代表団は

1週間後にまた何事もなく連絡事務所に戻ってきてます。


すなわち「微妙なさじ加減」を金正恩氏は行っている。


それでトランプとしては、

「表向き」としては米朝首脳会談の3回目をまず再開して

それで北朝鮮が核開発施設を段階的に破壊していくことを

望んでいて、それをしたら経済制裁解除したい、


といってるわけですね、表向き。


それでその表向きを理解してる金正恩ですが

また表向き、ミサイルを発射して敵意を表向き

出している。


この「表向き」と「本音」の世界が政治の世界には

あるんだけど


マスコミは「表向き」に反応するけど

本当は「本音」を理解しないと何も見えないのですね。



ちなみにこれは政治学の授業で政治家の

「面従腹背行動」


というのをしっかり授業で勉強するんだけど


そこで政治家は表ではこういうけど

裏ではこういう本音をもってそういう発言してる


っていうことを勉強するんです。


が、マスコミに早稲田とかはそうなんだけど

就職するのがずばり大学であまり勉強しなかった人たち

なんです。


本当は早稲田のゼミってのがあって3年生に

みんな入るんだけど教授がマスコミへのコネを持っていて

実力関係なくマスコミに入るルートってのがある

っていったら早稲田に怒られるけど事実だった。


だからそういう勉強とかあまりしない

実力ないコネの人が

今の大新聞社とかテレビ局に入ってるのが事実でして



だからこれらの話、分析が踏まえられていない

表向きの記事が増える傾向があるんですね。


ただやはりこの北朝鮮とアメリカとそして中国の関係は

やはり表向きのパフォーマンスと本音が見え隠れします。



それでトランプは表向き米朝首脳会談3回目を開きたがるけど

本音では・・・


今はまだ再開しないでよいと思ってるのではないか?

ってことですね。


それは後に解説するけど

中国挑発をしたことから類推されます。



まず2回目の米朝首脳会談を急にトランプが破談にしたのは

それはやはり中国やロシアや韓国、後は出来れば日本

なんかに、すなわちアジアの近隣国に


その問題を自立解決させたいから、であります。


これがトランプのスキームでして、

中東問題にはそれが如実に出ているけど


「その地域の問題はアメリカは関わりません。

アメリカファーストです。


だから近隣国でなんとか中国ロシアと連携して

うまくやってね」


です。


ここで米軍撤退というトランプの最大目標、

選挙公約を果たすというのがトランプの戦略であり


これはイスラエルのモサドなんかはその辺は

悪い事してきたながらもさすがで

やはりもう研究済みだそうですね。



それでこのトランプの「近隣国でなんとかやってちょうだい

スキーム」


がまさに極東アジアで取られてるって言う風に

見ると分かりやすいです。


全部つながります。


トランプが最近安倍と会談してるのもそれを

主題としてるでしょう、本当は。


だから私は安倍首相もそれを理解してるから

彼は官僚に戦えていない部分は大いにネガティブ評価ですが、


それでも彼の動きは注目してます。

彼が日朝首脳会談にこぎつけられるか?は

非常にこれから重要でしょう。



それでこれがトランプの外交の現在の戦略としてあって

「北朝鮮問題は アメリカが主導して解決してはならない、

戦争にならない状況だけは作って


つかず離れずで アジアの国々に解決させたい」


わけですね。


それはトランプのツイッターの微妙な立ち位置、

表現から分かります。



というのが もしトランプが北朝鮮問題を

アメリカ主導で解決してしまうと、



ここで朝鮮半島などのグアムより西の地域が

アメリカの覇権の下に残っちゃう、んですね。



日本や韓国やオーストラリアが対米従属で残ってしまって

一向にこれらの地域からの米軍撤退ができない


とトランプは本音では考えてる。


中東問題を見れば分かりますが

あれはもうトランプが 中国ロシアなんかに

中東の諸国と協力させて主導させて

シリア問題をとりあえず解決させて、


その間に米軍撤退、という動きでしたが


これをトランプは極東情勢でも行いたい。



ちなみにトランプと金正恩の「微妙なさじ加減」の

まるで本当は水面下で連絡とりあってそうな

政治ですが


たとえばトランプは4月上旬には、

米朝首脳会談を再開したい、といって


北朝鮮も喜んだふりしてたけどそれを撤回。


ただだからといって関係悪化まではしないように


トランプは

「北朝鮮は十分制裁されてる。

だからこれ以上の制裁は必要ない」


と、米財務省に反発して 北朝鮮への更なる制裁は

していないわけです。



それでこれから 今までのアメリカ帝国覇権は崩れていくと。

「ドル円ロングするときは気をつけましょうね」

って以前書いてると思いますが、


ドルはやはり長期ではキツイ。


一方これからBRICSなんかの諸国で経済が台頭する

形になって、


まず私がよくいる韓国、朝鮮半島なんかは

やはり中国の影響力が強くなると類推されます。


それで、日本とオーストラリアがどうなるかですが

これは中国の覇権下に入ってしまうか


もしくはTPP11(アメリカ抜き、ISDS条項骨抜きされてる)

なんかの  地理的に言えば縦のラインで


独自の経済圏を作って 中国とは別の

経済圏を作っていくかどうかという話で


安倍はその辺を見てるでしょう。


それでトランプとしては覇権戦略として

アメリカの帝国覇権はグアムより東側に撤退させる

ことを考えてます。


これは田中宇氏がすっぱぬいて書いていたけど

どうも米国中枢の人の本来の思想はそれです。


ちなみに2009年に「最低でも県外」の鳩山元首相と小沢一郎

の米軍撤退の動きがあったけど


あれは私は実際に鳩山元首相のセミナーにいって

確認したけど、


あれは当時アメリカ側は反対してなかった、と

鳩山元首相に直接聞いてます。


ただ外務省の官僚たちが工作したそうで、

そこで極秘文書があったんだけど


そこで工作されて政権は終わったっていう事実を

聞きました。


ただその外務省官僚たちが勝手に政治家を飛び越えて

作った極秘文書の公開期限が5年か6年とかで

そのセミナーではその極秘文書見せてくれましたね。


だからどうもアメリカ側はやはりグアムより東側に

本当はもう米軍を撤退してよいという考え方です。



左派の人ってのはここで「アメリカ側が居座りたがってる」

と思い込んでるけど、

私も以前そのように思っていたけど



実態は調べていくと違って、

日本の官僚達がなんとかアメリカを引き止めてる

ってのが本当の現実ですよね。



それでここで米軍撤退ってのは

アメリカが北朝鮮問題を主導してしまうとスムーズに

いかなくなるんで


やはりアジアの国々に自立的に解決させたい

ってのがトランプの考え方でしょう。



ちなみにもし3回目の米朝首脳会談をする場合、

もう「何かしらの北朝鮮核問題の解決策を提示しないと

いけなくなる」

んですね。


1回目はシンガポーで具体策のうすい、共同声明。

2回目は共同声明なし。


となったら3回目やるなら、1回目2回目の

繰り返しはできないので


「何かしら具体的なアクション、共同声明」

が必要になるんで、

(金正恩がそうじゃないと信用しなくなる)



だからおそらく本当はトランプは3回目の米朝首脳会談は

しばらく留めておきたいってのが本当の彼の本音だと

現状だと分析できます。


だから

「トランプは北朝鮮問題をアジアの国々

になんとか主導して解決させたい」

のですね。


それでここで出てくるトランプの戦略が


「アジアの国々イジメ」です。


要するに優しくしているとアジアの国々が依存してきます。


だからまずこれは以前書いたようにやはり

トランプは韓国に対して相当厳しい態度です。



韓国に対しては駐留費をなんと50%アップを要求してる。


ここで韓国民をぶち切れさせたいっていうトランプの

まあいつものやり方ですよね。



北朝鮮の脅威なんて今は韓国には存在していなくて

もうテレビには北朝鮮の人がやたらバラエティで出てるのが

現状で、


時々北朝鮮の人たちが ソウルの市民館に公演しにきてる

現状でして、


一昔ではありえない緊張低下となっている。


ここで50%も米軍駐留費増加なら

増税にうるさい韓国民は「じゃあ米軍撤退でいいよ」

となるわけだけど


これはトランプの戦略ですね。



ただここでトランプの戦略上問題があって

それが「中国」です。


本当は、アメリカと北朝鮮ってのは軍産ベースで

つながっていて、北朝鮮の核兵器開発とか情報や材料を

提供したのはアメリカに本拠地構える軍産複合体

であったわけですが

(けどこれはタブーになってる・・・)


中国は諜報もしてるから当然これは知っていて


中国からしたら

「アメリカが本来北朝鮮を武装させたんだから

アメリカが北朝鮮を核廃絶させるべきだろ、


俺らがなんでやらなあかんねん」


です。



トランプが中国を批判するけど

中国としてはうまーく世界では1番にならないで


覇権だけアメリカにやらせて

(そしてアメリカ国民は実際貧乏な人急増中・・・)


そこでおいしいところだけ持って行ってるわけですね。


例えば分かりやすい事例でいうと

あなたは

「学級委員長」やりたいですか?



やりたくなかったですよね、めんどくさいから。


学級委員長っていうとクラスの代表だから

かっこよく聞こえるけどそれだけで


実際は教師との面倒な折衝が増えて

無給なわけですが


なんもよいことがないから、


多くの賢い人たちは学級委員長をやりたがらない



っていう日本の学校の状況と似てます。


中国も覇権なんかはいずれ転がればいいと考えるでしょうが

今はやめてくれと。


金融を理解してると分かるけど

中国がアメリカつぶすのは簡単なんですよ。


米国債を売却しまくればいいんですから。


けどそれは今はしませんよね。



だから今トランプが問題視してるのが

「中国が北朝鮮問題に対して消極的で

私たちアメリカに主導させたがってる」

ってことです。


ロシアも消極的です。


そこで中国もロシアも消極的だから

韓国のムンジェイン大統領が、

独自に北朝鮮との和解を進めている現状。



ちなみにもう 北朝鮮と韓国の国境の38度線では

武装解除されていて非武装になりました。



南北鉄道と道路をつないで北朝鮮と韓国を

ドッキングするのももうスタンバイされてます。


ただアメリカがこれを許さないという

ダブルスタンダードな状況ですけど、


そこで北朝鮮も苛立つわけですね。


ただトランプとしては


「中国がちゃんと責任持ってくれ」なわけです。


北朝鮮からしたら韓国は一応アメリカの傀儡という

見かたですが


トランプが北朝鮮との問題解決を寸止めしてる状況で

北朝鮮としても韓国と仲良くしても無意味だ


と考えてるわけですね。


というのは「現実路線」としては

北朝鮮問題を完全に解決するなら


国連安保理が 「中国とロシアの主導で」

南北直通列車や、開城工業団地再開、


あとは対北経済制裁解除の一部解除を決めてしまって


それでアメリカにも国内法で規定してる北制裁の

一部解除を求めるのが必要なんです。


だからここで国連安保理が中国とロシアの主導で

動いてくれないと、ってのがトランプが考えてることでしょう。


一方韓国はその辺の力は中国ロシアほどはない

ってのは当然北朝鮮は知ってる。


そこで国連安保理が中国ロシアが本気になって

彼ら主導で動けば

そうなればようやく


南北の経済協力が再開されるし、

直通列車が南北で 韓国と北朝鮮で電車移動できます。


この直通列車が運行したらもう完全に

南北問題は終了です。

(終戦協定とかそういう話になる。)



ただここで・・・トランプが本当は金正恩より

苛立ってるでしょうが


「中国が動かない」んですね。


中国ってのは上の学級委員長の話で言えば

今はいるのか分からないけど


学校の番長みたいなもので実権はそこにあるけど

学級委員長を「良い人」にさせる不良みたいなもので


覇権は表立ってほしくないってのが

本当のところですよね。


本当に覇権ほしいなら米国債を債券市場で

売り崩せばいいんだから。



これは中国の近代歴史に関わっていて

中国はトウ小平が 「赤い資本主義」を導入したわけだけど


そこで「アメリカに刃向かうな」をずっと

踏襲してきました。



が、ここで覇権はもらわないけど

もうGDPでは PPP購買力ベースでアメリカを抜いてるわけで

いずれGDPも2020年代にはアメリカを逆転するけど


かなり狡猾ですよね。


1位より2位がお得だ、と。


それで北朝鮮問題を中国が主導して解決していくとなると

もう覇権なんかもアメリカから渡ってくるわけですが


これはババ抜きに近い性質があって中国は拒否してるけど


トランプはもうそれに苛立ってます。



ただもうトランプはそのBRICSがメインの

多極的体制を推し進める必要があるから


最近はその中国の 微妙な姿勢を許さなくなってきていて

ここで


「トランプの中国への関税挑発」


が起こりました。


それで中国としてはそんなことされたら

困りますが、


ここでトランプが高関税の脅しをかけていくにつれ

中国は世論もありますから


もうアメリカに従属して果実だけ得るってことは

できなくなりますから


いやいや、アメリカにたてついて、それで

国連安保理で北朝鮮問題を中国とロシア主導で

なんとかせざるを得なくなる、と。


このやり方は完全に後ろにキッシンジャー博士がいて

トランプに指導してる感じもありますが


そこで無理やりトランプがあえて中国怒らせて


「はっぱかけて」北朝鮮問題を主導させたいってことですね。


だから全部よくよく見ると

北朝鮮の苛立ちのミサイル発射も、

トランプの中国への関税脅しも全部繋がってます。



ちなみにトランプは頭いいですから

当然米中貿易交渉が破談したとすれば


そこでアメリカや中国の株価に打撃与えるわけですが

それが金融危機の引き金になるシナリオも想定してるはず。


だからこれが現実化したらやっぱりマスコミは騒ぐ。


けど、FRBが利下げ、さらにはもうジャブジャブマネー

いわばQE4の再開する準備は最近出来上がりつつあるので


ここで売却された債券を吸収できる地盤は

トランプは準備してる可能性が高いですね。


まあだから今はどうなるか分からない部分もあるのですけど


トランプとしてはこれから中国ロシアや

あとは韓国日本なんかに北朝鮮問題をなんとかさせていきたいと。


ただこれらアジアの国々が従属したがるから

時にはこのように 高関税なりで脅しかけるというのが

継続されそうです。


そこでアメリカ主導ではなくてアジア国家たちが

主導でなんとか北朝鮮問題を解決していく道筋が

近年出来てきそうです。



だから短期中期でドルなんかは強さを取り戻すことも

あるかもしれませんが


トランプの政策分析をすると明確に

アメリカの帝国覇権が喪失するように動いていまして


ドル覇権を放棄する動きをしておりますから

米国ドル建ての保険とかは危険だな~~


なんて私は見てますね。

ドルは長期的には弱くなっていく可能性が高そうです。


一方 金地金なんかは今ぶっちゃけロス茶が

集めてるっていう情報もありますから


長期では金ゴールドが強くなる確率が極めて高い

情勢だ、と言えそうです。



だからこうやって見ていくとトランプの政策ってのは

むちゃくちゃに見えて、結構


アメリカの帝国覇権を放棄するために

在韓米軍や在日米軍撤退の道筋を作っている


っていうところでは一貫してますんで

それを見ると分かりやすいですね。


それでは!



ゆう




追伸・・・それでこれが世界の政治ダイナミズムと

分析できるけど


となるとやはり米軍を権力の源泉としてる

官僚機構は今までのような強権を発動できなくなってくる


というのが日本で想定される事態です。


私が注目したのはネットスラングでしかなかった

「上級国民」という官僚機構をメインとして描写する

そのワードが急激に拡散して


「事実上の」

2019年の流行語大賞になってる現状です。



官僚機構は今まで

「金持ちVS貧乏人」の対立をあおって

右派VS左派なんかの構図を作って


民衆の怒りが自分たち官僚、公務員、あとは

そこと癒着するNHKなんかの特殊法人の政商、

記者クラブなんかのマスコミに


向かないように世論コントロールしていたわけで

それを書いていましたが


ここのプロパガンダ力が低下しているってのが

まさにその流れですね。


ちなみに、ここで右も左もなく、

思想としては反官僚機構であるのが


この前の都議会選挙で当選したマック赤坂だったり

しますが


徐々に日本でも過去のアメリカ、あとは現在の
フランスで出ている

「反エスタブ」の動きが顕著になっております。


けどエスタブというカタカナより

上級国民、のほうが分かりやすい。


だから世界の大きなダイナミズムを見ると

いよいよ日本にもこの世界の動きが波及していく時期に

入っていきそうですね。



だから上級国民っていうワードと

その上級国民が嫌がる、在日米軍撤退につながる

北朝鮮問題の解決ってのは

実はつながっているわけです。


それで私が以前書いていたのがこのような

日本に反官僚機構の動きが波及するのが

早くて2010年代、遅くても2020年代前半と書いてましたが


これが結構5月に火がつき出してるのを見ると、

早く波及してると思います。


そして上記の右派と左派の対立自体が

官僚達に仕組まれたものである、と気づいてる人も

増えてますので


日本の変化にも大変注目ですね。


それでは!





追伸2・・・ちなみに「上級国民」の定義として

どうみても 高級官僚などの官僚機構や公務員、

および政商のマスコミなど大企業たちが若干含まれる

ニュアンスで使われてるのだけど


官僚機構の工作分析をしていると分かるけど



「上級国民は年収500万円以上の高所得者層だ」

という工作がされだしている。


すなわち「金持ちVS貧乏人」の対立軸に持っていって

民衆の認識を誘導しようっていう工作戦略がとられてるけど

もう気づいてる人が多数。


例えば 非正規社員とか一般の苦しい状況から成り上がって

投資やビジネスで年収1億円とかなってる人が

「上級国民」

なわけない。



むしろ彼らは 上級国民と呼ばれる役人たちの

課税でいじめられてる対象です。

ただこの上級国民というワードは相当

工作対象になってるらしく、それくらい


官僚達は焦っている。


が、トランプがまさに アメリカの

反上級国民、反エスタブ、

反官僚機構、反ワシントン官僚の人であるから


この大きな流れは止められないと思われます。


そういう意味ではこういう世界ダイナミズムがあり

それが島国の日本の政治構造に波及してるという分析が

非常に優位性があると思いますね。


日本も注目です。


では!















★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【神レベルトレーダー×ゆう 対談音声4本目!】



【神レベルトレーダーの「理念」とは?】
⇒  http://fxgod.net/onsei/godfx4.mp3


【CMAチャートマスターアカデミーはこちら】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……73991/cma/

【CMAゆうメルマガ読者特典の詳細はこちら】
⇒  http://www.chart-ma.com/url/yuu/cma/def/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆










«  【トランプの中国への高関税率の挑発と、 北朝鮮のミサイル発射のつながりについて考える!】  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください