無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【FX電子書籍5冊目】あなたの独自システムを検証で調べよう!

2019 4月 16 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【FX電子書籍5冊目】あなたの独自システムを検証で調べよう!




どうもゆうです!




さてさて、今日は神レベルトレーダー根崎さんの

電子書籍5冊目を学びたいと思います!!



ずばり今回からは

「作ったシステムを検証して調べる」

という話ですね~


5冊目の電子書籍もスマフォなりの媒体で

読みやすいように、ということで


事務局さんがPDFの直リンクを用意してくれました!



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


【FX電子書籍5冊目】システムを検証で調べる!

⇒  http://www.chart-ma.com/url/yu……/part5.pdf


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

4冊目の抜粋
【神レベルトレーダーの電子書籍PDF】

第4章「あなたのシステムトレードを作る」
http://www.chart-ma.com/url/yu……/part4.pdf




3冊目の抜粋
【神レベルトレーダーの電子書籍PDF】

第3章「相場で儲ける人儲けない人の違い」
⇒  http://www.chart-ma.com/url/yu……/part3.pdf



2冊目の抜粋
【神レベルトレーダーの電子書籍PDF】
第2章「自分の生活環境を考える」

⇒  http://www.chart-ma.com/url/yu……/part2.pdf


一冊目の抜粋
【神レベルトレーダーの電子書籍PDF】
一流トレーダーへの道を進む為に
⇒  http://www.chart-ma.com/url/yu……/part1.pdf





■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【圧縮ファイルまとめ版】

「欧米の投資教育機関で教えられる基礎」を

電子書籍8冊で学べます!(圧縮ファイルです)



⇒  http://www.chart-ma.com/url/yuu/05p1/p/
(8冊分のZIPファイルですが相当内容が濃いので是非
学んでみましょう!)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【以下はその前にお渡しした神レベルトレーダーからの
プレゼント】

【神レベルトレーダー根崎さんとの
対談音声2本目を公開!】
⇒  http://chart-ma.com/td/yuu/2nd.html


【対談音声1本目】
⇒  http://chart-ma.com/td/yuu/




NEW!【「プライスアクションの解説動画」を公開します!】


【解説動画】プライスアクションフォーメーション
http://www.chart-ma.com/url/yuu/03pb/mm/



■フリスタFXの秘密(電子書籍PDF)

http://www.chart-ma.com/url/yuu/02fx/p/

※上記ファイルが開けない場合は、
 下記URLもお試し下さい。

http://www.chart-ma.com/url/yuu/02fx/z/





【神レベルトレーダー根崎さんから

新しいレポートPDF「なまけ者が自由を掴む行動論」
が届きました!】(必見)


■なまけ者が自由を掴む行動論

http://www.chart-ma.com/url/yuu/01na/p/

※上記ファイルが開けない場合は、
 下記URLもお試し下さい。

http://www.chart-ma.com/url/yuu/01na/z/



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




さてさて、それで今回の5章からもう実際の検証に入っていく

わけですが


今回はPDFだけ見ても相当あなたの力が

上がっていくと思いますので、


ぜひこの機会に「検証」もしてみましょう!





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【FX電子書籍5冊目】システムを検証で調べる!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



それで今回の神レベルトレーダーの電子書籍5冊目ですが

内容が以下のようになってますね~



=========================


第5章:(1)――検証って何ですか?

第5章:(2)――どうやって検証すれば良いの?

第5章:(3)――検証結果データでシステムの良し悪しを考える


1.勝率と利益率の関係とその用法

2.具体的なシステムの例

3.PF(プロフィットファクター)をチェックしよう

4.最大ドローダウンをチェックしよう

5.Excel等の表計算ソフトを使って効率的に調べて行こう

第5章:(4)――検証をすると獲得出来るモノ――



第5章:(5)――そこまでして検証をする理由――

第5章:(6) まとめ


【FX電子書籍5冊目】システムを検証で調べる!

⇒  http://www.chart-ma.com/url/yu……/part5.pdf


=========================




それで、4冊目までで、対談音声なんかの内容も聞いていただいたと

思いますので、


システムトレードを自分の裁量の武器として作るというのは

できるようになってると思います。


ただだからといってそこで

「よしじゃあ早速トレード開始だ」とはならないわけですね。



実は、ここが分かれ目で大多数の人は

もうシステムトレードができたら


そこで「実弾」でやってしまうのだけど

だから負けてしまうと。



ただまずはそこで「システムの検証」が必要になるわけですね。


なのでまずトレードを開始する前に

トレードの良し悪しってのを検証することで


チェックしていく必要があると。



もしそのシステムが儲からないならば、

それを続ける合理的理由はぜんぜんない、わけですね。



だからちゃんとその あなたが自分自身で

作ったシステムルール、それらを「検証作業」して

優位性を確認するという工程が必要になるわけですね!



ここで「勝率」「利益率」「PF」「ドローダウン」などなど

さまざまな部分が検証して見えてくる。


逆に、これらは検証しないと全く見えてこない、

わけですね。


それで「検証する意味」っていろいろあるんだけど

それはやはり 猜疑心だったり、恐怖心、


それらを打ち消す意味があったりします。




これは電子書籍で書かれていますが、


例えば食べ物があって、


目で見て、この食べ物が好きな食べ物だ、

嫌いな食べ物だ、っていうのは分かる。


けどこれをもし「目隠し」されて、食べ物を食べさせられたら

ちょっと怖いですよね?


そういうバラエティー番組の企画がありますが


目に見えていないで、人間が認識できていないことを

すると


やはりそこで「怖い」ってのが出てくるわけです。



それでこれはあなたが作った

システムのルールも一緒で、


例えば、MAにタッチしたピンバーで買っていく

売っていくっていうルールがあったとします。


ちなみにこれはちゃんと利益が出やすいルールですよね。

ここにグランビルの法則1なんかを加えていくと

かなり強いルールとなりますよね。


ただこれも検証しないと分からないわけです。


例えばこれを聞いていざ実弾で検証なしでトレードすると

やはり怖いですし、結局ルールが守れないわけで


本来のルールとは違う損きりや利益確定をしてしまって

結局利益が出ないということになるわけです。



なのでこれらの 心理状態を整える、というのが

大きく検証の目的としてありまして、


そこで「検証すると恐怖心がなくなっていく」

っていうことが5冊目の電子書籍で書かれていますね!





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【FX電子書籍5冊目】システムを検証で調べる!

⇒  http://www.chart-ma.com/url/yu……/part5.pdf


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




それでここで


【検証方法】についても書かれています。


ちなみにこの検証方法は根崎さんの教えるCMAでは

生徒さんがみんなやってることなんだけど


ここでは「紙」を使った検証方法が推奨されてますね。


一応エクセルなんかでも検証はできるんだけど

根崎さんは「紙」が楽だということで


紙を推奨されてます。


というのも、なぜ紙がいいのか?というと

人間は「VAK を使って覚えれば覚えやすい」

という特徴があります。


VAKっていうのは Visual Auditory Kinesthetic

の略ですが



これは「視覚」「聴覚」「触覚」のことです。


これをフルに使えば、人は物を覚えやすくなると。


例えば読書していて文字を目で追うよりも

そこで声を出して聴覚に訴えて読んだほうが


よりその文章は頭にしみこむ、わけですね。


それで「紙を使う」ってのは手を行って触覚を使ってるので

そこで触覚を使って覚えていきましょうっていうのが

根崎さんがおっしゃってることです。



それで検証する際には


・エントリー日時

・エントリーレート

・ポジション買い、売り

・ストップレート

・リミットレート

・決済日時

・トレード損益

・総損益


これらを検証時に洗い出していくのですが

このチェックポイントをチャートにある過去データから作り上げた

システムで一致するポイントを抜き出して


どんどん紙に記録していく、


わけですね。



ちなみにそのフォーマットは電子書籍にありますので

使うといいでしょう。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【FX電子書籍5冊目】システムを検証で調べる!

⇒  http://www.chart-ma.com/url/yu……/part5.pdf


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




それで、上記の検証工程でデータを抜き出すんだけど

そこでそのデータを利用して


そのシステムの良し悪しを判断する、ということを

自分でするんですね。


そこで


1勝率

2利益率

3トレード回数

4PF

5最大ドローダウン


などを割り出します。



それでここで色々と注意事項が書いてますが

1勝率と2利益率の関係も見ていく必要があるわけですね。



それでシステムトレードを裁量として続けていくと

そこで勝ちやすいシステムや負けやすいシステムがある


ってのは分かってくるわけですが


そして同時にそのシステムがどの程度の利益をあげていけるか?

という判断も必要になっていきます。


ただここで大事なのは勝率というのは

最重視するものではない


ってことですよね。


というのは投資は利益をトータルであげてなんぼの世界ですが

利益が出ないと投資してる意味がないわけです。


ここで勝率ばかり追い求めると

勝率は高いけどコツコツ勝率高く勝つのに

ドカーンと負ける、という感じで


利益がちょっとしか残らないなんてシステムは

よくあるんですね。



だからといって勝率がめっちゃ低くていいのか

というとそれもなくて、


仮に勝率3割のトレーディングシステムがあったとして

10回トレードチャンスがあったら

3回しか勝てないで

7回は負けトレードというシステムですよね。


例えば最初に3連勝したら残りは7連敗するかもしれない

みたいな問題をはらみます。


こうなると人間はどうなるか?というと


目の前で連続して負けて、そこでどうしても

我慢できなくなる心理が働いて、そこで


どうにかして利益出したい、口座残高をプラスにしたい

という心理になってトレード回数が増えて


それで最終的にはシステムルールを守れなくなってしまう

わけですね。



なのである程度の勝率は5割6割7割は担保しつつ

そういった精神状態になることを回避する


っていうことはある程度必要なので

勝率も見ていく必要はあります。


が、やはりもっとも大切なのは利益率になるわけですね。



仮に勝率3割でも利益率が相当高ければ

トータルではそのシステムは利益を生み出しますが



ここで勝率を取るのか、利益率を取るのか

というところで考えるわけですが


これは必ず通るべき道であるっていうことですね。


ただ当然、勝率が高く、利益率が高い

のがもっとも良いわけですが


それはまさにプライスアクションのルールで

可能になりますよね。






それであと電子書籍の5冊目に

「最大ドローダウン」の項目がありますが


ここも大事です。



ドローダウンってのはシステムやってる人にはお馴染みだけど

「一定期間中に、自分の資金がどのくらい減ったか」

を知るための数値ですよね。



特に例えば一定期間中の検証していて、

確かにプロフィットファクターも1以上だし

勝率利益率もまあ良いんだけど


ただそこでも 最大のドローダウンみたいのは

出てくるわけですね。



どうしても資産曲線上、大きめのマイナスってのは

優秀なシステムでも出たりします。


それでこの「最大ドローダウン」なんかを出すのは大事で


「この自分が作ったシステム自体が起こしえる

最大のリスクはこれくらいか」


という指標はある程度分かってくるわけですね。



「このトレードシステムのリスクは大体この程度のマイナスだ」


と分かるわけです。



それでトレードシステムも自分なりに作っていくと


あるAのトレードシステムAは最大ドローダウンが10%でした、と。


100万円なら10万円の損失が最大損失でした、と。


一方あるBのトレードシステムは20%の最大ドローダウンでしたと。


なので100万円なら20万円なくなる可能性も考えられるものです。



けどAとBの損益は同じ、としたら??



どっちのシステムを選ぶかは明白ですよね。


ドローダウンが低いほうが単純にリスクを回避しやすいシステムという

ことができますから


20%の最大ドローのものより10%の最大ドローを選ぶ

という感じで自分のシステムを選択していくわけですね。




それでシステムの履歴ってのを見ていくと、

かならず大きくドローダウンしてる箇所は見つかりますが、


そこで最終的に資金が増えていくのはわかっていたとしても

その過程でおきる大きなドローダウンを自分は許容できるか?


も考えることが大事になるわけですね。


それで大きめのドローダウンの回数が多かったら

やはり発生回数が多いと 


人間のメンタルに影響してしまいますので

それも検証しながら考えていくわけです。


「このドローダウンの回数が自分にやってきたら

結構キツイな・・・大丈夫かな。


もっとシステムを改善しないとな」


みたいな感じでそこで自分のメンタルにあった

裁量のシステムつくりってのをしていくわけですね。



それでエクセルの表計算ソフトを使った

検証の効率的な方法もこちらに書いてますから


そちらも効率性の高い検証をしたい人は

やってみるといいですね~


こうやって徐々に強いシステムが出来上がっていくと。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【FX電子書籍5冊目】システムを検証で調べる!

⇒  http://www.chart-ma.com/url/yu……/part5.pdf


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



それでこれらの検証をやると何がいいか?というと

まず「トレードルールを頭に叩き込める」

っていうことだったりします。



トレードルールが出来上がったとしても

それを覚えていないとシステムトレードはできないけど


検証する過程でそれは相当強烈に覚えられるわけですね。


自分の脳みそにそのトレードルールを刷り込ませれば

そうすればトレードごとに調べる手間はなくなりまして


自然とトレードチャンスがどこなのかを見て分かる

ようになります。



それで検証をするっていうことはチャートをにらめっこするので

そうすると


チャートの動き方の癖もなんとなく分かってくるわけですね。


なので相場観ってのもここで養えると。


さらにここで、検証してると分かってくるようになることが

多くて、


例えば私なんかが実際に検証して以前分かったことがあって

ピンバーなんかはみんな検証してると思いますが



もうチャートがかなり上昇したあとのピンバーと、

これから上昇に転じそうな、グランビルの法則1とかのような

場所で出てるピンバー、


なんかで言うと


ぜんぜん精度が違うなんてことも分かってきます。



エリオット波動で5波終点あたりで出てるピンバーと

エリオット波動で2波終点で3波に移行することが

想定できる場所でのピンバーでは


やはりぜんぜん勝率・利益率自体も変わっていくわけですね。



んでこれはEA派だとバックテストなんかで検証しますが

なかなかEAではこれらを検証データに混ぜることができないのだけど


裁量トレーダーのシステムトレード検証だと

結構簡単に視覚で それらのデータを抜き出せまして、


そこですごい強いシステムを作れるわけですね。


例えばグランビル法則1が発動した後、

MAにタッチしてできたピンバーなんかは


エリオット波動でいうと3波取りに近くなりますけど

これは検証していくと分かるんだけど


相当強いわけですね。



上記でいう勝率も利益率も担保されてるシステムになりまして

そしてなおかつ、EA派の人たちが検証しづらい

システムになるので


優位性がこれ出ます。



ということで検証の良いところってのは

やってる最中にどんどん強いアイデアが出てきて


より強いものを作れるようになるっていうところですよね。




それで最後に書くと、

やはり根崎さんも5冊目の電子書籍で書いてますが


「95%の人は検証しない」んです。


実際にこれを読んでる人もほとんど検証はしない

んですね。



5%の利益をあげる人と95%のそうじゃない人の差は

「検証を実際にしたかどうか」です。


儲かるシステムが簡単に出来上がることは稀で

その割には検証にかかる時間は結構膨大でありますが


これはまさに「自分が試されてるのだ」


っていうことが最後に書いてますね。



なので稼げるかどうか、ってのは上の検証作業をこれから

やるかどうかなのだ、


っていうところなんだけど


たぶん電子書籍の5冊目を何度も見たら

きっとあなたも


「検証をしよう」と決心できると思いますので


是非じっくり、何度も見てみてくださいね!











☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【FX電子書籍5冊目】システムを検証で調べる!

⇒  http://www.chart-ma.com/url/yu……/part5.pdf


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



















コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください