無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【投資で儲けるための3原則って何だ?】

2019 4月 15 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【投資で儲けるための3原則って何だ?】




どうもゆうです!





さて、前号までで

神レベルトレーダー根崎さんの

電子書籍4冊目まで扱いました!




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

4冊目の抜粋
【神レベルトレーダーの電子書籍PDF】

第4章「あなたのシステムトレードを作る」
http://www.chart-ma.com/url/yu……/part4.pdf




3冊目の抜粋
【神レベルトレーダーの電子書籍PDF】

第3章「相場で儲ける人儲けない人の違い」
⇒  http://www.chart-ma.com/url/yu……/part3.pdf



2冊目の抜粋
【神レベルトレーダーの電子書籍PDF】
第2章「自分の生活環境を考える」

⇒  http://www.chart-ma.com/url/yu……/part2.pdf


一冊目の抜粋
【神レベルトレーダーの電子書籍PDF】
一流トレーダーへの道を進む為に
⇒  http://www.chart-ma.com/url/yu……/part1.pdf





■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【圧縮ファイルまとめ版】

「欧米の投資教育機関で教えられる基礎」を

電子書籍8冊で学べます!(圧縮ファイルです)



⇒  http://www.chart-ma.com/url/yuu/05p1/p/
(8冊分のZIPファイルですが相当内容が濃いので是非
学んでみましょう!)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【以下はその前にお渡しした神レベルトレーダーからの
プレゼント】

【神レベルトレーダー根崎さんとの
対談音声2本目を公開!】
⇒  http://chart-ma.com/td/yuu/2nd.html


【対談音声1本目】
⇒  http://chart-ma.com/td/yuu/




NEW!【「プライスアクションの解説動画」を公開します!】


【解説動画】プライスアクションフォーメーション
http://www.chart-ma.com/url/yuu/03pb/mm/



■フリスタFXの秘密(電子書籍PDF)

http://www.chart-ma.com/url/yuu/02fx/p/

※上記ファイルが開けない場合は、
 下記URLもお試し下さい。

http://www.chart-ma.com/url/yuu/02fx/z/





【神レベルトレーダー根崎さんから

新しいレポートPDF「なまけ者が自由を掴む行動論」
が届きました!】(必見)


■なまけ者が自由を掴む行動論

http://www.chart-ma.com/url/yuu/01na/p/

※上記ファイルが開けない場合は、
 下記URLもお試し下さい。

http://www.chart-ma.com/url/yuu/01na/z/



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

以上です!


相当価値の高い内容ですので

ぜひこの期間にガッツリあなたも

学んでみてくださいね~




それでメルマガのほうでもこの根崎さんの

電子書籍の内容はかなり大事で


多くの人が 安定的に利益を上げるトレードに

つなげられる内容なので


かなりの頻度で扱ってますが、



結構すっ飛ばしてる部分があるので

今号は補足です!




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


投資で儲けるための3原則って何だ?


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



それで今回根崎さんが

3本目の電子書籍で語ってくれてるのですが


実は「投資で儲けるための3原則」ってのがあります。


投資というのはマラソンみたいなもので、

瞬発でただ1日2日で大もうけとかそういうものではなくて


基本的にあなたも私も、死ぬまで

投資はしていきたい、と思ってると思います。



短距離走より長距離走に近いわけですね。


それで長距離走のマラソンにたとえるならば、

42.195KMを走りきるためには


走りきれるための体力が必要ですよね?


長距離用の筋肉も大事だし、

正しいフォームも大事だし、

心肺機能の強化も大事でしょう。



また植物でたとえるならば、草木が育つためには

栄養満点の大地がないと、


そこでは草木は育たないわけです。



それで実は長距離走でもある投資でも、

なくてはならない

「3原則」があるわけですね。



神レベルトレーダー根崎さんがそれを言ってますが


それが



1マインド


2知識


3技術


です。



これらが実は「投資で儲けるための3原則」

であるわけですね~





【1マインド】


それでやはり根崎さんはこの

「マインド」という部分を最初にまず書いてますが


やはり結局稼げるかどうか?ってのは

この「マインド」が物言いますよってことなんですね。


マインドってのは言葉を言い換えれば

メンタルと言い換えることができます。



それでトレードでどんなメンタルが良いのか?


というと


「勝っても負けても自分のルールを守り続ける精神状態を

維持するメンタル」


が重要なわけです。


例えば勝って すごい興奮してしまう、とか

負けて、すごい落ち込んでしまう、とか


そういう精神状態はやはり良いメンタルではない

わけですね。


よく言う「一喜一憂しない」っていうところです。


実際に根崎さんなんかは大きなお金を稼いでも

過度に喜んだりはしない方で


本当に淡々と、機械的にトレードされる方なんですね。


この「メンタル」が大事で、

自分が勝って、もしくは負けて、


「感情」が動いていないか、を自分自身で

直視するのが大事だったりするわけです。




ちなみに、私なんかだと最初

メンタルが崩れてるな・・・と発見した兆候として


「エントリーしてチャートを見る頻度が上がってしまってる」

時なんかはそれだと思ってます。


もうある程度エントリーしてルール通りに行くのであれば

そこでチャートを何度も見る必要はない、


わけですね。



適宜トレールしたりの話であって、

もうその後 自分の感情が入り込む隙は本来

なかったりするはずなんです。



けど「メンタル」ができていない場合、

そこでチャートを何度も見てしまったりすることが

ありまして、


これらも自分自身で 自分の行動、感情を

常に上から見てコントロールする視点って

大事になりますよね。



それで根崎さんは言いますが


「相場で勝てるやり方を持ってるならば、

そのトレード方法をやり続けるだけです」



ということですよね。



それで相場で勝つってのはイメージは人によって

違いまして、


勝率90%を求めるのか、

もしくは1回のトレードの利益率が20%を超えるトレード

を求めるのか


ぜんぜん違ってきます。



それでどちらかというと多くの人が求めてるのが

前者であって


短期トレードでトレード回数が多くて

勝率が高くて勝ち続けることであるわけですね。


そしてちょいちょい大きく負けるけどそれは勝率で

許容しましょう、という視点です。



けど勝ってる人というのはそれをやらないものでして

常に自分が楽にトレードができる状態で


自分の手法、マイルールを守って

やっているわけですね。


それがどうしても人間だから、時には崩れる兆候が

ありますが、それも自分自身で発見してすぐ修正して

またマイルールを守る日々に戻る。


そのうちそれが習慣化して日常になっていくわけです。



それでこの「楽にトレードができる状態」ってのは

別にPCが3台あり、モニター20台ある

とかそういう話ではなくて


「トレード判断が楽にできる時間足で

トレードしている」


ってことですよね。



この辺、3冊目に書いてます。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

3冊目の抜粋
【神レベルトレーダーの電子書籍PDF】

第3章「相場で儲ける人儲けない人の違い」
⇒  http://www.chart-ma.com/url/yu……/part3.pdf

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




それで重要なのが「果たしてそこでメンタルのことを考えて

スキャルを選択するかどうか」

です。


これは結構根崎さんが教えてることで大事なことで

やはり生徒さんで勝ってる人って


大半4時間足前後なんですね。



というのはスキャルの場合、稼ぐことへの意識が

強烈に強くなりがちですから


そこで自分に無理なトレードをしてしまうことが多いと。


ここで天才肌はメンタルを保てますが

普通はそこまでのメンタルがありません。



実際はトレード回数は自分が思っているより

少ないほうが楽にトレードができる方が

ほとんどなわけですね。



なので、勝てない人がスキャルはやらないほうが

良いでしょうし、


それは余計落ち込むだけだ、ということも

書かれていますよね。



また時間足が長すぎてもメンタルを保つのが

難しいですが、短すぎてもこれまた難しい。



なのでここで「自分のメンタルが良好に保てる

時間足」を見つけるのは大事ですが


それはやっぱり4時間足の人が多いんでしょう。

もしくは日足とか。


それで一定期間トレードを続けて、どれだけ勝って

どれだけ負けたのか確認して


トータルで少しでも勝てていれば問題なく、

それをやり続けて改良すればいい


というのが根崎さんの考え方ですね。



勝てるということを知らずにやり続けるのは

メンタル維持が難しいと。


この辺の「メンタル」の部分は大事だから

ぜひ読んでみてくださいね~





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

3冊目の抜粋
【神レベルトレーダーの電子書籍PDF】

第3章「相場で儲ける人儲けない人の違い」
⇒  http://www.chart-ma.com/url/yu……/part3.pdf

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





それで次に重要なのが



【知識】



になります。



上記のようなマインド部分の大事さを知ってる、

プロスペクト理論理解してる、

ダウ理論理解してる、


なんてのも「知識」ではありますが、


例えば車の教習では

どれがアクセルでどれがブレーキで

どう操作すればよいか、学ぶはずです。



もし何もしらないでやってしまったら

非常に危険でして、


やはり知識は力であって、


この知識がないと、そもそもマインドも

技術もうまく回らないってことですよね。



ちなみに以前「知識」の重要性については

メルマガでもすごい扱いましたが




PDFにしてます。


これは金持ち華僑たちも重視する考え方です。


華僑たちはこの知識のことを

資本に対して「知本」というくらい大事にしており


最近はもうユダヤをしのぐ勢いで金持ちになってきている。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

PDFレポート
【「知本×資本=金持ち」の公式について考える!】
http://fxgod.net/pdf/chihon.pdf

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



以下に私の文章を再度、引用します。


====================


金持ちの華僑たちなんかは資本に対して
知識に関しては
「知本」というけども、


この知識の知本、
~~~~~~~~~~~~~~~
がないと資本は拡大しないと
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

よく分かってる連中ですよね。


やはり知識、すなわち資本に対する
知本が大事だ、

と私なんかは思います。

ちなみに上の結局検証やテストしてるやつが
金持ちになるという
簡単だけどかなり深い話はあるけども、

これも知識の一つなんだけど

普通の生活してるサラリーマンでこれを
知ってる人はほとんどいません。

それが大事くらいは言われてみれば分かるだろうけど

それが数年で資産数億、数十億と、
資産100万円くらいの

圧倒的差異をつけるほどの相関性を持つ
考え方であるというのは
知らないんですね。


例えば多くの人は1+1=2を
疑いません。

私たちは一個のりんごと
一個のりんごが合わさったら
二個のりんごになるから

1+1=2だよ、

と教わりますよね。

けど100%同じ形のりんごはないから
一個のりんごは300グラムかもしれないし
もう一個のりんごは250グラムかもしれない。

けど、そのりんご、という形状一つ、
人間がりんごと意識で認識してるものを

1と「決めつけた」上だと1+1=2は
まあ納得できるわけです。

300グラムだろうと、250グラムだろうと

一個のりんごだ。

ただこれが人間の男と女で
男と女も一人の人間にカテゴライズされるけども

1人+1人=2人だけども
それは男と女は実質かなり違いがあるわけだけど、

これなんかは時間経過を加えると
実際に男と女がチュッチュしてパコリますと、

1年くらい経つとオギャーと生まれて
人間が3人になる。

大家族だと10人以上になる。

この場合時間軸加えちゃうと
1人+1人=最初2人だけど10年経過すると
5人とか6人になるわけです。

ちなみに数字ってのは実は宗教の
一つなんだけど、
洗脳力が強い単語でして

元々神学からくるんですね。

例えばですが利子計算も何もかも数字だけども、


そして時間は24時間だけど
この24という数字で時間を区切るようになったのは
資本家が利子計算をするためなんです。

まあそれで、
資本と知本の関係は
これに似てると思いまして


資本も貯金だけカネだけあっても
増えないですが

そこに1+1の概念に
時間軸加えたみたいに

知本を加えると


一気に増えるわけですね。

これが東洋の華僑らの考え方で
西洋の考え方とは少し違いますが

どうもこの辺に金持ちになったりする
真実は隠れてると私は思います。

それで、
私はこの数年お金稼ぎを学んできたけど

金持ちとは何なのか?
と考えますが

色々な見方があるけども

一つの見方としてはやはり
付加価値を作った人が金持ちです。

ちなみにもっと言ってしまうと

知識がない=付加価値がない
ですね。

どんなものでも、
為替であろうと株であろうと
商品、サービスであろうと

必ず資本主義では自由市場における
売買が発生しますが

(※そこで「所有の絶対性」が必要。
例えばいつ国家にたくさん徴税されるか
人々がビクついてる社会では

自由市場の売買が機能しない)

ここでは必ず付加価値をつけて
安く仕入れたものを高く売って
資本家は儲けを出す。

例えばFXで言えば検証なんかは
売買に付加価値をつけるための作業と言えます。

車なんかでもたくさん付加価値がついて
原価以上の価格で売られるわけでありまして
それは資本主義の重要な形ですよね。

それで売り上げから原価を引いた粗利益は
実は付加価値なんです。


付加価値を付け加えられなければ
原価で売るしかない。

知識があれば何回も商品説明に足を運ばずとも
売れるからそこで人件費が下がって儲けが出るわけだけど

結局、粗利益は知識による付加価値で
あるわけですね。

この考え方が華僑たちに採用されてる考え方でありますけども、

まさに学校では教えてくれないことです。

けどそれは最近はネットのおかげもあって

他人

からその付加価値の源泉であると知識は
学べますからね、

私はいつもそのように考えますが

だから今の時代は考えようによっては
素晴らしい時代です。


「すばらしい他人」を文章や言葉の思想から
見つけやすい。

が、その知識はグーグルとかでは
昔は見つかったけども
最近は情報統制で知識を得られなくなってきたから

自分で 素晴らしい他人
を見つけていく姿勢は大事なものです。


====================



以上です。


なので知識、すなわち知本、


これはやはり投資、トレードでも付加価値をつけていくために

重要になっていく。





そして【技術】ですよね。

テクニック。



それで根崎さんの電子書籍で面白い話が引用されていて


宮崎監督の「紅の豚」の話が書かれています。



この作品中にあの 素晴らしい台詞がありまして、

それが


「飛べない豚は、ただの豚だ」


っていう台詞があります。


これはどういう意味があるのだろうか?



これは、豚が飛ぶから初めて「価値がある」といえるので

あって


そこで豚が飛ばなければ「価値がない」っていう話なんですね。



まず飛ばない、豚が飛ぶからこそ、そこに価値がある

わけですね。


一方飛ばなければ「価値はない」わけです。


普段飛ばない豚が飛ぶからそこに価値が発生するわけであります。


希少価値がそこに発生するわけですね。



知識自体が単なる豚だとしたら

そこに豚が飛べる技術、それをあわせて昇華できて


はじめて知識が生きてくる、わけですね。



だから知識だけ肥え太ってもだめで、

その知識をちゃんと実戦に昇華できる


そういう実行力、これが技術になりますよね。


ちなみにこの「技術」の話は電子書籍5冊目の検証あたりの

話になりますが、



ここで


「マインド」

「知識」

「技術」


の投資の3原則が揃って、初めて

利益が出るようになるってことですね。



それでたぶん多くの人は


「マインド」はほとんどなくて

「知識」はちょっと他の教材であって

「技術」はこれ検証しないからほとんどない


わけで


だから必然的に稼げないわけですね。



それで根崎さんが教えてることってのは

技術だけでも、知識だけでも、マインドだけでもなくて



それらを「複合して組み合わせる力」です、はっきり言うと。



ちなみに「頭が良い」とは何かというと

それは知識を東大生みたいに暗記が沢山できるとか

そういうことじゃないんですね。


知識なんてネットで調べれば事足りてしまう。



けど私たちはそんな時代で上記の知識の話で書いた


「付加価値」をつけて


原価1円のものを2円とか3円で売って

商いをできる力が必要です。



それでこの付加価値をつけるものは

2019年代の今何か?というと


「知識をつなぎあわせていく力」

であったりします。



「マインド」「知識」「技術」


それらが全て、みんなバラバラで存在してるけど

これをつなぎ合わせると


まさにフュージョンして、合体して
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
相当強い 経済事業体の個人が生まれる、わけです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



フュージョンって知ってます?

ドラゴンボールっていう漫画で


孫悟空とべジータが変な踊りして

「フュージョン!」とか言って合体するんです。


この両者は強いキャラクターながら

ぜんぜん違うキャラなんだけども


二人合体したら相当強くなるわけですね。



「マインド」「知識」「技術」


も同じで


これら3つが単独で存在していても意味がなくて

市場では希少価値が作られないけど


この3つが「合体」すると強烈な希少価値を発生するように

なりまして


商いに価値が発生して儲かる、わけですね。



これが本質ですよね。



それがまさに根崎さんが生徒さんに教えて

実戦させてることでもあります。




オリバー・べレスの言葉でこの前扱った



「トレーディングを成功させる能力とは

2つの欠点を持つ人を探す能力である。


つまりその能力は割安な値段で売ってくれる人と、

割高な値段で買ってくれる人を探す能力。


言い換えれば馬鹿を探す能力である」



って言う言葉があるけど

この「馬鹿」にはまさに


上記3つの 要素がバラバラだとなってしまう

わけですね。



けどその3つの要素がつなぎあわさると・・・


その人はまさに割安な値段で買い、

割高な値段で売る人、


に変わっていくわけですね!



ということでこの

「投資で勝つための3原則」ですが


かなり深いので、是非読んで学んでみてくださいね!


また次回は5冊目も見ていきましょう!


量は多いと思いますが必ず

あなたのこれからの人生に役立つ内容かとも

思いますので、


まずは今日中に4冊目まで読んでみてくださいね~







☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

4冊目の抜粋
【神レベルトレーダーの電子書籍PDF】

第4章「あなたのシステムトレードを作る」
http://www.chart-ma.com/url/yu……/part4.pdf




3冊目の抜粋
【神レベルトレーダーの電子書籍PDF】

第3章「相場で儲ける人儲けない人の違い」
⇒  http://www.chart-ma.com/url/yu……/part3.pdf



2冊目の抜粋
【神レベルトレーダーの電子書籍PDF】
第2章「自分の生活環境を考える」

⇒  http://www.chart-ma.com/url/yu……/part2.pdf


1冊目の抜粋
【神レベルトレーダーの電子書籍PDF】
一流トレーダーへの道を進む為に
⇒  http://www.chart-ma.com/url/yu……/part1.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


















コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください