無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【世界の工場から、世界の消費地になってきてるアジア】 (副題:サムソンのスピード戦略)

2019 4月 02 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【世界の工場から、世界の消費地になってきてるアジア】
(副題:サムソンのスピード戦略)
⇒編集後記で

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


どうもゆうです。
こんばんは。



さて、私はこの数年、色々アジアの国々に住んでいて

色々感じることがあるのだけど


もう最近はアジアが(BRICSも)世界の消費の中心地

になってきてるってことですよね。


今までは世界の消費地の中心がアメリカだったり日本だったりの

先進国だったわけですが



もうこれからどんどんアジアが世界の中心地に

なっていく感じがあります。


それでここで儲けるために大事なもの、それが

「スピード」でして、今日はこの辺

特にスピードで顕著なのが


今や世界中でスマフォが使われてるサムソンなのですが

今日はその辺も踏まえて考えて行きます。

編集後記で!








☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
    【FX新案件】


FXで年収3000万円、5000万円はこんなにカンタン!?
99%の人が知らない、FXで稼ぐために必要な「あるモノ」とは?
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/50/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

     
(以下は学びたい方が学べるPDFなど)


PDFレポート(国際政治の話。運用資金が大きい方は
参考にされてください)

【ロシアゲートの無罪が確定したトランプ大統領】


⇒  http://fxgod.net/pdf/russia_ga……_trump.pdf




PDFレポート(FXや株の話)

【なんでトレンドラインは
角度が緩いほうを使うと「強い」のか?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/yurui_trendline.pdf



【音声プレゼント(ビジネス)】『何が』お金になるのか??
⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……ukachi.mp3



PDFレポート
【最近日本のホテルは超高い?という話】
⇒  http://fxgod.net/pdf/hotel_takai.pdf



PDFレポート
【関西のアジア人観光客はめっちゃ元気!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/kansai_asia.pdf


PDFレポート
【現代は 裁量トレーダーが補助用EAを使う時代 という話】
⇒  http://fxgod.net/pdf/sairyou_ea.pdf


PDFレポート
【お金の使い方 1消費2投資 について考える!】(経済学)
⇒  http://fxgod.net/pdf/shouhi_toushi.pdf


PDFレポート
【経済学の貯蓄=投資の公式と、知識投資について考える!】

⇒  http://fxgod.net/pdf/chochiku_toushi.pdf


PDFレポート
【QE(ジャブジャブマネー)を再開しそうなアメリカFRB】
⇒  http://fxgod.net/pdf/qe_america.pdf



PDFレポート
【スタグフレーション下で生きる日本人は
どうやって資産を増やしていけるか?】を考える!
⇒  http://fxgod.net/pdf/stagf_shisan.pdf



PDFレポート
【なんか日本の物価がめっちゃ上がった気がする・・・という話】
⇒  http://fxgod.net/pdf/nihon_bukka.pdf



PDFレポート
【海外移住に英語は必須なのか?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/iju_eigo.pdf



PDFレポート
【なぜ国は磯貝さんの10億円が3000万円になったところで
課税で潰しにかかったのか?を考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/10oku_3000man.pdf



PDFレポート
【「情報」には「大衆情報」と「最高情報」がある?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/saikoujou……jouhou.pdf



PDFレポート
【米韓合同軍事演習を終了させていくことをツイートした
トランプ大統領】
⇒  http://fxgod.net/pdf/beikan_tweet.pdf


PDFレポート【今週もガッツリ検証しましょう!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/gaturi_kenshou.pdf


PDFレポート
【FXや株やビジネスの塾や教材で結果出す人がしてる事は何か?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/kekka_dasuhito.pdf


PDFレポート
【日本の「うつ社会化」について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/japan_utushakai.pdf


PDFレポート
【貧乏なイケメンより金持ちのハゲの方がモテる2019年】
⇒  http://fxgod.net/pdf/rich_hage……moteru.pdf



PDFレポート【損きりできない問題】
現状維持バイアス+プロスペクト理論とは?
⇒  http://fxgod.net/pdf/genjou_bi……ospect.pdf


PDF【「パソコン開けるお気に入りのカフェ」を見つける重要性とは?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/pc_cafe.pdf

PDF【トランプ大統領は
在韓米軍、在日米軍に「揺さぶり」をかけて行く】
⇒  http://fxgod.net/pdf/trump_bei……saburi.pdf



PDFレポート【投資の資金管理において
「余剰」こそが「余裕」を生み出す!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/yojou_yoyu.pdf


PDF【「知本×資本=金持ち」の公式について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/chihon.pdf


PDF【「休戦」状態になっている米中貿易戦争の
今後について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/kyusen_beityu.pdf


PDFレポート
【FXの「日足トレードのスタイル」について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/fx_hiashi.pdf


PDFレポート
【「稼げるようになった人が税理士を雇う必要性」について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/zeirishi.pdf


PDFレポート
【IT新時代のダブルスキル の話】
⇒  http://fxgod.net/pdf/double_skill.pdf


PDFレポート
【FXの検証で有利なのは自動売買トレーダーより裁量トレーダー?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/fxsairyou_tuyoi.pdf


PDFレポート
【「めんどくさいFX検証」の工夫とは?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/fx_kenshou10.pdf



PDFレポート
【北朝鮮の金正恩と「意図的に破談する演技」をした
トランプ大統領の思惑とは何か?を考える!】
(⇒日朝首脳会談シナリオ)
⇒  http://fxgod.net/pdf/nichou_sh……kaidan.pdf


PDFレポート【高確率で儲かるかも?動画学習】
「未来の2023年までの世界のGDP推移」を知る!
⇒  http://fxgod.net/pdf/2023gdp.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
















===========編集後記==============

さてさて、ここ最近というかこの数年、

もうどんどんアジア全体が世界の消費地になってきてるな、

と感じます。


アジア全体でどんどん中間層が誕生しているわけですね。


これは私のメルマガでもマレーシア、台湾、韓国の動向を

現地から良く書いてるけど、


まあほんとどんどん中間層ってのが今までは先進国中心だったのに

その先進国の中間層がいなくなるなか、


アジアではどんどん中間層が誕生しており、旺盛に消費している。


これは日本にいても多くのアジア人観光客がやってきて

消費しているのを私たちは目にします。


それで私は世界に投資をしているからこの辺もよく

勉強したり考えたりするのだけど、



どうもこの数十年で

1国際化⇒2グローバル化へと変化してきてると。



ちなみに、世界では保護主義が云々かんぬんで色々言われてるけど


私のメルマガ読者はご存知のように


今のトランプ大統領の感じを見るに明らかにこれから

世界のグローバル化は本格化していくってのが2020年代です。


ちなみに、トランプの後ろにいるのがキッシンジャー博士だけど

彼の思想は 今までの世界の消費地の中心はまさにアメリカで


アメリカ人たちが旺盛にクレジットカード使って

貯金もしないでとにかく消費するように仕向けてなんとか

世界経済の成長力を引っ張ってきたけど


もうそれは限界だと。


だからこれからは今まで未発展だった

国々をしっかり発展させて、そこで中間層を作り出して

これは主にアジア圏だけど、そこで旺盛に消費させることで


世界経済を発展させるというのが彼の思想ですよね。


トランプの思想もそれ。


ちなみになんでトランプがアメリカの帝国覇権を衰退させたいか?

っていうと簡単で


アメリカが帝国だと確かに帝国には消費地ができて

あとは属国の日本でも消費地ができたけど


そこで消費は引っ張れるけども、やはり限界があると。


またここで帝国化が進むとフィリピンとか北朝鮮が分かりやすいけど

発展できない地域があって経済の効率性が失われるっていう

考え方があるんですね。


だから帝国は一定程度これから衰退させるけども

その代わりBRICSなんかの地域を発展させて中間層作り出して

そんで彼らに消費させて世界経済成長率を維持していく


っていう大きな考え方があるんです。



今はそのルールで動いていて、この前のロシアゲート事件でも

トランプの勝利確定となりましたから、


もうやはりそうなっていくのは間違いないという状況。


それで上記の


1国際化



2グローバル化の違いなんだけど


1国際化ってのは今までの日本がやってきたようなことです。


すなわち「安価なアジアの人件費」とかを考えて

それでアジア新興国に工場なりを作って、



それで自動車生産なりをするんだけども、

それを先進国で販売する、なんてモデルですよね。


ちなみにわたしの友人でもそういうビジネスモデルで

工場持ってる人間がいるけど


ただこれは従来の「国際化」の流れでしかなかった。


だから今までは「人件費安いアジアに工場持ったぞ~すごいだろ」

位の感じではあったわけです。


実際に、それで利益を上げられた。


けど最近は状況が変わってきるのはご存知の通りで

例えば今まで安価だったアジア各国の人件費ってのは

どんどん引きあがってるわけですね。



普通に今まで月5万円で雇用できた国でも

月10万円近く出さないと雇用できなくなってきてると。


ここでまだ対応が遅れてるのがどうも日本企業の姿であると。


それで発想を変える必要があって、ここで

「アジアはもはや工場ではなくて立派な消費地なのだ」


っていう考え方が2020年代は大変重要になってくる

ってことです。



今まではアジアって言えば安い人件費が魅力だったけど

もうそうじゃないと。


ただアジアの魅力は「旺盛な消費力である」っていうところに

フォーカス当てる時代になってきていて


すなわちこれが国際化からグローバル化への考え方に

なるわけですね。


それでBRICS地域なんかは目覚しい発展であって

ブラジル、インド、ロシア、中国なんかは

すごい成長力です。



それでトランプ大統領の政策、成り行きを確認するに


もうこれからBRICS中心になるのが間違いない時代に

入ってきてまして


もちろんこの主張は少数派だけどやはりそうなってくる、

んです。


BRICSの国土面積は世界の30%、


人口では世界の40%だけども


人口動態見てもアメリカの4倍以上、

日本の10倍以上となります。



それでどうも色々な観点で分析しても

もう2020年代には彼らBRICSがトータルで

先進国を上回っていくってのが


現実的な見かたになりますよね。


それは日本にやってくるアジア人観光客で

以前は韓国とかの人が多かったけど


もうあらゆるアジア各国からの観光客が最近増えてるっていう

実感ありませんか??


イスラム教のヒジャブとか身に着けてる観光客も

よく見るだろうけど、


あれはインドネシアとかマレーシアの観光客が多いと

思います。



まあとにかくこれからBRICS地域とかアジア各国が

トータルとして経済規模を先進国を追い抜いていくわけです。



さて、そんな経済見通しが最近は一部のファンドなんかで

され出すようになっているけど


まだ非主流です。


やはり多くの人はまだまだアメリカ帝国覇権が続くって

妄信してるし、


先進国はこれからもまた先進国だ、と信じている。


けどよーく見れば観光客の旺盛な消費力とか、そういうのを

日本国内でも見られるはずで


そういうところで違いは気づけるんです。


それでこれから私なんかは大筋ではこれは

その通りになると見てますが


やはりアジアが消費地のメインになるわけで

ここで安価な労働力を求める日本企業の今のあり方ってのは

もうかなりのスピードで変化しないとまずいと思いますよね。



BRICSなんかの新興国については

コストを抑える工場じゃなくて

旺盛な消費地として考えていく必要があるわけです。


ただ徐々にこの流れで方向転換してきてる企業も多くて

特に日本の飲食系の中規模事業者はすでにアジアに

軸足を移しだしてるところもあります。




工場なんかもその土地において、

それで地域密着でものづくりなり、サービス展開して

それで地域で消費してもらうっていうのが


真の意味のグローバル化になってきてると。



ただこの10数年を見ると日本企業は明確に

それに遅れを取ったってのは事実としてあったわけですね。


かつて、ものづくりってのはアナログ的な考え方で行われたけど

印はデジタル化が進んで劇的なスピード変化が起こってきた。


デジタル化で製品のモジュール化ってのが進んできた。

すなわち、従来のような個々の製品じゃなくて

それらを組み合わせた部品群の組み合わせで開発とか製造を

考える発想ですね。


これモジュール化の意味。


それでデジタル化によって

「多様な、多品種なスピード設計」が可能になったんだけど



ここで各国の競争がこの10数年行われたわけです。


今まではハイテク製品っていうと日本企業のものだったけど

最近だとマレーシアに暮らしていると


中国製のテレビだったり、あとはみんなに人気なのが

台湾のメーカーのスマフォだったりあとは韓国のサムソンも

人気ですよね。アップルはちょっとIPHONE高いから

敬遠されてると思います。


それで私なんかはよく韓国にいたりすることもあって

この彼らの「スピード」の部分は学んで、良い意味で考え方を

盗むのは大事だと思って色々勉強してるのだけど



とりあえず新興国を工場じゃなくて消費地として捉えるという

転換が早い企業が今はアジアで一気にシェア伸ばしている現状

ですよね。


それで真のグローバル化だと

例えば現地で人材調達するのはもちろんだし、


資材調達も現地でしていくわけです。



それで例えば日本企業がもし新興国で売るならば

日本で販売してる商品そのまんま売るんじゃなくて


その国のニーズにあわせた商品をモジュール化利用して

かなりのスピードで

製品提供していくことが必須になってきてる、わけですね。



ここで、日本企業はこの10数年負けてしまっていて

実際にどんどんスマフォなんかは韓国とか中国に取られている

ってのが現状なわけです。



例えば上記のその国にあわせた商品開発をモジュール化利用して

かなりのスピードで提供するってことができないと


すぐにシェア奪い取られるわけで、


ここで日本企業が韓国のサムソンに負けまくってるってのは

やはり海外に住んでると感じるのですね。


それで私はなぜ彼らサムソンなんかが

やたら勝ってるのか、ってのはかなり興味深く見ているわけで


実際に日本のトヨタの1.5倍以上の時価総額に

サムソンは急成長してる。



ちなみに私が覚えてるのが20年位前にサムソンが

音楽用のコンデンサーマイクなんかを開発していて


「サムソン?なんだこの怪しげな韓国メーカーは」

って思ってたけど

意外に結構雑誌なんかでは評判が良いものであった。


まあそれが一気に大きくなった。


それでまあ韓国うんぬんになると、日本の公務員だったり

第3セクターに属する方中心のネットウヨという人たちが

すごい嫌いですからね、


まあその影響受けてる人もいらっしゃるだろうけど

やはり私は彼らのこのスピード成長は無視できないな

と思うわけです。


ちなみに、韓国人でサムソンに勤めてる人にこの前聞いたけど

すんげえ仕事大変らしい。


もう激務らしいけど、ただその代わりカネは良いと。


それでそのサムソンだけど、なぜここまで最近の

新興アジア国でシェアを伸ばしまくってるのか?というところですが


どうもこれが「判断速度」なんですね。

「スピード」、です。



この「スピード」の重要性を私は勉強していて、

まあそれでサムソンに行き着いたのだけど


これはネット業界でも「秒速」こと与沢さんが

その圧倒的スピードを武器に大成功してますよね。



たぶん多くの人がなんとなしに

「スピードがどうも重要っぽい」ってことに気づいてる。



ちなみにこれはこの前「民泊」のことを書いたけど



PDFレポート
【最近日本のホテルは超高い?という話】
⇒  http://fxgod.net/pdf/hotel_takai.pdf



実は以前インフォの業界で民泊の無料オファーとか

セミナーとかってすごい流行したんですよ。


んで実はこのころですが民泊ってめっちゃ儲かるビジネスモデル

だった。


2014年くらいだったでしょうか。


このときはもう投資を100万円したら3ヶ月足らずで200万円

稼いで、また3ヶ月で200万円投下して

また3ヶ月で400万円とか、すごい状況だったと記憶してます。


そこで一気に億万長者が増えたんですけどね、

まあ国家官僚に潰されました。


ただこれもスピード感もっていた人たちは大もうけしたわけです。


やっぱりスピードって大事なんですね、どの業界でも。


それでそれを大企業レベルで行ったのがおそらくサムソンでして


彼らもまたいわゆる秒速であったわけです。



新興国市場ではもう徹底的にヒットする商品を

世界中のどの企業よりも早く提示する必要があったわけで


他のメーカーより先駆けてヒット商品を送り出して

「その国のブランド」になるのがこの10数年何よりも

大事だったと。


もちろん今も。


それで携帯電話分野でサムソンは成功していきましたが

その際にどうも上記のモジュール化を利用して


各地域ごとのこと細かく分けて考える商品開発を

行ってるんです。


これは例えば日本の携帯電話ってのは

まあ使わない機能が沢山ある。


新興国の人が使わない機能が沢山盛り込まれていて

ここで高くなってしまうわけですね、値段が。



一方サムソンはどの地域でどの機能が求められて

どの地域ではどの機能が必要でないか、


緻密に調査していたそうです。


分かりやすい事例だとアフリカだとそもそも

メール機能も必要ないと。



またサムソンじゃなくてLGの場合だけど

LGの場合はイスラム圏の国向けの携帯電話に

「メッカ」の方向を示す機能をつけて、


それで「メッカホン」ってのをヒットさせてる。


そこでどうもいらない機能は徹底的に削ぎ落とし、

必要な機能を追加するという戦術で


これで価格は低く、そしてスピード感あふれる経営に

成功してるわけですね。


たぶん日本は政治的な問題があってサムソン使ってる人は

少数だけど、


実際にアジア人観光客の若いやつらの携帯とか

横の席で観察してたらサムソンが多いのは気づくと思いますが


実際に彼らの時価総額がもうトヨタの1.5倍とかに

なっているのは現実ですよね。


日本のおじさんたちはやはりまだ

ジャパン アズ ナンバーワンを引きずるので

冷静にこのスピード分析をできていないけど


私たち若い世代はやはりこの隣国のメーカーの

スピード優位性を分析する必要はあるんだと思います。




それでどうも分かってくるのが


「スピード」がビジネスを制すると。


投資対象企業でもスピードがあるかどうかは大変重要だと

いうことです。



それでここで大事なのが「空気読まない」ことで

日本だとみんなと同じタイミングで橋を渡ります。


石橋をたたいて渡れって言う言葉がありますが

まず誰かが渡った橋を渡る。


ただ韓国の最近の若い人はどうも接してると違って

とりあえず渡っちゃうんですね。


んで時々失敗します。


んでここで私なんかは日本人だから

どうしても「失敗要因は何か」と考えてしまうけど


これが恐ろしいところでどうも韓国語分かって、韓国人と

話すとマインド自体が違う、ってのを発見します。


すなわち失敗要因を彼らって 敢えて分析しなかったりする。

本当に。


最近の20、30代の韓国人たちってそうです。

これはなぜか?っていうと


「だって失敗要因を検証しても

結局市場の状況は明日はまた変わる。


ならばさらに仕掛けたほうが良い」


って考えるんですね。


これは日本人の私には最初まず理解できなかった考え方ですが

本当にそう考えるんです。


ただここでスピードは発生するので、

やはりそこでスピードが圧倒的優位性になって


そこで市場を取ったりするわけですね。



ちなみにここで日本企業の意思決定と

韓国企業サムソンなんかの意思決定の違いがありますが


日本企業だと上層部の決定なんかも大事になります。


日本だとトップダウンになっておりまして

上層部の決定がないと何も始められないという

決定方法でして



例えば経営者に判断を依頼する際に

本来は無用である過去の実績を重視した

資料を作成するためにそこで調査を続けたりする

必要が出るわけですね。



それを提出して、役員会での議論が行われて

ようやく決定するわけで


それまで1年以上かかったりする。


ただもうその1年の間に市場状況が変化してしまったり

して その1年後に決まったものはもう時代遅れ

となってたりするわけです。


一方サムソンなんかではこの意思決定プロセスを

相当考えたようで、


グローバル化への対処方法は最初にサムソンでも6ヶ月は

議論したそう。


その結果、2000年以降従来のトップダウン形式を捨てて

ボトムアップ形式にした。




だからトップは将来的な理念や方向性を抽象的に

示すんだけど


あとはもうそのためにどうするかは下の人間たちに

決めさせるっていう方向性にしてるんですね。



だから長期スパンの動きはある程度トップは言及するんだけど

短期の部分の決裁権なんかは部下に持たせてしまうってことを

サムソンはやったわけですが


ここで理念と方向性を理解した部下たちが

どんどんすごいスピードで意思決定してきて


それがどうもサムソンの急成長の原動力となっていると。



ここでは幾分失敗もあるでしょうが

もうそれより仕掛けていくことを重視したわけですね。


成長期ですから、もうどんどん失敗恐れず仕掛けていったほうが

効率が良いという超合理主義の考え方です。



これは私なんかは最初驚いたものですが

やはり彼らがこのグローバル化の世界市場で勝ってるっていう

現実は知っておきたいわけですね。


すなわち世界の企業に投資するにしても

意思決定プロセスなんかはその企業の広報だったり

情報を色々調べていると見えてくるんだけど


そこで意思決定プロセスが早いかのろいか、

ってのは投資先企業を選定するのにかなり大事なんでしょう。


今日の決定が明日になれば市場の状況は

全く変化するかもしれないわけで


そこで「スピード」が相当大事になるわけですね。


特にネット時代になって状況変化はめちゃくちゃ

早くなりましたが


そこでより重要になるのがスピードなんでしょう。


ちなみにサムソンの人らの考え方はいろいろ参考になるけど

「過去やったことがある人がいるもの」はあまり

仕掛けなかったりするわけですね。


これは私たち日本人の考え方とやはり逆ですが

私たちの場合は 官僚的思考が小学生のうちから

教育で染み込んでしまってるから前例思考ってのが

強い。


だから「以前に誰かがやっていて成功してるから」

始める人は多い。


けどサムソンの人らは仕掛けるときに

誰か他の人がすでに同じことをやっていたら


「やらない、却下」とするわけですね。


ここでLGなんかも一緒できっと上記の

「メッカフォン」はその考え方で出てきてる。



なので以前書いたけど「みんなと一緒は悪(あく)」を

地で行ってるのが彼らだけど


おそらくそこで希少価値を作るのに成功しやすくなるので

経済的にも時価総額が伸びまくってるという分析はできます。



それで上記は企業の話だけど

最近はもう企業体がもっと小さくなって個人が

企業のように売り上げ立てたり、利益を出したりする

時代ですから



上記のスピード思考は個人でも大事ですよね。



ちなみにユーチューバーがなぜ莫大な利益出すかってのも

スピード思考で 企画構成とか撮影とか編集とか


今まではトップダウンで色々必要だったものを個人が

一手で行って動画をパンパン出してくるから


もう企業体でやってるテレビ局はかなわなくなってきていると。

スピードが速い人がやはり儲けてますよね。



これからは個人が上記の企業体と同じことをやる時代だから

もうそこでスピードがさらに重要になる時代ですね。




それで「スピード」といった場合に大事なのが

やはり決済スピードでして


もう自分のお金ってのがあるけども

それをどんどん投下していき、


だめだったら引き上げる、うまくいったらどんどんまわしていく

っていう、



こういうマネーの回るスピードも大事になってきそうです。



マネーの回るスピードが遅い個人の場合、やはり

収益機会をどんどん逃すわけで


ここでキャッシュのフローをどんどんまわしてるひとが

お金持ちになってるってのは私が見てる現実ですよね。




私なんかもこの辺のスピードでまだまだ反省があるのだけど

銀行口座にお金が滞留してる時間が長い人ほど


稼げないってのが現状でしょう。


これがすごいスピードで回ってる個人はやはり

億万長者になってる。


まあだからスピードがもう第一義的に重要な時代になってきてる

ということですね。


特にこれから、BRICSなんかを中心に

どんどんアジアで消費市場が出てきて、


そこで儲かる投資対象、稼げるビジネスなんてのは

多く2020年代に出てくることが想定されますが


そこで勝つのは決断スピードが速い人なんでしょう。


優柔不断は貧乏になると。


例えば何か決めるにあたって人に聞かないと動けない人ってのは

多いけど



ここで一番早く聞けるのは自分自身です。


自分自身に聞けば一番早い。


だからここで自分自身の自己決定スピードを早くできる人が

きっとこれからの時代億万長者になっていきます。


時には失敗しますが、それも結構していれば

精度はさすがに人間だから上がっていく。



ちなみにこのスピード、に関しては

私なんかはビジネスの先生の柴野さんに最初学んだことで

最初は意味が良く分からなかったけど


今の時代になって痛いほど、分かるようになりました。


ちょっとマネーのフローが遅くなるだけで

収益性が落ちることってのが増えてきましたよね。



お金、マネーってのは儲かるところ、儲かるところに

サラサラと流れる性質があるんだけど


この流れるスピードをどんどん早くするってのが

おそらく今の時代に適した考え方なのでしょう。



とりあえず失敗しても死ななければなんとかなるので

その考え方が大事になりますよね。


私たち日本人は守ろうとしますが、

もちろん守りも大事だけど


実はスピードがもっとも強い守りになってる時代です。


私もアジア企業への資金投下だとか、その辺は

かなりスピードをこの数年あげましたが


やはりそれが結果としては守りになったな、と思いますし


ビジネスでも同じですよね。



だからスピードが守りになってる時代ですね。


それでこの傾向はこれからBRICSなんかでアジアが

工場ではなくて消費地になってくる中で

より進んでくる傾向でしょうから


スピード、を意識していくのがこれから大事ですね。


そしてその際に 周りが沢山やってるものはNG候補

ですよね。



すでにやってる先駆者がほとんどいないのが正解候補と

なりそうです。



すなわちこれからの時代で稼いでくる個人は

かなりの変人で社会不適合者ばかりになりそうですが


それは時代の必然ですね。



世界の大きな市場ルールが変わってきてるので

私たち日本人もその変化を理解して

考え方を変える時期にありそうです。


スピードが守り、そんな時代ですね。

そして私たち日本人はどうしてもこのスピードが弱いけど

日本の精巧さにスピードが合わさったらかなりの競争力を

発揮しそうですので、


自分の投資やビジネスにスピードを加味するには?

を考えるとこれからの時代強いかもです。


では!










☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
    【FX新案件】


FXで年収3000万円、5000万円はこんなにカンタン!?
99%の人が知らない、FXで稼ぐために必要な「あるモノ」とは?
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/50/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

     
(以下は学びたい方が学べるPDFなど)


PDFレポート(国際政治の話。運用資金が大きい方は
参考にされてください)

【ロシアゲートの無罪が確定したトランプ大統領】


⇒  http://fxgod.net/pdf/russia_ga……_trump.pdf




PDFレポート(FXや株の話)

【なんでトレンドラインは
角度が緩いほうを使うと「強い」のか?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/yurui_trendline.pdf



【音声プレゼント(ビジネス)】『何が』お金になるのか??
⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……ukachi.mp3



PDFレポート
【最近日本のホテルは超高い?という話】
⇒  http://fxgod.net/pdf/hotel_takai.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★








































«  【世界の工場から、世界の消費地になってきてるアジア】 (副題:サムソンのスピード戦略)  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください