無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【経済学の貯蓄=投資の公式と、知識投資について考える!】

2019 3月 27 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【経済学の貯蓄=投資の公式と、知識投資について考える!】
⇒編集後記で
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



どうもゆうです!

読者さん、こんにちは。



さて、昨日は

【日本のテレビ局が使う具体的な洗脳手法】について考える!

っていう号を流しましたが、



テロップ付けてる制作陣の人とかはたぶん分かっていないで

ただやってる人も多いだろうし、見てる人も気づいていないけど


思考力が下がるってのが実験で出てるってのはなかなか

みんな知らないことですよね。


読者さんの親から受け継いだ生来の優れた思考力を

維持、上昇させながら生きていくのはきっと

よい人生につながることかとも思いますから、


読者さんの思考力が全ての壁を打破する剣になりますからね、

それを守るのはとても大事なことだ、と思って書きました。



それで、この前ですが

以下の内容をお渡ししました。



PDFレポート
【お金の使い方 1消費2投資 について考える!】(経済学)
⇒  http://fxgod.net/pdf/shouhi_toushi.pdf


ちなみに私は上記の内容って早稲田に在学中に経済学の授業が
あってそこで基礎で最初習ったんだけど

学校の勉強で多くのことは役に立たなかったけど

大学で学んだことは色々自分が大人になってからもフル活用で
役立ってきたなって実感はあるんですね。


これは私が、昔ブラック会社で、警察からの天下りのコンプライアンス部と

闘争した話も時々書くけど、そのときも欝で自殺に追い込まれないで

戦えたのも 大学で学んだ知識があったからだったんだけど、


そういうのを経験して、やはりこういう民衆知識は

幅広く共有されるべきだ、みたいな私の勝手な考え方が

あるわけです。


そのために情報を低コストで届けられる

インターネットがあるわけですから。




それで上記の投資と消費の考え方ってのはすごい

今でもずーっと役立ってる話で私の資産を築いてくれた話でも

あるんだけど


ただここで少し補足したいのが、

「貯蓄は投資なのだ」って話です。


これいまいち分からない人も多いと思いました。


今日は儲ける学問である、

経済学におけるこの辺の考え方を

もう少し詳しく掘り下げて説明します。


編集後記で!













★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

PDFレポート
【お金の使い方 1消費2投資 について考える!】(経済学)
⇒  http://fxgod.net/pdf/shouhi_toushi.pdf

PDFレポート
【QE(ジャブジャブマネー)を再開しそうなアメリカFRB】
⇒  http://fxgod.net/pdf/qe_america.pdf



PDFレポート
【なんか日本の物価がめっちゃ上がった気がする・・・という話】
⇒  http://fxgod.net/pdf/nihon_bukka.pdf



PDFレポート
【海外移住に英語は必須なのか?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/iju_eigo.pdf



PDFレポート
【なぜ国は磯貝さんの10億円が3000万円になったところで
課税で潰しにかかったのか?を考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/10oku_3000man.pdf



PDFレポート
【「情報」には「大衆情報」と「最高情報」がある?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/saikoujou……jouhou.pdf



PDFレポート
【米韓合同軍事演習を終了させていくことをツイートした
トランプ大統領】
⇒  http://fxgod.net/pdf/beikan_tweet.pdf


PDFレポート【今週もガッツリ検証しましょう!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/gaturi_kenshou.pdf


PDFレポート
【FXや株やビジネスの塾や教材で結果出す人がしてる事は何か?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/kekka_dasuhito.pdf


PDFレポート
【日本の「うつ社会化」について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/japan_utushakai.pdf


PDFレポート
【貧乏なイケメンより金持ちのハゲの方がモテる2019年】
⇒  http://fxgod.net/pdf/rich_hage……moteru.pdf



PDFレポート【損きりできない問題】
現状維持バイアス+プロスペクト理論とは?
⇒  http://fxgod.net/pdf/genjou_bi……ospect.pdf


PDF【「パソコン開けるお気に入りのカフェ」を見つける重要性とは?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/pc_cafe.pdf

PDF【トランプ大統領は
在韓米軍、在日米軍に「揺さぶり」をかけて行く】
⇒  http://fxgod.net/pdf/trump_bei……saburi.pdf



PDFレポート【投資の資金管理において
「余剰」こそが「余裕」を生み出す!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/yojou_yoyu.pdf


PDF【「知本×資本=金持ち」の公式について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/chihon.pdf


PDF【「休戦」状態になっている米中貿易戦争の
今後について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/kyusen_beityu.pdf


PDFレポート
【FXの「日足トレードのスタイル」について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/fx_hiashi.pdf


PDFレポート
【「稼げるようになった人が税理士を雇う必要性」について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/zeirishi.pdf


PDFレポート
【IT新時代のダブルスキル の話】
⇒  http://fxgod.net/pdf/double_skill.pdf


PDFレポート
【FXの検証で有利なのは自動売買トレーダーより裁量トレーダー?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/fxsairyou_tuyoi.pdf


PDFレポート
【「めんどくさいFX検証」の工夫とは?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/fx_kenshou10.pdf



PDFレポート
【北朝鮮の金正恩と「意図的に破談する演技」をした
トランプ大統領の思惑とは何か?を考える!】
(⇒日朝首脳会談シナリオ)
⇒  http://fxgod.net/pdf/nichou_sh……kaidan.pdf


PDFレポート【高確率で儲かるかも?動画学習】
「未来の2023年までの世界のGDP推移」を知る!
⇒  http://fxgod.net/pdf/2023gdp.pdf




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆








============編集後記============

さて、私はここ最近日本にきて色々書籍も買って、

経済学についても学びなおしております。


というのが自分自身がある程度順調に総資産は増えてきたのだけど

見返すと、色々学んだけど経済学の知識がやはり大きく役立ってるな


というのはどうしても感じるのですね。



ただこの業界ではこの類の話ってのはまあはっきりいうと

人気がぜんぜんない話です。


だからやはりツールとかロジックとか誰でも稼げるなんちゃらかんちゃら

のほうが人気があるのは事実なんです。



ただそれを使いこなす人でも、

それこそこの前書いた1消費 2投資割合を考えてる人で

投資割合を高い状態で毎月維持してる人で


「常に毎月のようにテスト行える人」と、

「ワンチャン狙い」でそういう教材を買って

「一発勝負」する人が


戦ったら・・・2年3年でどっちが資産築いてる確率って

高くなる??


というとやはり前者なんですね。


もちろんたまに「ワンチャン狙い」の人が

昔ADAコインで数億円稼いだ人が現れたように

たまーーに勝利するのもあるのですが


ただそれって結構「運」に近いものがあります。


ただ 私は色々な億万長者で、それで

「長いこと」少なくとも10年以上億万長者で

資産増やしてる友達も多くいるけど


彼ら見ているとワンチャンの人0です。


ワンチャンの人は大体3、4年で消えていくなというのが

私がこの10年くらいで学んだことです。


結局思考力を持って戦略的にビジネスなり含めた投資を

仕掛けてる人たちが資産をさらに拡大してるってのが

私が見てる現実です。


世の中厳しいですね。


ただ悲観することはなくて、

というのはネットがあるから世の中の知識は

20年前とは比べ物にならないくらいネットで

無料で手に入るわけですから


そうやって知識つけていったら地力も高まるものです。


私の母なんかも宝くじ買うような人ですから

ワンチャン好きな人ですからよく分かるんだけど


まあたまに宝くじみたいに勝負してもいいけど

その間地力もあげていく、ってのがこれからの時代大事です。


それで、以前に1消費 2投資の話は書きましたが、

少し分かりづらかったのが


貯蓄も投資なのだ、って話かと思います。



経済学では「貯蓄は投資と一致するのだ」

と言う話で教えられるけど


これ、意味が普通の感覚だと分からないと思うんですね。


けどやっぱりこここそが マイナス金利の日本人が

本当に理解しないといけないところで、


もっというと理解させたくないからマスコミ報道があるんだ

とも私は思います。



それで経済学で言われるのが人はお金稼いだら

その何割かを使って、消費して(効用を得るために)

そして残りを貯金するわけです。


それでお金は色々なところを経由して、賃金の形になって

戻ってくる、、ということになってます。


ただまだ日本のように実質的に社会主義の国では

そのようにはなっていませんからこれは仮定の話であるようにも

私は思うけど


資本主義ルールが徹底された社会の場合、

経済全体で見ると お金を使う人と払う人は同じということには

なってるわけですね。



それで私たちが生活レベルでも納得できるのは

人は消費に一定割合を使って、一定割合を貯金貯蓄してる

って話だと思います。



この消費者全体を「家計」とか言いまして

家計は 一部を消費、一部を貯金するわけです。



それで貯蓄の大半はたんす預金とかを入れない限り

大部分は「銀行預金」となるわけですね。


ただ銀行は金利をあげて 顧客の金を転がして

儲けるビジネスですから、


ここで銀行は企業に本来ならば貸付されるわけです。


そこでその預金を、企業は設備投資に使って、

そんで利益を上げるわけですが


銀行はその貸付の分、金利をもらって

そして預金者に金利を年間3%なり4%なりつけてくれる

わけですね。



こんな話を書くとやはり日本では金利が付いていない時代が

何十年も続いてるから


「そんなの日本では実感できないよ」


って話にもなるんだけど


これはあくまで資本主義国の話であります。


日本の場合は金利がつかない、ゼロ金利であるから

資本主義を放棄してるわけですが


たとえば、本来の銀行業務は貸付ですが

この貸し付けも最近はあまり銀行はしたがらないと。


これは不況で企業たちがお金借りても返せない自体が

多いですから銀行もそこでリスク取れないとなっている

現状もあると思いますが、


すなわち、社会主義の国だとうまくこの経済学モデルってのは

回らないわけです。


ただこれ、違う国の株投資の話だと生きる話で

このように貸付をとにかく企業にして銀行が金利の利益得て


それで預金者にも金利がついて戻ってくる、

ってのは私はマレーシアで経験してるのですが


最近の日本以外のQE(ジャブジャブマネー)を

あまり大きくしていない経済を守ってるアジア各国では、


これが結構普通に

「まあそうだよね」と受け取れるわけですね。


すなわち株の投資対象国もこのような循環がちゃんと

見られるところに資金投下したほうが資金回収効率が良い

ともいえます。



それで基本的には、預金者が預金したお金は

企業なりの設備投資に使われてまして


預けたお金は原則すべて投資に回されるわけですね。


それでその預けたお金の大半ってのは

店舗とか工場とかの設備投資だったり


あとは労働者の給料になったりするわけでして

本来はそのお金は預金してる労働者に戻ってくるはず

なわけです。


だからこれを知ると日本の構造も分かりますが

日本の銀行の場合は 


本来の資本主義の形である


企業への貸付はあまり行わず、

逆に日本や米国の国債だったり最近は国内、海外株だったり

にその資金が使われてしまってますが


ここで本来の資本主義の構造が崩されてるってのも

分かりますよね。


だから「労働者にはぜんぜん還元されないぞ」と言う声は

全うな声なんだけど


それはピンポイントで 銀行関係の行政について

言及しないと、また国債や米ドルの関係で


米ドル維持しようとしてる官僚たちの問題点を考えないと

本質的には解決できない話でもあるわけです。


資本主義や経済学をしっかり知って考えないと

日本の復活は難しい、となりますよね。




ちなみに政治思想の変遷ってのがあって

まず大体の人が日本でいう右、右派ってのになって

これはネットウヨと言う人たちが有名だけど


若いころは大体そういう思想に染まりやすい。


私もそういう時期あったから、また親がそうだったから

分かるんですね。


一応彼らは資本主義を重視する立場のようだけど

よーく聞いてるとどうもおかしい。


単なる国家社会主義であるから、社会主義だと。

社会主義って左派だよな、と。


まあそれでおかしいな、と思ってある程度年齢が行った

インテリ層で世界的に多いのが左派です。


若いころ右派で年取って左派、これがよくある

人間の脳みその思想変遷の特徴かと思います。


ただこの左派もまたよーく考えていくと、おかしい。

例えばですけど私は 差別とかそういうのはよくない


という立場ですが、


じゃあ左派が支持する

ヘイトスピーチ規正法は正しいか?というと

あれはやはり危ないと思ってます。


私はご存知韓国とも中国ともアメリカとも

うまーく距離とって


日本は日本でずる賢く民衆が豊かになる

政治をやればいいという思想ですが


なので他国の人に差別発言はしないように気をつけますが

が、それでもヘイトスピーチ規正法って

結局 憲法21条の言論表現の自由を圧迫するもの

につながるのは事実です。


となると左派もおかしい・・・なんだこれ

となる。


ちなみに左派ってのはリベラル左派とか言うけど

これも年齢と経験が重なるとおかしい、と分かるわけで


自由と平等って対立するのですね。


自由を追い求めたら結果平等は成し得ないし、

平等を追い求めたら自由は消失する。


だから左派もこれまた何か真実を隠してると分かる。


それで経済における資本主義と

政治における近代デモクラシー。


この両者は切っても切り離せないけど

それは近代デモクラシーは


自由主義+民主主義の合体した体制で初めて

アメリカで生まれたものです。


自由主義であって、民主主義じゃない体制も

あったし、


民主主義であって、自由主義じゃない体制もあった。


これが初めてアメリカで合体した体制として

生まれたのが人類の今の段階ですね。


それでここで「自由主義」があるから

資本主義の「自由市場」ってのが意味を持つわけです。



なのでここでようやく政治を色々勉強してきた人は


「ああ、そうか日本における

右派も左派も世界的には 左派なのか。


右派は自称保守であって、実際は国家「社会主義」だし

左派は共産主義であるけど


日本には 資本主義と近代デモクラシーを両立させよう

という軸自体が存在しないのか」


と気づくわけですね。



このような気づきを得てる人たちってのが実は世界で

どんどん出てきておりまして、

そこでリバータリアン思想ってのが徐々に理解されて


それがトランプの誕生であったり、

イギリスのEU離脱の話だったりの背景にあったりする。


それで私は立場としては

政治においては 


近代デモクラシー

=自由主義と民主主義


と経済における資本主義をもっと追求する


という立場ですが


この立場からすると日本がなぜずっと不況なのか

と言うのは構造的に上記のような経済学の循環が

うまく回っていないからだ、というのは


結構簡単に分かるわけですね。


すなわち官僚機構ってのが癌のように

日本の経済が回らない現状を作り出してる。


が、政治家たちは官僚に逆らえないという悲しき現状も

消費税問題を見てれば分かる。


ちなみに日本の左派が 民主主義、は言うけど

自由主義を言わないのはその辺の理由でして、


近代デモクラシーは明確に 民主主義と自由主義の

合体した体制ですが


この自由主義は行政官僚の力を大きくそぎ落としますから

それが嫌だから 民主主義しか言わないんだろうな

ってのも気づく人は気づく。


もっと言えばドイツの研究者は言うけど

ヒトラーはれっきとした民主主義から生まれてますからね。


けど過去ドイツにアメリカのような自由主義が民主主義が

合体した政体があったならばヒトラーは出てこれなかった。


それで日本の場合は 右も左もどうもよく分からない

ってことで結局選挙にもほとんどの人が行かなくなってるけど


実際は本当の保守的な考え方である

この世界各国で続々導入されてる

資本主義と近代デモクラシー追求しましょうよ

って主張が隠されてるのが理由ですよね。


右も左もない人はそっちを求めてるわけで。


逆を言うと数十年して色々経験して日本で苦節で

そういう政治がいずれ現れたら、


日本は本格的に復活する時期に入ると言えますよね。


ちなみに長期投資の対象国の選定ってのは

こういう政体分析はやはり重要でして


私も各国の株やるけど、政体がしっかり資本主義に根付いてるところ

すなわち上記の経済学の話のように


ちゃんと資金需要があって、企業に銀行が貸付して

それで銀行は金利ビジネスを行えて、


それで預金者にも金利が戻ってくる、と言う国の

株ってのは長期保有では利が乗りやすいです。


逆にこの辺の政体が安定していない国だと

株価なんかは長期レンジを形成しやすいわけでして


儲けずらくなる、と。


ちなみに大投資家バフェットの言論語録を見ると

日本株には投資しないってことが言われてますが


彼なんかは熱烈な資本主義と近代デモクラシーの支持者で

あるから、


やはりその視点で市場を見ているのもよく分かります。



それで、経済学の話に戻りますが

貯蓄=投資が重要な概念になるわけですが


これはFXも同じで、誰かがその儲けを出したら

それは結局どこかのタイミングで

出金して銀行預金をするわけですから、


最終的には何らかの形で銀行にお金が集められるわけですね。



だから、経済全体で見た場合資本主義の国では

家計が消費しなかったお金は全て貯蓄であって


貯蓄は何らかの形で投資に回っていくと見なせるわけです。



それでまとめると

家計は稼いだ所得の一定割合を効用を求めるために

満足感を求めるために消費はするんだけど、


残りは貯蓄すると。


けど貯蓄されたお金はさまざまなところを回るけど

最終的には企業を通じて設備投資に回っていくわけです。



それで設備投資なんかにお金が投じられて

企業が新しい付加価値、希少価値を作り出しますが


そこで企業が儲けを出して、従業員たちの給料も上がっていき

さらに貯蓄も上がっていき、さらにこれ設備投資に回っていき

また企業が付加価値作って利益上がって給料上がって・・・



っていうのが本来の資本主義の形でもありますよね。

これは日本では分かりづらいですがアジア各国では

これにきわめて近い循環が見出せます。



なので家計の貯金貯蓄ってのは、

すなわち投資と同じ、イコールだから


将来のGDPなりを作り上げるのは貯蓄が原資となる

と言えるわけです。



それでこの経済学の話だと

「じゃあ日本はすごい貯蓄大国なのに

なんでこんなに貧しくなっていくのだ」


っていう話になるんだけど


それはやっぱり貯蓄が結局銀行を通して

設備投資に回っていないわけですよね。


昔は銀行の貸しはがしなんかが問題になりましたが


銀行は企業経営者に金貸したくないと。


むしろ国家官僚主導で、企業経営者にカネ貸す銀行を

つぶしにかかってる傾向も見て取れます。


そんで結局日本の預金者のお金ってのは

設備投資に回らないわけでして


本来の資本主義の循環は生まれていませんから

となると、 国全体が貧乏化していくのは必然、となりますよね。



ちなみになぜ 資本主義においては

近代デモクラシー(民主主義と自由主義)が必須か

っていうと



結局権益を維持したい行政官僚たちがこのように

あれこれ法律いじくって


無知な政治家に法案通させて


資本主義を確立しようとしてもこうやって簡単に

つぶしてしまえるんですね。



そのためには民主主義だけでは不十分で

自由主義の概念も入れないとだめだってことなんだけど


なかなかその政治体制をその1国が確立するまでは

時間がかかるってことです。



けどここで宗教の話も出てくるけど

私がいるマレーシアではコーランが毎日流れてるわけですが


マレーシアなんかではイスラム教ですよね、メインは。


けどみんな優しいですし、あとお金好きです。


マレーシアなんかは税金がやたら低いけどこれは

イスラムの関係もあると私はマレーシアの人に聞いたけど


宗教的に創始者ムハンマドが商人出身ですからね、


「過度な税金を民衆に課すのはだめです!」なんです。


だから官僚が沢山税金を課そうとしたら

宗教家が出てきて「それはいかがなものか」と

必ずストッパーかけるシステムなんですね。


だから行政が極めて弱くなるわけですが

さらに民衆も民衆で、税金がちょっとあがれば

大きくデモが起こって首相を引き釣りおろしましたが


そういう国柄です。


だからそこでは比較的資本主義は機能しやすいので

上記の経済学の構造が当てはまってくるので


やはりこれから間違いないのはイスラム圏の

経済がすさまじく発展するシナリオですよね。


こういうところも経済学知ってると

俯瞰して見えてくるわけです。


それはたぶん、日本でも普段生活していて

ヒジャブっていうイスラムの女性がかぶるあの

被り物をした観光客が徐々に東京や大阪で

増えてるのを実感すると思いますが


それくらい豊かな人が増えてるのがイスラム圏の

国々で、



どうもこれからイスラム圏の国々の人たちの

勢力は相当経済的に強くなるのは間違いないってのも

分かってくるわけですね。


なので経済学の基礎として

「投資は貯蓄だ」ってのがありますが


これがうまーく回ってる国では経済発展しやすいよね

っていう話でもあります。


それでじゃあ私たち日本人はどうするか?

ってことですが


結局貯金、預金ってのが官僚だったり銀行たちの

利権維持に使われてしまってるわけでして

(米ドル防衛のために米国債購入、というのも、

やはり官僚利権の維持が目的です)



その貯金は街中でがんばってる商店のおじちゃんおばちゃん

これから若くして起業してがんばっていくぞという若者が

価値を作るのには使われない構造なわけです。



なので「この貯蓄をどうするか??」


という考え方が出てくるわけで


そこでうまーく 上記の経済学の循環で

お金が回る環境を見つけて、


そのお金を投じていくってのが結局豊かになる

法則なのかな、と私は考えてます。



最近一番手っ取り早いのが 海外の政治体制が

しっかりしてる国見つけての投資だとは思いますが


それ以外にも 日本でも業界によっては規制が

弱い業界もまだあるので


そういう業界見つけて自分でビジネスやってもいいだろうし

もしくは日本政府が政治家主導で経済特区なりを作れば

そこではさすがに経済は回るように調整するでしょうから

そういうところへの資金投下もありなのかもしれませんし、


その貯蓄、お金をどう使っていくのか、

を考えていくのがこれからきっと大事ですね。



FXも株もただ無策だとただただ資金がなくなりますから

学習や知識にお金以外にも時間をかけるのも大事になりますし、


やはり現状の日本で這い上がるのは

キレイゴト抜きで相応のパワー・エネルギーは必要になりますから


その貯蓄の使い方を考えていくってのが

大事です。



それで【将来の売り上げを作る全般が投資】であるから

消費の割合を減らして投資割合をあげて



毎月のように

「どこにお金を投じるか・・・うーん」と悩みつつも、


人生戦略を練っていくってのが

ひとつの日本人の攻略方法なのかなと私は思います。



それであと最後に書くと私の経験上


「もっともリターンが得られる投資先は何か?」


ってことですが


これは最近よく聞くと思いますが

やはり「知識への投資」ですね。



株でもFXでもリターンで

年間1000%とかは結構ありえない数字かもしれませんが


「知識への投資」はそれを生み出すことが往々にして

あります。



日本の場合は、預金しても貯蓄が設備投資に回らないで

結局金利もつかないで 通貨はどんどん購買力を落としてる

現状がありますが



ただ知識に投資した場合、

それは大きくリターンとなります。


これは以前書いたことがありますが


富裕層と貧困層では明確に文章を読む量の違いが

統計であるそうで


そこから割り出したのが確か

年間の本の冊数で 1冊読むごとに年収70万円は

あがるって話です。


けど本は一冊1700円くらいです。


年間50冊、その関連分野の本を読む人ならば

年収3000万円くらいにはなっていくっていう話ですよね。



【将来の売り上げを作る全般が投資】


と言うことを考えた場合、本に対する出費は投資になりますので

本をばーーっと買って読みまくる、


これだけでも相当年収が上がる確率はあがるのでしょう。


ちなみに私の周りで新興富裕層の人たちがいるのだけど

どの人も共通して「哲学者」みたいです。


表向きは派手に遊んでそうに見える人も

話すと哲学者か、この人は、と思うくらいだけど


それは相当本を読んでるからです。


ちなみに、私の知ってる某士業の先生がいるんだけど

最近は士業も大変な時代です。


仕事が取れなくて、たとえば弁護士なのに

ぜんぜん仕事ないから、行政とつるんで

商売人やらをつぶして手数料取る商売してる人も増えてるんだけど


ただその人は人気すぎて

仕事が多すぎて、もう回らないから

打ち止めにしてるっていう方です。


んでこの前その方と話したのだけど、やはり

普段何してるかっていったら本ばっか読んでるんだと。


話してても分かるけど知性のレベルが違うので

強いので、士業の方は主に行政から民衆を守ってくれますが


やはり頼りになるので依頼が殺到するんだろうと

思いました。


投資家、起業家でも若くして稼いでる人は

明確に「知識投資」をすごいしてる人たちですね。



日本の場合は経済学の正しい循環が阻害されてしまってるから

そこでもし眠らせてる貯蓄があるなら


本をがっつり買ってみて勉強してみるとか

まあ他人の知識に対して敬意持って

色々学んでいくってのが結局ひとつの手っ取り早い方法

とも思います。



なんで日本は特有の状態で普通に見ると

打開策がみつからなそうだけど、


よーく考えると打開策はあったりして

這い上がるルートは視点の外にありますので


それに気づくと読者さんの人生は向上するのではないか

というのが私が経済学の話を勉強しなおして感じたことでもあって


それをメルマガでも書きたかった次第です。


では!




追伸・・・


んでこの前ですがとある経営者さんに会いました。

この方年商数十億円になった人だけど

まだ20代?かなと。


ちなみに彼は昔からの私の読者さんです。


んで彼のベントレーっていう車に乗っけてもらったんだけど

一気にこの数年で頭角現してきた人です。


まあ色々海外の事情とかを聞かれて私も知ってることを

伝えた。


それで実名はプライバシーなので私は書きませんが

私がよく覚えてるのが彼が駆け出しのころ、


私のメルマガで質問くれて

「ひょっとしてゆうさんって本よく読むんですか」

って聞いたんです。


んでその後彼ですがおそらく相当本を読み込んだっぽくて

この前、マルクスの資本論の話とかもしてました。

以前はそういう話はできなかったはずなのですごい成長力です。


ちなみに中卒とかだったと思いますので

「文字が読めれば学歴は関係ない」ですね。



むしろ中卒のほうが有能な人が洗脳されてないので

多いです。


私が尊敬する政治家の田中角栄は小卒だし。


んでそうとう読書するようになった彼ですが

いまやベントレー乗るようになって驚きました。


彼の場合5年くらい本や書籍なり

時には教材だったり、


知識への投資をしてきたはずなんだけど

すごいですよね。



ちなみにですが・・・かれと偶然再会したのが

某無料のセミナー会場でして


私も時々無料セミナー出るんですが

彼も数十億円年商あるけど

インフォの無料セミナーとか出てるんです。


んでたまたま会った、みたいな感じでした。


お金の使い方には 消費と投資があって

知識への投資 がもっともリターンが高い


というこの法則を最大限活用してどんどん

なりあがってる人ですよね。


まあそういうすごい人もいます。


そして上記の経済学の効率的な設備投資も何もかも、

結局知識を元にできるものですから


やはりその根本の知識投資が最強なのかな

と最近私は色々な事例みても感じますかね。


私がそもそも世界株とかやりだしたのも昔

20万くらいのインフォの投資塾入ったからだったし、そういえば。

知識を習得したら余裕で回収できました。

(もちろんFXと株はちょっと違うので
自分で世界株の本も沢山読んだけど)


ということで、日本においては

経済学の 貯蓄=投資の概念がちょっと崩れてる実情は

あるけど、それを理解して


ちょっと工夫して銀行にある貯金を

より確実な費用対効果あるものを読者さんなりに

見つけて、投下していくってのが大事かな

と私は思いました。


それで元があればあるほど幅や量が増やせるので

将来につながる全般的な本出費も含めた投資ができるように


家計構図を見直すってのが私もやったことだけど

大事かなってことです。



またそれでも家族がいてなかなか消費が切り詰められない

って人は


私は携帯は月2000円前後ですが

安い携帯会社使うとか

(個人的に日本の格安携帯会社使って
余裕でなんら不便しませんね。電波が悪いとか誰が言ってるんだろう。)


あとは、ネットで食品(米とか飲料とか)
数キロ数十キロ単位でまとめ買いするとか

あとは本ならアマゾンアンリミテド使うとか
すれば1000円くらいで読み放題ですし


結構方法は今の時代ありますね。


ただこれもちょっとした知識です。


なんとなく生きていると、方策はないようだけど

よーく考えて見渡すとゴロゴロ

這い上がるための穴が開いてる、


それが今の時代です。


そういうのが見えてると悲観することもないですし

希望は見えてくるし

ピエール瀧さんにごらぁ言う精神性も生まれませんし


自分より弱い人にはなるたけやさしく接して

強い横暴な存在に対しては強く接することできるんで


人間前向きに生きられるかなと私は思いますね。



それでは!











★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

PDFレポート
【お金の使い方 1消費2投資 について考える!】(経済学)
⇒  http://fxgod.net/pdf/shouhi_toushi.pdf

PDFレポート
【QE(ジャブジャブマネー)を再開しそうなアメリカFRB】
⇒  http://fxgod.net/pdf/qe_america.pdf



PDFレポート
【なんか日本の物価がめっちゃ上がった気がする・・・という話】
⇒  http://fxgod.net/pdf/nihon_bukka.pdf



PDFレポート
【海外移住に英語は必須なのか?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/iju_eigo.pdf



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください