無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【スタグフレーション下で生きる日本人は どうやって資産を増やしていけるか?】を考える!

2019 3月 24 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【スタグフレーション下で生きる日本人は
どうやって資産を増やしていけるか?】を考える!

⇒編集後記で

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

どうもゆうです!

読者さん、こんばんは!





さて、前号で

【なんか日本の物価がめっちゃ上がった気がする・・・という話】

という号を流しました。


PDFにもしました。



PDFレポート
【なんか日本の物価がめっちゃ上がった気がする・・・という話】
⇒  http://fxgod.net/pdf/nihon_bukka.pdf

それでこんなのを見ていると

「日本で這い上がるというのは年々難易度が高くなってるのだろう」

というのは感じますよね。



例えば日本人で資産1億円を作るのと、

最近のアジアの成長国に住んでる人が資産1億円を作るのと、


どっちが簡単か?


というと私が感じるのがやはり後者なんだろうと思います。


多くの人は「日本だけ」を市場としてみているわけですが

どうみてもレッドオーシャンで、

経済はスタグフレーションっぽいわけです。


なので今の時代は国境がなくなってきてる分、

海外でその現地の通貨なりを稼ぐってのも大事になってきてる

かもしれません。


編集後記で!



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


PDFレポート
【なんか日本の物価がめっちゃ上がった気がする・・・という話】
⇒  http://fxgod.net/pdf/nihon_bukka.pdf



PDFレポート
【海外移住に英語は必須なのか?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/iju_eigo.pdf



PDFレポート
【なぜ国は磯貝さんの10億円が3000万円になったところで
課税で潰しにかかったのか?を考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/10oku_3000man.pdf



PDFレポート
【「情報」には「大衆情報」と「最高情報」がある?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/saikoujou……jouhou.pdf



PDFレポート
【米韓合同軍事演習を終了させていくことをツイートした
トランプ大統領】
⇒  http://fxgod.net/pdf/beikan_tweet.pdf


PDFレポート【今週もガッツリ検証しましょう!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/gaturi_kenshou.pdf


PDFレポート
【FXや株やビジネスの塾や教材で結果出す人がしてる事は何か?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/kekka_dasuhito.pdf


PDFレポート
【日本の「うつ社会化」について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/japan_utushakai.pdf


PDFレポート
【貧乏なイケメンより金持ちのハゲの方がモテる2019年】
⇒  http://fxgod.net/pdf/rich_hage……moteru.pdf



PDFレポート【損きりできない問題】
現状維持バイアス+プロスペクト理論とは?
⇒  http://fxgod.net/pdf/genjou_bi……ospect.pdf


PDF【「パソコン開けるお気に入りのカフェ」を見つける重要性とは?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/pc_cafe.pdf

PDF【トランプ大統領は
在韓米軍、在日米軍に「揺さぶり」をかけて行く】
⇒  http://fxgod.net/pdf/trump_bei……saburi.pdf



PDFレポート【投資の資金管理において
「余剰」こそが「余裕」を生み出す!?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/yojou_yoyu.pdf


PDF【「知本×資本=金持ち」の公式について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/chihon.pdf


PDF【「休戦」状態になっている米中貿易戦争の
今後について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/kyusen_beityu.pdf


PDFレポート
【FXの「日足トレードのスタイル」について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/fx_hiashi.pdf


PDFレポート
【「稼げるようになった人が税理士を雇う必要性」について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/zeirishi.pdf


PDFレポート
【IT新時代のダブルスキル の話】
⇒  http://fxgod.net/pdf/double_skill.pdf


PDFレポート
【FXの検証で有利なのは自動売買トレーダーより裁量トレーダー?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/fxsairyou_tuyoi.pdf


PDFレポート
【「めんどくさいFX検証」の工夫とは?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/fx_kenshou10.pdf



PDFレポート
【北朝鮮の金正恩と「意図的に破談する演技」をした
トランプ大統領の思惑とは何か?を考える!】
(⇒日朝首脳会談シナリオ)
⇒  http://fxgod.net/pdf/nichou_sh……kaidan.pdf


PDFレポート【高確率で儲かるかも?動画学習】
「未来の2023年までの世界のGDP推移」を知る!
⇒  http://fxgod.net/pdf/2023gdp.pdf




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆










===========編集後記===========

さて、前号にて どうも日本はやはりスタグフレーションに

陥ってるぽい、という話を扱いました。



一応表のメディアでは

「好景気でデフレ」ということになってますが


実際は「不況でインフレ」であってスタグフレーションに近い状態で

これは以前にポールクルーグマンも2015年くらいに

指摘した感じでもありますよね。


個人的には日本がスタグフレーションに陥っていくって

2013年くらいにメルマガで書きまくってたら結構嫌がらせ

されたものですが、


ただ、もうそのときに淡々と海外移住の準備を始めていたわけですが

やはりこの大きな日本のスタグフレーション化の状況ってのは


マスコミはまだ言っていないだけで

十分生活実感の中で感じ取れる部分でもあるから


それを元に考えるのも大事ですよね。



ちなみに・・・通貨の購買力は低下していて、

そんで、不景気って感じなわけですが、


例えば土曜日の夜にタクシー乗り場に行っても

簡単にタクシーが捕まるのが日本でありますが

(韓国やマレーシアだとタクシー待ちに1時間かかったことも

あります)




このような国で資金投下して、そして収益を上げていく

ってのはおそらくですが


他の国よりも難易度は高いんだろうというのが

私が大きく見て考えてることです。


これはどういうことか、っていうと

例えば100万円の資産がある人がいて、


その100万円を投じて、そして1000万円に増やしたい

とします。



ちなみに「費用対効果が取れる」って言葉があるけど

これはよく投資家や事業者間で使われる言葉だけど


投資資金に対して、ちゃんとそれ以上のリターンがある


100万円投じたら200万円の収益となって返ってくるのが

費用対効果が取れるってことです。




ただ思うのが日本の場合はこの「費用対効果が取れる

資金投下先」


がどうも相当、最近はますます限られているんだろうな、

ってことですよね。



ちなみに「ミセスワタナベ」って言う言葉があって

日本人投資家の意味だけど


日本人がやたらFX とかに資金を入れるのは世界でも

有名で「日本人はFXが好きだ」ってのは知られています。



ただこれはまさに「費用対効果が取れる資金投下先がない」

からFXに集中してたりするわけで


例えば韓国で 若い人が 100万円の資産を投下して

1000万円(1億ウォン)にしようとしたら


FXを最初に考えないわけでして、

やはり「商売」を考えるわけですね。


これはマレーシアでも同じですね。


例えば移動式の屋台を経営してる人たちも結構韓国では

見かけるし、これがまたかなり儲かるんだそう。


年収で1000万円くらい行ってる人もいるそうですが

彼らの場合そこで税金かからないから、


意外に商売のほうが人気あったりします。


一方、株とかは人気はあるものの、やはり難しいってことで

一般的には店舗を自分で構えるなりして


それで起業して100万円を1000万円に増やすってのが

一般的な韓国の人たちの考え方だろうと思います。


これはマレーシアでも同じですよね。


なので小さな商店が町に行けば沢山ある。


けど日本の場合だと、官僚支配が世界一強い国でもありますから

まず飲食店開業するにも各種申請、許可を取らないといけない。


他国だと資本主義ベースであるから、

資本主義ってのは 公的部門と私的企業が完全に分離した

体制だから


役所が「これこれしちゃいけません」とかなるべく

介入しちゃいけないっていう資本主義ルールが尊重されてます。


だから例えば以前に仮想通貨関係の話があったけど

マレーシア政府はかなり日本政府と違って寛容であったけど

それは資本主義システムを導入してるから。



けど日本の場合は、商売ひとつやるにしても

「お役所の許可」が必要なわけですね。


そしてこの「お役所の許可」ってのが役人たちの天下り先に

なってるわけで、さまざまな手数料が上乗せされて


また電話なり直接やってきて

「ああしなさい、こうしなさい」と官僚たちがまるで

先生のように、お金稼ぎできないのに先生のように「指導」して

くださるわけで


ここで自由な商売ができなくなっているっていう

社会主義国が日本の特徴です。


例えば以前に エアービーアンドビーっていう民泊ビジネスが

ありまして、


これがこのネット業界で相当注目された。


本当に「100万円が1年で1000万円になる市場」であった。


けどこれが不快なのが官僚たちであって

「何を、役所の許可を取らないでビジネスするとは

何事だ!


そうだ、マスコミに民泊の闇とかそういうのを沢山報道させて

民衆を洗脳して世論作って規制してしまえ!」


っていうことでここで国土交通省官僚たちや警察官僚たちが

つるんで、


あっという間に民泊ビジネスは潰された。


そしてその後仮想通貨ビジネスもあったけどこれもまた

今官僚たちが潰しにかかってるわけですね。



すなわち、日本の特徴として「新しい費用対効果が出る市場は

役人たちに潰される」構図でありまして、


ここでけど民衆の中でも優秀な人たちが

「なんとかそれでも独立しなければ」となるわけで


結局たどり着くのが金融商品化されたFXだったり株だったり

バイナリーだったりするわけです。


だから日本人のお金がFXにやたら流れるのは

その他のビジネスが規制されており、


独立する手段をしっかり奪い取られてるからだ、ともいえます。



それでじゃあ海外は?っていうと民泊ビジネスなんてのは

結構流行していて、エアービーアンドビーで結構良い部屋泊まれる

わけで


それを提供しているオーナーさんも多い。


ここでやはり100万円を1000万円以上に増やすオーナーも

多いわけですが


こうやって資金投下して回収できる見込みのある投資対象が

日本よりかなり多いのが最近のアジア国の特徴なんだろうと

思います。



なので、これは自覚しておくのは大事だけど

「他のアジア国の人と比べて、

スタグフレーション下の日本で 


費用対効果を出す投資先を見つけるのは結構ハードルが高い」


ってことですね。



例えば他のアジア国では

ちょっと思いついただけで


100万円が200万円に増える投資対象なんて結構

あるわけですが


「ある程度リサーチすれば」それが見つかる。


だから1日2日リサーチすれば

数個は費用対効果取れそうな投資対象は見つかると。


一方、日本の場合は費用対効果が取れそうな投資対象先は

相当限定されてるわけでして



それなので「資金投下対象を相当慎重にしないと

損するのが日本市場の特徴」ともいえますね。



これは株なんかでもそうで、

日本株をある程度の中期保有で持って利益を上げるとなると


結構なフィルターが必要になると思います。


相当フィルターかけて買い付けしないと損してしまうのが

日本株であって、


もう自由市場じゃなくて官製市場であって社会主義の市場ですから

ここで利益とって行くのは相当の勉強が必要。


けど、他の国の株なんかだと、結構いい加減なフィルターでも

長く持っていればどんどん含み益が溜まってしまうってのが


私が検証した結果なんだけど、


すなわちマクロで、経済成長率が高い国だと

相当下手なところに資金投下しない限り資産は増えていく

確率がどうも高いわけです。


一方日本のようにスタグフレーションの国だと


「相当眼力が強く、フィルターしっかりしないと

100万円が50万円や70万円に減ってしまう」


わけです。



たぶん、多くの人は「日本」しか見えていないんだけど

それは日本人だから仕方ないことだけど


各国の経済状況ってのはそれぞれ特徴があるものだから


それぞれを抑えて、それぞれに資金投下していくってのが

これからのスタグフレーションの日本においては

大事なのかなと私は思いました。



ちなみに私が知ってるのが、日本で物販をやっていた人で

やはり費用対効果とかあとは消費者庁の共産主義の強権政治に

嫌気がさしてマレーシアに移って物販やりだした人が

いるけど


まあすごい勢いで費用対効果が取れると。


出したら商品がバンバン売れると。


だから時間の問題で100万円仕入れたら

すぐに200万円くらいは売り上げになるわけですね。


これがマクロで「経済成長してる国」のすごさですよね。



ちなみに日本株なんかは以前に3万5000円台を日経平均で

つけてから


今は20000円台前半をうろうろしてますが


ずっとこの数十年間高値更新していないわけで


これは政治、社会の社会主義性がそのまま、

チャートに反映されちゃってますよね。


資本主義ルールが不完全な国では経済は成長しないって

当たり前のことでもありますけども。



ちなみに以前にこういうPDFをお渡ししました。


もしFXなんかで学習が継続しないなんて人は

ちょっと視点を世界に移してみるのもありです。




PDFレポート【高確率で儲かるかも?動画学習】
「未来の2023年までの世界のGDP推移」を知る!
⇒  http://fxgod.net/pdf/2023gdp.pdf



このPDFレポートではこれからの購買力平価PPPベースの

GDP上昇の想定を元に 世界の株式に資金投下していくっていう

話が書かれていますが、



私なんかが色々考えて

「なるべく多くの人が稼げる確率が極めて高い

資金投下の方法」

となるとやはりこれになるんですよね。



もちろん、FXでもバイナリーでもいいんだけど

やはり投機であるから、競争は相当発生しますので


そこで相当優位性が高くないと投機では資金作れないと

思いますが


一方・・・この長期投資なんかではこれから

2020年代前半に一度大きな世界不況は想定できるのだけど


半分くらい資金を残しておいて、世界の株に資金投下するってのは

結構ありなんだと思います。


100%とはいえませんが、やはり長期で結果が出る確率は

きわめて高いわけです。


ただこの方法はインフォの教材にもなっていません。

(特に教えることが少ないから)


なのでFXやネットビジネスで頑張るのも大事ですが

やはりそこでの競争は熾烈なものであると私は感じますので、



そこで「マクロで大きな視点で経済成長してる国に資金を入れておく」

ってのはやはりスタグフレーションの日本であるから


これから大事な考え方になると思います。


ちなみに、昔はそんなこと言葉で言っても難しかったわけで

世界の各企業に資金を投下していくなんて

なかなか難しいことでした。


けど今は口座開いてその口座に送金してあとは

現地の通貨なり購入して株を買い付けすれば普通に

誰でもできるわけですね。



ちなみに当然ですが現物買いだけで信用とかは使わない

わけです。



私は実際に投資家で色々な生徒に教えてる人に聞いたのだけど

「なんで世界の株とかに目をやれば


スタグフレーションで停滞してるその日本円の資産に

しっかり複利が利いて、資金が簡単に増えるのに

みんなやらないのでしょう?」


と聞いたのだけど


「たぶん世界の株なんて怖いとみんな刷り込まれてるんですよ」


と、聞きました。


ただどう公平に見ても日本はスタグフレーションの経済状態ですし

そこで投資するほうが 圧倒的にリスキーなのだけどな・・・


と私は思うわけですね。


だからこれは面白くて世界の株式っていうのは

結構がら空きで結構普通に利率取れるんだけど


費用対効果取りやすい資金投下になりやすいんだけど

なぜか、みんな日本が安全だと思ってるから

やりたがらないわけで、


どうもそこに勝機はあるんだな、というのが私が

確認したことです。



ちなみに、世界各国の株、とかに投資するとどうなるか?

っていうと配当金も当然ながらその国の通貨ですよね。


マレーシアならリンギットで振込みになります。


ちなみにこの「配当金をもらう経験」はなるべく若いうちに

しないといけないと私は思っていて


日本企業の株だと優待券とかですけど

それより海外企業の配当金をしっかりもらうっていう

経験を若いうちからしたほうがよいですね。


ちなみに「不労所得」といいますが

これって結局配当金でしか、もしくは不動産の家賃収入の

インカムゲインでしかなかなか作れないものでして


多くの人は上記の不労の所得っていうと目を血ばらせて

情報取りに行くのに、


配当金すらもらったことがないわけです。



ちなみに「配当金をもらう」っていう経験すると

資本主義がしっかり体感で理解できるんだけど


ここで長期で資産に複利がかかって増えていくってのも

分かってくるわけですね。



んで、日本の企業だと、この配当金ってほとんどつかないところばかり

ですが


成長してる海外の国々だと配当金は4%5%普通にあります。

またそれに値上がり利益も乗っかってくるわけでして


結構な年利になるわけです。


もちろん2020年代前半の暴落も想定して

金なりオプションでヘッジするのも大事でしょうが



やはり「成長がある」「金利がつく」ってのはすごいこと

なんですね。


これが体感としてきっと日本に生まれ育って普通に生活してる

と分かりません。


金利がつかないわけで銀行口座に100万円入れてる人でも

利子が全くつかない。


マレーシアでは100万円いれてれば3万円は利子つくし

1000万円なら30万円、

1億円なら300万円の利子が年間でつくけど


この感覚が「金利がつかない日本人」には最近分からなくなってる

わけです。


金利がつかないなら、資本主義じゃないんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


それで多くの人は「日本が資本主義じゃない」ってところを

理解しないで 資金投下していくわけですが


これは相当無策な資金投下になるので、回収できないで

貧乏になるわけです。



資本主義がある程度導入されてるアジアのほかの国々で

儲けるのと、


資本主義がほぼ機能していない実質社会主義の日本で

儲けるの・・


どっちが簡単か、といえばこれ前者なわけですね。



そして多くの人は「けど言語が」といいますが

そもそも日本の人は最近は言語気にせず資金投下できて

各国の株主になれてしまうわけです。





私もこういう事実を昔は知らなかったのですが

知らないって怖いことですよね。


なので、相当眼力に自信がある人は日本市場一本で

勝負してもいいんでしょうが


やはり日本は不況下でありますから 

100万円投下して200万円になるような投資対象が

きわめて少ない国になってますので


なので海外に目を向けるのはこれからの時代、

とても大事ですね。



英語なんかできなくても資金投下はできるわけで

実は カネ=Moneyが世界の共通言語になってるので


日本の民間の人で資金をそれでも大きくしたい人は

海外を見るのもこれから大事でしょう。




私なんかは普段日本円だけじゃなくて

リンギットとか韓国ウォンとか香港ドルとかインドネシアルピアとか

まあ色々な通貨で利益が出てるってのが普通なんだけど


もう日本にこだわってる時代でもなくなってきてるようにも

思いますよね。



日本がもし 本当の意味の好景気で

どの街も夜11時とかもギンギラギンに看板で明るくて

人々が消費しまくるような マクロの経済状態なら、


日本一本に資金投下してもいいんだろうけど

最近はそうじゃないですから、


そこで自国がスタグフレーションであって、

その中で自分の資金増加戦略をどうしよう??


と考えるのは大事かなと私は思います。


ちなみに、投資の観点からすれば本当に好景気ならば

ちゃんと「費用対効果が取れる」のですね。


例えば、色々なネットビジネスの塾があるけど

そこで広告費用をかけました、10万円。


そしてそこで20万円になったりするわけです。



けど実際は10万円投下したのに、5万円とかになったりする。


これで「儲からない、なんでだ~」となるわけですが


要するにそこで10万円投下して20万円にするには

「スキル」が日本市場では求められるってことです。


これが中国なりマレーシアなり台湾なりベトナムなりインドネシア

だったらおそらく違うはずで


10万円が結構簡単な作業で50万円くらいになったりも

するんでしょう。



ただ日本の場合は不景気ですので、そこに「工夫や検証」をしっかり

加えないと費用対効果は出ない市場になってる、


ってことです。



たぶん多くの人は「貯金」してますが、やはり

大きな枠組みが見えていないと損してしまう確率が

戦略不足で上がってしまうから


こういう日本の全体の経済状況の厳しさを理解するのは

大事ですね。



以前はそんな中でリアルビジネスのエアービーアンドビーが

出てきたけど、完全に官僚につぶされましたから、


やはり儲かるものはどんどん潰されるのが共産主義化している

日本の現状なので、


そこで「フィルター力」は大事になりますね。


ただ合理的に考えて、「日本にしか資金投下できない」としたら

フィルター力をあげていくのは大事だけど


今の時代はマネーが国境越えて簡単に飛び越えて

需要が旺盛な各国で勝負してる企業に投資することも可能です。



んで日本の場合だと市場としてかなり統制されていて

個人投資家が損失計上しまくりだけど


実はアジア各国の個人投資家ってたぶんだけど

長期スイングの人は儲かってる人が大半じゃないかな?と。


だからあえて厳しい日本市場で勝負するのも

力はつきますが、


お金を稼ぐ効率性というところから考えると・・・



日本以外も見たほうがよいですよね。


そしてきっとそういう世論にこれから2020年代にかけて

なっていきます。




なので日本だけに資金投下してる人も多いけど

少し大きく世界を俯瞰してみて


「経済成長してる国は世界では沢山ある」

ってところに大きな希望はあったりするので


それを見ていくのも大事ですね。


ちなみに富裕層専門のファンドなんかは最近はもう

先進国投資を引き上げていて


どんどん中東とかアジアアフリカの投資に資金投下対象を

変更していってます。


ハーバード大学の基金なんかはどんどん米国株比率を

下げてますね。



成長があるところにマネーが集まり、

そしてそこでマネーが拡大するってのが経済の法則ですから


世界でマネーが集まりだしてる市場を知っておくのが

これから大事になりますね。



若い人なんかはもうなくなっても良い、

1万円でも5万円でもいいですが、


そういうので成長国の株は買えますから、


それで長期保有して配当金をもらう経験をすると良いでしょう。


「なんだ、日本は不景気で暗い話しかないけど

マネーは国境なしに動けて、しっかり成長国で活躍してくれるじゃないか」


という大きな発見はあることでしょう。


(ちなみに成長国の投資においては12年間以上保有すると

マイナスは今のところリーマンショックはさんでいても

起こってないっていう統計データもあります)



なので日本は統計上好景気の中の実質不景気ですが、

そんな中でも


ちょっと工夫すれば世界にはいっぱい人がいまして

経済活動してますから


その恩恵を受けられるものですね。



実は私は上記の考え方をニュージーランドのファンドやってる

FXトレーダーの先生から

数十万円の塾で学んだんだけど、

(結局ある程度の額ができたらそっちにシフトしていったほうが

複利が安定化して超超富裕層になれるっていう話)



今、日本がスタグフなのもあって、めっちゃ生きてる話だな

と思います。


これは嫌味にならないか心配ですが例えば日本は不況で

スタグフですけど、


私なんかは成長国から常に配当金が今は入ってるわけで

そして評価額も軒並み長期保有してれば勝手に上昇してるわけで


日本から「世界」に目を向けるのはこれからの時代、

大事かもですね。



スタグフの日本だけに視点が凝り固まってると

「うわ~~いったい将来どうなるんだ」となりますが、


それこそ世界に目を向ければ

世界経済はこれから長期で成長するわけで


そこにチャンスはごろごろ転がってるし、


そして彼らは「需要が大きいのに、供給が少なくて

早く供給量を増やすためにマネーが必要だ」


っていう状況なので、


お金も有効に使われますね。


お金がちゃんとアジアの人の需要を吸収してくれます。



ということで日本はスタグフレーションぽいんで、

ますます世界に目を向けて、


多くのアジア国が 需要が大きくて物価上昇するという

健全なインフレを成し遂げてるので


そういう国に資金を入れるとお金が喜んで

活躍してくれるものですね。



日本の場合は官僚たちが商売人を逮捕したり潰したりする

恐怖政治が昔の北朝鮮みたいに継続してますが

(北朝鮮でも商売人が昔は逮捕されたり投獄されたりしていた)


日本の明治維新以降続いてきた官僚機構が倒れて

資本主義を導入しようとなったら


それは数十年後だろうけど、

そのときはようやく日本でも経済成長が遅れて始まるかも

しれません。


ただ数十年待てない人なんかは、すでに

資本主義を勉強して 導入してる、


公的部門と私的企業が完全分離してる体制を

導入しだしてる


国を見つけて、資金投下するのも重要かもしれません。


ということで「世界を見る」これは今後の日本においては

ますます大事ですね。


それでは!



ゆう




追伸・・・ちなみに私が気づく点としては

超富裕層たちってのは キャピタルゲイン(値上がり益)は

当然みるけど


それ以上に配当金なり家賃収入なりのインカムゲインを

重視する傾向が強いと思います。


FXやバイナリーではキャピタルゲイン狙いですよね。


なので若い人はある程度資金を作ったら

配当金なりのインカムゲインを作っていくっていうのを

相当意識したほうがよいですね。



また日本では年金が機能しなくなる可能性が高いように見えますが

けどインカムゲインで例えば月20万円入れば


それは年金代わりになるわけで、


少し視点をキャピタルゲインからインカムゲインに移していく

っていう思考変化をすると


人生変わりやすくなります。



ただ、これ学校では教えてくれないもので

「日本が不景気なら、他国に資金投下して、

そしてインカムゲインを得ていきましょう」とは

先生は絶対教えてくれないわけです。


これは日本の学校なんかは基本的に共産主義の人たちが

教えてるので


例えば、東大の経済学なんかもマル経とかいうけど

マルクス経済学を教えるわけで


マルクスってのは共産主義に移行することを伝えた人だけど

それって資本主義じゃないんですね。


だから資本主義のルールを一切教わらないで

大人になるのが日本です。


資本主義は役人と、自営業者 

すなわち公的部門と私的企業が完全分離してる体制、


すなわち役人が いちいち許可とかなんとか言って

その許可を取らないと逮捕するとかがないそんな

自由体制です。


だからこそ自由主義と民主主義の近代デモクラシーと

「自由市場」が存在する資本主義が合体していくわけですね。


中国なんかはそれに気づいて

共産党独裁体制だとうまく回らないと分かって

2大政党制を2020年代に議論していくといわれてる。


ただこういう資本主義ルールとか考え方、

例えばインカムゲインを金持ちはキャピタルより重視しますよ~~

とか、そういうのは私たちは教えられないわけで


これは成人してから独学で学んでいくしかないわけです。


私なんかは色々検証したけどやはり

長期視点だとこの「海外を見ていく」ってのは超大事かなと。


それでは!




追伸2・・・あと、貯金してますよね、みんな。日本でも。


私は貯金するってのは否定はしないのだけど

ただ少し意識は正確に持ったほうがよくて


貯金ってのはすなわち「銀行に対して預金者が

債権を持ってる状態」です。


すなわち銀行に投資してるのと実質同じ。


預金者は実際銀行に対して債権を持ってるけども

そこで銀行たちは 米国債買ったり、日本国債買ったり

日本株買ったりするわけだけど


そこでなんとか利益を出すわけですが

それが金利になるわけです。


けど日本の銀行の場合金利はつかないから

預金封鎖も考慮すると


「ミドルリスク、 超ローリターン投資」


と判定できますよね。


歴史的に預金封鎖をしてきたのが日本だから

ローリスクとは言えない。


それで日本人は「貯金してるから投資って怖い」と

思い込んでるというか洗脳されてるんだけど


実際はその貯金は 銀行への債権を持つことであって

投資のひとつですね。


日本人がなぜこのように全体的に貧しくなってるか?

というと洗脳されて


「ミドルリスク、 超ローリターン投資」


をやってる人が高いからなんでしょう。


昔は違った。金利が5%ついたときが日本にもあって

100万円貯金したら5万円の利子がついた。


今の日本のじいさん、ばあさんが沢山お金を溜め込んでるのは

その金利の恩恵で複利がそこにかかっていたから


だからその資金がそのとき大きくなったわけです。


今の若者が日本で貧しいのは一言で、金利がないから、

です。


もっというと

「ミドルリスク、 超ローリターン投資」を貯金という名目で

続けてるからともいえますね。


だから貯金というのはれっきとした銀行に対して債権を持つ

投資ですから


これについても「うーん」と考えるのは大事ですね。



ちなみに日本が本当に経済が好景気ならば

当然需要が高くなるわけで企業の生産活動は営業利益が出やすいわけで


そこで利子はつくのだけど、


ここで利子がつかないっていうところから

表向き何言っても

日本が好景気じゃないってのを証明してしまってるようなものですね。


本当に実質好景気な国で、利子がつかない国ってないですから。

(そもそもそういう国はQE金融緩和しない。
むしろインフレが進むと政権倒れるからインフレを抑えることに
注意する。)


ただこれが上の話で成長国に資金を投じると「利子」がつくってのが

今の国境がない時代の面白い特徴です。


今のマネー=お金ってのは国境を越えていく性質があるので

その性質をうまーく活用するのが


きっとこれからの日本人には大切になりそうです。


では!







★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


PDFレポート
【なんか日本の物価がめっちゃ上がった気がする・・・という話】
⇒  http://fxgod.net/pdf/nihon_bukka.pdf



PDFレポート
【海外移住に英語は必須なのか?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/iju_eigo.pdf



PDFレポート
【なぜ国は磯貝さんの10億円が3000万円になったところで
課税で潰しにかかったのか?を考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/10oku_3000man.pdf



PDFレポート
【「情報」には「大衆情報」と「最高情報」がある?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/saikoujou……jouhou.pdf

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




«  【スタグフレーション下で生きる日本人は どうやって資産を増やしていけるか?】を考える!  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください