無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【なぜ国は磯貝さんの10億円が3000万円になったところで 課税で潰しにかかったのか?を考える!】

2019 3月 22 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【なぜ国は磯貝さんの10億円が3000万円になったところで
課税で潰しにかかったのか?を考える!】
⇒編集後記で

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【FXで稼ぎすぎて3億3000万円もの税金借金を負ったものの、
ついに復活したあの男が登場!】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/38/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


どうもゆうです!

読者さん、おはようございます!!


さて、昨日スタートした磯貝さんの案件ですが

すごい人気ですね~~


私の自営業の友達なんかもこの案件は

かなり色々な意味で注目していたようです。


磯貝さんはやはり税金の話ですごいある意味

有名人ですので


日本の稼いでる起業家、投資家の人も注目してるようです。


それで・・・改めてここで

【なぜ国は磯貝さんの10億円が3000万円になったところで
潰しにかかったか?】

を考えたいな、と思います!!


実は私この磯貝さんの記事を以前書いていて

そこで「あること」を書いたのですね。


これは、「税制の雑所得計算という決定を見たら、

仮想通貨は一気に暴落させるスキームである」

って話だったんだけど


2017年の12月に書いた記事です。


その通りになったんだけど、実はこれ、磯貝さんの課税された

ある種の国家のスキームを考えていたからかけた記事なんです。


これは怖いようですが、「学校じゃ教えてくれない世の中の本当の知識」

です。


今、すでに投資やビジネスで稼いでる人も、

そうじゃない人も将来的に必要な知識かなと思います。


編集後記で!





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【FXで稼ぎすぎて「3億3000万円もの税金借金」
を負ったものの、 ついに復活したあの男が登場!】


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

さて、ここ最近面白い案件が結構出てきてます。


それできっと読者さんもご存知かと思いますが、

世の中には

「FXで稼ぎすぎて、税金の面が甘くて、

借金を背負ってしまった人」


というのがいらっしゃいます。


そしてその代表格といえば・・・そう、

メルマガでも時々税金の話でお名前引用させていただく

「磯貝さん」ですね?


当時「日本一ポンドを持つ男」とまで言われていて

FXで10億円ほど稼いでいたのですが、


一転・・・「出金」をしなかったために、

その後 多額の重加算税を課せられて、3億円超の

借金を背負ってしまった方です。



これは当時ニュースでも大々的に取り上げられたので

知ってる人も多い。


そしてその磯貝さんがついに・・・


「復活」しました!



【FXで稼ぎすぎて3億3000万円もの税金借金を負ったものの、
ついに復活したあの男が登場!】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/38/



今日はこちらの案件を担当している事務局さんより

読者さんにメッセージです!


↓↓
========================


【日本一ポンドを持つ男が1万円を
3億5千万円にした方法!※限定公開!】




「日本一ポンドを持つ男」
の異名で知られるあの人が

インターネット
ビジネス業界に
初登場しました!


1万円という小資金から
3億5千万円を生み出した

自らの手法を
期間限定で公開中です!


必ず中身を
ご確認下さい!


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/38/




今回登場するのは、

最大資産10億円、
元祖ヒルズ族、
日本一ポンドを持つ男、

といった数々の
エピソードを持ち、

FX業界では伝説的な
存在で知られる
磯貝清明さんです。


磯貝さんは
資金100万円からFXを始め

なんとたったの
1年8か月で

10億円を
突破したという、

天才的な
トレード技術を
持つお方です。


その後、2008年に
リーマンショックの
煽りを受け、

さらに1か月後、
国税局から脱税の
容疑で起訴され、

3億5千万円という
追徴課税を
課せられました。


しかし磯貝さんは
その後、資金わずか
1万円からFXを再開し、

追徴課税
3億5千万円という
途方もない金額を
完済したというのです!


そして完済を記念して
1万円から3億5千万円を
完済した稼ぎ方を

公開してくれる
という事です。


私も早速中身を
確認したのですが、

とにかく全てが
規格外でした!


磯貝さんの
稼ぎ方は、

かなり綿密に
計算された
ロジックを

ある方法に落とし
込んであるので

知識、経験、スキルも
一切必要無く、

どんな方でも
磯貝さんと

全く同じように
稼げるように
なっています。


しかも、
この稼ぎ方は

負債を返済する為に
生み出された手法なので

 ・・・・・
「堅く稼げる」という点が、
大きなポイントです。


作業なしで
月利30%以上を

永続的に得られる
という事ですので、

かなり魅力的に
感じました。


磯貝さんが
この手法を公開するのは

今回が最初で
最後という事ですので
必ずご覧になって下さい!


期間限定動画と
なっています!

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/38/


PS
3億5千万円という
金額はにわかに
信じがたいですが、

動画では、
追徴課税の
返済記録も

モザイク
一切なしで
公開されています。


「私は完全復活したので
今度は皆を確実に
復活させます!」

と豪語し、

ご自宅、ご家族も
動画で公開していたので

磯貝さんの本気度は
間違いないと感じます。


スケールや
実績からしても

「遂に本物の男が出た!」

という印象ですね。


さらに磯貝さんは、
非常に心優しく

愛妻家という一面も
ありますので、

あなたも
安心感を持って
動画をご覧頂ける
と思います。


あなたにとって
とても有益な
動画になって
いますので、

今すぐ中身を
ご覧下さい。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/38/



PS2
昨年の仮想通貨
ブームにより、

月利100%、
月利1000%、

といった数字も
よく目にします。


しかし、
冷静に考えれば
投資の世界において

そうした
常識外れの数字は
あり得ないと
個人的に思います。


最近では
広告内容と実態が
伴っていない

悪徳な講師が
逮捕されていますし

数字だけを
むやみやたらに煽る

誇大広告には
注意した方が
良いと思います。


そもそも
月利30%以上という
数字自体かなり
凄いですし、

磯貝さんの稼ぎ方は、
複利運用に
適した稼ぎ方と
いう事ですので

小資金からでも
堅く着実に稼げる
というのは、
ありがたいですね。


1万円からでも
3億5千万円にまで
増やす事が出来る、

この稼ぎ方は
かなり凄いと感じます!

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/38/



PS3
動画を観て
コメントを残せば

無料で受け取れる
特典動画も
ご用意されています。


もちろん私も
受け取って動画を
観ましたが、

テレビでは
言えなかった話を
いくつもされていて、

非常に興味深い
内容となっています。


かなりギリギリの
話をされているので

こちらの動画も
限定公開と
なっています。


是非今すぐ、
チェックして下さい。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/38/



=========================


以上です!!


それで磯貝さんといえば、メルマガでもちょくちょく

税金関係の話で扱っていましたので、



ご存知の方も多いと思います。



FXの税金関係で有名な方だと以前に扱った

着物トレーダーの池辺さんとかですよね。


ちなみに「ミセスワタナベ」と日本人トレーダーを

呼びますが、そのモデルはたぶん池辺さんです。


8億円脱税主婦として有名だった。

けど今は完納されてるはず。



そしてもっとも有名なのがおそらくこの磯貝さんで

当時は「日本一ポンドを持つ男」としても知られていて

10億円ほどを稼いだといわれます。



しかし、磯貝さんは当時はまだFXが出たてのころで、

税金についての情報も少なかった時代でしたから


そこで税金を甘く見てしまっていたのですが


ある日「マルサ」がやってきたと。


当時磯貝さんは10億円ほど稼いでいたものの

相場の悪化で資産が数千万円しかなくなっていたときに


報道だと2億円とか言われるけど

多額の重加算税を国税に払えといわれたと。



なので 「日本一ポンドを持つ男」から

「日本一FXで(税金)借金を負う男」になってしまった方ですよね。



ちなみに磯貝さんは私の先生である副島隆彦先生の

書籍にも出演されていて


私も彼の関係の情報はいろいろ当時調べたものですが、


なんと・・・


ついに「完済」されたそうです。



「日本一ポンドを持つ男」が復活したようです。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/38/




それで、実は最近億トレーダーたちの間で言われているのが

「システム化」なんだけど



これは実は先日私がすごい神レベルのトレーダーに会ったんだけど

彼も

「トレードのシステム化」を強調されていました。


要するに一定部分をシステムトレードのように

ルールを決めるんだけど、


その上で裁量いれていく システム+裁量の考え方が

やはり強い、と。



それでこの磯貝さんもやはり

「日本一ポンドを持つ男」ということで


今回「システムトレード」のことをおっしゃられています。



特に以前はリーマンショック前後の相場で痛手

=税金借金3億2500万円ほど


を負われてる方ですので


そのときの教訓も生かされてるシステムでしょうから

注目ですね~~




【FXで稼ぎすぎて3億3000万円もの税金借金を負ったものの、
ついに復活したあの男が登場!】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/38/




それで個人的にこの脱税で借金地獄というのは

海外ではまずないことで、日本特有すぎる話なので、

すごい考えさせられる話ですので、


池辺さんとか磯貝さんの名前は失礼ながら引用させていただく

のですが


まあやっぱりすごい人が多いのですね。


他国では借金というと、事業を借金借りてやったけど

それで失敗したというものですが


両者の場合は違ってFXでかなりの金額稼いでいたわけですが

ただ日本の場合は累進課税できわめて高率な税金が

取られますから、



そしてそこに色々な延滞金とか、闇金顔負けの利息が

ついてきますからね、


そこで「税金で借金地獄」というのが起こるわけです。



国税による民衆イジメで、金持ちつぶしにあって、

それで転落する人は後を絶たない。



しかしそこから「復活してくる人間」というのがいて、

この磯貝さんがまさにその一人です。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/38/





まあそれなので、今回はその磯貝さんの投資手法であったり

システムなんかも注目ですが、


それ以上に磯貝さんの動画内の発言とか考え方とか

もうそれを体験したことのある人は日本には彼以外いないので


そういう意味で大変勉強になると思います。



私が存じてるのが彼が経営するスクラップ工場はなんとか

国税との交渉とかで


借金返済のために残してもらえるということになった

とも聞いてますが


もう家族一丸となって、

なんとか税金の返済をする、ってことで


この数年奮闘されていましたよね。


私も

「磯貝さん、 今」 とかで検索して


彼のがんばってる姿をよくチェックしてました。



そしてどうもついに磯貝さんがほとんど税金を

完済されたそうです!!



3億5000万円ほどの額を返済するってのが

とりあえずすごいですよね。



そしてその間に磯貝さんはFXのほうも相当研究されていた

そうで、


その数年間の彼の思いが反映されてるのがこの

案件でしょうから


相当な注目ですね!!





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【FXで稼ぎすぎて3億3000万円もの税金借金を負ったものの、
ついに復活したあの男が登場!】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/38/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆







追伸・・・ちなみにこの案件で学べるのは

もちろん磯貝さんが長年温めてきた

月利30%を狙っていくシステムとかそれも注目だけど


個人的にはこういう動画を通して


「人生何があっても、どん底で地獄見ても

前向いていれば這い上がれるのだ」


っていうのを学べるということですね。



私たちの人生は、また世界は不安定なものです。


先進国バブルだっていつ破裂するか、分かりません。


いつ私たちが今はよくても、どん底、地獄を見るか、

分からない。


私ゆうも人生で色々どん底見てきましてよく今生きてるなと

思うことも歩けど

これまたいつそういうのが起こるかわからないのが人生です。


基本的にはどん底というのは大人になると本質的には

対国家との関係でそのような状況が起こる。


そこで「どん底、地獄状態になってどうやって這い上がるか?」

というのはこれ、学校では教えてくれないことなんだけど、


それが実は私たちの人生でもっとも大事なことです。


そういう意味ではどん底から這い上がってきた人ってのは

人生の先生、になるんですね。



そういう意味で磯貝さんから学べるのは

「どん底から這い上がるキレイゴトなしの精神性」

だと、思います。



当時「日本一ポンドを持つ男」としても知られて、

本来実力は相当なものであるはずですが


やはりその彼の豪快さ、から学べる点はあるでしょう。


彼の場合、一度世間に FXのポンド取引で10億円ほどの

利益をあげて有名になって

⇒ 国家に税金で金持ちつぶしされて

⇒再度2019年這い上がってきた


という経歴ですから、これからどんどん

資産を拡大する可能性が高い人なので



まさに今注目の男ですね!!


こういうどん底から這い上がってきた人からこそ、

私たちは真の意味で人生の「教訓」「知恵」を

得ることができます。


キレイゴトだけでは世の中うまくいかない、

人生はうまく前に進まない。


金持ちたちの本当の意味でのずる賢さであったり

粘り強さ、それが


本当は私たちがもっとも学ぶ点でもあるから

ぜひよかったら この3億円の税金借金地獄から

這い上がった彼に学んでみてくださいね~





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【FXで稼ぎすぎて3億3000万円もの税金借金を負ったものの、
ついに復活したあの男が登場!】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/38/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆










===========編集後記===========


さてさて、メルマガの編集後記でも時々取り上げる磯貝さんが

なんと案件に出てきたということで


個人的には3月、これにかなり驚きました・・・

し、読者さんも驚いたと思います。


個人的には磯貝さんが完済したってのは単純にすごいな

と思いましたよね。


というのが税金関係だと 着物トレーダーの池辺さんが

「8億円脱税主婦」で有名だったけど


彼女の場合はすぐ完納できる状態だったと記憶してます。


が、磯貝さんの場合は・・・


「日本一ポンド円を持つ男」として

10億円の資産があったのだけど

そこから一転、3000万円になってしまって


そこで「タイミングよく」国税がやってきて

「税金借金漬け」になったんですね。


磯貝さんの場合だとすごい人だから、10年近くで

完済できたようだけど

普通だったら、一生かけて税金のために働いて

稼いで死んで行く人生なのです。


けど、磯貝さんはそこで10年足らずで完納したから

やはりすごいんですよね。




それで、ここで疑問が残ります。


「国はなぜ磯貝さんが絶対払えない、

3000万円しか残金がない状態で


その時点で一気に襲い掛かったのか??」


ですよね。


これはまず先に結論を書いてしまうと、

「税金完納されたら(役人たちは)儲からないから

だから金のない時を狙って一気に課税する」


という考え方があると私は見ています。


それで、こんなのは後だしで書いてもみんな

ふーん、としか思わないものですが、


実は2017年にあることが決定しましたよね?


暗号通貨、仮想通貨の税制です。

ここで儲けは「雑所得」となってしまった。



実はこれが決まった段階で


「きっと国家は仮想通貨長者たちにも

FXの磯貝さんと同じスキームを用いるであろう」

ってことで記事にしてるんです。



これは私が2017年の12月に執筆した記事で

沢山の人が読んでる記事だけど


当時見ても意味が分からなかったと思うけど、

今の2019年に見たら・・・「意味がよく分かる」

と思います。


ある意味これが2017年の12月の記事だから

「うすら怖い?」内容かもだけど、


これが、きっと読者さんの生きた勉強になると

思うんで、

引用します!!



ちなみにこれは2017年の12月27日に

私が発行した記事で


【仮想通貨の「鬼」税制を決定した官僚たちの狙いを考える!】


っていう記事ですね。



今読んだら、磯貝さんの課税された経緯とともに

「日本の役人の怖さ」が分かると思います。



2017年12月27日メルマガ記事
【仮想通貨の「鬼」税制を決定した官僚たちの狙いを考える!】
より引用

======================

さて、それで仮想通貨の税金の問題がかなり報道されてましたが、

まあ日本は本当に重税国家でありますから、
とにかく国家は税金を取りたいわけですね。

それで仮想通貨の最高税率は所得税で45パーセント、
(プラスあと10パーの住民税)

ですよね、

雑所得だから。


そして、住民税なんかはまた上の()で
書いてるように10パー以上ですから
トータルとして仮想通貨の場合

一億円の億り人の場合だと
5500万円は税金で持ってかれるわけですね。

ということでネット上でも話題になってました。

ちなみに私が日本が最高の重税国家だ、
とか言うと石井こうきの書籍さえ買って読んでない
謎な人たちが


日本の税金は高くありません?
みたいな寝言を言うのだけど、

いや、高いですよ。



まず隠れ税金なんかは多すぎですし。
例えばどこの世界で首都の高速道路で
1300円課す国があるのか、ということです。


韓国は無料、マレーシアは50円です。


またどこの国が携帯電話使用量1万円が
普通なのかということで、

この携帯電話使用料金の大半だって税金だし
NHKの受信料だって税金ですよ。


北欧の私の友人が日本ではあらゆるものに
税金かかってなんでこんなに暮らしずらいのか、

なぜ彼らは怒らないのか、

って日本に来て英語話せる私に怒ってたくらいですから。
(ただ、酒だけは安い、とは言ってた。けどその後
お酒も増税された。)



GDP比率の総債務で世界一の国が日本だけど、
それならば金融の仕組みとして税金が安いはずなくて、


これは例えば仮想通貨の儲けでそこに
最高税率で55パーセントの課税をする国が他にあるなら
私が知りたいくらいなわけです。



ちなみにみんなが共産主義、社会主義という、
認識のロシアは仮想通貨の税金がどうも
やっぱりフラットタックスだから13パー前後みたいだけど、

そう考えると面白いんですね。


「自称」自由民主主義の
日本の仮想通貨の税制はロシアの4倍から5倍なわけです。


どんなにテレビでホルホル番組をして日本人を官僚たちが
だまそうとしても税制だけは本音が出てるからだませない。


ちなみに稼ぐようになると所得税や住民税だけじゃなくて
健康保険とかも
毎月8万円とかくるようになるものなんですね。

年間で100万円近く健康保険に取られる、
みたいな感じになるわけです。

あと、私の経験だと1ヶ月2ヶ月払わないだけで
すぐに差し押さえしてきます。



役所の公務員が正直に言ってたけど

「額が大きいと大体のケースで「取り合い」なので、
早めに差し押さえる」

のだそうです。


また彼ら公務員の中で正直者は結構いて

「税金をとってその人が死のうが死ななかろうが
私たちには関係なくて、ただ仕事は税金を取ることです」


とまで上記のような内容を私に言っていたのを覚えてる。
(すなわち国民の命とかよりも税金を取れるかどうかのほうが
大事ということですね。)


ただこの公務員はキレイゴト言わないで正直に言うから
マシだと私は思ったものです。


そう考えると今の世界で
最も共産主義に性質が近いのが日本かもしれませんね。


ただメディアに脳みそやられてる率が高いから

この辺に気づく人がまだ少ないけど、
稼ぐようになって皆分かるわけです。


それでこの世界でも異常と言える
仮想通貨の「鬼のような」税制なんですけど


とりあえず国家官僚の狙いとしては

民衆かは税金でカネを取りたい、収奪したい、

となりますよね。



そこで米国債買ったり自分ら役人の給与アップのための
財源を作り上げないといけない。


だから一億円儲けた億り人は55パーセント以上は
年貢として納めろということになったわけです。


ちなみに今の世界ってのは銀行とか、
あとは国家官僚って一体化してますよね。
この公的部門と私的企業の癒着を
社会主義と言いますが

やはり社会主義のそれなわけです。


だから大きくは暴落を仕掛ける銀行系の金持ちたちと、
国家官僚ってのは癒着をしているわけですね。


これは株やってると分かりますが、
よく大株主とかに日本トラスティとか
日本マスタートラストとか出てるんだけど、

元が辿っていくとモルガンチェースだったりするわけです。

んでこれらの運用会社に政府が絡んでいて、
なおかつ巨大銀行が絡んでいて、
というのが日本の真の構造でありますよね。


普通に調べれば大株主として出てたりするわけです。


それで基本的には

「民衆だまして刈り取る、」

というのが彼らの習性としてありますね。


頭が逝ってる例として


「税金は貧困層のために、使われていて
公務員の方がなんとか、頑張って社会保障として
配分してくれてる」

とか官僚に洗脳されて思ってる人は多いわけだけど

それはないですよね。



大人なら分かってるけど
それは米国債になってたり、
あとは役人の人件費になるわけでして、


だから社会保障は増税したら逆に生活保護に見られるように
削減されますでしょう?

「福祉国家論」自体が壮大な嘘であります。


基本的にはだから国家の論理というのは

「いかにアホな権威に従順な人たちを
左翼的な社会主義思想で騙して、
(すなわち平等主義で騙して)

税金として収奪するのか」

であるわけです。


ちなみに収奪と搾取は違いがあるのだけど、
これも故意に教えられてないから
それはまた今度扱います。


それで重要なこととして
国家の基本論理は


「大衆から収奪したい」


というこの1点になるわけですね。


これが、実は政治学の基礎でありまして

私のいた政治学科では


そういう基礎からまず教えられます。


が、怖いことにこういうことは
義務教育では教えなくて逆のことを教えるんです。



国家はみなさん大衆のためにありますよ〜

と完全なる嘘を教えるのであります。

教育という名前の洗脳というんですけども。



私はこれを2010年から書いて来たけど
最近は理解してくれる人が増えて来た。


それでまず国家の基本原理というのは
民衆から収奪するためなんだけど、


だから仮想通貨の税制が55パーセント以上となるわけですね。


一応累進だけども、
億り人は多く出てるからみんな今どうしようとなってます。


さて、それで前説明が長くなりましたが、
ただ理解するために上の考え方は大事なので書いたけど、

「じゃあ国家は何を狙ってるか?」

です。


私の意見としては

「国家は55パーセント以上税金取りたいんだ、
というだけでは不十分」と見てるんですね。



追徴課税とか重加算税とか言いますけど
これ複利的に民衆から収奪できるから
国家はこれを狙ってるのは明白でして、


日本の取引所は官僚は事実上押さえてるので
誰が億り人で相当儲けてるかは
把握してるわけです。

だから後で「やる」予定でしょう。



ちなみにこれを理解するためにはFXの歴史を知る必要があって、

2007年くらいのFXの創世記とかって
誰でも儲かる時期があったわけです。

ポンド円とか。

実は10年前のFXの状況こそが、
今の仮想通貨の状況とそっくりなんですね。

そこで、10年前、FXでも億り人が沢山出たんですね。

そこで日本人の投資家が

ミセスワタナベとか言われて、
何億円稼いだ主婦とか、

そういうのが、世界で話題になったんです。


ちなみにその主婦は池辺さんで
メルマガでも以前案件あつかったけど、
彼女も税金で収奪された人です。


それで、その時も仮想通貨の今と同じで
日本人が大量に買っていて、
世界に注目された。

そして、億り人がたくさん誕生した。

まさに今の仮想通貨の状況ですね。

主要プレイヤーが カモネギ日本人というのも、同じなんです。


私はサトシナカモトという日本名はそれを
狙ってるものじゃないかとさえ
邪推するのですよね。


なんか、親近感あるから日本人がビットコイン
買いたくなりそうですから。


それで、2007年くらいまではここで
FX長者が続出したわけなんです。

しかし、それは起きました。

そう、サブプライムショックが来て、

そしてリーマンショック!


「アメリカの債券市場がバブル」が
ハジけた、んですよ。


あれは株式市場がハジけたのではなくて
「債券市場がハジけて」それが
各市場に波及したのだ、

ということさえ日本の経済新聞の記者さえも知らないけど、

それが、事実。


さあそこで当時のFX億り人はどうなったか?

というと大体が大損したんですね。


これはダイスケさんが指摘してたけど
弱い人は買いでしかやらないのだけど、


まさに当時のミセスワタナベはそうでありまして、

買いでずーっとやってました。


考え方としては

「ポンド円はずっとこれからも、上がるのだ!
だから下がってれば買い増しだ!」

とやっていたわけです。

いわゆるやってはいけない
無限ナンピンですね。

それで実際に利益がしばらく出ていた時期があったんです。



……



「あれ??」

と気づきますかね。



そう、仮想通貨でも同じ戦略が教えられてません?

下がったら買い増しだー、って。



しかも10年前と同じで
主要プレイヤーはカモネギにされた日本人…



しかも当時と同じでマスコミに煽られて市場に入って来てるのも同じ。

そう、実は、

「仕掛ける側のスキームは
10年前のFXブームの時と同じ」

なんですよ〜



私は検証しててもうこれはこの数ヶ月で
確認取れてまして。


間違いないなと。


市場状況も、雰囲気も参入プレイヤーも同じ。

適用される税制もマスコミのプロパガンダ手法も同じ。

ポンド円がビットコインになった…笑
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さてそれで10年前にそのFX長者が出て来たのだけど、
2007年くらいに億り人になった彼ら…は

2008年のリーマンショックで全員刈り取られたんですね。


主に、レバレッジを効かせてて、
資金管理も全くしてなかった人たちが。


それでまず仕掛ける側として
銀行家、例えばゴールドマンとか
JPモルガン、

あとは国家として税金取る官僚たちがいるけど、

FX億り人たちから収奪するスキームは
完璧だったんですね。



だから当時は例えば有名だった磯貝さんなんかは
10億円資産あってそれがリーマンショックで
3000万になったんですね。

97パーセント、失った。



ここで冷酷に私たちは分析しないといけなくて要するに
アメリカに本拠地置くような銀行のグローバルマクロ系の
ヘッジファンドとかに
資金移転が大きく起こったんですよね。


私が覚えてる数字があって
あの暴落で日本からアメリカに60兆円は
FXを通じて流れたと聞いたことある。

すごい額ですね。

だから日本人の貯蓄をどうアメリカの金融資本、銀行家が奪うか?

っていうところで


ここで、FXってのが金融兵器として発動して、
どうもそれがアメリカに流れたのだ、
ということです。

この辺は副島先生が昔の書籍で暴露されてましたね。



さて、それで、とりあえずその暴落で
日本人投資家たちから資金を巻き上げるのに
銀行家たちは成功したわけだけど、


次はその銀行家たちと絡む日本の官僚たちです。

彼らも民衆から収奪したいですよね?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そう、だから彼らはちゃんと事前に税法で準備していて、
当時も「雑所得」だったんです。

(今の仮想通貨と一緒ですね)


そう、「総合課税」だった。

ここで気づかないといけないのは

「あれ??今年決まった仮想通貨の総合課税と
全く同じだ」

って事ですよね?




そうなんです、狙っているから同じなんですねー

ある意味ワンパターンですよね。


芸能人の不倫報道流して洗脳して

官僚たちが姦通罪に準じた法律作りたがってるっていう

スキームもワンパターンだけど


彼らは基本的に東大法学部の性として

暗記しかできませんのでワンパターンになります。



それで当時2007年くらいまでに億り人がたくさん出たのだけど

そこで申告してない人ってたくさんいたんです。




どうせばれないだろーみたいな。

(2019年のゆう:ちなみに磯貝さんのときは
この税金の知識自体がネット上にほとんどなかったから
本当に知らなかったのかもしれない。

それを日本の個人投資家に
知らしめた磯貝さんの功績があります。

その後、個人投資家は利益出たら税金分を出金する
行動の重要性を理解した
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/38/


)


ただ、これは国家は実はほとんど把握できてまして、

それは日本の官僚が世界一どう猛な
性質を持ってるというところなんだけど、

(だから日本人は先進諸国で
幸福度が一番低い。行政が最も強く民衆が虐げられてる国が日本。)



そこで2007年までの儲けで申告してない人たちが多くいて

彼らに順番に襲い掛かったわけですね。




そこで一人頭数億円単位とかまで
追徴とかでとっていきまして

上記磯貝さんなんかは
2007年くらいには確か10億円は資産あったけど

2008年にリーマンショックでそれが
97パーセント銀行家に刈り取られて3000万になって、

そこで確か3億円以上の税金が2008年に課せられ

なんと当時のFX億り人は
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「税金借金の億り人」になってしまったのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これも副島先生の書籍の
「税金官僚に痛めつけられた有名人たち」
に書いてあるから良かったら見てみてください。


そのほかに与沢さんやデビ夫人のことも
ちゃんと
インタビューされて書いてある。



そこで磯貝さんなんかは資産10億円あったのに、
なんと、税金で借金ができてしまって、

なんとFXの税金で国家による横暴で
3億円の借金を背負わされてしまったわけです。

これが奴隷国家日本。



さあ、それで国家官僚たちは今何を考えてるか?

というとそうです、


「仮想通貨億り人を借金漬けにするスキーム」を
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
上記銀行とタッグ組んで、考えてますよ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


すなわちこれから
仮想通貨も上げていったとしてそこで日本人の個人のお金を


仮想通貨市場に集める予定のはず。


マスコミも動員するでしょう。


なぜならマスコミの大株主も同じだから。

そして途中銀行家たちが暴落仕掛けて刈り取っていくけども。



それで個人のお金を仮想通貨市場に
集中させます。

そこで何すんの?
って言ったらやっぱりその時に

大大大暴落を
リーマンショックみたいに仕掛けるわけですね。

そこでまず底値に落として
ビットコイン10万円とか切るくらいで、

そこでまず国家や銀行が大量に
日本人を刈り取ります。


そして、そこでさらに下がった時に
多くの個人刈り取った後に
大量に底値買いをしまして、

仮想通貨を完全に、乗っ取るんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ここで牛耳る。
~~~~~~~~~~~~~~~
(ちなみにこれは黒田さんがおっしゃってたと思うけど
時間帯は日本人の就寝時間に合わせるはずです。
3,,11震災が、早朝に起こったのと同じく。)


そして、その後は利益確定してるのに
申告してない
億り人たちを押さえてますから、

ここで、もう暴落でスッカラカンになった
元億り人に

「仮想通貨の儲けで未申告があるので、
5億円払ってください」

みたいな感じで国家官僚たちの配下の役人が
押しかけるのでしょう。


けど、その元億り人はもう資産は3000万くらいなので払えません。


となるとなんとかアルバイトなり掛け持ちで
残り5億円を税金返済のために
払いなさい、となるわけで

上記磯貝さんなんかも
今でも色々な仕事掛け持ちで返済されてるけど、

そうやって「嵌め込む」つもりだろう、

と分かってきますよね?


全部スキーム一緒だもの。



それで「何故暴落「後」なの?」

というと、

それはその人が大損したりした時に
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
高額な税金請求すれば当然払えませんよね?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここで、「利息」がつくわけ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これはカネを貸す側の論理というのがあって
すぐにカネ返されると儲からないのです。

なるべく延滞してほしい。

税金もそうで、なるべく延滞してほしい。

そう、役人というのは卑怯者の集団でありますから、

そう考える。


磯貝さんは面白い表現してたけど

「国税スワップ」というらしいけど
延滞金がついていくのです。

これが狙いです。



だから、つるんでる銀行家に暴落させた後に

取り立てに行くんですね。



一括で払われたら彼らはたくさん税金で毟り取りたいのに
それができないじゃないですか?

だから金がなくなった頃に襲い掛かるのですね。

延滞金を毟り取りたいのですね。



そう、だから実は今の仮想通貨の状況と
仮想通貨の総合課税決定の部分を見ると

みんな、気づいてると思ってたけど
気づいてない人もいるから書くけど

FX創世記と同じ収奪スキームが
長期的には取られるのだな、

と分かるわけです。



だって、あまりにも一緒ですからね。
やり口が。


それでもう少し言うとFXのレバレッジ下げるの
検討というニュースがありましたね。


その理由は、

というとそれは仮想通貨FXで磯貝さんみたいな人
たくさん出したいわけで、

官僚たちは個人投資家の資金をそこに誘導したいわけですよね。

分かりやすいですよね。



それで「豚は太らせて食う」
という発想で十分数字だけは増やさせて、

それで次に銀行なりファンドと絡んで
暴落させるのだけど、

そこで刈り取ります。

そしてその後追徴なりで税金でその後に
その億り人がスッカラカンになった時に襲い掛かって

「一生税金払うために働く人間」を作り上げるわけです。


FXで一時名をはせた磯貝さんは今でさえ

工事現場とかで働いてると書籍に書いていた。
彼は暴走する行政の被害者であります。


が、マスコミは行政の役人の見方、子分であるから
右も左もそれを言いませんね。


マスコミは政権批判はするけど
役人批判は絶対しない。

これが日本国家の本質であります。




日本の仮想通貨の税制が世界一高い
のはすなわち上記の収奪スキームが
どの国よりも綿密に計画されてるということで

ある可能性が非常に高く、


世界一悪どい国家であると言える。



日本人の多くは北朝鮮心配する前に
自分の国家の方が恐ろしいと認知するのが先です。

ちなみにその北朝鮮も昔の日本の
陸軍中野学校の畑中さんが作ったんだけども。

まあだから、日本というのは実態は
役人暴政の恐ろしい国なんだけど、


それに気付くのは
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
税金で借金まみれにさせられたその人や
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その動きに気づいてる自営業だけなんですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


一般の人にはそれが分からないように
いろいろ情報が細工されてる。


例えばサラリーマンは源泉徴収でしょう?
ああやって税金を支払ってる意識を薄れさせるのだけど
それを最初に考えたのはナ,,チすです。



ということで、
基本的には上のスキームで
日本国家と国際銀行家たちは

仕掛けてくると思いますから
かなりの人数の仮想通貨長者を意図的に作ってから

その後にスーパー暴落させて、

彼ら政府やら銀行が仮想通貨安値で買いまくって、
仮想通貨の実権を握って、



そして同時に国家の暴力機関の
収税組織を使って
投資家に襲い掛かるスキームが間違いなくありますから、

(そうじゃないとここまで一致しません。
偶然を超える確率です)

そこに気づいて対策して行くのは大事ですね。


これは2020年代にかけてのことであるけど、
だから長期の話にはなるけど


やはり大きくはその流れを

仕掛ける側は想定してるのは
最近の動きかは明白でありますから、

これを知るのは大事ですね。


また仮想通貨の税制を「あえて曖昧」にしてるのも
そこでありまして、

あとで難癖つけて暴..力団のように取り上げるつもりである
わけです。


民衆はそうなれば国税不服裁判で戦うことを
意識しないといけない。

だから私は稼いでる人ほど普段は節制して
行政の横暴に行政訴訟できるように
お金は保持しておくべきと考えてます。
(弁護士代はある程度のお金かかるから。)



そして一番最悪なのがその年にすごい利益確定して
それ申告しないで出金せず
その翌年暴落して利益全部パーになることで

まさにFXの磯貝さんのパターンですが
こうならないように
資金管理を税なども考慮して

進めて行くのは奴隷国家に生まれた私たち日本人には大事ですね。


まだ上のシナリオをいつ発動させるかは
見えませんが、

ただその前に必ずマスコミ使って

「強烈な煽り」入れるのは間違いないので

マスコミ使って仮想通貨の買いを官僚たちが煽りまくったら
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
注意するといいかな、と思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



それでこの動きは以前FXで何億円も稼いだのに
税金借金生活になった人々が、人柱になって教えてくれた教訓だから

それは知っておくといいかなと思いますね。



いい加減東大出身のお勉強秀才の官僚や
外資に日本人は騙されるのを卒業しないといけないと私は考えます。

どうも、日本民衆の敵は日本国内にいる。


大きくは民衆が持ってる預金資産を
FXなり仮想通貨なりで奪おうと画策してる動きがあるので、


それに気づいて裏を読んで行く考え方が大事です。

権威を盲信した時点で負ける。

哲学家ニーチェが人類に伝えたかったことですよ。


それでは!


======================


以上です。


それでこれを2017年の12月に書いたわけですが、

まさにその後マスコミがあおる流れってのが


相当ひどくなりまして、そこで過熱して

暗号通貨市場ってのはコインチェックの問題なんかも

はさみまして、


ズゴーン、と暴落したわけです。


それで、今私の情報だと磯貝さんと全く同じような

状況の「仮想通貨長者」って実はめちゃくちゃいるそうです。


これは友人のかなりFXで稼いだ投資家さんに聞いたけど

今、マルサなのかなんなのか、まあすごい勢いで

ここ最近、磯貝さんに国税がしたように


「あなたはこれだけ利益確定したと見なせます!

だから払いなさい!」


とやってるのだそうです。


ただその暗号通貨の億万長者の中でも

利益確定して、「磯貝さんのケースを知らなかったため」

にそのままトレード繰り返して2月のコインチェック事件の

大暴落で その資産が「ほとんどゼロ」になった人が


かなりいたようです。


すなわち磯貝さんが10億円が3000万円になったところで、

一気に国家が彼に襲い掛かりましたが


国家はそこで「仮想通貨長者」に全く同じスキームを

用いたってことですね。


2017年のメルマガに書いたとおりに動いてるのが

お分かりいただけるかと思います。


それで「なぜお金がなくなったのを確認して

そこで一気に税金の取立てするの?


そんなことしたら、すぐ取れないジャン」って

子供はいうけど


大人の役人たちは「延滞金」がほしいわけです。


「それはその人が大損したりした時に
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
高額な税金請求すれば当然払えませんよね?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここで、「利息」がつくわけ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~」


と、書いてます。


だから、「その人が調子乗ってるときは

肥え太らせて、だめになったと見るや

一気に襲い掛かって 「税金借金漬け」にして、


そして延滞金を搾り取っていく」


ということを国家はやるわけで、


私はそれを絶対に国家はやってくるから注意しよう

と2017年12月に警鐘を鳴らしたのだけど、


大多数の人は逃げられないで、やられましたよね。


それで今仮想通貨長者の人が本当は

「ひえ~~」といって、どんどん差し押さえとか

されてるらしい・・・


ただ以前と違うのは磯貝さんの件はすごい大きく報道されたけど

この動きはあまり報道されていないってことですよね。


やり方が露骨過ぎるので、

民衆の反感を買うかもしれないってのも役人たちは

うすうす気づいてるのだろうと思う。



・・・ということで私が磯貝さんの案件

結構すごいな、ってことで扱ってるのは


上記のようなイキサツからでして、

あそこまで国家の税金借金漬けスキームに嵌められて

それでも這い上がったところはやっぱり

すごいんですよ。


国家は彼、磯貝さんを一生借金漬けにしてやろうと

画策していたはずだけど


磯貝さんはそれにもめげず、

スクラップ会社経営したり、またFXの研究もひそかに

この完済した日を想定して続けて


完済してきたわけですから。

すごいわけです。どう考えても。




⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/38/




ちなみに、仮想通貨の「元」億り人の人たちが

今どんどん差し押さえされてるってのは


私の信頼できる億トレーダーさんの筋情報だけど

もう結構悲惨らしい。


一部はネットでも出ている。


本当に容赦ないと。


そして・・この磯貝さんのように「這い上がれる」人ってのは

そこまでの胆力持ってる人は少数で


彼のように「復活する方法」を知らないわけですから

やはり中にはこの「復活する方法」を知らずして


一生「税金借金」を払い続ける人もいるんでしょう。


そして恐ろしいことにこの

「払えない数億円の税金」ってのは磯貝さんの場合は

「1日5万円の利息」がついたらしい・・・


「1日5万円の収入じゃなくて、利息、延滞金」

です・・・


これでも磯貝さんは元金返したんだからやばいんですよ。


完済私も彼ができるのかどうか?はだからすごい

注目してみていたのです。


なので今回の復活は心から、おめでとうございます、

ということでメルマガでも紹介させてほしかった

わけです。


きっとその間多くの検証をされただろうから

彼の案件もどうなるかは注目です。



それで、「1日5万円の延滞金」がつくならば・・・

一生その個人を税金借金地獄に落として


ずっとその人が多額の税金を払い続けてくれる

のでありますから


国家としては「うれしい」ですよね?


税金いっぱい、とれるんですから。

そして彼らは「ゆがんだ正義感」を持ってるから

そこで「私たちは税金を正しい社会保障のために

使ってるから、この税金は素晴らしい」と


思い込んでるわけです。自己洗脳をそうやってしてる。

けど実態は彼らの給料やボーナスになるんだけど。


実際に、「国家公務員給料5年連続アップ」

も報道されたとおりです。


まあだから国家は恐ろしいということで

それなので政治学では唯一の対立図式は

「民衆VS国家」でまず最初始まるわけですね。


政治学の話って難しそうですが、こういう実例で

理解したら・・・結構分かりやすいですよね?


だから各国では国家が好き勝手課税できないように

沢山の縛りってのが日本以外はあるわけですね。


それで最後に書きますと、私が大人になって

というか子供のころからなんとなしに分かっていたけど

おっさんになってはっきり認識したことがあって


この「借金地獄に突き落とす」ってのが

今の世の中の本当に怖い構図なんです。


私たちはキリスト教の価値観で動いてまして、

私が住んでるマレーシアでは、例えばイスラム教だから

「利息」って一応ないんですね。


口座でもイスラム教じゃない人の口座と

イスラム口座ってのがあって、イスラム口座用のATMが

マレーシアには結構あります。


それでイスラム口座は一応 利子みたいのは

表面上はないんですね。


一方・・キリスト教圏の国では利子があるわけで

その「利子」ってのはプラスでつけば嬉しい。

しかし、これが税金の延滞金見たいな感じで

マイナスになったら・・・恐ろしいことになる。


これは学生が奨学金破産する事例も問題になってるけど

それと同じなんだけども


マネーポストさんの磯貝さんの記事で

「年利はなんと14.6%! 
毎日5万円超の延滞税が積み上がっていく |
突然マルサがやってきた!」


という記事も私は以前見ました。


「年利が14.6%???」って思うけど

これ本当に税金滞納したらそうなる。


実際に私もお金ないとき差し押さえされて死にそうになった

ことあるので分かる。

(大声出してなんとか生活費分は当時20代のころ
お金ないとき、なんとかなったけど。

けど最近、何もいえない良い人たちがそのまま
生活できない事例が区役所で増えてるらしい。

憲法違反です。)


それでこれはどんどん延滞が増えていくわけですから

国家としては「すぐ返されたら儲からない、

延滞沢山してくれないと、」なんです。


だからこれが利子の怖い面でもあって、

それが民間事業者同士の場合自己破産ってのが

一応あります。


その自己破産はデメリットが結構あるけど

一応3億円とかの借金だったら自己破産を考える人が多い。


一方・・・税ってのはすごくて自己破産できない
ですよね??

というとほんと、「一生税金借金地獄」なんです。


だから民間事業者同士のいわゆる借金、と

「税金借金」はかなり違うから、


私はそれを分けてますが


自己破産できないと。


その状態に突き落とされたのが磯貝さんで、

なおかつそれでも這い上がったのが彼です。


すごくないですか?


だから学べる点が彼からはありすぎる、んですよ。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/38/


それで私が大人になって分かったことで

これが世の悲劇なのだけど


「借金地獄に突き落とす」


っていうのが見えないところで、けど

確実に多くの人に起こってることなんですね。


これは実際に民間同士もどの国でもこういうのがあって

無知な人をはめ込んで「借金地獄に落とす」んです。


これは、身近なところだと

夜の業界なんかはそうでしょう?


判断力低下してる依存心高い女性なんかで

女子の大学生とかで


そのコールされながら普段その女性は

孤独だから


イケメンたちに囲まれて幸せになってしまって

飲み代払えなくて

「じゃあ体で払ってね」の世界ってのはやはりあるんだろう

と思います。


そういうのをしない、男前の接客の人らもいるんだろうけど

そうじゃない人らも、割り切った人もいるんだろうと思う。

最近はどうなのか知りませんが、やはり

どの世界でも似たようなことが沢山ある。


昔 闇,,金なんかでもそういうのはあったはずです。


どんな国でもこんなのはあって、とにかく

「借金漬け」にするわけでして、


主に本来人間は孤独なのに、その孤独を大人になっても

受容できない心が弱い人が狙われる。


そしてそこで「一括返済」されるよりは

「借金漬け」のほうがすなわち金利(利息)がつくから

より搾取はできるんです。


といってもこれ、


民間と民間はあくまでかばうわけではないけど

契約というのがあるわけで、

その上での出来事であります。


だからこれは自分でなんとか知識つけて守りましょう

という話でもある。


が、これが民間と国家の関係になると、契約もないわけで

ただ一方的に勝手に税制ルールが民意無視で決定されて

課税されるわけで


そしてそこには・・・自己破産もない。


そしてこんな稼いだ人が税金返済に一生追われて、

そして一生 契約がある搾取ではなく

契約のない収奪によって人生の時間を奪われるというのが


強大化した国家の課税の怖さであります。


これは一度そうなれば他国の国籍をたまたま保有してたりして

日本国籍をなんとか放棄するなり

亡命するなりしない限りは、


逃げられないわけですね。


だから恐ろしいんですよ。
(日本以外ではこんな話聞きません。)


そしてそれが実際に仮想通貨の億り人たちで

実はどうも聞くところだと起きてるんです。


ちなみに上記磯貝さんはすごい誰よりも

この税の怖さを教えてくれた人でもあって


もうここで稼いだ投資家起業家はその後の税金の恐ろしさ

借金漬けになることの恐ろしさを肌身で知ってます。


だから今はある程度知識ある人で出金や税金分を

用意しないという人はいないけど


それは磯貝さんの事例がかなり知られているからで

磯貝さんが広く自身の例を世に出してくれたおかげ、

でもあるんです。


そういう意味で磯貝さんの事例を最初から知っていて

税金借金地獄にならないで済んでる人は大勢いるし、


もうだから社会貢献をめちゃくちゃしてる方でも

あります。


そういう意味でここまで磯貝さんのように

税金で借金漬けにされた人ってのはやはり重要なケース

なので、


そして彼がおそらく国家が想定していた

「一生返せない」ではなく


なんとかそこで「完済してきた」ってのはすごいことなんです。


国家というのは今まで表に出ないだけで

こういう税金地獄で沢山の人を収奪してきたわけだけど


磯貝さんのようにFXの能力もあって、事業の能力もあって

人一倍前向きな人、


そういう人がこうやって「這い上がってきた」わけですね。


そういう意味で初の事例だと私は思ったんだけど

一度コテンパにやられた彼が


復活したのは素直にすごいな、と思いました。



そして世の中には常に最近は国家を主として

私たち民衆を税金借金地獄なりに追い落とそうという

意図を持った人たちがいるので、


そういう仕組みが沢山ありますから、

防御力を高めるのも大事ですね。



それでは!





追伸・・・そして私は上記のような経緯で磯貝さんの

過程をここ数年、色々な媒体で見させていただいていたから

だから彼の

「国税には感謝してます、だって僕を有名にしてくれたのは

国税ですから」


っていう言葉のすごさに驚いた。


それはもうこういう恐ろしい現実があるから、

自己破産もできない、逃げ場がないっていう現実があるから

なんとかそこでも自分は生きなければいけないわけで


その「現実」を嫌だけども直視した強さがある、んです。


そして自分が過去そういう税金の話で色々あったけど

それをむしろ笑い話、ネタとして

こうやって案件化する良い意味でのずる賢さと、


そして「人間の生きるエネルギー」です。

これが、ただただ、すごい。


彼の言葉にはなんというか実が宿っていて

色々な苦労から立ち上がってきた人なので

そういう人の生き方からは先生として学べる点がありますね。


また、稼いだものをすぐ浪費する人が多いけど、

そうしてしまうと「スッカラカン」を見抜いて国家は延滞金も想定して

その金持ちを潰しにかかるケースがどうも多いということです。


怖い話もあるけど、やはりこういう話こそ

学校じゃ絶対教えてくれませんね。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【FXで稼ぎすぎて3億3000万円もの税金借金を負ったものの、
ついに復活したあの男が登場!】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/38/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆










※このメルマガは日本国の最高法規である
憲法21条言論表現の自由

「集会、結社及び言論、
出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。


検閲は、これをしてはならない。
通信の秘密は、これを侵してはならない。」

を根拠に構成されております。

«  【なぜ国は磯貝さんの10億円が3000万円になったところで 課税で潰しにかかったのか?を考える!】  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください