無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【「めんどくさいFX検証」を誰でも自然にできるちょっとした工夫とは?】

2019 3月 02 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【「めんどくさいFX検証」を誰でも自然にできるちょっとした工夫とは?】
⇒編集後記で

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【FX新案件】49ヶ月間で4913倍のトレード法とは?

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/33/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


どうもゆうです。

読者さん、おはようございます。


さて、この前ですが熊本さんのセミナーなんかも
ありましたが、

あの「検証した統計データ」ってのは結構
わかる人はわかったと思いますが驚いたと思います。

あれがシステムトレードっていうもので

あれはバックの統計データをFXで10億円っていうか
数十億円稼いでるMr.Tさんなんかが

PCずっと稼動させて統計データ取り捲ってるんだけど
そのロジックや証券会社ごとのデータだけじゃなくて
時間帯ごとの勝率データまであって

わかる人はわかると思いますがそこまで徹底検証していて
びびったと思います。


またこれは熊本さんだけじゃなくて
以前扱った 素晴らしいトレーダーの野田さんも
山之内さんも、

そして根崎さんも、オーリーさんも、

まあお金持ちたちは呪文のように

「検証が大事」って言うと思いますよね。



だから読者さんもきっと

「検証が大事」って考え方は知識としては知ってると

思います。


んが・・・人間ってのは怠惰なもので

「知っててもそのめんどくさい検証ができない」

ってのが最大の問題なんです。



たぶんだけど読者さんの中でも

「検証は大事なのはわかってるけどさ、

できないんだよね」

って人は多いかな?と思います。


ただこれは勉強すればいいってわかっていても

人間、勉強できないわけですが


それと同じで「ちょっとした工夫」で検証って
自然に苦なく、誰でもできるようになる、んです。

検証できたら徐々に稼げるようになるのだから
すなわち本当はノウハウよりこういう知識が

大事かなと。


編集後記で!




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【FX新案件】49ヶ月間で4913倍のトレード法とは?

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




今日はFXの新しい案件です。
私ゆうも以前学ばせていただいた
「金融商品間の相関」を使ったFXトレード案件ですね!



以下、ファンド運用などで使用されてる方法論などを扱った
レベル高い案件ばかり扱ってることでも
知られてる

ユアチアの大田さんおよび
下段で持田先生から

読者さんにメッセージです



=======================
【FX新案件】49ヶ月間で4913倍のトレード法とは?

人数限定のため、
登録数が制限されています。

公開中止となる可能性があるので
今すぐに登録を完了させておいてください。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/33/


49ヶ月間で4913倍
50万円を24億5000万円になる
相関性のトレードです。


受講生にはトレード結果を毎日
配信しているため
同じようにトレードができます。


そのため、
「億を稼ぐ受講生が去年の1ヶ月間で続出」
しました。


実績を以下よりご確認ください。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/33/


「既にフォワード実績が出ている」

このトレード結果は
バックテストの数字ではなく
実際のトレード結果になります。


公開後のみの49ヶ月間での結果です。

元本が少なくても額を膨らませることができるため
月100万円を稼ぐことは極めて簡単です。

月数十万円だったらほとんどの人が
結果を出しています。

ここまで実績を出すことができ
100年間使えるトレード法を
知れるタイミングはそうそうありません。

今すぐ登録されることを
おススメいたします。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/33/


========================

【以下は持田先生から読者さんにメッセージです】

こんにちは。

相関性トレーダーの持田有紀子と申します。


20年前、野村證券で株式投資の運用に従事し、
現在は、2005年に設立した投資情報サービス会社
「株式会社アルジャントレード」にて代表取締役を務めています。

弊社では海外の先物市場や外国為替取引に関する
投資・運用サービスを提供しており、
海外のヘッジファンド運用にも積極的に携わっています。

過去20年にわたり、年ベースでは「無敗」のまま、
法人と個人でトレードをしつつ優雅な毎日を送っています。


また、さまざまな投資家へのアドバイスも行っており、
投資関連の書籍も8冊ほど出版しています。

書籍や雑誌だけでなく、
ダイヤモンド社の「ザイFX!」で毎日発信している
「戦うオンナのマーケット日記」というコラムに代表されるように、
様々な金融系媒体で、様々な情報発信を行っています。


鼻につく話かも知れませんが、
過去20年間、年ベースでは「無敗」のまま、
法人と個人でトレードをしつつ優雅な毎日を送っています。



私は宣言します。


読者様が「トレード経験のない初心者の方」であれば、
本日より少なくとも「5日以内」に、
シンプルにトレードで勝つ方法を理解していることを。

読者様が「トレード経験のある方」であれば、
本日より少なくとも「5日以内」に、
これまでの「相場」との向き合い方が大きく変わっていることを。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/33/



ひとつ質問をさせてください。



「読者様は今、何をトレード対象としているでしょうか?」



FXだけ?
個別株だけ?
日経平均だけ?
金だけ?
バイナリーオプションだけ?
仮想通貨だけ?



「今」は読者様がどんなトレードをしていても結構です。


しかし、読者様が「3次元ベータトレード」を知った時、
「FXだけ」あるいは「個別株だけ」というように、
「●●だけ」のトレードを行うことが、いかに無意味なことであり、
利益効率も、時間効率も悪いトレードであることがわかるでしょう。


仮に読者様が「FX」のトレーダーであれば、
「ドル円」や「ユーロドル」だけではなく、
「とある金融商品A」や「とある金融商品B」を追わない理由が、
一切なくなってしまうでしょう。



大事なキーワードは「相関性」。



「ひとつの金融商品だけ」で、
利益を出そうとして目を血走らせることは、
私に言わせれば、実に滑稽な行動なのです。


失礼な話かも知れませんが。



私に毎日、富をもたらす「3次元ベータトレード」は、
投資の知識や経験、生まれながらの才能は必要ありません。

更に時間効率が非常に優れているので、
トレードにかかる時間は1日に2~3分。

長くても10分以内で完了します。


私は、20年ほど相場に携わってきていますが、
年間ペースではもちろんのこと、
月間ベースでもほとんど負けたことがありません。


なぜこのような非現実的なトレードが可能かと言うと、
この世のほとんどのトレーダーが気づいていないところから、
今後の値動きの「答え」を見つけてくるからです。



今の読者様のトレードにしがみ付き、
今後も読者様のトレードスタイルを変えたくなければ、
このまま何もなかったかのようにスルーするのが賢明です。

しかし、勇気を持って一歩踏み出し、
「稼ぎたい「自分を変えたい」と強く願うのであれば、
こちらをご覧にならない理由がありません。


とりわけ、読者様が今、「稼いでいない」のであれば。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/33/



以下は、私「持田有紀子」が、
3次元ベータトレードのみで成績を公開しはじめた、
「2014年12月」から「2018年12月末」までの
「49ヶ月間」の成績です。


—————————————
月 損益合計 月間利回り
—————————————
2014年12月 +684,100円 +136.82%
2015年01月 +137,000円 +27.40%
2015年02月 +188,700円 +37.74%
2015年03月 +85,700円 +17.14%
2015年04月 +338,600円 +67.72%
2015年05月 +42,700円 +8.54%
2015年06月 +5,900円 +1.18%
2015年07月 +208,700円 +41.74%
2015年08月 +387,200円 +77.44%
2015年09月 +120,300円 +24.06%
2015年10月 +197,100円 +39.42%
2015年11月 +76,600円 +15.32%
2015年12月 +169,900円 +33.98%
2016年01月 +284,500円 +56.90%
2016年02月 +51,000円 +10.20%
2016年03月 +4,400円 +0.88%
2016年04月 +33,700円 +6.74%
2016年05月 +230,400円 +46.08%
2016年06月 +180,600円 +36.12%
2016年07月 +15,200円 +3.04%
2016年08月 +74,500円 +14.90%
2016年09月 +27,800円 +5.56%
2016年10月 +116,100円 +23.22%
2016年11月 -19,900円 -3.98%
2016年12月 +30,520円 +6.10%
2017年01月 +415,250円 +83.05%
2017年02月 +116,600円 +23.32%
2017年03月 -108,075円 -21.62%
2017年04月 +107,500円 +21.50%
2017年05月 +133,800円 +26.76%
2017年06月 +68,800円 +13.76%
2017年07月 +2,500円 +0.50%
2017年08月 +151,700円 +30.34%
2017年09月 +17,900円 +3.58%
2017年10月 -69,900円 -13.98%
2017年11月 +38,200円 +7.64%
2017年12月 -103,000円 -20.60%
2018年01月 +177,100円 +35.42%
2018年02月 -102,900円 -20.58%
2018年03月 +48,500円 +9.70%
2018年04月 +145,000円 +29.00%
2018年05月 -13,500円 -2.70%
2018年06月 +37,075円 +7.42%
2018年07月 +53,625円 +10.73%
2018年08月 +102,850円 +20.57%
2018年09月 +109,175円 +21.84%
2018年10月 +112,200円 +22.44%
2018年11月 +68,900円 +13.78%
2018年12月 +158,100円 +31.62%

—————————————
合計 +5,304,720円 +1,060.94%
—————————————



この成績は、読者様に身近に捉えていただけるよう、
わかりやすく元本を50万円にして計算しています。


3次元ベータトレードを「2014年の12月」から運用していれば、
49ヶ月間の単利計算で、
「50万円」が「530万円」になった計算となります。

利益率は実に「1060%」です。


もちろんこれは「バックテスト」の類いではありません。

ただただ私が「リアル」にあげた「利益」の抜粋です。


実際に私が運用している金額は、もっと大きな資金です。


具体的には言えませんが、
少なくとも「この何百倍にすら収まらない金額」です。



上記の成績をご覧いただければおわかりになるとおり、
2014年12月からの「49ヶ月」のうち、
月間ベースでマイナスだったのは、
わずかに「6回」だけです。


他の月はすべて「プラス」。



私の3次元ベータトレードは、
こんな尋常ではない数字を叩きだしていることになります。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/33/



読者様のことで例えてみましょう。


例えば、読者様が、最初は20万円からスタートし、
私が3次元ベータトレードで目指している「30%」のリターンではなく、
「20%」のリターンで、
安全運転で3次元ベータトレードに取り組んだとしましょう。

その上で、「1年間」、増えた資金は出金せずに、
元本に追加していったとします。


そうすると、「1年後」に、
読者様の資金は「150万円」に拡大しています。


ここまで、利益をすべて元本の拡大に回していますので、
残念ながら、利益を出金したいのは我慢します。

しかし、この我慢の結果が1年後の「150万円」です。

しかも、私の「30%」のリターンではなく、
「20%」のリターンだけで。


この「150万円」をベースにして、
月利「20%」で3次元ベータトレードを運用すれば、
月々の利益はどうなっているでしょうか?


そうです。「30万円」です。



「20%」ではなくて、私と同様「30%」で回れば、
月々「45万円」の利益です。


この「月々30万円」あるいは「月々45万円」という利益を、
「毎月のお楽しみ費」として出金しても良いですし、
更なる「元本の拡大」にいそしんでいただいても結構です。

あとは読者様が、どのくらいのリターンを求めて、
3次元ベータトレードに取り組むかなのですから。



余談です。


読者様が得られるシミュレーションを出したので、
ついでにちょっと面白い計算をしてみましょう。


私の上記の成績は、
「私のリアルな成績」を「50万円」で「単利」で回した、
いわゆる「フォワード成績」です。

つまり、
「私」が、
「3次元ベータトレードという手法」を利用して、
「2014年12月から2018年12月まで」を
「あえて毎月50万円でスタート」した上での
「リアルな成績」
です


このリアルな成績を、
同じく「50万円」でスタートをするのですが、
これを「単利」ではなく、月単位での「複利」で回していたら、
果たしてどうなっているのか?

・・・という話です。



よろしいでしょうか。



結果は、

「2,456,391,767円」です。

です。



桁を間違えないでくださいね。


「50万円」が「49ヶ月」で「24億円」になっています。



誤解しないでください。


あくまでも「タラレバ」の話です。

しかし「リアル成績」に則った「タラレバ」です。


この結果をどう読者様がとらえるかは、
読者様次第ですが、ひとつの参考値にはなるでしょう。


少なくとも言えることは、
「3次元ベータトレード」は、
「50万円」が「49ヶ月」で「24億円」にする
ポテンシャルを秘めているということです。



これまた誤解しないで欲しいのですが、
もちろん、先ほどお伝えしたように、
いかに「3次元ベータトレード」であるからとて、
月によってはマイナスの月もあるわけです。


事実、49ヶ月間においては、
わずかに「6回」だけですが、マイナスの月も存在します。



月ごとに勝ちや負けを繰り返し、
結果、年単位で大きな大きな利益をもぎ取る。


だから、単月でマイナスが出たとしても、
それは心配することでは無いのです。


だって、相手は相場なのですから、
勝ったり負けたりするのは当たり前なのですから。



そんなことよりも、3次元ベータトレードは、
読者様にお金を一生運び続けてくれて、
読者様を一生サポートしてくれる仕組みです。


だから、月ごとにプラスがあってもマイナスがあっても、
長い長い人生の中のちょっとしたマイナスなど
別に気にしなくても良いのです。



私、持田有紀子が毎日行っている「3次元ベータトレード」。


この投資手法を「完全無料」で公開中です。

わずか「10日間」だけの「期間限定」公開ですのでご注意ください。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/33/


======================


以上です!!


それで私ゆうはこの持田先生とは以前

対談音声も録音して流したことありますし、


あとは食事もさせていただいたことあるのですが


どんな人か?というと


「生徒を成長させるのを人生の楽しみにされてる人」

ですよね。


持田先生は普段はトレード・投資をしながら、

恵比寿とかそのあたりのいろいろなレストランを

めぐるのが趣味だったと思うのですが



私がお話したのが恵比寿近くのすごいおいしい

フランス料理みたいなところでした。


もう数年も前の話ですが、そこでいろいろ持田さんと

語ったものですが、


この持田先生、塾なんかを展開されていて

そこで生徒さんと本気で向き合って、


それで育ててる方です。


もう5年近くされてるのではないかな、と思いますが

ここまで長く続いてる塾ってのは業界には数少ないですが

本物です。


それでおっしゃっていたのが、

生徒さんが最初赤子同然で入ってくるんだけど


ただ最初はぜんぜんだめでも

教えていく中でどんどん成長していくのですが


その成長している姿を見るのが楽しいと

すごいずーっと食事中おっしゃっていたのが

印象的でした。



サポートなんかは時には優しく、時には母のような

優しさを持ちつつ生徒さんに叱咤激励もする方ですが


すごいしっかり人を育ててる方ですね。


特に女性ですので

「男性の講師の塾入ったけどいまいち体育会系で相性が・・・」


っていう人なんかは


女性の講師でなおかつ力ある人なので

見てみるといいかもしれません。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/33/



ちなみにこの持田先生に私は以前相関性とかの

投資方法を学んでおりまして、


よく私のメルマガで、NYダウとか金ゴールドとか

ジャンク債市場の話とか、

世界の株式市場の話とか、あとは為替の話


がごちゃ混ぜで出てくると思うんですが、

これは実はこの持田先生に学んだのが結構大きいんですね。


通貨だけじゃなくて世界の商品って互いに

連動してまして、


マネーってのはこう儲かりやすいところに

サラサラと血液のように流れる性質があるんだけど


それぞれの市場を行き来してたりするんですね。


だから相関性トレードってのは何か?っていうと

100%とは言いませんが


かなり高い確率で「将来を暗示してくれる」わけです。


それが相関性トレード。


要するに「FXだけ」やってるとか

「株だけ」やってる、とか


まあひとつだけやってる人は多いのだけど

一方生き残ってるファンドなんかで ひとつだけやってる

ってところあまりないですよね。


聞いたことない。


ちなみに持田先生の場合は「FX」なんだけど

その「FXで仕掛けるために」


それこそ当然日経平均は見るし、NYダウ見るし、

原油見るし、金見るし・・・


まあ他にもいろいろあるのだけど書きすぎると

怒られるのであれですが


とりあえず、FXで仕掛けるにしても

結構いろいろな金融商品を見ていくと勝率とか

リスクリワードってあがっていくんですね。


それでもうこれは持田先生が広告で書かれていたので

書きますが、持田先生はもともと野村で働いていたんですね。


大証券会社です。


海外の人もNOMURAは知ってるくらいです、最近は。


それで持田先生の場合、

野村證券で株式投資の運用に従事されていたのですが


いろいろ中で働いていて疑問に思ったことや

感じたことがあって自立されたのですが


その野村の内部で学んだのが実はこの相関性トレードですよね。


まあだからこれを持田先生なりに

アレンジして、FXに応用したのが


今回の「3次元」です。


それで本来、これってファンド投資の人間がやってる投資法

なんで、個人投資家がそれを学ぶのってかなり

難しかったんだけど


この持田先生からそれらも全部学べるってのが

この案件のすごいところです。


すなわち・・・


「ファンドレベルの運用」を学べる案件、

ですね!


なので例えば読者さんがいろいろなFX塾や教材で

学ばれていたとしても


この案件のやり方、相関性を混ぜるだけで

普通に勝率は上がる確率が極めて高くなるし、


これ単体でも当然いいんだけど

他の手法なりにも応用が利くやり方です。


以前は山之内さんが通貨間相関を教えてくれたと思いますが

あれは「各通貨」の相関ですね。


一方この持田先生のやつはさらに他の金融商品も見て

非常にさらに大きな相関を見るのが特徴です。



特に数百億円とか数千億円運用してるファンドたちが

やってる運用方法でもあったりするので


それを学べるのはなかなかすごいので

読者さんがそれらを読者さんのものにしたい

ようであれば


ぜひ学んでみてくださいね~






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【FX新案件】49ヶ月間で4913倍のトレード法とは?

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/33/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★











===========編集後記=============

さてさて、ここ最近いろいろなお金持ち投資家やビジネスマンの

案件を扱いますが、


結局・・・「みんな言うことは一緒」で

「検証しましょう」という話になってるのに


気づいてる人は多いのではないでしょうか??



お金持ちたちいう共通した言葉、それが

「検証しましょう」ですよね。


ちなみに私の分析では

投資系の金持ちは日本語の 検証っていう言葉をよく

使いますし、


ビジネス系の金持ちたちは テスト っていう言葉を

よく使いますね。


けど検証とテストって同じようなものなので

結局金持ちの言ってることは同じなのであります。


だから検証もしくはテストといってもいいけど

それをたくさんやった人が金持ちになっている


というのが今の状況ですよね。


そしてもっと言うと日本ではその 検証やテストを

たくさんやって がんばって貧乏から富裕層になった

立派な人たちを 国家が 検察や警察や国税を使って


金持ちつぶしをしている、


という状況で、これが私の日本の俯瞰のひとつです。

韓国やマレーシアみたいな成長してる国では

そういう新しい若い金持ちたちが活躍するのが大事だと

考えるから

そういうことはまずしないんだけど


日本では金持ちつぶしというのが加速している。

平等主義を目指す共産主義の考え方が背後にあるんですけどね

やはりこれは考えさせられる。



ただそんな中でもなんとか稼いでなんとか

貧乏な中から這い上がってくるカネもちたちが

いるわけで


国にいじめられながらも、なんとか資産を築いている。



それで

大体30代~40代なんだけど彼ら貧乏から這い上がった

新興富裕層がいう共通点が

「検証(テスト)しましょう」です。


彼らのこの厳しい経済に立ち向かう姿勢だけが

民衆が這い上がる道を示しているとも思います。



それで多くの読者さんがきっと


「検証(テスト)しましょう」


っていう言葉を聴いて


「いや、それ腐るほど聞いたよ、わかってるから。

けどできねーんだよ」


と、思うはずなんです。


というのはメルマガ書いてるとなんとなく

そんな雰囲気を感じるからです。



よくメールとか熱心な読者さんにいただくのですが

検証のことを書かれてる方って比率はすごい少なくて

やっぱり新たなノウハウ探してる人が多いんですよね。


もちろんノウハウも大事だけど

けど事実新興富裕層はノウハウよりは

「検証(テスト)しましょう」を重視してるわけです。




それでこれは 夏休みの宿題と同じようなもので

多くの小学生たちは


夏休みの宿題は 7月くらいからコツコツやって

8月30日くらいになってあせりだして


やりだすわけです。


これ人間。怠惰なものです。ちなみに私ゆうは

そういうタイプでしたのでこれがすごいわかります。

共感できる。


怠惰なのが人間である。


それで私ゆうはどうしようもない人間で

かなり怠惰な人間で、それは自覚してるんだけど


ただそれでも昔「検証(テスト)ちゃんとしないと

財を成せない」ってきずいて


自分の「怠惰」に向き合ったことがあったんだけど

そこで


「怠惰な自分でもどうやったら検証(テスト)できるかな」

とよく考えていて試行錯誤したことがあります。



今日はそんな中で、私が「これだ」と思った

「怠惰な人でも めんどくさ~い検証を苦なく行える方法」

を、書きます。


わたしが日常的に数年間やってることですね。


んで、多くの人がFXとか株なりの投資塾に入って

講師さんに言われます、

「検証しましょう!」と。


けど、できない。


普通は100人いて10人くらいは検証しても

90人は検証しないわけですね。


これが無料の案件になると検証する人は

100人いて1人とかになります。



それくらいみんな検証しないものです。


ただこれはすごいわかるわけでして

検証=結構つまらない作業なんですね。


その中に楽しみを見出すという方法もあるけど

これもちょっとした才能がいると思います。



だからみんなつまらないことはしたくないですから

アドレナリンが脳みそから出ないことはしないですから

だから検証しないんですね。


そこでじゃあ検証を 日常にする方法は??


というのが実は一番大事で お金に直結するところ

なんです。


それで私ゆうも 「検証100回やってください」

とか言われても

「いやできないし」という感じだったんだけど


ただ「なんでできないか?」考えたのだけど

それはやっぱりめんどくさいから。


けど、ここで気づいたのですけど


「あ、それであれば ちょっとづつでいいから、

毎回トレードする前に10回検証すればいいじゃん、

それで10トレードしたら簡単に100回検証できるじゃん」


って気づいたんですね。



実はこれすごいよい考え方でいまだに生きてる考え方です。



んで、これはFXで言えば4時間足とか日足でやっている人

じゃないとできない話かもしれないんですが

(15分足とかだと検証してる間に形状変わるので)



4時間足とか日足でやる人ってのはこの

「毎回トレードのたびに、直近チャートで10回は検証して

確率優位性を10回でもいいから確認して

トレードする」


ってのを日常にいれていくといいんですね。


これは普段 検証できないグータラな人でも

できます。



というのは、トレードするときってのはやはりリアル資金が

かかってるから


ある程度脳みそにアドレナリン出てる状態なわけで

それでそこで「100回検証してトレードしてください、といわれても

できないけど」


「エントリーする前に10回検証してください」

くらいだったら数分なので多くの人はできるんです。

特に検証することでそのトレードの勝ち確率があがって

負けの確率が下がるなら10回くらいならやれるんです。


だから今まで検証しないでトレードしてた人がいるとすれば


「チャート見る」⇒(きっとポジポジ病だから)「すぐ入る」

っていう工程を踏んでるはずなんだけど


そこで

「チャート見る」⇒エントリーしようとする

⇒そのエントリールールが直近チャートで10回くらい

検証して確率的に優位性があるか確認する


⇒エントリー


ってやるんですね。


すごいシンプルですよね。


差し込む工程は 「トレードする前に10回検証する」

だけです。



これはシステム組む人間からしたら「10回だと少ない」となる

んだけど、


ただ重要なのが

10トレードでもしたらすぐに 100回分は

検証がたまるわけです。



それで例えばひとつのトレードルールだけど

プライスアクションのトレードとしますが、


これも全部で私は検証してるわけじゃないけど

普通に確率優位性はあるトレードだけど


プライスアクションの

ピンバーやエンゴルフィンバーを利用した

ダウ理論ベースのトレードがありますね。



ピンバーやエンゴルフィンバー はネットで検索すれば

形状が出てくるはずだから 説明省きますが


このプライスアクションのかなりシンプルなトレードって

あります。


それで通常、ピンバーだけでトレードしてる人は

買いの場合、下ひげが実体の3倍以上はあるピンバーの

上値より上でエントリー、


ストップはピンバーの安値のちょい下

あたりにしてエントリーして



それであとはトレールで利益追う方法がありますが

これだけだと検証してるとわかりますが


場合によっては安定しないですよね。


だからそこで長期移動平均線75日とか

もしくはもう少し甘くて中期20日とか25日でもいいですけど


MAを使うっていう方法はありまして、

一番 安パイなトレードですと


長期移動平均線75日がサポートなり、レジスタンスに

なって、


そこでピンバーなりエンゴルフィンバーが形成されてる

ところではいる、ってのはありますね。


ちなみに買いのピンバー(下ひげのピンバー)だったら

下ひげが 「ちょうど」MAにタッチして、それで

ピンバーが形成されてるチャートとかだったりです。


ここで下ひげがちょっと75日から突き抜けてたりすると

精度さがります。



それでまあ例えば上記のエントリールールで

75日MAについてるピンバー、となると


数は相当絞られますけど、


ここで買いなら 安値下にストップ、で

それで利益確定はトレールですかね。


それでトレールのルールとしては

新しく ピンバーなりエンゴルフィンバーで

買いサインが更新して新しく出てきたら


都度、安値下に ストップを引き上げていくという

トレール方法とします。


もしくはダウ理論の考え方で

安値の次、高値を更新したら

直近安値にストップを移動するというのも


加えます。


それでストップと利益確定のルールはシンプルなほうが

いいけど


例えばこういうルールで検証をするわけですね。


こういうピンバーのエントリーチャンスってのは

何十通貨とか探してるとちょくちょく見つかるんですが


そういうときにいきなり入らないで

10回検証して、


「よし、優位性あるな」とわかったら

エントリーしてその10回の検証とおりに

追っていくってことですよね。


10回検証してまあ大丈夫だな、と確認して

それで入る。


これを毎回トレードごとにやってると

例えば1週間に3回トレードする人なら

1ヶ月で120回の検証数はたまるんですね。


半年やれば700回以上の検証数はたまります。



いきなり100トレード検証しろといわれても

できないものですが


「エントリー前にそのルールで10回検証」

くらいならたぶんみんなできるんじゃないかなと

思います。


私なんかはそれやってますが、

ほんとちょっとしか工夫でこうやって検証数って

どんどん増やせるんですね~



ちなみに10回検証していると大体なんだかんだ

時間は数分~10数分かかるので


やはり4時間足ベースの人の話ですよね。


15分足とかだとそれだと検証してる間に

形が時に結構変わってしまうわけです。



なので日足とか4時間足とかでやってる人なんかは

上記のような「エントリーする前に10回検証する」

ってのを取り入れてみると・・・


成績がまあまあよくなる、どころじゃなくて

「相当改善」される確率が高まりますね。


1回もやってない人と直近チャートで毎回10回

検証してエントリーしてる、お金大事にしてる人(けちともいえる)


だとやはりお金大事にしてる人が財産作ります。


だから今までは多くのきっとお金減ってる方は

「チャート見る⇒入る」だったと思いますが


そうじゃなくて


「チャート見る⇒入ろうかなと思ってその前に

10回検証してルールの優位性確認する

⇒入る」


と少し工程を見直すといいかもしれませんね。


たぶん今までいろいろノウハウコレクターで悩んでいた人は

これ取り入れて、ノウハウは特にいらないんだな

ってわかっちゃうかもしれません。


ルールは上に書いてますでしょ。


それで上に書いたルールでも十分利益出ると

思うんですが、それは検証したらわかるだろうけど


ただこれもすべての通貨とか時間足でやったわけじゃないから

それぞれの勝負する銘柄、通貨で

検証をエントリー前に10回くらいするとよいですが

(だるければ5回でもいいと思う、最初は)



ここでやはりそのルールが「微妙だな」というときも

相場だと出てくるんですね。


それは10回検証してると見えてきます。


そんなときはフィルターかけるんだけど

フィルターとしては


最初プライスアクションのルールがあって

長期移動平均線75日タッチを加えましたが


そこに、またMACDのダイバージェンス出てるときにする、とか

エリオット波動の3波とC波に該当すると判断できるときに

するとか


ラインブレイク後のブレイク アンド フック アンド ゴー
(以前学んだリターンムーブ)

のときのピンバー、エンゴルフィンバーに絞るとか、


あとは買いならエリオット波動3波狙いの

逆ヘッドアンドショルダーの買いのときの

ピンバーとエンゴルフィンバーなど、


結構フィルターのかけ方は多くあるんですね。



だから10回検証して

「うーん、なんかこのルールは

いまいちだな、最近は。」


ってのが出てきたら少し上記のような

フィルタールールを加えるんだけど


その代わり、サイン数は減りますよね。


けどこういう毎回のトレードごとの検証を繰り返すと

安定的に力はつくものですね。


個人的には株なんかでもこれ結構やってたりしますが

やっぱり統計にすべてはかなわないな、と思います。


ちなみに「なぜ10回なのか」っていうのもあって

5回でも0回検証でいきなりやるよりはいいんだけど



これはとある億トレーダーが言っていて

「10回トレードして負けてるなら何か絶対

問題あるからトレード中止すべき」

って昔言ってたんですね。


まあ実際に本当の天才トレーダーたちを見てると

10回でマイナス収益トレードになってる人って

あまりいなかったりします。


5回だと・・・たまにマイナスになってたりは

すると思います。


けど10回トレードでマイナスってやはりうまい人だと

あまりないんですね。


まあだから トレード前の検証数は毎トレード、10回

するんです。



これだったら今まで

「めんどくさくて検証できないよ~」

って人でも10回くらいなら 慣れると数分で終わるから

できますね。


(ラインなりをかなり引いたりするトレード手法だと

それより少し時間がかかるので、


シンプルなプライスアクショントレードを

扱ってます)


本当は10回より100回やったほうがいいんですが

まあ10回でもこれが結構トレードの経歴が長くなると

検証回数が数千回、数万回以上になるから、


やっぱし統計データが相当たまってくるんですね。


これならきっと今まで


「FXやバイナリーや株の先生たちに

検証しろといわれていたけど、

やってなかったんです・・」


って人でもできますよね?


トレードする前にちょっと10回だけ検証という

工程を入れるってのは

世界一のめんどくさがりやでさえ、

誰でもできるはず。


それでもめんどくさければ5回でもよいと思います。

慣れてきたら10回はすぐ数分で終わります。


(※スマフォだとやりづらいからPCのほうがいいですね。

上記ルールでトレールあげるのは、外出先でスマフォで

4時間に1度の確認でいいと

思います)



だからこんなちょっとした工夫だけで、

人生って変わるんですね~~



ちなみに私ゆうは 

こういう 「勉強方法」とか「学習方法の工夫」

ってのは結構 考えるのが得意だと思ってまして、


これは小さいころ私は劣等生だったけど

勉強方法を子供なりに当時すごい考えて高校で早稲田入って

またその中でも高校の中で上位5%には入ってたけど


たぶん世の中って才能はあまりなくてですね、

結局「学習方法の工夫」ができるかどうか?なんだと

思いますよね。


私なんかは元々劣等生だからなおさらそういうのを

すごい当時考えたもので、

ひげ面おっさんになった今もそれが役立ってる。


投資も結局学習方法とか実践方法の

「ちょっとした工夫」がもっとも大事なんです。


んで上の「エントリー前に10回検証する」っていうと

結構単純なようで


FXや株の塾とかセミナーでは教えられていないこと

ですね。


FXや株の塾とかセミナーですと、まあトレードルールくらいは

教えてくれるけど、


みんなそれだと勝てないわけです。

(ルール逸脱するから。
が、ルールを守るのは大変難しいんですよ)


けど、これは不公平なことに、

それを教えてる講師さんはずっとそのトレードルールで

勝ってるものです。


なんて不公平。けどこれはなぜか?っていうと

その講師さんがそのトレードルールで自分で

検証やってるからですね。


んで中には1000回検証してる講師さんとかもいるんだけど

さすがにそれは私たちみたいな一般人ではできないから

スーパー努力家の天才しかできないから


「じゃあナマケモノの俺でも検証できる方法は?」


と考えるんです。


「自分=相当だらしない、ナマケモノの

どうしようもないやつ」


という認識からスタートするんです。


私ゆうはまさにそれなんです。

尊敬されたい欲が私はないので、


私は素直にそういう自分の

欠点を書いたりします。


私は相当ナマケモノでどうしようもないやつなんですよ。

けどそんなやつもなんとか生きないといけないわけで

じゃあどうするか??って考える。


ただそういう認識からスタートして

「じゃあそういうナマケモノの自分に

どう検証させるか?」と

考えるんだけど


そんな人でも検証するのが癖、自然になってくるのが

上の


「エントリー前に10回検証する」

です。


これは脳科学も私は考えて編み出した習慣だけど

やっぱり強いな~といつも思いますね。


だから検証できていない人がきっと多数だろうから

そういう人は上の工夫と工程を取り入れてみてください、


一気にスキル上がると思われます。


逆にそれである程度利益が積み重なってきたら



「ノウハウじゃなくて、検証をいかに

自分の生活に浸透させるか?を考えること自体が

もっとも カネに直結するのだ」


って体験でわかるでしょう。


ちなみにここで「トレードルールが守れない」

も改善されてくるんですね~


これはどういうことか?っていうと

毎回10回と少ないながらも検証してると


一応その トレードルール、手法の

確率優位性は理解できるので


ストップは入れられるし、

トレールはルールとおりできるようになる、んです。


これは1トレードを近視眼で見る感じじゃなくて

10トレードでも検証してると


「この今の仕掛けはその中の1トレード」って

大きく考えられるので、

そこで視点の変化が生まれるんで、


そこでルール守れるようになってくるんですね。


これが人間の脳みその性質なんです。


逆に検証とか10回でもトレード前にやればいいのに

やらないと・・・


「ろうそく足に振り回される」んですね。


んで実際に、上の工程を導入してる人は100人に1人も

いないのですが


それはみんなそういう考え方を思いつかなかったり

するから、です。


なぜ思いつかないか?というと検証する重要性を

認識してない人が結構多いからだ、と思います。


なぜ認識してない人が多いかというと

みんな「稼ぐ」ことばかりにフォーカスして

「負けないこと」を考えないからでして、


なぜそのような思考形態になるかというと

人間には欲望や焦りがあるからですね。


目が曇ってるとこういうアイデアが出てこないものですね。


逆に検証の重要性理解してる人は

トレード(投機)や投資の前に10回だけでもいいから検証して

優位性高めて資産を増やしてるわけですね。



ちなみに、上の方法で、ポジポジ病の人なんかは

それでも検証しないで入ってしまう人が多いでしょうが


入った後に検証でも最初はよいと思いますね。

10回でもエントリー後にそのルールで検証してたら

「まずい」ってわかって撤退できるでしょうから。



これ繰り返しているときっとポジポジ病も改善されていきますね。


ということで本当に単純な、シンプルなことなんだけど

そのシンプルなことを大多数の人はやっていないので

(上記のことをやってるのはきっと1%いない)


それに気づくと道は結構

安価に開きますね。



けど・・・証券会社とかは例えば

「トレードする前にそのトレードルールで

確率優位性があるか10回は最低でも検証しましょう」

とか言わないんですよ?


なんでかっていうと国内の場合は

顧客のトータル負けが営業利益だからですね。


「」内のことを書いたら、

証券会社の商売にならないわけですね。


逆に手法捜し求める人は 証券会社からしたら

カモネギでして、

この人たちはずっとお金を文字とおり

損失として落としていってくれる

わけですね。



一方一番嫌なのが毎トレードごとにルールを検証してくる

客でしょう。


カモにならないためにも検証はしたほうがよいですが

特にそれを浸透させるために


「トレード前にトレードルールを10回直近チャートで
検証」

はお勧めですね。


これで10トレードでもすれば100回検証は溜まりますので。

チリツモですね。


ということでちょっとしたことなんだけど

こんなちょっとしたことが人生変えてしまうのが

今の世の中なので、


検証を重視して、その上で

上記のような工夫で取り入れていくと

人生前に進むものですね~



では!




ゆう





追伸・・・ちなみに上記のようなことを書いても

みんな2ヶ月もすればやらなくなります。


また感情任せで資金投下するようになります。

なぜか?


っていうとこれは日々の生活で私たちは

欲望や焦りや恐怖に囲まれてるから、ですよね。


だから最近の金持ち投資家ってのはそれを理解してるから

稼いでも必要以上に散財しないで暮らしてたりします。


私に検証の重要性をこれでもか!って教えてくれたのが

神レベルトレーダーなんだけど数十億円稼いだ人だけど


彼なんかは大金持ちなのに家賃数万円の家に

ご家族で住んでますね。


時々遊ぶけど見た目、単なるクラブにいる

いかついBボーイです。
(イメージがフリースタイルダンジョンに出てる感じ)


けど、そうやって過ごすことで欲望とかに支配されないから

楽なんです。


そして検証の重要性と向き合うマインドが作られる

ってことですかね。


では!





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【FX新案件】49ヶ月間で4913倍のトレード法とは?

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/33/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★












«  【「めんどくさいFX検証」を誰でも自然にできるちょっとした工夫とは?】  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください