無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【米国政府閉鎖を長引かせてでもトランプ大統領がやたら 壁建設にこだわる真の理由とは何か?】

2019 1月 14 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin



【米国政府閉鎖を長引かせてでもトランプ大統領がやたら
壁建設にこだわる真の理由とは何か?】
⇒編集後記で


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

PDFレポート
【相場の「天井」を捉える大衆が知らない極秘戦略とは?】
(サイクル理論の発展です!)
http://fxgod.net/pdf/fx_tenjou_get.pdf
(相当人気なようで今日でサイクル理論の案件は終了するようです!)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

※オカマのゲイFXトレーダーもってぃさんの無料案件は
人気なため昨日で募集終了しました







どうもゆうです!

読者さん、こんばんは。


さて昨日ですがゲイFXトレーダーもってぃさんの案件が

かなり人気なようで終了しました。


また今日でサイクル理論の案件も東京大阪会場なんかが

満杯だそうで、終了するようです。


ほんと最近はちゃんと学ぼう、という案件が
かなり人気ですよね~


ちなみについ数年前(2013年後数年間)の傾向としては

「楽して何もしないで稼ぐ」みたいのが

実際はかなり人気が出ていた状況で


業界の人も「うーん・・・」という感じで見ていた人も

多かったですが


最近は日本でも「ちゃんと学んで自立しよう」という考え方を

持ってる人口が明らかに増えてるのを体感で感じます。



ちなみに私が台湾で見てる光景ってのが

この前 台湾の高雄の図書館に行ったんですね。


その図書館結構有名な図書館だったんだけど、


こんな感じみんな地元の人らが勉強してるんですね。


(写真)台湾の図書館。ここでみんな勉強してる
http://fxgod.net/gazou/picture……hokan1.JPG


こっちは図書館のパソコンの電源つなげるコーナーで

丸くなってるんだけど


みんな大学か何かの課題やっていました。

(写真)パソコンつないで課題をする台湾の若者たち
http://fxgod.net/gazou/picture……hokan2.JPG


こんな感じの「学習をしてどんどん豊かになってやろう」的な
空気感が最近は台湾だけにあらず

マレーシアも韓国も中国も普通になってきてるから


やはり日本もアジアだから、

これからまた勤勉に学んでいくなんてのは

見直されていきそうだな、なんて私はそこは楽観で考えていますね。


ちなみに台湾で印象的なのは近代的な図書館なんかを
税金で作るわけですが


そこで夜10時までやっていて


台湾の高雄の自治体が

「おまえら、超いい図書館作ったからさ、

ここで沢山勉強してくれ~」みたいな感じで

パソコンの電源させるコーナーもあるし


税金を使って民衆に勉強させる、みたいのを徹底してるところは
ありますよね。

結局裏技を求める人は多いのだけど

学んだ人が長期で豊かになる・・・ってのは普遍のルールに

なってるんだな、なんて実感します。



ちなみに面白いのが台湾の場合どのホテルに行っても

大体は本棚みたいのが設置されていて結構多くの書籍が

並んでいて、


ホテルに泊まる人も書籍なりを読んで、学ぶってのが

一般化してるようでした。


こういう学ぶのが当たり前の空気感に接するのは大事ですね。




さて、それでこの前の号で以下の2つの内容を扱いました!
世界はどうも大きく動いております。



PDF【なんと、アメリカ民主党内からも共和党トランプの
米軍撤退を支持する議員が現れてきた】
http://fxgod.net/pdf/minshu_lo……_trump.pdf



PDFレポート
【2020年代にかけてEUやサウジ、イスラエル、
韓国そして日本からも米軍は撤退していく】
http://fxgod.net/pdf/beigun_te……ai2020.pdf



さて、それでアメリカの政府閉鎖なんかが

これまたすごいニュースになってるので

読者さんもご存知だと思いますが、


フェイクメディアのCNNなんかは

トランプを思いっきり叩いております。


「このやろ~何日間政府を閉鎖させる気だ!」という感じですよね。


けど・・・これは当然トランプ大統領の戦略があるわけで

今日はその辺の分析をしてみましょう!!


編集後記で!




以下は最近の国際政治や金融や自分で稼ぐや
お金稼ぎの現在通用する思想や
アジア圏などの動きをまとめたものです



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

PDFレポート
【相場の「天井」を捉える大衆が知らない極秘戦略とは?】
(サイクル理論の発展です!)
http://fxgod.net/pdf/fx_tenjou_get.pdf
(相当人気なようで今日でサイクル理論の案件は終了するようです!)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

PDFレポート【大金持ちFXトレーダーは「待って待って」
「さらに待って」ようやく仕掛ける】
http://fxgod.net/pdf/matsu_mo_souba.pdf

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

PDFレポート
【年始にドル円でフラッシュクラッシュが起きて
一時104円台になったことを考える!】

http://fxgod.net/pdf/dollaryen_flash.pdf

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

PDF【「今年の抱負より(最低でも)10年後までの抱負」
のほうが大事です】
http://fxgod.net/pdf/houfu_10year.pdf


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


PDF(写真29枚)台湾高雄の
「龍虎(りゅうこ)塔」の自由感は素晴らしい
http://fxgod.net/pdf/taiwan_ryuko.pdf

PDF(写真20枚以上)
【台湾高雄の夜市(よいち)は
活気がすごかったです!】
http://fxgod.net/pdf/takao_yoichi.pdf

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

PDFレポート
【 「砂糖税」が2020年代前半には議論されそう】
http://fxgod.net/pdf/satou_zei.pdf

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
PDFレポート
【動画ありPDF】生活費高騰と増税に対して立ち上がる
フランス民衆たち2019
http://fxgod.net/pdf/france_demo2019.pdf
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

PDFレポート
【副島先生の最新言論から2019年の金融を考える!】
  http://fxgod.net/pdf/soejima_201812.pdf


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

PDF【なんと、アメリカ民主党内からも共和党トランプの
米軍撤退を支持する議員が現れてきた】
http://fxgod.net/pdf/minshu_lo……_trump.pdf

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

PDFレポート
【2020年代にかけてEUやサウジ、イスラエル、
韓国そして日本からも米軍は撤退していく】
http://fxgod.net/pdf/beigun_te……ai2020.pdf

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

PDF金融分析レポート
【トランプ大統領の2019年の金融分野についての
モチベーション(動機)について考える!】
http://fxgod.net/pdf/trump2019……inance.pdf

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

PDFレポート
【EA=自動売買の本当の組み方、思想をPDF解説】
  http://fxgod.net/pdf/ea_shisou.pdf
(基本的にプロはこの思想で自動売買で長期で月利7%前後を
あげてます)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【金持ち華僑が採用している日本であまり知られてない
ポートフォリオの考え方とは?】

http://fxgod.net/pdf/kakyou_nami.pdf

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■









============編集後記============

さて、アメリカの政府閉鎖の件がかなり世界で

大きく報道され続けております。


2日前の1月12日に政府閉鎖 最長記録?の

22日を越えたということで


「米政府閉鎖、過去最長の22日目に」ということで

これが大きく報道されてますね。


それでフェイクメディア代表のCNNなんかは

「政府閉鎖はトランプ氏の責任だ!!」ということで


これまたいつもながら、トランプ批判の報道を繰り広げておりまして

それに各国の軍産官僚たちの配下マスコミたちが


「そうだそうだ!」と同じような内容が報道されてる現状ですね~



それで今日はこのメキシコ国境の壁建設予算をめぐっての

政府閉鎖について考えて生きたいと

思いますが


「なぜトランプはやたら壁建設にこだわるのか?」


というところですよね。


ここで各社 犬のようなマスコミは

「壁建設なんていらない!反対だ!」とやってるわけですが


じゃあなぜトランプは壁建設にこだわるのか?ということになる

わけです。


んでトランプ大統領がメキシコの壁建設にこだわるのは

なぜか、というと


もう前号と前々号見ていただいた方は分かるだろうけど


「民主党に妥協、譲歩させられそうだから」


ですよね。




大きくは以下の政治の流れを受けての判断ですよね~



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

PDF【なんと、アメリカ民主党内からも共和党トランプの
米軍撤退を支持する議員が現れてきた】
http://fxgod.net/pdf/minshu_lo……_trump.pdf

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

PDFレポート
【2020年代にかけてEUやサウジ、イスラエル、
韓国そして日本からも米軍は撤退していく】
http://fxgod.net/pdf/beigun_te……ai2020.pdf

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



それでこの移民政策、政府財政の問題と

そして最長記録を更新した政府閉鎖の話があるわけですが


これはもうトランプが前々から言ってきたことです。

メキシコからアメリカへの違法移民の流入を止める

ということを重要な政策として掲げているわけです。



ちなみに私は海外にいるので日本のメディアも

一国のメディアとしてみてるのだけど


「矛盾してるな」って思うことがあって

日本なんかも移民は条件付きで認めても


違法移民は追い出してますよね?


トランプとそんな変わらない政策を日本ほど

取ってるわけでして


違法なビザなしの外国人が不法滞在で摘発されたら

本国送還は日本では当たり前で


私はそれが当たり前だと思いますが

(例えば私は一応マレーシアなりに住んでるときは

ちゃんとビザがあるわけで)


トランプの「違法な移民の流入は良くない」ってのは

日本人が一番理解できる話だとも思うんだけど


それを批判すると日本メディアはブーメランで返ってくると

思うんですけどね、


とりあえずトランプ批判したいからこの辺の日本の

違法移民は有無を言わさず強制送還してる現状は

目をつぶって、日本メディアもトランプ批判をしている。


それで今までアメリカでは実はこの違法移民は

故意に認めてきた歴史があるんですね。


というのは彼ら違法移民ってのは安価な労働力になるから

ずいぶんと低い時給でも働いてくれたという

現実があったんですね。


だから違法移民は存在は完全に認知されていたけど

一応 故意に野放しにしてきたのがアメリカって国です。


ただその代わり本来のアメリカ市民たちの雇用が

奪われる事態はありましたから


ここでトランプは国境に「壁」を建設して違法移民の

流入を阻止して 雇用を改善する


なんてことを言っていたわけですね。


が、本当はトランプもそれで雇用改善しないのは

知ってるんだけど、あくまでポーズです。



それで民主党の本当の事実、をマスコミは知ってる癖に

言わないんだけど


やっぱり 建前と本音ってのがあるわけでして

民主党の建前としては


「人権擁護」なんですね。


違法移民にも人権があるって話です。


けど、本当の理由は違法移民の流入をそのまんまにしておくと

財界から政治献金がもらえる


ってのが民主党が本当に重視していることなんですね。


そう、全てはカネです。


私たちはあまりきれいごとを言うべきでもなくて

やはり人間が生きるためにはカネが必要であって


けどやはり 綺麗に見せる必要 がどの人たちにもあるから

カネの話はおおっぴらにしない、というのが

カネ稼ぎは悪いと洗脳されてる

現代の人類の知恵なんだけど



しかしカネのことを見ないと何が交渉対象なのかは

分からないんですね。


それで実はアメリカでは

民主党だけじゃなくて共和党もまた


この違法移民を放置してると財界から献金を

もらえたんです。


だから違法移民は放置されていた、ってことで

カネの話なんです。


これを各国メディアは知ってる癖に言わない。



それでトランプは国境の壁の建設については妥協せず

となっていて


政府予算なんかも壁の建設費の50億ドルが通らない限り

予算発行の署名しない、となっているわけですね。


だから12月22日から米政府の予算が切れて

政府閉鎖の状況が続いて


世界中は「アメリカ大丈夫か」となってるんですね。


けどよーく見てほしいけど

「仕掛けてるのはトランプ」です。


トランプの手の内で動いてるんです。

そこを知っておく必要があります。



それでアメリカの政府予算ってのは

税金をあまり取らないでコンパクトな政府を


追求していくべきだ、っていう共和党の「小さな政府」

の人らと


そして社会福祉充実の観点から 税金いっぱいとって

それで社会福祉を充実させるという名目で

官僚たちの権限を強化したい 大きな政府

を作り上げたい民主党の対立が続いてるわけですね。



この「小さな政府」と「大きな政府」の対立が

実際のところ、世界経済の論点でして、


私は小さな政府の考え方を持ってる人間ですが


どうも最近はこの 大きな政府 のほうが良いと信じていた人たちも

結局それは官僚たちの懐に税金が入るから

やはり小さな政府のほうが大事だ、と気づいていて


例えばフランスのデモなんかは起こってるんです。


これが分かると、世界の動きが税=カネを基準に動いてる

のが良く分かると思いますね。


このカネの問題を隠すために 色々な政治イデオロギーがある

と考えるとよく世の中が見えてきます。


それで毎年この小さな政府の共和党と大きな政府の民主党で

対立があるから


政府予算ってのは可決できないわけで

そこで3ヶ月ごとに

緊急のその場の暫定予算を組んで、なんとか


組んでつないでいるってのがアメリカの現状です。


それでこの前中間選挙が行われたのですが

ここでトランプは上院を制して事実上勝利してますが


下院は多数は民主党ですから、ここで政府予算案は

通りづらくなってるんですね。


それでトランプは「それを事前によく理解していながら」

あえてこの 問題になる時期を「選んで」


それで壁の建設費の予算計上において

頑固おやじみたいな態度で


「絶対壁を建設する!これ通らないと署名しません!」

とやってるわけです。


これはどう見ても

民主党に攻撃を加える、喧嘩を売るのを目的としている

というのは見てると分かりますよね?


わざわざこの揉める時期を選んでそのように言ってるわけですから。


それでトランプが知ってるけどいわないこと、

も理解している必要があって


実はトランプは「壁を建設しても、違法移民の流入は

阻止できない」と知ってます。


これはすでに軍産官僚のジョンケリーが

トランプに解任されたときに


「そもそも国境の壁は意味ないし、

それはもう大統領府内で調査の中で共通認識になってる」

と暴露してます。



ただトランプは「違法移民の流入は壁を作れば止められる」

と言ってるわけですが


これは「違法移民なんて壁作っても入ってくると理解している上で

言ってる」

わけです。


なんで??



ということですがこれは壁の問題ってのは

民主党の人権擁護の話と絡んで

軍産官僚たちと喧嘩する格好の材料だからである


っていう見方があるんですがたぶんそれなんですね。


ここで一度

「負ける確率が現状低い民主党との戦い」

に勝利して議会運営をやりやすくする

っていうトランプの考え方がちょっと出ているわけです。


アメリカ民主党は今や軍産も追い込まれていて

以前ほどの勢いは失っていますが


ボクシングでたとえるともう呼吸ができず

ゼーゼー言って、2回ダウンを取られてるような状況。

ここでとどめの3回目のダウンを取れば


相当長いこと、もう優勢は確定しますが

それに近いですよね。


どうもトランプはここでも民主党を倒して

議会運営で民主党にこれから

有無を言わせないようにしようとしている。




それでアメリカの違法移民の流入をそのまんま

「見てみぬふり」するってのはどういう目的があるのか?


というとそれは上に書いたように財界が安価な労働力を得る

ってこともあるんだけど


それと同時に 知っておく必要があるのが

アメリカってのは「世界の商品を大量に消費する役割を

持った国」なんですね。


ここまで大きく考える必要があって、

「大量消費」をアメリカ人たちはしてるわけですが


これが大きく世界経済成長率を引っ張る原動力だった

わけです。


だからアメリカは帝国でないといけなかった。

「経済覇権国アメリカ」ですから

そこで人口が減るとですね、消費できませんから


ここでなんとかアメリカにいる人らに

世界中の商品を旺盛に輸入してもらって大量消費してもらう


ってのが大きな世界経済成長の原動力だったんですね。


おそらくこのアメリカ帝国の構造を作った

相当金持ちの資本家たちがいるんだけど


彼らが「アメリカを一大消費地域にする」ということに

して実際にアメリカ人はクレジットカードで旺盛に

消費することをある種強制されていた。




それで大きく見るとトランプの移民阻止のための壁の

建設ってのは


その大量消費の構図を崩すから、やはり

アメリカの帝国覇権の放棄でもあるんですね。


この壁自体はあまり意味をもたないものの

これから違法移民は認めません、という姿勢になっていくと


大量消費してくれる人が減少しますから、

そうなるとアメリカの帝国覇権なんかは崩れていく。



だから違法移民ってのは


1安い労働力としての違法移民

2大量消費してくれる違法移民


という2つの側面を持っていたので

財界は喜んだのですが


これは壁の建設は効果があまりないものの、

徐々に認められなくなっていく方向なわけですね。



というのは民主党はリベラルな人権擁護というところで

違法移民にも人権がある、ってやってきたわけですが



さすがに違法な存在の放置を正当化していくってのは

限界があるわけですね。


例えば日本で、日本政府が各アジアの色々な国からの

違法にビザなしでやってきた移民たちを

一切法的に処罰しないで、本国送還もしないで見過ごす、と

判断したとしたら、


どんなに人権擁護といわれても

さすがに日本人もそれはおかしいでしょ!


って言いますよね。



それと同じことで、だから民主党は不利なんです。

それでトランプなんかはあの人はその辺の民主党の弱みを

把握してますから


勝算があるのでこの政府閉鎖を長引かせてると。



それでさらに政治の条件がありまして、

一応本来の対立構図は


小さな政府の共和党と

大きな政府の民主党の対立構図なんだけど、



トランプ自身は共和党だけど実際は

「大きな政府」をやってるわけですね。


予算を大盤振る舞いしているし、そこで大きな政府になっても

いいから、とにかく自分の任期の間には

大きな政府で予算を大盤振る舞いして

「人気取り」をして、


それで辞めた後には米政府が財政破綻すればいい

って考えてるわけです。


ある意味アメリカの覇権維持したい人たちからしたら

「最低!」となりますが、


けどトランプの目的はアメリカの覇権を自滅させることだから

自分が任期のうちは別に大きな政府でよい、と

考えている。



それでこれが重要なんだけど

今のこの政府閉鎖の話を見ていれば


「なるほど、だからトランプは「故意に」

そう「恣意的に、意図的に」

中間選挙で下院を「捨てた」のだな」と

分かるんです。


これは分かったらトランプの怖さが分かりますよ。


今はまさに上院は共和党がおさえて

下院は民主党がおさえてるけど


ここでもし大きな政府を本音では通したい

民主党が 壁の50億ドルの

「政府予算の肥大化=大きな政府」で同意すれば



共和党とも民主党とも両者とも

「大きな政府」で政府支出を増やせていけるわけですね。


トランプの共和党内部には当然この大きな政府、

予算拡大に反対してる議員がいるけど


どうもこれを抑えられる。


だからどうもこの辺を計算して中間選挙ではあえて

重要性の低い下院をトランプは放棄していたってのが

分かるんですね。


全て計算しての戦略だろうと思われます。



それで民主党の本音としては

もしトランプと民主党が壁の建設で対立して予算を

成立させられないままだと


政府閉鎖が長引いて結局「緊縮財政」になってしまって

そこで支持者たちからもバッシングはじまりますし、


また社会福祉なんかでもマイナスになってしまう

と考えてるわけで


本当は民主党はこの事態を避けたいのですね。


トランプはその民主党の弱みと本音を知ってるから

未だに壁の建設を主張してるってことです。



民主党も表では「絶対譲歩しない」としてますが

本音ではなんとかトランプと和解したいと

思ってるわけですね。



ただその本音が知られてしまうとこれまた

有権者から支持失いますから どうも長引かせている。



それで一方トランプとしては壁の建設にこだわるほうが

有権者の支持率が高まるというのも事実ですから


そこであえてこだわってるわけですね。


それでもしここで民主党が一定程度、

壁の建設費で譲歩した場合、


それはトランプの政治的勝利になるんだけど

そうなるとここで もう一度譲歩させてるから


今後の議会対策がやりやすくなります。


それを少なくともトランプは狙ってるってのが

分かりますよね。



「なんであの金髪ゴリラのおっさんは

そこまで壁にこだわるのか?」というと


上記のような理由があると思われますね~


だから色々知るとトランプってのは実際はすさまじく

計算、戦略作りが怖いくらいに考えられている人で


ある種怖いくらいのずる賢さ、強さがあります。


一方の視点で見ないで

「民主党の思想の矛盾、および共和党内の情勢

シリア撤退での軍産の力の衰え

etc・・・」


を全部計算してそれで連立方程式を解くみたいに

政治戦略を仕掛けてるってのが分かるんですね。


今のマスコミはその戦略を分析できていないものの、

おそらく 政治研究者がこれから

10年とか20年経過してようやくそれを分析すると

思います。



ということで壁の建設にやたらトランプがこだわるのは

明確な目的がありますので


そこを知ってみてみると色々分かってくることが

ありますね!


トランプはマスコミだと頭おかしいというくらいで

書かれてるものですが

実際分析してみるとすさまじい策士である

というのが分かってきますね。


これがやはり彼が不動産事業でもなんだかんだ

それらを含めたら6兆円前後稼いだ理由かと思われますね。


では!



ゆう





追伸・・・ただ最近日本の分析を見ると

時々、「どうもトランプは予測不可能とかヤバいやつと

思わされていたけど

めちゃくちゃ頭良い人で俺たちがそれを把握できなかった

だけじゃないか」


という内容を書く人が徐々に現れてきてまして

この辺見抜く人は増えてる感じはします。


例えばシリアからの米軍撤退戦略でも

「撤退する!」⇒「けど撤退しない!」

⇒「あ、けどやっぱり撤退するかも」

⇒「けど撤退しないかも」

⇒「あ、けどロシアとイランが色々やってるから

俺ら米軍は撤退せざるを得ないわ」

みたいな流れに持っていこうとしてるのが


分かる人は分かりますが、

あんな交渉をあの人は不動産で沢山やってきたと

思うんですね。


これは彼は不動産投資家であるから波動も理解してるはずだけど

波動でも いきなり目的のリミットに達することはなく


一度その方向に向かい、また戻り、

またその方向に大きく向かい、また戻り

そして到達しますが 波がそっちの方向に

形成されて目的にたどり着くわけです。


それを政治に当てはめる相当な高度な政治戦略が

取られてると分析できますね。


「なんだかんだ、気づいたら」


彼が米朝首脳会談なり

シリア米軍撤退にこぎつけてるのはその辺の

投資家、事業家としての戦略が生きてます。





ちなみにトランプが取ってる戦略もやはり

「負けないこと」ですよね。


トランプの政策を見てみるとどっちに転んでも

負けないように対策がされてるのが分かります。


ということはやはり中期で

よほどトランプがJFKのように暗殺されるとか

とんでもない天変事象など、

トランプ優勢トレンドをぶち壊す

大きな出来事がない限り


2020年の次期大統領選挙でも

相当優位な状況を作ってくる可能性が高い


という風に現時点では判断できますね~









★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

PDFレポート
【相場の「天井」を捉える大衆が知らない極秘戦略とは?】
(サイクル理論の発展です!)
http://fxgod.net/pdf/fx_tenjou_get.pdf
(相当人気なようで今日でサイクル理論の案件は終了するようです!)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆









コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください