無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【パプアニューギニアでもこれから経済発展が開始して 中間層が増えていく】

2018 12月 01 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【パプアニューギニアでもこれから経済発展が開始して
中間層が増えていく】



どうもゆうです!
読者さん、こんにちは。


さて前号で


【APECサミットでアメリカ離れを
仕掛けたトランプ大統領】


という号を流しました。



PDFレポートにしてます。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

PDFレポート
【APECサミットでアメリカ離れを
仕掛けたトランプ大統領】

⇒  http://fxgod.net/pdf/apac_trump.pdf

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



それで基本的にはトランプ大統領っていうのは
マスコミは報道したがりませんが

「アメリカの帝国覇権を放棄する」(自滅させる)
というのが


実際の政治行動の背後にあるモチベーション
でありますから

実際は各国に
「アメリカと中国どっちにするのか?」と迫りつつ
中国側との協力を選択するように誘導している
という面白さがありますよね。

ただこれが 多極的な経済発展という
トランプ大統領の後ろにいらっしゃる
キッシンジャー博士の考え方でもあるわけでして

今までアメリカ帝国を維持するために
多くの属国の経済成長が犠牲になっていましたが
(そしてアメリカが消費の中心地となり、アメリカ人たちは
クレジットカードで消費ばかりさせられる。)

一方それでは世界経済成長が維持できませんから
これからは今まで発展できなかった地域、
例えばフィリピンなんかが分かりやすいけど

そういう地域でも多極的発展で
どんどん発展させるという流れを作り出してるんですね。




なので今までは
アメリカ日本欧州なんかの先進国で
主に世界経済を牽引していたのですが

これからは今までは発展途上国であった国、
彼らがまさに今私がいる台湾とか前いたマレーシア
のように経済発展していき、

そこで中間層がどんどん誕生して消費して
世界経済を回していく、という体制に
2030年代に向けて変化していくわけですね。


なので数年前から書いてるように
例えば北朝鮮でも資本主義が導入されて経済成長が
開始されますね。

また韓国はなんだかんだ
この恩恵を2020年代に大いに受けるでしょう。


このような見方を覇権学というのだけど
覇権学というのは日本で育っていないけど
植民地支配を歴史的に継続していた
イギリスなんかでは勉強してる人多いから

この辺見えてる人がイギリスとかは多いですね。
それはイギリスのファンドなんかの投資戦略にも
最近反映されてるわけです。

この辺見えてると いつも
何を言うのかしでかすのか分からないと
思われがちなトランプ大統領の行動が

相当一貫した行動だ、と分かってしまうわけですね。

ちなみに今回マスコミ報道では

「APECでパプアニューギニアの電力網
整備を ペンス副大統領が米日豪NZの共同で
やって、インフラ事業を行う



中国と対抗することになった」みたいな図式が
言われてますが


そのように書くように

外務省官僚に記者クラブ経由で命令されて
報道してる日本のマスコミ報道は間違いですね~


実際は中国が水力発電所を作っている現状で、
その電気を米日豪NZが協力して作り上げた電力網で
配電していく図式です。

ただアメリカは実際お金出しませんから
実際は日豪NZ+中国が連携する形になってる
というのが主観なきで見た

冷静な評価かと思います。

なのでこれからパプアニューギニアなんかは
日豪NZ+中国なんかが協力して開発する感じに
現実的にはなっていくのでしょう。

実際はトランプがこの構図を

中間選挙で上院制して言うこと聞くように
なった

ペンス副大統領に作らせたのが
11月のAPECの重要な点ですね。


だからこうやってこれからどんどん
今まで発展しなかった地域で都市ができ、
中間層が誕生していきますね。

そしてそこで投資チャンスは生まれてくるわけですね~


けど今の2018年12月の時点で
上に書いたこと↑に気づいてる人って

ご存知ごく少数であるわけですけど、それは
日本のマスコミやアメリカのマスコミの
フェイクニュースによってそうなってると思いますが


実際は今の時代ってどんどん
「新しい投資チャンスの種まき」がされている
時代でもあるのですね。

一度先進国では大きなクラッシュが発生する可能性が
2020年代前半には想定可能ですが

(具体的には米国の債券市場のクラッシュ。
債券市場のジャンク債金利なんかが
どんどん上がっていく事態。)


ただもうそれは覇権をデザインしてる人間たちは
想定しながらも


新しい地域、例えばパプアニューギニアとか
今までは完全にジャングルだったような地域でも


都市が形成されて、中間層が形成されるように
その下準備がされてきている、という感じですよね~


ちなみにパプアニューギニア、なんて
どこにあるか?とかも多くの人は知らないし

首都はどこかも知らないわけですが

(パプアニューギニアの首都はポートモレスビー)


ただこういう今までほぼ国土がジャングルだったような
ところが開発されていって

新しい経済がこれから20年とかで立ち上がってくる
というのがもう今の時点で分かっていることです。


ちなみにパプアニューギニアというのは
場所がインドネシアの右側、

オーストラリアの上側でして

実はニュージーランドよりは日本に近いんですね。



それでこれから日本とオーストラリアは
TPP11で縦に長い経済圏引っ張っていきますが

そこでパプアニューギニアなんかの
開発に中国も一帯一路で
絡んでいくという感じになるでしょう。


だからこれから電力網からスタートして
今までジャングルだったパプアニューギニアでも

道路や水道や鉄道や電気なんかがしっかり整ってきて
ここで中間層が多く誕生していく未来

というのが見えてきておりますね!



それで日本の官僚の中でも対立ってのがありまして、


外務省官僚なんかはこれ、

世界各国で中間層が誕生して多極的に経済発展が
進むなんて望んでないわけですね。


それより
アメリカ帝国がずっと続いてそこに
日本を対米従属させて

既存の官僚機構の権限が長く続ければよいと
思っている。


けど経産省官僚たちなんかは最近見ると
この新しい構図の中で

どうやって日本の立ち位置を定められるか?
というのを考え出しているように見えまして、


やはり官僚内部でもこの辺の闘争は激しくなっている
のでしょう。


ちなみにマレーシアのマハティールなんかが
すごい日本と近しくしてますが

マレーシアと日本の窓口は
外務省じゃなくて今は経産省ですから


主に若い経産省官僚たちが最近はこの新しい構図に
あわせて動き出しておりますよね。


最近日本のマスコミがやたら経産省官僚たちには
攻撃的なのはこの辺も絡んでると思われます。



それで、よく、キレイゴトで

「貧困問題を解決したい」と言う人がおりますが、


まさに実はこの世界の多極化って貧困問題の
ダイレクトな解決につながってきてるわけですね!


今までは貧しかった地域でも新しい仕事や

新しい経済がどんどん誕生していって、


そこで今まで貧乏だった人が中間層になっていき、

そして一部の人は富裕層になっていくわけですけど


こうやって結局世界が 平均的に多極的に発展することで
貧困問題って自然と解決されていくわけでして


そういう意味では貧困問題の解決と言えまして
それは寄付やなんだ、を続けていても一向に解消は

されませんでしたが、


これから世界の投資家が発展していく
資金需要を持つ国々に


バンバン自分らのマネーを投資することで、

その国で経済が栄えて、
この貧困問題は必然的に解消されていっちゃうわけですね。


そういう意味ではこの大きな政治経済の
覇権スキームを考えてるのが

おそらくキッシンジャー博士なんだけど
(トランプが大統領になる前挨拶に行きました)


あの人やっぱ天才なんですね。


あともうひとつ言えばトランプの背後にキッシンジャーがいるのは
誰も否定できないことなのですが


このキッシンジャーは親中ですからね、
だからアメリカと中国の戦争なんて今は
なかなか想定できないわけですね。



それよりも アメリカが従来の 帝国覇権を放棄して
⇒中国やらロシアやらひょっとして日本やオーストラリアなんかも
入っていき世界が多極的に発展していく


ほうが確率としてこれからの世界で起こりえる可能性が
非常に高い状況なわけです。



それで今までは中間層が世界的に弱かったですが
これから中間層が今まで貧乏な国でどんどん

誕生して世界経済を 引っ張っていく状況に
なっていくと思われますね。



ちなみにこういうのを知って、
各国の人口ピラミッドや消費状況を分析して

仕掛けて 資金投下していくと儲かる、というのを
以前私が発見したのですが


そこで「お、おれすごいもの見つけちゃった」とか
思っていたわけですが


実はよくよく見るとそこで英国のファンドなんかが
レポートを出していて


彼らもおなじ視点で見てたりしたんですね。


日本でもどうも優秀なファンドなんかは
もう色々と本来投資できない国に投資できるように
動かれている。


だから上記の動きとか少数だけど
気づいてる人は気づいてる、んですね。

それで自分なりの投資戦略に落とし込んでいる。


ということでこれからは
どんどん世界中で今までは貧しかった国々も

どんどん経済発展していき、
中間層が誕生するようになりますので


そして投資家はそこに資金投下することで
資産を爆発的に複利で増やせる時代に入っていきますので


投資家は
この大きなダイナミズムは知っておいたほうがいいですよね。



先進国だけにいるとこのダイナミズムって
いまいち実感がわかないと思うのだけど


もうアジア各国ではどんどん人々が豊かになって
経済成長して元気になっているので


そのダイナミズムに乗っかって生きていくのが
なんだかんだアジアに居住する私たちには

一つの重要な戦略なのかな~なんて思います。



それでは!




ゆう








☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

PDFレポート
【APECサミットでアメリカ離れを
仕掛けたトランプ大統領】

⇒  http://fxgod.net/pdf/apac_trump.pdf

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

































«  【パプアニューギニアでもこれから経済発展が開始して 中間層が増えていく】  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください