無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【「トランプ大統領が中間選挙では明確に勝利した」のに マスコミと大手ネットニュースは嘘を大本営発表している】

2018 11月 10 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

今日の主題:【「トランプ大統領が中間選挙では明確に勝利した」のに
マスコミと大手ネットニュースは嘘を大本営発表している】


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


新案件!
【利益率36倍】初期費用0円でも1000万の投資より儲かる生き方とは?

⇒  http://freeclub.jp/lp/22960/61453/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

PDFレポート
【副島隆彦先生の最新のトランプ大統領分析を知る!】
(アメリカの中間選挙の本当のマスコミが報道しない見方)

⇒  http://yuhfx1.com/pdf/trump_ch……oejima.pdf
(私ゆうの見方はPDF後半(66ページくらい)に書いてます♪)



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【音声】


 めんどくさがって行動しないあなた自身を

 『半自動的に行動させる方法』を話した音声


【音声プレゼント】「めんどくさい」を克服する方法
⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……ontrol.mp3


★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


PDFレポート【無料FX道場32時限目までの内容をまとめました!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/32jigen_matome.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



どうもゆうです!

読者さん、おはようございます!!



さてさて、この前アメリカの中間選挙が大体終わりましたね~

結果としては普通にトランプの勝利でしたから

やはりNYダウなんかは正直で26000ドル台をつけました。




それで上の3行、きっと日本のマスコミを妄信してる人たちは



「え??トランプ勝利??マスコミとかネットニュースとか

色々なえらい解説者の人の解説では

トランプがこれから追い込まれるとか民主党が勝利した

とか書いていたよ?」


と、思うわけです。


それでこれははっきり私は断言して言いますけど

それ、マスコミに騙されてるんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



今日は一応最近登録した読者さんもいらっしゃるから

分かりやすいに書こうとも思ってるんですけど


私の昔からの読者さんだったら当然のごとく

マスコミの「民主党が勝ってトランプが負けた~プロパガンダ」

は見抜いてるんですね。


逆に、ここが見抜けないとなんで

為替やら株がリスクオン相場になっていて

リスクオフのリスク回避相場になっていないのか


とかテクニカルと根拠が合致しないため

意味不明になると思われます。



だから


「トランプが大負けしたはずなのに、

そう報道されてるのに、なんで相場は堅調で

26000ドル台つけちゃったの、意味分からない。

はい、テクニカル分析だけ!」


という話に

なってくるわけですね。



けどこれはちゃんと理解する必要があって

アメリカの強い機関投資家たちは


選挙結果見て「これはトランプの勝利だ」とちゃんと

分かって仕掛けているわけですよね。




それで私は結構マレーシアにいてこの前日本の

報道見ていて

「またこいつら(マスコミやネットニュース)が嘘書いてるわ・・・」とか

笑ったことがあって



日本の報道で中間選挙みると、


最も重要な上院の選挙結果見ると

どう見てもトランプ勝利なわけですけど

(初めからトランプは 下院はほとんど無視状態だったわけで
選挙にも回っていないわけで・・・)



日本のマスコミ見ると

「ねじれ現象発生」とか書いてるわけですね。


日本では衆院と参院があってよく「ねじれ」とか書いてるけど

私が笑ったのは


まさかの日本とは政治システムが違うアメリカの

近代デモクラシーシステムで


日本と同じ概念使って

「ねじれだ~」とかマスコミが言ってたことです。



これは驚きでして、まさに日本のマスコミや

最近ではネットニュースやGという検索サイトこそが

「フェイクニュースそのもの」なんでしょう。


ちなみに日本のマスコミは個人の発信を

「フェイク情報だ~規制しろ~」とか言ってるんですけど


トランプが言ってる「フェイクニュース」ってのは

官僚と癒着しているマスコミやネットニュースの大企業ニュース群の

ことですよね。


これを日本のマスコミたちは自分たちがフェイクニュースと

言われてるものだから、



それを日本人に勘付かれたらマズイ・・ってことで

ツイッターなりの情報発信の個人を「フェイクだ~」と

言ってるわけです。


とりあえず「どうしようもない時代」になってきた。


日本語圏で情報みると、一部はちゃんと上院をトランプが

制したのでトランプが勝利だ、と冷静に書いてる人たちも

少数いたけど


大多数が


「民主党が2020年の大統領選挙で有利になった、

という嘘」を流していました。


それでこれを見た日本人が

「そうか!それならばトランプ相場は終わりで

リスクオフ相場なんだな!」なんて思うわけですが


実際は

「あれ??なんか相場とかNYダウがめっちゃ上昇している」

という動きになるわけで

ますます意味が分からないとなってるのが

今週の動きなんでしょう。




ちなみに今回結論を言うと

「トランプが今まで以上の権限を手に入れた」わけでして、

それが本当の中間選挙の意味である、と私は考えてます。


ちなみにおそらく日本の報道で騙される人が多いのは

アメリカの政治システムを勉強していないから、なんだけど

これは私は大学で政治学の勉強で必修でアメリカの政治システムって

習ってるんですよね。


だから今回の中間選挙も上院をトランプが制するのかどうか

ってのを見てるわけでして


実際にトランプ大統領は選挙前に

「別に下院で負けても俺に責任ないし」

っていうことで


完全に下院は相当軽視というとあれですけど

重要視していない姿勢は選挙前から明確に発言していたし


実際に2020年の大統領選挙に重要な

選挙区回りは上院・州知事選挙中心に選挙を行っていたわけです。



だから本当にマスコミがトランプ敗北と報道したいならば

明確に上院で共和党が負ける必要があったんだけど


上院は完全に共和党が制したわけですね。


トランプはどう見ても、どう解釈しても



上院と州知事の重視であって下院は相当軽視していたわけで

どうでも良いとは言わないけどまあ 下院は無視状態でしたよね。



ただ彼は「上院の過半数維持は相当固執しており」

それはアメリカの政治システム上当然なんです。


というのは上院下院と比べると上院の権限がめちゃくちゃ強いのが

アメリカの政治システムですから。


だから選挙前に彼は上院で過半数維持ができるかどうかが

重要と当然のことを言っていて

下院はまあいいや、っていうスタンスだったわけです。


それで特に反トランプのフロリダ州ですが

これはかなり重要な場所でしたが


ここで勝利できるかどうか?でしたが

フロリダ州でトランプは 上院と州知事両方で

共和党に議席を確保させました。


だからこれ、私が海外にいて相当冷めた目で見てるから

思うのかもしれませんが


冷静に分析というか結果見ると

どう見てもトランプの勝利なんです。


ただ私が驚いたのが日本のマスコミ報道なんか見ると

(実はマレーシアなんかもその傾向あるんだけど)


謎に「トランプ敗北!民主党が勝利!ねじれでトランプ追い込まれる!」

とか報道されてるわけですね、分かりやすく書くと。


私は驚きまして

「いやいや、上院をトランプが制したんだから

トランプたちが司法の最高裁判事や官僚人事やら握るんだから

トランプの勝利でしょ~よ。


もしこれでトランプが敗北なら

俺が学生のとき学んだアメリカの政治システムって何なのよ」


ってことなわけです。



ちなみに アメリカの政治システムってのは結構

文字数取るので、もし読者さんが興味あったら


「アメリカ 政治システム 上院下院」

とか調べればさすがにそこは嘘が少ない情報が

情報統制されてるグーグルでさえ出るはずなので


調べてほしいんだけど

(ちなみに大学の政治学の学生はこれを数ヶ月勉強します)



基本的にはアメリカってのは大統領選挙は

必ず4年の任期ごとに行われるわけですが


アメリカ議会での下院議員の任期なんかは2年ですけど

上院議員の任期は6年ですよね。


下院はだからこの任期の点でも結構弱くて

2年しか任期ないわけですから


実際仕事できるのは1年くらいですよね、

残りの1年は選挙準備になるわけですから。


だから一応立法しないといけないんだけど

そもそも立法能力が大幅に劣るのが下院議員ですよね。


それで一応名目上はアメリカの政治システムって

上院も下院も対等ってことにはなってるけど


例えば大統領弾劾訴追権なんかは下院が

「一応」持ってますけど

まあ弱いですよね、上院と比べると。

(だって上院本会議がその弾劾裁判やるんだから)


上院ってのは下院とちょっと違って

下院は「国民(人民)の代表」みたいな感じなんだけど


上院は「州の代表」なんです。


ちなみにアメリカの「州」と日本の「県」では全然違って

例えば分かりやすいのが大麻ですよね。


アメリカは大麻が合法な州もあればそうじゃない州もある。


これは日本の感覚だと分からなくて


例えば東京で大麻だめだけど

大阪では大麻OKとはなりませんよね?



けどアメリカってのは州が実際は一つの準国家

みたいなものなんですね。



日本だと日本国憲法ってのあるけど

例えばアメリカだと アメリカの連邦の憲法もあれば

州の憲法もあるわけです。


軍隊も州が自前のものを持ってたりする。


だから州ってのはある種の国のようなものですけど

そこで州は人口に関係なく、2名の代表を送り込めるわけで


それが上院議員ですね。


だから上院は「州の代表」みたいな性格があるわけで

下院の「人民の代表」とはちょっと違って



おそらくアメリカ人からしたら


上院議員と下院議員の「格」は相当違うわけです。


だから大統領候補で下院議員から出るのは至難の業とも

言われますよね。


この辺は結構また深いので、私もまた勉強しなおそうと

思ってますが




一応 上下平等っていう建前なんだけども。

とりあえず上院のほうが格上なんですよ。



例えば下院ってのは立法権を持っているけども

上院はより強い権限がありまして


例えば

連邦最高裁判所と連邦下級裁判所、

行政府の主要な役職の大統領による指名人事は、


被指名者の就任に先立って

上院が承認を与えなければならないし、


また上院は大統領が取り決めた国際条約を可決や否決できますし


また大統領や最高裁判所の裁判官が弾劾された場合は

上院本会議がこれ弾劾裁判行うわけです。



だからトランプはこの最も重要な上院を制したから

「今宵は、すばらしい成功だった。みんなありがとう!」


って言ったんです。




一方これ民主党は上院負けましたから

結局民主党が敗北したんだ、


とそろそろ数週間で世界にばれてくるんでしょう。



マスコミがいくら嘘を言って

「トランプが負けて民主党が勝ったんだ」と言っても


それはアメリカの政治システムを完全無視した

言論だから


いよいよ人々はマスコミ離れを起こすと私は思う。

マスコミだけじゃなくてグーグルなんかの検索エンジンも


その嘘に加担したSEOをしてるから

人々はいよいよ検索エンジンも疑うようになる。


それで今回トランプ政権は年内に退任する

ヘイリー国連大使の後任を選ぶ必要性があったんだけど


今回の中間選挙で上院で単独過半数を握りますから

それが可能になると。


そして上に書いたようにアメリカにおける

上院ってのは下院なんかよりも断然 実質は強いため

(だから日本の参議院とか衆議院とはかなり違うから

日本の報道の「ねじれ」という説明はずいぶんおかしい。)



現在トランプたちが交渉している自由貿易協定を

承認する権限もあるわけですね。


トランプが最近重視している二国間交渉なんかも

上院を押さえる必要があったわけですが


今回まさにトランプはそれに成功した。


それでもしトランプが上院で負けていたら

これ日本や中国なんかに貿易問題ふっかけていましたが


これが変化した可能性がありますが


上院で勝ちましたから「基本的に今まで通り

というかそれ以上に強くなった」


というのが現状です。



それで今回は州知事選も注目だったけど

この州知事選で共和党が勝てば


「今後の選挙区の区割りを共和党に有利に決める権限」

を行使できるわけですね。


だから2020年の大統領選挙に直結する重要選挙だったんだけど

特に州知事選が重要でしたが


これで共和党は民主党を超える議席を確保して

2020年の大統領選挙でトランプ再選の可能性が高まりました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これ、たぶん初めて聞いた人が多いんじゃないでしょうか?


だから日本のマスコミってヤバくて

こういう事実、上院と下院の違いを隠しつつ隠しつつ、


「日本の一般のマスコミ妄信してる情報弱者や

スマフォでネットニュースばかり見てるやつらを

だましてやろ~~」


っていう感じで意図的に嘘の選挙結果解釈を

報道してるわけですね。


結構悪質です。



それで上の話を見たら

「なぜ マスコミが勝利したと報道していた

民主党の執行部が相当 険しい表情なのか」

も分かると思いますが


実際は民主党は今回上院取れなかったわけで

議席伸ばしたかったわけですが


民主党からしたら今回の選挙結果は敗北なわけですね。


一応それでもマスコミが「民主党が勝利したぞ」

と嘘を報道してくれるから


「やせ我慢」で「民主党が勝利しました・・・」というんだけども


実際はですね、負けたのを執行部ほど分かってるから

だから彼らは会見で険しい表情なんですよ。




ちなみに日本のファンドたちなんかも見ると

もちろんちゃんと分析してる人らもいるけど中には

「共和党が敗北して民主党が下院を制して

ねじれになったが・・・」


みたいなこと言ってる人たちがちらほらどころか

多数いるわけです。


だから全然分かっていないで


洗脳されたその人たちが

顧客の大金預かってるわけで・・・結構怖いものですね。


ファンドや、信託に資金預ける日本人は多いけど

こういう部分で見破れないとすぐ騙されてお金なくなってしまう。




それで昨日の号の引用ですが

以下のように記載しました



==============================

ここでトランプ大統領は共和党が上院は制したけど
下院で議席減らして
少数野党に転じたにも関わらず

「勝利した」

といったので、マスコミは「このトランプは何を言ってるのか?」
と馬鹿にして言ってるわけですね。

ただ実はこれやはりトランプが正しいでしょう。

というのは今回の選挙で


共和党内をまとめていたポールライアン下院議長や
さらにトランプ批判派のジェフ・フレーク上院議員が立候補せず
議員を辞めましたが

さらに共和党内にトランプの敵がいて
それがジョンマケインという軍産系の議員でしたが

彼なんかは8月に死にました。
一方今回の議員で共和党から議員になった人の大半は
トランプ支持者ですね。

実際の話トランプは共和党内の軍産エスタブリッシュメント、
すなわち反トランプのムーニー勢力との戦いに勝って

共和党の支配権を手に入れたと言えますので
実はトランプの勝利宣言は

表だけ見てると分かりませんが彼の本音でしょう。

それで特にアメリカの歴代政権の特徴として

中間選挙で上院下院とも通常は議席を大幅に減らしたのだけど
今回の共和党の敗北具合は非常に小さかったわけですね。

ただマスコミはそれをことさらに強調したがるけど
実際はオバマ元大統領やペロシなんかの民主党上層部への
反感が相当強かったと思われます。

ちなみにもし日本のマスコミが捏造的に報道してるように
トランプが負けたとするならば

要するに民主党が一気に共和党に巻き返してきた
といいたいならば

同数を増やさなければいけなかったんですが
今回は上院、下院で上院がマイナス2、下院が30ですから

まったくオバマ政権時の喪失した民主党の議席を増やせていない
わけですね。


だから今回はマスコミ報道なんかでは
民主党が勝った?みたいな謎報道をしてますが

実際のところは民主党は非常に弱かったと言えます。

だから2020年の大統領選挙において
2019年夏くらいまでに民主党は全くもって

政治運動として民主党の波を作り出すことは難しい状態ですから
すなわちトランプは再選の可能性が高いと

考えたわけでして

だから「勝利した」と発言したんですね。

ただ一応日本のマスコミっていうのは
そもそもの話、民主党とかワシントン官僚たちの味方でもありますから

この辺は彼らも分かってるんだけど
なるべく民主党が優位だと印象付けたかったんだろうな~
なんて私は見ていました。

それで副島先生は

米中間選挙の結果を見て。 トランプは、このまま突き進む。

と書いてますが

もちろんこれからの闘争も激しいもので
暗殺危険性もあるわけですが

それで「いよいよトランプもやばいのか?」という
声がありますが

どうもそうではないわけですね。

それで上の副島先生の言論にも
書かれていたのだけど

もう実はトランプのスキャンダルネタは
結構どうでもいいものしかないわけですね。

<中略。詳しくはPDFを>


それでなんとかワシントン官僚たち、エスタブリッシュメントたちは
トランプ弾劾のためのネタを探してますが

もうそういうネタが見つからなくなっている。

すなわちトランプのやばい時期は過ぎ去っていると。


だから今回は民主党が大方の市民たちの
見立て通り対して巻き返せなかったので

トランプは実はこれから大変やりやすくなってるんですね。

だから彼は「勝利した」と言ったわけです。

例えてみるとボクシングの試合があって

圧倒的にポイント取られてダウンが3回くらいあって
相手になんとかダウンを1回奪った選手がいたとして
これが民主党の立場です。

彼が大衆に言う。
「勝利したのはダウンを1回取った俺だ!」と。

けども冷静に見ると明らかに相手(トランプ)が勝ってます。

そんな感じが中間選挙でした。

それで2016年の大統領選挙から2018年の中間選挙までが
一番トランプの大変な時期でありましたが

これは主に共和党内にエスタブ側の軍産側の人間が
多く潜んでいたことが原因でしたが

もうそれも解消しました。
(だから、本当はマケインが死んだ背景は・・・
トランプ陣営もしくは背後のキッシンジャーたちの勢力が
「なんかした」かもしれませんね・・・)




それで2018年までの2年間のトランプ政権は
相当 敵が多かったわけですが

これから2018年から2020年までのトランプ政権の
運営はこれ、「敵が相当少ない中での戦い」になるんです。

軍産官僚たちは政府中枢からかなり外れましたし、

トランプの裁量は相当拡大したのが事実です。

なのでアメリカ政治の内政においては
エスタブリッシュメントへの破壊はかなり進んだ
というのが本当の見方でしょう。

ただ日本のマスコミってのはどうしようもないので
(アメリカも)

「トランプが負けてねじれになったけども」
みたいな論を展開してますが

これ事態がだからフェイクニュースなんです。
前提がおかしい。

だからこれから

北朝鮮関係だったりイラン関係だったり
米中貿易戦争だったり・・・

まあ色々あるんですけど
トランプやキッシンジャーの戦略通り

これからもアメリカ⇒中国ロシアなどBRICSへの
覇権移動

は間違いなく進む状況になってますね。

だからトランプは「今回は勝利である」
と言ったわけですが

さすがにマスコミとしてはその論点で言えないですから
論点ずらして、トランプが負けたねじれだ、

となんとか主張してるけど
これ事態 やはりフェアな見方ではないですから

大衆扇動のプロパガンダの役割ですね。


だからこれからの流れとして
日本の多くの人はトランプが負けたと刷り込まれてるだろうけど

よくよく見ると
「あれ?おかしいな?トランプが中間選挙で
負けたって聞いていたのに
この金髪ゴリラみたいな人はさらに元気になってないか?」

という事態は出てきそうですね。



==============================



以上です。


という感じで今号ではアメリカの上院と下院の違いを書いたけど

それで改めてみると上の内容が分かりやすいと思います。




特に今回の選挙で分かるのはマスコミが書いてるのとは

間逆で


「トランプ共和党は相当強かった」です。


今までのアメリカの歴代政権は

中間選挙で上下院両方、特に上院での

議席数減ってのがつき物だったけど


例えばオバマ大統領なんかは2010年の中間選挙で

上院で6議席失ってます。


一方、今回民主党は野党だけど

上院がマイナス2で逆に負けてるんですね。


だから本質を見ると、民主党が相当負けて

共和党のトランプが非常に強かったというのが

普通のバイアスかかってない見方だと思います。



だから今回の中間選挙結果というのは


「2020年のトランプ大統領の再選可能性が上昇した」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。


だからアメリカの機関投資家たちは

仮に民主党支持者であっても


かなり冷酷にトランプが強くて民主党弱い

っていうのを見ているでしょうし



「またトランプが不正な株価吊り上げで

企業に債券発行させてその調達資金で自社株買い

させたがるだろうな」

ってのは見てるでしょう。

(だから私個人としてはアメリカがいよいよ崩れるのは

トランプ再選後の2期目が可能性が高いと考える)


またアメリカの最高裁ってのが現在最年長の85歳判事と

2番目高齢の80歳の判事がおりますが


この2人ってのは左派リベラルなんです。


今回の勝利でトランプが上院制しましたから

となると保守派の人材が最高裁判事に新しく

2名つく可能性が

また出てきましたから


もうこれはトランプがめちゃくちゃ強くなってきてる

っていうことですね。



また自由貿易協定のNAFTAの変化した

USMCAや日本との貿易合意はこれトランプの独壇場になります。



さらに、今回の中間選挙では

明確にアメリカ民主党の左派の大きな政府

の主張が否定されたってのが


日本のマスコミが報道したくないところです。


これも解説しますけど

アメリカの左派ってのは国民皆保険を主張するんですよ。


日本人ならお馴染みですよね?


けど私は日本人だけどマレーシア住みだから

保険ないんですけどね。

(保険や年金が嫌な人は大体海外に出るんです。)

マレーシアだと自費で診療しても

日本の保険診療より安かったりするのです。



それでこの国民皆保険ってのは日本ではお馴染みで

きっと日本の読者さんは


当たり前に保険証ってのを持ってるだろうけど

これはもともと戦後日本の権力を握ってきた

官僚組織が安定的な徴税体制を構築するために


作ったものですね。


GHQが・・・とか言う人が扇動言論で埋められてる

日本では多いですが


実際は本当は旧内務省系の官僚たちが作ってます。



ただアメリカ人ってのはこういうの嫌うんですね。

官僚たちが偽善で国民皆保険とかいっても


「どうせ官僚たちは 国民皆保険とかいって

税金のように保険料とって それを還元せずに

官僚たちの懐に入れるんだろ」


と分かっている。


実際はだからアメリカ人たちは

それが貧困層の保険に使われないってのも

よく分かっているし、


特に一番国民皆保険で 増税被害を受けるのは

中間層ですから、


彼らは大いに今回

民主党の左派政策、大きな政府化、

共産主義化に反対したわけですね。



それで今回の中間選挙でのトランプの上院勝利ってのは

かなり意味がある勝利で


今まではトランプのこの共和党内にも

沢山の敵がいて、そして大統領の実質権限は

相当弱かったわけで


だから軍産官僚側のペンスなんかが副大統領に

入ってきたわけです。



それで2年間かけてこの軍産の牙城を崩すために

戦ってきたわけですが


いよいよこの中間選挙の時期にトランプの地盤が

強固になったわけですね。


大統領府の軍産系の側近を辞めさせて、

それで実際はトランプの側近でもあるポンペオを

国務長官にして国務省を無力化させてますし


CIAと国防総省は予算を増加させてコントロール下に

置いた。



それで今回の上院勝利ですから、

民主党は上院でマイナスですから


仮に民主党が下院で頑張って

大統領弾劾訴追をしたとしても


トランプとしてはおそらくその時


「ほらきた、ショーの始まりだ。

上院本会議で弾劾裁判しようじゃないか!

そしてその上院は共和党が押さえてるけどね・・・」


って感じで考えてると思いますよ。




だから本当はそこで マスコミの報道にトランプは

乗ってあげて

「民主党仲良くしよーよ」なんて

言ってあげてるんだけど


まるで彼自身が追い込まれてるように

演技してあげてるんだけど


あれは普通に見るとトランプ演出の演技でして

ここから面白くストーリーを作っていって


最終的に民主党をボコボコにするシナリオ持ってると

思いますね。


そこでCNNとかNBCとかを中心に

「このメディアたちは国民の敵だ」

とでも言って


一気に2020年の大統領選挙に入っていく予定でしょう。


そして州知事選でも共和党が制してるので

区割りは共和党(トランプ)が決められるようになった。





ということで私はマスコミ報道や

ネットの大企業の主要ニュースとは

全く逆のことを書いてるでしょうが


妄信しなくていいので、ぜひ比較して

読者さん自身で考えてみてくださいね!



けどよーくマスコミやネットニュースの

記事見てみたら


上院や下院の性質のことをなるべーく

日本人に知らせないように書いてるのが

分かると思います。



ということで実際はトランプが相当

今回の中間選挙で強くなったし地盤を固めた

って話なんだけど



逆に日本のマスコミやインターネット情報の

中間選挙結果報道で


「トランプが追い込まれたという認識」になっていた場合


というかそういう人が大半だろうけど

それは率直に言ってしまうと


結局情報に大本営に(無意識に)洗脳された


ってことです。


たぶん上記記事を読んで「はっ」と気づく人は

多いだろうけど


例えばアメリカの上院、下院の性質を

記事に書かないだけで扇動や誘導や洗脳って

出来ちゃうわけですね。



これが怖いところです。


なので今の時代は自分自身で考えていくってのが

本当に大事な時代です。


ちなみになぜファンダメンタル分析が

使えないって言われるか?っていうと


実は上のような裏を読む視点とかがないからだと

思われまして


そもそもその政治経済分析自体が

嘘の情報(マスコミ情報等)に根ざしてる場合は当然

使えないとなるわけですね。


逆にその辺が見えてると、

テクニカルと 「本当のファンダメンタル」は

連動してる比率が高いって見えてくるものでして



この辺は特に長期投資なんかには重要なわけです。


いずれにしても権威ある情報ばかりを信じてると

長い目で足元すくわれますから、その確率は高まるので


「妄信しないで読者さん自身で考える」


ってのは大変今の時代重要です。


それでは!



ゆう














☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


新案件!
【利益率36倍】初期費用0円でも1000万の投資より儲かる生き方とは?

⇒  http://freeclub.jp/lp/22960/61453/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

PDFレポート
【副島隆彦先生の最新のトランプ大統領分析を知る!】
(アメリカの中間選挙の本当のマスコミが報道しない見方)

⇒  http://yuhfx1.com/pdf/trump_ch……oejima.pdf
(私ゆうの見方はPDF後半(66ページくらい)に書いてます♪)



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【音声】


 めんどくさがって行動しないあなた自身を

 『半自動的に行動させる方法』を話した音声


【音声プレゼント】「めんどくさい」を克服する方法
⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……ontrol.mp3


★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


PDFレポート【無料FX道場32時限目までの内容をまとめました!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/32jigen_matome.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




























«  【「トランプ大統領が中間選挙では明確に勝利した」のに マスコミと大手ネットニュースは嘘を大本営発表している】  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください