無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






10万円の価値ある無料FX道場29時限目を復習しよう! 【今夜21時WEBセミナー】

2018 11月 01 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


10万円の価値ある無料FX道場29時限目を復習しよう!
【今夜21時WEBセミナー】
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

11月1日(木)21時~23時の
WEBセミナーの参加はこちらから↓↓

http://fxdojo.online/websemi111/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

※無料FX道場29時限目の復習は中盤より!





どうもゆうです!

読者さん、こんにちは!!




さて、今日の夜21時から

いよいよ野田さんのWEBセミナーが開始します!


一応今回が無料FX道場の中では最後のWEB
セミナーになる予定です。


こちらで29時限目の課題なんかの
添削もできるだけしていきますので

ぜひ今日の21時に楽しく学んでみてください!
詳細はPDFに書いてます!!

PDF【明日夜21時にWEBセミナーです!】
副題:「日本人は海外でNATO(ナトー)
と言われてる?」

⇒  http://fxgod.net/pdf/nato.pdf



それで上のPDF結構個人的には
大事なこと?を書いたつもりで

きっと今でも見てくれてる読者さんには
何かしら人生に役立つどころか
力(ちから)になることを書いたつもりです!

特に、「失敗とは何かの事象に取り組んで
出てきた単なるデータのことであって

それを世間の人はビビりだから失敗と呼んでるだけで
失敗というのは本当は存在しない」

ってのが私が特に最近見てくれてる
20代とかの昔の私みたく苦しんでるやつに
知ってほしいことでもあります!!

これは実は本当はPDFに書いてあるように
投資心理学の話でもあるんだけど。


みんな「失敗」を恐れる恐怖心が
あるんだけど

それって実は「視点の違い」なんです。
ある人はその一般的に言って失敗と
思われる出来事が起こったら、

絶望したりして、欝になったりとか
あとはひどいケースだと自殺してしまう
人もいます。私の弟のことなんだけども。

ただ少しその世間一般で言われる
我々を絶望に本来落としそうな、そんな出来事って
よくよく冷静に考えると

「失敗といわれるものは人生の中における
単なる統計データに過ぎない」
と気づいてくるんです。

何か失敗しました。
それで普通の人は落ち込むけど
「これは長い時間における
単なる統計データに過ぎない」
と知っていれば、

すぐにある程度悶々とするかもだけど
再起できるし、
立ち上がれるんです。

私は自分の人生でそれをやってきたから
誰よりもそこは自分で分かってると思ってます。

本当に人生とはつらいものだ、と
私は思っていて
本当はつらいことの連続だ。

リア充なんて以前言ったものだけど
そこで本当に満足してる人なんて
少数なんだと思う。

そして今つらい経験をする人が
若い奴で多いのも私は知ってるけど



そんな大変な境遇で打ちのめされる中で
発見する哲学というか強い考え方、

それが「失敗とは単なるデータに過ぎなかった」
という発見なんです!!
この考え方が言葉から知恵となり
読者さんの生活に根付いてくると

いよいよエネルギーってのは抽象的だけど
それは沸いてくるんですね。

そう、だから全ての物事、事象は
「見方次第で変わる」のです。

その一般的な失敗で絶望すんのも、
それを単なるデータとして活用するのも

全ては物の見方のほんの小さな違いだけど
それが大きな人生の影響を与える。


例えば「コツコツ勝ってドカーンと負ける」
で恐怖心を持ってしまって
それで投資の勉強が中断されてる方、ってのは多い。

けどよく見ると彼は生きてるし
思考力は残ってるし、
なんだ、それは過去のデータでしかなかった
と気づくんです。

「あんな舐めた姿勢で 投資やったら
コツコツドカーンを俺はやる確率が高い」
というデータでしか、ない。
そうやって見て、自分と対話できると、

いよいよ人生って変わって来る、
ターンに入っていくのです

⇒  http://fxgod.net/pdf/nato.pdf





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


10万円の価値ある無料FX道場29時限目を復習しよう!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



さてさて、今日WEBセミナーになりますが、

読者さんは無料FX道場の29時限目

ご覧いただきましたか??



この無料FX道場、野田さんがおっしゃられているように

「これだけ分かっていればとりあえず本来は勝てる」

内容なので、



一応心理部分とかその辺も整えられる方なんかに

とっては10万円の価値がある内容です。



ずばり・・・数十万円の有料のFXとか仮想通貨教材以上の

内容だと思います。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



※無料FX道場の29時限目※

【億トレーダーからの挑戦状】
これまで学んだ内容を通して課題にチャレンジしてみよう!

⇒  http://fxdojo.online/refree/challenge/



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



さてそれで今回は野田さんが大ダウや小ダウについて

かなり説明してくれてまして、


さらにその後グランビルの法則やエリオット波動と

視点がまたこれトレンドラインゾーン分析と合致しますから


そこでまた大ダウ小ダウの見方に加えて

エリオット波動やグランビルの法則を交えて


後半では説明してくれてますね!!




たぶん、見ただけでは自分でこれを想定することは

なかなかできませんから、



ぜひデモトレードなりFOREX TESTERなりで

自分自身でライン引いて、またそこに

グランビルの法則やエリオット波動なんかの知識も

加えて


検証してみると相当力つくと思います!!



それで、後半に野田さんがおっしゃられていることで

やはり大事なのが


「こういう検証とか相場を見ていくのが面白い、

それが才能だ」


ということをおっしゃってますよね。



それで「じゃあなぜそれを人は面白いと感じるのか?」


っていうところなんですけど


何ででしょう??


私はこれ分かるんですけど


ゾーン分析とか(ダウ理論の小ダウ中ダウ大ダウ)

あとはグランビルの法則とか

エリオット波動とかですね、


これらの視点とかを知って


チャートというまあ

ある意味無機質なあの真っ黒な画面の中に


ろうそく足がぴょこぴょこ動いてるものがあるわけですが


それらを見ると

「人」が見えてくるんですね。


だから楽しいわけです。


例えば中盤あたりまでで説明されておりますが

大ダウ視点のプレイヤー、

中ダウ視点のプレイヤー

小ダウ視点のプレイヤー


まあ色々なプレイヤーがいるわけです。



またこれが為替の面白いところで

プレイヤーの中でも 


為替差益を狙っているスペキュレーターというんだけど

日本語だと投機家となるでしょうか


私たちはそれにFXやってるときには分類されますが


例えば私なんかは世界中の株もやってるのですが

そこで 例えばマレーシアの株なんかは

マレーシアリンギットで株買うんだけど


そこでドルなり円でリンギット買った時の

為替差益で損するのをヘッジするために


リンギットを売ったりするわけですね。


これはもっと大きな何百億円とか何千億円とか

時価総額兆超えてるような企業さんとか


そういうのが例えばこれまたヘッジのために

為替を使うこともあって結構またこれが大口だから

為替を動かしたりするんだけど


為替ヘッジのためのヘッジャーとか言ったりします。

(へっジャーの動きは結構不定期で読みづらい、といわれる

だから損きり逆指値入れておくのは必須なんですよ。

こういうヘッジャーの存在も知ってたほうがいいかな?と。)


もう色々な人が相場に入ってくるんですね。




それで、このラインとかゾーンを使った大ダウとか

小ダウの分析が29時限目で解説されてますが





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



※無料FX道場の29時限目※

【億トレーダーからの挑戦状】
これまで学んだ内容を通して課題にチャレンジしてみよう!

⇒  http://fxdojo.online/refree/challenge/



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




たぶん利益出始めた人は分かると思うんだけど

「チャートの後ろには人がいるんだな」

って感覚として分かったと思うんですね!!


だから「楽しい」ってのが生まれてくるんです。



ちなみに私があまり利益安定しなかった時のはなしで

たぶんこれは初心者さんで該当する人多いと思うんだけど



一流トレーダーさんに学んでいたけどイマイチ分からなかったことが

あって

当時ある億トレーダーが


「為替のこの世界中のトレーダーとの攻防が楽しい」


なんて言っていたのを覚えています。


ただ初心者の頃って見えている世界は

MT4のあの画面で、 ろうそく足(Candle stick)だけで


「え?トレーダー?っていうか

自分にはチャートしか見えていない」


なんて思って気づいたことがあります。


だから同じチャート見ているんだけど

稼いでる億トレーダーは全然違う部分を「見てた」

んですね。



そこに初心者の頃気づいたことがあります。


んでそこで「チャートの後ろには人がいる」ってのを

すごい意識しだしたんですけど

やはりそこから成長していきましたね。


んで、この大ダウとか小ダウの分析、あとは

グランビルとかエリオットの分析も後半で入ってきてますが


そこで野田さんが「プレイヤー」と言ってる「人」

を相当意識してるのが分かりますかね?


だから楽しいんです。


私はあまりやったことないですけどたぶん

最近のオンラインゲームなんかもそうなんじゃないですかね。


一応ゲームではあるけど、後ろに世界中の人がいるから

きっとハマる人が増えるんだと思う。


実はFXとか株もそうですが全部後ろには人が

必ずおりますから、だから「楽しい」となるわけです。




例えば29時限目で38分くらいで

シナリオとして


下降トレンドラインゾーンで

見ていた小ダウのプレイヤーたちが撤退して

新しい小ダウの買いプレイヤーが出現してくる


これリターンムーブの買い仕掛けの

想定の話がされておりますが


こういう状況って結構よく相場で見られるわけですね。


それで例えば38分後半で話されている

買いシナリオで買い入れてる場合なんですけど


ここでは小ダウ視点の売りプレイヤーが続々撤退していて

そこで新規買い検討の人らも入ってくるわけです。


ただそこで買って、もし落ちてきてしまった場合の

話もされておりますが


その際大ダウ視点の大きな視点で見ているプレイヤーなんかは

まだ小ダウのリターンムーブ買いの時点では


のほほん、と見ているわけですが


そこで相場が売り崩されて、小ダウの新規買いの

プレイヤーたちも撤退して


さらに大ダウ視点のトレンドラインゾーンを破って

そこでリターンつけて再度下に動くような動き・・・


これが発生すると小ダウも大ダウのプレイヤーは総撤退

していく動きで


そこでまた新しい大ダウでのリターンムーブ狙いの

売りプレイヤーが出てくるわけですね。



んでこういう小さなダウとか大きなダウとかの攻防が

あるんですけど


例えばそういう売りプレイヤーが出てくるような動きって

エリオット波動で説明されていますが


最初は A B Cの下降推進波動だと思っていたけど

実はそこで5波が下降チャネルラインに沿って形成される

可能性がある


ってことも考えるわけですね。


ちなみにここでは4波の戻しで売る人間もいますし、


あとは以前書いたファンドに属して

個人だと億トレーダーのダイスケさんなんかもそうですが


あの人なんかは下降の5波の終点をずっと待って

そこで A B C波のこの場合だと買いになりますが

そこでストップ小さくしてリワード取るために

買おうと待機していたりします。



だからここでですね、面白いのが

今まで


ダウ理論(野田式では大ダウ中ダウ小ダウ)

あとはグランビルの法則

あとはエリオット波動とかもやりましたが


これらでチャートを見ていくとなんと
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「人」が見えてくるんです!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


だからこれはデモトレードとかテスターで検証すると

いいんだけど


「チャートの後ろには人がいる!」って当たり前なんだけど

それを実感で気づけるようになるんですね。



だから私が昔初心者の頃の話で


億トレーダーの言っていた


「為替のこの世界中のトレーダーとの攻防が楽しい」


この感覚がようやく、分かってくるようになるわけです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「なんとこの チャートゲームのように見えていた

MT4のこの画面の後ろにはもろに 人がいる」

ってのが「見えて」くるんですね。



ちなみにイマイチ損きりできない、だとか、

あとは、ルール守れないというのは問題とされますけど


これはひとつの原因としては「人が見えていない」

ってのが大きいと思いますよね。


例えば大ダウ小ダウの視点とかでもそうですけど

野田さんは明らかに「人」を見ようとしてます。

もっと言うと人の感情、ですね。


チャートから人の感情とか心を想定して

それで仕掛けてる、って気づきましたか???


それを読み取るために、実はゾーン分析とか

エリオット波動とかグランビルを使う、わけですね。



たぶんみんななんで分析を学ぶのか?っていうところを

考えないんだけど


たぶん「こうやったらああなる」という論証思考で

ただチャート見てるだけで 見えてるのは

ろうそく足と、あとはRSIとかボリンジャーとか

MACDとかストキャスとかありますが


それらのあくまで チャート上のテクニカルの表面上のもの

なわけですね。


けど一流の人たちってのはその後ろに「人(の感情)」を見てる

わけです。


野田さんの説明をずーっと聞いていて道場生さんが

なんで勝てるようになってるの??


っていうと「人」が見えてくるようになるからなんです。


実は、これ投資心理学でも大変重要なところで

投資心理学では 売り崩されたときに人がどうやって

動くか?とかどう反応するか・・・


そういうのを徹底的に勉強します。

「ゾーン — 相場心理学入門」っていう書籍おススメです。


それでこうやってゾーン分析(ダウ理論ベース)なり、

あとはグランビルとかエリオットとかの原理原則を

学んでいくと


相場のチャート形成されている過程で「人」が

見えてきますから


だから「損きりできない人が損きりできるようになってくる」

んですね。


100%とか絶対ではないけど


「仕掛けてるやつや逃げてるやつなどの

意図が感じ取れるようになってくるから」


ですよね。


だからこの動画なんかはその「人」が見えるように

なってくる動画なんで10万円の価値がある動画だと

私は思いますよね!




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



※無料FX道場の29時限目※

【億トレーダーからの挑戦状】
これまで学んだ内容を通して課題にチャレンジしてみよう!

⇒  http://fxdojo.online/refree/challenge/



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




それで確か動画の中で野田さんがおっしゃっていたことで

どれもこれもすごい哲学的面白い、学びあることを

おっしゃっているんだけど


「便利になる中で失うものもある」みたいな話

されているんだけど


そこで私たちって 情報はあるんだけど知恵を失ってると。


一応ですね、情報があってそれはネットで取得可能。

けど情報を知識として


知識を体に染み込ませた知恵にしないといけないんだけど


情報⇒知識⇒知恵


ですね。


現代人は情報はあるけど知恵はないわけです。


それで、失ったもので投資の世界だと分かりやすいのが


実は昔って野田さんがおっしゃっていたように

チャートを紙とかに書いていた時代があったんですね。



そこでろうそく足とか自分でみんな書いていた、んです。

今はMT4で誰でもチャートで見れますが、

そこでみんなチャートを自分で書いていた。



またシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)なんかは

アメリカのシカゴにある

金融先物取引所でしたが


そこでアメリカのトレーダーなんかは取引していたわけですが


当時なんかの伝記を読むと

みんな「目で」人が見えていたそうですね。


すなわち「あそこにいるあいつが大口で

あいつがどうもでかい注文を入れたぞ」とか


実際に注文入れた人間が全部じゃなくても

結構分かったそうです。


もちろん騙しあいもあるんだけど

普通に大口たちの動きってのが


シカゴ・マーカンタイル取引所ではリアルに見えまして

そこで攻防していたわけですね。


そこで本当にうまいというか熟練したトレーダー、職人は

その取引所の中にいるやつらの注文とかの動向を

中で見ながら


そこで心理を理解して仕掛けていって大もうけしたわけです。


だから昔は「人を見て心理を考えて仕掛ける」って

攻防が当たり前だったそうです。


それで伝説トレーダーみたいな人らはこの辺の

CME取引所内にいるやつらの心理攻防に相当強かった人たち

なんですね。


だから自己勘定取引の投機家たちも

そこで会員権というのがあって取引所の中に入れる

権利みたいのがあって


それを数千万円なりだして買ってトレードしていた

わけですが


それはなぜか?というと「人」を見るためだったそうです。


それで現代は・・・というと大変便利になっていて

取引所に行かなくても、


注文はパソコン上で見ることができるわけですね。


FXならMT4で見られます。


けど便利になって失われたものはまさに

この「人がいる感覚」でして、


すなわち人がいてそこで仕掛ける知恵は以前は持てたのに

人が見えなくなっちゃった、


んですね。


だから相場に関わる人の心理を推定して、

その上で仕掛けるってことが実は現代人って

できづらくなっていて


それが本当は多くの人が悩んでる根本にあるかもしれません。


人が見えていなくて見えてるのはろうそく足とMAだけ、みたいな。


だからチャート分析とかで原理原則を学んだけど

あの原理原則はなんで 原理であって原則なのか?

っていうと


「人、とその人らの感情や感情の動きが100%じゃなくても

想定して見えてくるから」


なんですね。


だから原理原則というのだと思います。


実は普通はこれに気づくまでに色々失敗して

お金失ってようやく気づくものなんだけど


野田さんはそれをかなり早い段階で伝えてるから

偉いわけですね。


今までは無機質なチャートだったのに

ダウ理論とかグランビルとかエリオット見ていると


「これらを見ながらも取引している 人=大体は大口

がいる」


ってのが見えてきたと思いますね。


もっというと「大口」が結構な数いて、

その大口間でも心理駆け引きがあるってのが理解できたかと

思います。


ちなみにですが、今ディーラーとかで

生き残ってる人たちってみんな当然スキルある人たちなんです。


スキルない人はお金失ってるから辞めてます。


だから、そこで見えてくるのはかなり上手い人たちが

多くいて彼らが仕掛けてるのだな、なんてのも


見えてきますよね。



それでもっと言うと そういう心理攻防が見えていない人たちを

「弱い」と実際表現するんですけど


そこが見えていない人はよく分からないところで手仕舞いしたり

するから


「弱い買い手」「弱い売り手」とか言われたりします。


大口なんかはこの「弱い買い手」「弱い売り手」

がよく見えていますから、


分析だけじゃなくて精神スキルがないと

刈り取られるってのは実は弱肉強食で当たり前なんですね。


それも分かってきます。


「弱い買い手」「弱い売り手」は

自分で作ったルールを守りませんから


これを明確に見抜いてるのが大口です。


それで原理原則を学ぶと、この辺の

大口の意図が見えてくるってのが大きいですよね。



大口の意図が特に集積するのがライン・ゾーン周辺だったり

もするわけです。


たぶん相当高い確率で・・

無料FX道場でこの辺が見えてきたら


読者さんのトレードは3ヶ月前とは

別物になってるはずです。


だからですね、これは無料で展開してるけども

無料道場の授業をちゃんと受けた人は分かると思いますが



最近の日本の教材とかってこの「心理」を全然解説していない

んですね。


「シグナルで買って売って~~」とかありますが


あれは心理を理解してる人なら使いこなせるけど

そもそもその心理の解説とか原理原則解説がないから


やっぱり初心者は使えないんです。


そもそもシグナル通りに売り買いさえできないでしょう。


だからしっかり「相場の後ろにいる「人」を見る」

ってのが大事ですね!!


そのために野田式では分析するわけです。

そういう意味では野田式FX道場の分析っていうのは

予測ツールじゃなくて


個人的には相場の心理、人を見るための

手段なのかな、という感じもしますね。


だから道場生が勝てるんです。



ちなみにこれは金融だけじゃなくてビジネスも一緒で

数字とか表向きのものしか見えていないと

稼げないですね?


人が必ずいます。


AIがトレードしたり、AIが購入したりするわけじゃない。


「人」が必ずいます。それを理解できる人は

これどんな分野の自由市場でも稼げるともいえるでしょう。



ちなみにAIトレードなんか流行してるけど

AIトレードが負けまくって損失出すのは

これ心がないからですね。


心が見えないんだから、きついですよね。


そして大体において大口が使ってるAIなんかも

実際は これ調べてみると分かるんだけど


アメリカの大口のAIなんかも職員さんが

部屋にいてAIのオンオフを上司に命じられて

「こうなったらオフにしろ、オンにしろ」

って言われてるんですよ。


ただですね、この職員たちも人間ですから

すごい暴落なんかがあったときやっぱりあわてちゃうらしい。


だからトンでもない動きが作られたりするんだけど

AIのフラッシュクラッシュとか起きますが


これもまた実は心理ある人間がオンオフやってるんですね。


だから結局人を知るのが大事でして

そのために大ダウや小ダウやグランビルやエリオットがある

って分かって


そういう視点と心理でチャートに対峙すると

全然3ヶ月前とは違ったものになってくるわけで


だから野田さんは「これでとりあえず負けないで勝てるようになる」

とおっしゃってるわけですね。


これを相場観とか言いますけど


利益が安定してくると必ず人の動きを

ポジションの含み益が拡大してるときでも

損きりになったときでも感じ取れますので


チャートから人の心理を感じ取れるというのは

大変重要なスキルになりますね!


そのための分析だったりしますから

心理とは不可分なんです。


けど多くの人は心理を軽視しますから
(弱い買い手、弱い売り手)

そういう意味ではチャンスが多いわけですね。


ということで今回の無料FX道場29時限目の内容は

この内容から チャート上に人の心理が分かってくる点が

大変優れてると思いますから


ぜひWEBセミナー前に復習してみてくださいね!


では!











☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



※無料FX道場の29時限目※

【億トレーダーからの挑戦状】
これまで学んだ内容を通して課題にチャレンジしてみよう!

⇒  http://fxdojo.online/refree/challenge/



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
















コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください