無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【第2のリーマンショックが起こっても大丈夫なように準備しよう】

2018 10月 28 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【特別ゲスト対談Part6】
事務局・道場生の両方の立場から暴露フリートークを繰り広げた
事務局社長 中森さん
⇒  http://fxdojo.online/refree/sp6/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【無料FX道場の29時限目】
億トレーダーからの挑戦状!?
読者さんにチャート課題です!

⇒  http://fxdojo.online/refree/challenge/
(11月1日木曜日に添削として
WEBセミナーしてくれるそうです)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




どうもゆうです!

読者さん、こんばんは!!


さてさて、私のメルマガでよく書くこと、

それが


「第2のリーマンショックが仮にあっても

大丈夫なように備えよう」


ということです。

これは各種PDFでよく事前にお渡ししております。


このPDFは数ヶ月前に読者さんに

お渡ししてますけど


最近は定期的にNYダウ暴落してるから

今見たら分かりやすい?PDFだと思います。


ゆうPDF
【「暴落を常に想定してトレードする重要性」について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/money/bou……soutei.pdf



それで・・・米国の長期金利がいよいよ「危険水域3%」

というのが夏以降、普通になってきましたから

私なんかはこの第2のリーマンショックシナリオ


先進国バブル崩壊のシナリオってのは無視しないで

考えたほうが良いっていう人なんです。


ちなみに・・・読者さんはリーマンショックって

経験しました??


あの時の相場を知らない人が最近実は増えているのだけど

まあその辺も踏まえて考えて生きましょう!



大富豪のウォーレン・バフェットが言うように

「負けないこと」が最も大事かなと。

(けどバフェットのバークシャーも

2020年前後に大きく時価総額を落とすシナリオも見ている)


編集後記で!





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



【最後に■強烈な新特典■が2つ追加されました!】



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■





さて、それでページのほうも更新されていると

思うんですが


メルマガでこの2ヶ月ほど扱ってる野田式FX道場ですが

【新特典が追加されました!】


ずばり今回の特典ですが

特典9と10となります。



内容は以下の通りです!



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【野田式FX道場・特別限定特典9】
(25万円相当)


仮想(暗号)通貨

リップル、ビットコインキャッシュ、

野田式ライン分析、エリオット波動、

ダウ理論、グランビルの法則を駆使して


徹底解剖した戦略・戦術を全て暴露!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

特典8で追加特典としてお付けした

仮想(暗号)通貨の長期運用を目的とした、

戦術・戦略を億トレーダーが分析し、

解説をした 極秘の動画を、、、さらに!


リップル(XRP)とビットコインキャッシュ(BCH)も

限定特典として追加することになりました!


リップル、ビットコインキャッシュも

仮想(暗号)通貨の中では人気で、

世界中の超富裕層も激推ししている

通貨ではありますので、


長期投資・トレードをされる方には、

必須の特典動画となります。

また特典8と同様に、リアルタイム共有テンプレートも 無料でお付け致します!

※既に入会頂いた方へも無料プレゼント致しますのでご安心下さい。








☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【野田式FX道場・特別限定特典10】
(15万円相当)

月収100万円以上(年収1200万円以上)を

稼ぐトレード力・思考力を身につけることができた

道場生の共通点を

億トレーダーが考察した初動画

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

こちらの動画特典では、

野田式FX道場に参加をして、

月収100万円(年収1200万円)を達成した道場生が、

どの様に相場、自身と向き合い考え、


どの様な過程で、月収100万円(年収1200万円)を

達成したのか そして、達成する為に必ず必要な要素とは?


などなど、億トレーダーが 事細かく分析をし解説をした

動画となっております。



あなたと近い立場の道場生に焦点を当てた事例となるので、

ゼロベースから月収100万円(年収1200万円)を

達成するための



明確なプランとこれからの学習には

必ず役に立つ動画内容となります。

※既に入会頂いた方へも無料プレゼント致しますのでご安心下さい。




以上です!!


今回は上記の2つの特典が加わりました。


⇒  http://fxdojo.online/cryptopri/





また今回特典についてそういえば

無料FX道場の内容に偏りすぎて

あんまりメルマガで扱えてなかったのですが



既存の特典も含めまして結構特典がヤバイ、んですね。



一応、今回はどれかの特典ではなくて

全ての特典が対象になります。



(特典1~特典8)
↓↓


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【野田式FX道場・特別限定特典1】
(15万円相当)

野田式FX道場への参加費を

通常募集価格から15万円以上のお値引き

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


ゆうさんとの対談音声中にゆうさんから交渉を受けまして、
今回はゆうさんを通して野田式FX道場に参加された方にのみ、

特別に通常募集価格から15万円以上を
お得に参加出来るようにさせて頂きます。

ゆうさんからは、これほどのレベルの環境は中々なく、
この業界内を見渡しても希少価値としてかなり高いのでの、

私ゆうとしては100万円でも安いと思える内容です!

とまで仰って頂いております。

もちろん私自身も、これまで数年かけて作り上げてきた、
コンテンツやサポート内容には、業界一の自信を持っていますので、
さすがに、安売りするなんてことは決してすることはできません。

安売りするということは、

それだけの価値しかない、提供できないと

自ら認めているようなものですからね。

なので、適正価値としてご提供はしますが、
安くする気持ちは毛頭ありませんでした。

しかし、野田式FX道場を参加希望される方の中には、

若い方も多く、今は資金に余裕はないかもしれないけど、
今の現状をなんとかしたいし、本気で取り組みたい!

そういった方々へのハードルが高すぎると
参加したくても、参加できない方も出てきます。

ということで、もう少し皆さんにとって参加しやすい価格で
考え直して頂けないかと、ゆうさんに交渉をされ・・・

通常価格での募集は、
548,000円で募集をさせて頂いておりますが、

今回、ゆうさんからのお願いということもありますし、
これらからあなたとの関係も深めていきたいと思っていますので、

「損をして得をとれ」という意味でも
今回、無料FX道場への参加者様には、


通常価格548,000円⇒388,000円 (税込)の
約15万円以上の割引をさせて頂きます。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【野田式FX道場・特別限定特典2】
(55万円相当)
受講期間6ヶ月間から

1年間へと期間延長

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

通常であれば、野田式FX道場にご参加頂いてから、
6ヶ月間の受講期間で、これまでやらせて頂いておりました。

早い人であれば、3ヶ月間で結果は出るようになりますし、
忙しい方でも6ヶ月間もあれば、十分に自分自身で
判断をしたトレードができるようになっておられます。

初心者の方であっても、6ヶ月間もあれば、
周りの専業トレーダーには負けないほどの、
実力を身につけられるようになっています。

ですが、本業のお仕事の合間に勉強をなされる方の中で、

「6ヶ月では少し厳しい、、、というか不安だ」

という方も中にはいらっしゃりました。

また、今まで指導した経験の中で、
6ヶ月間までの期間で
基礎・基本の土台がしっかりと出来上がり、


6ヶ月目以降から急激に成長をし
どんどん結果を出されるようになってくる
道場生の方々を見ている中で、

だったら余裕を持って倍の1年にしても
いいんじゃないかと最近思っておりました。

さらに、私自身は1年であろうが5年であろうが、
諦めずに相場と向き合ってもらえる方には
熱意を持って指導しますし、

1年間も関係が続くとなると、

もし、野田式FX道場の関係が終わったとしても
何かしらの関係性が続くものだと思っております。

私自身これまで相場としか向き合って来なかった人間ですから、
FXや相場の枠を超えたあなたとの関係性も望んではいますので、
今回、ゆうさんからの参加者限定特典として、

受講期間を通常6ヶ月間から…

2倍の…1年間に延長をさせて頂きます。

※受講期間終了後は有料とはなりますが、
 ご自由に継続をして受講することは可能です。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【野田式FX道場・特別限定特典3】
(180万円相当)

億り人トレーダー野田の分析したチャートを
あなたのMT4上にそのままそっくり反映できる

リアルタイム共有テンプレート

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



リアルタイム共有テンプレート?

と、言われて分かる方は少ないかもしれませんが、

MT4では、例えば私野田が引いたラインを、
他の人のMT4へ反映させることができるんです。

ということは…どういうことか分かりますか?

そう!

私が実際に分析して引かれたラインのチャート画面を
そのまま、あなたのMT4上に反映させることができるのです!

これは何を意味するかと言いますと、

もしあなたが上手にラインを引けなかったとしても、
ライフスタイルによって、忙しくてラインが引けなくても、

私がラインを引いてマッピングされたチャートを
読み解く力さえ身に付けていれば、

ゾーンがこうなってるからエントリーしようとか
ここがこうなっているからエントリーをするのは止めておこう

というように、一目瞭然で分かってしまうのです。

実際に会員さんの中には、2年間、
私野田が分析したラインだけで、
売買をしてFXで勝たれている方もいらっしゃいます。

このテンプレートがあれば、ハッキリと言ってしまうと、
自分で分析しなくても読み取る力があれば稼ぐことができるのです。

例えるなら、

私が、真っさらな地図の上に
財宝のありかまでの道のりを明確に記載した地図をあなたに渡すので、
あとは、その地図の見方さえ分かれば、財宝のありかまで辿って頂くだけ。

ということです。

要するに稼ぐための地図をあなたに共有するということです。

こちらのリアルタイム共有テンプレートも
野田式FX道場への参加者限定特典として、

一週間に1回、二週間に1回のペースで共有していきます。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【野田式FX道場・特別限定特典4】
(60万円相当)
毎週会員の方と開催している

リアルタイムWEB勉強会の収録動画集
(1回2時間×60本分以上)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


既にコンテンツでインプットして学んで頂いた知識を
アウトプットする環境として毎週1?2回のペースで
リアルタイムでのWEB勉強会を開催しています。

この勉強会では、皆さんで参加して、
何か題材を取り上げて話をしたり、

例えば事前に指定した通貨ペアにラインを引いた課題を提出してもらい
皆さんで提出した課題内容に対して、検証や意見を出してもらったり、
実際私だったらこの様にラインを引いて相場を見ています。

という事を話したりしている勉強会なんですよね。

そして、毎回この勉強会の動画を収録していますので、
撮り溜めをして公開しているすべての収録動画を
特典としてプレゼント致します。

2018年からでも、もう既に60本以上の収録動画があり、
かなりの量にはなりますが、学習内容に沿った動画をピックアップして
中心的にご覧になられたらよろしいかと思います。

これからFXを始めてみたい、始めようという方にとっては、
1回2時間もある収録動画になりますので、「知識の吸収」としては、
基礎知識をしっかりと養って頂ける内容となっております。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【野田式FX道場・特別限定特典5】
(25万円相当)

特殊○○ライン+波動分析の

リアルセミナー動画
(約2時間半)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


月10万円くらい安定的に稼ぐ大衆トレーダーと
その100倍近くの月1000万円前後を安定して稼ぐ
億トレーダーの「差」の秘密となる分析手法を

野田式FX道場の会員限定に開催した
リアルセミナー動画(約2時間半)を
追加特典としてお付けします!


私が今まで数年以上の歳月をかけて分析し、導き出した
秘匿性が高く、

決して公には公開することのない分析方法ですので、
野田式FX道場会員だけにお伝えしていく内容となっております。

※この動画を受け取った会員さんであっても、
第三者への開示は禁止です。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【野田式FX道場・特別限定特典6】
(30万円相当)

個人投資家は知らない法則性を見つけ出す
特殊ライン分析のリアルセミナー動画
(約2時間半)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

特殊◯◯ラインとして「レンジ売買ライン」の作成方法と、
「スパンモデルと相性の良いテクニカル」として
移動平均線の組み合わせ方を

リアルセミナー動画(約2時間半)ですべて公開!


無料FX道場でお伝えした、
ライン分析は超基礎中の基礎の分析ですが、


本道場では、ライン分析の真髄とも言える特殊◯◯ラインが
ライン分析の超要になってくるほどの内容となっております。

この特殊◯◯ラインの理論も
他の書籍や塾等では一切教えられていない


野田独自の分析方法となりますので、
この動画を受け取った会員さんであっても、
第三者への開示は禁止とさせて頂きます。





※特典7は終了しました



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【野田式FX道場・特別限定特典8】
(30万円相当)
億トレーダーが仮想(暗号)通貨

ビットコイン、イーサリアムを野田式ライン分析、

エリオット波動、ダウ理論、グランビルの法則を駆使して

徹底解剖した戦略戦術をすべて暴露した分析動画


+

リアルタイム共有テンプレート

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

近年の仮想(暗号)通貨バブルの影響から
ビットコインやイーサリアム、リップルといった
仮想通貨へ投資やFXトレードへと参入する人々が増加しています。

このスペシャル特典では
これから仮想(暗号)通貨投資・トレードへ 参入している、
もしくは参入しようと考えている方には、
必見の内容となっており

将来の値動きに対しての、戦略・戦術を
億トレーダーがライン分析、グランビルの法則、
ダウ理論、エリオット波動などの分析をフル活用して
徹底解説をした規格外の特別な動画となっております。

また、億トレーダーが分析したチャートをそのまま、
あなたのMT4へと同期させることができる、


リアルタイム共有テンプレートも無料でお付け致します!

恐らく個人投資家、専業トレーダーでも知り得ない、
非常に価値の高い情報となっていますので、
無料で提供をさせて頂くのは今回限りとさせて頂きます。

※既に入会頂いた方へもプレゼント致しますのでご安心下さい。



↑↑

以上です!!!


ということで改めてみると今回すさまじい特典

になりましたけども



今回追加された特典などに関しては

当然私経由で入られた1期生の方にもお渡ししますから


特に仮想通貨とかはなんだかんだ注目されてまして

これから面白い分野なので


ぜひ活用くださいね!



<特典詳細はこちらです>
⇒  http://fxdojo.online/cryptopri/





それで個人的には



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【野田式FX道場・特別限定特典4】
(60万円相当)
毎週会員の方と開催している

リアルタイムWEB勉強会の収録動画集
(1回2時間×60本分以上)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



の特典と




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【野田式FX道場・特別限定特典3】
(180万円相当)

億り人トレーダー野田の分析したチャートを
あなたのMT4上にそのままそっくり反映できる

リアルタイム共有テンプレート

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




の特典はかなり最強だと思ってますね~




たぶん学んでいただいている読者さんも

分かっていただいてるはずですが


結局ライン、ゾーンを引いてそれで

トレード戦略を原理原則に沿って立てていくことって

大事なんですけど



まずその戦略は上記の特典4を見まくることで

かなりイメージ力が鍛えられます。



ただそこではあれなんです、実際に手を動かしていませんから

ラインとかがいまいち引けないと思うんですが


上の


特典3のリアルタイム共有テンプレートを使うと


あれなんです、野田さんの引いてるラインが

MT4に出ちゃうんですね(笑)



億トレーダーが自分で引いてるラインが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
読者さんのMT4上にそのまま表示される・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これ・・・ヤバイと思いませんか??



ちなみにこれまでで5人くらいの生徒さんの動画とか

対談を見ていただいたと思うんですけど


生徒さんたちの多くも億トレーダーの野田さんの引いた

ライン使ってですね、トレードしちゃってるわけですが


それは・・・やっぱり勝つ人続出しますよね。



ということで今回の野田式FX道場は

まだまだ安い価格ですが


11月初旬には今の38万円台から

54万円台に値上げとなりますので

かなりお得な状況ですので



ぜひご覧くださいね~





<特典詳細はこちらです>
⇒  http://fxdojo.online/cryptopri/



また今日追加された特典、



=============

【野田式FX道場・特別限定特典10】
(15万円相当)

月収100万円以上(年収1200万円以上)を

稼ぐトレード力・思考力を身につけることができた

道場生の共通点を

億トレーダーが考察した初動画

=============


こちらなんかは色々話し合って

「こういう特典があったら道場生の素人の方でも

結果につなげやすいんじゃないか?」

というところで追加した特典ですので



ぜひこれから頑張って学ばれる予定の方には

活用いただきたい特典です!



それで今回は30時限目をお送りしましたが


【無料FX道場30時限目】

「世界中の超富裕層たちが密かに激推ししている
リップル(XRP)を億トレーダーが初検証!!

大ダウ目線でのリターンムーブ発生中??」
⇒  http://fxdojo.online/refree/xrp/




また今度11月初旬のWEBセミナーでも

野田さんが以下の29時限目の添削をしてくれる予定

ということなので


なかなか普段生活していると



「億トレーダーにチャートの課題を提出して

それを添削してもらう機会」

ってないと思いますので


ぜひこちらの29時限目もあわせてご覧くださいね!




【無料FX道場の29時限目】
億トレーダーからの挑戦状!!
読者さんにチャート課題です!

⇒  http://fxdojo.online/refree/challenge/














============編集後記=============

さてさて、読者さんは「第2のリーマンショック」が

仮に起こっても大丈夫なように対策されていますか?


これは多くの人が「アメリカが崩壊するなんてありえない」

と思っているわけですが


実はつい10年前にリーマンショックでアメリカの

金融システムって壊れているわけですね。


これはもうメルマガで何度も書いてる通りなんだけど。



それでリーマンショックの分析って日本ではほとんど

出ていないのが現実なんですけど(信じられますか?けど本当なんです)


実はリーマンショックっていうのはあそこで一度

アメリカの金融システムがぶっ壊れているんです。


ちなみに多くの人に質問してみてください。

金融関係者でもいい。


彼らに「リーマンショックの原因はどこの市場で起こったのですか?」

と聞くと大多数が

株式市場とか答えるんですけど


これは分析してると分かるんだけど

間違いなんですね。


リーマンショックってのは債券市場で火がついて

それが世界各国の株式市場やら債券市場に影響を与えた

というのが本当のところでしょう。


ちなみに2016年1月2月なんかはすごい暴落したもの

だけどあれもですね、COCO債っていう債券市場から火がついてるんです。


基本的には危機は債券市場で火がつくんですね。


それでやはり第2のリーマンショックってのは色々

債券市場の構造を知って学んでいくと


「これは不可避だ」と分かってくるわけです。



以前に相当書いてるから割愛しますけど

もう今の先進国の状態は

「先進国バブルが形成されていてそれが

いつまで持つかどうかの問題」


になってきている、わけです。


ただ実際マスコミで経済記事書いてるような人たちも

これを知りませんからね、だから私たち日本語圏の民衆には

あまり情報が入らなくなっている・・・


ってのが本当のところです。


ちなみに私の親父なんかが日本を代表する

みんな知ってるあの経済新聞社の社員だったわけですが


私が子供の頃 先物やって大損しましてね、

そこで家族が崩壊していった、というのが

私の経験でして


実はあれなんです、経済紙書いてる人たちって

投資できない人種なんです。


そんでそんな彼らが金融についての記事かいていて

それを個人投資家がありがたがって読んでいる

ってのが日本の現状ですよね。


それでここ最近NYダウなんかを中心に

アメリカの債券市場やジャンク債市場が相当不安定ですからね、


そこで暴落が頻発してまして、この前もありました。


ちなみにそこで「暴落を想定しなかった個人投資家」が

多く損失を出したと聞きます。


数千万円単位とかで損失出して泣いてる個人投資家が

すごい多かったようです。


主に米国の株式メインでやっていた人たちで

レバレッジ利かせちゃってたみたい。


んでかなりの資産失っちゃったと・・・


けどもし彼らが数ヶ月前に私が渡したこのPDF

ちゃんと読んでいれば・・・


結果は違っただろうな、と。




ゆうPDF
【「暴落を常に想定してトレードする重要性」について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/money/bou……soutei.pdf


だから「負けないこと」、特に

「大きく負けないこと」これが本当に一番大事なこと

ですね。


失敗はしても良いんです。


けども 再起できないほどの失敗はしてはいけない、

これは起業家で有名な方もおっしゃりますが

本当にその通りだ、と私は思います。




ちなみにですが、私は「予測や予想や予知はできない」

という考え方の人なのですが


(経済学詳しい人に言うと、ロバートルーカスの

合理的期待形成仮説は嘘だと私は見破ってます)



これは野田さんもおっしゃってますね!


ただこれ、世の中には長期で見ると分かることってのは

結構沢山ありまして


「ほぼ確実にこうなるな」と分かってしまうことってのは

実はあるっちゃあるんです。


短期中期ではそこまで高い確率で割り出せないけど

5年10年の単位だと分かることってのはありますよね?


そうですね、例えば

「AIがこれから人類で活用されていくだろう」なんてことは

未来のことは誰にも分からないと言いつつも


まあそうなるってのはなんとなしにみんな分かると思います。

これはほぼ確実そうなりますよね。


同じように「人類はVR 仮想現実)の技術 をもっと推進させていく」

なんてのもやっぱりほぼ確実にそうなる話だとは思います。


チャート分析だと、それこそシナリオ形成して

そこでシナリオについていくということが前提なんだけど


こと、現実世界の政治とか経済ってのは

構造分析すると「もうほぼほぼ非常に高い確率でこうなっていく」

っていう事象はあるわけですよ。



そんでその中に金融構造分析で

「アメリカ(や先進国)の債券市場のバブルははじける」

っていう項目も存在するわけですね。



これはですね、もう歴史を見たら分かるんだけど

バブルは必ず破裂したんです。


本当に必ず破裂したんです。


んで今世界でバブルを形成してる地域はどこかな、と

調べていくと普通に分かってくるのが


アメリカと日本と欧州の3地域なんですね。


これは実体経済の規模と金融規模を見てみれば

一目瞭然のはずなのになぜか議論されない不思議なところです。


だからこれは必ずはじけるのですけど

問題は「いつはじけるのか」っていう話になってくるわけです。


それでこれからどうなっていくのか?というと

先進国バブルが崩壊するんだけど


そこで今のトップ時価総額企業は大多数がアメリカ企業

ですけど


ここに中国やらインドやらロシアやらの新興国企業が

時価総額ランキングで入れ替わっていくという

現象が出てくるのが2020年代の動きでしょう。


それでどうも最近の市場の様子見ていると

私も、そして誰もその第2のリーマンショックが始まるのが

いつなのかは分からないんだけど


もう相当近いうちにそれが起こるってのは

分かってきますよね。


東京オリンピックとか開催できるのかどうかも私は

分からない。


それでNYダウなんかが大きく崩れておりますが

これからこういう動きが頻発してくるってことです。



これは債券市場でジャンク債市場が崩れる兆候を見せてますが

まあほんと近いうちに5年もしないでしょうけど

第2のリーマンショックみたいのは想定しなければいけない


ってのが今特に 金=ゴールド投資家の間で言われてることです。


ちなみに世界最大の金投資家はこれ中国とロシアでしょう。

彼らは金を買い捲っている。




んで最近は私なんかは田中宇先生とか副島隆彦先生の

言論って良く見ているんだけど


100%じゃないにしても結構危うくなっていて

5年持つのかななんて感じもありますよね。


それで私は扇動するつもりもないので

これは私もいつなのか分からないと正直に書きますが


ただ今回のNYダウとか日経平均とか私は見ていて思ったことで


今回10%ほど両者下落してますが

相場の反騰力がかなり減っていましたよね。


すなわち「もうずいぶんと玉が使い果たされてるな」

という感じは受けました。



今までは株とか債券市場は

アメリカと日本と欧州の中央銀行によって

QE=ジャブジャブマネー=金融緩和がされていたんだけど


もうこれが終わってずいぶんと反騰力が減っていると。



ちなみに、ちょっとこれは複雑なので

分かりやすいように説明しますけど


日本の株の場合はこれETFやら年金の買い支えで

上がってるってのはよく言われていましたが


またアメリカ株なんかはじゃあここで

企業の自社株買いってのがかなり強かったんですね。


たださすがに不正に相場が上がってるとは

マスコミはいえませんから、(一応法律の話で

相場操縦罪ってのがあります)



ここで為政者が法律違反やってるってどうなのよって

話もありますから


一応「実体経済で上がってるという表向き」を取っていた

わけです。


ただアメリカも日本も実体経済は弱いってのは

実際は現地の人が理解してる通りですよね。


これは海外にいてもすごい感じるところで

大体のアメリカ人とか日本人は最近お金ないもので

安いホテルなんかはアメリカ人や日本人が多いですよね。


AGODAとかエクスペディアでなるたけ安いホテルを予約する人が

多い。


アメリカ人も欧州人も日本人もこの3先進国地域の人は

最近はかなり節約を頑張ってる様子ってのは

韓国でよく外国人の交流会で色々な外国人に会うけど

嫌でも感じてしまうんですね。


だから実体経済は実際は弱いんですけど

ただ実体経済が弱いのに株が上がるっておかしな話ですよね。


本来株ってのは実体経済がその国で強くて

企業の商品が沢山消費されて企業が利益計上して

一株あたりの利益のEPSが上昇して

上がるわけですが


単純に「ジャブジャブお金刷ってそのお金が

株式市場に入っていき株価が上がってる」


という状態ですよね。


だから株価と実体経済が乖離してるわけです。

んでこれはいずれかの時点で必ず調整されます。


ビットコインが暴落したみたいに。


ちなみに私ゆうは相関分析ってのを良く使うんだけど

ビットコインとNYダウって2017年はかなり相関していた

んですね。


けどビットコインは崩れた。(ビットコイン市場から

NY金融界のジャブジャブマネーが逃げた)


けどNYダウは高値だったんですけど、

NYダウも中期で乖離収束させていくシナリオも

見ないといけないですよね。



それで・・・今まではマスコミの体裁として


「実体経済が良いから、株価が上がってるという

体(てい)」


でした。


けど最近はもうある種「裏切り者?」が出ていまして

モルガンスタンレーなんかも同じようなことをマスコミで

言っていたのに


最近は「QEジャブジャブマネーが終わったから

もう相場は上がりづらい」

みたいな話を言い出してるんですね。


これ、お前がそれ言っちゃうか、みたいな話ですけども。



それでこれは私のメルマガで2017年くらいに

「これからアメリカの債券市場を守るために

新興国から資金が流出して新興国危機が出てきて

その代わりアメリカが延命する」

って話を書いてましたが


最近、新興国ショックって出てきてますよね?

これも何も予言じゃなくて単純に世界のお金の流れ追っていって

ドル防衛したい人たちがいるってのを知ってれば


事前に分かる話なんです。


けどこの新興国ショックは以前のアジア通貨危機みたいには

なりづらいと私は見てますね。


だから新興国の株で買いたいものが沢山あっても

今まで高値すぎて買えないなんてものがありましたが


これもかなり暴落して下がってくれる可能性もありますから

そしてそこから復活する可能性は大いに考えられるので


私はじーっと暴落が進むのを最近はキャッシュ用意して

待ってます。



それで以前に私がメルマガで書いたのが以下の内容です。





まずは世界の時価総額ベース(4月初旬)で

巨大企業ランキングを見てみましょう!

2018年6月3日の記事です。

【世界の巨大企業の時価総額ランキングトップ10を知ろう!】

==============================

1位 アップル  88兆円

2位 グーグル(アルファベット) 71兆円
(7765億ドル)

3位 マイクロソフト (ビルゲイツの会社) 71兆円
(7487億ドル)

4位 アマゾンドットコム 70兆円


5位 バークシャーハサウェイ(バフェットの会社) 49兆円


6位 テンセント  48兆円


7位 アリババ 45兆円


8位 フェイスブック 40兆円


9位 JPモルガンチェース 38兆円


10位 中国工商銀行  33兆円



10位以下

13位エクソンモービル 32兆円


15位サムソン電子 30兆円


17位ウォルマート 26兆円


36位 トヨタ自動車 20兆円


45位 シティグループ


圏外 

テスラ(イーロンマスクの会社)5兆円



<中略>


私が数年前日本にいたときと変化してるのが

最近はどこでも ALIPAY が対応するようになっている。



だから飲食店でも電化製品買うときでも

レジの前にVISAカードとかSUICAとかPASMOの

支払い可能表示があるんだけど


そこに「ALIPAY」と書いてることが増えてまして

まあこういう些細なところではあるんだけど


そこでアリババってのも実のところ使われるようになってきてる

わけですね。


こういう生活実感と時価総額って結構連動しているものでして

PERとかPBRとかROIとかROEとか色々あるっちゃありますが

そういうところを見ながら投資するってのは


実際の話大事なのかなって最近思いますよね。


それで、副島先生の書籍でこれらの時価総額ランキングを扱っていて

大変面白いなと思って私は見ていたのだけど


これはまあ彼ら大企業を持ち上げるためではなくて

副島先生の視点から言うと、



これらアメリカ中心の巨大IT企業たちってのは

歴史的なピークをいずれつけてから


下落していくっていうものになるわけです。

そのシナリオを書かれていたわけですね。



今だと彼らアメリカ系の大企業ってのは破竹の勢いで

あって誰も彼らが衰退することを想像しませんけども、


副島先生の視点だとこれらは大きな流れでは下落していくのだ

という視点、シナリオでして


この辺を私は興味深く見ていたわけですね。


たかが通信機器のスマフォを作って売っている企業たちが

こんなにも高く評価されて有頂天である状態は

どうもおかしいってことでして、


副島先生の考え方だとこれらアメリカ系のIT企業の

時価総額はいずれ最高値をつけてからの丁度半分くらいまで

落ちるのだってことですよね。


副島先生の言い方をすると「落ちるべきだ」ということなんだけども

すなわちこれは本当は実態が伴っていないという

そういう指摘ですよね。



誰も指摘しないけどこれはまさにITバブルなのだ

ってことです。




巨大企業の株価の計画的吊り上げは目に余るという部分があって

時価総額の順番にアルファベットで読むと


「AAMABF」で「アーマビーエフ」となりますね。



アップルとアルファベット(グーグル)とマイクロソフトと

アマゾンとバクーシャーハサウェイとフェイスブック。



これらの「AAMABF」の時価総額の合計でいうと

なんと410兆円です。


だから副島先生なんかはこれらの時価総額の合計が

まあいずれ200兆円、300兆円に落ちていくのだ


ということを想定されてると思うのですが


私の見かただとやはりアメリカでトランプ大統領が

米国の帝国覇権を放棄するために


米朝問題なんかも進めている状況でして

世界的なアメリカの影響力を政治的に落としていこうという

流れは確かでありますから


だからこのアメリカの大企業たちがこう崩壊していくというか
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今は考えられない人は多いだろうけど
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だめになっていくってのはこれは歴史的に必然性を持ってるのかな
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんてのは感じましたよね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というのは帝国覇権が崩れるってことはその帝国の大企業たちの

影響力が落ちていって


そこに新しい新興国の企業たちが新しく名乗りを上げていく

ってことですから、


このアメリカ系のIT企業たちが今はすごいんだけども

いずれ2020年代あたりに衰退するってのは


私は想定しておかないとななんてのは思ってます。

==============================



以上です。


それでですね、今週ですけどかなり暴落あったと

思うんですよ。


そこで今月10月に入って

次々とハイテク株中心に米国株が暴落しましたよね。



ハイテク株で形成されているNASDAQなんかの

暴落はすごかったですよね。



6月の時点では、また今の時点でも

今のハイテク株が暴落していく未来はみんな見ていないと

思いますけど


やはり想定しないといけなくなってると思うんですね。


ちなみに、これは良いことだから

書いても怒られないだろうから

言いますけど


実は以前にメルマガで扱っていた億トレーダーダイスケさん

ですが


あの人さすが、でですね、私の読者さんも

あのダイスケさんのFX塾にかなり沢山入ってるんだけど


この前とかダイスケさんがまさにNASDAQ暴落するから

エリオット波動使って


もろに高値で売り浴びせたんですね。


んであの人はやっぱりすごくて

この1週間で6700万円3ポジションで

儲かってるんですね。


塾生さんも儲かったでしょう。

けど欲望にやられるからリセットするために

出金しないといけない、と私も思います。

(ちなみにその裏で丁度7000万円とか8000万円
NYダウの暴落で失ってる日本人も結構いるんです)


だから上の話って「見えてる人は見えてる視点」

なんですね。



ただもちろん「いつ第2のリーマンショックが来るか」

は 誰にも分かりませんが


対策しながら儲ける方法はあるっちゃあるんです。


それで現在は株価は下落傾向で反騰威力が以前ほど

なくなっていますが


ここで最も重要な債券市場で米国債長期金利は

下がってますよね。


この前は3.2%とか3.3%の水準つけていたのに

今は3.0%水準です。
https://www.bloomberg.co.jp/ma……t-bonds/us



これは国債においては 金利低下⇒債券価格上昇

の意味だから


債券価格は上昇してるんですね。


どういうことか?っていうと株式市場の下落を
嫌気して

米国債に逃がしてる銀行やらファンドが結構いるんだろう

ってことですね。



ただですね・・・

もうそれでも危険水域の3%キープしちゃってるんです。


ちなみにここで米国債の金利が4%5%になりますと

どうなるかっていうと


社債とかジャンク債がこれ同じく金利上昇になって

アメリカ全体の資金調達が困難になりますから

恐慌になっちゃう。


これはネットでjunk bond chart とかで
検索すると ジャンク債のチャートが
英語のサイトで見えるんですけど


結構今は「際」にいます。


大ダウでも下落トレンド、小ダウでも下落トレンド

に入りそうな状態ですよね。



ジャンク債の金利が上昇(価格下落)していくと

当然株式市場にも飛び火しますから


やはりこのジャンク債市場を見ていくのは大事になるわけです。


ちなみにこうやって他の金融商品同士の相関を

見て行って仕掛けるのを相関分析手法と

言うんだけど



私は元々野○証券にいたディーラーさんに教えてもらったけど

日本の証券のディーラーなんかはそういうの見て

相関見て、為替やってるんですね。

それやると勝率上がりやすいんです。


これは以前 FX塾であったんだけど今は募集していないかも

しれません。



それで今なんかは株なんかが反騰しづらい状況には

なってきているとは言われてますが


私もどうなるか分からないんですけど

ただ仮に反騰してもやっぱりまた直後暴落

をこの2年3年は繰り返す可能性が高いので


NYダウやNASDAQは ストップ小さくした上での

空売りで 勝率は捨てながら

リスクリワード重視のトレードが強いだろうと

見ています。


以前紹介して今回のハイテク株暴落で

大もうけされてるダイスケさんなんかはそれですね。


稼いでる人でもいろいろなスタイルがあります。

だから実は暴落でも儲ける方法はあります。



それで今までは中国や日本がですね、米国債を

購入してくれたわけですが


もう最近は日本も中国も米国債買わなくなっています。


そしてマスコミの大本営とは逆に
米国経済の悪化は続いてます。



ちなみに米国株の最大の買い手は誰か?というと

これは企業の自社株買いですが


原資は債券発行なんですよ。


だから結構詐欺と言えば詐欺上昇でして

社債なり発行して資金調達して自社株買いっていう

スキームで株価あげているんです。


これは私は応援してるトランプもグルなんですけどね、

けど一歩引いてみてます。


それでジャンク債なんかの金利が上昇すると

すなわち企業が資金調達できなくなって自社株買いもできない

となるから


それは「支えるものがなくなる」構図になるわけですね。


意外に簡単な構図だと思うんですけど

これを「分かりづらくするために」マスコミがある

って考えれば分かりますかね。


分かられてしまうと困る人が大勢いるんです。


私が金融とか政治経済勉強して分かったことはそれですね。



それでトランプが金融規制を緩和して、バブルを膨張させている

わけですが


ここで債券金利問題というのがこれから

数年ついて回りますので、


いくら規制緩和しても債券金利が上がると、

企業の資金調達コストが上がってバブル膨張が

難しくなるわけです。



これが今後数年で見られる現象なので

すなわちボラティリティは相当高くなっていく可能性が高い

です。



だからVIX恐怖指数なんかもこれからどんどん

あがる事態がこの2,3年急増するのを私は想定してますね。



ちなみに、スペースまだあるので

もっと書かせてほしいのだけど


アメリカの不動産って高すぎるんです。

ご存知の方も多いと思う。


ちなみに読者さんは「サブプライムローン債券」
って名前聞いた事ありますか?


サブプライムショックは覚えてますよね??


けどあれって実は終わっていなくて

住宅や商業地の不動産担保なりの債権をひとまとめにしたのが

サブプライム債券でした。


あれがまあ 返すあてのない、パート勤務の人に

バンバン住宅ローン組ませたんです。

そんでその債権をですね、例えば月収20万円の人に

1億円とか貸す訳ですけど


返済額8000万円とかの債権をひとまとめにして

売っていたのがサブプライムローンです。


けどこれ当然返せない人ばかりですから

そんな債券暴落しますよね。


それが、サブプライム ショックでした。

けど実は最近サブプライムローン債券が再膨張してます。


アメリカの不動産市況が高いのはこの債券が

影響してるんですよ。


逆にマレーシアなんかは最近はローン組ませるの

相当厳しくなってるんだけど


マレーシア政府は「そろそろやべーぞ」と気づいて

ローンを組ませないように銀行に指導しだしている。


けどアメリカはというとこれまた不動産でバブル作ってるんです。

債券はさんで。


それで最近は必然的にアメリカの不動産市況が

下落してきてます。


サブプライム債券の再度の破綻も考慮しなくては

という状況。



それでトランプ政権は全力で株価維持の対策を

やる動機はあるでしょうが


いずれにしても 下落しても地獄、

上昇しても不安定で暴落は頻発する状況、ですね。


まだ為替にはこの動きは波及していないんだけど

いずれ波及することも想定しないといけない感じですから

為替もちゃんと損きりできるってのは本当これから

大事です。


ちなみに私ゆうは金ゴールド投資家なんだけど
(先物はやりません)


今週出てきた兆候として

金ゴールドは、ドルの敵なんですけど


昔は金の価格決めるのはアメリカのNYだったんです。

けどどうももう今年の大きな出来事として


金地金相場の管理役が アメリカとイギリスから

明確に中国に移転してますね。



それで今までは中国もアメリカの属国といえば

属国だったんだけど


もう今はトランプが敵視戦略を表向き取ったから

いつでも金相場操作ができるようになってきております。


金相場は今回じゃないかもしれないけど

長期上昇が大いに期待できますから


投機的に短期中期で資金入れたくない場合は

投資として金=ゴールドは有効ですね。


というか、金が本当のお金でして

私たちが使ってる1万円やドル紙幣は紙です。


金はこれからもドル防衛のために下落は懸念されるけど

それでも長期では期待値が非常に高いから

買っておいたほうがいいかもしれませんね。


それはインドでもこの前ありましたが預金封鎖対策にも

なります。

ちなみに日本の財政赤字GDP比率は世界一で

ギリシャ2位を超えて

堂々の1位です。



世界の政府総債務残高(対GDP比)ランキング
http://ecodb.net/ranking/imf_g……_ngdp.html




ちなみに「預金封鎖なんてありえない!」って人を私は

沢山知ってるんだけど


この世の中絶対ってないです。


そして日本の場合は国内で国債が消費されてるから

大丈夫だ論があるんですけど


確かにそれだと外国への借金じゃないですからね、

売り崩されませんが



けど預金してる国民への借金をしてるわけですが

これは踏み倒せる、と私が官僚なら考えるんですね。


私は官僚の考えることってなんとなしに分かるんだけど

私が官僚ならですね、

銀行と証券会社に必ずマイナンバー提出させるように

強制します。


そうしないと資産課税した時にですね、

外国人とかの口座でそれやると

国際問題になりますし、


資産課税の重要な点はその個人の資産データですから

それを名寄せしないといけない、と考えますよね。


それでデータ化したらこっち(官僚)のものですよ。

そういう意味ではスピードは遅いものの

官僚たちは着実にデータ化進めてまして


海外の銀行ともCRSっていうんだけど

名寄せできるようにしてきてますから、

まあ彼ら静かながら怖いですよね。



日本は過去預金封鎖を普通にしてますから

興味ある人は調べましょう。



それで次にやはり必然的に金融危機は起こるんですけど

そこで6月に書いたようにアメリカのIT株は

暴落するだろうし


あとはそこでアメリカの覇権喪失も進んでいきますね。


それで構造的には以前一度

リーマンショックで債券市場が崩壊したんですね。


んで、そこでQEで延命してたけど

やっぱり根本治療できていないから


同じ病を発病するんです。


普通に数年の間にそれが出てくる、と想定される。

早ければ2010年代で延命しても

2020年代前半までじゃないかな

と私は見てるんですけども。



それで6月に書いた感じでNASDAQとか暴落してますけど

仮に持ち直しても、そこから再上昇でずっと安泰は

なさそうですから


ドルとか米国株とか米国債券は大いに注意すべし、

と私は見ております。

もちろん日本にもそれは波及する。


なので第2のリーマンショックなんて考えたくもない

と言う人は多いけど


あくまで「リスクリワード」と言うように

リスクから計算していくのが大事ですので


このリスクに対策する視点がこれから大事ですね!

それでは!




追伸・・・ちなみに一番ベーシックな資産保全対策が

金地金=ゴールド、です。

今は日本で買えるでしょう。

かなり価格下がったし。


けど 誰の目にも明らかにヤバイ状態になると

そもそも金地金販売業者が日本の場合かなり

少ないため、金が買えない事態は想定できます。


日本ほど金が簡単に買える国は珍しくなっているので
(消費税はかかるけど・・・)

金地金は トレードとか投機ではなくて

投資として10年以上持つ覚悟で

保有すると良いと個人的には思います。




ちなみにアクセサリーで買うならば韓国の

ジョンロ3ガ駅という駅があるから

そこで買うと日本の60%くらいで純金アクセサリーは

買えます。



ただ最近は金購入が大変難しくなっておりまして

マレーシアだと、書類を相当読んでサインが必要で

大変になってきているし、


それくらい金買い付けは難しくなってるんですね。
(価値がないなら、こんなに難しくなるはずない。)


だから投資とかビジネスで稼いだら金にポートフォリオ作るのは

大事になると考えます。


あとは投機ですと、

勝率は低下するでしょうが

上のダイスケさんの事例みたいに


ストップ相当小さくして大きく取る

という戦略も有効になりますね。


これからボラティリティが相当上がります。

この数年トレンドを伸ばす人たちには

利益が限定される相場でしたが


ようやくトレンドフォローの人たちにとって

大きく儲けるチャンスになる可能性はあります。

リーマンショックでは大もうけした人って

実は結構いるんです。



だから先物やFXなんかはストップを必ず入れるのは

大事でしょう。


またボラが大きい相場、リーマンショック相場なんか

そうでしたが値が飛んでストップ機能しないなんてことも

想定できます。


リーマンショック時代はポンド円が数時間で

1000PIPS以上

動いたこともありました。


ストップ機能しない場合、追証発生の可能性は

想定できますから、


「追証ありません」と明言してる業者を探すのは

大事でしょう。

(のちのち訴訟になりませんから。
追証ありの業者は普通に弁護士経由で言ってくるらしい。)


この時代に株なんかは信用取引使うのは特に危なそうです。


あとはオプションなら売りはNG、絶対NGかもしれません。

オプションは「自分が保険屋になって毎月お金がもらえます」

という甘言で募集されますが

これは危険です。


オプションは買いのようなリスクが限定されてることを

確認してからじゃないと危険ですね。


逆にそれを理解してる人なら損小利大戦略を作れる。


いずれにしても最近は金融が相当不安定化しているのは

事実ですから、


これから稼いだお金をどう資産保全するのか?

という視点は大事になることでしょう。



「暴落を想定して」

暴落したとしても全部の資産トータルで

あまり大損しないように保険かけておくか


もしくは金なりでヘッジしておく、などの

戦略は必要ですね。



またFXなんかで損きりできない、ルール守れない

ストップ入れない癖がある人は


今後の相場で結構きつくなる予兆は

債券相場の政治を見ると出てきてますので


そういう場合は投資心理学を

しっかり勉強したほうが良いですね。


また野田式FX道場はかりに第2のリーマンショックあっても

しっかり損きりとか投資心理学叩き込まれて

利益取っていける内容ではあるから


そういう時にこそ強いのが野田式だと考えるので

今のうちに学んでいくといいでしょう。


それでは!







★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【特別ゲスト対談Part6】
事務局・道場生の両方の立場から暴露フリートークを繰り広げた
事務局社長 中森さん
⇒  http://fxdojo.online/refree/sp6/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【無料FX道場の29時限目】
億トレーダーからの挑戦状!?
読者さんにチャート課題です!

⇒  http://fxdojo.online/refree/challenge/
(11月1日木曜日に添削として
WEBセミナーしてくれるそうです)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆












コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください