無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【2050年は人口9500万人時代】

2018 10月 25 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

どうもゆうです!

読者さんこんにちは!


さて、昨日

PDF 【人口が減少する国で
経済が成長するはずがない、という話】
(2050年には人口は9500万人)

の号をお送りしました!

ちなみにこちらに最近のマレーシアの
子供だらけでなんともいえない
平和な雰囲気の写真も掲載してます!


<読んで考えられるPDF>
⇒  http://fxgod.net/pdf/stock/jin……gensho.pdf



それでこちらのPDFでは書きましたけども
よく私たちは

「成長成長」とか言うじゃないですか?

けどその成長っていうのは
国単位で行くと、PDFにあるように

【国の成長=国民一人あたりの生産性の伸び
×人口の伸び】

ってのがマクロ経済とかで
は基礎的に言われる話で

これは長期で歴史を見ても例外なく
やはり人口が多い若い国が
覇権国になってると。

かつてはそれはアメリカだったわけですが
これからアジア、アフリカ、中東、中南米
の新興国が世界経済を引っ張る時代になる

ってことですね。



そんで、
一人ひとりの若い人たちってのが
どんなに高い生産性を
持っていてもですね、

年老いた人のケアにこれ力を
注がないといけませんから
国全体として生産性は下がるのは
当たり前なんです。

具体的にはそうですね、
FXで月400万円くらい稼げるようになりました
となったとしたら

それは嬉しいでしょうけどたぶん
海外口座使ってるでしょうから
使いやすい分税金は国内証券より
発生しますよね。

そしてこれ総合課税ですから
恐ろしいことに累進だけど稼ぐ人は
半分以上はこれ取られるわけですね。


これは恐ろしいことで大体の人はきっと
私みたいに

まず会社に労働した生産性の搾取から逃れたい
と思って、

それで「自分で稼ぐ」を勉強するけど
稼げるようになったらなったで

また税金でほとんど収奪される・・・
というのがこの世の中ですよね。

そして
残ったものにも当然
消費すれば
消費税10%はかかるし
健康保険税やら年金税もあるし

あとは住民税もまた地方税でかかりますよね。
ちなみにこの住民税なんかも私や日本のお役所の人に
聞いたのだけど

実際は取り立てているお役所の方も
「使い道は分からない」と言っていた。

特殊法人とか独立行政法人とかにお金が流れるけど
その会計は公務員たちも分からない、と。

現場の良心ある公務員も中には少数いて
おかしいと思ってるらしい。

ただ自分たちは組織の歯車だから・・・
と悩んでる様子も私は日本で知ったものです。


ということでこんな感じで
生産性が高く稼げたとしても、
実際はこれ日本では税金がすごいかかる
ってのが現状ですが

そうなるとやる気なくなってくる人もいれば
税金破産なんかするトレーダーも以前
日本一ポンド円を持ってる男と言われた方で
磯貝さんなんかがいらっしゃいましたが

(FXの場合、本当に税金破産が起こるから
磯貝さんのことは書かないけど調べてください)


こうやってどんどん一部の人が
生産性が高くても


そのために保障なりで税金が
急上昇するのもありますが
生産性が下がるわけです。




これまさに日本で見られる
現象ですよね。

なので

国の成長=国民一人あたりの生産性の伸び
×人口の伸び

なんですがまず人口の伸びは日本は
今後40年で9500万人になっていき、
そして生産性をあげるのもなかなか難しい

という状況になってきますから

やはり日本というのはこれから
今までは経済大国だったけど
これからは経済で言うと中堅国家
政治で言うとまだ官僚社会主義の国
みたいになってくる

というのが冷静な分析です。

一方世界では?というと人口は増加しまして

日本では人口が大体このままいくと
2010年から2050年の40年間で
26%人口が減りますが
世界だとこの40年間で大体43%は増える
んですね。

世界人口はこのままいくと
2050年には大体97億人で100億人前後
になるんです。(アメリカ国勢調査局)
当然だから世界経済の中心は
今の新興国に移ってくるわけですね~




PDF 【人口が減少する国で
経済が成長するはずがない、という話】
(2050年には人口は9500万人)
⇒  http://fxgod.net/pdf/stock/jin……gensho.pdf




ちなみに私ゆうは海外移住しておりますが
やはり移住する前から投資とかビジネスで収益作りながら
それで海外を転々とする、生活を数年していたんですけど


そこでやはりこういう人口問題の話とか
すごい海外で調べてですね、

「まだ自分は若いし、海外の成長国で
暮らして自分も成長したいな」


なんてのがありました。


それで実際今の時代分かったことがあって
ネットなりがあって

例えばマレーシアではGRABというタクシー配車アプリが
あってタクシーも1回乗っても200円とか
日本のバス並みに安くて


フードのデリバリー配達サービスも整っていて、
あとはネットも実測として

自宅の光ファイバーは実測120MBPS前後でるし
携帯のWIFIも20MBSは出るので

不便しないと気づきました。

語学なんかも私はネイティブではないにしても
コミュニケーションは慣れてくれば
1ヶ月で大丈夫になるだろうし、

海外生活って最近はなんら不便しないんですね。


なので若い人、そしてその若い人は
最近は私は60代前半まで込みで書いてますが


そういう人は海外の成長性をいかに
読者さんの成長に生かすか??


みたいな視点があると幸福感はあがる
人生になるかも??

しれません。


ちなみに私が生活していて感じるのが
子供がとにかく沢山いるわけですね。


PDFに書いている通りで。



PDF 【人口が減少する国で
経済が成長するはずがない、という話】
(2050年には人口は9500万人)
⇒  http://fxgod.net/pdf/stock/jin……gensho.pdf



これ、不思議なことにキャーキャーうるさいと
思う人もいると思うんだけど


ただ慣れてくるとやっぱり社会の成長感覚を感じられるから

幸せになれるんですよ。


えっとこの写真は私のお気に入りですが
こんな笑顔ですごしてる光景が普通なんです。




(写真)モールで遊ぶ親子たち
http://fxgod.net/gazou/picture……arake1.JPG



それは、当人ではない私たちにもなんとなく
幸せを与えるものであるし、


やはり成長国にいると単純に幸福感は
上がるのだろうというのが最近分かってきたことです。







■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



【2050年は人口9500万人時代】



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


それでやはり昨日の号で重要なのが

もう統計で




大体2004年の1億2千784万人をピークにこれから

30年経過の2050年には

ついに1億人を切って9500万人になる

予定です。




2018年の7月に出たデータだと

日本の総人口は9年連続で減少していて

出生数は過去最少ってのがニュースになっていましたよね。





それでさらに重要な昨日のデータが

整理すると


やはり「生産年齢人口」が日本で減少する

ということです。




「3500万人」も生産年齢人口が経ると。



日本では大体2050年には15歳から64歳までを


「生産年齢人口」っていうんだけど


その生産年齢人口がなんと3500万人いなくなっちゃう

んです。


それで65歳以上のおじいちゃんおばあちゃんが

1200万人増えるんです。


40%が高齢者という時代になるわけですね。


ちなみにこれの唯一良いところは

満員電車なんかも働く人がどんどん減少するから

緩和されるかもしれませんけどね・・・



ただやはり社会をほんと一部の若者で支えるという

構図になっていきますから


非常にきつい状態になっていくと。




それで最近東京にお住まいの方は気づいてると思いますが


「外国人(中国や韓国や東南アジアの人)がやたら増えたな~」



というのがあると思いますよね。


私はこの前東京にいたときに感じたのだけど

新宿とか歩いていたら、


もうドラッグストアとかの宣伝の言葉が中国語なわけです。


それでドラッグストアにヘアのオイルを買いに行ったら

これお客さんが私以外みんな中国の人だった。


ただこの外国人が急増しているっていうのは

生産年齢人口が減少していく


っていう人口論を分かっていると

政府の政策が分かりますが


日本の国土交通省なんかもですね、

これらの問題を分かっていますから



是が非でも中国の若者を「取り入れたい」という

思惑はすごい感じますよね。




PDFには




ちなみに最近は統計の方法も変化していて

昔は日本人だけで人口出していたけど


最近は外国人住民を含めて、

統計出し始めてますね。


2018年だと大体1億2770万人だけど

そのうち249万人が外国人住民ですから」



と書いておりますが


すなわちなんとか日本の消費人口が減らないように

外国人を誘致して経済の生産性を落とさないように


という苦肉の策が見て取れます。


だから日本人の人口減をなんとか

人口増加している中国人なんかを取り入れて穴埋めしよう


という思惑はどうしても

人口統計方法を見ると分かってくるんです。



それで書きましたが


「大体2050年には、

世界の6人に1人はインド人で

7.4人に一人は中国人となります。」



ということですからね、


今は中国の人が多いですけど政府としてはこれ

インド人の人も取り込むという流れにどうしても

この数十年なりますから


今は街中に中国系の人が増えてるだろうけど

次はインド系の人が東京なんかで増えるんだろうな、というのは

なんとなしに感じ取れますよね。



ちなみに私は海外から日本を見て

「日本への移住ってどんな感じだろう?」

と調べるのですけど



例えば私たち日本人が海外に移住する場合って

投資ビザの取得とか永住権に近いビザの取得とか

色々あるわけですけど


ニュージーランドなんかは2億5000万円必要で有名ですけど

オーストラリアは投資ビザが1億3500万円とかで

アメリカは5500万円くらい

カナダは2000万円くらい


あとはマレーシアなんかが大体最近は

1500~2000万円前後で(今は募集一時停止)


フィリピンは600万円前後で、

韓国は5000万円くらいで



この辺は変動するのだけど

最近は大体海外移住の相場が


数百万円~1億2億あたりですよね。


特にアジアなんかは最近成長国のため

人気がありますから


昔は安かったけどどんどん値上がりしております。



んでじゃあ日本に外国人が移住するためには??


というとこれはみんな知らないと思うんですけど

私は外国人の視点でも調べて見たんだけど


これ「経営管理ビザ」と言いまして

値段が・・・


「500万円」です。


私これ実は最近

「そういえば外国人が日本に移住するには

どれくらいのお金必要なのかな?」と調べていて

知ったんだけど


なんと 「たったの」500万円なんですよ。


フィリピンと同じくらいなんです、要件として。



経営管理ビザってのが以下の要件でして


================

二 申請に係る事業の規模が
次の「いずれか」に該当していること。



イ その経営又は管理に従事する者以外に
本邦に居住する二人以上の常勤の職員
(法別表第一の上欄の在留資格をもって在留する者を除く。)
が従事して営まれるものであること。



ロ 資本金の額又は出資の総額が五百万円以上であること。


ハ イ又はロに準ずる規模であると認められるものであること。



================


以上です。


これが例えば外国人が日本でビザ取得のために必要な
要件だったりするんですけど(2018年時点だから
もっと緩和されるかも)



どうも以前はこの


「本邦(日本)に居住する二人以上の常勤の職員」


っていうのが外国人にとっては必須だったはずなんだけど


これが

二 申請に係る事業の規模が
次の「いずれか」に該当していること。


とあるように「いずれか」になって


とりあえず500万円というのが基準になっているようです。

ただ一応日本の入管としても


「例えば外国人が500万円持ってきても

事業の実態がなければだめ」


となっていますから




例えばペーパーカンパニーだけではダメってことですよね。



だから最近の日本のビザ取得は昔は難しいと聞いたものですが

かなり緩和されていて


「500万円の投資金+日本での事業実態」

さえあれば日本のビザ取得が可能になっているんですね。



この要件緩和なんかも




PDF 【人口が減少する国で
経済が成長するはずがない、という話】
(2050年には人口は9500万人)
⇒  http://fxgod.net/pdf/stock/jin……gensho.pdf





の中に書いてある通り、


若い外国人を招き入れてなんとか経済を維持しなければ・・・

という強い危機感は見て取れます。


だから今までは日本というのは単一民族であって

日本にはほとんど日本人しかいない、状況でしたが


これから中国人とかインド人とか東南アジアの人が

増えてくるってことですよね。



それでなんとかアジアの成長、アジアの人口を日本に取り入れて

国を維持しようという方針がどうも

法律に反映されてきているということです。



ただこの辺は議論が沸くところで

日本では英語とかできない人多いですし

外国人アレルギーある人もいますから、


拒否反応がある人もいるんだけど

この人口減に対策するにはどうしても


そういう政策になってきてしまってる

ってことですよね。



ということで人口論なんかが分かってくると


最近はきっと日本でもイスラムの格好してる人も

やってきてると思いますが



日本でなんで中国人とか韓国人とか東南アジアの人が

増えてきているのか、っていうことですが


それらの理由も人口減少の話を知っていれば

分かるというものですね。



投資金だけ見れば日本のビザ取得のハードルは

フィリピンと同じくらいの500万円ですから



ずいぶんと下がってるのもこれは知らない人がほとんど

でしょうけど 時代は変化しているってことです。





それで大きく考えると今の日本の若い人の場合

日本にいるとどうしてもこの


人口についてのマクロ経済の数式である


国の成長=国民一人あたりの生産性の伸び
×人口の伸び



に縛られてしまうと。


国民一人あたりの生産性の伸びってのは

限界があるから


人口の伸び、が減少するために働く人一人あたりへの

負担が過剰にかかるようになってくるわけですね。



「人口が減ってるなら、一人当たりの生産性の伸びを

あげるしかない。」



と、なる。



だからサービス残業とかそういうのは必然的に増えますし

有給取得を義務化といってもなかなか有給を取得できない

空気、は作られていくわけでして


分かりやすいのは 牛丼のすき家の問題が以前ありましたけど

私も渋谷で見たけど20人の顧客を一人の店員で回していた。


注文を一人の店員さんが取って、

そして一人の店員さんが、牛丼作って配膳して

お会計もする、


それを20人分やっていたものですが


これって上の



国の成長=国民一人あたりの生産性の伸び
×人口の伸び



の数式で 一人当たりに生産性を求めすぎてるところから

来るものだけど


どうしようもない、と。そうでもしないと

利益あがらなくなっている、と。


それですき家は労働闘争が激しくなって

結局最近は外国人がオペレーションするように

なったのですが


そうやって外国人になんとか生産性をあげてもらう

みたいな状況になってきているわけですね。



なんとも苦肉の策であります。



と言うことで日本にいる若者はどうしても


「一人当たりの生産性をあげなければいけない

スパイラル」


に巻き込まれざるをえないのが

マクロで見た場合の日本なので



一方海外だと人口が増加しているためその辺の

一人当たりの生産性をあげなければいけないという

プレッシャーは日本よりは弱まるでしょうから



日本に疑問を抱いてる人たちは海外も検討する時代に

入ってきていると言えると思います。



ということでまあ人口の問題を勉強していると

色々と考えさせられることが多いですよね。ほんと。


だから今の時代FXでもネットビジネスでも株でも

オプションでも先物でも転売や物販でもなんでもいいですけど


パソコン一台で稼げるようになって海外でも稼げる

っていうスキルはマクロのこの人口問題を踏まえると


必須のような気もしてきます。



それでは!





ゆう






追伸・・・ちなみに、私のメルマガ読者さんは

FXで稼げるようになって株を長期投資やってる方も

多くいらっしゃるけど



「自国の株を沢山ポートフォリオ上で 比率をあげてしまう」


ことを


「ホームマーケットバイアス」って言うんですね。


ハーバード大学なんかが自分たちのハーバード大学の基金で

「ホームマーケットバイアス」がかかっていることを

問題視して


数年前から自国の米国株比率を下げて

新興国株比率をあげるという対策を採ってます。


これは長期保有前提で、です。



それで株式市場を見た場合、日本のマーケットは

上記人口減少要因が非常に危惧されるマーケットなので


長期保有だとかあとはバフェットの

「バリュー投資」というのがあるけど


それには日本株はどうしても適しておりませんね。


ただ多くの日本人投資家はですね、

自分で気づいていないけど


「ホームマーケットバイアス」


がかかって日本株100%でやっちゃうんですけど

これは少し考えたほう良いということですね。


自国の株式を買いたいというのは感情としては

あるわけですが


冷静に人口減少問題や他国では世界人口が上昇している

と言うことを考えると・・・



投資対象国としては問題が見えてくるってことです。


こうやって大きな視点を持って投資対象国を考えていく

という戦略が2018年、2020年代の投資家には

必須になってくるように私は分析しております。



幸い、最近の日本人は海外株なんかも簡単に

買えるようになっていますから


そういうのを長い視点で取り入れていくのは

人生にとって有意義になりますね。



私なんかはこの辺をニュージーランドで

ファンドやってる人に

教えてもらったのだけど


やはり個人にとっても同じく

重要な視点だなと思います。



それでは!




PDF 【人口が減少する国で
経済が成長するはずがない、という話】
(2050年には人口は9500万人)
⇒  http://fxgod.net/pdf/stock/jin……gensho.pdf









コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください