無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【野田さんから29時限目の新課題についてメッセージです!】

2018 10月 21 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

野田式FX道場は絶賛公開中!

【新特典ページ】
⇒  http://fxdojo.online/cryptopri/

※残り3日で特典7の
「億トレーダー伝承の究極奥義
ツナギ売買両建て戦略(45万円相当)」
の特典が削除になります

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





どうもゆうです!

読者さん、おはようございます!



さて、昨日ですがいよいよ

野田さんの今までの内容を総括した

「挑戦状の課題」である


無料FX道場29時限目を公開しました!





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


※無料FX道場の29時限目※

【億トレーダーからの挑戦状】
これまで学んだ内容を通して課題にチャレンジしてみよう!

⇒  http://fxdojo.online/refree/challenge/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




また以下は最近流したコンテンツですね!

全部無料です!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【特別ゲスト対談Part4】

トレード歴7年目の経験者が野田式FX道場に入ったことで
明確に根拠を持ったトレードができるようになり

半年の期間で資金を2倍
9月は月収200万円オーバーを達成した中村さん

⇒  http://fxdojo.online/refree/sp4/



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




【特別ゲスト対談Part3】
3ヶ月間のデモトレード練習後リアルトレード開始初月から
いきなり月収30万円を稼いだ2018年3月入門組 木田さん登場

⇒  http://fxdojo.online/refree/sppart3/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



【野田式FX道場生との特別ゲスト対談Part2!】
素人から始めて1撃100PIPS以上を
獲得できるようになった女性のツダさん登場!

⇒   http://fxdojo.online/refree/tuda/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【特別ゲスト=野田式の生徒のヒデさん
と講師野田さんの対談をお送りします!】

<1人目>「月単位で負けることのないトレード力を
身に着けた
道場歴2年半の30代男性ヒデさん」

⇒  http://fxdojo.online/refree/spguest/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



【今までの対談音声はこちら】


【対談音声4本目】を公開!
「トレーダー(投資家)としての生き方」とは?
⇒  http://fxgod.net/onsei/nodashi……i_2ki4.mp3



【対談音声3本目】
「野田式エリオット波動を使いこなせる人と
使いこなせない人の「大きな分かれ目」とは!?」
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……hiki_2ki3/



【対談音声2本目】
14時限目の「野田式エリオット波動」を
使いこなせるために「超重要」な要素とは?
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……hiki_2ki2/


【対談音声1本目】
勝てるトレーダーは「○○」の考え方がある!?
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……hiki_2ki1/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


ポンド円で一撃788万円の利益!?
http://fxgod.net/pdf/788man.pdf



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【無料FX道場28時限目】
イーサリアム相場の戦略的シナリオを億トレーダー視点から大公開!!
⇒  http://fxdojo.online/refree/eth/


【無料FX道場27時限目】
仮想(暗号)通貨FXに野田式が融合!
⇒  http://fxdojo.online/refree/crypto/



※26時限目※【実践編】
野田式ライン分析・ダウ理論・グランビルだけで十分!?
相場をシンプルに理解するためのチャート分析事例!!

⇒  http://fxdojo.online/refree/3all/
(かなり膨大な量ですが今までの26時限目までの
動画はページ上にまとまってます!)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【まとめ】無料FX道場26時限目までの内容(動画+音声等)
をまとめました!
⇒  http://fxgod.net/pdf/26jigen_matome.pdf

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


さてそれで今回の無料FX道場29時限目においては

野田さんから読者さんに「課題」が届いてまして

ある種の「挑戦状」ですね!



ぜひ今まで無料FX道場の知識や学びを駆使して

課題に取り組んでみてくださいね。



それで今日はこちらの野田さんから

読者さんにメッセージです!



野田さんも私ゆうと同じで

「建前が言えないで本音言っちゃう病」なんだけど


まあただ建前ってのは要するに嘘ですから

今回は野田さんが本音で思ってることを

色々書いてくれてるので


そしてこれは真実だと思いますから

ぜひご覧くださいね!


やっぱり私の経験からもこういう優れた、

そして本音でキレイゴト抜きで接してくれる

指導者が私たち学習者の人生を豊かにしてくれる


と思う。


↓↓





==============================

【いつまで経っても勝てるようにならない人と
最短最速で勝てるようになる人との大きな違い】


野田です。

今日は私が日々考えているとても重要なことを

読者さんにお伝えしたいと思います。



お気づきの通り、

まず、なにか物事を成す、お金を稼ぎたいというのは
すごくシビアな世界の話ですから



FXはどんなビジネスよりも
シビアなスポーツの世界だと思っていますから
しょうじき、楽ではないです。





ここまで考えて考えて訓練したら、
稼ぐこと自体は難しくないんですけど、
そこまでのハードルは確かに難しいです。




だから単純に目先のお金だけではなく、
どこかで楽しんでできる部分がないと
継続し続けることは多分できません。




そして、無料FX道場の企画を開催してから、
約2ヶ月間ぐらい経ちましたが、



もう既に継続していない、

ご覧になられていない人もいるので、



こうやって今も見続けているだけでも、この時点で、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
読者さんは、上位の20%には入っているんですよね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




そこからさらに濃い訓練をどれだけ詰めるかで、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
20%の中のさらに20%に入れる次元になれるんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




だからやり続けられること自体で、
大多数の人よりも勝組に入れるわけなんです。



(人によっては価値観もライフスタイルも目標も違うので

 一言で勝組・負組と表現するのは、

私はあまり好きではありませんが)







ですが、

自分の中で決めた目標・ターゲットを達成できないのであれば

それは自分自身に対する負けです。



反対に、

自分の中で決めた目標・ターゲットを達成できているのであれば、

それは自分自身に対する勝ちです。





で、私はそれでいいと思うんですよね。

人と比べたってしょうがないですし、

相場は自分自身との勝負なので。







でも、やりたいなぁ。稼ぎたいなぁ。現状変えたいなぁ。

と自分で思っているのに、何もやっていないというのは、



それは自分に負けているんですよ。





他の人や環境に関係なく、

自分自身に負けているんですよ。





「自分に負けるのは嫌ではないですか?

 一生自分と付き合っていくのに・・・。」





だったら、自分に勝たないと。



だったら、やらなきゃ。



簡単です。







結局、自分に勝てばいいんです。



結果的ににやり続けることによって、

相対的に人と比べても他の人と比べたら勝っているんですよ。





自分に勝てない人は、他人にも勝てないですね。





だからスポーツの世界と同じですよね?

話してる事ってスポーツの世界と同じこと話してるんですよ。







なので、今回の29時限目講義では課題提出を出しましたが、

この課題に取り組んで、提出するか、提出しないかも



ここで、自分自身との戦いが始まっていて、

結果的に勝てるようになるかどうかが決まってくるわけなんです。





だから、提出された課題をやっているというだけでも、

かなりの上位には入ってくるんですよね。



それが望んでいる結果に現れていなかったとしてもです。





で、やらない人たちってのは、一生勝てないですから。

そして、すぐに飽きて止めてしまいますし。







だから勝負に勝つって、人と比べると実は簡単なんですよね。





継続して行動に移すってだけでも、

人と比べると実は簡単に勝ててしまっているんですから。





それよりも自分に勝つ方が難しいですから、

人との勝負ではなく、自分自身に勝つという

もっと高い次元にフォーカスを当てて考えた方がいいです。





なので、今回の課題も100人中10人も提出してこないと思いますが、

その10人に入れる方は、今後、

トレードの結果としても必ず後から付いてきます。



やらない人は、まぁ当然ですが勝てるようにはならないでしょうね。





コツコツ自分一人で出来る人は、それも才能・センスですから、

これからも継続して学習を続けられたら良いかと思います。





ですが、大体の人はそこまでできないんですよね。



人間は怠慢だし、

ほとんどの人は相場を愛してやまないぐらい溺愛していないから。







それでも相場の世界で勝ちたい!

稼ぎたい!と本気で思うのであれば、


時には、強制的に自分自身をせざる負えない環境に身を置いて、

集中して学ぶことも、人によっては必要なことだと思いますよ。







それでは、長くなりましたが、

読者さんからの課題の提出を楽しみにしています。





29時限目の課題について



ドル円日足→4H足と時間軸を考慮して



1)各時間軸の大ダウ、小ダウの推移を確認する



2)大ダウ、小ダウを意識してラインを引いてみる



3)1、2を踏まえた上で、トレードプランを立てる

  (自分は大ダウ、小ダウどちらを狙っているのか把握する)





※可能であれば※



4)グランビルの法則で考えるターンは?



5)エリオット波動の観点からのターンは?





【※注意※】

上記の課題を一枚の画像にすべてまとめて提出されると、

とても見ずらくなってしまいますので、数枚に分けて提出して下さい。



どれだけの枚数にまとめて提出するかは、見る側の気持ちになって

ご自身で判断をして提出を御願い致します。




課題提出方法はこちらから
⇒  http://fxdojo.online/refree/challenge/




=========================

以上です!



それでやっぱり野田さんの文章はいいですね~~


忙しい中、メッセージをなんと書いていただいてた

ようで、


今回はその文章を掲載しました!



それでこの野田さんが書かれている部分

なんとなく気になったと思いますが、



これ本当なんです。




「もう既に継続していない、

ご覧になられていない人もいるので、



こうやって今も見続けているだけでも、この時点で、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
読者さんは、上位の20%には入っているんですよね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




そこからさらに濃い訓練をどれだけ詰めるかで、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
20%の中のさらに20%に入れる次元になれるんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




だからやり続けられること自体で、
大多数の人よりも勝組に入れるわけなんです。」




この野田さんの言葉って本当で


実は今回無料FX道場ということで既存の私のメルマガ読者さん

に加えて新しく


「無料でFXをがっつり学びたいやる気ある方求む!」


とそれこそ業界の超有名人で私が尊敬する方々にも

広告していただきましてですね、

多くの方に見ていただいてる企画なんです。


それでもうせっかくここまでやったから

今までにないものを無料で!


ということで展開してるんだけど


今回は課題なんかもつけて、それで無料のサポート

なんかも野田さんと事務局さんにやってもらってる

わけです。


実際のFX塾とか教材ってあるんだけど

まさにこんな感じなんですね。



ただ・・・これもまた事前に分かっていたことでは

あったんだけど


やっぱり「継続して学習する人って超少数」なんです。


まあ見ていただいて分かると思うんですけど

知識を習得するってある種


地味な学習の繰り返し

って部分はあるんですね。


ただこれはやっぱり人を選ぶわけで

特にもうチャートのある程度高度な話だとか


あとは抽象概念が入る話なんかは

実際に普段接することのない話だから


途中で「もういいや、なんか難しいし・・・」


って離脱する人って実は多いんです、というか

そういう人がほとんどなんです。


といってもそれでも多くの人が見続けてくれてる状況では

あるんだけど


それ以上に「やっぱり他のシステムにお金任せて

毎月数十マン稼げるっていうこのシステムにしよう」


という感じで一度学ぶと決めたはずなのに

他に浮気する人ってやっぱり多いものですね。



ちなみにこれは私もこの業界のことある程度知ってるから

言ってしまうけど



今回扱ってる

ダウ理論とかグランビルとかエリオットとか

あとはその前提である資金管理とか投資心理学


とか分かってる人間以外はそのシステムでは

勝てないわけですね。


なぜか?


原理原則が冷徹に、冷酷に世界の自由市場を支配するから
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

であります。


だから原理原則も資金管理も心理コントロールも

分かっていません


という人がシステムなりで稼ぎ続けるって

いわゆる無理げーなんです。


逆に、それらが分かってる人が

「誰でも月100万円」みたいな案件やったら、


他の人は稼げないで詐欺詐欺言ってる中

自分は稼げたりするんですよ。


ただやっぱり現実見ると人ってのは安易な方法に

しがみついて「依存」して

「教祖様」を求めますから、



それが日本で新興宗教が繁盛する要因でもありますが

やっぱりそういうほうに流される人のほうが

多数、なんです。


逆を言うと今ここまで学んでくれてる読者さんってのは

世間ではどちらかというと変人でして

それは良い意味で言ってるんだけど、



実はそういう変人たち「だけ」が果実得るのが

これ資本主義なんです。



だから大衆が「ああでもない、こうでもない」

とウロウロして資金なくす中、



読者さんや私たちはガツガツ稼いで行けばよい

ということなんですね。



それで



この言葉


「こうやって今も見続けているだけでも、この時点で、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
読者さんは、上位の20%には入っているんですよね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



ってのは野田さん的な建前のリップサービスだろうか??

ってことですけど


これ本当なんですよ。


というのは以前にもPDF渡しましたよね。


これ。





■PDFレポート
【0(ゼロ)から稼げるようになった生徒さんから
学ぶ「継続力」とは?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/koudou_control.pdf





実は私たちってのは「継続」がすごい

難しい動物ですよね。



本当に実際に継続してたった2ヶ月でも学ぶっていう

人はほんとごく少数なんです



それで当然「自分でお金を稼ぐ」というのは

決して甘い分野ではないですから


そこで学ぶ知識ってかなりの量ありますし

それって最低でも6ヶ月くらいはかかるものなんですね。


だから途中でドロップアウトする人は当然

結果を出せないですし


逆にそこで食らいついていく人ってのは結果を出すものです。



ちなみに、私ゆうなんかも色々な塾とかそういうのに

入って学んだりするってのを継続してきましたが


そこで「分かった重要な現実」ってのがありましてですね、


例えば塾とか教材で人数は500人くらいいるような

大型案件に参加したときの話なんだけど


そういうところで リアルセミナーなんかが

あったりするわけですよね。


毎月リアルセミナーやってるようなそういう教材も

今まで買ったことがあります。


ただこれ面白い現象があって

最初の1ヶ月ってのは東京なんかの会場で

ほんと会場が満杯になるくらいで


何百人と人にあふれてるんだけど


6ヶ月後とかのセミナーとかに行くと

参加者がほんと10数人とかだったりするわけです。


そういう教材って大体参加費が数十万円ですから

何かしらその生徒たちって決意して入ってるはず

なんですよね。



けど「一時的な決意ほど意味がないものはなくて」


それ以上に重要なのは継続する工夫ですけど




■PDFレポート
【0(ゼロ)から稼げるようになった生徒さんから
学ぶ「継続力」とは?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/koudou_control.pdf




ここで大多数の人って継続して学ぶ工夫はしていないから

もう半年も経過すると学び続けてる人って


「超少数」になるんですね



それで・・・その後分かったことなんだけど

月収何百万円とか月収何千万円とか稼ぐようになる人って

明確にその6ヶ月後にも学び続けてる十数人の人たちだったり

します。



ちなみに面白いことに私はそういう光景を何度か見たのだけど

もう半年後とかそのあたりまで学んでる人で

ずっと何年も稼げていない人って見たことないですよね。


これはもうその辺りまで残って学び続けてるやつらって

私の長い友人たちでもありますけど


いわゆる富裕層になってる人ばかりです。



ちなみにこの前韓国にいたとき、そのうちの1人と会ったんだけど

彼なんかは暗号通貨に当時から目をつけていて

相当リップル買っていて資産10億円行ったんだ

ってことでしたよね。


たまたま韓国に来ていたから会えたんですけども。


んで今は暇だからやることもないから

今度ベンチャーキャピタルを共同で創業して


ベンチャーキャピタルの準備してるとかなんとか

聞きました。


だからまあほんと2ヶ月とかで大体20%どころか

大体継続して学んでる人は

10%以下になりますので(ガチです)



またさらに6ヶ月とかになるとこれ

ずばり残って継続して学んでるような

真摯な真面目な変人は5%くらいになってますから


だからその「5%」が結局最後の富みを得る

ってのが資本主義の構図ですね。



ちなみに私なんかは派遣社員のころ、そういう現状は

知らなくて、



きっと「自分で稼ぐ」ってもっと厳しい業界で

色々な人が必死こいて何年も何年も結果が出なくても

トライ&エラー&検証をして


それで頑張ってしのぎを削ってる業界だと思っていたんだけど

どうも違いまして、


6ヶ月でさえ、やり続ける人はほんと100人の数人の世界なんだ

と気づいたわけです。



これはFXだけじゃなくて株もだし

ネットビジネスもそうですよね。


例えばYOUTUBERユーチューバーなんてありますが

あれって継続をしてる人ってたぶんごく少数で


1年以上動画を投稿し続けてるやつなんて

全体のYOUTUBEにアップロードしたことある人で


これまたごく少数なんだけど

その少数がヒカキンのように金持ちになってる

っていうのが現状なんでしょう。


彼らが唯一他より優れていたのは動画コンテンツ作成能力とか

「ではなくて」

おそらくだけど継続し続ける力なんですよね。


すなわち継続していれば改善点って分かってくるから

そこでノウハウが出てくるわけです。



そのノウハウばっか私たちは捜し求めるけど

本質は違うってことですよね。


だから「自分で稼ぐ」でずーっとそれを6ヶ月でも

やり続ける人ってごく少数である

ってのが現実でして、



野田さんがおっしゃる



「こうやって今も見続けているだけでも、この時点で、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
読者さんは、上位の20%には入っているんですよね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




ってのは何も誇張じゃなくて本当の真実ですよ。


逆を言うと「継続できる人にとっては

自分で稼ぐ業界ってブルーオーシャンすぎる業界」

なんですね。



だからここで動画を今も見て学んでくれてる

読者さんってのは


持ち上げるわけでもなくおだてるわけでもなく

事実 上位5%くらいに入る状態なんですよ。


そんでさらに課題提出してくる人なんてこれまた

その中の数分の1ですから


もうそうなるとその数分の1の人だけが

億トレーダーの考え方をダイレクトにアドバイスもらえて

成長するわけで・・・



だから世の中の富裕層は少数になるんだ、

ってことなんです。



いわゆる格差ってのが最近問題になってますよね?


ちなみに「格差」っていう言葉も昔はあまり使われない

日本語の単語だったんだけど


いつの日か新聞とかテレビ局が財務省の官僚さんから

格差って単語を使ってください、とお願いされて

使うようになりましたが(裏話として。まあその格差って

単語使って大衆のねたみをあおって金持ち課税するのが目的っす)


実際はこの格差ってのは本質的に突き詰めると

「継続力の差」になるわけですね。


私はこの世の中って才能とか関係ないと考えているのだけど

もし才能があるとしたら



「何かこれと決めたことに没頭して

それ一つに集中できるかどうか、

継続できるかどうか」


たぶんこれが才能です。



それで今号まで読んでる読者さんは間違いなく

その才能はあるわけですから


あとは、そういう脳みそで産んでくれた親御さんに

仮に家庭環境が複雑だったとしても

それは感謝はして、


その能力伸ばしてあげるってのが大事ですね。


それで、もっと言いますと世の中は悲しいくらいに

不平等なんですよ。


こうやって何か1つのことを決めて継続できる人もいれば

あれもこれもとやってしまって何一つ身につかない人も

いて


それらも脳みその違いってのがあるけど

それらって生まれてからおなじでもないんですね。


みんな違うんです。不平等。


ただそういう人でもきっと あれもこれも って

やってるのは仮に稼げなくてもそれはそれで趣味として

楽しいんだろうし、


それはそれでいいと思うんですね。


「みんなが全員が一生懸命ひとつのことに頑張るべきだ」

なんてのもこれファシズムですから、一歩間違えると。



ただもしそういう 何か1つのことを

継続できる能力が読者さんにあるならば、


というか29時限目まで見てるんだから

そういう継続力があるに決まってる

わけですが




その個性をちゃんと自分で認識して伸ばしてあげる

ってのは大事かもしれませんね。


それで私も正直言うと結構浮気者なんだけども

ただ、やっぱり「これひとつでやる」と決めたら

それに集中する性質はあるんですね。



これは以前に与沢さんなんかがおっしゃってたけど

「選択と集中」って言うらしい。

戦争のやり方。


何か色々俯瞰して選択をするんだけど


例えば色々なFX教材があります、と。


このそれぞれのFX教材の内容を理解して

結果出してる人の特徴をそれぞれ分解して理解するってのが

全体像を見ることであって俯瞰するってことですね。



それで「よしじゃあこれに集中するぞ」
って考えて

そこに集中するのが「選択と集中」です。


俯瞰が甘い場合とか集中度合いが甘い場合は

選択と集中がうまくいかないのですが

それは正直言うと日本の大企業への皮肉ですが



これができるとその人は稼げるようになってきますね。


それで何か1つのことに集中するって決めたら

それに没頭して集中して学んでいく、


そうするとスキルが一定レベルに達していくんだけど

その後一気に「爆発」が起きるんです。




(画像)とても重要な成功までの過程を説明した図
http://www.fxgod.net/a/groups/……kou_image/





これが実は 0の人が稼げるようになるまでの

からくり、です。



それで大変重要なことがありまして

それが「最近の日本では真面目に学ぼうという人が

迫害されており被差別民になってる」


ってことですよ。


すなわち成功するためには集中して学ばないと

いけないのに


それに水を差す大多数の人がいるわけです。


それは友人かもしれませんし親族かもしれません。


ちなみに何か1つのことを集中して行うのは

集中力、といいますが


最近の日本はこの集中力がある人が為政者的に

邪魔者でしょうから


「アスペ」って言うらしいです。


何か事を成した人とか能力ある人を病人扱いしてしまって

世間から葬ると、これ結局為政者に楯突く金持ちって

現れませんからね、


だから病気扱いしちゃおうというそういう政治が働いてまして

そこで製薬会社からんで製薬業者が儲かるって

政治構造があるんですけどね、



まあ実際はこういう能力ある人たちってのが

今の世の中被差別民になってるってことですよね。


ただこれは以前に書きましたけど

ケインズ経済学において 


Y=C+Iというのがある。




<ゆうPDF>若干タブーな「ケインズ経済学Y=C+Iの本質」
について考える!
http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……_y_c_i.pdf



すなわちGDPってのは消費者・労働者のCとですね、

何か希少価値を生み出す投資家、起業家のIで

構成されているわけですよ。


それで今の世の中は共産主義の価値観が強いから

「労働者・消費者側が偉いのだ~」

という価値観で動いてるわけですね。



んが、実際は世の中で価値を作り上げる本当の仕事してるのは

これどうもI側の人たちなんです。



特にこれからAIってのが出てきて

Cの労働者がいなくても 生産性があがってきてるってのが

今の時代の特徴ですね。


だから労働者が正義だっていう今までの

共産主義から来る価値観は本当は通用しなくなっている。


そこでやはり1つの物事に対して多面的に考えて

集中して考えられるI側である読者さんみたいな人が

社会の中で希少価値生産を大なり小なりしていく逸材なわけで


だからそこでそういう人が社会を引っ張るんです。

ただこれは問題があってですね、


そうやって金持ちが出てくるわけですが

そうするとその金持ちたちは官僚機構に逆らってくるように

なるんです。



これが歴史です。


だからまあそういう人を病人扱いして葬ろうという

大きな流れがあるんですけどね、

こういうのは世界を俯瞰してると良くわかりますよね。


まあジョージオーウェルの1984という小説があるんだけど

そこでまさに羊をビッグブラザーが監視する社会ってのが

刻々と作られております。



それで色々な人が世の中におりまして

世の中は不平等原理で構成されており


平等と自由は「対立概念」だけど



ゆうPDFファイル
【「私たちが洗脳されてきた平等思想は謀略思想である」
ということについて 考える!】

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……ontrol.pdf



その中で継続できるI側の人もいれば

どうも継続できないC側の人もいるわけです。



が、今がどういう状態にせよ、


この普通からしたら難解な無料FX道場の

資本主義の自由市場法則(ルール)を教えてる

内容を29時限目まで見ている読者さんは


I側の人である可能性が

非常に高いですから



そこで自分の能力はちゃんと認識して

それを伸ばしてあげるのは大事なことです。


ちなみにマレーシアとかではそういう教育が

最近の教育で採用されてますね。


だから私はキレイゴトは言わないようにしているので

無料FX道場に参加してる人全員が稼げるとは言いませんが


ただ29時限目まで1時限も落とさずに

ついてきて、課題まで提出するような人は


やる気ある人と表現しますが

世間では変わり者なはずですが


それを私はその人の能力であると考えるので


やはりそういう人は稼ぐ確率が非常に高い人たちで

稼ぐ水準にある人だ、


と考えています。


それで29時限目まで見てくれてる読者さんは

ちょっと変わり者と評されることもあるかもしれませんが


それは単純に継続できる能力があるってことなんで

それはちゃんと「クジラが自分ででかいことを知らない状態」

にならないように


自分の強い部分を理解して延ばすって

考え方はとても大事な考え方ですね。



それで今回は野田さんから課題が届きましたので

ぜひこちらの課題もやる気ある方は

取り組んでみてくださいね!



それでは!






※無料FX道場の29時限目※

【億トレーダーからの挑戦状】
これまで学んだ内容を通して課題にチャレンジしてみよう!

⇒  http://fxdojo.online/refree/challenge/










追伸・・・そして格差問題というのがよく言われる。

日本では最近よく言われます。


アメリカでも言われる。

1%の金持ちと99%の貧乏人といわれますよね。


ここでマスコミを見てみると

必ず大衆は2つの考え方のどっちかに扇動されます。



1 良いんだ良いんだ、大金持ちはもっと大金持ちになれば

いいんだ。だから金持ちたちをもっと伸ばすべきだ


(右派。政治思想としては国家社会主義で新自由主義。

ここで強くなるのが創業者がおじいちゃんの

株主は多国籍企業である大企業と公務員)




2 格差なんてとんでもない。それはきっと金持ちが

悪いことをして搾取しているからだ。


だから金持ちたちに重税を課せ!

パナマ文書!パナマ文書!

(左派。政治思想としてはゴリゴリ共産主義。

大体貧しい人か、もしくは学歴エリートはこっちに

吸い寄せられます)




この2つの考え方のどれかに誘導されるのが現代です。



けどこのどっちの2つってのも本質的には左派ですから

すなわち自称右の国家社会主義も

共産主義も左派ですから


そこで大衆は幸せになる選択肢って得られませんね。

その後あるのは増税だけです。


それで実はこの対立軸を作ってるのが東大出身官僚たち

で悪いけど頭いいな~と感心しますが


実はなぜこの2つの対立軸を作るか?というと


「もう一つ隠れた考え方がある」


からです。


それは何かというと



「金持ちも貧乏人も おなじ国家という怪物(公的部門)に

収奪されてる仲間で民衆(私的企業部門)である。


民衆は強くならないといけない。


だから貧乏ならば金持ちから学んで

「這い上がれば」いいし


そこでどんどん 貧乏⇒金持ちへの

転換が進むべきである。


例えば1%の金持ちと99%の貧乏人ならば

99%の貧乏人が民間部門の国家役人と癒着していない

金持ち成金たちに学んで能力ある人たちから先に

這い上がれば良い。

そして這い上がった人がまた新しく今は貧乏でも

やる気ある人が這い上がれるように知識を与えればよい。


そうすれば99%のうち3分の1くらいは

這い上がって 中間所得層や富裕層になりあがれる。


それは中小事業者が強い社会である。安定した社会だ。


そのためには国家役人たちの権限となってる

各種法律や規制を見直していって国家官僚たちを

弱体化して


この貧乏層⇒金持ちへのルートを新しく構築しないと
ならない」


という考え方があります。


最近は格差、から一歩飛び越えて

階級社会といわれますが


すなわちそれは階級が固定しているのが問題であって

貧乏⇒金持ちへのダイナミズムが恣意的に

私たち民衆から奪われてる結果にすぎません。


実はこの考え方を隠すために対立軸があおられている

わけですね。


ただここで「凶暴な継続力がはんぱない

中小の自分で稼ぐ事業者たち」

がひとつの層を作った時、


そこで彼らを代表する 政治指導者が出てくるわけです。

労働組合から指導者が出てくるのではなく


すなわち中小事業者からそういう指導者が出てくる

これを本当のポピュリズムと言うんです。


それが実は世界を動かしてる本当の原動力です。


だからこうやって若い金持ちたちから学ぶという姿勢は

とても大事なんだけど


それは上記の2つの対立軸を作って

民衆をどっちかの対立軸に誘導してコントロールして

それらを「見えなくする」という戦略がとられてるんですね。


これを英語でDivide and rule (分断して統治せよ)

といいます。

すなわち国家役人(行政部門)にとって
大変不都合な思想や考え方を

対立軸を作って「隠す」というのが

実は支配方法でして、こういうのを学ぶのが

私が大学で学んだ政治学だったりします。


(政治学というのは支配方法を学ぶ学問、であって

例えば早稲田ですと、マスコミ学というのがあって

そこで間接的だけどマスコミは大衆洗脳装置である

というのを学生は詳しく学びます。)



私たちはそれに騙されずに

お金稼ぎのできる優れた金持ちたち、


そして彼らは時には

女たらしだし、だらしないことは多いし

問題発言はするだろうけど


やはり彼らのずる賢さに学ぶというところにひとつの

大衆が這い上がるための光明があるわけで


それに気づくと人生が変わるって事ですね。


29時限目までコツコツ学んでる

読者さんは継続できる能力がある

可能性が高いでしょうから


まさにケインズ経済学で言う

Y=C+IのI側の人でしょうから、


ぜひその能力を伸ばして


お互い切磋琢磨してこの大変な時代を生き抜きましょう。


そして自分が豊かになったら、


能力があるけどまだ貧しい人たちってのが沢山いるから

そういう人たちに知識という資産を作る

種を共有すれば 低コストで這い上がる人を増やせますから


そしてそうやって這い上がる人が増えれば

貧困問題というのはマレーシアがそうであったように

どんどん解決していきますから


私たち日本人も「這い上がる人を増やす」って

考え方が大事になることでしょう。


その結果数十年経過したら社会では

既得権益の淘汰は起こるでしょうが


その代わり若い新しい中間層や富裕層が誕生して

活気が取り戻されると、私は考えております。


それが今私が生でこの目で見て

マレーシアで学んでることでも

ありますね。





※無料FX道場の29時限目※

【億トレーダーからの挑戦状】
これまで学んだ内容を通して課題にチャレンジしてみよう!

⇒  http://fxdojo.online/refree/challenge/





追伸2・・・そして私は今マレーにいるのだけど

このマレーシアのマハティール首相ってのがやはり

すごい人なんですね。


若干外国人の私たち日本人にも厳しい政策を

最近やってるのはあるんだけど


まあそれでも学ぶ点はあって彼の考え方は

「アメリカにも中国にもマレーシアは屈しないで

独自利益を追求していく」

です。


それでまさにマレーシアが今取ってる政策が

よく見ると上に書いた話で


「今貧乏だけどそんな層をどんどん独立させて

ビジネスなり投資をさせて

貧乏⇒金持ちのルートを増やす」

ってことをやってるんですね。


それは税制にも出ていて例えばマレーシアの

IT企業は今のところ

最大10年間の法人税非課税というのがあります。


これは厳しくなることも考えられるけど

それでも日本みたいに所得税55%課して

新規の成金をつぶしてやる、みたいな政策は取ってません。


そういう「這い上がる事業者・投資家たち」を増やしてきた

マレーシアは現在どうなってるかというと


既に首都クアラルンプールの人たちの
所得の「中央値」は
世帯所得で30万円に迫ろうとしてます。

結果、課税などしないでも

格差を表すジニ係数はどんどん縮小しておりまして
貧困層が日に日に減ってます。


この「優れた人たちから商売なり投資をして

そして先に豊かになればいい」ってのは

トウショウヘイの先富論というものなんだけど


これが今の中国の恐ろしきGDPを作り上げる骨子の

思想となってますが


マレーシアなんかはそれを狡猾に自国にも適用して
アメリカにも中国にも支配されないように

自国の強さを引き上げて行ってるわけです。


そこにはマレーシアの人たちは今までは

イギリスや大日本の統治下だったわけですが

そこから「独立」したその精神性ってのがあるんですね。


そこで既得権益にこだわらずに

新規の若い金持ちたちが増えてきてるけど


彼らが社会で影響力を持ち出してるわけです。

そしてそこで今まで貧困だった人が中間層になって

豊かになっているわけですね。


日本ではこの「這い上がる思想」が徹底的に
官僚によって潰されてきましたが、


今のアジアではこの「這い上がる思想」が
どんどん成功例をあげていて

中国だけではなくマレーシアでも成功例が生まれてきており

また次はフィリピンやインドネシアやベトナムも

カンボジアも豊かになってきます。


だから日本は今まではずっとアメリカの方を向いてきたけど

日本が這い上がるための事例は実は

アジア圏にヒントがあったりして


そして重要なのが「今貧乏でも

なんとか知識を学んで

富裕層に這い上がっていく思想」


でありますから


ここに気づいて 真面目に取り組める人なら

どんどん這い上がっていくべきだ、と

私は考えてますね。


日本にも癖はあるけど

優れた人たちで若い人は多いから

そういう人に学ぶというのを重視していくと良いと

私は考えております。


ということで日曜日のこの時間を利用して

ぜひ野田さんの今回の課題も考えてやってみてくださいね~




※無料FX道場の29時限目※

【億トレーダーからの挑戦状】
これまで学んだ内容を通して課題にチャレンジしてみよう!

⇒  http://fxdojo.online/refree/challenge/
























コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください