無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






「コーラン」を聞きながらメルマガ書いてます【あと4時間】

2018 10月 02 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin




「コーラン」を聞きながらメルマガ書いてます
⇒編集後記1で

イスラム教の国々が税金安い理由とは?
⇒編集後記2 で

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【残り4時間で値上げになります】


さて、5日間限定の特別価格で
行っていた野田式FX道場ですが

【あと4時間】で値上げになりますね~

⇒  http://fxdojo.online/tokuten2/

<PDF>「特典4=WEBセミナー動画2時間×60本」
の真の使い方を伝授します!

⇒  http://fxgod.net/pdf/tokuten4.pdf

(なんかテンション上がる?CM動画。
「億り人に同期しろ!」
http://www.fxgod.net/a/groups/……41/movie1/


今までの対談音声や無料FX道場の内容はこちら
http://fxgod.net/pdf/370pips.pdf


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


どうもゆうです!

読者さん、こんばんは!


さてさて、私は今マレーシアにいるのですけど

今日は「コーランを聞きながら」メルマガを書いております。


「コーランを聞きながらメルマガを書いてる」なんていうと

ちょっと今の世界情勢の感じだと危ないというかかなりヤバい響きが

あるわけですが・・・(笑)


私ゆうは宗教は一切ないのだけど、


マレーシアってのはイスラム教の国だから、

一応コーランっていうのが定期的に街中で流されていまして

毎日のように無宗教である私たち日本人もこの国に住むと

コーランを聞くようになるわけです。



ただ不思議とこれコーランというのは無宗教の私でも

なんとなくうるさいとは感じないで「歌うまいな~」みたいな感じで

聞きほれるってのはありますね。


んで私は「このイスラム教とは何なのか?」とよく考えるわけです。




編集後記で!



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【あと4時間】
「特典4=WEBセミナー動画2時間×60本」の本当の使い方を伝授します!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



それで前の号で
無料FX道場21時限目となる
昨日のWEBセミナーの録画版を
流しました!


【無料FX道場21時限目】
⇒  http://fxdojo.online/refree/webb/


それで野田式FX道場ってのは

無料FX道場で月10万円前後を狙うところ
有料のほうでは月100万円、500万円、
その次は野田さんの月1000万円レベルを
狙っていく場所なのですが

実はそのために用意されてるのがまさに
「WEBセミナー」なんですね。


大体週に1回~2回くらいは今のところ
WEBセミナーを開催しておりまして、
実はこれが「めちゃくちゃ好評」なんです。

要するに実力って「蓄積」でして、
今回1度WEBセミナーを見ていただいて
相当勉強になったと思うんですけど

「このWEBセミナーが
毎週1回か2回あったらヤバくね??」
ってことなんです。


要するにロングするにしてもショートするにしても
視点をWEBセミナー受けていれば誰でもそれは
作れますしね、

そして野田さんの視点見ていたら
人間ってのは動画ばっかり見てると
まあ良い意味で今回は自己洗脳できて、

自然と野田さんの思考回路が
自分のものになっていくわけです。


実はこれが野田式の生徒が育ってる理由でも
あるんですけど
こういう毎週1回から2回のWEBセミナーを
通じてみんな「実力」がついてくるわけですね。

はっきり言いますと

「WEBセミナーを毎週参加してみている人」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
と「まったく見ない人」では
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本当に数ヶ月で全然チャートの見方とか視点の
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
レベルの差って出てくるわけです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


それで今回はWEBセミナーの録画版も
早速社長がアップロードしてくれましたが

このようにWEBセミナーの録画版も
毎回生徒さんに公開しているので

生で見られない人にもちゃんと録画版を
公開しているわけです。

それで実はもっと言うと今生徒で

成績出してる人って
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「WEBセミナーの動画とか良く見てる人」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
なんです。

ある優良な販売会社が統計取ったところ


「勝ってる生徒はほとんど例外なく動画の
視聴時間が長い」

というのが出たそうです。


逆に

「負けてる生徒はほとんど例外なく
動画見てない」のだそうです。


すなわちもっと言ってしまうと


「チャート分析なりの
動画見る時間が長い人が稼げるようになってる」


わけですね!

なので野田式に入って
読者さんがすることってのは


チャートの提出とかもありますが
それ以上に大事なのはひょっとしたら
「動画を見ること」かもしれません。



それでこの動画はスマフォでもご覧いただけますが
このようにスマフォで毎回WEBセミナーの動画見たり
時には参加したりしていく

ってのが稼げるまでの近道なんですね~

それで「億トレーダーの思考」が読者さんに
インストールされていくわけです。


すなわち「億り人に同期」していくわけです。
このCMにあるとおりです。

「億り人に同期しろ!」のCM動画(30秒)
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……41/movie1/




それで今回新特典で 上記のような
WEBセミナー動画を「60本」まず
特典として用意してるので

とりあえず最初なんかは「それを見まくる」
ってことをすると

一気に読者さんの実力が上がるでしょう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1本2時間×60ですから
とにかく動画を流しっぱなしにして
見まくる。これをやると実力が超つくはずです!


これはたぶん動画学習したことある人は
分かると思うんですけど

動画を見まくってるとそのトレーダーさんの
チャート見る思考が自分の脳みそにもコピーされるんですね。

だからまさに「スマートフォンで動画再生しまくって
思考がコピーされる」ので
それが実は現代の学習の本当に優れた学習方法です。


だから「スマフォで動画見まくるだけで
どんどん実力つく」って意味でもありますね。
「スマフォで動画見る仕事」とも言える。

それで今回の2期では効率的に学べるように
■特典4なんかが最も素晴らしいと思います。

今回のようなWEBセミナー動画が「60本」
あるんですよ??やばくないっすか?

ちなみにこの特典も私ゆうがすごいお願いして
取り付けた特典なんで読者さんに
絶対に生かしてほしいんです。

それで道場に入った方は
一本2時間あるからそれを1日1本は
見ていただいて(といっても、ゴロゴロしながら
スマフォで見るだけでよい)

それで60日はそれを続けてほしいのですね。
なぜか?というと、
3日4日くらいからきっと

「あれ?チャートの見方が変わってるぞ」
と実感があるはずです。


これが実は現代の「動画学習」の本当の効果です。
んでもっとはっきり言いますと
億トレーダーの思考インストールを動画学習通して
しようとしないで

ロジックとか分析ばっか目が行ってるのが大衆であって
それは愚かなんです。
野田さんがよく言ってますよね。愚民化政策。


本当に大事なのは
「動画を見まくって億トレーダーのチャート思考形態を
読者さんの脳みそにインストールすること」
です。

だからスマフォの動画を見まくるってのが
実は大きな成功法則なんです。
一気に、成功までの道のりをショートカットできます。



だって「視点が億トレーダーとほとんど同じ」
だったらめっちゃ稼げて当たり前ですよね?


だから今回のゆうメルマガ特典についている
4つ目の

「毎週会員の方と開催している
リアルタイムWEB勉強会の収録動画集」
(2時間×60本=計120時間以上)


は実は最もやばい特典で
読者さんの成功にダイレクトにつながるものなので
今回のWEBセミナーの60倍の分量なので


ぜひこれを12ヶ月ある中でできれば
最初の2ヶ月で全部見てみてください!
そしたらめっちゃ実力つきますので。


ということで、
値上げまであと4時間になりましたが
ぜひ見てみてくださいね!


野田式FX道場はこちら
⇒  http://fxdojo.online/tokuten2/
(残り4時間)







追伸・・・ちなみにたぶん
「早く実力をつけたい」という人も多いと
思いますよね。

それでそのためには「学習方法の工夫」
が大事なんです。

私ゆうなんかはその辺はちょっと他の人より
子供の頃からしていて

当時小学生のころって
偏差値38の劣等生でしたが

勉強方法工夫して中学時代に偏差値が一気に75以上に
なったのですよね。
その後も勉強方法工夫して、大学の中でも一番
入るのが難しい政治学科に入りました。


私は学歴重視論者ではないですし
小卒でも中卒でも何でもいいと思ってるけど、
ただ「学習方法は工夫すべき」というのは考えてる人です。

それで
これはそういう経験から有効性を確認できてる
ことなのですが

それこそ私の事例だと
自分でその後稼げるようにもなって海外移住もしたし

また語学も日本語だけじゃなくて
英語韓国語話せるようになったわけですが

私の中で当時から意識してたことで
それが
「脳みそにいかに早く刷り込むか」が大事なんです。

要するに自分の脳みそに優れた知識を
いかに早く刷り込めるか?が勝負。

常に時間との勝負です。
私たちはこの瞬間にも老いている。

学習スピードというのはこの辺の工夫の差になります。


この勉強方法の工夫という考え方は
実は投資の学習でも生きまして、

今の時代の最も効率的な学習方法は?
というと「優れた人間の音声聞く、動画見る」です。
(スマフォ見ながらゴロゴロしてみていて良い。)


昔はそもそもインフラがダイヤルアップで
動画を繰り返しネットで見るのは不可能でしたが
「この数年で」その学習方法が可能になりました。

チャート分析は動画が分かりやすいですね?

それで野田式に入って早く成長したい人は
目的は「超合理的」に考えて

「野田さんという優れた人の思考を
完全に読者さんにインストールする」

が目的かと、思いますよね。
相場に対する思考がほとんど同じならば
似たような結果になっていくわけですから。

そのために安くはないお金を道場の生徒は
払っているわけです。

じゃあその目的合理性を考えたら
どういった学習方法を採用すべきか?

というと
上に書いた
「動画の野田さんの思考を繰り返し浴びる」のです。

これが超早道なのは間違いないんです。


だから最初は60本ある中の
一日1本の動画見るでもいいですし
(この場合だと全部見るのに2ヶ月かかる)

やる気MAXで時間ある人は1日3本の動画を見る
のでもいいですね。
(この場合だと全部見るのに20日。)

スマフォで見られます。
そうしたらかなり早く思考レベルで
野田さんと同期できるから

「急速に」読者さんの
実力アップしていくでしょう。

例えば、

「大ダウ小ダウ」の意味が分からなかったけど
大体15時間前後の動画学習で意味分かるように
なりましたでしょう?

たった15時間、動画を自分に視聴させただけで
ここまで脳みそには新しい思考回路が形成されます。

こういった自身の脳みその変化に
私はすさまじく敏感な人なので
こういう学習方法をいつも考えて取り入れます。

これをやると野田さんの声が
寝てる間に夢にまで登場してきます。


人生は短いですから
学習すると決めたら効率性、合理的かどうか
を重視するといいですね。


そういった意味で今回のようなWEBセミナー
(実際は道場内の動画はもっとレベル高い動画になりますが)
が60本ある■特典4がまさに

特典の中で「キラー特典」なんですけど
これを生かしたら読者さんが急速に
実力つけられますから


ぜひ動画学習できる今の「時代の利」を
生かしてくださいね!


世の中に何かに対して真面目に取り組んで
ガチで学んでる人って実は少数派なんですが

読者さんはきっとその少数派なんでしょうから
「どうやって学習するか」で最適な方法は
上に私が書いたので

参考にされてください。

投資とか投機ってのは思考が直に
カネに直結する世界です。

なぜ道場、塾に入るか?というと
思考をその優れた講師と同期させるため、ですから
そのためには??

「動画を繰り返し浴びるように見る」

ってのが鉄板です。

けど意外にみんなやってません。なんで?
それはカネが全てじゃないなんて言いながら
実際はカネカネ思っていて欲望にまみれて
すぐリアル取引したりするからです。

私ゆうはサラリーマン時代考えられない額を稼いでも
月15万円で生活してるので

とにかく焦らず何か学ぶ時は
「学習効率」を常に考えます。


意外にみんな不勉強で学ぶ姿勢がないから
ロジックやら分析方法ばっか集中しがちですが

私たちはそんな中「野田さんの思考をインストールする」
を目的にして合理的に動くといいんですね。
それが早道。

それで「時代の利」を考えていくと
今の時代は光ファイバーで動画再生もスムーズに
この数年なりましたから

動画学習をスマフォなりで日常に定着させた人間が
勝つようになってます。


なので野田さんが奮発してくれた
■特典4

実はこれこそが本当は最強の特典なので
ぜひ120時間あるこのWEBセミナー動画特典を
読者さんの

マレーシアにもインドネシアにもベトナムにも
負けない急速な成長に
生かしてみてください!


完全に衰退真っ盛りの日本の中で
私たち個人はどんどん成長していきましょう!

⇒  http://fxdojo.online/tokuten2/













===========編集後記1===========


さてさて、私は今マレーシアにいまして「コーラン」を聞きながら

メルマガを書いております。



マレーシアにいると私の住んでるコンドミニアムにも

どこにもイスラム教の人たちの礼拝堂というのがありまして、

サラートというのだけどイスラム教の人たちがコーラン聞きながら

お祈りする時間があるわけです。



それで朝の時間とか夕方の時間あたりに

このイスラム教のお祈りの時間が

あるみたいで


そこでまさに件名の「コーラン」が大きな音で流れてるんですね。

大きな音といっても日本の防災無線や消防車の音よりは小さい感じで


それで音というのがまさにコーランを歌ってる音なので

不思議とうるさいな、とは感じません。



ちなみにですね、やはりマレーシアに住みだすと

そこでコーランが毎日のように流れてるので

「あ~イスラム教の国なんだな」

とは感じるわけですけど


不思議とこれ生活に馴染んでくるわけです。


今まさに後ろでその歌が聞こえるのだけどうるさいというよりは

むしろ「歌うまいな~~」なんて

ボイストレーニングをずっとやっている私なんかは

感じてしまうくらいで。


ボブマーリー的な声の太さがあります。

おそらくこのコーランというのがイスラム教の国の人たちの生活の一部として

人々にこう心の落ち着きを与えてるんだろうな、というのは

感じますね。


ちなみに私は日本人だから宗教というのはないわけで

だから葬式なんかも仏教でもないしキリスト教でもないから

しないでいいから、


死んだら燃やして骨を海にでも撒いてくれなんて話すわけですけど


海外だとこう自分が無神論者だ、とかそういうのは言うとまずいんですね。

無神論者はAtheistだけど私はAtheistだ、なんていったら

「私はすさまじく危険な人です」という意味に捉えられるから


だからマレーシアの人に宗教の話をするときは

「日本人は宗教を持っていないんです」という言い方をしますね。


この辺は英語話す日本人は気をつけたほうがいいところです。


それでマレーシアなんかでは定期的にコーランというのが

流れてくるわけですけど


ただ私が気づいたことがあって私は一応こちらで外国人として

住んでるけど、だからといってコーランを歌うことは強制されない

んですね。


イスラム教というとまさにISのために

すごい危ない宗教というイメージが西洋国家によって流されていて

みんな勘違いしてるけどすごい寛容な宗教だ、と住んでいて感じます。


例えばマレーシアにはマレー系と中華系とインド系の3民族が

あわせて住んでるわけだけど


中華系なんかは私たち日本人と一緒で宗教がないわけです。


んでマレー系はイスラム教で、インド系はヒンドゥー教が多いわけですけど

まあマレーシアの良いところはどの民族も仲良く暮らしております。


世界の中でここまで色々なバックグランド持ってる人たちが

集まっていてここまでうまく回ってる国ってなかなかないんじゃないか?


と全部の国を見たわけじゃないけど思いますよね。


まあそれぞれ色々思うところはあるようだけど、ちゃんと仲良くやってる。


それで例えば中華系とかインド系とかはイスラム教じゃないわけで

だから彼らのコーランを歌うとかそれを祈っておがむとかはしないわけだけど

ここが重要でマレーシアってのは国全体がそれを強制しないんですね。


だから「あなたはマレーシアにいるのだからコーランを歌いなさい」と

強制されることもない。


だから私みたいにコーランを聞きながらメルマガ書くってのも

できるわけです。


コーランを歌ったり読み上げることはこれ強制されないんですよね。


だからそれはもうその人の自由です。


これ日本の君が代論争というのがあって

それをマレーシアから見ていたりするとすごい感じることで


ある人は右側の立場としてる人は

「君が代をみんな歌うべきだ」と主張するわけですね。


んでまた左側の立場の人たちはこれ


「君が代を歌うのは戦前の軍部独裁を彷彿とするから

良くないから歌っちゃだめだ」


という。


んでこれが君が代論争なんかにおいても右と左でそれぞれ

「みんな歌うべきだ」「いやみんな歌わないべきだ」と争ってるわけです。


んで私が非常に不思議なことがあって

「それってマレーシアのようにそれぞれの自由選択ではいけないの?」


ということなんですね。


マレーではだってマレーシアの国教としてイスラム教があるけど

それさえも入信は強制されないし、またコーランを覚えるのも歌うことも

両方とも強制されません。


非常に寛容性があってですね、まあそれは

「その人の自由」になってるところが

かなり強い。



日本は右と左が分かれて「歌うべきだ」「いや歌わないべきだ」と

やるけど、それは歌う人も歌わない人もいる、

その人の思想信条の自由でいいんじゃないか、

という人はいないわけです。


そういう意味では本当の自由というのはそれぞれの状態に合わせて

歌う自由、歌わない自由があるはずでそれを尊重するということだから


それは「その人の選択でいいんじゃないか」という

意見があってもいいはずだけど

謎にその意見は表に出ない。


これを右も左も言わないからこんなこというと私は右にも左にも

嫌われるけど本当の自由主義思想はそういうものだろうと私は思う。


こういうのをマレーシアから私は日本の情勢を見ていて思うわけで

日本では右だろうと左だろうと本当の自由はこれ認められていないんだな

というのは感じますよね。右も左も実質はファシズム性を帯びている。


だから私は自由民主主義というのは近代デモクラシーというのは

まさに自由主義であるから思想信条の自由があるわけだから


別に歌う自由も歌わない自由もマレーシアのように両方担保すれば

いいと思うのだけどなかなかその意見は出ないわけで


日本の自由主義はこう見せかけだな、といつも思うわけです。



それで、イスラムの国マレーシアでは非常に寛容であって

例えば豚肉なんかはイスラム教では汚いものとされるからダメなんだけど

けどスーパーに行けば豚肉のノンハラルコーナーってのがあって


普通に買えるわけです。


だからそれぞれの自由を侵害しない程度にうまーく共存していて

それをファシズム的にそれぞれの主張を押し付けないんです。


だからみんなうまく回っているわけですね。


多様性とかダイバーシティというけどそれはすごいマレーシアでは

尊重されてる感じが生活の至るところから感じ取れて

やはり実はマレーシアは政治的に日本より進んだ国だ、と思う。


ただ今の世界では読者さんもご存知のようにイスラム教は危険だ

という宣伝が各国のメディアによってされてるわけですけど


大きくは今キリスト教圏の戦いとイスラム教圏のある種

戦いはあるんだろうとは思います。



ちなみにご存知の方は多いだろうけどISってのはこれ

実際はCあいAが作ったものであって

ヒラリーメール問題ってのはこれヒラリーが実際は

そのメールを通じてですね、リビアのカダフィを殺害して

そしてリビアの金塊を強奪してそれをISの活動資金としてまわした

わけでして


それがまあヒラリーメールの本当の問題の本質なんですね。

朝日新聞なんかはそれを知ってるはずなのに書きませんね。


だから実際のイスラム教というのはこれ非常に寛容であると

住んでると結構感じるのだけど


そこをこう危ない宗教というようにキリスト教圏が扇動するのは

やはり理由があるのだろう、というのを無宗教である立場から

私は冷静に考えるわけです。




んで、ここは私は常に本質とか原理原則を考えるのだけど

まずキリスト教ってのはカトリックの宗教であって

実際はあの坊さんたちが「あなたは生まれたときから罪があるから

それをあがないなさい」とかやるわけですよね。


けど罪なんてありませんけどまあ失礼しちゃうわ、ということに

なるわけだけど、まさに「俺は母ちゃんの おまたから「おぎゃー」と

生まれただけだ」となるわけだけど


とりあえずキリスト教では「原罪」というのが設定されていて

ここを「救済」するという思想です。


これを救済思想というけども。


んで実際キリスト教圏の状況を私たち先進国の人間は知るわけだけど

これは日本もキリスト教圏なんですね。


日本人の思考様式とかはキリスト教カトリックにすごい近くて

分かりやすいのはキリスト教カトリックでは

「カネ稼ぎが汚い」とか「性は汚い」というのがあるけど


この思考様式は実は日本にも持ち込まれていてみんな

知らず知らずに洗脳されてるわけです。



ちなみに日本の江戸時代の村文化を見れば、夜,,這いという制度が

学校では教えられないけどあったわけであって


そこで性は汚いという考え方は今ほど一般的ではなかったでしょう。

「気持ちの良いことをして何が悪い。

これで畑耕す子供が生まれるのだ」


という考え方はあっただろうと思う。


カネ稼ぎを汚いとか性を汚いという社会規範が作られてるのを

日本ではよく感じるけども、それはキリスト教カトリックそのものですね。


だから文科省にバチカン関係の人間がいたりするけど

思考様式は日本人はこれキリスト教に近いと思います。


ってのは婚姻形態もそうで、マレーシアではよく私のいるコンドミニアムの

プールに おっさん1人と若い女性4人とかの組み合わせで遊んでる人を

よく見るんです。

一夫多妻ですね。


少数派ではあるけど必要な人は4人まで妻を持てるようだ。


けど実際一夫多妻なんてのは男が大変であってこの前見たのが

中華系のイスラム教ではないはずの

マレーの男性が女性4人を引き連れていたけど


もう顔が疲れていて、捉えられた宇宙人のようになってたけど

実際は一夫多妻だと女のほうが実権が強くなるみたいです。



これは男尊女卑とされる韓国では男は女、奥さんに頭が上がらない

というのと似ている。


ただこの一夫多妻のマレーシアは子供だらけでありまして

モールに行けば子供だらけです。


(写真)マレーシアのモールは子供だらけだったりする
http://fxgod.net/gazou/picture……amall3.JPG




だから一夫多妻制と出生率の研究、

および一夫一妻制と出生率の研究をする学者がいてもいいと

私は思うんだけど


日本だとおそらく一夫多妻制、もしくは男女同権というならば

多夫多妻制度や一妻多夫でもいいけどそれを議論するのはこれタブーとなってる。


けど一夫一妻制度を日本人が取り出しての歴史はこれまだ浅いから

実際はこれキリスト教が日本にやってきてから定着してる制度ですから


やはり私たち日本人は大きくはキリスト教の枠組みで暮らしていると

思うのですね。


だから私はマレーシアに慣れてきているから余計に日本に帰ると

日本はキリスト教的な規範が強い国だなって感じるのだけど

(昔はそんなこと思わなかったけど、海外に住むようになってすごく

強く感じるようになった)


キリスト教圏としてアメリカとか日本とかヨーロッパがあるけども

まさにこれは金融政策においては「ジャブジャブマネー=QE」

をやってる国々でありますけど


どの地域の人も「重税」で困ってるわけです。



私はだから常に税金から考えるという考え方をしますから

国家とは税のことだから、税金のことを考えるわけだけど



キリスト教圏は増税で苦しんでる民衆が多いです。日本含め。


さあ、じゃあキリスト教圏のマスメディアに危ない宗教と宣伝される

イスラム教の国だけど、税金はどれほどのものだろう??


ということなんだけどマレーシアはご存知のように税金はとても安い。


というかめちゃくちゃ安い。例えば、相続税なんてそもそも存在しませんね。



だから誰も言わないけど、私は無宗教であるからそこは

客観視してみてるんだけど


キリスト教圏はこれ税金で苦しむ民衆が多く、

イスラム教圏は結構税金安い


っていう傾向は見出すわけですね。



だから私はすごい不思議でマレーシアってのは物価がやっぱり安くて

税金も安いわけで例えば固定資産税なんかも

この前私が借りてる中国の家主がそれを払ってなくて

住んでる人に請求が来るから、


「早く払ってください」なんて英語で催促したんだけど

けどその額をちょっと見てしまったんだけど


2年間で8万円くらいだった。

100平米以上あるマンションでもそんなものです。


また相続税はないし、また実効税率はマレーシアの人に聞いたら

一応表向きは30%前後になってるけども

実際は12%なんだと言っていた。安い・・・


だからこれは税金という観点で見ると


民衆に重税を課しまくってるキリスト教圏が


民衆に重税を課さない税金を安くしているイスラム教圏を


必死に陥れようとしているように私には見えちゃうわけですね。


ちなみにもう少し言うと世界の資本家の間で間違いなく対立があるはずで

利子を肯定するキリスト教と、


利子を否定するイスラム教のイスラム金融があるけども


この金融の考え方の対立がおそらく今の世界で起こってる大きな

対立です。



ただ、これからイスラム金融が来るのは間違いないと私は学んで

知ってます。今日は書かないけどイスラム金融は興味ある人は調べてくださいね。



んで、イスラム教は税金が安い地域ばかりだ、というのが

私がすごい感じる点でそれをここ最近調べていたわけです。


税金が安いというのは要するに反税金思想があるわけです。

そうリバータリアン思想の反税金思想とそっくりです。


そしてそのリバータリアン思想というのは「自営業の思想」ですね。


ちなみにローマ時代に投票権というのは「市民」にだけあった。

この「市民」というのは「横浜市民」とか「さいたま市民」とは違って


今で言うと自営業者ですね。


当時このローマ市民たちは奴隷を保有していたけどその奴隷たちは

結婚もできたし、食事も食べられた。


だからこれは東大の教授が最近言い出してるけど、

そして元はそれを言い出したのは私の師匠の副島隆彦なんだけども


今のサラリーマンという層はこれはローマ時代に当てはめるとどうしても

奴隷の層とリンクするわけで


ローマ時代の市民というのはこれは今でいう

自営業者たちです。



んで野田式ってのは要するに

「頑張ってこの自営業者=ローマ時代の市民になろうぜ」

という案件なわけです。



そのために「自分で稼ぐ」という考え方になるわけです。


だからページに「奴隷からの反逆」と書いてるけども


まさにローマ時代で言えば奴隷のような感じから

平民になっていこう、みたいな感じですよね。



<PDF>「特典4=WEBセミナー動画2時間×60本」
の真の使い方を伝授します!

⇒  http://fxgod.net/pdf/tokuten4.pdf
【残り4時間で値上げです】









===========編集後記2===========


んで私はすごい疑問だったのが




「なぜにイスラム教の為政者はこれ重税を私の母国

日本のように課さないのか、そしておよび

上で書いたようなリバータリアン思想に近い税金を悪とする思想が

イスラム教に組み込まれてるのか」


ということでした。



間違いなくこれがキリスト教圏の「癇に障ってる」わけです。


ちなみにこれは私が入ってる副島先生の学問道場で

頭の良い公務員の方が書いていたけど


「ローマ時代のカトリックがまさに今の日本の

官僚機構であり公務員組織なのだ」


ということを書いていたわけで


日本をそのように見るとすごい分かりやすい。

税金はどんどん、官僚たちの作為で上がっていく。



ただイスラム教圏は安い、なぜだろう、と言う話です。


これはマレーシア人に教えてもらったけど

イスラム教では過度な税金を民衆に課すことは悪だ、


という考え方があるんだそうですね。


んで私はこれに強烈に興味を持ちまして

「なぜ税金を悪いとイスラム教は考えるようになったのか」

と調べまくっていたんですよ。


したら分かった。全部つながった。


そう、イスラム教ではマホメット(ムハンマド)

というのが非常に重要なわけだけど


このムハンマドっていうのは実は「商人」だったんです。

だから私たちと同じ「自営業者」だった。


ほらつながりましたでしょ。



私はだからこの辺は今も調べてるのだけど

どうもイスラム教というのはエリートや官僚的なところの

カトリックが作ったキリスト教とは大きく異なり


どうも「自営業者」を起源とするのだろうというのが

今調べていてなんとなく分かってきてることなんですよ。


んで、これ歴史を調べたらますます「つながってきて」


イスラム教が広まった理由って知ってます?


これは創始者のムハンマド、これからはマホメットと書くけど

この人商人だったわけです。


んでイスラム教が広まった直接の要因はこれ

トランプと同じで「減税政策」です。



マホメット時代はローマ帝国が滅亡しようとしていた

時期とほぼ重なるのだけど



この時代、キリスト教の旧ローマ帝国の領民たちは

重税に苦しんでいたわけですよ。


今のアメリカや日本や欧州とそっくりな状況。


んで

当時、人頭税(人ひとり当たりに課す税)と

土地税(土地の生産力を示す単位によって課す税)がキリスト教圏の

ローマ帝国の人たちには課せられていた。

ローマ帝国の住民はほとんどがキリスト教徒だったのだけど


苛酷な税の徴収が

今の日本の税務署やアメリカのIRSがやるようにされていたわけです。


だからキリスト教の人たちはこれかわいそうで

まさに今の日本人やアメリカ人や欧州人と同じで

苛酷な税金徴収から逃れられないシステムになっていた。


そこで登場したのがムハンマドであって

「イスラム教徒になれば人頭税を免除するよ!!」


とやった。


んでイスラム帝国では税金の徴税業務はこれかなり寛大だった

ようで


ここで例えばエジプトでは以前は土地税とかは

金貨か銀貨でおさめないといけなかったけど


イスラム帝国では「別に金貨とかじゃなくていいから

穀物とか都合のよいものでよいよ」

とやった。


また当時の人頭税なんかはこれ商人は不景気のときは

払わなくていいよとやったわけです。


今は消費税がいくら不況でも課せられる日本だけども

イスラム教では当時このような不況のときは

税金を免除してたわけです。



んで徴税業務としては実際のイスラムの税務署はこれ



「彼らのところに行ったら、その財産を没収するようなことは

してはいけません。


土地税の不足をうばいとるために

彼らの持ち物を売り払うようなことはさせてはいけない。


税金はあくまで「余り」「彼らの余剰」からだけ取るようにしなさい。

もし私の命令に従わなかったら神はお前を罰するぞ」


とやった。



だから実はイスラム教がすさまじい勢いを世界で持っている

その根本はやはり「国家とは税のことである」から


「税」なのであるといえる。

ここに日本の宗教学者はまだ気づいていないと思う。


そこでイスラム帝国は占領地から撤退するときも

税の還付をしたし


だからイスラム帝国がこれ


「私の国はこれ諸君の安全に責任もてないからもう出て行くよ。

んで今までとってきた人頭税を返します」とかやったんですね。


んでこれはイスラムの為政者たちはうますぎて、

結局住民たちはキリスト教圏のローマ軍は逆にすごい

重税を課してくるからローマ軍に敵意を抱くようになった。



だからイスラム教の原型としてあるイスラム帝国が

急激に勢力を伸ばした背景にはこれ


「優しい税務行政」があったわけですな。


んでこれがイスラム圏のマレーシアとかが税金安い理由であって

同じくイスラムのドバイなんかも税金ほとんどありませんでしょ。


そりゃーみんな笑顔だわ、というのが

島国日本から来た私が実際の生活実感で知ることです。


だからといって私は宗教を持たないけども、

やはりこの差はすごい面白い。


だから重税をなるたけキレイゴトいって貸したい

官僚的なキリスト教圏と


これ商人のムハンマドが創始者である

税金が安いイスラム教圏という対立が今の世界で

あるわけだけど


この対立はアメリカで起こってる

キレイゴトいってアメリカ人に課税ばかりしたがる

ワシントン官僚と


それを拒否するトランプ支持者たちの反税金思想の

リバータリアンの対立と同じといえば同じです。


実際はトランプもイスラムの人を色々言うけども

本音ではムハンマドと言う人が思想的には彼に近いというのが

分かってるんでしょう、たぶん。


だから課税の視点で見ていくとすごい良くわかるんですね。


だからイスラム教というのはどうも自営業者であった

ムハンマドが創始者の宗教であるから


明らかに官僚的なキリスト教とは水と油だから

この辺が大きな対立となってるのだろうと思います。


ただもう歴史で証明されてる部分で、ローマ軍のあとに

これイスラム教はやっぱり力増して来たわけだから


となるとやはり大きな歴史の流れとしてはこれから

イスラムの金融というのが非常に強くなるのは間違いないんですね。

(だから株の話だけどイスラム金融関係の株は
長期で上がる確率が超高いんですよ?)


んでキリスト教圏は徐々に今の

米日欧の流れを見るに、衰退せざるを得ない。


これはやはりそうなっていくでしょう。


んでこういう話をきっと初めて

知った人ばかりだと思うんですけど


それくらい今の情報体系というのは操作されている、

っていうことですね。


「マレーシアでは相続税がない」というのも

知らない人は多い。


だからイスラム教の国をこうすごい西洋の国々、日本も含め

悪く見せるプロパガンダがされてるように

私には見えるけども、


それは必然性を持っていて、重税を正義としている国々が

重税を悪としている国々をこう叩くのは当然といえば当然ですよね。


だから大きくはその戦いがあるのだろう、と思います。


ちなみに以前流行したのは、このイスラム金融が利子を禁止してる
ということで


FXのイスラム口座を持ってショートをレバレッジ極限まであげて

仕掛けまして、

スワップがマイナスつかないのだけど


そしてキリスト教圏のFX口座で同量のロングいれるとこれは

プラスのスワップだけついて


そこで為替差益損は消せて、スワップだけもらえる

という方法がありましたが


こういう「ひずみ」を知ってるとそれだけで

お金は稼げたりするわけですね。裏技的ですけど。


だから「自分で得ていく知識は大事」ということにもなりまして

上に書いた「学ぶのを楽しむ感性が最強」となるんですね。



イスラム教のことは私も色々マレーシアの生活に関わるから

調べるのだけど調べれば調べるほど上のような発見があるから

面白いと思います。


だから学ぶってのはとても大事なことだな~と最近思いますね。


今まで見えてところが見えるというか。


それで投資とか相場も同じで

「今まで見えてない部分が見えてくる」ってのが大事で

そのために「知識や情報」が重要な時代ですから


そういう考え方でネット上の情報を見ると人生は有意義になるんだろうと

私は考えますね。



それでは!








追伸・・・それで野田式FX道場って何のためにあるの?

っていうとそれは


「億り人と思考で同期して

今まで見えていないものを見えるようにするため」


と、言えます。


みんなが見えていないのにごく少数の自分たちは

「見えてる」わけですから


それは稼げて当然だよね、ともなるわけです。


視点の違いが、すなわち収入の違いなんですね~





<PDF>「特典4=WEBセミナー動画2時間×60本」
の真の使い方を伝授します!

⇒  http://fxgod.net/pdf/tokuten4.pdf
【残り4時間で値上げです】






コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください