無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【トランプ大統領のイラン制裁を機に長期で 「石油のドル決済が終わっていく未来」について考える!】

2018 9月 02 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin



【トランプ大統領のイラン制裁を機に長期で
「石油のドル決済が終わっていく未来」について考える!】
⇒編集後記で!



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【「野田式FX道場の■先行予約■」を受付開始しました】
⇒  http://fxdojo.online/tousen/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





どうもゆうです!
読者さん、いつも見ていただきまして
ありがとうございます!



さて、私は今韓国のインチョンが気に入って
ここに長いこといるのですが



昨日驚いたことがあって

なんと韓国の路上の壁に

「北朝鮮芸術団のコンサート公演」

の広告が貼られていました・・・(笑)


(写真)北朝鮮の芸術団のコンサート講演があるらしい
http://yuhfx1.com/gazou/korea/……utudan.JPG
(北朝鮮芸術団、って書いてる)



いや~~時代変わりましたね。

数年前は絶対にこんな広告韓国では見なかったですけど

今はなんか「北朝鮮の芸術団がコンサートするよ!」って

ガチに道に貼ってあって私は驚いた・・・笑





さてさて、今日はその辺も絡むんだけど

トランプ大統領の最近また
話題になっているイラン制裁について

分析および考えて生きましょう!


特にFXやってる人たちだけではなくて
私の読者には私ゆうのように

世界中の企業の株主になりだしている人も
増えているので


この世界の情勢を知っておくのは最近は
本当に大事ですね。


それで・・・ずばり言いますと

「これからイランは(北朝鮮が2020年代そうなるように)

大きく経済発展を遂げる」


と言えます。


イランへの投資は実質は今は日本人の多くには
難しいんだけど、

これからイランはイランで資金投下対象国として
相当注目の地域になりますね。


これはマスコミは絶対言わないことだとは思いますが
やはりトランプのイラン制裁は最終的には

イランと中国とロシアの新興国ラインを利する結果に
なっていくわけですが


それをトランプは意図してます。


この辺の彼の戦略も考えていきましょう!
編集後記で!




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【「野田式FX道場の■先行予約■」を受付開始しました】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



さてさて、現在色々と野田のコンテンツで
読者さんには学んでいただいてますが

今度いよいよ野田式FX道場を
受け入れ準備を整え次第公開します!


それで今回は2018年9月からの募集に
合わせまして


新しい2018年版の特典を用意しておりまして
特にここでは億り人野田さんと話して

色々読者さんの状況を話して

野田さんがこれからの学習方向性を
示してくれる20名限定の個別コンサル特典も
追加されてます。

それで今回それ以外にも最初かなり
価格を野田さんからOK出てる限界まで下げて
先行販売なども行う予定ですが


実は現時点でかなり多くの人に既に
「ちゃんと野田さんに教わりたい」
とこれはガチに言っていただいてます。

(まだ告知もなんもしてない状態で
8月中頃からそのようにメッセージがたくさん来たので
それはあまりないケースですので事務局も驚いてました。

私はそれ聞いて
時代がちゃんと学んで本質的に強くなるものを
求め出してる、んだと思いました。

これは世界的な流れなんでしょう。)



それで今回あまり大規模な募集は
考えていないのですが

というのが募集人数なんかも

道場生の
サポートの質が下がると

野田式FX道場の長期運営の視点から
良くないので

サポートがちゃんと1年間の期間、
回る人数での募集というのはちゃんと決めてるのですね。

それで今回無料FX道場やってたら
大御所の方に推薦していただいたのもあり
考えてた以上にかなり反響がありまして

それは大変嬉しいことなのですが

それと同時に
正直言うと少し先行販売時の
こっちが想定する人数オーバーしないかな?
という心配も出てきました。


あまりにも申し込み人数が多い場合
お断りしなければいけないケースも
想定しなければいけない状態になってまして。

今回はそれなので仮予約申し込みを
受付することになりまして、
野田さんがおっしゃってますが




今回は無料FX道場でお送りした講義内容のすごさに
いち早く気づかれた「先見の明」がある読者さんには、
優先して参加できるようにしてあげたいという思いもあり、

(トレーダー・投資家など、お金を稼ぐという要素としての資質で
 先見の明はとても大事なことではあるので)

今回、ご案内させて頂く先行予約をされた方に関しては、
しっかりと先行募集での「参加枠を確保」させて頂く」

ということになりました。



やはり道場生も依存心高い人たちより
自立しようという向上心高い人や熱意ある人が沢山いた方が
サポートのやり甲斐もあるっていうのが

野田さんや事務局の考え方です。


それで先行予約のページも出来上がりましたので、


もし読者さんが野田さんに
直に教えを請いたい場合は是非

先行予約のページも
先日完成しましたので
ご覧くださいね〜



⇒  http://fxdojo.online/tousen/

(ちなみに野田さんの8月が
「含み益1000万円・・・」超えてて神レベルですが

それもページ上にあってチャートに照らし合わせて
勉強になるかと)










追伸・・・それで20名限定の
野田さんとの個別コンサル特典についても

言ってしまえばわずか20名だけですので
特に先着にすると私のメルマガが読者数が多いため
配信終わるまで
10時間とか時間がかかるため、

先着順は不公平だなということも考えてました。


時間が限られる世界に一人しかいない
野田さんとしても

「ちゃんと取り組む強い意志が文章から
感じられる方にしてあげたい」

ということで、


野田さんいわく

「これは、対談音声の時はとっさに考えた内容なので、
「先着」という伝え方をしてしまいましたが、

これまでの無料FX道場で頂くたくさんの熱いメッセージに驚き、
だったら先着ではなく、真剣に学び、強く自立をしていきたいという
強い熱意がある方を選ばせて頂こうという考えに至りました。」

ということで今回は
「熱意ある方20名を優先させていただく」
という形になりました。


なので20名の個別コンサルは
野田さんの物理的な時間の制約があり
人数限定ですが



ここまでの条件はなかなかありませんから
是非以下の仮予約のページ見て
熱意ある方は仮予約もしておいてくださいね~



⇒  http://fxdojo.online/tousen/












===============編集後記===============

さてさて、今この記事を書いているのが

2018年の9月2日です。


それで丁度2ヶ月後くらいだから11月4日から
トランプ大統領の「制裁」が発動する感じですね。


これはまあ世界中のいわゆる世界の官僚同盟みたいなものが
あるんですけど

彼らはそれを嫌ってもう今はマスコミなんかも
すごいトランプバッシングが長期で続いております。


ちなみにこの「世界官僚同盟」とか聞いて
「そんなのあるの?」っていうことで

驚く人もいらっしゃるだろうけど

これは副島隆彦先生がよく書籍に書かれていたんだけど

実際に色々な会議の後に世界各国の官僚たちが集まって

各国の規制とかを統一させているんですね。


こういうのも投資家は知っておいたほうがいいかな?と。


すなわち例えばマイナンバーとかで自分の資産とか
把握されるのは嫌だ、と言う人は

大変多いと思うのですけど


これは私ゆうは現在韓国にいるので分かるんですが
元々は韓国の官僚たちが「住民登録番号」っていうので
やっていた制度なんです。


これが日本で「マイナンバー」になっているんですけどね。
実際はほとんどおなじです。

それで韓国なんかでは例えばちょっと
性的な大人が楽しむサイトがありますが

そんなサイト見るにも日本の「マイナンバー」が必要だったり
しまして、


まあなかなかきついですけど日本もそうなるんです。
(自分が見てるえっちなサイトが全部国家に把握されます、笑)


それで私は知ってるんだけど実は官僚同士って
結構各国でやり取りしていて

例えば韓国の商法は実際は日本とあまりにも一緒なんだけど
そういうのも官僚同士で連絡しながら
統一しているんだけど


これは例えばマレーシアでも一緒で銀行では最近
「日本のマイナンバー」が要求されます。

マジですよ?

東南アジアの銀行で日本のマイナンバー要求されるんです。


こうやって徐々に世界の民衆をしばりつけていく
っていう流れがあって


その官僚同盟みたいなものは国内にいると
分からないだろうけど
海外にいると

書けない事、書ける事含めて、
嫌と言うほど感じます。


それでトランプはそれにある種逆らってますから
その官僚の下のマスコミに批判受けるのは当然ですけど


やはり今は分析すると「トランプのペース」は
崩れていない。9月時点で。


それで11月4日からイランから石油買う世界の企業に
対して

アメリカとの取引を禁じる制裁が発動されるんですね。


ちなみに5月のイランとの核協定からの離脱ってのも
ありましたが

トランプは
5月にイランとの核協定を離脱して
それで180日間経過して

11月からイランからの石油輸出を止めるための
制裁を開始するとしたわけです。



それで今メルマガ書いてるのが9月なんだけど
実際は各国の石油会社がもしイランから

石油輸入やめるならば、それは2ヶ月前に
しないといけないから

まさに今なんですね。石油業界の期限ってのがあります。



それで日本なんかは実は「微妙な立ち位置で最近は立ち回ってる!?」
のですが

それも後ほど、説明しますが


とりあえず分かりやすいのは中国ですね。


中国は「そんな言われても制裁には付き合いませんよ」

です。


もう6月に中国はイランと取引継続します
ということを表明してます。


中国の場合はイランの最大貿易国ですが

実際は


「トランプの制裁で各国がイランとの取引量を
減らしていく中


その穴埋め分を中国がどんどんシェア取っている」


っていう現状で


実はこれをみると分かりますが

トランプの制裁⇒最終的には中国のイランでの
影響力拡大を進めさせている

っていうのが原因と結果の分析で分かるんですね。


ちなみに最近話題になってるトルコもイランには制裁しません、
の態度ですし


またロシアも当然のごとくそれには乗っていません。


ちなみに今回は「誰もトランプの提案には乗りたくない」
というのが分かりますが

そしてトランプはそれを意図しているのが
大いに分かるわけですが


例えば欧州EUなんかはアメリカの制裁に参加する気がありません。
経済大国になりつつあるインドもです。

また韓国なんかもおなじでイランから石油輸入する方向です。



それでここで各国企業の抜け穴として考えられる対策が
ありますよね。

まずドル建てでSWIFTの送金システムなりを使って
石油輸入を決済しちゃいますと

これはアメリカ政府に監視されちゃいます。


それでその後その企業がアメリカとの取引を禁じる
制裁を受けるわけです。


だからここで中国ロシアやインドや欧州なんかは
それを回避したいというのもあって

ドルは使わないで自国通貨をつかう予定なんですね。


そう、だから

「石油のドル決済が終わっていく」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

っていうこと。


これは下線を引きましたが分かりますでしょうか?


すなわちよく石油利権と言われてそこにドル利権、ドル防衛

という言葉がネットで詳しい人たちには使われていたけど


今回のトランプの「イランへの制裁」をきっかけにして


「各国がドル離れする地盤」が作られてきている

っていうところが「もっとも重要」なんです。


これがトランプの政策でして、
彼の支持者のリバータリアンたちは

「ドル防衛などしなくていい!一度アメリカを
デフォルトさせてなんとか立て直せば良い」

ですから、


まさにトランプはそれに沿ってるんですね。

だからあえて稚拙なことをやってるっていうことに

気づくと彼の怖さが分かります。


実際はトランプっていうのは明確にドル覇権放棄という

シナリオ、原理原則に沿って動いているのは

彼の発言とその後生じている世界の動きを見ると分かるんです。


だから最近は各国企業が欧州ならユーロ建てで
石油決済しだしていて


特にイタリアの銀行なんかは監視から逃れられているので
イタリアの銀行かまして、それでユーロ建てで
決済している欧州企業なんかも増えてますね。



それで、ここで「じゃあ日本は??」っていうことなんですけど
日本は実際はイランとそんなに仲悪いわけでもないですから

本当は制裁なんかに加わりたくないわけですね。


一応先月の8月に日本政府がトランプとこのイラン制裁について
交渉したけど、


「どうも、いくらアメリカの言うことを聞いてきた
日本でもトランプは制裁除外をしなそうだ」

というのがおそらく政治家たちや官僚たちの
今の心境でしょう。



それでここがまあ日本のなんというか
独特のやり方であったのですが


これ田中宇先生が書かれてたのですが

いわゆる「のらりくらり」でかわすつもりなんでしょう。


世耕経産相が


「うーーん、このイラン制裁の問題は
政府が首を突っ込まず、

民間の石油会社が自分で考えて適切と思う行動
取れば良いんじゃないかな」

という発言をしてます。



だから日本政府としては「イラン制裁に参加します」とも
言わず(本当は参加したくない。)

逆に「イラン制裁に参加しません」とも言いませんが


その代わり「私たちは知りませんが民間企業たちに
任せます」

と逃げてるわけですね。


これは実際はイラン制裁に参加しないという決断
なのですが


ただそれはアメリカとの関係で波風立てないように
ということで「民間企業にお任せします」ってことです。


こんな制裁に本当に参加したらイランの石油利権を
日本は完全に失うから本当は参加したくない

わけですがただそうともいえないから
とりあえず民間企業に任せます、ということで

今回は逃げたわけですね。



元々日本はイランの石油に対して利権をある程度
持っていたのですが

それが2001年の911があって
そこでアメリカから圧力あって

イランの石油ガスの開発なんかの利権を
日本は手放してます。


それでなんとか残った石油輸入の5%を占める
イランの利権ですが


これすら失うというのはなかなか日本政府からしたら
きついことですから、


だから日本はやめることはできないんですね。

それでイランに関する利権の問題でもあるのですが
ここで各国がどんどんアメリカの圧力で手放した

イランの石油利権を全部握りだしているのが
実は中国でして


トランプとしてはすなわちイランなんかの

石油利権なんかも、


アメリカの同盟諸国から

どんどん中国ロシアなんかのこれからの覇権国に渡す役割

ですね。



だから実際にはどんどんイランの石油利権が


従来の対米従属

⇒BRICSなどの新しい世界の覇権国


に移動しているわけですが


それがトランプというか背後のキッシンジャーたちの
大きな目的だと分かります。


だからこれから、別に妄信していただかなくて
良いんですけど

やはりドル覇権というのは長期的に衰退していく
流れでして


世界中がドルでの貿易決済から離脱していくってことです。


実はこれは2017年にメルマガで書いていたこと
なんだけど2018年はもっとその流れが進んだ、

と私は見てますね。



それで今回は

アメリカのトランプ大統領の制裁の動きに対して


対立的に振舞ったのが

中国だったりロシア、

そしてトルコや欧州や韓国であったと思いますが


一方日本は本質的には対立的だけど

一応アメリカに関してはこれ敵対しないように

「民間企業に任せます」スタンスです。


ただ・・・これはトランプが許すか?と言う話なので
これから日本に対してトランプがさらに

とどめの制裁の動きが出てくる可能性は大いにありますね。


結局今までの対米従属国がアメリカから自立して
その上で覇権を中国ロシアに譲渡していく


ってのがトランプの大きな政策ですから。


一応日本政府、特に経済産業省なんかは

「アメリカに目をつけられたらやばい。
だから民間石油会社が勝手にやったということにすれば

仮に民間企業が見つかっても日本政府は責任追及されないだろう」


ということなのですが


これはなんというかトランプにはおそらくバレてますから
やはりこれからいよいよアメリカが日本に制裁をする

なんてのも近いうちにあると私はみてますね。

というのはトランプは日本でも韓国と同様に
在韓米軍撤退のあとに在日米軍撤退議論を
作りたいわけでして

そのためにはどうしてもアメリカに反感抱いてもらわないと
困りますから。


(これがトランプのアメリカファースト、です。
アメリカ帝国覇権に利権が存在するからそれを
彼は破壊しようとしている。)


それでこの数日で明らかに進んでいるのが
以前にも

【2018年急速に進んでる
「世界経済の非米ドル化の法則」について考える!】

で書きましたが


既に中国と距離を近づけるEUなんかは
アメリカ通さないで、イランと取引する仕組み作りたがってます。


現在、例えば海外送金するには海外在住者たちは

「SWIFTコード」ってのを入れて


それで送金してるんですけど


このSWIFTっていうシステムがまさにワシントン官僚たちの
管轄だったりするんですね。


ただドイツは最近は

「SWIFT使わない送金システム作るべき」

と言い出してますが


実はこれは以前にメルマガで扱った事あるけど
すでに中国とロシアがその国際決済システムを
作ってますので


となるとこれはどんどん「世界経済の非米ドル化」は
長期で進んでくるのは間違いないんですね。


んでここに中国ロシア系の暗号通貨も関わってきます。


ということでよくよく注意深くみると

やはり以前から書いてきたように


トランプの政策・行動は「ドル防衛放棄」であまりにも
貫徹して一致していて筋が通り過ぎているのですが


その視点で見るとトランプの「一見頭おかしい金髪ゴリラっぽい
人の言動」が

実際は恐ろしいくらいに計算されて


ドル防衛放棄の流れを作るためのものである
と分析できますね。



ちなみに私は韓国に今おりまして、分かりましたが
韓国なんかはもうムンジェイン大統領がこれを理解していて

ロシアや北朝鮮や中国やEUとの結束を強める方向で
動いてまして


テレビ番組なんか見てもロシア特集は多いし
あとは私今インチョンっていう韓国の地方都市にいて
このメルマガ書いてるんだけど

今度 北朝鮮から芸術団がやってきてコンサートとか
しますからね。

まじで道に広告貼ってあるんです。


(写真)北朝鮮の芸術団のコンサート講演があるらしい
http://yuhfx1.com/gazou/korea/……utudan.JPG
(北朝鮮芸術団、って書いてる)


しかも韓国のテレビ見てると普通に
脱北者の人がテレビ出演してますからね。



もうだから今の世界の大きな非米ドル化の流れってのは
新興国各国は理解して対策を打ち出している

という感じですね。


それで個人個人でも投資対象国としては
アメリカは短期中期で逃げるならまだありでも

長期保有の投資家なんかはリスクをはらむでしょうから


逆にイランとか北朝鮮とかそれこそ
これからの中国ロシアのBRICS新興国とくっついていく国は
かなり経済発展を遂げる地盤が実際は


報道されていないだけで作られていますから


長期で投資する機会はなんだかんだ出てくるはずなので
そういうのは見つけたら
見逃さないようにすると良いでしょう。


たぶん私が上に書いてることは
2016年初頭に「トランプが大統領になるという言論」
を扱っていた時とおなじで


今はあんまり理解されない話なんですけど

たぶん数年後には「そういうことだったのか」
と分かる話かな~と思います。


とりあえず海外にいたりするともうこういうのが
先んじて実感で分かりますんで


ぜひ読者さんも海外にFXなりビジネスなりで
稼ぎながら滞在できるものですから

そこで現地に滞在して「空気感」を感じてみると
良いかもしれませんね。


そしたら明らかにトランプのやり方が
ドル覇権放棄なんだな、としみじみと
感じ取れることが結構ありますね。



2020年代にはどうもドル覇権はどんどん
トランプ大統領が意図したように
崩れていきそうです。



みんなまだマスコミに洗脳されちゃって
気づいていないけど

イラン制裁の彼の啖呵はまさにそのためにある
といえるでしょう。


それでは!






★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【「野田式FX道場の■先行予約■」を受付開始しました】
⇒  http://fxdojo.online/tousen/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆












«  【トランプ大統領のイラン制裁を機に長期で 「石油のドル決済が終わっていく未来」について考える!】  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って10年以上稼いで今は海外移住してますが
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか 2016年にはもうアメリカと北朝鮮が国交正常化に向けて動いていくなどをマスコミより 数年早く書いてますので、是非既存のマスコミ記事と比較いただいてご覧ください。
なお情報商材についてはマスコミたちが個人の自立を進めさせないために 大企業や官僚にわれわれ民衆を隷属させるために 弁護士や警察や消費者庁の行政と結託して叩いておりますが それには疑問を持つ姿勢です。
全てでないにしろ、中には素晴らしい人生を切り開くことにつながる 商品も多い。
多くの人が商売の思想を学ばなければいけない時代だ。 そこで 民衆が自分で自立して支配されないで稼ぐことが大事、という思想体系で 憲法21条言論表現の自由を元に 発行しております。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
ネットを活用して資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください