無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【PDF】「自分で作った投資ルール」を守れたら贅沢(ぜいたく)しよう!

2018 7月 25 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
   ゆうPDFファイル■投資心理学を学ぼう!■

【「投資ルールが守れた日は贅沢をしたほうが良い」理由とは?】

⇒  http://fxgod.net/pdf/money/tou……hirule.pdf
(個人投資家の悩みとして「ルール守れない」というのがありますが
それを修正するのに役立ちます)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

どうもゆうです!

読者さん、こんにちは!!


さてさて、ここ最近野田式無料FX道場の復活ということで

かなり投資投資投資と言う感じで学ぶためのコンテンツを

流しております!!


なんというか「お~これが投資の世界か、面白いな」とか

ちょっとでも思っていただければ嬉しいですね。


ちなみに、まだまだこれから色々コンテンツは続くのですが

たぶん学んでいただいる方は分かると思うんですが


「最低でもこの水準で考えられないと、稼げない」ってこと

でもあるんですね。


ネットを見ていただければ分かると思うけど投資やってる人たち

って一部の人はかなり学んでるけど、


大多数の人がギャンブルしてるんですね。


よく「なんで貯金してるの?投資やればいいのに」なんて

ネットの書き込みがこの数年増えたけど、


これは私は違うと思っていて、


無知のまま投資するくらいなら資金失うだけなんだから

貯金してたほうがマシです。資金減りませんから。


けど、そこであらゆる金融関係の知識がついた上だと

投資ってすごい人生に強力に作用するんですね~



それで、前号にてプレゼントで

「恐ろしきバルサラの破産確率」というPDFを流しましたが

見ていただけましたか?




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    【ゆうPDFレポートのプレゼントです!】


「恐ろしきバルサラの破産確率とは?」

⇒  http://fxgod.net/pdf/fx/balsara1.pdf



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


例えばこういう「運というものに依存するのではなく

運はコントロールするもの」


という発想、思想も大多数の方はご存知ないわけでして、

それは無知な人が負ける構図になってしまうわけですね。


逆に、一部の人はこういう知識にアクセスできるわけでして

やはりその辺の情報格差というのがこれからの時代も開いていく

だろうと思います。



それで・・・上記のバルサラの破産確率の考え方は


これは実はFXだけじゃなくて仮想通貨運用でも株での運用でも

金地金とかの実物運用でも、不動産でも、そしてネットビジネスでも

応用が広く利く考え方なんで是非、このバルサラの破産確率で

「確率をコントロールする」という考え方を持っていただければ


幸いです!!



さて、それで今日は

【「投資ルールが守れた日は贅沢をしたほうが良い」理由とは?】

という号をプレゼントしたいと思います!!


これは以前も扱ったんですけど、一度見ただけじゃ実践に

移す人は少数だろうと思うので、ぜひ復習してくださいね!


実はこれ投資心理学の1つなんだけど

やはりよく投資で言われるのが

「自分のマイルールをずっと守り続けることがとても重要」

ということですよね??


けど・・・これまさに「口で言うのは簡単、実際にやるのはとても大変」

でして、まさに言うは易し、行うは難し、なんです。


ただ、そこで資本主義においては

「自分で作ったルールを守り続けた人がお金持ちになり

自分で作ったルールを破り続けた人が貧乏になる」


という構図があるんですね~


それで私たち日本人は例えば信号が赤になったら止まって、

信号が青になったら渡る、みたいな警察官僚の作ったルールに

従うのは得意じゃないですか?


みんな「社会のルール」を守るのが得意ですね、日本人は特に。

ただこれ、「他人(国)が作ったルールであって

自分で考えたルールではない」

わけです。



例えばこの前私が日本に行ったときに撮った写真で

一番気に入ってるのがこのロボットのように描かれた

国土交通省からの命令の広告なんだけど


このみんな同じ格好している広告。


(写真)日本の駅に掲示されてる広告。特徴的なのは
みんな同じ格好で、「こうしなさい」という指示、メッセージが
広告にあること。
http://yuhfx1.com/gazou/japan/robot.JPG


例えばこうやって、義務教育で洗脳された私たち日本人は

誰かの指示するルールを守るのは得意です。



このように、生まれた時に、すでに議論なしに

社会にあったルールを守るというのは得意な人は

多いけど


得てしてこれが「自分で作った投資やビジネスのルール」になると、

破る人が大半でおそらく比率で95%以上なんでしょう。



それでもっとも難しいのが「自分で作ったマイルールを守り続ける」

ということなんだけど・・・


実はこれもアメリカから来てる投資心理学では解決方法、ソリューションが

研究されてるんです。


その中で「投資のルールを守ったら幾分の贅沢を動物としての自分に

与える」という方法が取られたりします。


今日はこの辺についてPDFで以前まとめたものがあるので

プレゼントとしてお渡ししますので見てみてください!


↓↓

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
   ゆうPDFファイル

【「投資ルールが守れた日は贅沢をしたほうが良い」理由とは?】

⇒  http://fxgod.net/pdf/money/tou……hirule.pdf
(個人投資家の悩みとして「ルール守れない」というのがありますが
それを修正するのに役立ちます)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆






また以前にお渡ししている無料プレゼントたちは以下になります!

↓↓




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【以下は早速ですが、FXの動画無料プレゼントです!】


(まだまだこれから数週間に渡ってレベルをあげていきますので
まずは「基礎から」学んでみてくださいね!
これから中級、上級編も流していく予定ですが基礎が分からないと

理解できないので以下のリンクでまずは見るだけでいいので
学んでみてください)

※全部直リンクです!



【オープニングコンテンツ】あなたの常識が覆されるFXの世界
http://fxdojo.online/refree/openingfx/

【オープニングコンテンツ】野田式FX道場 鉄則5ヵ条
http://fxdojo.online/refree/opening_ts/

【オープニングコンテンツ】FXの準備編!億トレーダーが利用するFX口座は?
http://fxdojo.online/refree/zyunbi1/

【準備編】チャートの見方、MT4の設定と基本操作
http://fxdojo.online/refree/zyunbi2/

※1限目※ 【基礎知識・分析】 ライン分析 初級編
http://fxdojo.online/refree/kiso/



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    【ゆうPDFレポートのプレゼントです!】


「恐ろしきバルサラの破産確率とは?」

⇒  http://fxgod.net/pdf/fx/balsara1.pdf



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

   <NEW>【ゆう音声プレゼント】

「損失額を最初に確定して戦略的リスクテイクをしていくと

ガチに人生は変わる!」(確率が非常に高い)

という音声です!


⇒  http://fxgod.net/onsei/fx/hatt……settei.mp3



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

   NEW!【ゆうPDFレポートのプレゼントです】

「学校では教えてくれない資本主義、について学ぼう!」



【インターネットの登場が 「人類に初めての資本主義」をもたらす】
⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……ation1.pdf

(資本主義に重要な「完全情報とITの関連性」についての私の
レポートです)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 ゆう音声プレゼント

<義務教育は洗脳>
http://fxgod.net/onsei/gimukyo……sennou.mp3


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【1つ目のプレゼントを公開!】


10時間以上の音声などを含む
豪華プレゼントはこちらのPDFです(直リンク)


⇒  http://fxgod.net/pdf/present2015.pdf
(各種音声はスマートフォンなどでもお聞きいただけます。)



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【2つ目のプレゼントを公開!】


10時間以上のすごい講師たちとの対談音声などを含む
豪華プレゼントはこちらのPDFです(直リンク)


⇒  http://fxgod.net/pdf/present20152.pdf
(各種音声はスマートフォンなどでもお聞きいただけます。)



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



それで特に最近だと仮想通貨とか株とかFXとか投資分野も

色々ありますが、


実はこの投資分野でも「同じロジックやり方」を渡しても
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「結果がしっかり出る人」と「結果がなかなか出ない人」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


というのできっぱり二つに分かれるものです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ここが重要ですね?


多くの人は手法とかロジックとかそっちのほうが

投資やビジネスの 成否を分けると思ってるものだけど



実際は同じロジックとか手法を教えても生徒さんによって

大きく差が出てくるってことなんです。


だから実のところその人の成功、もしくは成功しない

を分けるのって・・・


ロジックの違いじゃなかったりするんですね。


それよりはその人の投資心理学の理解度であったり

資金管理の巧妙さであったり、します。


実はこの辺が理解できるようになるまで色々失敗して

数年かかるんだけど


その数年をすっ飛ばして、この号ではそれを書いてます。



これはおそらく多くの教材や塾で実際にそれを実感されてる

方も多いかもしれませんよね。


そう、だから「人の金銭的な成功にはロジックや手法以上に

因果関係が認められるものがある」


それでまあこれはその人のやる気だとか、基礎知識だとか

素直さであったりとか



色々とあると思うのですけど私ゆうの意見としては


「その人が自分で作ったルールを守れるかどうか」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だと思ってます。


これは特に日本人の特徴として、私たちは



「誰か上の人

例えば官僚とかが作成してる学校の決まり、

会社で役員たちが決めてる決まり」


そういうのを守るのは慣れていますよね。


が、多くの人は


「自分で作ったルールを守る練習をしないで
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
大人になってる」
~~~~~~~~~~~~~~~

んです。


だから皮肉なことに多くの人が

「他人が作ったルールは思考停止で守るけど
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分で作ったルールは守れない」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というのが実際にあるんですね。



だからこれが実は日本の学校教育の大きな問題で

日本の学校教育はロボット量産体制であるから


文科省やらが作った教育要綱が下に下りてきて、それに

従うように子供たちに求めるわけで、それで子供たちが

ロボット化していくようになっている。


けどここで子供たちに

「自分でルールを考えてみよう!そしてそのルールを

自分がどれだけ守れたか、チェックしよう」

みたいな授業ってないですよね??


けど私はこれからの日本の子供たちには上記のような

授業が必要だと思います。


ルールはそれぞれが考えていって、それを守れるかも

それぞれで自立してチェックできる、そんな人々が増えたほうが

社会全体の活力はアップします。


ただ、これができる人ってのが日本では限られるわけです。




実は、これが一番の問題ですよね。


例えばロジックなんか簡単ですよね。


ダウ理論に沿ってそこで例えばそうですね、長期移動平均千75日に

ろうそく足が到達するまで待って


そこでピンバーなりエンゴルフィンバーのサインが出たら仕掛け。


これも全通貨でやってないけど単純だけど

普通に利益でる確率が結構高いです。


ただこんなトレードルールとかもう山のようにあって

私もそんなの数え切れないほど知ってるわけですが



それをじゃあずっとルール守ってやり続けられる人、


それはおそらく100人いて1人か2人もいないくらい、

なんですね。



だから実は「自分で検証して作ったルールを守る」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
これが実はもっとも難易度が高いわけで
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そこの差が成否を分けるのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



これは以前書いたプロスペクト理論の

「人は痛みを避けたがる」という心理も影響してしまいますので


だからその人間の脳みその性質が左右して

んでルールを破っちゃうということが得てして起こります。


特に資金管理が崩壊してると、プロスペクト理論通りの

行動取りやすくなって 脳みその本能=痛みを避ける

を制御できなくなるのが 人間という動物ですから


資金管理できてないといくら良いロジックやルール持ってても

大体破産するわけです。



だから実は、


「結果を出すか出さないかというのは
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
トレードルールを守り続けられるか」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というところに収束するんですね、


んでこんなことは結構多くのことが聞いたことがあるはずで


「トレードルールを守るのが大事、なんて知ってるよ!

けどなかなかできないの!!」


って感じだと思います。


そうだから

「やればいいのはわかってるけどできない」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ってのが問題です。


学校の勉強とかもろにそうですよね、やればいいのは

分かってるけどできない、わけです。


だから「トレードルールを守るのが一番大事」

なんてみんな分かってるんだけど


それでもできない人がおそらく95%どころか

98%97%を超えてくるわけですね。



ただ例えば野球なんかで言うとイチロー選手という人がいますが

ああいう本当に数千人どころか数万人に1人くらいの人が

ずっと「やるべきこと」をやり続けて、そんで


結果出しているわけでして、これはどの分野でもきっと一緒です。


んで、「自分のマイルールを守る」なんていっても

なかなかできないというのが普通だと思うのですが



これができるようになるためには、

これはもう、私たち自身がある意味「動物だ」という視点で
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
考える必要があるわけです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これは実は多くのトレーダーさんとかビジネスマンたちが

やってることでもあるのですけど


例えば犬のしつけをするときに

「お手」をさせるために、「お手」ができたら

そこで大好物の犬のえさをあげる、ということが


されますよね??




実は、これ人間も犬や猿と根本は変わりませんから

大事なことなわけです。


だから実は


「マイルールを守ったときにある程度の贅沢をする」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これは結構大事なことなんですね~~





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
   ゆうPDFファイル■投資心理学を学ぼう!■

【「投資ルールが守れた日は贅沢をしたほうが良い」理由とは?】

⇒  http://fxgod.net/pdf/money/tou……hirule.pdf
(個人投資家の悩みとして「ルール守れない」というのがありますが
それを修正するのに役立ちます)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



それで・・・これから今FXの基礎講義をしていただいている

億トレーダーの野田さんから実際に


相場で通用する本当のテクニカルチャート分析というのも

動画で中級、上級編としてお送りする予定なのですけど


ここでどんなに素晴らしい分析でも、手法でもロジックでも

結局「投資心理学が分かっていないと活用できない」

ということが起こるんですね。


例えば、野田さんのこのトレードっていうのは

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
画像(野田さんのトレードはこんな感じ。ヤバい。)

トレード画像1
http://nodashiki-fx.info/lp/trade_2016/

トレード画像2
http://nodafx.com/ziseki/rireki2/

トレード画像3
http://nodafx.com/ziseki/rireki4/



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ずーっとルールを守り続けているから

できているものでもあるんですけど


じゃあロジックとか手法とかを知ったからその通りに

一般の方ができるか?というと違うわけでして


ここではどうしても投資心理学を知っていないといけないわけです。


野田さんのすごいところっていうのは実は塾生はみんな

知ってるんだけど


この投資心理学を理解してでのポジションワークとかなんですよね。

例えば普通は利益確定でスパって切ってもいいですけど


野田さんの場合は心理のことも考えてつなぎっていうことを

しますが、


このつなぎ売買って以前に書いたことがありますが

心理を考慮してですね。


とにかくトレーダーと心理、は密接な関係があって

実はロジックより重要じゃないかな??って私は思います。


またトレーダーと心理と心理を支える健康状態も大事ですよね。



んで面白いことにこのインフォ業界ではロジックとか手法とかは

すごいコンテンツとしてあるのだけど


以前のバルサラの破産確率とか、あとはこの投資心理学って

アメリカのトレーダーたちは投資の教育機関でかなりの

重点を置いて学んでるのに


あまり日本では教えられていない謎??があるわけです。


だから実はロジックとか手法も大事だけどそれ以上に

資金管理とか投資心理学って実際の戦いにおいては

大事になるんですね!!


んで、この辺を知ってると読者さんが例えばこれから

「あ~なんか困ったな、不調だな」みたいなとき、


このレポートで得た知識が

読者さんが困った時にこれから生きてくると思うので

是非学んでみてください!!



特に今好調な方は、このレポート見ることでさらに好調が

安定するだろうし


不調な方はこのレポート見て少しここ数ヶ月で方向転換できるでしょう。


私の知人で年間1億5000万円くらい稼いでる投資家さんがいて

彼なんかがよく私に言うのは


「多くの「大衆」は自分が作ったルールさえ、守れない。

が、私たちのような投資家はずっと自分のルールをそれでも守り続ける。


だから結果として自分のルールを守れない大衆トレーダーの損失が

私たちのようなルールを守り続ける投資家の莫大な利益になっていくのだ」


ということなんです。


冷酷な言葉かもしれないけど・・・これが事実なんです。

だから多くのトレーダーで何年もやってる人たちがようやくそこで

「投資心理学の重要性」に気づくわけですけど


それは最初から知っておいたほうがいいと私は思いまして、

今号で扱うわけです。


これを知って実践してると

FXだけじゃなくて株でも仮想通貨でも実物投資でも

それこそアフィリでも転売でもですね、


収益が上がってくる人が多いと思うので、

というか最近読者からの成果報告が定期的に来るのもありまして

もうそれはある程度分かってきてることなので、


是非こういう奥深い投資心理学を学びましょう!



だから「投資のマイルールを守り続ける」これは結構言うのは簡単で

やるのは難しい、っていうものなんですけど


投資家ってのは常にそのルールを守り続けられるように

心理調整を行うわけでして、


その「投資心理学を用いた心理調整」で

よく使われるのが以下の方法なので


是非参考にしてくださいね!




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
   ゆうPDFファイル■投資心理学を学ぼう!■

【「投資ルールが守れた日は贅沢をしたほうが良い」理由とは?】

⇒  http://fxgod.net/pdf/money/tou……hirule.pdf
(個人投資家の悩みとして「ルール守れない」というのがありますが
それを修正するのに役立ちます)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆






追伸・・・ちなみに野田さんのエピソードもこの投資心理学を

知ってると「なるほどな~~」と分かることがあるんですね。


というのが野田さんのエピソードで音声対談なんかで出てくるエピソードで

「以前にFXで負けていたとき、そのときに腹が立って

思いっきり壁をなぐって指骨折した」


というエピソード出てくるじゃないですか??



けどこれ、重要なエピソードなんですね。


というのは骨折って痛いですよね?


けどここで何かしら、おそらく損きりできない、とかそんな

ルール破りをして当時の野田さんは壁を殴られたわけですが


そこで骨折というすさまじい痛みを伴ったわけです。


となると、これは「損きりしないと骨折する」という風に

潜在的には人間の脳みそって捉えますからね、


ようやくそこで成長が始まったのだろう・・・

それが今のすさまじい実力の野田さんにつながったのだ。


と、分析できてしまうわけです。


だから本当はルール破ったら野田さんみたいに骨折させる

っていうのもひとつの方法として考えられるんですけど、

それは痛いですから・・・(笑)



だからルール破ったら食事抜きとかですね、

そういうのもやるといいんですね。



私なんかは昔やってまして

食事抜きは結構効きます。


一方、ルール守れたら何か美味しいもの食べたりとか

そういうのを続けていくと自分の作ったルールを

守る習慣はついていきますね。



結局だから、自分で稼ぐってのは市場を相手にしているようで

自分の脳みそとの戦い、という側面のほうが強いので


自分の脳みその性質を理解してどのように

自分をコントロールしていくか??


ってのが最重要だとおもいます。



それで上記の知識はアメリカから来ておりますが、

これがやはり日本が敗戦した理由なんだろう、と70年経過して

分かるわけで



アメリカではルースベネディクトなんかが日本の分析を

かなり冷酷にして日本人の性質を英語論文でまとめて

当時大いに参考にされましたが、それは動物を観察する視点で

冷酷に分析されていた。


客観、ってのがあるんですね。


一方日本は 心理とかそういうものを主観でなんとなく

とらえており、何かの事象があれば脳みそがどういう反応をするか


そういう研究ってされていなかったりするわけですね。


冷静に動物という人間を観察する学問があった国と

それが存在しない国ではどうしても


戦いでは前者が有利だったんだろうなと、私は今感じます。


一方今は私たちも金融分野で冷酷に自分自身を分析する術は

もてますから、それを理解して適用して

人生が良くなる方向に応用することはできますね!


多くの人は、人間ってのはとても高等な知的生物で

動物の中の頂点に君臨すると思ってますが


実際の話は、餌を与えればお手をする犬とほとんど同じで


それは投資行動でもそのような特徴が見られるというのは

研究されてしまってるので


自分を動物とみなして、その上でコントロールしていく

という考え方が残念ながら?強力ですね。


ということで自分自身が「お手」をできたら(ルール守れたら)

餌(何か良いこと)を自分自身に与えていくと


自分自身の行動制御も考えている戦略通り取れるようになって

人生の向上につながるでしょう。


では!









★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
   ゆうPDFファイル■投資心理学を学ぼう!■

【「投資ルールが守れた日は贅沢をしたほうが良い」理由とは?】

⇒  http://fxgod.net/pdf/money/tou……hirule.pdf
(個人投資家の悩みとして「ルール守れない」というのがありますが
それを修正するのに役立ちます)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください