無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【最近の日本の灼熱状態は韓国でも知られてきているようです】

2018 7月 24 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin



【最近の日本の灼熱状態は韓国でも知られてきているようです】
⇒編集後記で


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【ゆうPDFレポート・バルサラの破産確率を復習しよう!】


「恐ろしきバルサラの破産確率とは?」

⇒  http://fxgod.net/pdf/fx/balsara1.pdf




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■





どうもゆうです!

読者さん、こんばんは!!


さて、私は最近韓国に住んでまして、そこで多くの韓国の方と

接するわけですが


最近話すと結構な比率で「日本は今すごい暑いの?」

と聞かれます。


日本の 猛暑というか灼熱具合というのは

私も読者さんから聞いていて知ってはいたのですが


最近はアメリカのCNNでも報道されてるくらいで

世界でも知られているようです。


編集後記で!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【ゆうPDFレポート・バルサラの破産確率を復習しよう!】


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




さてさて、この前から野田式無料FX道場企画が復活しました。


これから6時限目なんかも今週中には流しますので

それまで5時限目までぜひ学んでおいてくださいね~



ちなみに、コメントなんかも今野田さんたちがめっちゃ頑張って

返事してくれてまして、


そしてコメントなんかも前向きなコメントばかりで

そしてそれに応える形で


それぞれの状況踏まえて

野田さんたちがそれぞれに頑張って返事されてますので


ぜひページ下の

コメントと野田さんのコメントの返事なんかも何気に勉強になるので

良かったら見てみてくださいね!



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【以下は早速ですが、FXの動画無料プレゼントです!】


(まだまだこれから数週間に渡ってレベルをあげていきますので
まずは「基礎から」学んでみてくださいね!
これから中級、上級編も流していく予定ですが基礎が分からないと

理解できないので以下のリンクでまずは見るだけでいいので
学んでみてください)

※全部直リンクです!


【オープニングコンテンツ】あなたの常識が覆されるFXの世界
http://fxdojo.online/refree/openingfx/

【オープニングコンテンツ】野田式FX道場 鉄則5ヵ条
http://fxdojo.online/refree/opening_ts/


【オープニングコンテンツ】FXの準備編!億トレーダーが利用するFX口座は?
http://fxdojo.online/refree/zyunbi1/


【準備編】チャートの見方、MT4の設定と基本操作
http://fxdojo.online/refree/zyunbi2/

※1限目※ 【基礎知識・分析】 ライン分析 初級編
http://fxdojo.online/refree/kiso/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


さて、それで今日はずばり「バルサラの破産確率」について

学びましょう!!

たぶん昔からの私の読者さんでしたら

バルサラの破産確率はちゃんと活用できると思うんですが


簡単に言うと「このバルサラの破産確率活用すれば

運がコントロールできる」


というものですね。

「バルサラの破産確率」

っていう言葉は


初心者の方は初めて聞くだろうし

それこそ資産億超えてる人はみんな知ってますよね。


私ゆうなんかも元々また別の自由億トレーダーさんに

このバルサラの破産確率教えてもらってその後数千万円、

数億円とステップアップしていったのですが


やはりとても重要な「地図」として機能したのを覚えております。



それで、このバルサラの破産確率、というのは

「ヤバイもの」なんです。一言で言うと。


読者さんに質問したいのだけど、

よく世の中で
成功者と言われる人たちがいますよね??

この人たちの共通点って何でしょう?
頭が良い?スピードが速い?
学習熱心?

色々要素は考えられますよね?



けど実はどれも本質ではないと私は思っていて

「成功者の共通点は運命を操ってる人たちのことである」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
わけです。


運命を操る・・・これを聞くと怪しいって思いますよね??

けど優れた投資家だけではなく起業家も、また政治家も

彼らは「運命を操ってる」のですね。


ずばり確率を操るという意味です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

よく私たちは日本語で「運が良い」とか言いますよね。


だから女の人は占いが好きだったりして
とにかく運命に依存するのが大好きですよね?


けど成功者はそこは違うんですね。


彼らは運命というのはコントロールする物であり、支配下に置くもの、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
と考える。
~~~~~~~~~~~~~

成功者というのはだから確率に振り回されるのではなく

確率をコントロールする者、のことでありますね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ちなみにこれは資本主義原論という書籍で日本で「唯一」

資本主義について体系的に書いた大哲学者で小室直樹先生という

方がいらっしゃいます。


彼も「政治家や歴史的に優れた人間の特質は運命を操ることである」

と、分析しております。


それでその確率および運命をコントロールすべき
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「羅針盤」が
~~~~~~~~~~~
バルサラの破産確率、
~~~~~~~~~~~~~~~
というものです。
~~~~~~~~~~~


だから、実はそのトレーダーの直近トレードの数字を割り出して、

そしてバルサラの破産確率に当てはめると、
その人が金持ちになるか、破産してビンボーになってしまうのか、

全部未来がそのバルサラの破産確率から
分かってしまう、ということです。


んで、
今日は私が以前書いたバルサラの破産確率、
についてのレポートをプレゼントしたいと
思います!

ぜひこの無料プレゼントを見て、
読者さんも運命に振り回される側から
運命、すなわち確率を必然的に支配下に置く
側になりましょう!


過去私のメルマガで配布して大変好評だったPDFですので

是非ご覧くださいね~


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    【ゆうPDFレポートのプレゼントです!】


「恐ろしきバルサラの破産確率とは?」

⇒  http://fxgod.net/pdf/fx/balsara1.pdf



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



また以前にお渡ししている無料プレゼントたちは以下になります!

↓↓




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【以下は早速ですが、FXの動画無料プレゼントです!】


(まだまだこれから数週間に渡ってレベルをあげていきますので
まずは「基礎から」学んでみてくださいね!
これから中級、上級編も流していく予定ですが基礎が分からないと

理解できないので以下のリンクでまずは見るだけでいいので
学んでみてください)

※全部直リンクです!


【オープニングコンテンツ】あなたの常識が覆されるFXの世界
http://fxdojo.online/refree/openingfx/

【オープニングコンテンツ】野田式FX道場 鉄則5ヵ条
http://fxdojo.online/refree/opening_ts/


【オープニングコンテンツ】FXの準備編!億トレーダーが利用するFX口座は?
http://fxdojo.online/refree/zyunbi1/


【準備編】チャートの見方、MT4の設定と基本操作
http://fxdojo.online/refree/zyunbi2/

※1限目※ 【基礎知識・分析】 ライン分析 初級編
http://fxdojo.online/refree/kiso/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




また、以下は私ゆうからのプレゼントです!

下記の考え方を理解していればFXだけにあらず

金地金投資とか各国株式の投資など深いところまで理解できるようになる

と思いますので参考にしてください。


(※例えば資本主義がその国でどれくらい浸透しているかの「尺度」
とかを資本主義のPDFではもてるわけです。

資本主義が浸透していない国の経済成長率は伸びない。
だから投資は控えておこうとか、そういうマクロ判断で使えるんだけど

知識こそは最大の武器でありますね!)



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

   <NEW>【ゆう音声プレゼント】

「損失額を最初に確定して戦略的リスクテイクをしていくと

ガチに人生は変わる!」(確率が非常に高い)

という音声です!


⇒  http://fxgod.net/onsei/fx/hatt……settei.mp3



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

   NEW!【ゆうPDFレポートのプレゼントです】

「学校では教えてくれない資本主義、について学ぼう!」



【インターネットの登場が 「人類に初めての資本主義」をもたらす】
⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……ation1.pdf

(資本主義に重要な「完全情報とITの関連性」についての私の
レポートです)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 ゆう音声プレゼント

<義務教育は洗脳>
http://fxgod.net/onsei/gimukyo……sennou.mp3


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【1つ目のプレゼントを公開!】


10時間以上の音声などを含む
豪華プレゼントはこちらのPDFです(直リンク)


⇒  http://fxgod.net/pdf/present2015.pdf
(各種音声はスマートフォンなどでもお聞きいただけます。)



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【2つ目のプレゼントを公開!】


10時間以上のすごい講師たちとの対談音声などを含む
豪華プレゼントはこちらのPDFです(直リンク)


⇒  http://fxgod.net/pdf/present20152.pdf
(各種音声はスマートフォンなどでもお聞きいただけます。)



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




さて、それで今日は投資でも非常に重要な、

バルサラの破産確率を扱っていますが、


上のリンクでも今回登場してくれてる

無料FX道場のコンテンツをこれからメルマガで展開してくれる野田さんは

まさに

確率を必然的に支配下に置いてる側、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
なんですね。


これがまさに彼の確率を支配下に置いてる様子だけど

野田さんの場合は少し億トレーダーの中でもさらに突き抜けていて

異常といえる力を持ってるある種 怪物ですよね。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
画像(野田さんのトレードはこんな感じですごいわけです)

トレード画像1
http://nodashiki-fx.info/lp/trade_2016/

トレード画像2
http://nodafx.com/ziseki/rireki2/

トレード画像3
http://nodafx.com/ziseki/rireki4/



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



これは偶然そうなってるわけではなくて


「意図的に、このように確率を収束させて」

バルサラの破産確率上、

破産確率ゼロパーセントにするスキルを
彼が持ってるということなんです!


自分のトレードで平均のリスクリワードを出して、
そして勝率を出したらだいたい自分の破産確率が分かります。


そこで、破産確率がゼロパーセントから10パーセント未満で
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
常に推移するようにするのが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

トレーダーの仕事なんですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こうやって確率を支配下に置いてく、という発想になるわけで、


自ずと運、確率に振り回される人とは結果が変わってくる。


逆にその人が破産確率ゼロパーセントに近いトレードを
維持できればその人は

例えば、野田さんのように金持ち確定なんです。



だから、実はバルサラの破産確率には
資本主義においてその個人が、法人が

経済主体が成功するのかどうか、

「全部あらかじめ未来が示されてるすごさ」があるのだけど、


稼いでる人たちだけはこのバルサラの破産確率の
重要性を理解してるのであります。


なので、読者さんの運命が本当に変わるきっかけ?
になるかもしれませんからね、


ぜひこのPDFのプレゼントを使って長期で確率、
運に振り回されるのではなく

運命をコントロール、支配下におく生き方を目指しましょう!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そしてこれが自立心という態度なのです!!!




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
      【ゆうPDFレポートのプレゼントです!】


「恐ろしきバルサラの破産確率表とは?」

⇒  http://fxgod.net/pdf/fx/balsara1.pdf



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




ちなみにこのバルサラの破産確率の話はFXとか株だけの話ではなくて、

実はこれが資本主義の成功者と
淘汰される側の縮図なのですね。

資本主義において淘汰は必須です。

日本がなぜ長年低成長で衰退しているのか?といいますと
これは淘汰がないからですね。

(マスコミは経済成長している、と言ってますけど・・・
が、英語圏のブルームバーグなんかは日本の成長低迷を
英語で普通によく記事にしてますが、その情報が日本語で入ってこないように

巧妙に情報統制が敷かれている。)

これは市場で金持ちが誕生すると同時に必ず淘汰が起こります。

それを分けるのがバルサラの破産確率表だ、といえば
分かる人なら分かる。




だから企業経営されてる読者さんもぜひ見てください。

例えばビジネスにおける
広告費の平均の出稿額、と平均の利益をこれ
出してみてください。

ここでまさにバルサラの破産確率でいうペイオフレシオが求められて、

そして、その広告費出稿が、

どれだけの勝率か?

すなわち黒字確率はどの程度か?

を割り出せば実は企業経営者は

少なくともその広告費運用においては、


会社がこれから倒産してくか、

黒字続きになって拡大してくか


事前にバルサラの破産確率表から分かってしまうわけです。



これを広告だけじゃなく企業のあらゆる設備投資で

バルサラの破産確率に当てはめるとその企業が将来どうなるのか?

利益を拡大するか、縮小するのか、

が分かってしまうわけですね。



逆に企業再生はこういう視点でもできるのだ
という話でもあるけど、


金融知識が後進国である日本ではこの知識が

残念ながら知られていません。



なので資本主義の縮図がバルサラの破産確率表で、

経済活動してる個人や法人の


運命がそこに「羅 針 盤」のように描かれてるものなんだけど


実は恐ろしい表で、

バルサラの破産確率表から破産確率をゼロに近づくようにコントロールする、

という視点が持てれば少なくとも


資本主義においては大変有利に勝ちやすくなる

ということですね。


だから運というのはこれ、振り回されるものではなくて

自分で確率コントロールで作り上げるもの、ということです。


ぜひこのPDFで学んでそれをFXとか株に活用していきましょう!




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
      【ゆうPDFレポートのプレゼントです!】


「恐ろしきバルサラの破産確率表とは?」

⇒  http://fxgod.net/pdf/fx/balsara1.pdf



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆








■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


バルサラの破産確率の具体的活用方法とは??


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




それで今回はバルサラの破産確率のことを扱っているわけですが

やはりこの表って大事で、


ペイオフレシオと勝率を定期的に出して

バルサラの破産確率を見れば


自分がこれから資産を拡大できるか、もしくは資産を減らしてしまうのか

分かってしまうわけですね。


たぶん、多くの人がたぶんこの業界で

「私は稼げない」とか悩んでると思うんですけど


それってなぜか??というと

「運命をコントロール下においていないから」

ですよね。




一方冷静に自分の資産推移を把握している人なんかは

何か投資なりをどの分野で行うにしても、


そこでしっかりとバルサラの破産確率表にあわせて

リスクとリワードの平均比率を割り出して


さらに勝率を割り出して、そこで破産確率を出している

のですね。


ちなみに個人的な感覚としてはやはり破産確率0%台~10%台の

比率で金持ち確定となります。



だからビジネスマンなら広告運用とかあると思いますが

この広告運用で破産確率が0%に近づくように、というのが

ある意味「指針、基礎」としてのマインドになりますし、


投資家ならばFXや株においてやはり破産確率が0%に近づくように、

というのが同じく指針、基礎となるわけですね。


それでこの バルサラの破産確率で自分の破産確率をそれぞれ

計算して出していく、ということを私たちはしていって


資本主義の上でちゃんと資産が増えるように「仕向ける」

わけです。


やはり市場というのは生き物であるから、

毎回破産確率0%でいけるか??というと


そこも流動していくわけですね。


これは超富裕層のトレーダーであっても

破産確率が0%連続していたけど


ある週なんかは少し調子が上がらなくて

破産確率が10%台になってしまった

とかそういうことはあるわけです。


いずれにしても資産は増えているわけですけど

ただ破産確率が上がっている、というのはバルサラの破産確率を

知ってれば理解できるわけでして



だからそこで「反省」とかができるんですね。


「うーん、今週の破産確率が上がった原因は少し

○日のトレードに感情が入りすぎちゃったかな」



とかですよね、この辺で反省ができるってのが大事な点だと思います。



なのでデイトレなのかスイングなのか、で期間は変わってくると

思いますが


やはり5トレード~10トレードで自分の破産確率を割り出す

ってのを定期的にすると良いですよね。



そこで破産確率が10%でもあったら、そこはやはり反省点となるので

何かしらの改善点があるものなので、


そこを割り出していくというのが資本主義に生きる

ビジネスマンや投資家の仕事なのかな、と私は考えております。



慣れていくともう5トレードとか10トレードで

ある程度の自分の破産確率が暗算である程度分かるんですけど



ここで投資行動修正なんかを定期的に行うんですね。



そうすると結局今までは破産確率が10%~20%ウロウロ

していた状態だったのが、


それが0%が当たり前で時々調子悪い時10%前後になってしまうけど

まあプラスみたいな状況にはなってくると。



それで野田さんみたいな日本トップレベルの

怪物トレーダーになると



もう破産確率が0%台から10%台になるのは滅多にない、みたいな

状況になって、金持ち当たり前、みたいになっていくわけですね。



だから「投資家トレーダーの仕事はなにか??」というと


これは一言で言うと


「バルサラの破産確率が0%になるように自身の

投資行動を修正することを継続すること」


であると言えますね。



結局確率なので。




ちなみにここが金持ちの捉え方で、人によって差ができる部分ですね。


よく言われるのは「あいつが金持ちになったのは運である」

と言う言葉です。



ただこれ、私は分かるのですが 

「あいつが金持ちになったのは必然」

です。



これは特に長く富裕層として資産を維持、もしくは拡大している人って

漏れなく、この確率をコントロールする、運命コントロールする

という視点を持ってたりするんです。



そこで自分の資産拡大する確率が上がる方法とかそういうのを

持ってるものなんですね。



よくある「マインド」なんかがそうで、あれらのマインドを

維持していくと単純に破産確率が0%に近づくってだけでもあります。



だから「確率をコントロールする」という視点を持てるようになると

人生のあらゆる壁は破壊可能と言えると思いますよね。



今から100M走で9秒台を出すとかそういうのは無理かも

しれませんが、


一方お金稼ぎに関しては日本国籍の方は相応の収入、

最低でも月15万円くらいは所得があるはずで投資金も作れるわけだから



かなりハードルが下がるので

上記のような確率をコントロールする視点

ってのが存在しますので


それを利用したものが勝つ世界なのかなと思います。




それで具体的にはFXでも株でも仮想通貨でも何でもいいんですけど

そこで1週間とか定期的に

 平均のペイオフレシオ出して、自分の勝率出して、

それで自分の破産確率を見直す。


これがもう基本的な仕事になるのかなと私は思います。



地味と言えば地味なものですけども、

これをずーっと3ヶ月なり6ヶ月なり1年2年・・・

5年10年なり継続していく

わけですね。



そうすると明らかにその人には「実力」がついてきますので

大体自分がどういうときに破産確率が上がって

どういうときに破産確率が下がるのか


っていう分析もできてくるので


ここで「確率をあやつって人生デザインしている感覚」って

出来てくるんですね。



これはすごいおもしろいですよね。誰かの敷いたレールで

人生を生きていなくて


自分がデザインしたとおりに確率を操って自分の人生を

コントロールしている感覚ってのは出てくると思います。




それでバルサラの破産確率ってのはおなじ破産確率0%でも

例えば 損失1に対して利益6の平均トレードができる人で

勝率が40%であれば


これは破産確率は0%台(0.8%)ですよね。


一方損失1に対して利益が2の平均トレードができる人で

勝率が50%あればこれも破産確率は0%台(0.8%)ですよね。



まあスタイルは違えども破産確率はおなじだったりします。




それで「どっちが簡単か??」という話なんですけど

私の経験だと、また読者さんの成長見ていると、

さらに多くの講師さんやそれに指導されてきた読者さんたちを

メルマガで見てきた経験から言うと



やはり難易度が低いのは


後者の

損失1に対して利益が2の平均トレードができる人で

勝率が50%


のスタイルなのかな?というのは思います。


私も稼いでるトレーダーさんとか友人とも色々話すんだけど

やはりスタイルとしては損失1利益2勝率50%以上

みたいなところで


勝負している人が多いなと思いますが


こっちのほうが実現可能な人が多いと思われます。



この辺は検証してると分かりますが


損失1で利益6平均で勝率40%狙うよりも


損失1で利益2平均で勝率50%以上狙うトレードのほうが

楽な人がずいぶん多いかと思います。



おなじバルサラの破産確率0%台でも

安定しているのはやはり上記のような損益バランスと勝率の

感じではないかなと。



この辺が安定してきたら、その次に損益比率5以上で勝率を

40%以上目指す、みたいなトレードも勉強すると

良いのではないかなと個人的には思いますね。



それで毎回のトレードや投資やビジネスでは

その辺に数字を収束させるのが目的となってきますので


そこで様々な修正が加えられるわけですが


そこで「もっと分析時間を増やそう」とか

「資金管理ガバガバだからしっかりしよう」とか

やっていたら何かしら課題が出てくるわけですね。



そこで「自分で考える力」とかが大事になってくるわけです。



だから自分で考えられる力とか知識とかってのが

本当の意味で資産であるとも言えますね。




ということで、バルサラの破産確率とその活用方法が

分かっていれば、何が成功かというのは人によって違うでしょうけど


経済的に豊かになるのが成功と考えるならば

その成功までの羅針盤を手に入れたようなものなので、


お金の部分にかんしてはかなり安定してくるものですね。


ということでこのバルサラの破産確率は私ゆうが

すごい10億トレーダーさんに最初に教わった内容で


今でも使って生き続けてる内容なので、

ぜひ活用してみてくださいね!!



では!






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【ゆうPDFレポート・バルサラの破産確率を復習しよう!】


「恐ろしきバルサラの破産確率とは?」

⇒  http://fxgod.net/pdf/fx/balsara1.pdf




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

   <NEW>【ゆう音声プレゼント】

「損失額を最初に確定して戦略的リスクテイクをしていくと

ガチに人生は変わる!」(確率が非常に高い)

という音声です!


⇒  http://fxgod.net/onsei/fx/hatt……settei.mp3



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆











============編集後記==============


さてさて、私は現在韓国にいるのですが

こっちでも多くの韓国の方と日々接するわけです。


私が独学で身につけた韓国語を通じて韓国の方と色々話したり

するわけですね。


ちなみに日本だと店員さんと色々世間話をするって

最近は少ないと思いますが


韓国なんかだと店員のおばちゃん、おじさん、にーちゃん、ねーちゃん

と話す機会が多くて


向こうから色々話してくれるので話す機会も多かったりします。


それで色々話す中で どこの国から来たの?みたいな話にもなるのですが

そこで「私は日本からきました、日本人です」みたいな話をするわけですね。



それで昨日なんかは飲食店のおばちゃんにいわれたのが

「あら、日本からきたの~なんか最近日本やたら暑いそうだけど

大丈夫?」


なんて心配はされました。


私もこの灼熱状態は知っていたのですが、もう最近の日本の

異常気象というか灼熱状態の猛暑は海外でも知られているようです。


アメリカのニュース放送局のCNNなんかでも日本の灼熱状態は

かなり話題になっていましたが


世界の人々から見ても

「何故日本でやたら異常気象が続いてるのか」というのは

注目されているようです。



ちなみに私がいる韓国ソウル付近や地方都市は確かに暑いのですが

灼熱というほどでもなく、


外はちょっと暑いので熱中症は気をつけましょう、

みたいな感じですね。


例年よりは暑いような気はしますが、灼熱というほどではない

ちょっと暑い夏という感じです。




それでこの猛暑を超える日本の灼熱ってのは

海外でもニュースになっていてみな知ることになってるのですが


東京都内では観測史上初めて40度を超えたと。


まだ7月だから8月に更新するかもですよね。


それで海外のメディアなんかは「命にかかわる猛暑」とまで

報道しているわけで


韓国のメディアなんかもCNNが報道してたりするので

報道をしているようです。


それでロイター通信なんかも埼玉県の熊谷市で

日本の観測史上過去最高の41.1度を記録したから


「東京近郊で日本最高気温を更新!!」とまで伝えておりますね。


AFP通信なんかも伝えていた。


それで日本の公立の小中学校ではエアコンがないところが

どうも42%しかないらしく、


日本ほどの重税国家は他にないのですが

一体税金がどこに消えてるのか謎ですが


この公立小中学校でエアコン設置が50%にも満たない

というのもアメリカの気象会社が指摘してたと。



それで海外で言われているのが

「こんなに灼熱なのになぜ日本人は冷房を使わないのか」

というところでして


室温28度にして政府がクールビズを推進したり

してる姿勢なんかもどちらかというと疑問を呈しながら

報道しているわけですね。


なんでも「ビジネス界(私的企業)でも
電力節約することを政府に求められている」

ということです。



ちなみに私はこのニュース見てスゴイ分かることがあるんですけど

韓国とかあとはマレーシアの電車とかバスとかって

かなり涼しいんですね。



マレーシアの場合はちょっと行き過ぎていて

涼しい超えて、公共の場所って冷房効きすぎて寒いくらいです。



それで私なんかは時々日本に帰国して公共交通機関を

利用するのですが


そこでの疑問が「なぜこんなにモワってするの??」


ってところです。



これすごい不思議でこの前日本にいたときにバスに乗った

のですが

そのバスがずいぶん混んでいたわけです。


それで乗客も中が混んでると暑いですからね

手をパタパタしてあおいでいる。


明らかにバスの中が暑いわけです。



ただ私が謎なことがあって、冷房も何も運転手がつけない

わけですよ・・・(笑)


もうみんな汗だくなのに、冷房つけないわけです。

これはすごい不思議な光景でした。


日本のバスなんかは綺麗ですから冷房設備なんかも

整ってるはずなのに


いざバスの中が暑い状況で冷房つけないわけですね。


ただこれは上記の国家に電力節約を求められてる

っていうところなんでしょう。



電車でもそうですよね?

私は最近満員電車は乗っていないので分からないのですが


ただ数年前満員電車に乗ったときも同じで


やはり乗客が汗だくになってるのに


なぜか冷房がつかないわけです。


そこでなんとか行動力ある人が窓あけたりして

風が入ってきてみんな「涼しい~」とかやってる光景をですね、

私は見た。


まあ私はよくそういう場合窓を開けるんですけども。


本当に公共交通機関のバスなり電車の中で

「もあっ」とした空気ですごすことを強制されてる

日本のサラリーマンは

声を上げたほうが良いと私は思うわけです。



ちなみに韓国なんかはその点電車の中がかなり「からっ」と

しています。


だから快適なんですよ。湿度って大事なもので。

だから私は韓国だとタクシーなんか乗る必要ないようにも

思って、公共交通機関が快適だからやはりよく使います。



それで日本ではこの冷房施設ってのが小中学校に

ついていないから子供たちは汗だくで授業とか受けてるんだろうけど


本当に上に書いたように、税金は一体何に使われてるのか

疑問ですよね。


税金で食ってる方々の人件費に回ってしまってるのは間違いない

のですが、なんとも税金の使い方が歪んでる、というのもあります。



それで昨日なんかは気象庁が会見しまして

そこで


「命に危険があるような暑さで災害と認識している」


ということまで発言しました。



とりあえず命に危険があるというくらいで熱中症で

亡くなった子供も出てきましたが


やはり子持ちの家庭なんかは気をつけるべきでしょうし

やはり水分補給はこれは大事なんでしょう。


それでさらに関東中心に雨が少ないから、もし

雨が降らなければ水不足も懸念されるらしいですから


やはり自宅に水を確保しておくというのもこれから

関東の方には大事ですよね。


それで海外にいながら私が強烈に疑問を感じるのは

日本だけに最近災害のようなものが集中してるんですよね。


例えばこの前関西で地震があったし

またその後洪水があって

そしてその後にこの灼熱が関東に、です。

明らかに日本の気象だけ突出しておかしくなっている。



それでじゃあ隣国の韓国はどうなのか?というと

私がいる韓国は確かに暑いんですけど


灼熱ってほどではなくて、一応熱中症とか気をつけましょう

という警報は出ていましたが


ただまあちょっと暑い夏、みたいな感じなんですね。

最近は地震もないし、洪水とかないですし・・・


だからこんなのを海外から見ていると、どうも

日本だけに異常気象が集中している謎ってのは

感じるところです。



ちなみに夏が灼熱でじゃあ冬は暖かいのか?

というとそうでもなくてこの前なんかは日本で冬がすさまじく

寒かったわけで それもまた異常ということで報道されていた

わけです。


ちなみにその前にはマレーシアなんかでは

「マレーシアに冬が来た」とも報道されてるくらい


日本が寒くなる数ヶ月前にいきなりマレーシアでも寒く

なりました。


だから日本だけともいえない部分はありますが


私なんかは小氷河期説というのが色々な説より

信憑性が高いと思っていまして


この氷河期説は世間一般でプロパガンダされる

温暖化説と間逆の理論ですが


この氷河期説では夏なんかはまさに砂漠のように暑くなると

言われていましたから


どうも最近世界的に気候が変化している可能性はどうしても

感じてしまいますよね。



それで今まで日本ホルホル、自画自賛として

「日本は四季があるから良い国だ」というのが

あったわけですが



最近の日本の気候を見るとどうも


灼熱の夏と激寒の冬、みたいな気候になってきてるのではないか

というところで


4季というより2季に近づいてるのかななんてのは

感じたところです。



ネット上でもこの辺の指摘は相次いでおり、

「四季」ではなく「死季」だと・・・


いや~上手いこと言うもんだ、と感心してる場合でもないですが

明らかに私たちが子供のころの日本の気象と

今の日本の気象は違っておりますよね。


それで私は海外にいるので、海外の邦人の人とも

時々話すのですが、そこで日本の気象とかの話になるわけですが


そこでみんな大声では言わないけど

実際の会話として話すのが


最近の日本は少し気象的に住みづらくなっているってこと

ですよね。



というのはまず地震があるし、さらに大雨での洪水もあれば

冬は観測史上ありえない寒さ、夏も同じく今回のような灼熱

が頻繁にありましてまた台風もすごいと。


日本のテレビや新聞は日本ホルホルで

「日本は四季があって素晴らしい」という価値観を

押し付けてきますが


やはり日本が最近

気象として住むのに苛酷な国になってきている

というのは、よく海外の邦人がぽろっと本音漏らして

言いますよね。


実際にたとえばマレーシアに移住して日本にほとんど

帰国しない邦人なんかも多いわけで


彼らはそれを大声で言わないけど実際の会話では

そういう話をするわけです。


それでもっと言いますと、

前の前の号の

(ゆう散歩)韓国地方都市の
仁川(いんちょん)中華街で 見つけたマッカーサー(写真付き)


で書いたのが以下です。



==============================


ちなみにぜひ韓国に来る方には色々散歩するのをおススメしまして

なんといっても空が青い。


電車を降りるとこんな感じで空が青くなんか良いんです。


(写真)とにかく空が青い
http://yuhfx1.com/gazou/korea/……china1.JPG

韓国なんかでは日本では知られていないけど

以前はケムトレイルに関して反対の声がかなり多くの

ラッパーとか歌手から上がって、運動となったこともありましたね。


それもあって空が青いのかななんてのも感じます。



実際に韓国では

ケムトレイル撒き散らすな、というのが歌になったり

した。日本だとケムトレイル自体議論されないけど

韓国だと議論されたりするわけで。


ちなみに、これはマレーシアでもおなじで、マレーシアでは
気象操作を行えるのは常識で

政府が雨を降らすのですね。

けどその雨を人間が降らせて自然をゆがめて良いのか

という議論が巻き起こったわけですね。


自然派の宗教家が大雨を降らせて甚大な被害をもたらした

政府を批判したものです。


けど不思議なのは日本だとこれらって議論の対象にさえならない

というかケムトレイルとか人工降雨技術なんかも

人々には知らされていない不思議はありますよね



==============================


以上です。


こんな内容をちょっと混ぜて書きましたが、

実際に上の話本当で


例えばこれはマレーシアだけじゃなくてフィリピンなんかでも

政府が雨降らせるなんてのは結構普通のこととして理解されてます。


私がそれを知ったのはフィリピンの人に英語教えてもらってるとき

「なんかさ~今日政府が雨降らせてるから雨なんだ」


なんていってた時に知ったのですけど、


マレーシアの人に聞いたらそれは宗教の問題にも

なっていると。


んでその時聞いたのはその方

イスラム系の女性だったのですが


私が「けどこうやって人工的に雨降らせたり気象操作できる

ってのは日本人は知らなくて、

むしろそれを言う人を馬鹿にする風潮があるんだよ」



っていうことを教えたんですがそしたら彼女は驚いてまして


「え?そうなの?これらの気象関係の技術って日本から

来てるのだと思ってた」


なんて言ってたのを覚えてます。


ちなみにこんな上記のような話は日本にずっといると

たまげるような話でしょうが


韓国でも同じでこの数年でメディアが

「インゴンジチン」っていう言葉を使うようになりましたよね。


日本語に訳すと「人工地震」という意味になりますが

北朝鮮が核実験したときとか人工地震が良く起こったから


そこで記事になってたものです。


ジュネーブ条約というのがありまして、気象を人間が

操作するのは一定程度の制限がかけられているのですが

(といっても罰則なしなんです。)


一応詳細は普通にWIKIPEDIAにありますね。


【環境改変技術の軍事的使用その他の
敵対的使用の禁止に関する条約】


ってのが1976年に批准されてるから

調べてみるといいかもです。


この辺の絡みもあるので最近のアジア国でもやはり

異常気象については報道が気象の兵器まで突っ込む報道は

若干見られるようになってきてますね。



そんな中、

一応今の日本の異常気象が天災なのか、もしくは

そのあたりが関係しているのか、という議論が出てこないのは

私としては少し不思議だなというのも思っていた点です。



ただこれは私たちも天災かそうじゃないのか、

なんてのは分かりませんから


ただもう既に2018年段階で人間がある程度の

気象を操作できる技術力を持ってるのは事実ですので

この辺も、実は海外邦人たちは大声で言わないけど


普段から人工降雨のこととかはニュースで時々あがってきて

気象操作という考え方は日本より身近なので


仲良い人の間では話してたりしますね。


(特にこれから日本の官僚機構が米朝首脳会談以降

追い込まれる流れでそうなってるわけですから

余計それを疑う人は多いわけです。といっても天災かも

しれませんし、誰にも真相は分からない。)


ただみんなこういう話をすると頭がおかしい人だ、と

少なくとも日本語圏で暮らしてる人には思われるとも

知ってますので、だから大声では言わないということです。


それでこんなのはいくら考えても誰も真相は分からないのですが

とりあえず言えるのは明らかに日本では異常気象が頻発しておりまして


そこで命に関わる異常気象が数ヶ月に1度の単位で

起こっているということですから


これらを想定して対応できるようにしておくのは

大事だなと思った次第です。



ちなみに、私が覚えているのが、以前に箱根のホテルに

住んでいたんですが


箱根かどこかの火山が活動始めちゃったんですよね。


これはメルマガでも当時扱ったんですけど


すごかったです。マスコミ報道では小さい地震が沢山あった

ということでしたが

体感としては朝3時4時くらいに震度5以上?と思われる

地震が何回も連続してありまして、



それで「さすがにこれは箱根にいたらヤバいぞ」

ってことで

泊まってる外国人なんかも早く下山してたんですが


私も車に戻って、それで下山しようとしたわけです。


しかし駐車場が屋外だったので

車の上に火山の灰が積もっちゃってですね、

黒い車が白色になってしまった・・・と。


これで火山の灰で車が傷ついて急いで下山したのを思い出しましたが

(そのあとこの傷を修復するのになかなかお金かかった)


まあほんと何が起こるかわからないのが最近の日本の

状況ですので


そしてこれは日本だけに限らず他の国でも同様のことは

起こることはありえますので



何かあっても対応できるように想定して準備しておくのは

これから私たちにとって大事ですね。


それで特に灼熱状態となっておりますが、これから

もし雨が降らなければ水の制限なんかも考えられますね。


ちなみにマレーシアなんかでは 水の制限が年に数回は

かかったりするので


私みたいにマレーシアに住んでたりする日本人は

取水制限なんかがあっても大丈夫なように

絶対にそういう生活用の水を自宅に確保してたりしますが


そういうのが日本在住の日本人にとっても大事になるのかなとは

思いました。



ということで世界で異常気象は頻発しているので


そして色々な説が存在するのですが

地球全体で少しづつ変化が起こってる可能性も考えられますが


とりあえずその中でも明らかに日本に異常気象が集中してる

昨今の状況はあるので


気象に対応できることもこれからの時代大事になりますね。


なんとも考えさせられます。


それでは!!





ゆう







追伸・・・ちなみに最近の東京周辺の灼熱状態ですが

これはどうも南国のマレーシアより暑いんです。



実際にアフリカから来た人たちが「東京は何でこんな

暑いのか」と言ってるようですが



実はマレーシアのほうが東京の夏より涼しかったりします。


これもまた、現地の日本人の間では常識化しているところで

東京の夏のほうがマレーシアより暑いから

帰国を嫌がる日本人も高齢者で多いんです。


実際に今年の夏なんかはマレーシアとか東南アジアや沖縄のほうが

涼しかったりするようで


東南アジアが暑い、という既存の常識も変わってきてますね。


最近は日本の本州なんかが 夏は激暑い、冬は激寒いとなってきてるので

これから住む国を変えるという判断をする人も

一定数増えてくるのではないか

とも感じた点ですよね。


まあなんとも最近多くの常識がどんどん変化しているので

それにあわせて考えていくのが大事な時代だと思います。


では!








■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【ゆうPDFレポート・バルサラの破産確率を復習しよう!】


「恐ろしきバルサラの破産確率とは?」

⇒  http://fxgod.net/pdf/fx/balsara1.pdf




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください