無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【なぜ人は海外にいると言葉がペラペラになってくるのか?】 を声学と言語学を駆使して説明します!

2018 7月 06 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【なぜ人は海外にいると言葉がペラペラになってくるのか?】
を声学と言語学を駆使して説明します!
⇒編集後記で

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「仮想通貨で資産を失った人の為に1万円を振り込んでくれる」

と豪語する男が現れました。



【通常49万8000円の仮想通貨を「自動収集」するソフト⇒0円】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/


※こちらの案件、かなりの金持ちが担当している案件なので

1万円とそこまで大きな金額ではないものの

ゲットできるということなので

見てみると面白いと思いますね~。


今回は仮想通貨をトレードで稼ぐというよりは

「自動収集」するということで新しい試みですね。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




どうもゆうです!


読者さん、おはようございます!!


さてさて、前号で

【ゆうの考えるコーナー】楽天主義の人はこれから破滅せざるを得ない

という号を流しました。


相場なんかはまさにそうだと思うんですけど

楽観主義の人って大体損してるんじゃないかな、という感じで

意外に悲観主義の人は資金を安定的に増やしているってのが

あると思いますので


やはり生き方全般を市場で「長く」稼ぎ続けるためには考える必要が

あるな~なんて考えていました。



さて、それで今日は海外の話なんですけど

私は今韓国におります。基本的にはマレーシアにいるのですが

私の場合日本語と英語とあと韓国語を話せるのですが

この韓国語の部分を鍛えたいと思いまして、定期的に韓国には

おります。


それでやはり海外にいて私が最も楽しい部分ってのがあって

幸せ?を感じられる部分があって、それは色々あるんだけど

中でも「今まで聞こえなかった言葉の音とかが聞こえてきて

言葉の意味が分かってくる!」


っていう感動があるんですね。


日本人だとおそらく英語学習をしてる人は多いと思うんですけどね、

やはり英語なんかはあれ最初は「宇宙人」が話してるように

聞こえるものです。まったく聞き取れない、リスニングできない。


けど、これって海外にいると不思議と1ヶ月2ヶ月・・・

と経過するに従って「音が捉えられるようになる」んです。


私のメルマガ読者は海外志向の人はかなり多いと思うんですけど

けど一番多いのが「海外に移住っていっても語学が不安だな~」ってのが

あると思います。


が、大丈夫!


今号を見たら「なーんだ、人間ってのは語学をこうやって簡単に覚える

「機能」があるのだな」と分かる。

こういうのを知るとコンプレックスは一つ減るだろうから

知るのは大事。


編集後記で!






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【通常49万8000円の仮想通貨を
「自動収集」するソフト⇒0円】


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■








さて、前号にて


【海外に住んでると「仮想通貨の真の利便性」が肌感覚で分かってくる、
という話】


を流しました。


やはりSWIFTを使わない仮想通貨の世界ってのは

海外なんかにいると利便性が本当に分かるというか

利便性よりは切実なくらいに必要とされているな、と

思います。


まあなので、今は半年くらい停滞しているものの、

長期ではいつかの段階で最高値を更新していくんだろうな

なんてのは考えてるシナリオです。




それで今回はそちらの仮想通貨の案件ですね。

なんと1万円分を仮想通貨難民に振り込んでくれるという

ことです。


【通常49万8000円の仮想通貨を「自動収集」するソフト⇒0円】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/



今日はこちらの案件を担当している吉川さんより

読者さんにメッセージです!


=============================
読者様、こんばんは。



読者様は仮想通貨難民というのをご存知でしょうか?


仮想通貨バブルの裏側で価値が1円も上がらないゴミみたいな
仮想通貨を掴まされて資産を全て失ってしまう人が続出しています。

本来、仮想通貨というのは将来性があり、
本当に必要な通貨だけが生き残ります。

つまり全ての仮想通貨が価値を持つ、
というのは完全なる幻想なのです。

そのことに気づかず仮想通貨に参入してしまった人は
残念ながらずる賢い人に騙され、価値のない仮想通貨を
掴まされて資産を全て失っています。

そういった理由もあり、今では社会現象として仮想通貨離れが
続出しており、仮想通貨市場全体も長い間、低迷しています。

仮想通貨とは世の中を便利にするために作られたものであり、

しっかり規制や法で整備されて

今後仮想通貨が日常的に使われる時代が
到来するのは間違いありません。

つまり中途半端に仮想通貨を手放してしまうという事は
後々大きな資産を失うのと同じくらい損をしている
という事なのです。


そこで今回、仮想通貨業界を盛り上げて少しでも
早く仮想通貨が日常的に浸透し、
便利な世の中になるためにも

手軽に仮想通貨を手に入れる方法を紹介します。

それがこちらです。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/

誰でも簡単に実践できて2タップのみで3秒で全ての作業が完結します。

たったそれだけで1万円を手にすることが出来るので、
まず最初の1歩としてここから1万円を手にしてみてください。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/

ノーリスクで仮想通貨を手に入れることが出来る案件なので
かなり美味しい案件です。





はっきりいって私は完全放置でお金が増えるという事は1ミリも信じていませんでした。

なぜならばもしそれが起こってしまうと世の中が破綻してしまうからです。

世の中は人々が労働することによって成り立っています。

例えばお米を作る人がいて、それを買う人がいる。

このように労働してその対価として報酬を受け取るからこそ
経済は発展し、人類は進歩していくのです。

なので繰り返しますが、何もしないで
お金が増えるという事が起こってしまうと

世の中のシステム自体が破綻することになるので
そうしたことが起こってはいけないのです。

しかし、その一方で毎日暇を持て余して
大金を手にし続けている人たちがいます。

先ほどの理論だとこうした人というのはいないはずですよね。

でも実際に起こっているという事は
彼らは何かしら裏の方法を知っているという事です。


その方法を手にしたので公開します。
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/


このソフトを使う事で読者様は本来タブーであるはずの

『何もせずにお金を手に入れる』

ことが出来るようになります。


実は読者様の周りの何もしないで大金を稼ぎ続けている人というのは
このような方法を使って完全自動でお金を増やし続けているのです。

なのでもし読者様が労働から自由になり、
お金のみを手にしたいと思っているのであれば
今すぐこの方法を手にしてください。
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/

※間もなく非公開なるので急いでください。





=============================



以上です!!!



さて、それで前号でも書いたのですが

個人的には実は昔は仮想通貨って怪しいな、って感じで

見ていたのが正直なところですが


実際は使い始めてみてやはり便利だ、と。



これは前号で書いたのですけど

それこそ銀行間の送金、すなわちSWIFTとかを

通した送金とかはですね、


最近はアメリカのIRS財務省の縛りがひどくて

世界中に彼らの圧力がかかっていて、もう簡単に

資金を送金できなくなってきているんですね。



ちなみに、前号で書きませんでしたけど、例えばですが

読者さんがアジアの国々でこれから銀行口座を作ろうと

します。


そうすると銀行によっては「日本のマイナンバーの数字教えてください」

とか言われるようになってるわけです。


まあとにかく厳しいですね。また送金なんかも

これは同じ銀行間とかだったらまだ大丈夫なんですけど

SWIFTを完全に通して違う銀行同士の取引であった場合とかは


相手の口座によっては送金できないこともしばしばです。

特にお金持ちの口座は警戒されているようです。



まあそんなところで、実際は海外では

暗号通貨ってのがそういうSWIFTの不便さを補う手段として

若い世代の間でもう使われだしている現状ですよね。


【通常49万8000円の仮想通貨を「自動収集」するソフト⇒0円】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/



だから前号で書いたのですけど電子マネーのWAONとか

交通カードのSUICAとかPASMOとは仮想通貨って全然違うわけでして


ちゃんと国をまたいで、送金が完了するというすごさは

あるわけです。


これは私も実際に海外でこの送金関係の不便性を感じることが

多々あって、もう海外日本人はみんなこれについて

不満言ってるんだけど


その解決策として仮想通貨が強かったりするんですね。


ただ、今はご存知のように仮想通貨の低迷期というか

一時的にかなりの価格下落が起こっておりまして


「世間は仮想通貨に対して冷めている」わけです。


ただ私は個人で一応何億円かはこの数年で自分で

稼げた経験からすごい感じることがあって

(といっても韓国では一泊5000円とかのホテルに泊まる

というマイルールを徹底していて、節制はしてるつもり)


それっていうのは

「世間と逆に真実がある」ってことなんですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これは私は後付ではなくて、ちゃんと2017年の12月に

「そろそろ暴落に注意。暴落想定しておこう」

というのはメルマガでしつこく書いてましたよね。


だからまあ私はうまく逃げられたんだけど

(そしてここだけの話私はコインチェック事件のある

数日前くらいにコインチェックは全出金できてました。

まあ結果としてはそのままでも返ってきたわけですが)


やはり当時なんかは「世間が仮想通貨仮想通貨うるさい」くらいの

感じでしたよね?


そんで、暴落。


それで今は世間が「仮想通貨は終わった」と言ってる段階でして

だからこれからなんだろうと私は前号の記事も書いたわけです。




実際にアジア圏ではもう前号で書いた銀行間送金、SWIFTを通した

送金でストレスを感じてる事業者、特にお金持ちが多くてですね、


やはり彼らの「怒り」ってのが暗号通貨市場にお金を

長期で入れていくと思うんですね。


これはもうひどいものでして、例えば事業者で最近起こってるのが

お金を例えば広告費で1000万円以上とか送金するだけで

電話がかかってきて、まともに商売やっても犯罪者扱いされたりすると。


だからみんな数百万円ごとに分けて送金したり相当

めんどくさくなってるわけですが



そこで明らかに事業効率が落ちてきている状況があるんですね。


ここでやはり暗号通貨での送金であれば、例えば

200イーサリアム送金とかでも普通に可能ですから


そこでいちいちエラーが出たりしないから


やはり利便性は高いわけです。



だから暗号通貨はなんだかんだこれからだろうな、と思いますね。


【通常49万8000円の仮想通貨を「自動収集」するソフト⇒0円】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/




エリオット波動で言えば、一応2017年に1波が形成されて

2波の下落があって、


次3波ってのは私が想定しているところです。


ちなみにこれは暗号通貨系の塾やってる人らなんかも

言ってましたが


まあやはり長期的にはなんだかんだ更新していくのではないかな

とは感じます。


というのがITバブル崩壊のときも同じことありまして

あの時もITバブル崩壊で IT終わったとかそんな雰囲気に

世間はなりまして、


多くの投資家は私は覚えているけどIT株を売却したのだけど・・・


実際はその後ご存知のようにIT株は高値更新をどんどん継続して

いまやアマゾンやらグーグルやらフェイスブックが帝国化しております。


まあだから世間は大体のケースで、特に重要なケースで

間違えるものなので


今世間が悲観しているときこそ仮想通貨って

重要かなと思って私なんかは馬鹿といわれるかもしれませんが

5,6年のスパンでホールドする前提で買い増ししてます。




【通常49万8000円の仮想通貨を「自動収集」するソフト⇒0円】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/




それで今回の案件の面白いところは

ページも書いてあると思いますが


http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/



なんでも「仮想通貨を自動収集するソフト」をプレゼントしてくれる

ということです。


「仮想通貨を自動収集」って意味分かりませんよね?


普通は仮想通貨ってのは日本の取引所とかに

お金を送金して そこで取引所でビットコインを購入したり

って感じで買うものですよね。


それでトレードして仮想通貨を稼いだりするのが通常です。



けど実はこれは「仮想通貨を自動収集」してくれるわけです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


どうもそういう方法が知られていない方法であるってことですね。


なので、上に書かれているように特にトレードで儲けるとか

ではなくて、仮想通貨を自動で収集するってのが目的の


ソフトになりますのでリスクは極めて低いものということです。


それで通常このソフトは498000円のものなのですが

今回は無料で使えてしまうということなので


今仮想通貨が安いうちにどんどん「収集」してみると

面白いかもしれませんね~



昔私たちはそれこそ昆虫採集とか、

あとは「びっくりマン」のキラカード収集とか子供の頃に

やっていたと思うのですが


まさに大人になったら「仮想通貨収集」をやってみると

お金持ちになるし、面白いし、なかなか良い実益を兼ねた


趣味になるかもしれませんね~








☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「仮想通貨で資産を失った人の為に1万円を振り込んでくれる」

と豪語する男が現れました。



【通常49万8000円の仮想通貨を「自動収集」するソフト⇒0円】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/


※こちらの案件、かなりの金持ちが担当している案件なので

1万円とそこまで大きな金額ではないものの

ゲットできるということなので

見てみると面白いと思いますね~。


今回は仮想通貨をトレードで稼ぐというよりは

「自動収集」するということで新しい試みですね。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★






追伸・・・ちなみに上に書いた

「お金(仮想通貨)を収集していって楽しい」感覚ってのが

結構大事なのかな、と最近思います。


たぶん多くの人って稼ぎたいという後ろにある種の悲壮感が

あると思います。


これは「楽しい仕事をしながらお金を稼ぐ」ということを

したことがない人が多いからだと思います。


労働という苦役の対価としてお金もらってる人が大半だから

だろうと思います。



けど成功してる投資家もビジネスマンも苦役でお金もらってる

という感覚はおそらくみんなないはずで


「面白い好きなことをしてお金や資産の数字が増えていて

そのお金を びっくりマンのシールを集める感覚で

増やすのが楽しい」


っていう感覚はあると思います。


私なんかは特にお金稼いでも贅沢するわけでもないし

正直消費に使ってるわけではないんですが


感覚としては数字を増やすのは、RPGゲームのレベル上げに似ていて

楽しいな、みたいなところはありますね



ということでお金稼ぎは楽しくあるべきかなと思います。


それできっと男性だったら「何かを収集する」っていうのは

コレクター精神で楽しさが分かる人が多いと思うので


ここで「仮想通貨を収集する」ってのはなかなか面白いと

思います。


ビジネスでも投資でも全部において楽しさがそこにある

楽しさを見出せる

ってのは大事かな~と思います。




⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/









===============編集後記===============

さてさて、私は現在韓国におりまして、日々韓国語を勉強しております。

それ以外にも投資やビジネスの勉強は常にしているし

あとは政治経済とかの分析ってのも定期的に書いてるように

かなり調べたりしておりますね。



ちなみに最近はもう韓国なんかでは満面の笑みの金正恩が

よく報道されております。


もうこれから韓国と北朝鮮はどんどん緩やかに統一状態になっていくな

なんてのは現地にいるともう感じざるを得ないですね。



なので北朝鮮の需要を韓国企業は取りに行けるはずなので

長期で株を保有するという考え方だと


一度アメリカの債券市場が崩壊した後に韓国のKOSDAQも少なからず

影響を受けて40%とか50%のダウンは想定できるんだけど


やはり長期では韓国市場は北朝鮮というケーキを手に入れたので

伸びる確率は高いだろうなとおもいますね。


日本の証券会社でも韓国のKOSDAQ上場株は買えるから

まあ興味ある人は一生持つつもりで保有してみても面白いと思います。

日本株よりは成長率が長期では高くなるだろう、と私は見てます。



さて、それで、私は現在韓国におりまして、

この前は日本の東京と大阪行ったり来たりして

またその前はマレーシアのランカウイ島やらクアラルンプールに

いたりして、


なんだか忙しい感じではありますが、


私が結構こうやって移動しているのは


「語学学習を早く若いうちにどんどんやっておかないと

後で後悔しそう」ってことなんで


現地にいって勉強したりってのをやっています。


ちなみに10代のころの私の目標が

「日本以外の世界の国々で生活しながら色々な価値観を

感じながら生きてみたい」

ってのがあったんですね。


けど当時は母子家庭だったし、留学なんてとてもできませんでした。

だから英語は独学でなんとか勉強していたわけですね。


ただ投資やビジネスで稼げるようになって、お金は困らなく

なりましたからこうやって海外にいながら生活して

語学を勉強しながらネット使って稼ぐということが

できるようになったわけです。



まあそれで10代のころは金銭的な事情で

できなかった「海外で色々な文化や

語学を学んでいく」ってことは


ようやく30代になってできるようになったんだけど

まあやっぱりおっさんになっても学んでいると色々な

発見があるもので、それを今日書きたいな~と。


それでたぶん語学についてコンプレックスを抱える日本人は

多いはずで、


海外移住とかには興味があるってのは最近は日本でもすごい

多いのですが


ただ色々意見を聞くと「けど語学が不安だな」という人は

どうしても多いわけですね。


まあそれが強力なマインドブロックというかストッパーになって

しまってる人はかなり多いのではないかと想像します。



ただ・・・一言でいうと 「大丈夫」なんです。


英語で言えば Everything’s gonna be alright

韓国語で言えば ケンチャナヨで


「ここはなんとかなる」んです。


この語学については、前号の絡みで言えば、

楽天主義で良いわけです。



それで私が海外にいて感じる「脳みその変化」ってのが

あるんですね。


これ私は自分の脳みその変化を常に自分で観察する癖があって

これは子供の頃からなんだけど


語学を海外でやってると脳みその解明されていない部分が

どんどん自分で分かってくるわけです。


これは今の科学者たち言語学者も解明できていないんですよ?

けど私は分かってるという。

だから私が今号で書くようなことが数十年経過して

いずれ科学でも解明されていき、人々の常識になるってことですね。



それでこれは時々書くことなんだけど

「日本人はなんでリスニングができないのか?問題」

がありますよね。


これは私は声楽を誰よりも当時勉強していて、

ソ○ーとかの専属ボイストレーナーより私のほうがこの辺は

詳しかったので、まあ色々知ってることがあるわけです。


声を扱う業種ではこれは非常に重要なテーマなんだけど

全然研究されていない問題です。


それで「日本人は英語が聞き取れないし話せないし、リスニングが

できない」


っていう問題があるんだけど


これは何でか?分かりますか??



これはですね、日本語というのは「あいうえお」という

母音がありますけど

全ての音に「あいうえお」の母音がつく言語なんです。


母音とは英語でVowelでしたっけ。


それで実は世界でこの「全ての音に母音が付随する言語」

っていうのはどうもポリネシア語と日本語だけなんですね。



そのほかの言葉というのは例えば英語だと


sの音や t の音みたいな感じで「子音だけの音」が必ずあります。



えっと、子音だけの音っていうとたぶん日本語だけの話者だと

想像付かないと思うんですけど


これは今やってみてほしいのですけど息を吐いてください。


「スー」と。


それで舌でその息を口の中でさえぎってほしいんだけど

そうすると「スーー」という音になりますね?


これが英語の s の音です。


そこでは声帯が揺れて「あいうえお」みたいな音が付随していない

のに気づくと思いますけど


これが、s の音です。


だから息の音ですよね?


これを子音というのだけども、日本語にはこの子音だけで

完結してる音ってのがありませんから


私たち日本人は日本語で育ってきているから、そこで

子音だけの音をうまく捉えられない脳みその構造がどうも

あるんですね。



それでこれは発声の話になるんですけど

「母音だけで完結する音で暮らしている民族」



「子音語も含んだ音で暮らしてる民族」

の発声方法というのは実は違いまして、


上記のように子音も含んだ言葉を話している民族

というのは外喉頭筋っていう筋肉をあまり酷使しないで

話すようになるんですね。



ちなみに声楽では、この外喉頭筋ってのは使ってはいけない

筋肉といわれてまして、この筋肉が作用していると


例えば音程を発声したときにビブラートを周波数にあわせて

かけられなくなったり、


あとは男性であれば高い音になったときに声が裏返って

ファルセットになってしまったり、


あとは長く息を維持してロングトーンといいますが

「あ~~~」と長く発声ができなかったりするわけです。



これは私は声楽で外国人に歌を教えていた経験もあるので

分かるのですが


日本人の場合 例えば「長く音を伸ばして発声してください」

といっても、大体「あ~~」とやれば数秒しか持ちませんが


外国人にそういうと「あ(A)~~~」と発声しても

20秒、30秒と素人でも伸ばせるんです。


これは息が声帯で原音に変わってそれが体の

共鳴する場所が沢山あるんだけど、そこで


息が声帯に変換される効率性が高いってことです。


だから同じ息の量でも、肺活量でも

外国人の子音を含む言語で暮らしている人たちってのは

長く音を伸ばせるわけです。


だから発声自体が全然 子音言語を含んだ民族と

日本人とかポリネシア語の人たちの母音が絶対に付随する

言語で暮らしている人たちってのは違うんですね。


日本だと演歌が分かりやすいけどああやって喉を絞めて発声したり

するわけですが、


あれは外喉頭筋を強烈に酷使したりしてますね。歌舞伎もそうです。

これは日本の歌手たちの歌う姿を観察すると分かりますが

外喉頭筋を行使して歌うため、


例えば顎とかにすごい力が高音で入るわけです。


だから歌ってる最中に「首を振る」ってのができないわけですね。


一方黒人なんかの歌ってるときとかはあえて

歌ってるときにノリにあわせて「首を振る」わけですが


あれをじゃあ日本の歌手たちに「歌ってる最中に首振って」

といえばできないんです。


音程をキープできないんです。


この辺の発声部分でのある種のディスアドバンテージ、

これが日本人の音声表現の大きな課題であるわけですね。


これは現場のアーティストたちってのはみんな分かっていて

だから最近はあえて海外に留学しにいったりするアーティストが

多いわけです。



例えば外国のシンガーは非常に高い音のC(ド)の音を

地声でヒットしてしまいますが、


例えばそれは世界で人気なブルーノマーズとかがそうですね。


一方日本でその辺を地声でヒットできるアーティストとなると

ほとんどおりませんで、森進一さんの子供であるタカさんがボーカル勤める

ONE OK ROCKとかかなり数は限られます。


高い音というのは一番盛り上げたいシーンですから

そこは地声で強く表現することが世界の音声表現の基準では

必要なんだけども、


どうしても日本の歌手たちはここで日本語のディスアドバンテージを

乗り越えられないから、


そこで地声ではなくファルセットになってしまうわけですね。

ちなみにこういうところを海外のリスナーたちは

かなり厳しく聞き分けるのですが


それがJPOPが世界で聞かれておらず、KPOPが最近

アメリカやヨーロッパや東南アジアで人気が出てる理由でもありますね。


ちなみに日本で有名な宇多田ヒカルさんがなぜうまいか?

というと簡単にいうと英語話せるからであって

そこで外喉頭筋を使わない発声ができるから


そこで効率的な発声(本来の動物としての発声)が

できるからですよね。


これは同じく青山テルマなんかがうまいのもそう。


まあだから 母音付随の言語をずっと話している民族は

どうしても発声部分での違いがあるので


今の世界の子音を含んだ言語がメインで話されてる現状においては

色々と克服する課題が増えてくるってことです。



だから、これは英語なりの

リスニングの問題にもつながっておりまして、


例えば私たち日本人は私も10代の頃経験してるけど


英語のニュースを聞けばそれはまるで「宇宙人が話してるように」

聞こえるわけです。



何か英語のフレーズがあったとします。


CNNなんかは今日は英語のニュースとして

“Trump talks like a racist”とかいつもながらにディスってる

わけですけども

これは日本語で「トランプは人種差別主義者のように話す」

という意味です。


まあ私はそれでもトランプの支持者だけど例として

CNNが扱いやすいので挙げてるだけです。


それで、この

Trump talks like a racistは

日本のカタカナですとトランプ トークス ライク ア レーシスト


なんだろうけども


実際は「トークス」の「ス」の音は上記でやっていただいた

「s」の音で子音だったりするので


本来はカタカナで表現できないわけですね。



だから私たち日本人はそれを「音として認識できないから」

だからこの一文をCNNのキャスターが話しているのを聞けば


まるで「宇宙人がごにょごにょ」言ってるように聞こえるんです。


すなわち「トランプ」くらいは認識できるけど

「like 」とCNNキャスターは話しているのに

その「like」ってのを「音として認識できない」となるわけです。



だからCNNキャスターは「like」と発音してるのだけど

私たち日本人には「うにょうにょ」という音に聞こえるわけです。


これが日本人のリスニングの問題としてあるわけですね。


ただ、これは子音語を含む音で育った民族の場合、

だから韓国人なんかもそうだし、マレーシア人もそうだけども


彼らからしたら、英語は苦手な人は多いんだけど


とりあえずCNNキャスターが「like」と話していれば

「ライ」くらいの音は認識できるんです。



というのは、母音の深さってのがあって、それが一緒だから。


厳密に言うと日本語の「あ」の音と英語の「A」は同じく

「あ」と発音しそうだけど


違う音なんですね。


日本語の「あ」は外喉頭筋を作用させる音で

浅い音になるんだけど


英語の「A」の音は深い音です。



日本語の「あ」の音を口先だけで発声して見ましょう。

そのときに胸に手を当てると若干、振動があると思います。


この胸の振動が強烈になるように「あ」を発声すると

少し太い声になりますよね?



これは日本語の「あ」の音から英語の「A」の音にちょっと

近づいてるんだけど


少し音自体が違うんです。



だからこれは上に宇多田ヒカルのことを書いたけど

彼女が「あいしてる」という言葉を歌うとき


宇多田ひかるの「あいしてる」の「あ」は日本語の「あ」じゃなくて

英語の「A」とかの音に寄って発声してるんですね。



「なんかうまい」と私たちは思うわけですけど

その「なんか」はどうやって作られるか?というと


このような違いがあって、作られる。


例えば営業マンでも「なんか」あの営業マンと契約してしまった

ということがないでしょうか?


実はその営業マンはこういう発声学を理解してまして

深い音をあえて作ったりします。


そうすると成約率としては20%アップとかそういうレベルではなく

300%400%アップとかになります。


日本のセミナーコンサルの講師とかいるけど彼らはやはり

水準は低いと私は思っていて、


彼らの場合は「どうクロージングするか、どういう言葉を使えばいいか」

とか表面しか見えていないのだけど


実のところ本当のトップ営業マンは上記の声楽まで理解して

声のコントロールを行ってトップになってるんですね。


こういう指導方法は日本でできる人はいないんだけども

まあそこで困ってる人たちは色々多い。蛇足ですけども。



それで実は私たちが「なんか」と思ってるところの後ろには

こういう声楽の事実が隠れているんですけど


だから「あいつは不細工なのになんかモテるな~」とかあると思いますが

それはその不細工は声楽を理解してたりするわけですね。


まあそれで、英語とか韓国語とか中国語でもいいけど

日本人はリスニング問題ですごい色々苦労するんだけども



それは上記の話を読んだら分かると思いますが


すなわち「普段使ってる音があまりにも違いすぎる」んですね。


だから母音自体が全然違うし、全く違う世界の音を

海外に行くと学ばざるを得ないので


そこでどうしても私たち日本語話者たちは海外に出ると

苦労することになる。



それをみんな分かってるから、だから

「海外移住といっても言語が不安だな~」みたいなところで

一歩踏み出せなくなっているわけですね。


それで「とりあえず日本で英語の勉強をして

英語が分かるようになったら海外に移住しよう」とか

思うわけですが


一向に英語は聞けるようにならないわけです。



けどこれは実は問題ないといえまして、

「現地に行ってしまえば問題ない」んです。


というのが私は海外にいて自分の脳みその違いを感じるのだけど

私も最初海外に行った時


それこそ英語や韓国語を話す現地の話者たちの言葉を聴いて

まさに「宇宙人が話している」ように感じたのですね。



すなわち、音自体が捉えられないので何を言ってるのか

分からない。


簡単な言葉でも そもそも音が聞こえていないから

何言ってるのか意味不明なわけです。


ただこれはですね、面白いことに「現地にいると

どんどんその新しい音に人間の脳みそは慣れて来る」



機能がどうもあるんです。



これは不思議なもので、現地にいると最初は

宇宙人がペラペラ話してるように聞こえていたのに


徐々に


「音」が捉えられるようになるんですね。



例えば、私は韓国にいるけど韓国でよく使われるのが


「ケンチャナヨ =大丈夫」という言葉です。


これは結構曖昧な表現を好んで のんびりしてる韓国の人たちが

よく使う言葉なんだけど


この「ケンチャナヨ」もカタカナで書くと全然違う音なんだけど


例えばこれを韓国の人が言っていても


「ごにょごにょ」と聞こえるわけです。



とりあえず「何かこの韓国人は音を発してるけど

何を言ってるのかわからない」


わけですよ。最初は。


けど現地にいて生活をしていると徐々に

ケンチャナヨの「ケ」の音が聞こえるようになってくるわけです。


そしてもっと長くなると「ナヨ」とかの音が聞こえてきて

また長くなるとその言葉が「ケンチャナヨ」って言ってるのが

分かるわけです。



だからあとはその言葉の意味が分かればコミュニケーション取れる

ようになるんですね!



それでこれが人間の脳みそのすごいところでして

すなわち全然違う音を 日本出身の自分は捉えることはできないのに


現地にいると徐々にその

「全然違う発声で奏でられる音」を聞き取れるように

なってくる。


これは英語も韓国語も中国語も全部一緒ですね。



だからあとは相手の言ってる「音」は聞き取れるから

あとは文法とかその相手が発してる単語の意味を

知っていれば相手の言ってることは

理解できるようになるわけです。



すなわち相手が宇宙人のように「ごにょごにょ」と言ってるように

聞こえていたら完全にお手上げだけど


とりあえず意味は分からないけど「ケンチャナヨ」と言ってるとする。


その「ケンチャナヨ」は聞き取れるようになったとする。


そうしたらあとは「ケンチャナヨ」ってどういう意味だ?


と調べれば「ああそうかあの人は だいじょうぶ ってことを

言ってるんだな!」と分かってくるわけですね。



こうなってくるとどんどん言語コミュニケーションが面白くなる

ということです。


恐怖どころか面白くなる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


こうなってくるとどんどん言語成長が始まるわけですね。

仮に私のようなおっさんでも。

だから面白くないですか?


「おっさんになってもまるで赤ちゃんのように成長できる」


っていう体験はなかなかないと思うんですよ!

私が海外にはまってしまってるのはこういう成長を

常々感じられるからってのも大きいんだけど、



面白いですよね~



それでだから私が言いたい要点というのは


「日本で言語を準備して海外に行くとかいうよりも
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
現地にいってしまえばなんとかなる」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ってことです。


これは私のパートナーなんかが日本人ですから

そして全く言語は私みたいに全く基盤がなかったんだけど


やはり海外に2ヶ月でもいれば色々聞こえてくるんだと。


大体2ヶ月~3ヶ月でずいぶんと言語を聞き取る能力は

「現地に滞在してるだけで」上がってくるものです。



これは不思議なものですけどすなわち現地に滞在するだけで

脳みその音をキャッチする分野で変化が起こってるってことです。



今までは例えば子音を「音」として認識できなかったのに

脳みそが現地で調整して、


そしてその子音を「これは言語の音の一部だよ」ということで

脳みそが認識してくれるわけですね。


子供とか赤ちゃんはこれが早いんだけど

大人のおっさんでも、この脳みその機能はちゃんと使われている

と私は発見します。



だからどんなに日本の現地でリスクにング教材を聞いても

英語なりをリスニングできなかったのに・・・


現地にいるとリスニングとかはできるようになってくると。


これは不思議ですよね。



実は私自身がそうだったんだけど日本で

様々な英語のリスニングCDを聞いたんです。

たぶん1000時間は聞いたと思います。


が、全然聞き取れるようになりませんでした。


すなわち「聞くだけではこの 違う音で発声される

母音なりを捉えられるようにはならない」


ってことです。


ここを理解してほしいわけで、すなわち「聞くだけでは

話せるようになりません」


っていうことです。


それで私は韓国にいて毎日のように大量に韓国語を

浴びてるわけですが


ただそれなら日本にいながら韓国語を大量にCDなり

IPHONEで聞いていても同じですよね?



けど例えば上記の「ケンチャナヨ」はいくら

CDなりのデジタル音声を聞いても聞こえるようには

ならないんですね。


これは私は言語学習を何千時間とやってきてわかったことです。


すなわち、なるべく生身の人間の発する音を聞かないと

うまくいかないってことですね。



デジタル音のイヤフォンで聞くような音をずっと聞いてても

どうもこの脳みその言語部分の音を捉える能力は

向上しづらいわけです。



ただSIRIみたいに、イヤフォンを使わないで

スピーカーでコミュニケーションするタイプの言語学習方法なら

少しそれは向上する。


これはおそらくではあるんだけど、

声というのはですね、上に書いたけど


声帯で原音が作られ、それが共鳴腔なり

あとは骨に共鳴して「声」として出てくるんだけど

(オペラで本当にスゴイ人は背骨を響かせますね)



この共鳴を通じた「音」を常に浴びないとどうも

この異世界の音を私たち日本人は「音」として認識できない

ということです。


そういう意味ではCDなりIPHONEで聞く、英語の音ってのは

実際に現地で浴びる言語の英語の音とはずいぶん違うので


やはりリスニング能力向上にはなかなかつながらないってことです。


聞くだけで聞こえるようになるってのはだから幻想である

わけです。



ちなみに私ゆうはマレーシア人とかには

英語をこんなに話せる日本人初めて会ったとか

何十回も言われたし


同じく韓国人にも

なんであんたそんな韓国語話せるの

とかこれもまた何十回も言われたんだけど


この言語については結構言語学者以上に私のほうが詳しい自信は

ありますね。


それで気づいたのが上の事実です。


それでこれは実際に現地にいると例えば飲食店のおばちゃんとかと

一日数分でも数十分でもいいけど何かしらコミュニケーションする

わけですね。



ただこれは重要で、その中で脳みそがどんどん適正化されていて

そこで「このおばはんの発してる音を捉えよう」となってくるわけで


その日に劇的に変わるわけではなくて

おそらく睡眠時に脳みそが言語野を適正化するんです。



だから、前日は「ケンチャナヨ」という文章ならば

全然聞こえなかったのに


翌日とか1週間経過するとこの「ケンチャナヨ」の「ケ」

が聞こえるようになってくるわけですね。



毎日のように少しでもその音に定期的に接しているというのが

大事です。


そうすると脳みそに刺激があって、それで言語でも

音が捉えられるようになるわけです。



だから、現地にいれば このリスニングとかの音の部分は

「なんとかなってくる」ってことでして


そういう機能が私たちの脳みそにはついてるんです。


すごいですよね?



だから仮にいつか宇宙人がやってきたとして(笑)

最初宇宙人が言ってる内容は分からないでしょうが

長く話してると 脳みそが適正化されてある程度主張してることは

分かるようになるってことです。



少なくともそういう機能が人間の脳みそにはついてるってこと。



だから現地にいると脳みそが明らかに変化してるのを感じるわけで

その面白さがありますね。


「変化している自分を楽しめる」ということです。



それでこれが長くなってくるとどんどん今まで捉えられない音が

捉えられるようになるんですね。


そして相手の言ってる事の今まで10%も分からなかったのが

20%、30%・・・70%80%とどんどん分かるように

なってくるんですね。



だからこれは10%しか聞けなかった人が

「ある日急にリスニングができるようになった」のではなくて、

「徐々に徐々に」です。


この「ある日急にリスニングができるようになった」というのは

よく日本の教材で見かけるけどもうあれは情弱騙すためですよね。


そういう風に人間の脳みそはできてません。



そもそもその人自身が例えばヒップホップでエミネムの言ってる事が

分かるか?といえば分からないわけです。


だから実のところ、英語とかの成長は投資と同じで

徐々に徐々に、なんですね。


色々な分野でそういう意味では言語学習の経験は役立ちます。


それで、あと追記すれば

「深い音」を現地にいれば捉えられるようになるわけですけど


韓国語なんかもハングルはあれは深い音です。



韓国のKPOPのアーティストが、すごい太い声で

表現してて声量に驚くことが、音楽経験者はあると思いますが

やはり彼らは太い音を持っているわけです。


これは実際に聞いて見ればわかるけど

これはKWILL(ケイウィル)っていう韓国のR&Bアーティストですが

アメリカのブライアンマックナイトのカバーをしているけど


音としては黒人と大差ないわけです。


世界のポップスの音声表現ではこのレベルで歌えないと

勝負できないということですね。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(実際にYOUTUBE聞いてみよう)KWILLカバーのONE LAST CRY
https://youtu.be/N_pAz9QbQ6c
(3分53秒くらいからの音声表現は
日本でできるアーティストはいないです)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


このKWILLの場合は特にアメリカにいたわけでもないですが

英語の発音は英語が話せる私にとっても違和感はあまりありません。

これは上記で説明した母音が英語と韓国語ではかなりの部分

共通してるからです。



それでこれは例えば韓国にいながら上記太い音、深い母音に慣れて来ると

実は英語もリスニングできるようになるんです。



これは在韓日本人でも有名な話なんですね。けど世間では知られていない。


だから、在韓日本人で長く韓国に滞在してる人で

韓国語はペラペラな人って結構若い人で多いんだけど


彼らはそのあと、英語の勉強するんですね。


けど英語のリスニングは大体できる状態なんです。


実際に私は20代でそういってる在韓日本人にも会いましたし

私自身の経験でもそうです。


深い母音の音にどの国でもいいから慣れてくると

英語でもマレーシア語でも意味は分からなくても


相手がどういう音を発してるかは認識できるんですね。


だから辞書があれば意味を調べてコミュニケーションが可能になる。



だから深い母音の音はどの国でも共通でして

どっかその辺のアジア国で現地の母音になれてしまえば

英語もある程度リスニングはできるので


文法と単語の意味さえ分かっていれば話せてしまうってことでも

ありますね。


だから今まで私たち日本人にはどうしてもこの言語上の制約

ってのがあって、


他国との距離が開いてしまうというのがあったんだけど


これは私は日本出身の日本語で育った日本人として

ソリューションを現地で発見しておりまして


すなわち上記の「人間の脳みそは異世界の音にも

2ヶ月3ヶ月といれば慣れて来る」


という機能があるわけなので


それを利用して


(仮に最初は不完全でも)

現地に行ってしまえばなんとかなる

ってことなんですね。



多くの日本人は失敗を嫌がる傾向がありますから

それこそワールドカップでも川島選手のあのセービングの失敗を

すごい叩いてるのが印象的ですが


やはり失敗を恐れて完璧を求めるよりはどっちかというと

不完全でも行動してしまったほうが成長が早いということですね。


これが飛行機の操縦とかだったら失敗したら全員乗客が死亡してしまうので

飛行機の操縦士とかは完璧であってほしいですが


ただ言語なんかに関しては仮に最初話せなくても

現地で死ぬわけではありませんから


とりあえず行ってしまったほうが早いってことですね。



上のことを知っていればおそらく多くの海外移住を志す人たちも

かなりハードルが下がるんではないかな?と思いまして

今号を書きました。


だから言語は完璧でなくて大丈夫っていうことで



「とりあえず現地に行っておけばなんとかなる」


ってことです。



そういうことを知っていれば実のところ語学というのは

かなり楽勝分野であるってことですね。


ただそこで徐々に母国日本語以外の語学が身についてくるわけですが

そうなってくると自分の可能性が単純に倍以上になるわけで


それこそ投資対象なんかも考えると今までは自国の株やビジネスしか

なかったのに


他国の株やビジネスの可能性も見えてきて儲ける機会は

当然増えてくるわけです。


すなわちこういうマインドで動いてる人の中で

これから国際的に国境を越えて資産を形成する人間が

大量に出てくるだろうということでもあって


実のところ最近はユダヤより華僑の影響力が強くなってるけど

実は華僑がこういうことを長年やってきたんです。


だから華僑は怖いくらいに金持ちなわけです。


が、日本人も人数は少ないとはいえ、上記のようなことを

知ってれば海外でも勇敢に生きていけると思うから


そこで資産は形成できるでしょうから、そういう日本人が

増えたらこれはこれで面白いかなということです。



だから色々な分野がありますけど

「とりあえず勇気出してやってみる精神」

って大事ですね。


「勇気」。これは大事です



特に今若い人は、上記のようなことを知っていれば

日本だけじゃなくて他の国でもいろいろ勝負できるように

なると思うから、



ぜひ可能性を広げてほしいな~とか思いますね。


特に最近はアジアの若者が元気な感じだけど

日本の人たちもやはり活躍できる知識的な素地は高いわけなので


「とりあえず現地に行ってみれば何とかなる精神」

は大事かなと思います。




では!




ゆう





追伸・・・それで、私は結構言語は色々試していて

「スカイプ英会話」なんかも今はメジャーだけど

まだメジャーになる前の15年位前から

やっていたんですね。


最近はやっていないけど。


それでこの「スカイプ英会話」とか最近は韓国語も中国語も

あるけど


こういうのをやるのもいいです。


そこである程度その言語で自己表現はできるようになります。


ただ・・・上に書いたようなリスニング能力上達ってのは

やはり現地の生の音のほうが圧倒的に成長効率が高いのは

事実なので


一番効率がよいのが 現地に行って生活しながら

アウトプットも定期的にしながら

現地にいながらスカイプの英会話なり韓国語会話をする


ってことですね。


これをやるとかなり上達は

現代の技術を活用した方法の中では

最も早くなりますね。




逆に、日本で主流の文法中心教育だとか

あとはリスニングだけする教育では一生話せるように

なりませんので、


やはり努力も全然違う非効率な努力をしても結果として

報われませんので


「努力の方向性」も考えるべきです。



人生の時間は有限であるがため、

努力できる時間も限られてる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
のでその「努力が効率的である」ことが必要ですね。



投資でも色々なロジックで右往左往するよりも

エリオット波動と、ダウ理論とグランビルの法則だけ

徹底的に学ぶ努力したほうが圧倒的に資金を儲けるという意味では

効率が良い物ですが


これは語学学習だけに限らず全ての分野に適用して言える事実であるから

「努力の方向性」を定めることも重要でしょう。



私はその辺を語学学習でかなり経験してきたのだけど

それは投資でもビジネスでも大いに役立った経験ですから

このようにシェアして書いてるわけです。




追伸2・・・また学習方法についてもさらに書きますが

例えば「海外で生活するなんてそこがハードルが高いんだよ」

って言う人もいると思う。


けど大丈夫です。


実は日本語話者のバリバリカタカナ英語の2者が

頑張って英語で二人話していても


実はお互い人間の生の音なので、かなり上達します。


リスニング能力も、聞くだけという方法よりはかなり

上達します。


これは「アウトプット」=自分で英作文して

それを発音する


ということがかなりそれに貢献するからですね。


音自体は日本語ベースの音であっても、日本人同士で

英語を話していてもちゃんとアウトプットをするので


上達するのです。


少し訛りは出るでしょうけども。



だから小学校の授業では単純に英語の基礎を教えて

それで生徒同士に徹底的に 英語なり中国語ベースで

ディベート、議論をさせる授業を取り入れれば

一気に日本人の語学能力は補強されます。


が文科省はこういう事実を知らないから迷走しているのだけども。



(※たぶんだけど、このディベートという体制をとってしまうと

「考える力」を持った子供が沢山生まれてしまうから

それを官僚たちは危惧してる。考える国民は奴隷として酷使できない、と

彼らはそういうことも考えてる)



なので仮に海外に行けないよ、って人でも

日本にいながらにしてやる気ある日本人探し出して

その日本人と毎日英語会話やディベートすることを繰り返すことで


かなり英語は上達しますね。



だからこうやって努力もちょっと工夫していくと良いと思います。


それは長期的に人生の向上につながりますね!



だから努力した人が成功したり人生の満足度をあげられるのではなくて

「自分で考えて」努力の方向性を定めて

努力をした人が人生の満足度をあげられるってことですね。


その努力の方向性を定めるためには知識が大事ってことです。

では!








☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「仮想通貨で資産を失った人の為に1万円を振り込んでくれる」

と豪語する男が現れました。



【通常49万8000円の仮想通貨を「自動収集」するソフト⇒0円】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/


※こちらの案件、かなりの金持ちが担当している案件なので

1万円とそこまで大きな金額ではないものの

ゲットできるということなので

見てみると面白いと思いますね~。


今回は仮想通貨をトレードで稼ぐというよりは

「自動収集」するということで新しい試みですね。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★






«  【なぜ人は海外にいると言葉がペラペラになってくるのか?】 を声学と言語学を駆使して説明します!  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください