無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【海外に住むと「仮想(暗号)通貨の真の利便性」が肌感覚で分かってくる、 という話】

2018 7月 04 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin



【海外に住むと「仮想(暗号)通貨の真の利便性」が肌感覚で分かってくる、
という話】
⇒編集後記

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

読者さんは「プロデゥーサー」という仕事に興味ありますか?

今回はその「プロデゥーサー」になる方法についての

入門講座です。


読者さんがもし、

「FXや株で一応収益を作ってるけどまたもう一つ
不確実性が小さい、ちゃんとしっかり稼げる土台がほしい」


みたいなに考えてらっしゃるようでしたら


プロデゥーサーになってみてはいかがでしょうか?


⇒  http://freeclub.jp/lp/20002/61453
(今日の7月4日までの短期案件です)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆







どうもゆうです!

読者さん、こんにちは!!



さて、私は最近海外に住んでいて感じることがあります。

それが「国籍が違う者同士の送金や受け取りがめちゃくちゃ

めんどくさくなってきている」

ということです。



従来の世界の銀行たちをつなぐシステムが

SWIFTというネットワークシステムでこれを通して

常に私たちってのは送金とかを行うわけですが


日本にいるとまだ感じる人は少ないですが

海外だともう最近この銀行間の送金とか受け取りが

めちゃくちゃ面倒になっているわけです。



それで私はそれを肌で感じていて

「これは暗号通貨(仮想通貨)の需要は上がるわ」

なんて感じたりすることが多々あります。


たぶん多くの人は「仮想通貨でレジで決済できて便利になる」

って聞いても「だから?別に交通カードのSUICAとかPASMOでいいじゃん」

と思うわけですが


これは海外にいると分かるんですけど違うんですね。


編集後記で!




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【アイドルの10倍以上
裏方のプロデゥーサーは稼いでいる】


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

さて、私は今日は韓国ソウルにあるソチョの公園を

散歩しておりました。


韓国の良いところは、シンガポールもそうだと思うんですけど

都市の中に数え切れないくらい公園があるところです。


私は今日はこの公園の通りを散歩していたのですが


(写真)ソウル市内中心部の公園
http://yuhfx1.com/gazou/korea/……opark1.JPG

これ本当に都市のソウル?というくらい緑があるんですけど

パククネ大統領が裁かれた裁判所・大法院の前の公園です。



韓国の首都ソウルは発展しながらも緑を残しているので

これはこれで面白い街の作り方だな~なんて思います。


それで上の道を歩くと、上の公園にたどり着くのですが

こんな感じでよい雰囲気の公園がありまして、


(写真)首都の街の中にある公園
http://yuhfx1.com/gazou/korea/……opark2.JPG


ここでウォーキングとかできるのですね。

ちなみに写真の時間を見たら分かると思うのですが

上の写真は8時前だけど

韓国だと夜8時半くらいまで日が沈まないで明るいんですね。


だから子供たちも夜8時くらいまで公園で遊ぶのが普通だったりして

この辺の違いが面白いですよね。



さてさて、それで昨日のこちらの案件が

明日で終了です。


かなり早い終了となりますが、本気で学びたい人に

見てもらいたい!


っていうことみたいです。


⇒  http://freeclub.jp/lp/20002/61453



ちなみに前号で書いてると思いますが、

今回の案件はFXでもICOでも仮想通貨でも株でも

アフィリエイトでも転売でもブックメーカーでも

ありませんで


「プロデゥーサー」になりませんか?


という案件ですね。




「プロデゥーサー」というとそれこそ有名なのが

AKB48の秋元康ですよね。



ここで大事なことがあってAKB48で有名なのは

松井玲奈さんとかそういう方々なんだろうと思いますが


ただ「一番稼いでるやつは誰だ?」

という話になるわけです。


そう、一番稼いでるのはAKB48関係のビジネスで言えば

プロデゥーサーの秋元康なわけですね。



だからこの世の中の構図として秋元康になるのが

一番儲かるのだ、ということです。


そう、プロデゥーサーになるってことです。


それで昔はテレビのプロデゥーサーとかマスコミ関係の

プロデゥーサーとかしかありませんでしたが


ネットの登場で「誰でもやる気ある人はプロデゥーサーになれる」

時代ではあるわけですね。



⇒  http://freeclub.jp/lp/20002/61453




ちなみにですが、やはりプロデゥーサーは儲かるんだななんて

思うことがありまして


私今韓国にいるのですけど、今実は韓国で

上記「AKB48」の知名度がかなり上がってます。


ご存知の方はご存知でしょうが、韓国のMNETというテレビ局が

ありまして、日本で有名になったTWICEトワイスとかってのは


ここのオーディション番組出身なんですね。


それで最近は日本と韓国でタッグを組んで

「国民全員がプロデゥーサーでアイドルを決める」

というコンセプトで番組が開始されていて、


そこで日本のAKB48と、あとは韓国のアイドル志望の子たちが

オーディションで競い合って、それで


トワイスを超えるアイドルを日韓で作り上げる

みたいな企画が進行中で、色々問題もあるのだけど


なんだかんだ人気です。


ちなみに色々問題があるってのはこれはボイストレーニングとか

してる人は分かると思いますが、


日本のシンガーってのはこれ、どうしても歌唱力が劣るってのは

事実としてあるんですね。


これは日本語が非常に特殊な言語だから。


だからAKB48の歌唱力がオーディンション中にあまりにも

ちょっと・・・というのが正直見てる視聴者たちにはあって、


ただそれでもオーディションではなぜか勝ち上がるから

「なんで??」みたいなちょっと物議をかもし出しているってのは

あります。


すなわち「力」が何か働いてない?みたいなそんな感じで

韓国でも言われています。


そうその「力」とはおそらく秋元氏の力なんだろうと

思いますよね。


そう、プロデゥーサーでカネがあるからおそらくMNETという

韓国のテレビ局にもそのカネが入ってるのではないかななんて

私は感じるけども


そこでAKB48が韓国でまあ色々あるけど知名度をあげてる

わけです。


色々考えさせられるけど「プロデゥーサー」の影響力って

やはりスゴイなとは思います。


もちろん秋元康になるってのは私たちには無理だろうけど

ただ新しいネット時代に「新しいタイプのプロデゥーサーになりませんか」


っていうのがこの企画です。

⇒  http://freeclub.jp/lp/20002/61453



ちなみにプロデゥーサーというのはやはり上記のような

面白い企画を練ってそのアイデアを形にするという面白さは

あると思いますよね。


それで本当に世間が動いたりするわけですから。



それでTVプロデューサー

音楽プロデューサー


とありますが、

「プロデューサー」という言葉は聞いたことがあるけど
実際に、何をしているのか?

ということですが

プロデューサーとは?

仕事・業界限らず
「全てをコントロール」する人のことですね。


まあ「裏方のボス」です。


ちなみに上記秋元さんは今は表に出てますが

大体のプロデゥーサーってのは表に出ないんです。


けど、一番稼いでる。

そして

裏方であり、縁の下の力持ちでもあります。

影の支配者でもありプロデューサーになってしまえば、

意のままに「お金」も「人」も「仕事」も

コントロールすることができるわけです。


どんな職業においても、
一番、力を持っている人でもあるプロデューサー。

アーティストを例にとって、
音楽プロデューサーとアーティスト正直なところ
どっちが稼ぐことができるのか見れば
プロデューサーのメリットは一目瞭然なのですが


やはりこの「仕掛ける側」に入ってるってことが

大事なんですね。


⇒  http://freeclub.jp/lp/20002/61453




ちなみに世の中には経済で2種類の人間がいて


「仕掛ける側」と

「仕掛けられる側」です。



大多数は仕掛けられる側なんだけど

一部世の中には仕掛ける側というのがいまして


お金持ちってのはこの「仕掛ける側」の人たちのことなんです。


この「仕掛ける側」の学問ってのは日本では教えられていなくて


常に学校では「仕掛けられる側」の知識を教えられるのだけど


実のところ本当にお金持ちになりたい、となれば

「仕掛ける側」にならないといけないわけですね。



⇒  http://freeclub.jp/lp/20002/61453




ちなみにこれはリアルな話だけど

仕掛ける側の報酬と、仕掛けられる側の給料、


ってのは桁が違うわけです。


仕掛けられる側の給料ってのは手取り20万円とか

そんなものですよね。


けど仕掛ける側の報酬ってのは、これは

大体「少なくとも」月100万円以上、です。


通常は月500万円とか1000万円とかが

以外にネット上では普通でして、もっとそれ以上

月3000万円とか私の知ってる人でいますよね。


この人は全く表に出ませんが、アイドルと結婚してます。


表に出ないでアイドルと結婚して、なおかつ月数千万円稼ぐ

そんなプロデゥーサー。


それを目指したら面白いよね?


っていうのが今回の案件の特徴ですね。



⇒  http://freeclub.jp/lp/20002/61453



それでこの案件のページで「リック・ルービン」のことが

出ているけども、


このリック・ルービンは


・Run DMC
・レッドホットチリペッパーズ
・メタリカ
・ビースティーボーイズ

、、、などを手がけ有名にした
ロック界の歴史的プロデューサーです。

(最近だとアデルってシンガーいるじゃないですか?

彼女はリックルービンがプロデゥースした。)



洋楽好きな人は私も昔聞いてましたが

RUN DMC とかレッチリとか、メタリカとかご存知だと

思います。



私ゆうなんかも高校時代はサッカーとボクシングやりながら

原田さんと同じくロックバンドのボーカルもやっていたのだけど


そこでメタリカとかもバンドのギタリストが好きだから

歌ってたものですよ。

RUN DMCやレッチリも良く聞いていた。


それでこのメタリカとかレッチリとかまあ30代~40代の

人なら知ってるこのバンドたちを「プロデゥース」したのが


リック・ルービンなんですね。



そんで今ってHIPHOPってすごいメジャーになってますよね?


けどこのヒップホップって元々は「早口でまくしたてる黒人音楽」

であって、あまりメジャーではなかったのだけど


このヒップホップをメジャーに押し上げていったのが

リック・ルービンなんです。


だからプロデゥーサーの面白いところとして


「世の中の風潮や流れに影響を与えられる」ってことです。


なので読者さんがもし


「世の中でこういうことしたら面白くない?」


みたいな発想があったとしたらプロデゥーサー向きかもしれません。



⇒  http://freeclub.jp/lp/20002/61453




ちなみにプロデゥーサーってのは一番いいところが

「死ぬまで仕事できる」ってことですね。

したければ、のはなしですが。


というのは上のリック・ルービンなんかは



・Run DMC
・レッドホットチリペッパーズ
・メタリカ
・ビースティーボーイズ


なんかのメジャーどころでみんな知ってるアーティストを

プロデゥースしてきましたけども、



まあそのほかにも色々プロデゥースしているわけです。

たぶん読者さんもみんな知ってる名前をあげたら


「マライアキャリー」とか

「ポール・マッカートニー」とか

「ビヨンセ」とか

「エアロスミス」とか


あとは「アデル」とか


リックルービンの事を調べるとすごい面子の名前が

出てきますよね。


ちなみにジャスティンビーバーなんかも以前リックルービンと

何か作業をしているってことでニュースになってました。



まあそれでここで面白いのが、

リックルービンなんかがそうですけども


「いくらでも仕事ができる」


わけですね。


どういうことか?といいますと、


アーティストっていうのは

どんなに一度有名になっても全盛期以上の

勢いは出せないのですね。


けどプロデゥーサーであるリックルービンってのは

次々とアーティストをプロデゥースしていき


それで廃れるどころか稼ぎは右肩上がり

なわけです。


TV業界でも同じことが言えます。

日本のTV局はいい例ですが、


番組ではタレント・芸人は、次々と新人が出ては消えの繰り返し。

しかし、プロデューサーはずっと仕事をし続けられます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



すなわち、時代に左右されず消えることなく、
死ぬまで永遠に稼ぎ続けられる

ってのがプロデゥーサーです。


⇒  http://freeclub.jp/lp/20002/61453


それでなんとなく、気づいたと思いますが、

多くの人は誰になりたいか??


というと、「プロデゥーサーに使われる職業になりたがる」

のですね。



これはページに書いてると思いますが


「プロデゥーサーは仕事のカーストにおける最上位クラス」


です。



けどみんなそれにはなりたいと思わない不思議が

あります。


だから実は結構「がら空き」なのがプロデゥーサーです。

これは私もそれに近いことを結構今までやってきたので

それで儲かったのもあったのでよくわかるんですね。


なぜこんなに美味しいといえば美味しいプロデゥーサーが

がら空きか?というとですね、


これはアイドルを見れば分かります。


誰も「アイドルをプロデゥースしてる人」になりたがりませんが


一方その一万倍、いや10万倍くらいの人数が

「アイドルになりたい」と思っていたりするわけです。



何故だろう?というとこれはやはり

テレビなんかで華やかな世界をずっと見せられているから

それで脳みそが洗脳されてるってのが正直なところ

本質だと思います。



⇒  http://freeclub.jp/lp/20002/61453



それでこの「プロデゥーサー」ですが

結構資質の差ってのがありますね。


それで「向いてる人」と「向いていない人」

って絶対いると私は分かってまして、


「向いてる人」はどういう人か?というと

「目立たないで稼ぎたいタイプの人」

ですね。



要するに、目立ちたくない、という人が

この世の中には一定数おります。


私なんかもそうなんですけど、例えば私なんかは

クラブで昔歌っていたんです。

それで3言語話せるから、発声学を相当研究していたので

音域とか3オクターブ以上出たので、

まあそれで声がすごいってことで


人気は洋楽好きな人たちの間で出たんですね。

メジャーデビューやらなんやら

という話もあったんです。


20代のころですね。


けど、私の欠点というか資質で「人前で歌って拍手もらっても

あんまり嬉しくない。どちらかというと1人で歌っていたい」

っていうのがあってこれは

もう向いてなかったんですね。


お客さんが ステージたって歌えば

声すげーとか色々言ってくれるんだけど

まあだから女の子とかにも沢山声かけられるんだけど


ここで嬉しい人ってのは世の中にはいて、そういう人は

目だって気持ちいいから、それでいいんだけど


私の場合は目立って、こう渋谷とか六本木の道とかで

女性とかに声かけられたりする

んだけどそれがですね、嬉しいどころか

どちらかというと嫌だったんですね。


これは、プライバシーがないように思ったわけです。

これは経験したことは分かると思いますが

いきなりこっちのことを知ってる、自分は知らない人が

色々路上で話しかけてくる、てのはこれはこれで

奇妙なものなのですね。


それが嬉しい人もいればそうじゃない人もいて

だから芸能人というのはすごいなと私は尊敬します。


それでこう、目立たないでプライバシーを優先したいという

人はおそらく私以外にも一定数いると思うんですね。


けどこれはワガママなもので、

「目立たないけど稼ぎたい」わけです。


そういう「目立ちたくないけど裏方で稼ぎたい」

と思ったとき、


私なんかが目をつけたのがイベントのプロデゥースだったんだけど

そこでイベントをプロデゥースしたわけです。


これはすごい面白くて、自分は目立たなくていいんだけど

全てを自分の手で動かせる面白さがあったんですね。


イベント構成とかDJをどうするか、とか

音楽ジャンルをどうするか、全部自分で決められます。


お客さんのクラブ入場料も全部自分で決められます。


これはすごい楽しかったわけです。

そしてアーティストとしてやるよりも当然儲かるのが相場です。

ずいぶんとですね。


それで・・・ここで何が楽しいのか?というのを

いいますと


例えば、イベントなんかも「私がいなければこの

数百人のお客さんが今夜楽しんでるこのイベントは存在しなかった」


っていう感覚があるわけですね。


すなわち、そこでお客さんたちが楽しそうに酒飲んで

わいわい騒いでるんだけどその「場」を作ってる楽しさ


ってのがあって「俺がこれ作ったんだぜ~」みたいなところ。

それが面白いんです。


他にも私は色々やってきてるのですが

やはりプロデゥーサーっていう仕事は楽しいと思います。


特に「目立ちたくないけど稼ぎたいです」みたいなタイプの人は

向いてると思いますよね。



⇒  http://freeclub.jp/lp/20002/61453



それで逆に向いていないのは


「いいや、俺は目立ちたい!目立って有名人になって

ちやほやされたいのだ!」


って言う人ですかね。


これはもうその人の個性だけど、


こういう人はきっとその分野のプレイヤーになったほうがよくて

上のアイドルで言えばアイドルのプロデゥーサーじゃなくて

アイドルそのもの、になったほうがいいわけです。


アイドルを目指す人が多いということからも

きっと上記のタイプの人が多数派なんでしょう。


だから「プロデゥーサー」と言っても向き不向きは

あると思いますよね。



それで今の時代はまさにネットの時代ですから

この「プロデゥーサー」というジャンルの仕事が

ある意味マスコミだけの独占体制から


開放されてる状況でして


実際に「プロデゥーサー」に近い仕事をしている人は

ネット上でどんどん増えてるんですね。



例えばよくアイドルとかが結婚する相手で

「IT起業家」とか出てくると思いますが


この「IT起業家」ってのは実のところプロデゥーサーを

している人たちです。ネット上で。


だから有名ではないんだけど、けど有名人たちより

お金稼いでる人たちでして


裏方なんだけどお金持ってるわけですね。



それで今回はまさに裏方だけど

全てをコントロールして支配?するプロデゥーサーになりませんか


そのプロデゥーサーの「仕掛ける視点」を学びませんか

というものでして


上記の向いてるタイプの人にとっては面白い案件だと

思いますので


そしてやはり一番儲かるのはプレイヤーよりは

プロデゥーサーであるというのがこの世の中の本質なので


それこそアイドルの年収が1億円なら

プロデゥーサーの年収は10億円以上

というのが相場ですから、



もし読者さんが向いてるタイプの人だったら

「仕掛ける側の論理」を学びたい方でしたらなかなか面白い

案件ですから


ぜひ見てみてくださいね~~





プロデゥーサーになってみたい
⇒  http://freeclub.jp/lp/20002/61453










===============編集後記===============

さて、それでここ最近海外に住んでいて感じることがあって

それが「お金の送金とか銀行関係がほんと厳しくなって不便になっている」

っていうことです。



これは日本なんかもそうだとは思うんですけど

海外でも例えばATMの引き出し額の制限がやたら下がっていたりして


また、例えば何かサービスを受けるためにお金を振り込みたい

となるけど 何かしらの銀行の規制で相手の口座に規制がかかっていて

その口座に送金が制限されてたり、とか、


そんなことが沢山あるわけです。



ちなみに日本でも最近その傾向はあると思ってまして

例えば高齢者の方なんかは振り込め詐欺を金融庁が口実として

ATM引き出しができなくさせられていたり、



後はある程度の金額をネット上から送金したいのに

一日の送金限度額が銀行によって100万円やら200万円やらに

制限されていて


必要な金額が1000万円を超える場合とかは

それを送金できなかったりするわけですね。



また送金する場合でも銀行によっては「何に送金するのか

証明書が必要」だったりするわけです。


また海外に送金となれば、もうこれはめんどくさいわけでして

例えば海外に不動産を買うために数千万円を送金ともなれば

「その不動産を買う証明」みたいのも求められたりするように

なっているわけですね。


まあ最近はもう世界的に銀行関係のサービスというのが

使いづらくなっていると思います。


ネット上から送金するにしてもパスワードカードなんかで

やたらめんどくさくなりましたよね?


ちなみにこれは海外はさらに面倒くさくて、日本の場合は

パスワードカードというのを振込みの際に使うと思いますが


海外の場合は最近は振込先の口座特有のパスをまた

パスワードカードで発行する形式になっているわけで


もう一回何かの送金をしようとしたらこれでもかというくらい

パスを入れまくらないと送金事態もできなくなっている

わけです。


私はまだ30代だからこれには対応できるけど

たぶん60代とかになったら、これもう面倒くさくて、複雑すぎて

送金自体できないんじゃないかな?


とさえ思います。


ある種の「セキュリティファシズム」でして、

もう「セキュリティセキュリティ」ってことでして



ここでとにかく面倒になっているわけですね。


例えばドアに10個の鍵がついていたらそれは

セキュリティが強いけど、同時に10個も毎回開け閉めしてたら

これは大変不便になるわけですが


まさに世界中の銀行が10個の鍵をつけるようなことを

最近はしているわけです。


ただこれはもっと言うと為政者のNWO系の系列の人たちが

考えているのがこういうセキュリティファシズムを作って


「もう色々とセキュリティセキュリティで面倒くさすぎる」

という声が出てくるわけですが

ここで


「じゃあ体内にICチップを埋め込んで認証するシステムを

導入していきましょう」


ってやりたいわけですね。


これで羊たちを管理したいという思想もあってそのために

セキュリティファシズムは大事なのであります。


それで最近は日本はまだまだ甘いほうなのかな、と思いますが

世界の銀行たちはアメリカの財務省IRSに相当言われて


かなり厳しくなっていまして、もう「送金自体がまともにできない相手」

というのが結構出てきているわけですね。


この2年でその傾向が強まったと思います。


私の場合だと、この前あったのが以前から

海外の物件でお世話になっている

華僑系の不動産の会社があって


それで不動産関係の書類とかそういうのを自分で作るのは

面倒くさいですから


英語での書類作成とかお願いしたわけです。


これがまあ日本円だと1万円前後で安いんだけど

全部やってくれるからまあありがたいわけですね。


昔はどうだったのか知りませんが、最近の中華系の人たちってのは

商売に関してはしっかりしている人が多いと思いますよね。


結構真摯にやってくれるので、まあトラブルもないわけです。


ただこの前問題が発生して、この華僑系の不動産業者って

まあ最近はカネがあるので、


銀行をいくつも持っていてそこで入金出金とかを

金持ち中国人相手にビジネスやってるから


何億円単位でいつもやってるわけですよね。


けどここで銀行で問題が発生しやすくなるわけでして

毎月何回も何千万円とか何億円とかの入金出金が

続いたらさすがにマークされるわけです。


別に本人たちは法律に基づいてちゃんとやってるわけですが

ただこれは銀行にもよるんですけど


「何度も何千万円も何億円も入出金があってとりあえず

銀行内ルールに引っかかったから、このアカウント口座は

要注意」


みたいになるようです。



この辺のルールは非公表ですけど、どうも

大きな金額を沢山の回数入出金する金持ちたちの口座が

銀行が嫌いな口座のようです。


やはり大きく世界でお金の流れを制限して、

「富裕層いじめ」をするという流れが世界の官僚同盟のトレンド

としてあるわけですね。


それでこれは面白くてこの類の送金ができない問題というのは

相手がこう一般の、富裕層じゃない人なら出てこないんですね。


相手が富裕層で大きなお金を動かしている人であって

その人の口座であると、


「この送金は拒否されました」となるわけです。


が、他の人には送金できたりするのが通常で、

結局金持ちに送金させない、みたいな動きがあるんだろうなと。


それでそれは仮に1万円くらいのお金であっても

送金させてくれないわけでして、


ここでサービスを受益するために1万円を送金するためには

証明書やらなんやらの提出が双方に求められたりするわけです。


たかが1万円とか言うとあれですが1万円くらいの金額でも

制限をやたらかけだしているってのが

最近の銀行の傾向ですよね。


特に私がわかったのが富裕層の中国系の人たちってのは

すごいマークされてるようです。


特に悪いことしてるわけでもなく商売で儲けるスキルがあって

何億円何十億円と日々動かしてると


やはり面倒くさいことになるんでしょう。


それでこれはもう金持ち日本人たちにも最近実のところ

起こってるところで、最近だとシンガポールの銀行は厳しいから

シンガポールの銀行でかなりのお金持ってる日本人たちで


さらに大きな金額をやたら入出金してる人たちなんかは

口座が凍結されてたり、とか


まあそういうのがすごい増えてるんですね。


これは新聞では出てこないけど実際の話です。



もうですね、肌感覚で分かるのが

世界の官僚同盟みたいなものがありまして、


こいつらが

「金持ちたちを包囲するぞ!俺たち官僚たちに逆らってくるから!」

みたいな感じでして、


もう金持ちたちへの締め付けが激しくなっているんでしょう。



それでこの問題の根幹にあるのが私がなんとなしに分かるのが

SWIFTを介した金融サービスにあるわけですね。


スイフト SWIFTってのは例えば海外に送金するときに

必ずSWIFTコードってのが必要ですけども


このSWIFTっていう世界の主にアメリカの財務省IRSなんかの

官僚たち(もしくは財閥系の資本家たちでしょうか)が主導している

システムがありまして、


このシステムを通して銀行間の送金やらは行われてるわけですね。


それで最近は色々銀行関係の送金とかそういうのが

上記のように制限されるケースが海外だと増えてきているのは

事実としてありまして、


これはアメリカの財務省IRSなんかがすごいうるさいからなんでしょう。

ちなみに日本の金融庁ってのは

アメリカの財務省IRSの下請け機関でありまして

支店でして、


基本的には彼らはIRSの言うとおりに規制とかを全部行ってる機関ですね。


日本人は金融庁を投資家保護のために存在すると

信じていて脳みそお花畑の方もいらっしゃいますが


実態はというと単に金融庁はIRSの下請け機関であると。支店であると。


まあそれでこのIRSなんかがうるさいものですから

銀行は世界中で厳しくなってまして



銀行にもよるのですけど、厳しい銀行だと

金持ちたちの、特に大きな金額の入出金が頻繁な口座には

なかなか送金を許してくれなかったりするわけですね。


だから今の世界の金融で起こっているかなり切実な問題として

「SWIFTを介した金融で制限が多すぎて面倒くさすぎる」

という問題が出てきております。



これは日本でも最近その傾向がありますが、海外にいると

一層強く、これを感じます。


ただ金持ちってのは経営者として良いサービスを

提供してくれることが多いわけでして、


だからこそ金持ちになるんですけども、


サービスを受益するために自分が消費者であるときにも

この金持ちたちに送金できないと不便ということが

多々あるわけです。


けど、銀行は金持ちが嫌いだから、送金を嫌がると。

面倒くさい証明書とか求めてくると。



それでこの類の銀行が不便になってる話ってのは

もう書いたらきりがないくらい、沢山あるんですけど


この2年くらいで急速にそれが進んだんですね。


日本でもそれこそ数千万円を国内で送金すれば

そこで国家官僚たちにある種のお知らせという名前の

通報が入りますから


そこで「おたずねの電話」とかが来たりしますよね。


この面倒くささに全国の自営業者たちは今耐えている。


それでこれは日本だけじゃなくて上記のように海外では

もっと進んでまして、


さらに面倒くさくなっているわけですね。


それはまるで軽い預金封鎖だったり預金制限だったりします。


それで、こんな感じで世界的にアメリカが帝国覇権を握ってる

象徴としてSWIFTシステムってのがあったんだけども、



このSWIFTを介した世界の銀行の金融サービスがとにかく

面倒に、不便になってきている実情はありまして、


ここで明らかに需要が増しているのが「仮想通貨(暗号通貨)」

である、と私は自分の肌で感じるわけですね。



たぶん、日本で普通にサラリーマンしていたら

仮想通貨なんて単なる投機対象であって、


「別に仮想通貨でコンビニで決済できるようになるっていっても

そんなの既存の交通カードのSUICAやPASMOでいいじゃん」


っていうのが大方の日本人の意見だとは思うんです。



けどこれは違うんですね。


SUICAやPASMOでは送金って海外にできませんし、

また例えば日本は単一民族だから分からないと思うけど



一国の中に色々な国のルーツを持つ人が混じってる国ってのも

沢山あるわけです。



例えば日本系の私が 華僑の中華の社長に送金したい

とか、


もしくは華僑の中華系の社長がインド系の社長に送金したい

とか


これは結構実際の生活で普通にあるわけですよ。



ただそれぞれ持ってる銀行は中華系だったりインド系だったり

それぞれの国のルーツの銀行だったりするわけだけど


そこで結局上記の「SWIFT」を通すわけです。


んが、SWIFTを通す送金やら金融サービスは制限の連続ですから

ここで「送金したいのになんか色々いちゃもんつけられて

送金できないんですけど」


みたいなことが最近多々起こってるわけです。



別になんも犯罪するでもなく、単に消費者としてサービスの

対価を払うということでさえも、制限されてきているわけです。


全てはSWIFTを通してるから起こってる問題。


この大きな問題について交通系カードは解決策、ソリューションを

持たないわけです。


ただですね、ここで暗号(仮想)通貨はソリューションを持っていて


例えばある金持ちが行ってるサービスが安くて魅力的で

お願いしたいのだけど


銀行口座への送金が制限されていてこの人にお金送れないとなったら


そこで、例えばイーサリアムで相手がMEW持っていれば

送金できるわけですよね。


たぶん、ビットコインでの支払いってのは実際は遅延が多くて

トラブルが多いから


最近はイーサリアムベースで使われることが増えてるんだろうとは

思いますが



ここでイーサリアムなんかを通してお金を払えたりするわけで

これってやはりすごいことなんですね。


相手のアドレスとか間違ったら自己責任ではありますが

ただ面倒くさい制限とかつかないで、ちゃんと自由に

送金なんかもできるわけで


これは特に最近の海外なんかはSWIFT経由の送金が

この1,2年で超面倒くさくなっているから


ニーズ、需要が高まってきてるのだろう、というのが

私が感じた点です。


「SWIFT通す金融のやりとりは面倒くさいことが

多すぎるから、じゃあもっと自由な仮想通貨で

やりとりしましょう」



と、これは自然になっていくわけですね。


そっちのほうが期限内に払った払わないのトラブルも

生まれませんから。



要するにこれが暗号通貨のすごいところで

「不便でめんどくさすぎるSWIFT通さず」に

ブロックチェーン技術の台帳で

入出金管理できると。



ここなんですよね。


私はインフォ系の暗号通貨系の案件は色々見てるけど

それこそ「ビックカメラでビットコインが使える」

とかすごい大きく言ってましたけど


たぶん大多数の人は



「いや、別にビットコインじゃなくて、

クレジットカードや交通系カードでもピッって決済できるけど・・・」


って思うはずなんですよね。


「電気屋で仮想通貨使える、だからどうした感」が

結構日本在住の人はあると思うんです。



けどこれは海外だと違いまして、上記のように

色々な国のルーツの人がいて、それぞれSWIFTを通して

お金のやり取りして、


面倒くさいことが実際は多いわけですが


ここで暗号通貨の取引だとその面倒くささから解放されるので

そのすごさ、意義があるんですね。




要するに上に書いた


「SWIFTを通さないで、お金(価値)のやり取りができる」


ってのが、最も大きいんですね。


それでおそらくどうもこのCrypto Currency暗号通貨の需要は

かなりそれらの国で上昇しております。



実際に上記のようなSWIFT介す事から起こるトラブルがあれば

「じゃあCrypto 暗号通貨で」という感じになってきてる

わけですね。若い事業者から順に。


だから日本だと暗号通貨はあくまでも投機対象でしょうけど

もう海外だと明らかに

「明確に暗号通貨でなければならない必要性があって、

需要が生まれている」


ってのが重要です。


それは別にブラックなお金の使い方ではなくて

あくまで普通の経済活動で必然性が生まれてきてるんですね。


暗号通貨の利便性は日本にいると何気に分かりづらくて

海外にいると上記のようなトラブルが最近は増えてるので

この暗号通貨のありがたさが分かることが増えてる

わけですね。



それで今は中国とかロシアがアメリカ帝国覇権の象徴である

SWIFTに代わる技術を作ろうとしておりますが

まだ時間がかかるでしょうから


やはり結局それまでは暗号(仮想)通貨でのやりとりってのが

結構アジアの新興国では増えてくるだろうなと思います。




まあほんと便利ですからね。

自己責任ではあるけど、ちゃんと間違えないように

アドレス打って、送金したら、10分くらいで着金を

向こうさんで確認できるわけですから。



ちなみに暗号通貨のやり取りで明らかに問題なのは

相手のその入力したアドレスが

本当にそのアドレスなのか分からない、


ってことでして、銀行のように受取人がでないところですが


これも暗号通貨なんかで送金したら送金側にパスが出てきて

それを相手が仮で受け取りしてる段階で


そのパスを相手が入力したら完全に受け取り完了みたいな

プロセスのものがしっかり構築されれば



この辺もいずれ解消されるだろうな、と考えていました。


だから日本でよく使われてる交通カードには

絶対にない利便性が暗号通貨にはありまして、


それは特に海外なんかだともろにそれが「生き始めている」

っていうのが2018年の現状かな?なんて私は感じました。




だからここでもろに私が肌感覚でわかったことがあって

それは「SWIFTの制限が厳しくなればなるほど、暗号通貨の需要が

高まっていく」ってことですね。


もう銀行送金とかはどんどん不便になっておりまして

何回ワンタイムパス入れさせれば気が済むの?というくらいの状況に

なってきておりますが


ここでやはり暗号通貨の潜在需要は相当上がってきてるんだろう

というのが私が感じた点です。



とにかく中央集権そのものであるSWIFT通した

送金が不便すぎますから


これから暗号通貨の送金は色々相場が下落して言われてますが

需要は高まっていくだろうなと。



特に不動産関係だと送金額が数千万円とか数億円とか

になるんだと思いますが



今だとそれは大変面倒くさいですから、

この不動産取引なんかでは暗号通貨の需要は間違いなく

上がるでしょうね。


スマートコントラクトも発展させたら相当需要が上がるだろうと。


だから世間では色々言われてるそうですが

暗号通貨はこれは人類の商取引で残らざるを得ない


ってことです。


そうでもないと、いちいち現金手渡ししないといけない

という超不便な話になってしまいますから。



暗号通貨ってのは元は結構地下マネーのやり取りに

使われていたと思いますが


いまやもう地下マネーではなくて普通の商取引でも

世界では必須になってくるってことですね。


ちなみになぜ日本では暗号通貨の意義を多くの人が

理解できないのかも分かった気がして、


それこそ色々な国籍の人とお金のやり取りするって

ことが日本の場合は単一民族ですからないわけですね。


だからそこであまり大きな金額を扱わない限りは

トラブルは起こらないと。


だから暗号通貨と交通系カードの違いってなんだろう?

みたいな話になるわけです。


しかしこれは一歩海を越えると全然違いまして


国籍が違う人たちがそれぞれお金のやり取りをするには

SWIFTの制限の中でみんななんとかやってますから


その面倒くささってのが強烈なので、


ここで暗号通貨は必須になるわけです。


ということで海外にいると暗号通貨の意義ってのを

すごい感じる点が多いですね。



ここまで強烈な需要が発生しつつあるものを

禁止はまず無理でしていたちごっこになるだけなので



やはり各国政府もソフトな規制でそれを認めていくしか

ないんだろうな、なんてのは感じました。



暗号通貨はブロックチェーン技術が優れてるのはもちろん

そうなんですけど


それよりも最近超めんどくさくなっている

SWIFTを通さないでよいってのが

おそらく本質的にもう一つ重要な点なのかなと思いました。


この辺は全然暗号通貨の案件でも言われていないことだけど

実際はこの 対SWIFTの構図の中で新興国で明らかに

暗号通貨の需要が潜在的に高まりつつありますね。



それでは!




ゆう








★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

読者さんは「プロデゥーサー」という仕事に興味ありますか?

今回はその「プロデゥーサー」になる方法についての

入門講座です。


読者さんがもし、

「FXや株で一応収益を作ってるけどまたもう一つ
不確実性が小さい、ちゃんとしっかり稼げる土台がほしい」


みたいなに考えてらっしゃるようでしたら


プロデゥーサーになってみてはいかがでしょうか?


⇒  http://freeclub.jp/lp/20002/61453
(今日の7月4日までの短期案件です)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆











«  【海外に住むと「仮想(暗号)通貨の真の利便性」が肌感覚で分かってくる、 という話】  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください