無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【これから日本はバーゼル3で米国債をどんどん買わされる?】

2018 5月 24 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【これから日本はバーゼル3で米国債をどんどん買わされる?】
⇒編集後記

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FXと仮想通貨がミックスされた新案件!】

読者様はスマホを2タップするだけ!
キャンペーン期間中に秒速1万円が稼げる
前代未聞のプロジェクトがついに始動!



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/

※まずは実際に試してみてください。
無料で参加できる先行モニターを
今から募集します。


(ゆう:この案件ですが、私も興味あって沖縄の事務局さんに聞いたのですが
私の読者でも稼いでる人が多いのですが
いわゆる両建て系の案件です!

そして通常の両建てアービだと仮想通貨アービなんかは有名ですが
この案件は仮想通貨×FX法定通貨 の両アービを使うもので

安定性を重視してるので相当面白いかと思います

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 


どうもゆうです!


読者さん、おはようございます!


さて、今日は米国債のことと、ここ数ヶ月ちょくちょく話が出てきている

バーゼル3のことについて考えて生きたいと思います。



日本っていうのはやっぱし敗戦国で、そこで米国債なんかを

償還の見込みがないのにずっと買い続けてきたわけですが


どうもこれからも日本はその米国債を買っていく枠組みが

出来上がってきておりますね。

今日はこの辺を考えて生きたいと思います。


編集後記で!





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

FXのアービトラージと

仮想通貨のアービトラージを混ぜ合わせたら??



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


さてさて、今日、大変面白いFX×仮想通貨を合わせた、

ミックスした案件が登場しました!!


今回の案件「秒速1万円」というのがワードとして使われてるのですが

多くの人が結果出せるやり方として両建ての手法というのが

実はあるのですが


その中でも仮想通貨とFXなどの法定通貨で両方でアービトラージして

それで安定性を目指していく、というもので大変面白いと思います。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/



今日はこちらの案件を担当されてる豊田さんより読者さんに

メッセージです!


===============================
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

読者様はスマホを2タップするだけ!
キャンペーン期間中に秒速1万円が稼げる
前代未聞のプロジェクトがついに始動!

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/


≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

今回の企画は . . .

スマホを2タップするだけで
秒速1万円が稼げる、という内容です。

嘘ではありません。
とはいっても . . .

「本当に秒速1万円が稼げるの?」
「信じられない!」

そう思うのも無理はありません。

最近、「稼がせる」と言いながら
実態のない口先だけの商材が
世の中には数多くあります。

今回、私が持っている
秒速1万円稼げる仕組みで

実際に秒速1万円を稼いでもらい
その事実を目の当たりにすれば
多くの人を救えるのではないか。

これが私の使命だと思い
こうしてこのプロジェクトを
スタートさせました。

実際、読者様にはキャンペーン中に
秒速1万円稼いでもらいます。

お金のない方でも稼げる環境を
ご用意しました。

私は真剣です。
冷やかし目的の方はご遠慮ください。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/

※まずは実際に試してみてください。
無料で参加できる先行モニターを
今から募集します。

お金に関する悩みを抱えている人は
多いと思います。

読者様もそうかもしれません。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

・借金の返済日なのにお金が足りない . . .

・お金を増やしたいのにどんどん減ってしまう . . .

・身体が悪くて仕事ができない . . .

・騙されてしまってお金が無くなった . . .

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

本当に様々な悩みを持たれていると思います。

だからこそ、今回の先行モニターで
まずは無料で秒速1万円を稼いでいただき、
1つのきっかけを掴んで欲しいと思っています。

今は、苦しい悩みに押し潰されそうだとしても、
先が明るければ、きっと前向きになれますよね。

この秒速1万円稼げる仕組みで
大きな収入の柱を1つ構築できることを
お約束します。

そこで得た収入で、

美味しい食事や、借金の返済や支払い、
お世話になっている人にプレゼントしたり、
プチ旅行に出かけてみたりと

好きなことに使ってください。

ただ、しっかりと稼がせる企画なので
サービスの質が落ちないように
参加人数は先着100名です。

もしかすると、もう募集が
終わっているかもしれません。

まずはこちらのページにアクセスして
今すぐ詳細を確認してください。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/



===============================




以上です!!


それでこの案件、私かなり詳しく知ってるんですけど

まあ一言で「面白い!!」案件だと思います。


ちなみに担当してる方が普段私の号外広告を審査とかしてくれてる

代理店の人で


いつも良い顧客満足度が高い案件は

沖縄系の会社さんが担当してることが多いのですが


(昨日の転売のやつもかなり良い案件ですがあれは渋谷系の人たち

なんだけども、実は渋谷系の起業家のルーツは沖縄系なんです。)



例えば以前に私のメルマガでFXのアービトラージで

業者とうまーくやりながら稼ぐっていう案件があって


これ今でも月50万円前後稼がれている方いらっしゃいますが


これを担当していた会社さんがやってる案件なので


今回はアービトラージのやり方が少しレベルアップしてるので

面白い!と思います。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/



ちなみに与沢さんの秒速1億円ならぬ

「とりあえず秒速1億円は難しいから秒速1万円にしましょう」

という感じの案件で 、表現に遊びが入ってるので


なんだか謎な雰囲気が漂ってると思いますが


実はこの案件、中身は「ガチ」です。


一応私がもう8年近く懇意にしてる担当者さんがやってる案件なんで

色々教えてくれたんですけど


これまあすごいんですね。


通常「両建てアービトラージ」っていうと最近だと

暗号通貨のアービトラージって流行してるじゃないですか??



これは例えば、日本の取引所とインドの取引所の暗号通貨の価格って




例えばインドの取引所で暗号通貨を10万円分仕入れたら日本の取引所は

結構ぼってるんで、ここで11万円で売れたりするってやつですね。


だから1万円の儲け、みたいなやり方です。



この仮想通貨、暗号通貨のアービトラージ、両建て商売ってのは

結構人気で今もそれで稼いでる人ってのがいるわけですが


ただそこで「不安定さ」ってのがあるんですね。


どうしても暗号通貨ですから。



んで、ここで登場したのが「FX=法定通貨のアービトラージと

暗号通貨のアービトラージを合わせてしまって


収益安定性を図ってしまえ」


っていう考え方があって、それがこの案件です。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/



それで今回は色々利益安定化スキームをこの案件

取り入れてまして、



私が聞いたのが


海外の取引所の組み合わせを多く入れて、そんで

多くの取引ができるため利益をあげやすくしてるんだそうですね。


アービトラージの場合、要するに「全然チャンスねえよ」みたいなところで

確実に稼げるってのはあるんですが


そもそもエントリーできない・・・みたいな問題が発生したりする

わけですが


その時間リスクをまあ言ってしまえば相殺してしまってる案件なんです。



それでまた約定しない、という問題がアービってのは

あるんですけども


これも約定率対策というのを今回実はしているってことで

各取引所で色々それらのノウハウがあるんですけど


この約定率対策をしているので、相当まあ約定するように

作られているんですね。


それで暗号通貨×リアルなFX のアービトラージという

2種類でリスクヘッジかけて本来アービトラージって

100%勝率ですが、


それをさらに「固めてる」って案件なんで


結構やばいんです。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/




それでこれはFXでも仮想通貨でもそうなんですけど

アービトラージってのは要するに他の取引所で10万円で買ったものを

11万円で売るみたいなものですけども



ここで約定問題というのがとても重要で10万円で買おうとしたのに

約定価格が10万8000円だった場合・・・


これは2000円の儲けにしかならないわけですね。


この辺はだからキレイゴト抜きでいうとそれぞれの取引所や

証券会社との駆け引きだったりするんですけども


この辺の駆け引きができる人だけがアービトラージでは稼げるんです。



それで実際の運用としてはこういう「不利な価格での約定問題」

ってのがアービトラージやってると出てくるのですが


今回の案件はシステム開発の人間がその辺のプロなんで


私が開発者の方々に聞いたのがなんでも

マイナスの可能性がある不利なレートで約定しないように

そういうシステムが組まれてるんだそうですね。



だからまあ最悪、約定価格がアービトラージとして微妙だった場合は

それがなるたけ約定しないようにしているわけでして


だからアービトラージの収益ってのがかなり安定するように

組まれておりまして、


なおかつ、そこで仮想通貨のアービトラージだけじゃなくて、

FX=法定通貨のアービもかかりますので


ここでさらにリスクヘッジされてるわけでして


本来アービトラージって両建てですからリスクは相当少ないのですが

さらに今回はそのリスクを最小限にして着実に利益があがる

システム組んでるってことでなかなか面白いんですよ~



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/




それで今回は開発チームがめちゃくちゃ優秀って聞いていまして

だからシステムでアップグレードなり何かしらのトラブルがあったら

即効対応できてるみたいで


内容としては結構ヤバいくらいに面白い内容になってますね。


特にサポートがかなり強固ということです。



他にもかなり良い点があるのですが

特にまず知っておきたいのが上記につらつら書いた内容ですね。



よく業界の案件で「アービトラージは100%「理論上」儲かりますよ」


とは言うのですけど


この「理論上」は曲者で、例えば上記のような

約定のずれだとか、あとはチャンスが少ないだとか


実際の運用では問題が発生するものですが



そこがしっかり今回はフォローされていて

アービで顧客稼がせるノウハウを持ってるのが沖縄の会社なんだけど


そこでアービのプロの開発陣が

沖縄でがんがんシステム組んでるので


かなり面白いのではないかな?と思います。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/




アービトラージの場合、ICOみたいに「100倍狙いましょう」みたいな


内容じゃなくて



FXと仮想通貨のアービでやはりなんだかんだいって

月利10%前後~調子よければ月利20%超


って感じなので



実際は堅実運用に近くなるだろうと想定されますが


リスク取ってICOでガツーンと100倍200倍狙うのか


もしくはリスクは抑えて月利数十%を狙っていくか


という考え方の違いもあるのですけど


「しっかり着実に稼ぎたい」っていう人なんかは

このシステムは上記のような対策が現時点で施されていて


またシステムアップグレードとかシステムトラブル対応は

かなり迅速に行う体制なので


真面目にやる人にとっては結構面白いと思います。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/





それでちょっと実は内部がかなりガチでやってる案件なんで

真面目すぎるとウケがちょっとってのもあって

今回は「秒速1万円」とやっていますが



内実としてはかなりガチに開発して理論上100%稼げるアービを

さらに突き詰めて



法定通貨×仮想通貨アービと2種類のアービトラージシステムを組んで

そこでヘッジし、


なおかつ約定問題なんかも対策してきてる

本気の案件ですので見ていくとなかなか面白いと思いますね~~



トレードなんかでもFXの安定性と仮想通貨の爆発力を合わせて

やっていこう、という最近数ヶ月の流れがあるんだけど



アービトラージなんかも仮想通貨のアービトラージの良さと

FXのアービトラージの良さをうまく組み合わせていく


ってアプローチでこういうのが新しく出てきましたので


なかなか面白いと思います!!


「FXも仮想通貨も興味あったけどなんかいまいち

開始できていない」


って人はアービトラージだと稼げるようになるまでの

期間が結構短いので、やってみる価値はあるかなと思いました。



それでは!!





ゆう












☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FXと仮想通貨がミックスされた新案件!】

読者様はスマホを2タップするだけ!
キャンペーン期間中に秒速1万円が稼げる
前代未聞のプロジェクトがついに始動!



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/

※まずは実際に試してみてください。
無料で参加できる先行モニターを
今から募集します。


(ゆう:この案件ですが、私も興味あって沖縄の事務局さんに聞いたのですが
私の読者でも稼いでる人が多いのですが
いわゆる両建て系の案件です!

そして通常の両建てアービだと仮想通貨アービなんかは有名ですが
この案件は仮想通貨×FX法定通貨 の両アービを使うもので

安定性を重視してるので相当面白いかと思います

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 




追伸・・・以前に「カテゴライズ思考」ってのは稼げないって

書きましたが、まさに「FXだけ」とか「仮想通貨だけ」ってやってると

こういうFXと仮想通貨のアービトラージでヘッジしていく


っていう発想が出てこないわけですね~


今回の案件はやはりFXと仮想通貨の両者良いところをとっての

アービトラージ=両建て手法ってことでなかなか面白いと思いました。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/











=============編集後記=============

さてさて、今号ではバーゼル3と米国債のことについて考えて生きたいと

思います。


日本なんかはもう長年米国債を購入してまして、

非公式も合わせると米国債購入額が1000兆円を超えるなんて

話もありますが



日本の国富ってのはどんどん海外に流れていると。


そこで米国覇権というのがずっと維持されてきましたが

ここで日本の官僚が代理支配者として日本人を支配できる体制で

あったわけですが


なので私は反米というスタンスは少し疑問を持っていて

あくまでも自分たちの権限維持の基盤である

米国覇権存続のために日本の官僚たちが米国債買ってるだろう


という見かたを今はとってますが

(これは鳩山元首相のセミナー以降、そっちの見方が正しい

と考えてます)


これからもやはり日本は米国債をどんどん購入していく流れに

なりそうです。



それでアメリカのトランプ大統領は2017年末には公約通り

減税案を成立させまして、それで

「10年間で1.5兆ドル」という減税を言ってましたよね。


ただこれはアメリカは借金まみれの国であるわけですが

一体どこにその財源があるのか??って話になるわけですね。



それでトランプ大統領はケインズ理論の考え方で

景気回復のための手法ということで、


とりあえずサラリーマン層への給料の上乗せボーナスであったり

20万円の減税策を行ったわけですね。


ちなみに偶然なのかどうか、日本では官僚たちによって

サラリーマン増税が行われてる

わけですね。

(私はここで左派の安倍が増税した論は少し疑問を感じていて

というのは安倍はそこまでの税法なり税体系を決める権限、裁量権は

与えられていないと見てます。彼は官僚の言うとおりに動く役割。


私の友人の官邸の仕事してる社長がそう言ってた。)


んで、そこで言われてるのが財源の一部になったのが

租税回避地であるタックスヘブンにあった金持ちたちの逃避資産が

ありましたが


これを資産家たちを脅したりたしなめたりして、


どうも国内に戻ってこさせたのだと。これは副島先生がおっしゃってますね。


それで1回限りで逃避資産の30%とかを税金で払え、

そうしたら過去の税金不払いは不問に処す、みたいな対応

でそれがどうも財源になっているという話もあるわけです。


それでトランプ減税は個人だけじゃなくて法人も法人税が21%に

なりましたから歓迎されているわけですが


だから現地の企業はそこで物が売れるわけですけども、

ここで財政赤字は確実に拡大するわけですね。


そこで出てくるのがやはり米国債でして、どうしても

裏で米国債を増発せざるを得ないと。


リーマンショックの時に米国債やジャンク債の債券市場

がボロボロになったわけですが


ここで当時のバーナンキFRB議長がジャブジャブマネーならぬ

QEを実行したわけです。



日本語では量的緩和政策なんていわれたけど

ここで実際は本当は総額で2000兆円くらい、


米国債を大量に政府から引き受けたと。


これは表の数字はもっと小さいですが実際はそれくらいあったんだろう

なんて言われてますよね。


そしてそれでアメリカ政府は資金を作り上げて

そこで本来破綻した大銀行とか保険とか証券、


これらを全て救済してしまったわけですね。

ちなみにリバータリアンという人たちがいるけども

やはりここに反対する勢力でやはりこの大銀行とか保険とか証券は

つぶしてしまえ、という人たちでありますが


逆にアメリカはこれを救済してしまったと。



それでアメリカでバーナンキFRB議長がQE1 QE2と

立て続けに表面上は大体2.3兆ドルづつ出したわけです。


ただ本当はその10倍の20兆ドルであるというのが副島先生の

指摘でした。



例えばシティバンクには40兆円分の公的資金投入、とされましたが

実際は80兆円前後だろうということですね。



それでAIGには150兆円の投入とされましたが

やはりこれは300兆円以上だと。



それでこの2000兆円の無から出てきたQEのカネが


まさに重荷、負担となって、アメリカ政府、財務省、FRBに

のしかかっていると。


それでバーナンキはさらにQE3というのを2012年から

追加緩和として行いましたが


ここでは毎月4兆円の国債を買い続けるというものですが

ここでFRBがドルをすり散らかして、お金を作って


政府が銀行業界にカネ突っ込む、債券市場を買い支える

ということをずーっとやってきてアメリカは今も延命していると。


ちなみに、アメリカだけではこのQEは足りないですから

日本にもQEをさせまして、その名称がアベノミクスですよね。


実際はアベノミクスってのはアメリカの債券市場なんかを買い支える

ためのものであるわけですが


さすがにそんなこと言ってしまうとみんな怒ってしまうので

「日本の景気がジャブジャブマネーでよくなります」っていうのを

お人よしの人らに信じ込ませて、官僚たちが行って

安倍なんかをフロントに立てて行ったというのが実態だろうと

私は思います。


その後欧州でもドラギなんかがドラギノミクスなんていわれたけど

同じくQEをやって米国の債券市場買い支えを行ったわけですね。



それでイエレンFRB議長が「QEは不健全なので

2017年9月には終わらせます」なんていうことだったんだけど


これ実際には止められないわけですね。


「裏口」でやっぱりジャブジャブマネーをやっていくと。



それで不思議なのが10月からFRBが保有米国債を減らし始めた

わけですが


「一体ここで誰がその米国債買ってるのか?」っていうことです。

やはり日本なんですけども。


誰も米国債をそこまでの量買ってくれる人はいないし

中国だって最近冷淡なのに誰が買ってくれるのか??


っていう疑問はあるわけですね。


FRBが米国債を放出して市場で売るならば

債券市場でその中古米国債がだぶつく訳でそこで

長期金利も上がってしまう。


けどアメリカはここで米国債を売っていかないといけないのだけど

そこで大枠で件名にある「バーゼル3」ってのが枠組みとして

できてるわけです。



「バーゼル合意」ってのがありまして、

これはスイスのバーゼルにあるBIS=国際決済銀行ってのが

ありまして、


このBISっていう大変奇妙な国際機関が勝手に

世界中の民間銀行に規制をかけるんですね。


ここでどうも「バーゼル3」が決まったわけです。


この「バーゼル3」で何するか?っていうとそこでは

民間金融機関の自己資本規制を強化するわけですが


ここで例えば株式なんかを銀行が資金運用で買えば

この規制で間接的に「そんな株なんて買うな」ということに

なるわけです。



「株なんて危ない投資だ!」となるわけですね。


バーゼル規制で株式はリスク資産でありコアなキャピタル

ではない、ってことになりましたから



だからそこで出てくるのが「だから国債を買いましょう」なんです。


だからバーゼル3ってのは間接的には国債買いがある種奨励される

構造になっているけど


国債ってのはまさにソブリンボンドですから、

ソブリン=王様っていう意味ですね、


ボンドは債券ですから王様の債券となりますけども


国家が発行する紙幣の信用と同じくらい高い信用がある

ってことになるわけです、表向きは。


だからここでバーゼル3が導入されていく流れで

「米国債買いなさい」と誘導される流れになるわけですね。



だから「バーゼル3とは何か?」というとこれは副島先生が

指摘されていましたがまさに「米国債を買わせるためである」

ってことになるわけです。


ただ今の状況は国債さえも暴落する可能性もいわれてるくらいですから

そこで国債ってのはまさに現時点ではリスクがずいぶんある資産に

なっているわけですね、現状。


ただ一応バーゼル3では

国債がリスクが低い資産だから買いなさいってことになるわけです。





ちなみにこの国債は実際は、リスク資産であるっていうのを

日銀の黒田なんかが以前経済詰問会議で口を滑らせて言ってしまった

わけですが


これは議事録から削除されていると。


それで「バーゼルクラブ」というのがありまして、

これは正式にバーゼル銀行監督委員会というけども


これは第1次世界大戦でドイツが負けたときの賠償金を使って


それでできた組織です。


アメリカは当時ドイツに払わせた賠償金をそのまま

ヨーロッパのスイスに残したわけなんですけども


それを元手に作られているのがこの組織です。


だからアメリカの官僚たちだったり銀行家の言うとおりに

動くのがこの組織であるけども


彼らの本部ビルはバベルの塔にかけて「タワー・オブ・バーゼル」

といわれてます。


実際は日本のバブルも、バーゼル規制で1989年に

無理やり潰されたわけで、それ以来日本の経済はひどい状態に

なって2018年の今もそれが続いてるわけです。


これは知ってる人は知ってる話ですよね。


それからまさに失われた30年になりましたが

元はといえばこのバーゼル規制でありました。



それでこれからもどんどん米国債を日本は買わされていくわけですね。


日本はアメリカに長いこと押さえつけられて

そこで「日本には金利なんかいらない、ゼロのままでよい」

ということで

ここでも日本の官僚たちってのはアメリカ覇権が続けば

自分たちの権力が続きますからそれに従ってきた感じはありますが


ここで日本からアメリカにお金が流れていくわけですね。


金利差が米日金利でつきますから、そこで

常に米国債金利が日本国債金利を上回っていなければいけなくて


そこで資金がアメリカの特に債券市場に

流れるようになっているわけです。


このような状況がずっと続いておりますから、


日本人は自分のために

自分の資金を使えない状態になるわけでして


税金はどんどん上がりますし、

そしていつまでも景気は良くならないわけですね。



日本はそこでどんどん貧乏化するわけですけども

この大きな構造が継続する限りやはり日本は貧乏なままなんでしょう。


ちなみに海外に出た日本人が金持ちになっていく理由ってのは

すごい分かりやすいところであって


日本だと単純に銀行預金で預金しても金利は0ですよね。


けど海外だと100万円預ければ年間で4万円とか5万円とか金利が

付いたりするんです。



マレーシアなんかだとここでみんな豊かになっているわけですけども

金利ゼロの国はどんどん貧しくなって、

金利が付いてる国はちゃんと豊かになっている、というのが


こうアジアに出て行くと分かりますよね。



ただ、最近のトランプ大統領の米国覇権を故意に破壊する

動き、というのを見ていると、


これもいずれ変わるのかな、ってところは見えまして、

ドル覇権ってのもずいぶん延命しておりますが、


もう中東とか極東の米国帝国覇権をトランプが衰退させて


そして在韓米軍基地撤退⇒在日米軍撤退

としたがっておりまして、


どんどん米国帝国覇権を放棄する姿勢になっているわけですね。


イラン協定離脱の後にアメリカのトランプは

イラン敵視をどんどん表向きは強めているわけですけども


これもやはり表向きであるわけです。


ボルトン安保担当補佐官なんかは

表向きはかなり好戦的な姿勢をとってますが


それこそイランの反政府亡命勢力のMEKを使って

イラン政権を転覆させようと、表向きしています。


が実際にMEKはアメリカの傀儡だとよく知られていて

イラン国内に影響力がないですし、


これもうまくいかないのを理解しながら表向き軍産を喜ばせるために

ボルトンが言ってるだけですよね。


ただこの発言の効果はあってそれはヨーロッパなんかが

「もうアメリカにはついていけないよ」となる

米国覇権衰退を早める効果はあるわけです。


またポンペオ国務長官のやり方もそうで、5月21日には

イランに12か条要求を突きつけましたが


こんなのイランからしたら要求されても無理です。


それでこの12か条要求の中にはイランと取引する欧州企業も

制裁対象となっているけど


それもあってEUは次にアメリカとイランが対立して激化したら

イランの側に立つことを決めてるわけですね。



それはなぜかというと国際法上はイランが正しくアメリカが違法なこと

やってるからです。



だからポンペオとかボルトンなんかはイランを標的にしてるように

見せてはいるものの、


実際はヨーロッパとかロシア中国の国際社会を相手にしているもので


ここで以前はどの国もアメリカの言いなりになる傾向が強かったですが


今のアメリカの衰退加速とともにこれらの国際社会の国々も

「アメリカにはつきあってらんねーな」となって、

対米自立の方向性を強くしております。


ボルトンやポンペオはわざと 他国が愛想尽かすことを言ったり

行ったりして、アメリカの帝国覇権衰退を加速させる役回り

としか思えないわけですね。


だから、イランは政権転覆されませんし、なんだかんだ成長します。


それでヨーロッパやロシアや中国はアメリカが抜けた後の協定で

イランにとって経済利得が大きいものにしようとしておりまして


これもアメリカに逆らったものですね。



アメリカが協定離脱して色々ニュースになっていましたが

これは結果としては国際社会がイランを許す方向に向かってまして

ここでだからどんどん米国覇権が衰退している現状は見て取れます。



それなので・・・バーゼル3とかで一応枠組みで

アメリカの米国債を買わせる動きというのは出てきているわけですが


ここで日本はずーっとそのアメリカ帝国覇権があることで

権力を温存してきた官僚たちの言いなりで


警察国家化なんかも進んでるわけだけど


やはりそのアメリカ帝国覇権がどんどん衰退色を強めている

ってのは重要な動きなんですね。


んでこれが2010年代は持ったとしても2020年代

トランプが2期になったあたりですよね、


いよいよトランプが「米国債なんてデフォルトさせてしまえばいい」

ということを選挙前に言ってたわけですが


この言葉のすごさ、というか恐ろしさがトランプ任期中には

炸裂する可能性は十分にありますから、


だからその後、日本も大いに苦しむことにはなるでしょうが

(こうならないように2009年に小沢鳩山が出てきたけど
それは日本人が自分でつぶしたから、その後アメリカに道連れで
結構大変なことになる可能性はある)


ただその後

ようやくその後日本も金利をあげて、周辺のアジア国と同じように

成長できる時代に入るかもしれません。



それで大きな流れとしてはアメリカの帝国覇権が衰退する流れ

で今世界は動いているわけですが


ただバーゼル3なんかを見るとそのアメリカ帝国覇権が終わる

ギリギリまで日本が米国債を買うような仕組みが作られておりますから


これは考えさせられますよね~


ただ私はこの「日本が米国債買いすぎ問題」ってのは

2010年くらいから扱ってきたけどさすがに疑問を持つ人が増えてきて

当時はタブーだったこの問題も言及されることが増えてきたので


米国債の問題なんかもいずれ議論されるかもしれません。



それで思うのが日本というのは成長ができないように

1989年くらいからずーっと頭押さえつけられてきたわけですが


この流れってのはアメリカ帝国覇権がつぶされたときに

官僚機構が同時に弱体化していれば変わる可能性はありますが


官僚機構がそれでもしぶとく権限を保持していればやはり

成長できないでしょうから


やはり若い人なんかは日本がいつまで貧乏で、

成長軌道に乗れるのか分からない状況ですから


海外を見るのも大事かななんて

思いました。



それでまた私が思うところがあってそれが米国債のことを書くと

やはりどちらかというと反米の左派の人が喜ぶわけですが


私はこの反米という姿勢はどうも違うのではないかという

ところも考えているわけですね。


というのがおそらくこれはとても重要な視点なんだけど

私も政治経済を長く勉強してきて長く検証とかしてきて分かったことが

あって、


どうも反米言論は安全な言論であって

反官僚言論がリスクを伴う言論であるってのが

分かってくるわけです。


これどういうことか?っていうと実は以前に副島先生の

セミナーで、鳩山元首相がセミナーゲストで登場して


私それ見に行ったわけですよ。


そこで鳩山元首相が言っていた事が「最重要」だったと

記憶しておりますが



まず2009年の小沢鳩山政権が潰された問題で

「その小沢鳩山を潰した主体は誰なのか問題」ってのが

あるわけです。


世間の政治経済に詳しい人の間では

当時から数年間は 小沢鳩山をつぶしたのは米国であった

ということになっていたし、


私ゆうもそうなんだろう、と思っていました。


が、鳩山元首相がセミナーで言っていた最も衝撃だったことがあって


当時あの鳩山元首相が言っていた


「普天間基地の県外、国外移設」

「最低でも県外移設」


ってかなり騒がれていたものですが





実は鳩山元首相いわく、「アメリカ側は日本を出て行くってのは

そんなに反対はなかった」んだそうですよ。


鳩山元首相いわく「当時アメリカが反対するはずがなかった」

ということまでおっしゃってましたよね。


これ「え??」って感じですよね。


けど当時の資料ってのがありまして、それがなんかもう極秘文書だったけど

年数経過したから公開してもよくなったってことで


おそらくそのセミナーで初めて鳩山元首相がその資料を

見せてくれたんだけど


そこで本当にあの彼の県外移設案をつぶしたのって

「アメリカじゃなくて、日本の官僚たちであった」

っていうのが分かるわけですね。


実は2009年に小沢鳩山をつぶした主体は

アメリカ側ではなくて日本の官僚たちであった・・・

ってことですよ。


これ、結構衝撃じゃないですか??


今までは2論あって、2009年に小沢鳩山つぶしたのは

アメリカ側だ(左派)いやいや官僚だ(真正保守)


っていう2論があったわけなんだけど




ここで鳩山元首相が自分の口でアメリカ側ではなくて

外務官僚たちなんかに抵抗されたのだ、っていうことを

資料付きで当時日本ではおそらく初めてそのセミナーで

説明されたのですね。



だからここで分かるのが日本の支配構造って

左派の人たちは 日本が敗戦国だからアメリカに搾取されている

っていう構図で捉えるわけですが


確かにそれはそうなんだろうけど


そこって本質と少しずれているわけですね。

というのはアメリカもトランプ大統領になってアメリカの

帝国覇権を衰退させようとしておりますから、自ら。




それで

アメリカ、米軍というのがいて、そこで権力を温存できる

官僚機構がおりまして、


このまさに日本人で構成されてる官僚機構がアメリカ覇権を存続させて

日本で絶大なる力発揮している、という見方のほうが

どうも正しいわけです。


が、こうなると人々の矛先は「アメリカ⇒官僚機構」になるわけだから

非常に官僚としては不都合であるから


その矛先をずらすための

左派の反米言論は許されるってことです、分かりますか?


だから私が思うのが日本人全体が


「実は自国の成長を抑えるために官僚機構ってのがいて

彼らが米国債買いをしてアメリカの債券金融市場を支えて

権力維持するとともに 日本で支配代理人として大きな権限を持っている」


ってことに気づけるかどうか、


で今後の今衰退してる日本の成長具合って

変わってくるんだろうなっていうことですね。



アメリカのトランプはそもそも「米国債はデフォルトすればいい」

と選挙戦前にそういう内容を話していた人ですし、


また米軍基地も撤退していい、日本は独立しろ

っていう主張の人です。



ここで今まで日本の左派が求めていた

基地撤退から米国債デフォルトまでをトランプ自体が

自分でやろうとしている。


それでもなお、アメリカ帝国覇権を存続させようという勢力がいて

これは誰なのか??


というところまで考えられるかどうか、が重要なんでしょう。


だから本当の民衆の敵は国内にいるってことですね。

ここに気づかせないために日本では右派と左派の対立というのが

故意に作られてるのだろうな、なんて私はすごい感じますよね。


それで本当は鳩山元首相がセミナーでおっしゃった情報は

めちゃくちゃ重要な情報だから、

本当はもっと大きく鳩山さんが発信するべきなんだけども


やはり危ないんでしょう。小さいセミナーでしか言えないとなってる。


ただやっぱり今の米国債をどんどん買って日本の国富が

日本国内に回らずに規制もどんどん激しくなって


日本が貧しくなるのは問題でありますから


そろそろこの大きな日本の構造を考えていくってのは

大事かななんて思いますね。




これから遅かれ早かれ、在韓米軍撤退の動きが出てきまして

なおかつその後に在日米軍撤退の動きがこれは必ずと言っていいほど

トランプ任期中に出てきますが


その中で日本人の特に若い人がどこまで思考力を発揮できるか

ってのが重要かなって思いますね。



なのでバーゼル3で米国債を買う流れが出てきておりますが

これもやはり官僚が絡んでるだろうと私は見ておりますし


そこで日本の国富がちゃんと日本国内の発展に使われるように

考えることは大事ですね。



そして、米国債を買うために特別会計なんかが国家官僚の

マネロンの出入り口として利用されておりますから


この特別会計を解体していくっていう考え方も大事でしょう。

また官僚養成所としての東京大学も民衆の不幸を作り出す機関に

成り果てているから

この東大の問題についても考えるべきだと思いますよね。




それでは!




ゆう










追伸・・・ちなみに私が日本のニュースで興味深かったのは

アメフトの問題ですね。

ここで日大のアメフトの監督の内田さんが官僚の手下のマスコミに

大きくバッシングされてる。


ただこの内田監督ですが実は

日本大学常務理事である人ですね。


それでこの内田さんですが最近「非常勤講師数十人を解雇」したということで

また話題になっていた人です。



ここで共産党系の人らも雇い止めってことで

内田バッシングに加わっているわけです。


ただ重要なのが以前に早稲田でまさに

文科省の天下りを雇ってましてそれが問題になりました。

私は早稲田のOBとしてやはりこれは学の独立に反しますし


早稲田というのは反官僚の権威主義を教える学校であるのに

そこで官僚の天下りを受け入れるなんてのはもう学の終焉とも

いえるし、ありえないことだろうと思います。


鎌田総長は早稲田の総長から降りるべきだ。


ここで文科省の天下りの非常勤のウイルスのような人間を

文科省に言われるがまま、常勤に引き上げようとしていたと。


それで実は天下りが多い大学として出てきているのが上記の早稲田と

そして「日大」なんです。この2校が実は天下りが多い

私立大学なんですね。(国立はもっと多いだろうけど)


文科省の天下り先として日大が下手したらトップである可能性が

あるんです。


だから内田さんが雇い止めにしようとした非常勤講師全員の

経歴は私も調べたけど出てこないけど


どうもこれは怪しいなと見ていて、内田監督はどうもこの

文科省の天下り方針に逆らった疑いがあって
(すなわち非常勤講師の数十人のうち
かなりの数が天下り出身者ではないか?と。)


そこで今回大きなバッシングをマスコミに受けているという疑いも

あるわけです。



だからここでは私はユニオンの人らは非常勤講師が

「全員天下りの人間ではない」と証明する必要があると思いますが

なかなかこの雇い止めを通告された人たちの実態は調べても1人以外、出てこない。


だからあのニュースはどうもきな臭いんですね。

これは私の勘で個人的意見だけど、 


1内田監督が

日本大学常務理事という重要ポストを担っており、


2非常勤講師数十人(かなりの人間が天下りの可能性あり)
を首にした


3日本大学は日本の私立大学でも多くの文科省の天下りを
受け入れいていたことで知られている



4アメフトの件を理由として内田に常務理事解任要求が出された



という流れを見るとどうも文科省の天下り問題が背後にあるのではないか?


と疑わずにはいられないわけです。


だからやはりこれも官僚利権というところにつながるはずですよね。


私たちの目に見えないだけで、官僚機構というのは

バーゼル3問題でもそうであるし、アメフトの問題でもそうであるし


どんどん増長しておりますから

やはりこの問題を考えるのは大事だと私は思いました。



そういう意味では日本の右派は官僚擁護のために存在しており

日本の左派は官僚に人々の目が向かないように他の国なり敵に

目を向けさせる

役割があるのだろうとも思いますね。


では!







☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FXと仮想通貨がミックスされた新案件!】

読者様はスマホを2タップするだけ!
キャンペーン期間中に秒速1万円が稼げる
前代未聞のプロジェクトがついに始動!



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/

※まずは実際に試してみてください。
無料で参加できる先行モニターを
今から募集します。


(ゆう:この案件ですが、私も興味あって沖縄の事務局さんに聞いたのですが
私の読者でも稼いでる人が多いのですが
いわゆる両建て系の案件です!

そして通常の両建てアービだと仮想通貨アービなんかは有名ですが
この案件は仮想通貨×FX法定通貨 の両アービを使うもので

安定性を重視してるので相当面白いかと思います

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください