無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【6月にシンガポールで行われる予定の米朝首脳会談について考える!】

2018 5月 16 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin



【6月にシンガポールで行われる予定の米朝首脳会談について考える!】
⇒編集後記で!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
     

  
年収3000万円を強制確定させます

遂に日本に仮想通貨を広めた某仮想通貨開発者が

大富豪コミュニティを立ち上げて動き出しました。

http://socialzine.org/lp/18959/720046

(ゆう:今回注目はこの顔写真の大御所たちも推薦してる

ということです。

私ゆうの師匠の柴野さんも推薦されてるようです。
http://socialzine.org/lp/18961/720046



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




どうもゆうです!


読者さん、こんにちは!



さてさて、今日はシンガポールの米朝会談について考えたいと

思います。

この前南北会談がありましていよいよ今度米朝会談がシンガポール

となっておりますが


特に「シンガポール」っていうのが重要ですよね。

この辺を考えます!


編集後記で!




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【仮想通貨プレゼント企画が人気です】


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



さて、それで昨日の「仮想通貨まとめ」なんかを運営されていて

沢山仮想通貨の情報を持ってる松宮さんが

マレーシア上場予定の仮想通貨をばらまく

キャンペーンですが


なかなか人気ですね~



⇒  http://socialzine.org/lp/18959/720046



以下は事務局さんから読者さんにメッセージです!

↓↓


==============================




仮想通貨貧乏という言葉は読者様はご存知でしょうか。

仮想通貨は必ず儲かるという夢を描いて参入したにもかかわらず、
気づけばお金を増やすどころかお金を失っている方というのが
現在続出しています。

怪しい情報だったり、嘘というか詐欺の情報が
とても多いのが今の現状です。


一般人から見れば何が本物の情報で、
何が偽物の情報かわからなくて見分けがつかないでしょう。


しかし安心してください。

今回、仮想通貨開発者から直々に連絡があり、
数少ない本物の仮想通貨の情報が遂に公開されました。
⇒  http://socialzine.org/lp/18959/720046

その本物の仮想通貨は既に台湾とマレーシアに上場が決まっており、
価値が30倍になると確定している通貨です。

今回読者様にその価値が30倍になる事が確定している
仮想通貨を30万円分プレゼントします。

しかも完全無料で手にすることが出来るということなので
読者様にリスクは一切ありません。

ぜひこのチャンスを手にして
今までの損失を一気に取り戻してください。
⇒  http://socialzine.org/lp/18959/720046








突然ですが読者様に重要なお知らせがありますので
よく聞いてください。

突然の事で私も驚いているのですが、
先ほど某有名仮想通貨開発者の方から連絡がありました。


その内容は近々台湾、マレーシアに上場が予定され、
価値が30倍に確定している仮想通貨を30万円分
プレゼントするそうです。
⇒  http://socialzine.org/lp/18959/720046


既に30倍になる事が確定している通貨ですので、
今後50倍、100倍になる可能性が十分に考えられます。

期間限定となりますが無料で手に入れることが出来るので、
5分間でこのチャンスを掴んでください。
⇒  http://socialzine.org/lp/18959/720046



==============================



以上です!!


それで最近はこうやって仮想通貨をプレゼントする企画

ってのがすごい流行しておりますよね。


色々登録後の企画に参加してそれで抽選でもらえたり

もしくは金額が数百円とか数千円なら全員もらえたり


結構色々なパターンがありますが



これはたぶん賛否両論はあるとは思いますけども


まあ面白い企画なんじゃないかな~と思います


⇒  http://socialzine.org/lp/18959/720046




っていうのがリバータリアン思想の話になりますが

これは私は副島先生に教えてもらったことなんだけども


今っていわゆる社会福祉を国家が行っているわけですね。



これを福祉国家論とか言うんですよ。



「税金を払う意味とは何か?」というのを日本では

なぜか教えません。


が、やはり私は大学の政治学でそれを学んでいますが


これはまあ当然のことなんだけど


自由市場に任せていたらうまくまわらないところがある

っていう主張があるわけですね。


それが本当かどうかは誰にも分かりませんが・・・



ただ一応そういう官僚側の主張が教育なんかを通して

洗脳されてマインドコントロールされてるわけです。



それでそういううまくまわらないサービスがあるから

だから 「完全に善意の国家官僚、役人(公務員)」たちが

税金でお金を金持ちたちから徴収して


それを再分配して、社会保障をしてあげよう~~


っていうのが福祉国家論の考え方としてはあるわけですね。


が、問題があってそれらは今どの国でも崩壊してきてるモデル

であります。



なぜか?


というと官僚たちはこの福祉国家論の考え方をベースに


「金持ちから税金を取って貧乏人に分配を」ということで


1金持ち 2貧乏人 という階級史観闘争を持ち込んでいるわけです。


階級に分けて、人々の精神の中で金持ちと貧乏人を分断していく。


そして「金持ちから税金をとれ~~」と、やっている。


んでじゃあその金持ちから泥棒している税金がですね、

社会保障にまわってるだろうか???


っていう話があるわけです。


「実際の現状・現実」としては
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その社会保障という名目で徴収した税金は
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
官僚公務員の人件費に化けてしまってる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



というのが今世界中の人が直面している「現実」なんですね。


要するに彼ら官僚たちが 金持ちと貧乏層の中間に立って

「私たち絶対正義の東大出身のエリートたちが

所得を再分配しますよ~」とか言ってるんだけど


実際の話は彼らが「中間搾取者」として存在しており

実際のその税というのは彼ら公務員たちの給料に消えてしまってる

という問題が、あります。


これがリバータリアンたちが問題にしている点です。


日本の事例を見てほしいわけですが

日本では消費税が増税した。また消費税だけではなくて

様々な税が作られた。


私は日本に来て分かったけど日本の経済はもうすさまじく不況です。


タクシーが土曜日夜なのに列を成して顧客がこない中、

待っている。


タクシー運転手いわく、「全然最近はみんなタクシーを利用しない

歩いて帰ってしまう。景気が悪い」ということです。


道は夜にもなると繁華街の明かりは消えて、真っ暗です。


それで税金を取られて民衆は疲弊するけど、一応それが

例えば生活保護とかそれら社会保障に全額回されてるならまだ分かるけど

実際は違って


社会保障は縮小され、その代わりに公務員の給与は
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
4年連続でアップしているわけです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


結局の話、社会保障のために税を徴収するとは言いますが

本当のところはそれは収奪のための口実であり


彼ら国家官僚たちの人件費なり天下り先の役員報酬だったり

そういうものに化けているわけですね。



これを明らかにしようとしたのが暗殺された

当時民主党であった石井こうきだ。


だから国家に社会保障をさせるという考え方自体が間違いであるというのが

大きなリバータリアンの考え方としてありまして、


そこで実力ある金持ちたちが民衆の面倒を見ていくという

考え方があるわけです、家父長制論という。


私はだから大金持ちたちが最近キャンペーンで

こうやって「国家を通さないでばらまく」

ってのは結構重要な動きではないかな

って見てるんですね。

⇒  http://socialzine.org/lp/18959/720046






追伸・・・そんで「大きな政府」と「小さな政府」というのが

あってそれはまさに日本なんかは大きな政府です。

マレーシア・韓国は小さな政府です。



ただ最近の動向を見ると先進国もそうだけど

大きな政府の国はどんどん衰退しております。


マレーシアは消費税廃止のマハティール首相が選挙で勝ったのだけど

マレーシア人は「社会保障なんてどうせされないんだから

だったら税金は安いほうがいい」


ということでマハティール勝たせてるわけですね。


実は、「金持ちから税金を取って貧乏層に分配してやるぜ」って

理論は結局

役人・公務員たちの給料や天下り先の給料になってしまうわけで


最終的には金持ちから取るって話だったのに

貧乏層にも増税が来るってのが国家の歴史です。


今の日本ってそうじゃないですか?

最初金持ちから取るといってたのに、それが口実で課税がされて

いまや貧乏層まで増税がされている。これが国家の正体です。



それで私は分かったのが、民衆で笑顔が多い社会は

やっぱりですね、小さな政府のほうなんですよ。


んで格差のジニ係数問題というのがあります。


が、実はこの小さな政府のマレーシアでジニ係数がどんどん縮小していって

格差問題が解決されてしまってるって日本人は知らないわけです。


なぜか??


それはですね、マレーシアでは小さな政府であるから

そこで国家が民衆の自由な商売に対して口を出さないんです。


だから例えば日本で路上で商売したら逮捕されますね。


けどマレーシアでは路上で商売してる人たちはいっぱいおります。



例えばマレーシアではそういう

出稼ぎバングラディシュ人たちが多くいるけど

そこで商売して元々超貧困層だったのに


商売に成功して富裕層になる人も30代前後で出現してきてます。


だから実は貧乏層⇒金持ちへの転換っていうのが

実際に自由市場が機能している場合は起こるわけですね。


だから格差ってのは結局の話、財務省が格差是正という言葉を

マスコミにプロパガンダとして報道させて


日本人を90%以上洗脳してるけど


課税では格差なんて縮小できないんです。

課税での格差是正なんてできないし、してはならない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日本の社会実験はそれを明確にしている。


そうではなくて 中小事業者たちや個人が自由に商売して

「這い上がれる」ってことが大事ですね。


そのためには大企業の官僚とくっついた既得権益は

消滅させないといけませんし、


天下りも全部廃止しまして、また税金を主として食べている

日本のゼネコン関係の会社もやはり社会に必要がないのに

亡霊のように生き残ってるからやはりここは


官僚たちとずぶずぶな利権を解体していくって発想が必要になります。


だから本当の格差問題のソリューションはひとつしかありませんでして

民衆が知識つけて自由商売をしまして、


そこで貧困層が中間層や金持ちに這い上がれる社会体制構築が

もっとも大事です。



今の先進国、特に日本は課税で格差がどうにかなるという

官僚の理論を洗脳されてますがそれで最終的に利益を得るのは


国家の東大出身の役人たちであるから、

そこにだまされないように考えることが必要ですね。



⇒  http://socialzine.org/lp/18959/720046





追伸2・・・あと日本のテレビ番組で急に最近

「東大生特集」が増えた。


東大生の出てくるクイズ番組って増えてますね。


これはあまりに不自然です。


当然ですが官僚たちの意向が働いていて

「東大生は頭よくてすごいな~」という学歴コンプを

あおることが目的であります。


ビジネスやってる人にわかりやすくいうと


「官僚たちのブランディング」として東大生番組が

存在していて、流されている。


これはかつての北朝鮮で、将軍のブランディングをするために

将軍役のイケメンがドラマで活躍するのとなんら変わりない。


日本社会は大きくは洗脳、扇動で成り立っており、

そこの洗脳工作に脳みそは大変弱いものですから


そこに気づいて本質を考えるという力が今もっとも重要かなって

私は感じました。


⇒  http://socialzine.org/lp/18959/720046













===============編集後記=============

さてさて、今米朝首脳会談の話がかなり注目されていますね。


メルマガでは北朝鮮情勢や米朝首脳会談のことはよく扱ってるのですが

かなり重要な動きですから今日も考えて生きたいと思います。


それで6月12日にシンガポールでトランプと金正恩が

米朝首脳会談を行うという形になってますね。


日本もアメリカも基本的にはこの動きが失敗してほしい

と願っているわけですが


なので報道としてもやはりネガティブな報道が目立ちます。


ただここでやはり一番重要な動きは

中国の習近平がシンガポールを訪問するのではないか?


という情報が出てきてることですよね。


それで日本のマスコミ論調ですと、習のシンガポール訪問は

アメリカと北朝鮮が劇的に和解したら中国が仲間はずれ?


になってしまうから、これは習がシンガポールに入るんだ

って解説?なわけですが


実際はこれはもう少し別の意味があるってことを考える必要が

あります。


実はこの習がもしシンガポールに入るというのが事実であれば

結構すごいことなんです。


トランプと金正恩と習近平 でアメリカと北朝鮮と中国の

3人の最高指導者がシンガポールで揃うってことですから。



実はこれは以前もメルマガで書きましたが

朝鮮半島の対立を正式に終わらせる手続きが必要でありますが


そのために終戦協定に署名するならば

やはりこの3国は必須なわけですね。



だから今回このアメリカ北朝鮮中国の3人が揃って

そして朝鮮戦争の終戦協定に署名するっていうことは可能になる

わけです。



韓国ってのはそれこそKPOPとか世界中で音楽なんかも

聞かれていて私が住んでるマレーシアでもJPOPは聞きませんが

KPOPはよく流れてるんだけど


一つの国として世界中の人々から認知されているわけですが

実のところ、この韓国は休戦状態の国であるわけですね。


戦争は終戦していない。


1953年に休戦協定が結ばれて現在もだから戦争状態は

続いてるわけですがとりあえず休戦状態なわけです。


そこからもう65年経過しているのですね。


以前に朝鮮戦争から逃げてきた人が釜山に作った村


っていうのを写真で挙げましたが


もう朝鮮戦争から逃げてきた人たちが韓国の第2の都市

釜山で作り上げた村はこんな感じでして



(写真)朝鮮戦争から逃げてきた人が作った村1
http://yuhfx1.com/gazou/korea/……nmaul5.JPG

(写真)朝鮮戦争から逃げてきた人が作った村2
http://yuhfx1.com/gazou/korea/……maul13.JPG


(写真)朝鮮戦争から逃げてきた人が作った村3
http://yuhfx1.com/gazou/korea/……nmaul3.JPG



もう今や平和な観光地となっております。


ただそんな状況だけども一応北朝鮮と韓国はまだ

一応手続き上は戦争状態なわけですね。休戦してるわけで。



それでここで朝鮮半島対立を解消するには手続き上


アメリカと北朝鮮と中国が

終戦協定を結ぶか、もしくは終戦宣言を締結して

共同発表する必要がありまして


トランプはこれをやりたい。


それでやはりメルマガでも扱いましたが重要な動きは

南北首脳会談でありまして、ここで金正恩とムンジェインが

板門店で会ったわけですね。



(写真)世界で南北首脳会談の様子が大々的に報道された1
http://yuhfx1.com/gazou/korea/……orea11.JPG

(写真)世界で南北首脳会談の様子が大々的に報道された2
http://yuhfx1.com/gazou/korea/……orea14.JPG


ちなみにこの南北首脳会談は韓国でも「これが歴史に記載される日になる」

ということですさまじく大きな話題になって


人々は涙を流してこの動きを見ていた。


朝鮮戦争で分断されていた朝鮮の人たちにとっては

やはりあまりにも重要な会談だったわけでして


これを軽く見る日本のマスコミの論調に私は疑問を感じます。



それでこの 北朝鮮の金正恩と韓国のムンジェインがまさに

抱き合って手をつないだ南北首脳会談の共同声明において


アメリカと中国と韓国と北朝鮮の4カ国会談を今年中に行い

朝鮮戦争の終戦を宣言することも盛り込まれているわけですね。


それで重要なのはこの朝鮮戦争ってのは

韓国と北朝鮮の問題に見えるけど実際はこの

2国の対立は正式に終了できないわけです。


手続きの話で、終戦協定宣言にはどうしても

アメリカと中国の参加が不可欠になるわけですね。


だから実のところシンガポールに習近平が入ってくるかどうか

ってのが重要になるわけです。


これは軍産複合体や官僚はこれが失敗してアメリカが激変して

北朝鮮に爆撃を加えることを望んでいるけど


この動きを作り上げるためにトランプ大統領も動いたし

そして朝鮮半島の人々の悲願がこの動きにある。


それで習自身は、「米朝」首脳会談だからここでは

参加しないわけで、シンガポールの首相と談笑なりして時間を

潰すわけですね。


そしてここで金正恩が核兵器の廃棄を約束して

トランプ大統領との会談が成功すると、ここで


同じシンガポールにいる習近平が入って

そして米朝和解なので朝鮮戦争を終わらせるということで


終戦協定に3人で署名することは可能でして


これが実現できるかどうか、の攻防であります。


私は予知とか予測とか予言とか、そういうのは投資家ですので

意味がありませんからしませんが


この攻防があるわけですね。


トランプたちは朝鮮戦争を終結させたい、

しかし軍産官僚たちやマスコミはそう易々と

戦争終結などさせたくないわけです。


なぜか?というとこれはやはり今日も米韓合同軍事演習の

話で北朝鮮が怒りましたが


やはりその在韓米軍ですよね、これがもし終戦されれば

撤退となりますし、


次は在日米軍撤退の動きになる。


となると米軍を背後に権力を維持してきた官僚機構に

とっては大きな打撃となるのだけど


だから軍産官僚たちは当然この動きを阻止したいという

攻防はあるわけです。


今のところ、マスコミは色々ネガティブに報道してるものの

トランプが有利に事を進められている

というのが5月16日時点での状態ですね。



それでもし中国の習がシンガポール入りできて

そこで朝鮮戦争が正式終了できると


これはやはりお金の話になるわけですが韓国が北朝鮮の

経済開発を支援する話になるわけでして


もう早速 南北首脳同士が経済開発についての話を進める

形になっていくわけです。


実のところこの南北首脳会談で




(写真)南北首脳が二人で談笑
http://yuhfx1.com/gazou/korea/……orea11.JPG



この間に ムンジェインが金正恩に「USBドライブ」を

渡したということです。



この辺の大きな動きを日本語で正確に終えていたのは

日本の分析人で田中宇だけど、


彼が今回は無料記事で出しているから読んで欲しいですね。


田中宇先生の記事
https://tanakanews.com/180513korea.htm



このUSBドライブにおそらく韓国の企業たちも絡むだろうけど

膨大な経済開発スキームのデータが入ってると思われますが


この南北首脳会談のときに金正恩が「もしムンジェインさんが

いらっしゃっても、私たちの交通インフラは貧弱なので・・・」


とちょっと謙遜のような態度を見せましたが


だからこのようなインフラ部分も韓国がどうも入っていくのだろう

と思いますよね。


おそらくそれらの開発の詳細データがこのムンが金に渡した

USBドライブに入ってると思われまして


ここに膨大な資料が入っている。


それで南北の経済開発は当然のごとく中国の

One Road One Belt一帯一路 の中のことであるから


だからやはりここで習近平も絡んでいくわけです。


この辺のシナリオについては田中宇先生が書かれていまして

私ゆうもこのシナリオ100%にはいかなくても

大きくこのシナリオに沿っていくかどうかは注視しているんですね。


このシナリオが進んでいくかどうかというのは

日本人にとっても大事なことで


まさに日本人の多くが官僚支配に苦しめられております。


そして官僚たちの力の源泉というのはやはり米軍です。


米軍というジャイアンがいるから

官僚というスネオが強いと言えばわかりやすいかも。


だからこの朝鮮戦争終結の流れが実現できれば

そこで在韓米軍撤退となり、次は在日米軍撤退となりますから

そこで官僚たちの権限は韓国および日本で大きく弱体化します。


そこで日本人はようやく戦えるステージに入る。

官僚が強すぎて、今の日本の民衆は戦うことができないけども

この動きがもしちゃんと進めば、ですが


そうなれば一気に官僚たちは追い込まれていくわけですね。

そのためにも朝鮮戦争終結の動きは大事です。



それで終戦協定というのがありまして、ここで手続きの話が

あるわけですが


やはり通常は、議会が批准(承認)しないとそれは

発効できないわけですね。


中国や北朝鮮の場合はそういう手続きがないですから

最高指導者が決めたならはい、終戦で済みますが


アメリカは違うわけです。


アメリカの議会が反トランプであるわけです。


仮にトランプが終戦しました~なんていっても

議会はそれを承認しない可能性は高いわけですね。


だからこの協定の心配というのはあるわけですが


ただこの朝鮮戦争というのは戦争とは書いてるけど

実際は正確にいうと戦争ではないわけです。


トルーマン大統領が宣言して始めた北朝鮮の共産ゲリラを

退治するという「警察行為」であると。


これは田中宇先生だけが書かれているけど

おそらく私は見た感じ、トランプ大統領もこの部分を

よく理解して動いてるのだろうと思いますよね。


だから議会が始めた戦いの戦争ではないわけで

それが65年も休戦状態ですが


これは大統領が始めた戦いなわけです。


だから手続きとしては大統領が終結宣言をすれば

議会が反対しようと何しようと終戦できるわけですね、

手続き的に。


ここをトランプ大統領や習や金は狙っているということですね。


それで核兵器の完全廃絶であるCVIDについては

以前書きましたが


やはり日本の外務省官僚の傀儡の人たちだったり

アメリカ国務省だったり

または米日マスコミなんかは


「米朝会談は失敗して、そしてアメリカが北朝鮮を先制攻撃したがる

状況になっていく」


ということで軍産プロパガンダを展開してるわけです。


ただ以前書きましたがこのCVIDは以前と違いまして

中国とロシアがアメリカと対等に核廃絶できてるか

判定できるような国際状況に変わってきておりますから


ここではアメリカがどれだけ言おうとも

中国ロシアが「まあまあこれくらいで核兵器廃絶は完璧ですよ」

ってことでCVID=完全なる核兵器廃絶はできることになりますね。





それでトランプのツイッターは日本語でも見ることができますが

https://twitter.com/mishimadou


トランプの発言として

「北朝鮮は6月12日のトップ会談に先立ち、
核実験場を破却することを発表した
これは感謝しておきたい じつに賢明かつ丁重な意思表示である」



「私と金正恩とのトップ会談は6月12日、
シンガポールで行われる 両者ともに、
これが世界平和にとって特筆の時となるよう努めたい」



「ポンペオ国務長官の所在が掴めないので、
ニューヨークタイムズは彼が無届けで所在不明になったと批判したのだが、
実はそのとき彼は北朝鮮に向かっているところだったのだ
フェイク新聞め。およそ程度が低いわい」



ということですよね。


以前はトランプは

「北朝鮮が(完全に)核廃絶をしないと和平しないぞ!」と


まさに軍産官僚が喜ぶCVIDの方向性で話を展開して圧力かけてる

風、表向きでしたが


そのあとに「米朝会談は必ず成功する。失敗するというのは

フェイクニュースだ」と言ってたりするわけです。



かなりトランプ大統領としては自信をにじませていますよね?



トランプのツイッターなんかはかなり彼の精神状態が

その表現で反映されているのですが


英語表記だとそれがすごい分かるんですよね。



一応日本語訳だと三島堂さんが


「北朝鮮は6月12日のトップ会談に先立ち、
核実験場を破却することを発表した
これは感謝しておきたい じつに賢明かつ丁重な意思表示である」


という訳でありまして、これも良い訳だと思います。


それで一応原文が


「North Korea has announced that

they will dismantle Nuclear Test Site this month,

ahead of the big Summit Meeting on June 12th.


Thank you, a very smart and gracious gesture!」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



となってますが、

最後の下線引いた Thank youはサンキューでありがとうですね。

んで smart ってのは賢いという意味で


私がすごい感じたのがこの Gracious gestureっていう言葉で

このGraciousグレイシャスって私もマレーシアにいたりして

英語使ったりするけどあんまり使わないですよね、日常生活で。



これは「 Gracious Majesty 」なんていうと

「なんとも慈悲深い 陛下様~」みたいな感じで使われるんだけど


こう自分が少しへりくだって、相手をすごい立てるような

そんな状況のときに使う言葉ですよね。


英語なんかだとたまに使われる単語。


んでこの


Thank you, (for)a very smart and gracious gesture!


っていうのは日本語の感覚だと


「素晴らしく賢明で、丁重な姿勢で行動していただきまして

本当にありがとう。」


みたいな感じのニュアンスだと思いますよね。


だからトランプ大統領が金正恩をかなり「立ててる」

んですね。


一国の指導者として。


だからトランプと金の距離感もかなり変わってきていて

トランプもある程度金を尊重する姿勢ってのがすごい

あるな~と私は強く感じるわけです。


それでトランプは本気で金正恩(と中国とロシア)が

「完全なる核廃絶」をうまーくやることを理解しているようで

(これはうまーくやる、ってのは実際は完全ではないかもしれないけど

手続き上うまくやるって意味)


そこでかなり強気発言に変わってる感じは彼のツイート追っていくと

感じ取れますよね。



それで「なぜシンガポールなのか??」ってところですが

これは「面子問題」ってのがあるのですね。



中国人が面子を大変重視するってのは知られていることですが

これは習近平も一緒ですね。


そこで例えば習近平が 南北首脳会談の板門店にいって

それで米朝会談がもし失敗してしまった場合ですが


こうなると、習としては「シンガポールにたまたま用事があったんだ」

ということでまあ言い訳は成り立つわけです。


ただ板門店に行ってその言い訳は通じないわけですから

やはりシンガポールがその意味で選ばれたと。


逆にうまくいけばそこで終戦協定を進めていけますし、

ちゃんと トランプ大統領も自信はありつつも


中国のことも考えて両シナリオ考えて、対応しているのが

分かります。


だからトランプ大統領もやはり100%の確信ではないということで

彼も投資家ですから成功シナリオ、失敗シナリオ両方を

ちゃんと考えているわけですね。


ただこれは中国の習と米朝が同じ場所にいるためには

シンガポールという場所が適切であって


中国の面子も成功失敗関わらず立てられるから

それらの配慮があったということですね。


ただ大きくは米朝会談が成功して、朝鮮戦争終結の動きに

向かっております。


それでこれは田中宇先生が書かれていたけども

やはり今の動きを見ると南北首脳会談の成功というトレンドが

発生しているわけですから



トランプ優位の状態は崩れていないため


そしてトランプ優位を崩す状況としてNYダウ暴落というのが

2月以降言われていたけど、私はそこで暴落後に

いくつか株を買ってたりするんだけど、


Nyダウ見ていても崩れていないわけですね。

ここで崩れたら 大暴落が襲い掛かったらトランプも

危なかったところだったけど

ちゃんと支えている。



そういう意味ではまだトランプ優位で踏ん張って頑張ってます。


だからやはりトランプがツイッターで言うように

米朝会談が完全に失敗するっていうマスコミの予測は

少し意図的に事態を歪曲してると。


それでもマスコミはこれ

「米朝会談は失敗して、そしてアメリカが北を先制攻撃するのだ」

という分析をしていて


この方向の言論人の発言がどうも利用されていると思えるわけです。


だから100%は世の中にないのだから、

色々な意見を見るのは大事かもしれません。



それでなぜこんな事態が起こるか?というとやはりそれは

在韓米軍撤退につながる動きだからです。


その後在日米軍撤退の動きになるからです。


今回歴史的な米朝会談というイベントが出てきたことで

もうこの 在韓米軍撤退⇒在日米軍撤退という流れは


これは遅かれ早かれにはなりますが私は100%に近いくらいで

出てくるだろうと見てますよね。


それがトランプの本当の目的ですから。

「アメリカファースト=他国に介入しない

=米軍引き上げる」というのがトランプのリアリストとしての

終着点です。


(逆にその後はもうトランプは株を買い支える動機も

薄くなりますね。)


それでなぜこんな状況を官僚が演出して

北朝鮮への米軍による爆撃をあおるか??というと


それはやはりこの在韓米軍撤退とか在日米軍撤退の

流れを国民に感じ取らせたくないわけです。


正確には官僚というのは外務省官僚たちであって

経産省官僚は抜かします。

(経産省官僚はまだ優秀な若いやつが生きている)



それでやはりこれから大きくはメルマガで数年前から

取り上げてきたように在韓米軍撤退議論が

出てきて(すでにトランプがこれは発言済み)


次に在日米軍撤退議論であります。


だから沖縄の基地反対派の人はマスコミに踊らされず

本当はトランプを応援していないといけない。


それで最近はマスコミや言論人が

「米朝会談は失敗して、そして北朝鮮をアメリカが先制攻撃してくれる、

いやそうしてほしい」

という流れを書いてるのだけど


どうもこれには 官僚たちが後ろで絡んでる可能性もあるので

やはり考えるということが大事になりますね。


100%というのは全てにおいてないのだけども

やはり大きな流れとしては、


在韓米軍撤退、在日米軍撤退でいよいよ官僚たちが追い込まれていく

流れです。



この流れ構築のためにトランプは今必死こいて頑張ってますが

米朝首脳会談がやはり注目ですね!



それでは!!



ゆう




追伸・・・ちなみにもう少し言うと

日本の安倍首相は言論人によって評価が分かれますね?


私も2013年から批判してきたけど2016年のトランプ誕生後の

彼の動きは実は批判できないわけです。


というのはやはり彼が大きな世界情勢の流れを読み取って

明らかに外務官僚たちと対峙してきている動きは確かに見られる。


表向きは中国韓国に冷淡を装いながら実態は裏で結構仲良くなっている。


5年間官僚たちを押さえ込めなかったところはダメであるけども


日本の政治バランスもトランプ誕生で変化しているわけですね。


ちなみに、私はマレーシアで知ったのだけど、

マハティール首相を支持する人たちは安倍が好きでそれを

私に言ってくる人たちが何人か実際にいた。



これは実のところ、安倍が経産省官僚を窓口にして

TPP11構想を進めているわけです。


ちなみにTPP12とTPP11は違いますよ。以前メルマガで

書きました。 TPP12はISDS条項が問題であったけど

TPP11はそうでもない。


だから賛成反対の単純なものではないのです。

右は賛成、左は反対、で語れるものではない。


ISDS条項がない日本が不利にならない自由貿易体制ならありだ、

という考え方があります。


そこで動いてるのが今まで隅っこに追いやられていた経産省官僚で

ありますね。


最近の経産省官僚はまさかのユーチューバーとコラボしておりますが

(ヒカル君とか)


こんな姿勢は今までの官僚に見られなかったわけですね。

以前、インフォ業界でも元経産省の岸さんが出てきましたが

この辺の動きってのも政治なんです。


んでここで外務省官僚なんかの既存の官僚勢力がいるわけですが

私は日本に来て政治とつながってる友人たちに聞いて分かったけど

やはり官僚内部でも 大きな闘争が起こってるはずです。


経産省の若い新しい動きに対応しようとする官僚たちと

どうもおっさんの外務省官僚たちの対立はどうもある。

(国交省なんかもこの外務省官僚と利益共同している傾向がある)



んでマハティール支持者の中で日本の安倍に好意持ってる人が

一定数いるのは私は不思議だったけども

やはり窓口が 今は経産省だから外務省ではないですから

そこが理由でしょう。


実際マハティールは日本との関係をかなり重視してます。

TPP11を想定してるのは間違いないわけです。


といってもTPP11は中国の一帯一路と敵対するものでもなく

まあまあ仲良く、けどそれぞれの国の独立はしっかりね、

という体制です。


だからマレーシアのマハティールは反米でも反中でもなく

どっちつかずなんだけど TPP11構想というのは


右にアメリカ、左に中国、中央の細長い地帯にまた

日本含めたTPP11貿易体制

というスタイルですから


マハティールはその体制に合わせようとしているように見えますね。


だから官僚組織の中でも新しいルールに合わせる経産省と

既存のアメリカワシントンべったりの外務省を主とした既存勢力の

小競り合いは出てきてるのだろうと思います。


そんで安倍なんかはその辺は変化を察知して2016年くらいから

経産省を窓口として動き出している


という全然違う見方も存在します。


すなわち在日米軍撤退の動きを彼も織り込みだしていると。


そういう意味では日本の政治もトランプのアメリカファーストの

米軍撤退の将来的な動きに対応してきているように見えますよね。


やはり遅かれ早かれではありますが結構早い時期に

在日米軍撤退議論が出てくる国際政治の基礎は整うと思われますので


注目ですね!


















☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
     

  
年収3000万円を強制確定させます

遂に日本に仮想通貨を広めた某仮想通貨開発者が

大富豪コミュニティを立ち上げて動き出しました。

http://socialzine.org/lp/18959/720046

(ゆう:今回注目はこの顔写真の大御所たちも推薦してる

ということです。

私ゆうの師匠の柴野さんも推薦されてるようです。
http://socialzine.org/lp/18961/720046



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
















コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください