無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【暗号通貨イーサリアムのセレニティや POS(プルーフ・オブ・ステーク)について考えよう!!】

2018 5月 11 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


アジア市場はこれからようやく成長期に入っていきそこで暗号通貨が
活躍する
⇒編集後記で

暗号通貨イーサリアムのセレニティや
POS(プルーフ・オブ・ステーク)について考えよう!!
⇒編集後記2で

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
      【予告】

明日の夜から

・ETHの経営陣が強く推薦
・世界三大ベンチャーキャピタルが多額の投資をしてる
・一般人向けICOはおこなわれない
・参加できるのは今回のプライベートセールのみ


というとんでもないICOがスタートする予定です!

【予告ページ】(まだ登録できませんが明日から)
⇒  http://goen-drive-info.jp/trac……/16/lp/129


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



どうもゆうです!

読者さん、おはようございます!



さて、前号にて


【(写真)マハティールが勝利して「カオスに喜ぶ」
マレーシア人の熱気がすごい!!】


っていう号を流しました。



私は日本にいないので分からないのですがどうも日本では

報道規制が敷かれているようで、



あまりこのマハティールのことは報道が弱いようなので

写真みて驚いた人も多かったようでして好評でした。




(写真)マハティールの勝利ですごい盛り上がりようです。
http://yuhfx1.com/gazou/malay/……rwin17.JPG



ちなみに前号で書きましたが、英語圏のメディアでは

それこそトランプが拉致被害者のアメリカ人たちを


救出したとかそれ以上にこのマハティールの勝利がトップで

報道されていたんですよね。私は最近英語のニュースを読んだり見たりする

ほうが多いから、日本で報道が少ないのを見て驚いたのだけど


本当に最近の日本の報道ってのは情報統制がすごいと思いますね。

マハティールが勝ったのは、「GST消費税を廃止する!」ってのが

一番大きかったんだけど、これから消費税を10%に増税したい日本では

官僚たちはどうしても大衆にこの動きを知らせたくないのでしょう。


そういうのをけん制するために、やはり日本の海外に出てる人が

私だけじゃなくて


同胞の国内の人に情報をまた海外からお伝えするのは大事になってくるなんて

最近は思うところです。



さてさて、それで今日はおそらく多くの読者さんが

多かれ少なかれ保有している暗号通貨「イーサリアム」のことについて

書きたいと思います。


というのはイーサリアムとビットコキャッシュは私は長期保有していて

2月3月に安くなったから買い増ししてるんだけど



普通に「自分で稼ぐ」には私個人の意見だけど、

イーサリアムガチホを2020年代中盤くらいまでできるなら


していればその個人は結構稼げる可能性はあるって思ってるんですよね。

(普通はみんな途中で上がったら売っちゃうけど、それだと
貧乏のままなのです)


ちなみにこれは私だけではないようでイーサリアムを長期保有している人

その戦略を持ってる人って金持ちたちですごい多いんだと

最近色々 知ります。


私が100%正しいことはないので、私も時には損することはあるはずなので

この辺は読者さん次第のご自身の自己責任での判断になるけど


ただ個人的意見だと

イーサリアムはやはり長期で5年10年単位で保有してみたら面白い

暗号通貨ではないかなって考えてます。




それで今日はこのイーサリアムの「セレニティ」について

考えて生きたいと思います!


ちなみに下にこの前書いた

ブテリンやギャビンウッドと同じく

イーサリアムの開発者であったチャールズホスキンソンのことも

書いてあるPDFがあるから読んでない人は読んでおいてくださいね~


編集後記で!















■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【ゆう無料レポート】


(全部直リンクです。

上段はPDF、下段は音声です。

現役で利益が出てる考え方なので、学んだ人は儲かりやすくなるかと

私は考えております。)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


↓↓↓

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    【PDFファイル】


【動画で学ぶ】
イーサリアムやADA開発者チャールズホスキンソンから
「未来の非中央集権化思想」を学ぶ!

http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……kinson.pdf



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【以下は韓国株とかやってる私と同じ変人読者は
知っておいたほうがいいです】


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【歴史的!】「南北首脳会談の大成功」でついに
朝鮮戦争が「終了」していく!(韓国と北朝鮮は統一へ)
http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……ekorea.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【トランプ大統領が北朝鮮の金正恩氏を
「非常に高潔な人物」と評価した背景について考える!】
http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……a_cvid.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
       【PDFファイル】



【「恐怖は人間のIQを下げる」という投資やビジネスで
大変重要な事実について考える】

⇒  http://fxgod.net/pdf/money/kyoufu_iq.pdf




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
       【PDFファイル】

【これからの時代「貯徳」できる人が富を得ていく!】
http://fxgod.net/pdf/money/tyotoku2.pdf



【ウォーレン・バフェットから学ぶ「投資」と「投機」の違いとは?】
(仮想通貨でも応用可能な考え方です)
⇒  http://fxgod.net/pdf/money/buf……otouki.pdf




「1日1時間を自分のためだけにあてよう」
(バフェット名言から考える)
⇒  http://fxgod.net/pdf/money/buf……1jikan.pdf



【神投資家のウォーレン・バフェットが裏情報(インサイダー)ではなく
公開情報を徹底的に読み込む理由とは?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/money/buf……jouhou.pdf




【なぜ大富豪のバフェットは大都市ニューヨークではなく
田舎のオマハに住むのか?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/money/buf……_inaka.pdf



【投資の神様バフェットはなぜモダン・ポートフォリオ理論を批判し
「集中投資」をするのか?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/money/buf……tfolio.pdf



【バフェットから学ぶ「ガチホ(長期保有)の哲学」】
⇒  http://fxgod.net/pdf/money/buf……kihoyu.pdf




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

   ゆう音声プレゼント】

「損失額を最初に確定して戦略的リスクテイクをしていくと

ガチに人生は変わる!」(確率が非常に高い)

という音声です!


⇒  http://fxgod.net/onsei/fx/hatt……settei.mp3



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【ゆうプレゼント音声】


人生を「唯一」変える3つの方法とは??

⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……eru3tu.mp3



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




【ゆうプレゼント音声】


金持ちと貧乏な人の「考え方、思考方法の大きな違いとは?」

⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……shikou.mp3




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【ゆうプレゼント音声】


投資やビジネスで結果出すための考え方です。

教材や塾で結果を出す人と出さない人に分かれるんですけど

それは個人の資質というよりは以下で語られているような

取り組み方の違いですので、知っておいてください。


「判断を繰り返す」


⇒  http://fxgod.net/onsei/fx/hatt……kaeshi.mp3
(30分くらいです♪HIPHOP系の音楽付きです)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★














===============編集後記===============

さてさて、私はここ最近マレーシアの選挙はかなりアジア圏では

重要な選挙だと見ていたのでかなり忙しく動いておりましたが


マハティールが勝利してベストな選択をマレーシアの人が取ったので

大変興味深く見ておりました。


ちなみにもう世界で英語圏ではこのマレー選挙が

トップニュースで日本以外では

報道されていましたから、


やはりマレーシア株なんかも世界の投資家の間では注目されてますから

仮想通貨やFXだけと視野をせまくしないで

各国の、特に海外の株なんかも日本人は証券会社開いたら簡単に

買えるのですから


チェックしてみるといいと思いますね。


前時代的な人は新興国株は危険だ、なんていいまして

日本の自分で投資していないアナリストがよく言いますが


それは投資している人間からしたら違うと思っていて

私はアメリカ、日本、韓国、中国、インドネシア、マレーシア

と各国の株保有して株主になっているけど


やっぱり最近はアジアが安定してますよ。


ジャブジャブマネーQEを続けてきた

先進国であればあるほどなんかこう不安定だな~と思いますよね。


アジアの時代になる、なんてのは10年前から言われていたことだけど

いよいよ政治というファンダメンタルを見ていると


アジアの成長基盤のファンダメンタルがしっかり整いつつ

ありますから


(韓国+北朝鮮も、フィリピンも、マレーシアも)


いよいよアジアは本格的な成長期を2020年から開始する

ってことで


今までのアジアの発展はまだ導入期に過ぎないというのが

私の見かたですね。


たぶんこれはその通りになると思います。


成長サイクルとして

1導入期

2成長期

3成熟期

4衰退期


というのがあるのだけど日本なんかはやはりもう

3の成熟期から衰退期に入ってますが


これからのアジアはやはり2の成長期に本格的に入っていくことに

なりますね。


アナリストなんかはそれがもう2成長期が終わって次は

3成熟期に入っていくなんていってる人がいますが


それはかなり「ずれていて」彼らはやはり儲けられない人であって

この成長サイクルでの期日の捉え方がずれてるんです。


やはりこれからアジアと中東なんかはいよいよ成長期に入ると

私は見てますね。


例えば、私が書いてきたように

中国のGDPは2020年代中にアメリカを逆転していくでしょう。


昔はこういうことを書いたらネットウヨたちが

興奮して色々言って来たものだけど


もう最近はどうもみな薄々とそれに気づいている感じです。



んで、このアジアの成長期においてやはり重要な役割を

果たすだろうものが暗号通貨であると思いまして、


特にイーサリアムなんかは私は注目しているわけですね。


先進国というよりは上のチャールズホスキンソンのPDFの中に

ある動画で説明されていたように


これから発展していく新興国でこれらの暗号通貨の需要は

すごい上がってくるかなと思います。



ちなみにこれから世界、特にアジア中心で世界はどうなっていくか?

ってことだけど

格差格差言われてる日本だと想像できないだろうけど


大量に中間層が登場するわけなんですよ。


するわけなんですよ、って決まったように書いてますが

私は色々自分で見てきて頭の中で総合して因数分解みたいな

計算してそれは分かるんです。



これは大きな世界のダイナミズムでして、例えば

私がメルマガで書いてきたように南北が和解していって


そんで米朝国交正常化がされて平和条約が結ばれてって流れも

たぶん今のニュース見ているとその方向になっていると

分かると思うんだけど


大きくはそのように仕組んでるんですね。


帝国覇権のアメリカを一度衰退させますが

その代わりアメリカ帝国があって発展できなかった諸地域に


大きくは資本主義を導入していき、そこでは

大企業支配というよりは中小企業や個人が中心となる経済体制だけども


そこで中間層を大量に創出して世界経済の成長率を維持していく

という覇権戦略が存在していて、全てはこの動きで動いてるわけですね。


マハティールが勝ったのもその流れでしょう。


だからこれから世界で大量に中間所得層が創出されていく、なんて

日本のマスコミの「格差は問題だ~」みたいな報道ばかり

日本語で見せられている人は想像がつかないと思うんだけど


これはマレーシアに住んでみたら、タイとかに住んでみたら分かりますよ。

もう明らかにその方向性で経済発展が多極的に起こってますから。

アジア中心に。


だから将来的には日本の経済は泣かず飛ばずで

対して成長できないけども、


日本以外では経済成長がどんどん進みましてですね、

そこで中間層が大量にできるんです。


これはもうイギリスのファンドなんかは調査レポートを英語で

出していて、もうイギリスなんかはそれに準備しているわけです。


だからやはりイギリスは狡猾であるけども頭が良いわけでして。


だから今の大体年代としては5歳とか10歳くらいの子供が

アジアで成人してくるころにはですね、


アジアで大量の中間層が創出されておりまして、

彼らが消費を支える時代になるわけですね。


んで企業株価というのはやはり強い消費に支えられますから

例えばアジアのマレーシアのクアラルンプール総合指数だとかは

上昇していくでしょう。


韓国のKOSDAQに関しては韓国も少子化問題が

日本ほどではなくても進んでいたけど


北朝鮮市場というのが開放されていくとやはり長期で

伸びるシナリオは私は見てますね。


インドネシアのジャカルタ総合指数なんかもどんどん

この10年20年で上昇していくでしょう、これも鉄板的に。



この辺が見えていると長期投資ってめちゃくちゃやりやすい

んですけど、


いかんせん日本ではこういう情報が入ってこないようになっていて

例えば中国なんかに関しては20年前から


「中国経済は崩壊する~~」なんてやっていて

アナリストまでがそれに影響受けていたわけですが



ここで大きく儲けのチャンスを失った人は多かったわけです。


私は逆に2010年くらいから中国の経済はどんどん

拡大するって書いていたのだけど

いかんせん、当時から無視されてました。


大きくは日本人全体が貧乏になる情報ってのが

こうマスメディアに選択されて流されているってのが日本の情勢ですね。



それで、ここでアジアやら中東やらで

中間所得層がどんどん出てくるわけですが


そこで重要になるのが暗号通貨でして、この暗号通貨は

一つの中間層創出のインフラになると私は見てるんですね。


そこにAI人工知能が暗号通貨のイーサリアムの

スマートコントラクトなんかとくっついて、


個人たちがお金を稼ぐインフラとして機能するようになっていくでしょう。


それで、今号はイーサリアムの「セレニティ」を考えたいと

思います。



プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work)とか

プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake)とか

聞いた事ある人も多いと思いますが


この辺もやはりイーサリアムを長期保持するための一つの

根拠となると思うので


今号ではそれを勉強しましょう!







===============編集後記2===============


それでイーサリアムのことを学んでいるとやはり

出てくる言葉がそれが

「セレニティ」だと思います。


イーサリアムってのは過去何度もアップデートを行ってきて

より使いやすい形に進化を遂げておりまして、


だから最近なんかはICOといえばやっぱりイーサリアムですよね?


だからイーサリアムのことについて知っておくのは大事ですよね。


んで、イーサリアムは何度もアップデートしていたんだけど

2018年か2019年に行われるアップデートが


これ「セレニティ」っていう最終形態であるわけです。


これは暗号通貨の塾とかでも塾長が時々言いますよね?


んでもう少しこの「セレニティ」について知ったほうがいいと

思って


私は補足として書くのだけど



とりあえずイーサリアムは今のところアップデートとして


1 フロンティア(2015年)


2 ホームステッド(2016年)


3 メトロポリス(2017年~~)


4 セレニティ(メトロポリスがずれこんでるから2018年か

もしくは2019年以降か?)



が今のところ実施終了、もしくは実施されているわけです。



それでよく「マイニング」って言葉が最近出てくるけど

このマイニングはもう理解している人が多数ということで


説明しないので、詳しくはググってほしいけど


とりあえずセレニティではこのマイニングって言う今までの

概念が変わってくることが言われてるわけですね。



これはイーサリアムの言ってる事として



「リリースステップ4:セレニティ


我々が議論することとして残っているのは1つだけである。


それは従来型のプルーフオブワークでは、(マイニングという工程で)

無駄に電力を消費し、イーサネットワークにとって非効率的です。



私たちのソフトウェアで必要以上に、

大気を暖かくしないことが大切です。


これには、アルゴリズムの修正が必要です。


それなのでプルーフオブステークが予定されています。


ネットワークを、プルーフオブワークから

プルーフオブステークに切り替えるために


フロンティアとホームステッドの間の移行プロセスと同じように、

実質的に大幅な切り替えが必要になります。



同様のロールバック手段が必要になるかもしれませんが、

より洗練されたメカニズムがすべて導入される可能性もあります。


(例えば Proof of Workを支配的に機能させ、

両方のメカニズムを一緒に実行し、

Stakeの証拠が異なる出力を出す場合にはフラグを立てるなどです。)



これは遠い道のりですが、仕事は進んでいる。

従来型のプルーフオブワークは、

他のすべてを除いて最悪のシステムであり、


コンピューターのパワーの残酷な浪費でしかありません。


そしてセレニティ後の

その制約から解放された新しいネットワークにおいては


新規参入者がより速く、より効率的に、参加することができます。


そしてまたより簡単に従来型のマイニングに

抵抗するようにすべきである。



これは、スマートコントラクトをブロックに入れれば

入れるほど大きく進歩していくことでしょう。




こういうことをイーサリアム開発者たちは言ってるわけですね。



だからイーサリアムのアップデートの最終形態である

セレニティにおいては現在のビットコインなんかでも使われているような


POWっていうこのマシンをフル活動してマイニングする

っていう工程から


新しいPOSプルーフオブステークに変更することが

決まってるわけです。



それでビタリックブテリンは基本的にこの方針をずっと

変えていませんから


やはりイーサリアムはこれからは従来型の

パソコンフル活動してそれで電気代使いまくりでマイニングするっていう

POWから POSへの移行が進んでいくのでしょう。



それでイーサリアムでの送金ってのはなかなか良くて

結構早く送金できますよね。


ICOなんかでその便利さを感じ取る人は多いかと思います。


ただこれからさらに多くの人がイーサリアムを

活用していくことを考えるとやはり現状では問題が発生する


というのが言われてることで


だから取引量が増加したときに送金つまり問題が起こらないようにする


ってことをイーサリアム開発者たちは公言していて


この問題を「スケーラビリティ問題」とかいうけど


これもイーサリアム財団が解決していく方向性です。



それでここで上記のPOW⇒POSへの移行が重要となるんだけど


スケーラビリティ問題、送金つまりが起こりやすくなる問題

ってのは


やはりマイニングの問題なんですね。


それで例えば従来の場合だとマイナーの分割ってのが

やりづらかったわけです。



例えばブロックAを中国のマイナーのAさん

ブロックBをシンガポールのマイナーのBさん

ブロックCを日本のマイナーのCさん


みたいに分けるのは難しかったわけですが


これがプルーフオブステークのPOSだと

マイナーを分割して最適化していくことが可能なわけですね。


処理能力が高い人たちに大きなブロックを割り当てるとか

そういうことが可能になりますから、


ここでPOSに移行することで圧倒的に

スケーラビリティ問題、送金詰まっちゃう問題は

解決できるという具合です。




あとはそのほかにはブロックチェーンの外側で取引を行ってしまう

Layer 2 Methodという方法も言われているわけで


とりあえず送金つまり問題は今のイーサリアムでも

結構良い感じで対応はできてるでしょうが


もっとこれが進化するってことです。



そんでこのイーサリアムのセレニティの価値を理解するには

やはりどうしてもそれなので上の


POW と POSの違いを理解することが必要だけども


このPOS プルーフ オブ ステークってってなんだ?


ってことですよね。



一番有名どころである従来型の技術を使ってるビットコインなんかを

事例にすると分かりやすいけど


ビットコインではご存知ブロックチェーン技術が

使われてます。



このブロックチェーンによる分散台帳システムってのが

あって、


それでブロックチェーン上においてその取引が不正か

正式なものであるかを確認するわけですが


それをどうやって確認するか?っていうと

1つの取引台帳を複数サーバーに分散させて保存するわけですね。


んで取引のたびにサーバーのその取引内容を確認検証して

正しいと認められたものがブロック、台帳に記録されていきます。




たとえば、読者さんが持っているその1000円札ですが

まあ誰がどう使ったか?とかそういうのは


1000円札には書いてませんし、とりあえず1000円札は

1000円札なんだけど


ビットコインだと全てのBTCに

AさんからBさんに渡ってBさんからCさんに渡った

ってのが記録が残ってるわけですね。



それでこの記録を改ざんするにはどうしよう??

という視点でも考える必要があるけど


例えば1000BTCがどこかに送られたという形跡があるけど

それを自分のビットコアドレスに送金したと改ざんするには

どうしよう?


という悪いこと考えてる人の視点に立ってほしいけど


これを改ざんするためには、世界中の全てのビットコの

サーバーをハッキングして、記録を全て書き換えないといけないわけです。


無理ですよね?

めんどくさいというか不可能に近いです。



ただこれは量子コンピューターとかが登場したら

その処理速度でなんとかそれができてしまうかもしれませんが


そこでも量子暗号とかが開発されてるだろうから

やはり簡単ではないでしょう。


一方特定の企業の電子マネーとかはそういうものでは

ありませんから、


特定名は書かないけど、まあ世界で流通している電子マネーでも

特定企業の電子マネーでも


セキュリティが強いとはいえ、このブロックチェーン技術と

比べると少し弱いのかなとは思います。


だからこのブロックチェーン技術ってのはやはり

すごい注目されてますよね。



が、ここで問題になってるのがやはり上記の

取引速度が遅くなるスケーラビリティ問題なわけです。


「ビットコインで送金しようとしたら時間がかかりすぎて

ICOに参加できなかった!」


という経験をしたことある人もいるだろうけど

とにかくビットコの送金スピードって遅いですよね。


それでここで出てくるのが上記の


POW から POSに移行すればいいじゃんという

発想なわけです。


それで従来型のプルーフオブワークとは、

ビットコインとかモナコインが採用している取引の検証方式

でありまして、


その検証作業をすると報酬として、一定確率で

新しいコインがもらえるわけで


それがもうビジネスとして成り立ってるわけですね?


これがマイニングとかステーキングとか言われる。



ただここで問題になるのが電気でして、

POWだと電気代がめちゃくちゃかかるわけですよね。


だからマイニング工場なんかでは最新式のグラフィックボード

積んだパソコンがフル稼働しておりまして、


もうずっとそこでマイニングやってると。


こんなのを揶揄して、ビットコインなんかの

POW方式の暗号通貨は金本位制ならぬ電力本位制だ

なんていう指摘も出てくるくらいですよね。



それでここではスケーラビラティ問題として

「送金してもなかなか承認されないで送金できない!」


ってことが起こるわけでありまして、


ここでPOSのように最適化ができないから

検証承認の作業がこれすごい非効率であると。






一方ここで出てくるのがPOSでして

イーサリアムがセレニティのアップデートでやる予定のやつです。



それでこのPOSは簡単に言いますと、

従来型の取引の検証作業を手伝った量、パソコンの計算量に

比例して 通貨がもらえる方式ではなくて、


単純にその仮想通貨保有量に比例して、新規発行の

仮想通貨がもらえる仕組みですよね。


正確にはPOSでもビットコインのようにマイニングは必要だけど

ビットコのPOWのように完全な総当り方式では

なくなるわけです。



そのユーザーがヲレットに保有してるコイン保有量と

保有年数に応じて、計算する範囲が狭くなっていき


そんで結果としては「長く多く、そのコインを

ホールドしているひとのほうが新しいコインの獲得に

確率的に成功しやすくなる」


という方式です。



COIN AGE(コイン年数)というのがあって

このCOIN AGEは コインの量×コイン保有期間で

定められるわけですが


沢山のコインを持っていてその保有期間が長い人ほど

COIN AGEが大きくなるわけですね。


んで一度マイニングに成功するとCOIN AGEは減る仕組みなので

POWなんかで起こっている


同じ人や同じ団体がマイニングに成功し続けるという

事態を緩和できると。


これは多くの保有量を持つ人は

自分が大量にもつコインの価値を下げるようなことは

したがらない、という考え方のもとに


成立する仕組みですけど、


この辺の計算量を少なくすることで

高性能なPCで膨大な電気代でマイニングする

ってことをしなくなるので、



消費電力もビットコのPOWより少なくなるってもの

ですよね。



あとは従来型のPOWだと51%攻撃といいまして

世界の計算力の半分を超える計算力を持つ事業体なんかが

あれば


彼らによってブロックチェーンの改ざんが行われてしまう

というのも問題となっていたところでした。


がPOSだとこの51%攻撃が起こりづらいわけですね。


なぜならPOSでもし51%攻撃を行うならば

その仮想通貨を大量に保持していないといけなくて


そこでコストがかかって、さらに51%攻撃を行うと

その通貨の信頼性は下がって攻撃のために集めた

コインが無価値になってしまうからですよね。



だから損するわけです。




なのでこの51%攻撃は起こりづらいといわれているのが

POSの利点ですよね。




それでイーサリアムなんかがPOSに移行するのは

やはり従来型のPOWのままだと通貨の維持に大量のエネルギーを

消費するわけでして


日常生活で使われることを目指す仮想通貨にとっては

維持に莫大な費用がかかってしまうわけです。


また個人的に思うのは電気というのは国家がある程度

裁量を持てる部分でありますから


その電気を基礎として暗号通貨のシステムが保持される

というのはやはり危惧する点はありますよね。



それでこのPOSについてもデメリットは言われていて

低コスト51%攻撃なんかも言われていて


例えば誰か大口が

「おれは金が沢山あるから、51%攻撃が行えるのだ」

とマスコミなんかを通して報道させるわけですね。



それでユーザーの間では51%攻撃が行われるのではないか

ということで売りが売りを呼ぶのですが


そこで価値が暴落してその価値が暴落したところで

一気にその大口が通貨を購入してしまって


ブロックチェーン改ざんを行ってしまうというのが

これ低コスト51%攻撃ですよね。


マスコミの報道に弱い日本人みたいな民族が

簡単にこの51%攻撃にやられそうなそんな危惧も

あったりします。



あとは通貨を溜め込む人がおおくなって 流動性が

損なわれるのではないかなんてことも

言われておりますよね。


この辺も問題として言われてます。

あとはNothing at Stake問題とか適当にその人が

全部の取引を承認しても損害をこうむらないので


そのまま適当な承認をしてしまうとかそういうことも起こりえると。


この辺はイーサリアムなんかはPOSとして用いられる

CASPERで 不正なブロックを承認すると罰をうける

仕組みも導入していくようですが


こうやってとにかくPOSのデメリットをつぶしていく

ということを今行っておりますよね。


この辺がこれから注目です。




それで他の承認システムとしては

やはりメルマガでよく書くLISKの


Delegated Proof of Stakeという

通貨を持ってる人ほど投票できる票数が多くなるという


POSの一種なんだけどこうやって民主主義の考え方を

持って、そこで取引承認する人を決めるみたいな

システムもありますね。


これは実際の世界で言えば沢山税金を払ってる人が

投票数が多くなるようなシステムですが


国民に平等に1票とやってどんどん有権者を拡大すると

官僚的な衆愚政治が生まれるという日本の状況がありますが

(だから選挙権を拡大してるんですけどね。がこれを言っちゃ

いけないことになってる)


だからそれこそアイドルだったり芸能人の候補者になんも考えず

投票する人が多くなったり日本ではしてるわけですが


LISKの開発者はこの民主主義の平等の嘘を理解していて

上記の DPOS のシステムをとってるわけで

これは実は頭が良いと私は思ってます。


だからLISKはやはり将来性は高いといえるわけですね。


あとはNEMのPOIというのもあって


上記のPOSの問題の流動性が低くなる問題を解決するために

通貨を保有する量や期間だけではなくて


取引の活発さも考慮して報酬のもらいやすさを決めるシステム

もあったりします。



だから結構色々な承認システムがあるのですが

今どの暗号通貨もベストな承認システムを研究している最中でして


イーサリアムなんかはセレニティでPOSのほうが

POWよりは良いと判断してそっちに移行していく状況

ということですよね。



それでこのPOSへの移行、セレニティなんかも

これからイーサリアムがアップデートしようとしておりますが


やはりそこでさらにイーサリアムは使いやすい暗号通貨に

なることが考えられまして、


世界中で使われていく可能性、期待値は高くなる

といわれてるわけです。



そういう意味ではこれからのイーサリアムなんかは

注目でして、


最近の金持ちたちがみんなビットコよりも

イーサリアムを長期保有しているというのは


100%とはいえないまでも、

合理的な選択といえそうです。





だから個人的にはイーサリアムは今存在する問題を

片っ端からつぶしてアップデートを実行しようとしておりますから


短期的ではなくて長期的な成長期待値の高い

暗号通貨の1つかな?とは思いますよね。




ということで、

まだ他にもイーサリアムについてはあるのですけど


とりあえずこのセレニティとかPOWとかPOSの話は

一応知っておいたほうがより深く分かって面白いと思いましたので


今号で扱いました。


この辺の技術の部分を色々勉強していくと

長期保有の「根拠」ってのがしっかりしていくので


こう狼狽売りとかそういうのはなくなってくるのだと思いますね。



実は「長期保有こそが一番難しく」


この長期保有をするってことができる人ってほとんどいないんです。


そういう意味では何十年も株を保有し続けるバフェットって

ヤバいのがわかると思いますが


この長期保有にしてもやはり暗号通貨ならそういう

技術的な部分を理解して、根拠を得るってのは大事かなって

思いますね。


チャートを見ながら上がりそう、下がりそうだけでは

長期保有って難しいものなので


上記のような知識も深めていくのが大事だと思いました。



それで長期保有する中から「バズる」ものが出てきて

その個人の資産は増えていくってのが


実際の経済で起こってることですね。


だからやはり外見より内実や理念や思想を見ることが

結局大事かと私は思います。


今号でもPOSのことは全部説明してるわけではないので

興味ある人は自分でもっと調べてみるとよいと思います。


それでは!




ゆう







★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
      【予告】

明日の夜から

・ETHの経営陣が強く推薦
・世界三大ベンチャーキャピタルが多額の投資をしてる
・一般人向けICOはおこなわれない
・参加できるのは今回のプライベートセールのみ


というとんでもないICOがスタートする予定です!

【予告ページ】(まだ登録できませんが明日から)
⇒  http://goen-drive-info.jp/trac……/16/lp/129


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
















コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください