無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【電子書籍「信用経済3.0」の無料配布が金曜日いっぱいで終了です!】

2018 4月 12 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin



どうもゆうです!

読者さん、こんばんは!



さてさて、前号にて

【個人投資家の仮想通貨運用金額は90%が
10万円前後で大多数がレバ取引してる、 という
現実について考える!】


という号を流しました。



かなり今回公開された金融庁の統計データは

大衆と逆のやり方をとるためには重要かと思いますので

前号見ておいて下さいね~



それで明日のお昼くらいから結構良質な仮想通貨のトレード案件が

開始する予定です。


今までFXでも全然稼げなかったけど「師匠」に出会って一気に

仮想通貨で稼げるようになってきた人が講師なので

今まで稼げていなかった⇒稼げるようになってきた

という人でホットな人ですね。


明日お楽しみに!



さて、それでこの前はじまった

「信用経済3.0」という私ゆうが有料でアマゾンで買った電子書籍を

無料でもらえてしまうキャンペーンですが


明日の金曜日いっぱいで終了とのことです。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/




それで今日はこちらの電子書籍の

信用経済3.0を無料配布されてる

丸山さんから読者さんに

メッセージです!


======================


【ただ、生活を送るだけで収益化する新しい経済圏へ】


ホリエモンが遊びが仕事になると提唱していましたが、

本当に現実になるときが来ました。


というのも、普通に生活をしているだけでも、

お金がもらえる仕組みが作られました。


有名なもので言うとベーシックインカムのように

お金が支給され最低限の生活が保障されるものがありましたが、

現実的にはお金をどこから集めてくるのかが課題になっており、

実際は日本でも実現ができていません。



しかし、今回の著者の方が提唱している方法であれば、

資金は確実に集まりまさに生活をしているだけでも、

お金を受取れる社会になります。



詳しくはAmazonで販売されているので、

そちらをご覧頂ければと思いますが、


なんと特別にこの本を無料でお渡しすることになりました。



特別に用意しましたので、

しっかり受け取ったら内容をチェックしてくださいね。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/



===========================



以上です!



それでこの信用経済ですが


以前にこちらの文章で信用経済とは何か?

を説明しました。




=======================

それでこの丸山さんの考え方としては

信用経済というのが近代に誕生して


信用経済1.0⇒信用経済2.0とやってきて
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今はこの2.0の時代にあるんだけども
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それが3.0の時代に突入していく、ということなんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これはどういうことか?と簡単に説明すると


まず信用経済1.0ってのは金本位制がブレトンウッズ体制の終了で

終了してまして、そこで出てきた概念だけど


それは信用をお金に換金して、それで経済が成り立つ

というものですね。



この信用経済1.0の時代においては大きな取引は

現金というよりは信用を媒介にした


手形とか小切手によって取引が行われる。


取引を行うもの同士で信頼性があるから

手形とか小切手での契約とかが可能なわけですね。


逆にこれらは信用がなければ紙くずと同然だと彼は言います。


だから「信用経済」というのはすなわち、



お金とは信用のことである
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


わけですね!


信用を持ってるものがお金を手にする時代が

この信用経済であって、

日本はとりあえず今のところ信用経済で回っているのだ

ということです。



だから「お金というのは信用なのだ」という

原理原則を理解できないと

いつまでたっても貧乏なままなんだ、ということを

この丸山さんは主張されてます。






そして丸山さんなんかは今回もらえる書籍の中で

それを義務教育が教えようとしないことに対して

強烈に批判を加えているのだけど


これは本当にその通りですよね。

それでこの信用経済の一番分かりやすい事例がクレジットカードで

ありますね?


クレカはまさにその人が翌月にちゃんと代金を支払うという

「信用 クレジット」があるから成り立つサービスであって


逆に翌月に払え無そうな人は当然のごとく

クレジットカードは発行されないわけです。



これが信用経済の大変分かりやすい事例です。


それでこの分かりやすい時代ってのが

信用経済1.0の時代ですね。


だから正確に言えばこの1.0の時代はまだまだ

貨幣経済と特に変わりない時代でありまして、


例えば、信用経済1.0の代表格としては

株、小切手、手形、社債なんかですが


ずばり「国や大企業しか発行できない」わけですね。


だからこの信用経済1.0というのはあくまでも

国家や大企業が強い時代であるといえます。



これは今もそんな風潮はあるけど大体1990年代くらいまでが

その信用経済1.0の顕著な時代であったと。


だから「お金を稼ぐ=どっかの信用がある会社の組織に属する」

という考え方になるわけでして


組織に属さなければ経済的な恩恵が受けられなかった時代であった

といえます。


だから今までの時代は

「お金を稼ぐ=どこかに勤める」しかなかったと。





が、そこで出てきたのが信用経済2.0ですね。


これはそう、まさに「インターネットの出現」でもたらされた。



この革命による大きな恩恵というのは

「個人が信用を換金できる時代が到来したことである」

と丸山さんはおっしゃっていて、これは本質ですね。




今まで何かを発信しようとしたら当然テレビ新聞などの

マスメディアを通す必要があったんだけど


いまや個人でメディアを発行できるようになった。


今までは一般人が情報発信するとかはできなかったけど

インターネット革命がそれをぶち壊したんですね。


そこでずばり丸山さんがおっしゃってるのが


「既得権益を信用経済2.0がぶち壊したのだ」

ということです。



そこで起こってるのはまさに今私たちが見てるように

YOUTUBERでヒカキンが何億円もてにしており


テレビに出ていなくてもインターネット上で影響力を持つ

ある種の「インフルエンサー」という人たちが誕生してきたわけです。



インターネットは個人の働き方や考え方を変えてしまった。


だから子供たちはサラリーマンになるより

YOUTUBERになりたいというようになってます。


私ゆうなんかもそうだけどパソコン一台でどこでも仕事ができる

ってのが当たり前になってきて


個人事業のあり方が大きく広がってきたのですね。


それでその信用を換金する装置として、例えば

最近のICOなんかもそうでしょうし


クラウドファンディング、やソーシャルレンディング、

VALU やタイムチケットやFEVERなど


聞いたことない話もあると思いますが

そういう装置が出てきたのですね。



「こういう大きな流れを理解してる個人が

最近大金を稼ぎ出しているのだ」


というのがこの丸山さんの分析で主張なんですね。







ただ・・・この信用経済2.0だけど

例えばYOUTUBERだとヒカキンとか、ラファエルとか、ヒカルとか

はじめしゃちょーとかですね、


ここで「インフルエンサー」という人たちが多く出てきてる

わけですね。


そこで優れた時代を捉える個人たちというのが

大きなお金、年収何億円とかを稼ぎ出すようになってきており


日本企業の法人の経常利益が年間で平均が200万円ちょいでしょうから


それらをたった一人で圧倒的に超えるようになってきているわけです。


ちなみにインフォ業界においては少しもう一桁稼いでる額が多い人が

表に出ていないけど集結してますよね。


ただここで問題があって

「稼いでるのは一部のインフルエンサーと呼ばれるスゴイ人たちだけだ」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
というのもあるわけです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


例えばもっと有名どころだとキングコングの西野さんとか

ホリエモンとか、そういう人たちは個人で稼げますよね。


信用があるから。


そういうほんと一部の人しかインフルエンサーには当然なれない

というデメリットが信用経済2.0にはあるのだ


というのがこの丸山さんの分析でありまして

まさにその通りですよね?



そしてこれからの時代は「信用経済3.0」に移行していくのだ

というのが丸山さんの分析でありまして、



ここでは「無名の個人であっても自由に信用を換金できる時代」

に入っていくと。



信用が無くても簡単に作ることもできてしまう、というのが

信用経済3.0です。


そのキーワードは今号で書きませんが


○○○○グです。



例えばこの信用経済3.0が到来すればそこで

大多数の個人が会社に依存することもなくなりますし


対等な立場で会社にも交渉ができる、というのが

丸山さんの考え方です。


そしてその信用経済3.0の仕組みについては

今回の案件の無料でもらえる電子書籍で明らかにされてます。






======================




以上です。


このこれからの時代の信用経済の移行についての大きな流れ

っていうのがこの本に書かれていますね


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/


それでこの本は本当にそうだろうな、とか私は思っていて

例えば私はマレーシアにいて


GRABというタクシー配車サービスを良く使うんですね。


このGRABの詳細は以前にかなり書いたから割愛するけど

白タクサービスで、個人のドライバーたちが

自分の車をタクシー代わりに迎えに来てくれるわけですね。



それで面白いのが接客態度というところで

これは本当に日本のどのタクシードライバーよりも

接客が素晴らしい、みたいな人が結構多いんですね。


だから逆に日本のタクシーに乗ると無愛想さに
びっくりしたりするけど


それくらい愛想が良い人が多い。丁寧だし。



んでなんでこんなドライバーばかりなのか?というと

やはり評価システムみたいのがあってですね、


これで結構良いドライバーたちが生き残るようなシステムなんですね。


お客さんから実際に「信用」を沢山獲得したドライバーが

沢山のお客さんを一日で乗車させられるわけで

まあ儲かるわけです。


だからここマレーシアでも信用がお金になる

ってのはもう出てきている現象なんですね。


世界中でおきている現象です。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/




それでこの信用経済3.0の本では印象的なことが沢山

語られていまして、


以前も私が「個人の逆襲」と書いていたけど

それと似たことが書いてましてですね


「一般庶民の逆襲」ということが語られています。


というのはいわゆるインフルエンサーって言うけども

やっぱりテレビの芸能人とかって昔から

インフルエンサーとして

強いですよね。


最近日本のネットを見ていても

テレビの芸能人がああいった、こういった、


これらがよく報道されてたりします。


事務所に所属した既得権益の中でインフルエンス(影響力)を

増していたインフルエンサーだったけど


ある意味このインフルエンサーって私の考え方だと

サラリーマンとあまり変わらないわけですよね。


テレビ局とかテレビの世界みたいな


大きな電波なんかの既得権益で守られてる会社があってその中の

会社員として芸能人がいる、みたいな感じに

私には見えてます。


だから私が子供の頃なんかはそれこそテレビの芸能人って

すごい位置づけでしたよね。


ヒーローでしたよ。


ダウンタウンとかビートタケシとか。


やっぱり子供たちの学校での話題はこれらのテレビ番組のことであったし

強力な影響力を芸能人たちが保持していた。


けど・・・数十年したら時代は変わるもので

最近だとユーチューバーだとかあとはインフォ業界の

有名人なんかも話題になっていたりしますね。


私が覚えているのが以前に日本で電車乗っていて

学生たちが与沢さんの話していましたよ。


就職活動がおかしいと思ってる学生たちにとっては

与沢さんって一部アイドルみたいな部分があって


その学生とはちょっと私も「彼すごいよね」みたいな部分で

話しちゃったんだけど


明治大学の学生だったんだけど、まあ

彼らの話題ってビートタケシやダウンタウンじゃなくて

与沢さんだったりしたわけです。


また子供たちはユーチューバーの

ヒカキンさんのことを話しているだろうし、

大人はラファエルとかヒカルさんなんかの話もしてるだろうし



完全に「個人」がこうインフルエンサーとして

出てきたってことですよね。



この辺が信用経済3.0の大きな主旨として

語られているわけです。



ただ今までの信用経済のあり方というのはあくまでも

「強い個人」がインフルエンサーとして存在できたわけで


今新しい個人としてのインフルエンサーと呼ばれる人は

まあすごい能力を持ってる人たちばかりなんだ、


と思いますよね。


ヒカキンさんなんてあの人動画をずーっと全部1人で

編集してるわけですから。


若干スーパーマンですよね。


いわゆる一部の超能力の高い人たちにインフルエンス(影響力)が

集まっているのが今の時代だと思いますよね。


ただこれは残念ながら私たちパンピー(一般人)は

これヒカキンほどの能力はないのが通常なわけです。



しかしこれは丸山さんいわく 信用経済2.0までの

形式であって


信用経済3.0の形式にこれから移り変わると

それこそ「無名な個人」でさえも、


稼げるようになってくるのだ、という主張なんですね。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/


これは私なんとなく感じていて

というのが私ゆう自身が ゆうとかいうありふれた名前で

顔も出してませんが それこそブログなんかは


顔どころかアイコンが変な人形のアイコンなんです・・・(笑)


けどやっぱり稼げるようになってきてるってのはあって

こういう人って最近増えてきてるんですね。



無名の個人でもどんどん今の時代稼げるようになってきている

ってのは事実だろうと思いますよね。



これからの時代、まさに貧民が一気に富豪へとのし上がることが

可能になる、ということを丸山さんはおっしゃってるのだけど



実のところ今回の丸山さんなんかはそうで、

今や富裕層だけども


彼のことも知らなかった人多かったと思います。


が、実は後ろでかなり頑張ってた人でやはり個人として

稼げるようになって来た人なんですね。


これからだからどんどん「無名の個人」でさえも

稼げるようになる時代である、ってことですよね。



ちなみに書籍の中で一例が出てくるのだけど

丸山さんの知り合いに女性の起業家コミュニティを運営してる

50代の女の人がいるらしくて



この人はもともと普通の主婦さんだったと。


それでこの女性は元々営業職をやっていたのだけど

そのノウハウをブランド化して、それで女性が起業する道

ってのを示してそこで信用を創造したんだそうです。



それでSNSでの発信とかセミナーとかカフェでのオフ会なんかを

やってきたようですが


そこで信用増幅を行ったと。



そしてその信用はやがて100名近くのコミュニティメンバーになって

彼女は今は月50万円くらいは稼いでるらしいんですね。


たぶん稼ごうと思ったらもう一桁いけるのでしょう。



このように最近徐々に「無名な個人」が稼ぐ事例が増えてまして

まさに「一般庶民の逆襲」が始まってるってのが


丸山さんの話で、なんか希望が持てるから

面白い本でしたね。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/




それであとは他にも色々書いてるんだけど


重要だなと思ったことが


「チャレンジしたやつが勝つ時代」になっていく

っていうことです。



これは最近だと業界の重鎮である川島さんも

おっしゃってることですよね。



丸山さんが言ってることは

「これからの時代はとりあえず アクションさえ

起こせば稼げるようになってくる」


ってことですよね。



この辺がちょっと今までの経済スタイルと違うんだ

という話でして


それこそ今までの時代ってのは億万長者になった人間は

明らかに圧倒的な行動量をもって富みを築いてきたわけです。


今億万長者になってる人たちを分析すると

やはり行動量が桁外れですよね??


けどこれってなかなか一般人には真似できないことであろう

と思います。


私なんかも回りにスゴイ人が多くいるのですけど

その圧倒的な行動量はもうスゴイというしかなくて


私みたいな一般人には同じ人間とは思えないわけです。

この感覚は読者さんの多くも納得していただけるのではないかと。


ただ信用経済3.0はその辺が変化してくるってことを

丸山さんは主張されていて



それが特に「リスク」の問題なんです。


信用経済3.0において負うべき「リスク」は圧倒的に
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
低くなっていく
~~~~~~~~~~~~~~

ってことなんです。



多額の借金を背負う必要もなければ、

無収入状態が続くリスク、これを背負うこともないわけですね。



今までの時代で付きまとってきた「お金を稼ぐためのリスク」

が極限まで縮小するのが信用経済3.0のこれからの

時代の形だから、


本当にこれからの時代は「アクションを起こせば」

誰でも本当に稼げるようになるんだ、


ということなんです。



ただこれは当たり前のことで、

なぜリスクが低くなるのか、なくなるのか?

ってことですけど


信用を作るためにリスクって必要だろうか??


って話ですよね。


例えば読者さんが友人と仲良くなったとき

それは信用をお互いに形成してるけど


ここで「リスク」ってありますかね?


ってう話なんです。


友人と仲良くなるためにリスクって存在しないですよね?


だからここで丸山さんがおっしゃってるのが


「至極単純な話、信用を作るのにリスクなんて

必要ないのである」


ってことです。



これが信用経済3.0の強みであると。



その辺がまとまってる書籍です。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/



それで実はこれが日本で就職ランキング1位2位を

公務員と大企業が独占してる理由でもあって


やっぱり大学卒業して起業ってリスクの塊じゃないですか?



私なんかは分かるけど私の場合はそもそも当時

早稲田出たとかいっても起業のノウハウとか

考え方とかは全く学んでませんから


無知だったわけですよ。


ただ就職はしたくないと。


だから結局就職活動しないで、派遣社員とかやっていたんです。

時給は1300円でした。


けど簡単に首になります。


まあほんと就職しないことってリスクだったんですね。


今の時代もその名残が残ってると思います。


だから私なんかも将来は全く分からなかったわけですけど

まあなんとか 1個の職場で首になったり、

あとは派遣期間が終了したら、フロムエーとかで職を探して

生き延びていたという感覚でした。



リスクが極めて高いんですね、就職とかしないと。

今の時代。


そこで起業しようにもお金がまず必要で

知識も必要で、借金するとなるとこれは

リスクを背負います。



もう知識的に八方ふさがりなわけです。

当時はネットもまだISDNの世界でしたから。


要するに今までの信用経済2.0の時代は

どうしても動きたい人たちはいたけども

その人たちの足を止める強烈なリスク、が存在してた。



今までは失敗したらどうしようとか

まあそういう不安ってのが多くの人にあったのだ

と丸山さんは言います。



そのほかにも 会社にばれたらどうしようとか

変な噂広まったらどうしようとか

失敗して借金まみれになったらどうしようとか


そういう「不安」が人々の足を止めていたと。


そこで人々は「結局何もしない」という道を選ぶわけですよね。


それで結局 就職活動で公務員か大企業を目指すという

無難な選択にたどり着く人が大多数です。



しかし・・・信用経済3.0ではそもそもリスクがないわけですから

誰でも「アクションを起こせば」お金が稼げてしまう時代なわけです。


こういう大きな変化が徐々に起こってるのだ、

という話でしたね。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/




それでこれはもう最近大きく起こってきている事象で

例えば中国の17Live いちななライブ ってありますよね。


これで稼いでる日本人って最近増えてるんですね。


これはライブチャットアプリなんだけど

スマフォでまさに「無名な個人」の

ライブチャットを見ることができまして


これが結構人気なんです。


んで見てみると分かるんだけど

「ずっとカラオケで歌ってる」みたいな動画が

結構流れてるんですよね。


ただこれは馬鹿にできなくていわゆる投げ銭システムってのが

あって



そこでこの「カラオケで歌ってる」だけなのに

そこでお金を月数百万円稼ぐような猛者も出てきたわけです。


去年あたり。


ここにおいて「リスク」ってないですよね。


だって「ただカラオケで歌ってるところをカメラ置いて

ライブで放送してるだけ」


なんですから。



ただカラオケで歌ってたら 日本人が日本語で歌う動画は

珍しいから中国人たちが投げ銭してきたりして


数百万円とか儲かる人も出てきていると。



これも信用経済3.0の形に近いですね。




⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/




だから最近はリスクとかほとんどなくて

「やれば儲かる」みたいな時代になってきてるんだということです。



昔とは時代が変化してきてるわけですね。


多大な広告費を投じてそこで勝負するとかそういうものではなくて

ただ日常を過ごしているだけで


お金稼げちゃうみたいな。



たぶんだけど

例えば海外旅行好きな人は海外旅行している間に

ライブチャットで動画回してるだけで


それ繰り返すだけで数十万円以上稼げちゃうんじゃないですかね。


リスナーさんと会話してるだけでも。


そういう意味ではすごい時代に突入してきたな

という感じはしますよね。


カラオケ歌ってるのを配信するだけで儲かる時代になってきてる

わけだから。


そういう大きな流れを説明してるのが

丸山さんの信用経済3.0の書籍でして


そういう意味で結構面白いこれからの新しい経済の

仕組みを説明してるので


面白い書籍だと思いました。


それで今回はこの書籍、私は有料で買ってしまったけど

今日の4月13日までは無料でもらえるそうですから


読者さんが気になるようでしたらぜひ読んでみてくださいね~


では!






⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/










コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください