無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【目覚まし時計使わず自然に起きたほうが人間は健康である説】 を考える!

2018 4月 07 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【目覚まし時計使わず自然に起きたほうが人間は健康である説】
を考える!
編集後記で
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


どうもゆうです!


読者さん、こんにちは!


さて、前号にて

【海外移住は本当にハードルが高いのか?】

っていう号を流しました!


実際は簡単にまとめると

ハードルは全然高くないでしょ、今の時代、

って話を非常に具体的に書いたのですが


世の中で出回ってる常識となってる認識とか、そういうものには

本当に嘘が多いな~~と思うわけですね。


海外に住むのはハードルが高いと思わせることで

為政者はその国で奴隷扱いしてる人たちをその国にとどめておくことが

できたりするわけで、


大きく、私たちの常識とかそういうものは「為政者によって作り上げられてる」

といえますね!


さて、それで今日は「睡眠」について書きたいと思います。

実は投資でもちゃんとした心理状態を維持するために睡眠は

大事だと思うんだけど


多くの人はそれこそ「目覚まし時計」で起きて、生活しております。

よく言われるのが 「○○大学(権威)の教授の調査だと

一日7.5時間の睡眠が良い」とかいうものですが

これ本当だろうか??と。


よく、テレビの健康番組でもそういうのやってると思います。


一方、私ゆうは目覚まし時計というものを持っていませんので

自然に目覚めて生活する、ということをもう数年行ってるのだけど

そこで「どっちのほうがパフォーマンスあがるか??」ってのが

私の自分自身の実験で分かってきてるんです。


要するに私ゆうは「目覚まし時計使わず 自然に目覚めるを

実験してみた」みたいのを数年やってまして、そこでわかってきたことが

あります。


睡眠時間が7.5時間前後が長生きだ、とかあれらの

健康説は疑ったほうがいいと思う。


編集後記で!








★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【なんと!全て完全無料で「億り人からの希少情報」が貰えます!】


なんと仮想通貨の「億り人」(1億円以上稼いだ人)から

「仮想通貨の未来爆上げカレンダー」をもらえます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

仮想通貨で稼ぐための
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
59万6000円相当の内容⇒無料(タダ)です
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/
(期間限定)

※しかも仮想通貨を始めるうえで
知らないと大損してしまうポイントを
まとめているマニュアルも貰えます!!

例えば、
・各取引所で違う手数料マニュアル

・送金時に起こるトラブル

・詐欺問題

・セキュリティ問題

・税金対策


などがまとまっていて無料です!

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




※以下はPDFのプレゼントで6ファイルあります。

【これからの時代「貯徳」できる人が富を得ていく!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/money/tyotoku2.pdf



【ウォーレン・バフェットから学ぶ「投資」と「投機」の違いとは?】
(仮想通貨でも応用可能な考え方です)
⇒  http://fxgod.net/pdf/money/buf……otouki.pdf




「1日1時間を自分のためだけにあてよう」
(バフェット名言から考える)
⇒  http://fxgod.net/pdf/money/buf……1jikan.pdf



【神投資家のウォーレン・バフェットが裏情報(インサイダー)ではなく
公開情報を徹底的に読み込む理由とは?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/money/buf……jouhou.pdf




【なぜ大富豪のバフェットは大都市ニューヨークではなく
田舎のオマハに住むのか?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/money/buf……_inaka.pdf



【投資の神様バフェットはなぜモダン・ポートフォリオ理論を批判し
「集中投資」をするのか?】
⇒  http://fxgod.net/pdf/money/buf……tfolio.pdf



【バフェットから学ぶ「ガチホ(長期保有)の哲学」】
⇒  http://fxgod.net/pdf/money/buf……kihoyu.pdf






★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆














============編集後記=============

さて、今日は睡眠のことについて書きたいと思います。

というのが結構睡眠って大事だと思ってまして、


例えば投資をするために色々テクニカルのことを勉強したり、

あとは政治経済のことを学んだり、


あとは資金管理学んだり、

最近だとICOのことを色々学んだり、本を読んだり、


まあ色々私たちは日々 経済活動を行うわけですが

その中で「睡眠」というのは超大きな役割を果たしているんではないかな?


と私は思うわけです。


というのが実はこの前なんだけど私ゆうは普段

「目覚まし時計を使わず自然に起きる」ってのを長年やってるのだけど


久しぶりに無理やり眠いのに仕方なくスマフォのアラームとかを

使って起きたわけですね。


大使館に行く用事がありまして、そこでパスポートのことやら

やることがあったので


普段は無理やり起きるということはしないのですが

久しぶりに無理やり起きたわけです。


睡眠時間は7時間くらいだったと思います。


しかしその日もう一日中眠さでだるくてですね、

もう何にもやる気が出ないのですね。


普段は本とかを読むのですがそれも読む気にならず

やる気も出てこず、


とにかく1日中、自然に起きていないからだるいわけです。



それで「あ、この感覚覚えている。この感覚は俺が労働者のころに

毎日のように襲われていた感覚だ」とふと思いまして、


そこで改めて「人間は自然に起きないとダメだな~」なんて

思ったわけです。



ちなみによく言われてるのが

たぶん読者さんも聞いたことがあると思うんですけど


「○○大学の調査によると

40~79歳の男女約10万人を、10年間にわたって追跡調査したところ

対象者の平均睡眠時間は男性7.5時間、女性7.1時間でしたが、

死亡率が最も低かったのは、

男女とも睡眠時間が7時間の人たちでした。

睡眠時間が7時間より短い人も長い人とも、死亡率が高くなるようです」


みたいな研究です。


これで行くと、私が無理やり起きた7時間という睡眠時間は

死亡率が低いはずなんだけど


ただ私の場合、相当7時間の睡眠だとだるいわけです。


もう1日中やる気も何も起こらない。


ただ眠い。


が、この研究結果というのはテレビの睡眠関係の番組で

やたらと放送されてるわけですが



「それって本当なの??嘘じゃねーの??

労働者という奴隷を睡眠時間少なく働かせたいだけじゃないの?」



なんて、思うわけです。




もうだから洗脳ですよ。


ちなみに多くの人に疑って欲しいのはマスメディアやら

ネット検索で大手が流している健康情報でありまして、


実は健康情報ってのは大きく情報統制されてる分野なんです。


これはちょくちょく書いてますね。



健康情報の大きな情報統制体制というのは世界的であって


まずWHO(世界保健機関)という怪しい団体がおります。


実はこれはナチスとかあとはよく言われるN,WO系といわれる。

人類の健康を牛耳りたい勢力なんていう言われ方も一部

頭のいい人たちの間ではされてたりするけども。



例えば悪名高い抗がん剤だとか添加物とか

あとは多くの若い女性が副作用で人生を壊されている

子宮頸がんワクチンなどのワクチン、、それらを肯定してるのが

彼らWHOです。


例えば日本の多くの病院の治療方針である

「患者の免疫力を下げる薬を投与して、

一時的にその免疫反応を抑えて、表向きの症状が良くなったように見える

治療」


というのも彼らWHOの影響が極めて強い。


実際は体外に化学物質などを排出しようとして

人体が防衛反応として行っている免疫反応を

抑えてしまうのだから、どんどんその人は不健康になる

のだけども。


それでそのWHOの下に各国の医療の省庁があるわけですね。


支店のような感じで。日本だとそこに厚生労働省の官僚たちが

おりまして、あとは、日本医師会とか、製薬会社とか

その辺の利権も絡んできます。



それで彼らの思想に沿った情報だけがネットの検索とかで引っかかり

テレビの情報でも番組化して伝えられる、


という情報の流れがあるんです。



それで「睡眠時間が7時間とか7時間半が健康」とか彼らは言うのだろうけど

それは本当なのか??


ってことですよね。



「死亡率が最も低かったのは、

男女とも睡眠時間が7時間の人たちでした」



と、彼らはやたらプロパガンダするのだけど

実際に日本なんかは慢性病で苦しんでる人がやたら多くて


最近だと欝なんかも多いでしょう?


本当にその睡眠時間って健康なの??


って私は思うわけです。



まず私の場合 何かしらの権威である教授とかがマスコミで

発表したものは強烈に疑うということをするのだけど


やはりこの睡眠時間の話も嘘であろうと思います。



というのが、多くの人がこの健康情報、だから


「7時間の睡眠が健康なんだ~プロパガンダ」


を見せられて、


日々目覚まし時計でおきていると思うんです、日本は特に。


ただ朝の満員電車を見てください。


みんな目が死んでますよね。


もう眠くて眠くて仕方なく、立ったまま寝てる人とかいませんか??


それで眠いからもうキリキリしていて、イライラしていて

「乗客内トラブル」ってのも多いと思います。



その7時間睡眠の人が多いのが、おそらく

朝7時半~8時半の満員電車の車内であろうと

思いますが



あの電車に乗る人たちの精気の無さを見たら


人間は7時間が健康説は明らかに疑うべきものだと思います。



それで・・・私ゆうの話なんだけど

私の場合、もう中学生のころからこのあたりは疑問を感じていて


中学生のころは「睡魔」という小論文を書きまして、


それが小論文コンテストで表彰されたくらいです・・・(笑)



内容は 

「ただただ中学生の俺は眠い、眠いのだ、

けども朝起きて学校に行かなければ行けない。


あ~ただただ眠い」


という内容をとにかく書き連ねてるもので、


「なんでそれで表彰されるんだ??」


と周りの友人にかなり多く突っ込みをいただいた小論文だったんだけど

なぜか優秀賞かなんかだったか忘れたけど


これは優れている、ということで

すごい表彰されたんです。


要するに子供たちはその睡魔の意味が分からなかったけど

たぶん評価する大人たちは、そこに何かしらの意味を感じ取って

表彰してくれたんだろう、と思います。



ぶっちゃいうと当時、眠いのに学校というシステムの中で

登校しなければいけない理不尽さを小論文、小説みたいな感じで

表現したのだけど



たぶんその皮肉、が大人たちの審査委員たちにはまったんだろうと

思う。



まあそれで私なんかはちゃんと寝ないとパフォーマンスが発揮できない

と小さい頃から気づいてまして



だからこの


「眠れない社会」


に疑問を感じていたわけです。



最近だと 眠りたい人もマスメディアの情報によって

「7時間の睡眠が長生きです!さあ、眠くても起きて

働きましょう!!」


と強制されるわけですが、


これ何かおかしいと思いませんか。



それで、実際に私なんかはこの数年ですね、


「自然に寝て、自然に起きる生活」をずっとしてきたわけです。


それでまず起こったこととして、



資産が増えてきました。


海外移住もできました。


英語も話せるようになりました。


韓国語も話せるようになりました。


最愛のパートナーができました。


日々のんびり暮らせるようになりました。


本をよく読むようになりました。


どんどんマイペースだけど成長はできるようになりました。



こういう現象が実際に「自然に起きる」を実践しだしてから

起こるようになってるわけです。



そこの因果関係というのは私はよく考えるのですね。


というのが、「自然に寝て自然に起きる」ってことをしてる人って

おそらく日本では超少数であると思いまして、


まずそういうフレックスの労働体制が許されておりませんから、

朝9時には出社しないといけない人が多いから


目覚まし時計で「強制起床」してる人が大多数だと、思う。


だから自然に起きるということをしてる人は少数派でしょう。



しかし私がこの「自然に目が覚めておきる」ということを数年やっていて

実感として分かってることなんだけど


まず、「あ~~よく寝た」って言う言葉を起きたら

言うことが多いです。



そこで脳みそに起こってる現象としては

「頭の中が相当クリア」なんです。


だからその日やりたいこと、もバンバン考えるし、

創造性みたいな部分もすごい上がってると思います。



あと自然に起きることのメリットとしては強制的に目覚まし時計で

起こされていませんから


頭がクリアなので、「本とか長文を読みたい」という

そういう意識は出てくるんです。



このメルマガもちょっと長いけども、やはり文章も

短い文章だと満足できなくて、


もっと沢山語って話したい、書きたい、ってのがぶっちゃけ

あります。


文章を毎日長く書くってのは人によってはできないかもだけど

よく寝ると、誰でもできるのだろうと思う。


とにかく「体の自然に合わせて寝てますから」

エネルギーが出てくるってのはあるんですね。



だから私はよく本を読むほうだと思いますけども

その本のこともよくこのメルマガで書きますよね。


ただ・・・実は「睡眠時間が7時間の日」とかも時々あるわけです。

それは上のように大使館に用事あるとか


あとは飛行機の時間のときとか、そういう時です。


そういう時は頑張って眠い中起きるんだけど


もう本を読むってことができないんですね。


要するにたるい、のです。


もう頭が疲れてるから、新しい知識を手に入れようとか

そういう動機が出てこないものでして、


とりあえずその前に寝たいと。


もし見るなら本ではなくて頭使わない

ネットに転がってるバラエティー番組とかを

選択するわけです。



要するに、本ってのは抽象的な思考が必要になって

思考力は幾分使うけど


それを使いたいと思わなくなるんですね、睡眠時間が短いと。



最近「日本人は本を読まなくなっている」というのを以前書いたけど

それは睡眠時間が少ないことと大いに相関してるのでしょう。


眠っていない人がとっても文章が長い本を読む気にはならない。



ちなみに本を読むスピードも十分寝ていない時(7時間睡眠)




自然に起きてる時(8時間から9時間)


では全然違ってきまして、



例えば副島先生の本なんかは私はよく読みますけども

寝てない時は頭に入ってこないですね。


だから本読むスピードが極めて遅い。


けど自然に起きてる時は頭がクリアですから、

副島先生の難解な本でも3時間とかで読めます。


だから全然脳みそのスピード、働き方、意欲が

「自然に起きる」をやってると違ってくるんです。



ただ・・・これよくよく医学というか人間の人体を考えたら

当然だと思いませんか。



っていうのは私たち人間は自然に暮らしていたら

「眠くなります、自動的に」。


また十分寝たら2日間3日間寝るということはありませんで

「自然に目が覚めて動きたくなる」


ものですよね??


この「自然」というのは大事でして、


要するに人体というのは無駄なことをしない、という考え方が

東洋医学、漢医学なんかだと重要な考え方として

あるわけですよね。



なんで人間は眠くなるんだろう?というと、


例えば前日にすごい沢山脳みそを使う出来事があったりとか

体力使う出来事があったりしたら


その疲れを修復したり、あとは脳みそをまとめるために

睡眠があるわけですね。



それでそれらがある程度完了したら、

人体というのは「もう起きていいですよ~」ってことで


人体に起床させるというシステムを持ってるわけです、

DNAには。


だから、おそらく日本の人たちが

目覚まし時計を使って強制的に起きるようになったのは

近代のことでありまして、


江戸時代とか室町時代の私たち日本人の先祖は

私ゆうと同じく、自然に寝て、自然に朝日と共に

「あ~よくねたべ」ということで起きるという生活をしていたはずです。



それは7時間という睡眠時間ではなかったでしょう。


あくまで人体というのは無駄なことをしないものでして、

例えば風邪を引いたら、熱が出ます。


なぜだろう??



それは免疫機構の話になるけど体温が高いほど

免疫機構というのは働きが強くなりますよね。



だから風邪なんかで体のバランスが崩れたとき、

西洋医学の見かたでいえばウイルスに進入された時


そこと白血球などの免疫システムが戦いやすいように

熱は出るわけです。


ちなみに西洋医学だとなぜかこの免疫システムで出てきた

熱を強制的に解熱剤で下げようとする謎があります。


そんなことしたら免疫で異物を体外に排出できなくなってしまうのに、

と私は思う。



まあだから「熱」でさえも、それは人体が体を守るための

一つの重要な防衛の、免疫反応であると。


例えば髭 ひげ なんかは現代だと、生やしてはいけないもの

とされるけど、


この髭が生えてるから首周辺が暖かいし、

顔の肌荒れがしずらくなるし、

また鼻の下のひげがあるから異物混入を防いでいたりするわけで


また世間では髭が生えてるのは不潔といいながら

これはナ○パをして実験してみると分かるけど


明らかに髭が生えていたほうが女性の反応があがるのも

事実だと思う。


やたらエグザイルとかの人たちが髭生やして

おっさんなのに人気があったのはこの辺をよく

プロデゥーサーがどうも理解してるわけです。


どうも人体ってのは余計なことをしないのですね。


が、これは西洋医学の考え方では取り入れられない考え方で

人体に必要そうであっても「それは科学的に検証されていないから」

ということで臓器とかを切除したりするわけです。


が、何かしら切除すると後で体がおかしいな~~

となってる人たちが多いのですよね。


大人ならそういう会話をするようになる。


それで眠るという行為は人間にとって必須行為だけど

それは意識するものではなくて


眠くなるもので、自然と目覚めるものです。


ここで脳みその修復、体の修復を行っているわけです。


以前英語が聞き取れなかったけど、英語を聞く日が沢山あって

それで寝るわけですが


そこで沢山寝て翌日とか起きるとリスニング能力が上がってたり

するってのが例えば人間の睡眠のすごいところです。



コンピューターと同じように人間は睡眠中に脳みそを最適化している。

が、これは今の西洋医学では科学自体が宗教であるから

十分、研究されていないのだけども。


それで「自然と目覚める」ってのはそれらの修復作業が

人体で終わったわけであって、それで脳みそが


「もう起きていいですよ」ということで自然に目覚めるわけですよね。


こういう人体のことを私は良く考えるのだけども


じゃあそこで「目覚まし時計で 脳みそや人体修復中に

強制的に目覚めさせるのは本当に健康なのか????」


という疑問はわくわけですね。



実際に目覚まし時計で起きた時の不快感たるや

散々なものです。


気分が悪くなるし、もっと寝たいし、だるいですし、


これは労働者の多くが月曜日の朝に味わってる悲惨な感覚であります。

だから7時半~8時半の満員電車の中では


その「十分に睡眠を取れなかった大人たち」が死にそうな顔で

出社している光景を私たちはよく目にしますね。


寝てないから、精気がなくなる。

あれは人間に対する虐待ではないか、と私は本当にそこまで

考えます。


しかしマスメディアは

「大丈夫です、睡眠時間7時間が一番健康によく

長生きできるのです~」とやってるわけですが


これは嘘じゃないか、って話です。


これは実際にあった話で私の営業マン時代の話ですが

私の場合結構遅刻が多かったんです。


というのは朝起きたくないですから、9時出社とか

無理なので、9時に起きて、11時とか12時に出社する

ってのが結構ありました。


私のいたブラック会社が唯一良かったのは

遅刻しても成績を出せば怒られることがなくて


私がいたブラック会社ってのはすさまじく遅刻に寛容でした。

なぜなら上司も時々遅刻するから・・・(笑)



ただ余裕で利益は上がってましたよね。


それで私なんかは9時に上司からよく電話でモーニングコールが

ありまして、それで目覚めたりするわけです。


そこで上司が

「おはよう。ねえ、今日課の成績悪いからさ、

早くきてよ~数字ほしいんだよ」とか言われて怒られるわけでもないんですけど


私も眠い目をこすりながら

「はい、分かりました~今から準備します」


とかそんな感じでした。


だからまあ上司とは仲が良かったです。これ実話なんですが。



それで朝9時から出社してる人たちは多いんだけど

11時とか12時とかに私が遅刻して会社に行くわけですが


一応そこでは「遅刻してすみません」とは言うんだけども

全然そこで9時から出社してる人たちが契約とれていないわけです。


課である種のノルマがあったんだけど全然未達成なわけです。


それはそうです、みんな9時出社で寝ていないから

そこでお客さんを説得して魅力説明して、なんてできませんよね。


眠いから。


ただ私の場合8時間以上は寝て上司にモーニングコールもらっていたので

(これを社会人失格、といいます・・・)


もう元気全開なわけですね。


だからそこでは当然なことなんだけど1人だけやたら寝て元気ですから

そこで10人分の契約を2時間とかで取ってこれるわけです。

お客さんと話すときにラップしてるようにして話したりして

お客さんも笑うんですけどね、


それで契約になったりするんです。



だから生産性が明らかに寝たほうがあがるのはこれ間違いない

と私は実感として分かって持っていまして、


やっぱり寝たほうが何かしら良い仕事ができるんですね。



まあ遅刻ばかりしてるから社会人としては失格なのはよく

分かってますが、


やっぱりそっちのほうが歩合給もあがったし、

お金も入るようになりました。


んでそれが後のFXの原資になってたりしたんです。

そういう意味でブラック会社が実は一番長く続いた
会社だったんですけど
(遅刻しても首にされないから)


ただそれは「あの子、いつも遅刻して契約あげてくるけど

なんかあの態度むかつくわ」と

今までトップだったお局様が言い出しましてですね、


そのお局が役員とつながっていて、警察の天下り部署の

コンプライアンスともつながっていて


契約はあがってるけどいつも遅刻して会社の規則を乱す

問題児だということで

まあその後色々問題にはなるわけです。


ただここで私の上司が色々元々地元で有名な不良だったけど

色々あって更正した

できた人であったので


「あいつは遅刻はするけど生産性はめちゃくちゃあがるから

なんとか」


という感じで守ってくれたんですけども、


まあそういうのも実話としてはありました。


役員とか警察の天下りとかそことつながるお局様は

問題があったけど

上司は恵まれてました。


ただ私は当時から不思議でちゃんと寝て出社して

それでエネルギーマックスで仕事すれば生産性もあがって

会社も儲かるのに、


なぜ日本の会社というのはやたら9時出社とかにこだわって

人々を統制することにこだわるのだろう??


という疑問は持っていまして、


まあこれは完全に頭おかしい人の言論なんですが

やはりそれは今でも思ってます。



というのが、土日の日本人を見て欲しいです。


土日の日本人はみんな笑顔の人が多くないですか??


よく寝てますから。


けど平日の日本人ってまあ東京なんか顕著だけど

ちょっと怖いですよね。


平日の日本人と土日の日本人って別人種と思うくらい

表情が違って

土日の日本人はマレーシア人に負けないくらいの笑顔が

あったりします。



私はそれを日本にいると良く感じるのですね。


それで、為政者側の視点、日本で言う為政者というのは

米軍や官僚になりますけども


私はそっちの視点でも見るわけです。


「なぜこの人たちはこの日本民族全体に

短い睡眠時間を強制するシステムを作るのだろう?」


ということを私はよく考えます。


実はここに関わるのが「洗脳」である、と私は思うのですね。


もし資本主義原理で考えればみんなが笑顔で生産性マックスのほうが

経済はまわるわけですから


9時出社よりも11時出社とかにしたほうが生産性が上がる人のほうが

多いと思う。


実際にインフォ業界を見ても朝遅くて、深夜まで

働いてる人がすごい多いんだけど


深夜のほうがクリエイティビティがあがりますよね。


深夜に書く文章とかも、なんか、すごい面白いものができたりします。


これは実は最近ちょくちょく指摘されてることでもある。


早寝早起きが健康は嘘ではないか、と私はちょっと最近疑ってる。


早寝早起きの人が年収高いとかその統計自体本当なのか?と。


IT業界見たら夜遅くまで起きてる人たちがやたら

何億円とか稼いでるよ、ってのは感じるんです。



ただ日本社会全体の話としては早寝早起きが良いとされていて

みんな 寝ないで「ぼーー」としながら平日は生活している。


が、為政者はそういう体系を日本で作り上げてるわけだけど

それは「洗脳」のためにはとても良いのですね。


これは催眠術というのがあって、元々ダビストック研究所とかで

研究されていた分野でしょう。


人間を洗脳する方法として催眠術は切っても切り離せない。


テレビなんかもあれは催眠術であって、

サブリミナルとかは眠い人、ボーっとした人によく効きますよね。



催眠術なんかは私はセミナー出たことがあって以前メルマガにも

書いたけどあれは本当にあるんですね。


顔の構造ってのは脳みその構造が反映されていて

だから顔の特徴として、タレ目の人とかは催眠術がかかりやすい人が

多かったりして、


一流の催眠術師だと、顔の構造みるだけで

「この人催眠掛けられる人」とか分かるんです。


実際あるんですよ、催眠術。


それで芸能人なんかが催眠術にかけられる番組ってあるけど

あれって催眠にかけやすい人を集めるんだけど


その前の時々とられる方法としては

「眠らせない」って方法があるんですね。


眠らせないと催眠術がかけやすくなる。


それで暗示とかそういうものを番組収録の前に念入りに行って

それで番組収録が行われるんですよ。


番組だとすぐに催眠にかかってるように見えるけど

そのために、収録前に色々準備して催眠掛けやすくしていて


中には「眠らせない」ということをさせたりもするんですね。



要するに「眠らせないと洗脳しやすい」ってことでもあるんだけども、

日本人全体にそれが施されていると考えると分かりやすい。




眠い状態でテレビ映像を見させてサブリミナルで洗脳していくわけで

ここで眠くない人はテレビ映像を見て


「このテレビ番組を作ってるやつらは 

大衆にこういう洗脳を行おうとしている」という


視点で仕掛ける側で見ることができるのだけども


眠い大衆は

「あ~~そうなんだ~これが今の常識の価値観なんだな~」


とすぐ「刷り込まれる」のですね。


インプリンティングというけど、

寝てない人は洗脳しやすくなるんです。


これがひとつの目的としてはどうもありまして、

そこでやたら短い睡眠時間を良しとしてるところは

日本社会の特徴的なところだと思います。



ちなみに私は外国人と話す機会が多いわけだけど

以前にオーストラリア人が言っていた事がある。


彼とよく話していたんだけど「なぜ日本人は会話のトピックとして

政治経済や、金融や、思想や社会の話をしないのか」


ということを話していた。


まあ色々な説があります。


ただ彼が言っていたのは


「日本人はどの国の人よりも働きすぎていて

脳みそが疲れているから、


また仕事が忙しく考える時間も得られないから、

もうそういうことを考えられなくなってる

と俺は思う」


ということでした。


日本で長時間労働が実質強いられるシステムが取り入れられるのも

そういうところを狙ってる部分が大いにあるだろうと

私は感じたわけです。



仕事が忙しすぎて考える時間が得られない、

また考えようにも眠い、ということで


これは洗脳するために催眠術をかけるためには最高な環境です。


まあどうも、それが日本全体で構造的に作られてまして、

それは義務教育からスタートしますよね。


義務教育でも沢山寝たい子供たちは7時にたたき起こされて

8時とかに登校しないといけない。


眠くて授業中寝てる子供たちも多い。


ただ眠くて判断力が低下してますから、そこは義務教育で

子供たちを洗脳するためには最適な環境です。


こういうのがどうも日本全体で行われてるだろうというのは

なんとなしに私が昔から感じていたことですね。


今はほぼ確信になってるけども。


日本は平均睡眠時間がこれ7時間43分で

OECDの中では韓国に次いで短いわけですが


一方中国なんかは経済成長がすごいけども

平均睡眠時間がこれ9時間22分です。


それで日本の場合はさらに仕事の時間が相当長いですから

もう睡眠時間がなくて、さらに考える時間も取れない


という状況なわけですね。どうも。


これはもう官僚たちからしたら相当洗脳しやすい環境でして

彼らは東大法学部で3年生から「(人民)統治」の方法を学ぶのだけど


まさに彼ら官僚たちからしたらこうやって人間の判断力を

失わせて日本を統治するという戦略をとってると思われますが


それはすごい日本で機能してると思います。


睡眠時間が短いと、人間を洗脳しやすく、統治しやすい、

これがより大きな支配戦略として日本でとられているような

気がしてならないです。



それで私なんかは8時間~9時間は寝てるわけでして

自然に目覚めるというのが普通の生活なんだけども


やはり自然に目覚めるとその日一日すごい元気なんですね。



例えばよくあるのが「ICOのための色々なヲレット準備とか

だるくてできない」とかそういうのですが


まずそういうのは起こりませんし、まあやるべきことは

ある程度ちゃんとできます。



塾の動画見て勉強するとか、あとは本を沢山読むとかですね、

それもよくできますよね、寝てると。


メルマガでもよく文章を書いてるけど

寝てないと文章なんて書けないわけで、


とりあえずそれよりは寝たくなるわけでして、


抽象思考をするためには寝たほうが明らかに強いわけです。



ちなみに私が「自然に目覚める」ということを数年やっていて

分かったことなんだけど


「人間の1日の必要睡眠時間は前日の活動量によって

変化する」


ということです。


例えば飛行機移動で他の国に移動するって

ある程度体力使うけど


やはり移動した翌日は自然に起きるまでの時間が

10時間とかしたりします。


一方、前日特に疲れが無い場合、

これは7時間よりも少なくて6時間とかで


自然に目が覚めたりします。


あとは筋トレとかしますと、やはり9時間して

目が覚めたりする。


要するに前日の脳や体の疲労具合によって

最適睡眠時間って変動するのではないかと思います。


ここで「一律に7時間睡眠が正しいです」と、

日本の医学の権威たちは言うわけだけども、


そこで労働者たちが眠いまま、大企業経営者や官僚たちは

労働者を労働地獄で行使して、

働くこと以外に物事を考えさせなくしてるわけですが


この7時間説は絶対嘘でしょう、と私は思うんですね。


これは統計の嘘を色々調べてみると分かるけど

日本人が世界一長寿だ、とマスコミは言うけどもこの統計データも

日本だけいつも各国の長寿データが開示された「後に」

データが出てくるわけだけど


なんかこれも嘘ではないかと私は邪推するわけです。



実際に最近は早い段階で死んでる人が多いように

私は思うんですね。


人間というのは多くの人が死を怖がるからこの

「7時間で長生きできます論」はすごい人々の本能に訴えかける性質を

持ってるけど、それ自体が嘘である可能性はよく私は考えます。



というのは目覚まし時計で起きたら明らかにその日一日だるいけど

自然に起きるとその日一日、眠くなることなんてありませんし

エネルギーマックスなわけでして。


ちなみに、私が知ってる金持ちとして西野さんって言う人がいて

以前にメルマガで案件扱った事があるんだけど


20代でアプリ開発して20億円くらい資産を手に入れた人です。


まあ天才。


んで彼の動画を見ていて私がすごい覚えているのが

「俺は眠い時に寝るから眠くないと寝ない」

ってことを言ってたんですね、確か。



逆を言えば、眠い時に寝て、

目が覚めたら自然に起きてらっしゃるんだろうと

思う。


要するに人間の自然の機構をとても重視して

生活されてるんだろうと思いますが


そんな彼は億万長者なんですね。20代で。

だから目覚まし時計で強制的に起きる生活、

これが現代の常識的な生活になってるけども


それは疑ってもいいかもしれません。



それで実際にどっちが正しいか?ってのは

単純に自分の体で実験してみればいいわけで


休みの日とかそういうときに自然に目覚めた日の

パフォーマンス、脳のクリア度合い、やる気、


平日の目覚まし時計で強制的に起きる生活


これを比較すると良いのだと思います。

そうしたら自分にとってどういう睡眠が大事なのか

は分かるのかなと。


個人的には体というのは無駄なことをしませんので

それこそ眠気とか睡魔ってのは体を守る免疫の機構だと考えますので


それは重視してますよね。


それでしっかり寝て自然に起きると、やる気はすごい出まして

本なんかも一日で沢山読もうと思えるし、


塾とかの動画も沢山勉強しようと思えるし、


やる気は相当上がることを実感として捉えてますので

自然に起きるというのは重要ではないか、と思った次第です。



なので世間の常識というものでこの睡眠論というのがありますが

これはまだ解明されていないわけですけども、


この睡眠の常識には幾分嘘が隠れてると思いますから

自分にあった睡眠を見つけるのは大事ですね。


もっというと7時間睡眠の人が⇒長生きという

因果関係ではなくて



7時間の睡眠だけで大丈夫なくらい普段負担の無い生活をしてる人が

⇒ 結果として長生きしてる


という因果関係の逆転も考えられるわけで


そもそもその統計が本当かも疑わしいので、

それよりは自分の直感とか感性のほうが重要なのかもしれません。


昔ナチスの洗脳手法を扱っていた

ダビストック研究所では、

「統計というものを人間に示したらその統計が

どのような「像=イメージ」を人間の脳内に作り出し、

それが人間の行動に影響を及ぼすか」


というのが実際に実験されていたそうです。


それがアメリカに渡って今先進国で統計というのが大衆洗脳のために

使われてるのだけど


この統計自体、嘘である可能性が非常に高いので

統計というものを疑うのもこれからの時代大事ですね。


それで、投資とかビジネスをパソコンで完結する仕事ってのは

結局の話、こういう睡眠時間を為政者やマスメディアにごちゃごちゃ

「これが正しいです」と押し付けられることもなく


自分の体調によって決定できますから

そういう意味で独立して新自営業者になるってのは意義があると

感じます。



では!




ゆう






追伸・・・ちなみに最近のネットを見てみると

寝れないという人も多いようです。


スマフォをずっとみていたらそれは覚醒します。


ただこの日本の不眠問題というのは大きな医療利権になってまして

ここで睡眠導入の薬なんかを処方する医者や製薬会社が儲かる

構図はあってこれもあまり研究されませんが、


オフィスワーカーはそういう人が多いですよね。

一方土方で毎日日焼けしてる人に不眠はオフィスワーカーより

多いだろうか?


たぶん少ないと思います。


実際、私は若い頃いわゆるガングロとか当時言ったけど

よく日焼けしていたんです。


今もマレーシアだから松崎しげるみたいになってたりする。


日焼けしまくってると、すなわち日光浴びまくってると

これは寝れないってことは起こりづらいと思いますよね。


今は医療が日焼けはオゾン層が破壊で紫外線で

癌になります!とか言いますけど

それなら松崎しげるは皮膚がんになっていないとおかしい・・・(笑)


実際はこれもまた医療利権につながる話だと私は思っていて

日光浴びるなり

日焼けしないとどんどんその人が不眠とかで苦しむのではないかなと。


毎日がんがん日焼けしていて眠れないってあんま考えづらいな

と自分の経験上思います。


逆に、日焼けをさぼってると、

中にばかり引きこもりチャートばかり見てると、


睡眠時間がずれやすくなるというのも

私の経験上分かってることです。


眠れないというのはおそらくなくて、

その眠らない人に「じゃあ3日間眠らないでください」といえば

さすがに1日過ぎたら寝るでしょう。


要するに時間がずれる問題があって、それが

社会の朝起床、というのに馴染めないというのが不眠問題の大きな問題として

きっとあるんでしょう。


日焼けマシンなんかはそういう意味ですごい私は有効ではないか

と仮説を持ってるんだけど


これは最近先進国で謎に規制される方向です。
(アメリカは厳しい。)

WHOの意向が働いているでしょう。



また、いわゆる「シャキシャキした野菜」というのがあって

日本で手軽ならモヤシとか、

マレーシアならスイカのような果物だけども


こういうのをちゃんと食べていないとやはり睡眠に害を与えるのではないかな

と思います。


腸内の善玉菌悪玉菌という話があるけども

それが睡眠に大いに影響を与えるのではないか、という

仮説があってこれは私の仮説だけど


利権だらけの西洋医学で研究されないだけで

たぶん正しいでしょう。


韓国なんかに私はいてそれを気づいたのだけど

韓国だと韓国人は日本人の2倍の野菜を食べるのですね。


だからキムチやらモヤシやら毎日大量に「シャキシャキした野菜」

食物繊維が含まれた野菜を食べるのだけど


そこで起こる体の変化としては、

まず排便回数が汚い話だけども、一日2回とか3回になったりします。


だから日本の女の子で、日本で便秘に悩んでいた人たちが

韓国にいって快便になるってのはよく在韓日本人たちの日常会話で

出てくる話です。


それで実際に私もこれは排便回数がシャキシャキした野菜やら

乳酸菌取り捲ってるとすごい増えるんだけど


それでそういうときはもう眠くなる時間がすごい早くなりまして

夜9時10時には眠い、となります。


この腸内の状態が睡眠に及ぼす相関というのは

あまり研究されていないものの、



実際に不眠の人ってのは食生活でジャンクフードや

添加物まみれの食用油メインの食事を取りまくってるわけで


それは腸内環境おかしくなるから不眠になるよね、

と私は思いますね。



が、なぜかWHOとか日本の厚生労働省の官僚たちは

利権があるんだろうけども


この重要な日光だったり、腸内環境なんかの不眠の相関について

真剣に研究しません。



しかしそのくせ、医療機関では睡眠導入剤が飛ぶように売れていて

製薬会社の経常利益に貢献してる。


そして製薬会社のその大株主をたどっていけばこれは

アメリカ系の大銀行の銀行家であったりする。


不思議です。


大きくは仕組まれている可能性が非常に高いと

思いますね。


この睡眠という分野は何気にかなり大きな既得権益が

絡む問題であろう、と私は思います。


では!














★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【なんと!全て完全無料で「億り人からの希少情報」が貰えます!】


なんと仮想通貨の「億り人」(1億円以上稼いだ人)から

「仮想通貨の未来爆上げカレンダー」をもらえます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

仮想通貨で稼ぐための
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
59万6000円相当の内容⇒無料(タダ)です
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/
(期間限定)

※しかも仮想通貨を始めるうえで
知らないと大損してしまうポイントを
まとめているマニュアルも貰えます!!

例えば、
・各取引所で違う手数料マニュアル

・送金時に起こるトラブル

・詐欺問題

・セキュリティ問題

・税金対策


などがまとまっていて無料です!

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


















コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください