無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【暗号通貨と人工知能AIが組み合わさると最強だけど最凶になる】

2018 3月 06 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【暗号通貨と人工知能AIが組み合わさると最強だけど最凶になる】
⇒本文で


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  ☆【3月1日からの新規案件です!】


エアドロップとは暗号通貨を新しく発行する企業が

宣伝として行う暗号通貨無料配布のことです。


今回、参加者全員、これから上場が決まってる

暗号通貨を無料でもらえます。


額としては今は1000円前後ですが、

暗号通貨は上場後に数年して

それが1万円、10万円となっていく可能性もあったりするので

期間内であれば誰でももらえるものですのでもらっておくとオトクですね


⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【号外広告を利用いただきました。】


もし、爆上げすることに期待が
集まっているだけでなく、

「上場確定」=「利益確定」

そんな仮想通貨ICO案件が
あるとしたら・・・?


【爆上げ確定?!】10億集まったICO案件がスタートです!
⇒  https://fountain-connect.com/l……nk/mail16/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




どうもゆうです!


読者さん、こんばんは!!



さてさて、3月から開始したこちらの

UNIZONの案件ですが徐々に日本でも知名度が少しづつ

高まってきた感じですね。


結構ネット上でも広告がかなり出ているようでして

エアドロップとかが大人気ですね。


このエアドロップはとりあえず誰でも1000円前後は

稼げるというものですので


エアドロップはとりあえずもらっておいた方がいいと

思います。


⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129



ちなみに私ゆうとしてはこのユニゾンと

あと以前紹介した

消費したら自動的にマイニング投資にまわる案件がありましたが


(これ  http://www.fxgod.net/a/groups/……/14/ )


この辺は個人的にも投資していこうかなと思ってますね。


結構最近はICOなんかに時間割いていて色々とホワイトペーパー読んだり

ラインアットの情報読んだりメルマガの情報読んだりで

忙しかったりするのですけど


おそらく今年の2018年のICOって結構大チャンスなんだろう

というのは感じてるところです。


おそらく2018年後半~2019年にかけて

「以前勝ったICOの通貨(トークン)が数百倍になって

億りました」


みたいな人は激増すると思います。


ただ、以前

【仮想通貨新団体設立で金融庁は無事天下り先を確保するっぽい】

っていうことで書きましたが


明らかにICO規制をかけていって(たぶん中国のような全面規制ではない)

それで団体からOK出たICOしか買えなくなる時代になると

思いまして、そして「上場決定しているおいしいICO」なんかは

その団体の上層部に割り振られる構図になると思いますから


規制が緩く ICOがそのまま直で買える今のうちに買う

ってのが大事なのかなって思います。


⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129


それであと最近感じるのがやはり私は海外にいるんですけど

こういうICO規制がいずれあってもそれは日本の話であって

海外の英語圏では比較的自由でしょうから、


やはり今の時代どうしても英語って大事になってきてるな~

と感じます。


よく昔先生が「将来英語は大事になる」とか言っていたけど

まさに今がその時代だなっていうのも感じる点です。


英語なんかもせっかく暗号通貨やっていて接する機会が多いから

考え方としては英語やだな~じゃなくて

この機会に英語上達できる!くらいの考え方で


ホワイトペーパー読んだりその暗号通貨の情報を検索してみると

いいかもしれないですね。



それでこの案件もスイスとかアメリカとかイギリスの人たちが

率いてる案件ですけど


⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129



私ホワイトペーパー買うつもりで結構何度か読んでるわけですが

読めば読むほど恐ろしいというかすごいなというのは

感じました。


それで実は暗号通貨界隈で言われてたことってのが

あって


それが「暗号通貨と人工知能AIが結びついたら人類は

変わる」っていうことだったんですよね。


ちなみに、それは最終的にはまさに人類が人工知能の元で

支配される未来につながるのだけど・・・(笑)


まさにそれが現在進行形で起こっていて暗号通貨で

トークンとして出てきたってのが注目なんですね。



⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129




だから超長期的にはかなり人類全体にとって仕事はなくなるし

大変なことではあるんだけど・・・


投資家としてはこれ、短期長期では100%はないんで

自分の判断ですけどこういう案件に資金投下していったら

かなり高い確率で 資金が増えるんだろうな、とも思うわけです。



それで今回のユニゾンなんですけど

私なんかはやはりその暗号通貨の思想とか理念、いわゆる

ビジョンをすごい見るんですけど



要するにこの暗号通貨って保険業界っていうのがありまして

それがもう兆単位のすごい大きな市場規模なんですね。


しかしここに人材が多く大企業なんかで投入されてるわけで

そこで保険のリスク査定とか顧客サポートとかやってるわけですが


今回の暗号通貨は基本的には現段階でイーサリアムベースの

スマートコントラクト技術を使って


そこと人工知能AIをくっつけてしまって


これらの今まで人間がやっていたリスク査定とか

顧客サポートとかそういうのを自動化してしまおう


というものですね。


だからすごいんですね。


⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129



そしてやはりこんなのが出てくるってことはいよいよ

大企業の人たちのリストラっていうのが


これからどんどん進んでいくんだろうな、っていうのは

強く感じたところです。



ちなみに日本だと、経済の状況が見えていない人が多いわけだけど

例えば日本の学生は大企業に就職したがります。


ただ全般的にもう日本の大企業ってのは本当は

仕事がなくなってきている状況ですよね。


もう大体、開発されてしまって、日本自体が便利になってしまって

例えば、マレーシアなんかはまだまだインフラ工事やろうとすれば

いくらでもできるわけだけど


日本なんかはもうゼネコンなんかも仕事がないものだから

政治家と官僚になんとかお金出して動かして


そこで全く問題ない道路を掘って埋めるを繰り返しているわけです。

もう実際大企業ってのは仕事が本当はなくなっている

っていうのが正しい現状把握なんだろうと思います。


これは副島先生なんかが時々セミナーでおっしゃるんですけど。


それで以前メルマガで書いたのが2017年の11月の号だけど

【追い込まれていく銀行業の人々】

というものでした。


これは副島先生が最近書籍やセミナーでもおっしゃっていたことでも

ありましたが、


その辺も引用しているから見てみてください。



メルマガ2017年11月3日の号
【追い込まれていく銀行業の人々】より引用

↓↓
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


んで実は私はこの前日本に行ったのだけど何よりも氏の

金融セミナーにお金出してマレーシアから日本に行ったのだけど

彼が言っていたのが


「米日株価がしばらくあがっていき、ビットコインもあがっていく」

だったけど、まあその通りになった。

これはメルマガでちょっと書いたんだけど。


んでその副島先生の最新刊の説明が以下ですね。




======================

副島隆彦の近未来予測最新刊!

銀行が消える。まさか――と思っても、もう遅い。

世界の現実は動いている。

私たちにとって「新しいお金の時代」が到来する。



すでに日本の地方銀行では、合併や支店の統廃合が進んでいる。

また、メガバンクや外国銀行も例に漏れない。


三菱UFJは今後10年で10000人を削減、みずほFGは

「今後3~4年で支店を1~2割統廃合」と佐藤康博社長が明言した。


ドイツ銀行は3000人解雇、国内188店舗を閉鎖する。


なぜこんな事態になったのか。

日本ではマイナス金利政策が銀行経営を圧迫したことが理由の一つ。


だが、それ以上にデジタル技術の進化=AIの波が
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
銀行を飲み込んだのだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今は簡単な送金や引き出しはコンビニのATMで済んでしまう。


そしてBitcoin(ビットコイン)に代表される仮想通貨が、

新たな決済手段として登場した。


この仮想通貨が貴金属や資源、食糧などの

実物資産(タンジブル・アセット)と結合し、

裏打ち(担保)されたとき、次の世界通貨体制ができてゆく。


さらに本書では、米軍の北朝鮮爆撃を予言。有事に株価が跳ね上がる

“戦争銘柄”20を一挙掲載した。

好評の巻末付録「訪日外国人支援企業推奨銘柄27」と併せて要チェックだ。



======================
======================

<以下は私ゆうの11月でのコメント>


ということでこれからの時代ですけど銀行はとても大変そうですね。

昔は銀行員=エリートみたいな感じだったけど

もう時代は変わっていくということなのでしょう。



それでここ最近なんかは銀行なんかの融資の審査なんかも

AIに審査させる形に変わってきてるなんて言われていまして


それでAIが審査を出して、それを一応人間がチェックするという

感じになってきてるってことですよね。


だからもうAIの人工知能に人間が使われてる感じで

リストラ候補の人なんかはAIのチェック作業をさせられてる

なんて話も聞きます。


んでAIがより優秀になったらその人たちもリストラされるわけで

これ、なんとも笑えませんね。


ということで確実にAIやロボットやもしくは決済手段の発達が

人間の職業を奪っていくというのも現実化してきてる

ってのもポイントだと思いました。



ただここで経済が効率化されるのは事実であるから、

そこでやはり経済で爆発的な生産性を出す起業家や投資家たちは

これからの時代どんどん増えていくだろうというのも

私が見ているところです。


よく「労働者サイド」の意見として「AIやロボットの進化が人の仕事を奪う」

ということが言われるわけですけど


私は別の見方を持っていて「AIを活用する側」としては

これどんどん利益を上げやすい時代にも入ってくるだろうと。


すなわち考え方がこれから大事になるわけで

労働者としての考え方しか持っていない人は「仕事がなくなる、どうしよ」

となるわけだけど


一方AIや人工知能を使う起業家的な考え方を持つ人は

例えば飲食店を運営するにしてもAIを活用してほとんど人件費をかけないで

利益を上げていく、という発想になってくる。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

↑引用ここまで



以上です。


それで11月なんかはこの銀行業に関して限定して


AIと暗号通貨というのが台頭して銀行業にどんどん圧力をかけていく

という話を書いていたのですけど


その後もう銀行業なんかでも閉店、リストラなんかのニュースが

相次いでました。


それで・・・これはもう銀行業だけじゃなくて

保険業界まで及んでいくのが確定してきた


というのがこのユニゾンのホワイトペーパーを

見ると分かるんですね。


⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129




というのが最近のICO市場ですが相当拡大しておりまして

もう2017年の何倍にも2018年2019年と

拡大していくと思うのだけど


こういうプロジェクトが世界中で立ち上がってそれで

既存の銀行業とかもしくは保険業界にある種の革命みたいのを

起こしていくんだろうと思います。


「そんなのはどーせうまくいかない」という人も多いだろうけど


実際人類の歴史を見ると「そんなのはどーせうまくいかない」

といっても


そこに大多数の世界の頭いいやつらが絡んで

そこに資金が入っていくと


それって10年20年すると実現してきてるんですね。


昔NTTが電話というものを広める前にもやはり懐疑的な声はあっただろうけど

いまや誰もが日本人は電話を使っているし


インターネット登場時はインターネットは既存のマスコミを越えることはない

なんていう人もいたけど


いまやインターネットはマスコミを脅かしております。


だからこの保険業界を 暗号通貨の、特にイーサリアムだとかの

スマートコントラクト技術と  AI技術を使って革新していく


という流れはもう止まらない、ということですね。



⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129



それで今回のユニゾンは昨日書いてると思いますが

AIを複数組み合わせるわけです。


まずは

「バックオフィスAI」ってやつです。


これは保険の引き受けの「判断」までできるらしい。


それで保険における顧客との契約の締結もこのAIがやって

さらに資金の保全とか保障の履行とか


保険に通じるあらゆる 今まで保険会社の正社員たちが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
やっていたようなそういうバックオフィス業務を
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このAIがやっちゃうんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




それで今までの保険業界ってのはですね、

私もそんなに詳しくは無いけど色々自動車保険とかは

利用して調べたことあるから分かるんだけど


例えば保険会社の契約リスクの評価とか、あとは

保険契約者の審査とか 契約条件の設定っていうのを

人間が「大丈夫かな??」ってまた検査したりしてた

わけですよね。


ただ今回のやつはAIがそれを「正常」と判定したら


それがイーサリアムベースで、

以前詳しく書いたスマートコントラクト

として記述されるわけです。






要するに今までって契約関係ってめんどかったじゃないですか?

これを簡単にする技術ですよね。


不動産契約とか自動車購入とかめんどいですよね。

こういうのを簡単にしてしまって契約情報なんかを書けてしまう

ってのがスマートコントラクトのすごいところだけど


今回のユニゾンはそれを利用してさらにAIをかまして保険業務を

超簡素化しようとしております。


あとは他にも前号で書いた

保険のカスタマーサポート関係もですね、今は

派遣社員の人らがオフィスとかに集まってサポート業務を

電話でしているんだと思いますが


これもAIのチャットボットができるようになるらしいです。


このチャットボットAIもロードマップは描いてるらしいけど

大体のサポートはチャットボットでできて、


解決にこれは至らないな、というものだけは

人間がやるらしいです。


だから簡単に言うと

「保険業務でもう人間いらなくなるじゃん!」なんです。



という感じで、ブロックチェーン技術とかスマートコントラクトとか

ある種の新発明が出てきたわけですが


そこにAIの進化というのもこうドッキングして

つながってくるんですね。



そうすると本当に「人がいらない保険業務」ができてしまう

わけです。


だからこれは将来的には2030年くらいには保険業界の人が

大量失職する可能性を含んでるというのも事実なんだけど


そこで台頭するのがこういう発想の暗号通貨なんだろうと

私は思いましたよね。



⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129




それでこのユニゾンのホワイトペーパーに書いてるのが

「私たちは過剰なAI信仰主義者ではない。

あくまでも現段階において



「最も実現可能な」状態でのAIエンジンの導入を意識している。

AIに熱視線が注がれるSF的未来技術の開発ではなくて

「実用的な」先進技術の導入に期待してほしい」



と書いてるわけです。


だから上のバックオフィスAIとかチャットボットAIとか

結構色々なAIがそのほかにも今回の暗号通貨と結びつく

んだけど


それらはあくまで「現実的」なんですね。


だからもっと言うと

「現実的に 今まで大企業が独占できていた保険業務を

AIと暗号通貨で自動化できるようになってきている」


ってことです。


だから暗号通貨の特にスマートコントラクト技術と

AIが結びついたらまあ恐ろしいってことで


これは既存の業界のシェアをどんどんこれから奪っていく

という流れはできていくのだろうな、というのは

私が感じたところですね。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


暗号通貨とAIが結合するとどんな未来になるか?


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



それでこの「暗号通貨とAIが結合したプロジェクト」

でどのような「極めて(現段階の技術的に)実現可能な未来」

になっていくのか??



ということですけど


例えばですね


カマールさんというバングラディシュの若者が

いたとします。


このカマールさんは経済成長しているとはいえ

まだまだバングラディシュでは貧しい人です。


しかしこのカマールさんは一家の主でして

子供もいるからなんとかしてお金を稼いで

家族の生活を支えないといけない。


しかし彼にある仕事はマレーシアとかタイでの

成長している国でのコンドミニアム建設の仕事で

極めて危険を伴う仕事です。


しかし給料がバングラディシュよりもいいから

そこでカマールさんは出稼ぎをして例えばマレーシアで

働いているとする。


それで何か彼にあったとき、既存の保険プランでは

彼の身に何かあったとき、例えば工事現場から転落して

大怪我してしまったときなんかは補償がないわけです。


そこでマレーシア人で人道的な考え方を持ちながらも

起業家として頭角を現してきたペンスさんという若者が

いたとします。


このペンスはたまたまカマールさんと出会って

この補償部分をなんとか自分にできないか、

と考えた。


そして彼は


「そうだ、バングラディシュから出稼ぎにきている

カマールみたいなやつらは既存の大企業の保険に入れず

苦労しているけど、


この人らが喜ぶ、そして銀行口座がなくても少額で加入できる

保険プランを作ろう。」


と、このユニゾンという通貨を利用して考える。


そしてこの「新しい少額で銀行口座がない人でも入れる保険プラン」

というのができて、


それは多くの出稼ぎのバングラディシュ人に支持されて

急拡大していく。


こんな未来が考えられるってことですね。



⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129




あとは例えば

海外不動産投資している田中さんという人がいました。


しかし海外不動産投資のコミュニティの間では

「なんか水漏れのトラブルがこの前起きて

下の階までしみちゃったみたいで

弁償として10万円払わないといけないよ~」


みたいなことが時々話題として出ていた、とします。


そこで田中さんはいくつかの大手保険会社に

「こういう海外不動産での水漏れトラブルのための

保険プランを作ってもらえないか?」


と当たってみましたがどの大手保険会社も

「そんなの収益性でなそうだし、いいや」

と断ります。


そこで起業家気質の田中さんは


「そうか、じゃあこのUNIZONという通貨を使って

そこで海外不動産投資を行う人の保険プランを作ろう!

これで水漏れトラブルなんかで収益性が下がる

リスクをヘッジできるから 投資家たちも喜ぶに違いない。


そうしたら海外不動産のリスクが保険によって下がるから

参入者も増えてきてこの保険事業は儲かるぞ」

と考えます。


そこでこの田中さんは海外不動産コンドミニアムでよく

起こる水漏れトラブルだとかのトラブルに対応できる保険を

自力でユニゾンを利用して立ち上げました。


といってもAIとかでかなり簡素化されているので

結構簡単に「保険起業」ができました。



そうしたら海外不動産をやってる人たちの間でその保険は

話題となり、どんどんその個人の田中さんの保険事業は拡大しました。




要するにこんな未来が想定できるわけですね。

このユニゾンというプロジェクト、暗号通貨を通して。


⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129



だからこれはすごいことで

暗号通貨とAIが結合していくことで


今まで人員が必要だったような大企業でしかできなかった

業務が個人の業務になっていく、ということです。



だからユニゾンの思想としてはやはりこれは

非中央集権であって


今までは大企業なりが保険事業をまさに中央集権的に

やってきたのだけど


そして官僚がそこで許認可なんかをやってきたけど


そうじゃなくてこれからの時代は個人個人が

それぞれ保険を立ち上げて起業なりして


相互扶助の個人と個人が支えあう保険を構築すべきだ、


っていうものがあるわけです。


これをホワイトペーパーから読み取る必要がありますね。


だからこの暗号通貨×AIが組み合わさった

保険を扱う暗号通貨の登場で保険業務というのも

個人に降りてくるってことなんですね。


そう、だからこれからの時代、暗号通貨とAIが

組み合わさって


「個人の起業家のチャンスは劇的に増える時代」

に入っていくのだろうと私は思いました。


⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129




ちなみにこれは何も保険業務に限ったことではなくて

例えばこのメールマガジンでさえも、


以前は雑誌とかで印刷とかしないとそんな媒体を発行する

なんて無理だったわけだけど


今は個人で、誰でもメールマガジンなんかも

発行できるわけですよ。


ただその代わり、出版社の売り上げは下がってるんだけども。


だから今の時代ってテクノロジーが進歩していて

今まで労働集約型の大企業が独占していたような

事業に


個人がそのまま乗り込めるようになって収益を上げられる時代

なんですね。



そして「保険」というとても保守的な業界にも

この流れがどうも今後10年前後で大きくやってくるぞ

ということがこのユニゾンを見ていると分かるわけです。




⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129



だからやはり、今は大企業で働いていれば安泰

みたいな時代ではないわけですね。


もう大企業も銀行を始めとしてどんどんAI化を進めていますし

ここに暗号通貨が加わると上記の事例のように

すさまじいことになるわけで


多くの人にとって大企業の役割は終了していく可能性は

大いにあるわけです。



特にAI化しやすい銀行だったり保険業界なんかは

これから暗号通貨のブロックチェーン技術やスマートコントラクト

を通して


どんどん人員がいなくても業務できることになりそうですね。


それで上に引用したけど「労働者の視点からしたらこれは脅威」

なんです。


けど「これから個人でなんとか事業なり投資して生きていくぞ」

という立場の個人にとっては


これ脅威でもなんでもなくて逆にチャンスが広がる

ものなんですね。


だから捉え方は大きく変わると思います。


私なんかは自営業であるから

まさに後者の考え方ですけども、


これは大企業というブランドの上で

今までのほほ~んと

「年収低い中小企業たちは底辺」とか言っていたような人たちは

ぶるぶる震える自体であろうと思いますが



一方ブランドも何も関係なくて

自分の力でなんとか稼いで生きていき家族も養っていく

というまさにリバータリアン思想の人にとっては


これ面白い時代になっていくってことなんです。


だから実はこのユニゾンのCEOの方も本当はリバータリアン思想

の人なんだろうと感じましたよね。


もちろん既存の業界を敵に回さないように

なんというかオブラートに「相互補助」とはおっしゃってるんだけど


実際は既存の中央集権的な保険業務に

非中央集権の革命起こすものですよね。



だからこそ私なんかは面白いと思いましたね。

だから15日あたりからのクラウドセールは結構楽しみでありますが

もちろん100%は投資にはないんでご自身で判断してほしいですけど


やはりこの案件のホワイトペーパーは見てみると

市場分析もされており面白いです。



⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129



ということで暗号通貨とAIが組み合わさると既存の

それこそ大企業の労働者みたいな人たちはどんどん仕事が

奪われていくので


確かにきついと思うのですけど


そういう労働者というところに疑問を持って

起業なり投資して自立していくぞ、みたいな人にとっては


これからの時代はすごいチャンスの多い時代になりそうですね。




最近は「ネットで稼ぐ」みたいな人は

あまり珍しくもなくなってきましたが

これも実は以前は考えられなかったことです。


例えば私はこのメルマガをマレーシアから読者さんに

送ってるけど


つい30年前にこの文面を読者さんに送ろうとすれば

リアルに手紙で送らないといけなかったわけですが


今は普通にネットで世界がつながっていてこうやって異国からでも

メール送れるわけですね。



そういう意味では30年前には考えられないような時代に

今なってるわけですけど


やっぱり2030年とか2040年なんかは今の私たちの常識では

考えられない時代になってるんでしょう。


そこで個人が保険事業を行って起業して個人としてお金を稼ぐとか

そういうのが普通になってくるわけですね。



そしてこういうアイデアというか思想が一度出てくると

それは消えることはないんですね。



「どうせだめになるさ、そんなもん」とみんな既得権益の人は

言いますが


一度思想が出るとこれは人類から消えないんです。


ということはやはりこれからは保険とか銀行みたいな業務を

暗号通貨やAI使って個人がやっていくみたいなそういう発想は

追求されると思います。


そういう意味で、実は暗号通貨のホワイトペーパーって

「人類が現在の技術で実現可能な未来」が書かれているのと同意なので

そういう視点で見てみると面白いですよ。


そこでその通貨やトークンが狙ってる市場の時価総額とか

市場規模を見ていって投資する、ってのが個人的には重要かなって

思いました。



それでは!




ゆう




⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129






追伸・・・ちなみに今号の補足・おまけとして書くと



一応上では 暗号通貨とAIが組み合わさると


起業志向を持つ個人にとっては最高だけど

労働者志向を持つ人にとっては最凶だ、


という内容を書きました。





けどもっと詳しいことまで書くと


暗号通貨とAIの組み合わせってのは一部詳しい人で

言われてるのがやはりそれはN,WOの人類奴隷化計画の一部なんてのも

言われていて、


要するに暗号通貨のスマートコントラクト技術とかAI技術とか

組み合わさるととても便利になる反面、

やはり人間ってのはAIと暗号通貨というテクノロジーに飼われる

奴隷状態にもなっていくっていう指摘もあるんです。



要するに保険技術でもAIなんかが保険リスクを計算して

それをブロックチェーンなんかに書いていくわけですけど


ここでそれぞれの人の個人情報がなんというかまさに

AIによって監視される状態にはなっていくわけです。


AIがディープラーニングだとかで参照する情報として

ブロックチェーン台帳に書かれた個人情報は極めて重要になってくる。


だから最終的には人類はAIに支配されていく

っていう指摘も英語圏ではあることはあるんです。


それで私ゆうも大きくはそうなるのは確実だ、と思います。


大きくはその後出てくる 社会構造は共産主義なんだけども。

例えばユニゾンでは「シェア」というのが非常にやりやすくなるんですね。

保険がかなり効率化するから。


だから「シェア」したときの補償とかがすごいやりやすくなるわけですよ。

これは実現できればだけど、すごい支持されるはずです。


それで実はこの「シェア」ってのが実を言うと共産主義概念でして

だから最近盛んに「シェア」という言葉が使われるっていう現実もあります。


「なんでシェアが共産主義概念なの?」っていうことですけど


一言で言いますけど


資本主義は所有の絶対性が原則ですけど

シェアでは所有の絶対性の概念(所有権概念)

が希薄になってきますでしょ?


だからです。


だから大きくは人類はまさに1984年というジョージオーウェルが

書いた小説の感じで

全体主義および共産主義の体制に入っていくのだろうと

思うけど

(私は反対だけど、こればかりはあまりに大きな動きでありまして

人々の認識はこの段階まで達していない。)


そこで暗号通貨や人工知能AIってのがこれ活躍するんですね。


そこでジョージオーウェルの1984年における支配者に該当するのが

人工知能AIなんでしょう。




ここで実際に2020年代から2030年代に

「体にICチップ埋め込もう」とかそういう話も出てくるんですね。

このICチップで暗号通貨で買い物したりするわけです。


というかもうイギリスでは会社でそういうことを従業員に勧めてる

会社があるんですよ。調べてみてください、普通にニュースになってますから。


今はまだ、ネットと人体が融合していませんけども、

そこで最近はスマートフォンばかり見てる大人が多いでしょう?電車とかで。


あれは「スマフォと人体がほぼ融合している」といえるけど・・・(笑)

それが体に埋め込むICチップとかになっていくといわれていて

もう実現段階にある。


IPHONEの最新版になればなるほど顔認証とか指紋認証で情報を取りたがるのは

これ偶然じゃないんですね~~


だから世界は「なるべく為政者たちが人類を監視したい」という動きで進むのは

これは間違いないんですね。


その後に来る社会構造はずばり言いますと共産主義ですよ。


だから大きくは私たちの子供や孫世代のあたりは

大きく為政者に監視されながらも作られた自由と食べるものは与えられて

文句を言わない、みたいなそういう時代になってくるだろうと思います。


これは多くの人は自由を希求するけど、

実際の歴史として人類というのは食べ物とある程度の自由があれば

反乱を起こさないんですね。その辺をよく為政者は理解してる。




この未来のシナリオは2040年から2050年ごろに

実現化してしまう、ともうあらゆる情報を租借すると分かってきてしまうわけです。


だから今回の件名を「最強で最凶だ」という駄洒落にしたのは

結構意味があって、


本当に最強なんだけど、人類にとっては

AIによる人類奴隷化の一歩を踏み出すことにもなるかもだから

最凶でもあるわけですね。


ただ・・・当然この大きな方向で 暗号通貨とAIで人類を支配していく

という方向で世界は動きますから、


だからそれは市場で時代の流れとして必然的に

暗号通貨とAIの組み合わせという発想は、

数年後支持される確率は100%じゃないけど

あるだろうという感じはするわけです。


だから色々な意味で暗号通貨って面白いんですね。

まあ怖いところもあるんだけども。


そういう意味で人類のテクノロジーが人類をどう変えていくのか?

というところでユニゾンのホワイトペーパーは近未来のあり方を

提示しているので勉強になると私は思います。


要するに私がわかったのは暗号通貨のホワイトペーパーっていうのは

現段階の技術で構築可能な未来が書かれてるわけです。


⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129



















コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください