無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【2030年代に暗号通貨の「スマートコントラクト技術」は 爆発的に世界で普及する】

2018 3月 02 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【2030年代に暗号通貨の「スマートコントラクト技術」は
爆発的に世界で普及する】
⇒メルマガ後半で!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  ☆【3月1日からの新規案件です!】


「このプロジェクトに無料登録するだけで、


参加者全員に1000円分のコインが配られています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかも、このコインは上場確定しているコインなので・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もらっておくだけで利益が確定です。


2018年9月に上場されるようなので、

もし100倍になったら1000円分だとしても、

10万円になってしまいますからね。


3月15日までで数に限りがあるようなので、
急いで登録して受け取ってください!」


⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


どうもゆうです!
読者さん、こんにちは!!


さてさて、昨日から開始したこちらの

世界の保険業界の業務自体をAIと暗号通貨技術で

変えてしまう 暗号通貨ユニゾン の案件ですが


参加者全員1000円分のユニゾンの暗号通貨をもらえてしまう

ということで大人気ですね~


⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129



それで、こうやって1000円分でもしっかりもらえる

というのは面白い企画だと思ってるんですけど


最近暗号通貨の技術の話で時々メルマガでも使ってる単語が

「スマートコントラクト」ってものです。


それでこのスマートコントラクトっていう言葉は

イーサリアムの投資をしている人なんかはご存知だと

思うんですけど


たぶん「なんだそのスマートコントラクトって?」って言う人も

多いと思います。


なのでメルマガの後半にて、

このスマートコントラクトが2030年代、人類で爆発的に普及して
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
世界の経済のあり方が変革するのはほぼ間違いない
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということを書いていきたいと思います。


メルマガ後半の

【2030年代に暗号通貨スマートコントラクト技術は爆発的に
世界で普及する】


にて述べます!






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


■新企画【参加者全員に1000円分のコインを配布!】
(しかも上場決定して値上がり期待ができるコイン)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



さて、今日は3月1日の新しい案件が開始しました!!


ここ最近面白い案件が多いわけですが

この案件は海外発の案件なんですけど


なんと今回・・・


「1000円分のコインが配布される」
(なんと参加者全員に)


らしいです。


相当太っ腹な案件ですのでぜひ1000円分のコインを

読者さんももらってみませんか?




■新企画【参加者全員に1000円分のコインを配布!】
(しかも上場決定してるコイン)

⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129



ちなみにまだ上場していないコイン(トークン)なんですけど

この案件やってるのがいつも優良案件下ろしてくれる沖縄の会社さん

なんですね。


以前なんかはそれこそ私の読者のほとんどが月50万円くらい

利益だしたFXのアービトラージ教材扱っていたところなんですけど
(たぶんやってる人は全員利益出たかなと。)



今回は「参加者全員に1000円分のコインをプレゼント」

ということです。


ただ一応まだ上場しないのですがすでに 上場が決定してるコイン

なんですね。


だから上場後、これが値上がりして仮に100倍になったとしたら

それだけで10万円になりますね。


それで今は1000円のコインですがひょっとしたら「化ける」

可能性があるので、読者さんもとりあえずもらっておくと

いいと思います。


⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129


ちなみに化ける可能性ってのは私実は先行してホワイトペーパーの

日本語版いただきまして、

今日早起きして読んでいたんですよ。


「これおもしろーなー」って思いました。

後半でちょろっと書きます。


それではこの案件を担当している豊田さんより

読者さんにメッセージです!


====================

【億り人へのチャンス】100倍、1000倍になるコインをあげます!


突然ですが、、、
1000円はお持ちですか?

読者様の1000円が
100倍になれば、

10万円になりますよね?

1000倍になれば、
100万円ですね。


もし、100倍以上になる可能性を秘めた
1000円分のコインがもらえるとしたら、

欲しくないですか?


欲しくない人は一生稼げないままの人生を
送っていけばいいと思いますが、

欲しいと思った人は今すぐ
下記のページで無料登録して、

1000円分のコインを
タダでもらっていてください。

⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129




3月1日からある優良ICO案件が
スタートしているのですが・・・

無料でコインをもらえるようです。

上場が9月に確定しているので
そこで値上がりすれば、

あなたは持っているだけで
お金が増えてしまいます。


それがコチラです。

⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129



無料配布しているのですが、
もちろん限りがあります。

タダで上場確定のコインがもらえるので、
登録者が殺到するでしょうね。


急いで登録しておかないと
あっという間に終了しそうです!

受け取れる期限は
3月15日まで。

⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129



3月1日より事前登録が
スタートしましたが、

1000円分のコイン(トークン)を
無料で配布されています。


「1UZN = 0.2USD」

ということなので
無料でもらえるのは、

「40UZN = 8USD」

となっています。


だいたい日本円で1000円分です。


「たった1000円か。」

そう思われた方もいるかもしれません。

ですが、、、

このICO案件は

すでに上場が確定しています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


2018年9月に取引所に
上場されることが決まっているのです!


つまり、

10倍、100倍、1000倍になる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
“爆上げ”の可能性を秘めたコインなんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


最近のICO案件には
資金だけ集めて、

上場せずに持ち逃げしたという
良くないニュースがありました。


ですが、そうした心配も
一切ないのが、

今回ご紹介するICO案件です。


メールアドレスを登録するだけで
コインがもらえてしまうので、

ぜひ受け取っておきましょう。


受け取り方は・・・


【ステップ1】

下記のURLをクリックする。

→  https://ckaf.co/lp/17536/872129


【ステップ2】

『Airdropに参加して
 40UZNを無料獲得』

のボタンをクリックする。


【ステップ3】

新規会員登録を済ませる。

※無料です


たった3ステップで完了です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これだけ条件が揃っていて
しかも無料でコインがもらえる…


こんなICO案件は、
なかなか出会えませんよ。


本当に注目されていて
私も楽しみなICO案件です。


さっそく私も登録しました。^^;


いま登録しておけば、
コインが得られるだけでなく、

何十倍、何百倍という
リターンを得られる可能性がありますから。


無料で受け取りたい方は、
下記から急いで登録を済ませてください。

⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129

※3月15日までです


======================


以上です!!



ということで今回この案件の金持ちがかなりこの

トークンを買っているので参加者全員に1000円分をあげる

とう太っ腹なことをしておりますが、



結構こういう企画って馬鹿にしちゃいけないと思ってるんですね。


っていうのはメルマガで数年前に

「リップルを500円分プレゼント」とかそういう企画の

案件扱っていたんですよ。


けどその後その500円分のリップルって

300倍以上にはなってるから


15万円くらいにはなってるわけです。



なので、今は1000円だけどもこのトークン、

上場も決まっていて100倍1000倍とか

そういうのもひょっとしたらあるかもしれないので


とりあえずもらっておいて損はないと思いました。

⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129




ちなみに・・・このユニゾンのホワイトペーパー

私はちょっと事前にいただいて読んでいたのですけど


結構面白いんですよね。


ずばり簡単に言うと既存の「保険業界」って結構非効率な

旧態然な業界なわけですが


この「保険業界のあり方を変えてしまうトークン」


なんですよ。



まあそれこそリスク計算とか顧客が支払う手数料とか、

やはり保険業界って結構問題を抱えてるんだな~とか

ホワイトペーパーを見ていて思いましたが


このトークンはそれを今のところイーサリアムベースの

開発で2030年代にかけて変えていこうとしているのですね。


ただ開発者は既存の大企業である保険会社をつぶすとかそういうことではない

と言ってるんですけど、


ただですね、これが広まったらユニゾンという今回の

トークンのCEOがどう言ってても


大企業の保険会社どんどん

追い込まれるだろうな・・・


ってのは感じたところです。


この暗号通貨は今までの保険業界にとって黒船になっていく

かもしれないんですね。


⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129


それでこのユニゾンという暗号通貨プロジェクトは

Donald Bamesっていう人らをCEOとしてイギリス人とアメリカ人が

主導しているプロジェクトなんですけど


保険業界ってのは今まさに世界で変革期を迎えているわけです。


1つが日本なんかもそうだと思うけど

先進国にて少子高齢化が進んでるってことですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
だからここで新規加入者を獲得するために
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

どうしても開発途上国への参入に意欲的にならざるを得ない
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
という状況が先進国の保険市場で出てきているということです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


あとは2つ目として業務の効率化と新商品開発の動きが

激しくなっているっていう現状があって


それで保険業界ってのは大きく変革してるんですね。



それでやはりここで世界の経済構造というのが

今回のコインのホワイトペーパーで説明されていました。



まず今ってのは世界は格差社会じゃないですか??


だからピラミッドでも下の貧困層がすごい多くて

逆に上の富裕層が超少ないみたいな


結構下の底辺部分が広い、

そういうピラミッドになっている

わけです。



イメージとすれば


現時点ではこんな感じのイメージです。



■ 富裕層



■■■■中間層




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
貧困層




このように、


中間層が極めて少なく貧困層が多いのが今の世界の状態。


が、これが2030年には世界でもよく分析されてるけど

やはり中間層が増えるんですね。


これはマレーシアのことでも私が書いてますが

中間層が全世界的に増えていく。



だから2030年代は




■■■■■■■■
富裕層


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
中間層


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
若干貧困だけど中間層にも近い準中間層



■■■■■■■■
貧困層




こういう感じでピラミッド構造が全世界的に

崩れると言われてるわけですね。




だから今の時点では世界で貧困層の人がいるけど

これが中間層になっていくっていうこと。



それで今このユニゾンという暗号通貨は

「現時点ではまだ貧困層の人たち

⇒2030年代には大量に中間層以上に上がっていく」


という未来を見ているわけです。


もうどんどんアジア地域とかでも中間層が誕生していますから

彼らのこの分析は私は正しいと思います。



そして

この貧困層の人たち

(英語ではBottom of pyramid 日本語では「ピラミッドの底辺」)



に今から保険商品を提供していくということで

2030年にかけて活路を見出そうとしているわけです。



⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129




特にこの中でミレニアル世代っていって

1980年~2000年に生まれた世代が

これからの主要な経済プレイヤーになっていって


世界では一番この層が人口が多いんですね。

そしてこの世代はデジタル世代です。


だからこの層はまだお金は持っていないんだけど

明らかに自分たちの新しい暗号通貨を使った新しい保険のあり方は

評価されるだろうから


そこを狙っていくということでした。


これはまさに私なんかがミレニアル世代なんだけど

「この暗号通貨面白いな~」って思いましたが要するに

私みたいな人が世界中にいるけどこの暗号通貨はその層を

狙っていくわけです。


あとは面白かったのがAIですよ。


人工知能のAI。



もうこの暗号通貨はAIと掛け合わせるのだ、というのが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
決まってる。
~~~~~~~~~~~~



⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129




すなわち今回のトークンは保険業務の無駄をはぶいて

徹底的に効率化するものなんだけど

そして新しい保険のあり方を考えていくものだけど、


そこにAIも加わるんですね。



例えば例を出すと

【アクチュアリーAI】

保険業務のリスク分析にともなうあらゆる公的データをもとに

保険数理を用いて

独自アルゴリズムを組み込んだAIで分析する



【バックオフィスAI】

保険契約者の審査基準とか、契約リスクを評価して


それで異常がないか検証させて、それを


実行処理を行う今はイーサリアムベースのスマートコントラクト

に送信する。

(ということは 「人がいない保険業務」がAIで可能になっていく
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということを示唆する。)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【チャットボットAI】

リリース段階ではトークスクリプト型チャットボットAIとして

機能させるけど


自動応答によってデータ蓄積とともにディープラーニングで

学習速度を向上させていく。


ゆくゆくは完全にフリーワードに対応していくチャットボットを

実現する

(これも「サポート」という人間の仕事はAIに代替されることになり
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
やはり人がいらなくなります)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




こうやって本格的にAIの導入も進めている暗号通貨です。



だからこの暗号通貨のトークン、現在価値1000円分でも

もらっておくのオトクだと思いました。



⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129




それでまあ面白いのが要するにこれから

保険業務ではほとんどAIになって人材いらなくなっちゃう

ってのがこの暗号通貨の登場で


簡単に未来が分かりますね。


もう技術的には「人材がほぼ必要ない効率的保険商品運用」

が可能になってくるので



銀行なんかもこの辺似てますが

保険業界も次はAIで仕事がどんどんなくなっていく業界に

なるんだな~~


ってのはこのユニゾンという暗号通貨プロジェクトの登場で

感じました。


そしてこれが上場決まってるってなったら

もう保険業界はこれからヤバそうだな・・・なんてのも

感じた点ですよね。



一応ホワイトペーパーとか登録して買う前とか

読めるはずなんでよかったら読んでほしいですけど


⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129


ちょっと発想がヤバいというか、

もう「世界はここまで来たか」状態のトークンです。

未来ですね。


しかもかなり現実的な技術を採用してるので

それが印象的でした。


「未来のSFのようなAIを考えてるわけではない、

あくまで現実的」


っていうところを開発者たちも相当重視してるようでした。


それで今回は未来の保険業界を明らかに変えてしまう
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ポテンシャルを持った
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらのユニゾンという通貨を
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

参加者全員、1000円分もらえます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これが将来すさまじい価値に何年かしたらなるかも

しれませんし、


結構夢があってなおかつ現実をしっかり見た

プロジェクトなので


ぜひ見てみてくださいね~~





⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129











追伸・・・そしてこんな風に色々見てみると10年、20年単位で

暗号通貨市場が

なくなるってありえないことなんだろうな、というのは

感じます。


もうこの技術がAIと結びついてきて人類の働き方とか

あり方そのものを変えてきてしまうんだと思いますよね。


たぶんだけどこのトークンのように


暗号通貨×AI技術ってのが組み合わさって初めて

それが人類にとっての大変革になるんだろうと感じました。


それでそんな未来の展望についてもホワイトペーパーで学べましたので

(読むのに30分くらいかかるかと)


だから個人的には面白いプロジェクトだと思いまして、

それでこの期待値があるプロジェクトのコインを1000円分もらえるのは

「おいしい」と思いましたね~



⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129













■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【2030年代に暗号通貨スマートコントラクト技術は爆発的に
世界で普及する】

※副題 スマートコントラクト技術について学ぼう!!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



さてさて、今ユニゾンの1000円分の暗号通貨を配布する

キャンペーンが大変人気ですが


(今1000円だけど5年保有してたらそれが10万円100万円

になっていく「かも」???な通貨です)



個人的にはこのユニゾンのホワイトペーパーに相当感心したんですね。


「ああ、もうついにスマートコントラクトを使って

AIかまして

世界の経済構造を変えようという動きが暗号通貨に明確に出てきた」


と、強く感じました。



それで最近メルマガでよく出てくる言葉として

「スマートコントラクト」という単語があります。


これ「スマートコントラクトって何ぞや?」って言う人も

結構多いんじゃないかな?と思って


今号で簡単にスマートコントラクトについて表面上の技術と

あと「その奥にある思想」について書いていきたいと思います。



それでスマートコントラクトとは何だ??

ということなんだけど


技術的にはすごい難しいことが語られていたりするんだけど

簡単に言ってしまうと


「今までのめんどくさい手続き、契約関係を全て自動で

実行してしまう機能」


のことだと考えると分かりやすいです。


「スマートコントラクト」は英語で「SMART CONTRACT」ですが

これは日本語で「賢い契約」みたいな意味ですが


すなわちスマートコントラクトっていうのは

「めんどくさい契約関係をスマートに賢く行えるプロトコル」

のことです。


だからスマートコントラクトっていうのは

「契約の自動化」のことでありまして


例えば自動車のレンタカーサービスなんかでよくやると思いますが


契約の条件確認だとか、

履行


これらを自動的に実行させることができるんですね。


それで今の2018年の人類はまだこの辺を自動化できて

いなくて、


例えばトヨタレンタカーに行って自動車のレンタルをしようと

すれば、


そこでレンタカーの契約条項とかを読んで

色々と確認をしてサインをして

保険の契約とかを色々読んでサインして


そして戻ってきたらまた色々確認してようやく返却


みたいな流れで


そこでやはり人が介在しているわけですね。



ただこのスマートコントラクトではそういうことが

必要なくなるっていうことでして


取引や契約のプロセス、過程を「自動化」できてしまう。


だから決済期間を短くしたり不正を防止したり


あとは人間の仲介者を介さないことでコスト削減にも

つながるという風に言われていて


だから各国で取り組みが行われているわけです。



それでブロックチェーン技術を使ってその上で

スマートコントラクトを利用すると、


仲介者を介さずにユーザー同士が直接取引を

行うことができるようになるわけでして


それがこれからの社会に大きな変革をもたらすわけです。


その一端が既にこの案件で出てきているっていうこと。

⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129


ちなみにこの「仲介者を通さず」というのが大事でして

得てしてこの「仲介者」っていうのは中央集権の権化に

なってしまいがちですよね。



分かりやすいのが年金です。

年金なんかは一応建前上は


「あなたたち若い世代からお金を私たち

仲介者の政府が徴収しますよ~~


そしてそれをあなたたちが老人になったら

年金を払いますよ~~」


とやるわけです。


税金なんかはみんな国家や政府という中央集権が

仲介者となるわけですね?


が、問題があります。


その政府(官僚)が徴収したその税金だったり年金は

本来年金運用のためだけに使われないといけないのに


例えば株の吊り上げに使われたり、例えば

グリーンピア問題であったように官僚たちが贅沢するのに

使われたり、はたまた彼らの天下り先の給与に化けてしまったり

するわけです。


「中央集権である仲介者の政府が中抜きする問題」

っていうのが深刻でありまして、


そこで「非中央集権」というのが大事になってくるわけです。


そこで今までは複雑な手続きとか契約ってのは

めんどくさいから仲介者が入る余地があったんだけど


簡単に言うとこのスマートコントラクト
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
を使えば ユーザーの「個人同士」が簡単に
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
契約を結んでいくことができるわけで
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


直接取引が簡単になっていく。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


だからそれは社会に大きな変革をもたらすんですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ちなみにユニゾンってのは上記の文脈で言うと

「保険業界の中央集権的部分を非中央集権化していく」

という暗号通貨ですよね。




それでスマートコントラクトの流れは?


というと大きく4つで説明できて



1契約の事前定義


2イベント発生



3契約執行

価値移転



4決済



です。



このスマートコントラクトの1の部分だけは

管理者が入力しますが、


2~4は自動的に実行されるわけですね。


ブロックチェーン上のプログラムとしてスマートコントラクトを

実行していくと契約は改ざんされづらくなりまして、


また「人を介すことが無く確実に執行できる」

わけです。


だからはっきり言うと多くの日本の大企業が実際は

「仲介業務」をやってるわけだけど


それこそ証券会社なんかもそうだし、不動産業者なんかも

そうですよね。


これらの仲介業務をやってる会社のパイってのは

これから必然的に奪われていくっていう将来が

見えてきますが



だからこのスマートコントラクトを本当に脅威に

感じるのは大企業だと思います。




例えば保険の大企業ってのはまあある種

政府と絡んだ利権に

相当ズブズブであるでしょうが


保険商品ってのはその保険の大企業が今は

発行していますよね??


けどこれから、2030年代にかけてはまさに

個人、中小企業なんかが保険を発行するように

変わってくるということでして



だから大企業はどうしてもこれから保険業務として

続けていくのが2030年代は難しくなってくるかも

しれません。



今回のユニゾンのすごいところっていうのは

従来中央的な保険業務をやってる大企業をかまさないと
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

保険の発行なりはできなかったけど
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これが個人同士でできるようになってしまう、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということですよね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129


それでこのスマートコントラクトのデメリットとして

もしバグとか脆弱性が合った場合、


そこで不正な処理が行われてそれがブロックチェーンに

誤った情報なのに書き込まれるリスクがあるわけです。



ただ「じゃあそのリスクをなくしていこうかな?」

となるわけですけど



最近急速に進んできてるのは


「スマートコントラクト技術とAI技術を結合させる」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


っていう発想なんですね。



ユニゾンの説明で前号で書きましたが

AIに色々契約関係のリスク査定とか、正当性とかを

計算させて、


それでそれが妥当で正常なものであったら

そこでブロックチェーンに情報を書き込む


みたいな感じですよね。


だから契約関係って結構色々な確認とか

手続きがあるわけですが


これをAIの人工知能にさせて、


その上で

暗号通貨のスマートコントラクト技術と


結合させるわけです。



そうすると「すさまじく契約関係の自動化」ができちゃう

ってことです。



ちなみにスマートコントラクトの考え方自体は

ビットコインよりも前の時代のものなんです。


1990年代にNick Szaboっていう暗号学者がいて、

彼によって最初に提唱された。



そこでSzaboが、言ったのは

「スマートコントラクトを人類史上はじめて導入したのは

自動販売機だ」


ってことです。



この自動販売機は「契約」なわけですね。

例えば自動販売機でコーラを買うとして


1私たちが必要な金額を投入して


2特定の飲料(コーラ)のボタンを押す


という行為を自動販売機でジュースを買うときするわけです。


この2つがいわば「契約条件」なんですけど


このコーラを買うための契約条件が執行された時のみ

自動販売機は「特定の飲料(コーラ)を利用者に提供する」


のですね。



それで今回ユニゾンなんかはイーサリアムベースで

開発を進めているということなんですけど


「イーサリアムといえばスマートコントラクト」

みたいなところがあるわけですね。



他にもスマートコントラクトのプラットフォームを

持ってる暗号通貨はあるけどやはり

ICOなんかを見ると最近はもう大体イーサリアムベース

です。


だからイーサリアムを金持ちたちは長期保有したり

しているっていうのもなんとなしに分かりますね。



それで「ビットコインとイーサリアムの違いとは何か?」

ですけど


ビットコインっていうのはブロックチェーンの技術を

使ってるっていうのはみんな知ってると思います。



ここで悪意のある参加者が参加する可能性のある

P2Pネットワークでお金の取引を正しく動作させる環境

ってのがビットコインの基本的な考え方ですね?



じゃあイーサリアムはどうか?というと

イーサリアムは取引だけではなくて


上記の契約みたいな「処理」もこのようなP2Pネットワークで

正しく動作させることができるんですね。



そのためにイーサリアムが実装している機能が

「スマートコントラクト」なんです。


だからユニゾンのホワイトペーパーや内容を

詳しくは見てほしいけど

⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129



こうやって従来は人が介さないとまずできなかった

保険の仲介業務とか、そういうものを


イーサリアムのスマートコントラクト技術を使うと

自動的にできるようになっちゃうんです。



ただこのスマートコントラクト技術って単独では

あまり強力ではないわけですが


ここにスマートコントラクトの契約にまつわる

様々な業務とか、あとはリスク査定とか色々

あるわけですよね。



ここで、AI=人工知能 をかますとそれらの

計算をさせられますから、


だから

「じゃあさ、スマートコントラクトと

そのコントラクト=契約の部分の様々な処理を

AIにさせたらこれ最強じゃね??」


っていう発想が出てくるわけですね。


上記ユニゾンという暗号通貨は基本的な設計思想としては

そういう思想である、というのが分かってくるわけです。



それでスマートコントラクトとAIを使って

例えば保険業務なんかも自動化できてしまうわけで


だから大企業の保険業務をしている人たちってのは

20年後くらいはやはりリストラの対象になるんじゃないかな~

ってのはなんとなしに私たちが感じるところですが



このスマートコントラクトの普及は様々な分野に及ぶ。


例えばカーシェアリングなんかもスマートコントラクトで

スムーズにできますね。


カーシェアリングなんかは車を貸す方は

エンジンの始動条件にスマートコントラクトを

組み込めばいいんです。


そういうキットを実際に開発している企業があって

プログラムはイーサリアムで、物理的なエンジンの始動を

確認するデバイスはまた別の企業で、みたいな感じで


開発をしていて、これはいずれ普及していくでしょう。



そして車を借りるほうは、よその誰かがレンタルに

出してくれた車に乗るにはもちろん代金を払わないと

いけないわけですが


今までだったら借りるほうはネットサービスを利用して

あらかじめ支払いしなくちゃいけなかったし、


レンタルに出す方は対面で

物理的に会って渡さないとできなかったわけで


大変だったわけですね?



また信頼スコアが高い人か低い人か?というのも

はっきり言うと分かりません。


例えばその人が借りた車で銀行強盗とかする

確率が高い人だったら・・・

車貸すほうは貸すの嫌ですね?


そういうリスク査定とかあるわけですけど

これからはもうスマートコントラクト技術と

AI人工知能技術をくっつけてしまえば


それらが自動的に安全にサービスとして成り立つように

なるわけです。



ということは?今までWEBのカーシェアリングの会社とか

そういうのをかましたりしてたわけですが



これさえも不要になってきて

まさに個人と個人間で信頼性のある取引が可能になってくる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

っていうことです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



そう、だから「企業ではなくて個人の時代」になってくる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

わけです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


だからこれからの時代はやはりどうしても
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

個人の新自営業者の時代に入っていくっていうことです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


もう大企業だけが様々なサービスを展開する時代でも

なくなってくる、っていうこと。



それでイーサリアムのヴィタリック・ブテリンが言ってるのが


「たいていの技術は末端の仕事を自動化しようとします。

しかし(私たち

イーサリアムのスマートコントラクト技術のように)

ブロックチェーンは中央の仕事を自動化していきます。



タクシーの運転手の仕事を奪うのではなく、

(中央集権的な)UBERをなくして

運転手が直接仕事を取れるようにするのです」



ということなんです。


上記のカーシェアリングの例で言えば

スマートコントラクトを組み込んだロック機能が

搭載された車であれば


第3者を介さずにシェアリングが可能になるし



例えばスマートコントラクトによって定義されたルール

によって車を借りたほうはお金を払わないとエンジンは

始動できないし、


仮に借りたままパクろうとする人がいたら

貸したほうはエンジンロックを遠隔で行えます。



またブロックチェーンは改ざんが難しいから

そこで所有者偽装も難しいですから


その車は売ろうとしても売れないわけです。



だからこうやってスマートコントラクトが普及していく

社会では車の販売を仲介する業者なんかも減っていくわけで



だから「仲介業」っていうのはこれからどんどん
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

廃れていく方向性になるのは間違いないっていうことです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



ユニゾンの「保険」なんかもそうで


本来は保険金を払ってる人100人がいて、

そして1人で何か事故なりがあったらその100人の

保険金の中から


1人の補償が払われるわけですよね。



相互扶助です。


ただ今はここに保険会社(大企業)が入り込んで

仲介しているわけでして


ここでこの100人の払う保険金がやたら高いわけです。


仲介者がいるから、税金やら保険金が高くなるわけです。


が、これからはそういうのが必要なくなる社会に

徐々に世界的にはなっていくということですね。


ユニゾンのホワイトペーパーなんかを見ると根本思想は

そんな感じです。


⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129




それでここで多くの労働者が心配になるのが

「え?けどこんなのが普及したら従来の保険業界とか

不動産業界の大企業で働いている人たちは

どんどん職を失うのではないか?」


っていうことですが、



これはまさにそうだろうと私は思いますよね。



すなわち中央集権的な仕事に従事してる人たちの

作業ってこれからの社会ではスマートコントラクトと

AI人工知能をあわせて自動化できちゃうんです。



となると当然 人件費削減となります。


今すでに動きが早い銀行業界では人員削減が

始まってますが


このスマートコントラクト関係の技術の進展具合の

スピードを見ていると・・・



保険業界の大企業なんかでも同じことが起こると

簡単に分かりますよね?



だからもし息子さんが保険業界の就職をしようとしていたら

お父さんお母さんはスマートコントラクト技術のことを

教えてあげないといけないと私は思います。


ちなみに私が大学生のころテレビ局ってのは花形でした。


しかし当時私もそうだったけど

「いずれインターネットが台頭してどんどんテレビ業界は

衰退していく」


と言っていた学生も多かったんですけどね。


結果テレビ業界ってやっぱり廃れていて

これは同じことが 仲介業務を行ってる大企業にも

2030年代に起こってくると言えます。



それでこんな記事を例えば東京海上とか日本興亜の

サラリーマンが見たらよい気分はしないのだろうと

思います。


が・・・やはり時代は変わるわけです。


「じゃあ大企業の人はリストラの対象にこれからなりそうだけど

どうすればいいの?」


となると思いますが


実はこのスマートコントラクト技術を見ていると

気づかないといけないことがあって


それはP TO Pで、すなわち仲介者を介さず

「個人と個人で商売が簡単にできるようになる」

ことを示しているんですね。



今までは個人で保険を発行とか無理でしたよね。

複雑すぎて。


しかしそれがこれから簡単にできるようになってくるわけで


例えば 20代のAさんが保健サービスを自営業として

立ち上げて、そこで保険サービスを売るっていうことも

可能になるでしょう。


そこでリスク計算なんかはAIにさせて、

契約執行なんかの関係はスマートコントラクトを

かませば


ここで「保険起業」ができるようになってきます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そう、すなわち「労働者の視点」でみるとこの

技術って脅威なんです。


しかしこれらのスマートコントラクトの技術とかは
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「起業する自営業者の視点」で見ると
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


すごい儲けチャンスがあるってことが分かりますね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



すなわち、イーサリアムや、そのスマートコントラクトの

プラットフォームを利用しようとしている今回のユニゾン。


彼らがやろうとしていることってのは

「世界中の若い人たちが簡単に起業して

中小や個人が新自営業者として利益を出せる

土壌を作ろうとしている」


といえると思います。



⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129




すなわちもう多国籍企業とか大企業の時代ではなくて

個人と中小企業の時代で、


大きく2030年代の経済生産性を作るのは

大企業ではなくて「新自営業者だ」という考え方です。



そしてここで私のメルマガを長く読んでる人は

気づくでしょう。


「なんかトランプ背後のキッシンジャーも同じこと

言ってるぞ!?」


と。


キッシンジャーの思想も同じで

「みんな自営業者としてネットなりAIを活用して

商売してそれで経済がよくなれば(投資家がより儲かるから)

良い」


という思想なんですよ。



だから大きくは今の国際政治の動きとして

トランプ大統領がアメリカの帝国覇権を放棄しようと

していますでしょ。


ここでBRICSみたいな新興国の経済でどんどん

中間層が誕生するんだけど


そこの経済を引っ張るのは中小企業や個人です。



ちなみに中国経済はどんどん拡大してるけど

彼らの経済が拡大している本当の要因は

「中小企業」にあるんですね。


アリババという企業がいて、ジャックマーという

すごいのが引っ張って去年アマゾンも抜きさり

世界一の電子取引の企業に

なったわけですけど



このアリババのジャックマーの基本思想は

「中国経済を引っ張ってるのは大企業ではなく

中小企業や個人の事業者たちだ。


彼らが儲けやすい土壌をアリババが作る」


ってことでそれが理念の主軸なんです。


だから実はジャックマーとイーサリアムのビタリックなんかの

思想は違ってるようで同じなんです。


「これからの経済を作るのは中小企業や個人であって

彼らが商売しやすい環境を作り上げる」


という理念部分では同じなんですね。



それで彼らがどんどん台頭しているっていうのが

2018年の世界で見られる動き。



それでここで「今までは弱小だった個人や中小企業が
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

商売しやすくなる環境」として
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


スマートコントラクトが出てきたってことです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


それで、今の世界ではまだ

貧困層は多いんだけど、2030年代には


現在の貧困層がアジア各地域で出てる現象のように
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中間層になっていきます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


だから今までの上位1%がいて99%は貧困層

みたいなピラミッドは


トランプのアメリカ帝国覇権を放棄するの姿勢で

BRICS地域やアジア、アフリカ中東で発展が開始されるから


徐々に崩れていくのは必然なんですね。



ここで各地域で、まさに私がいるマレーシアでも

見えるように、どんどん富裕層や中間層が誕生していく。

(Bottom of Poverty 貧困の底辺層が

これから中間層に大きく世界では移行していく)



そこで彼らは消費力を持つわけですけどそこで

彼らは大企業の製品を重視するわけではなくて


あくまでも個人や中小企業のサービスを主に

使うわけですね。


ちなみに、この感覚って言うのが日本人には

分かりませんが


例えば私は韓国に住んでたけど

韓国なんかの消費行動はこれ、

ほとんどの消費が中小企業での

消費になります。


クレジットカードのヒストリーとかを以前自分で見て

感じたんだけど


日本で消費する場合、大体上場企業での消費なんですね。


が、韓国での消費の場合、その辺のおじさんおばさんが

やってる個人事業主の飲食店やカラオケやホテルなんかの

消費が大半になるわけで


中小企業での消費が主体になるんで


韓国だと
クレジットカードも個人店のヒストリーばかりになるんですよ。


これは中国でも同じでした。



それでこれからの世界の発展には中小企業や個人の

経済での活躍が大事になるのだけど、


さらにこの中小企業や個人っていうのが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
経済活動をしやすくするために普及していくのが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
スマートコントラクトである、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということですね。



だから実はトランプのアメリカ帝国の覇権放棄の
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

動きと
~~~~~~~~~~


暗号通貨でのスマートコントラクトを使ってでの
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中小企業や個人が商売しやすくなってきている動き
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ってのは実は連動していると分かってきます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


誰もまだこれに気づいていないけど私はこの辺見てます。


ということでこれからの時代はあくまでも

「新自営業者の時代」になっていくってことです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


大きくはその方向性で世界全体が大きく動いてるのが

分かりまして、


今の銀行を見れば分かるように大企業は影響力を

落としていき、


そこで「個人や中小企業」が台頭してくる時代に

必然的になってくる、ってことですね。



だから当然スマートコントラクト技術は

世界で、特にBRICS圏周辺で中間層が爆発的に

増えてきますが


それと同時に必然的に経済で様々なサービスの需要が

生まれますから


2020年代中盤~後半から徐々に社会の表に

一般の人にも見えるサービスとして出てきて
(UBERとかが出てきたように。)


2030年代にはスマートコントラクトを

ベースとしたサービスが

爆発的普及していくことになる

確率がすさまじく、非常に高いと言えます。



だから富裕層はイーサリアムを

その昔バフェットがコカコーラをガチホしていたように


ガッチリ

ホールドしてるわけですね。



それで私の分析だと、

まず政治経済のアメリカ、ロシア、中国の

関係性を見てみると


やはりアメリカが帝国覇権を放棄する動きに入り

ロシア中国の覇権へ、という流れは進んでます。


また韓国のムンジェイン大統領というのは日本では

報道されていませんが私は韓国語も独学で分かるので

ソウルでの選挙戦も見に行きましたが


彼はやはり思想は上記イーサリアムのビタリックとか

アリババジャックマーとかキッシンジャーと同じで

「中小企業や個人事業者をもっと強くする」

なんですよ。


ここが大企業重視のパククネ大統領と大きく違う点で、

韓国民からやはり支持された理由です。


だから世界はこの辺の思想を基軸に動いているのは

間違いないといえまして、


マクロではそのような個人や中小の自立という

動きを模索する動きが出てきてます。


そして同時に中間層がアジア圏から始まって

爆発的にこれから増えてくるという事象も観察されまして


マレーシアもそうだけどそれに続いてインドネシアも

そうなってきていて


今は貧しいバングラディシュもマレーシアに続いていく

のは間違いない。


今は問題ある北朝鮮も2020年台には

徐々に市場開放されて中間層が増えていくでしょう。

(ちなみに北朝鮮では結構公共交通機関なんかも

整備されていて若者のほとんどはスマフォつかってまして

グーグルが技術提供してますね)


こういう大きな世界的な流れってのがありまして、

そこでスマートコントラクトという中小企業や個人事業者が

利益あげやすくなる仕組みが誕生していく


わけでして、



となるとこれはもう世界は2030年代には

個人や中小事業者が暗号通貨のスマートコントラクトやAIを

利用して


売り上げ立てていく時代に徐々に入っていく流れができており

その「外堀」が今作られてる状況なんだ、と気づく必要が

あるわけです。



これに気づいてる人はほとんど今の日本には

いないのだろうと思うけど


やはり大きな世界の流れとしてそういう流れがあります。

なので必然性を伴ってスマートコントラクト技術や

それに類似した技術は

当然のごとく普及していくし



個人や中小企業の影響力は増していくっていうことです。



そしてその先駆けとして今回の
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ユニゾンみたいな保険業務をスマートコントラクトと
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
AIを結びつけて 効率化する暗号通貨が出てきた
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ってことですね。


この辺の思想体系が分かってると、暗号通貨って

すごい面白いと気づきますよね?



では!





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  ☆【3月1日からの新規案件です!】


「このプロジェクトに無料登録するだけで、


参加者全員に1000円分のコインが配られています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかも、このコインは上場確定しているコインなので・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もらっておくだけで利益が確定です。


2018年9月に上場されるようなので、

もし100倍になったら1000円分だとしても、

10万円になってしまいますからね。


3月15日までで数に限りがあるようなので、
急いで登録して受け取ってください!」


⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






追伸・・・さて、ここで日本の市場についても

考える必要がある。


英語圏なんかでは上記「非中央集権」だとか

「個人が起業して稼ぎやすくなる社会」だとか


その辺が追及されているわけです。


ちゃんとそこに「理念」がありますね?


ユニゾンのCEOもイギリスの保険会社で働いてて

その意義を考えて、今回ユニゾンを立ち上げて

上場までこぎつけている。


が・・・日本の暗号通貨市場にはそのような思想が

あるのか??


というと違ってあくまで

「億り人」が出たとかなんちゃら、みたいのが

メインですよね?


暗号通貨市場なのに「非中央集権」というとても

大事な単語さえ、日本のブログで「仮想通貨」と

検索してもなかなか出てこないわけです。


海外の暗号通貨投資家は思想レベルまで

見てるのだけど


日本の場合は「それが上がるかどうか」という

投機的視点でしか見ていないケースが多いと感じました。



しかしガチホしたりする根拠を持つためには

思想レベルまで見ていく必要があり、


ビットコイン長者たちはその思想に惚れて

それで金持ちになったわけでして


彼らがやっていたのは「投資」ですね。


一方今のレバ効かせて抜いていくのはこれはやはり


「投機」に位置づけられるんです。


んで、長期で言えば「投資」のほうが儲かるってのは

バフェットの事例で分かるわけですから


「投資」という視点も持ってやっていくといいでしょう。


そのためには暗号通貨のホワイトペーパーなりを見て

CEOとかスタッフたちの非中央集権思想を

理解するのが大事になってくる

わけですね。

⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129




追伸2・・・もっと本質を言うと

英語ではCrypt Currencyですから「暗号」通貨という

訳が正しいけど


日本では「仮想」通貨です。


これは法律で暗号通貨を官僚たちが勝手に

「仮想」通貨としたのが原因です。



じゃあなぜ彼らはあえて「誤訳」をしたのか?

というとそれは気づく人は多いだろうけど


「暗号」通貨と言った場合その背後には

強烈に非中央集権思想があるのが人々にも伝わるわけです。

「暗号」ですから。

「なぜ暗号化するのか?⇒その取引を国家に把握されたくない

という意思」があるわけだけど


それを大衆が感じ取るのが怖いんでしょう。


一方「仮想通貨」という言葉においては

「仮想」なだけでそこになにか非中央集権的思想が

潜んでるとは大衆は気づかないわけです。


だから「仮想通貨」としたんですが

この日本語の単語の感覚、分かりますかね?


官僚はこういうのを毎日アホみたいに考えてるんです。


それでまさにユニゾンなんかはそうだけど

非中央集権思想が背後にあるわけですが


これって中央集権の官僚にとっては脅威そのもの。


官僚たちが今まで「認可特定保険業者」とかいって

認可した業者以外は商売させないようにしてたのに


これから個人や中小が勝手に保険業務をやるようになる

社会なんて官僚からしたらなんとしても止めたいわけです。


だから官僚たちは本当はこの「暗号通貨」という

Crypt Currencyの正式な訳を

恐れてるんだろうと思いますね。


だからわざわざ「仮想通貨」法にしたわけです。



ただこれは世界的な動きであるから、

日本だけが抵抗してもやはりこの世界的な

中小、個人が自立していく動きは進んでいくでしょう。


それを進めた国がどんどん豊かになっていく。


日本はそれに遅れてかなり貧しくなって

方向転換をようやくすると思います。


なので暗号通貨という正式な訳が使われなくて

仮想通貨っていう訳が使われてるのは実は

結構政治的なものであります。


ただこのユニゾンを見ているとこれから日本の官僚たちとは

関係なくどんどん世界では非中央集権という考え方が

進んでいってますね。


ほぼ間違いなく

2030年代に暗号通貨スマートコントラクト技術は

爆発的に 世界で普及すると言えますから


その未来を見据えて動くのがこれから大事になると私は考えてました。


⇒  https://ckaf.co/lp/17536/872129












コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください