無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【オリンピックで急接近した北朝鮮と韓国の南北関係について考える!】

2018 2月 28 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【オリンピックで急接近した北朝鮮と韓国の南北関係について考える!】
⇒編集後記

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

日本の大金持ちたちが


リップル(XRP)最大620倍

エイダコイン(ADA)最大850倍

イーサリアム(ETH)最大6800倍


を超えると見ている革命的コインが

3月19日に誕生するらしいです

【大人気です】3月19日に世界に激震を与えると期待される
激熱いコインとは?
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/
(大金持ちの太陽さんなんかはこのコインに
「大きく」投資する予定だ、と私は聞いてます)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


どうもゆうです!
読者さんこんにちは!


さてさて、オリンピックが終わりました。

今回のオリンピックですが北朝鮮と韓国がアメリカに

南北の和解の方向を邪魔されるという動きはかなり見られましたが


とりあえず以前よりはなんだかんだ北朝鮮と韓国の距離はかなり

縮まったようです。


さて、それでこれから北朝鮮と韓国のこの南北関係が改善できるか

もしくは悪化するか(これは軍産が望むところ)


というところで極東情勢の安定感も変わってきますが

今日はその辺を考えて行きたいと思います。


編集後記で!




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


3月19日に世界に激震を与えると期待される激熱いコインとは?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

さて先ほど開始したこちらの案件ですが
かなりの人気ですね~~


このコインですが実は私自身が太陽さんの有料の塾入って
彼の情報活用させていただきまして
結構仮想通貨で儲かったんですが


その太陽さんが「大きく」投資すると有料会員の塾生にも
伝えてるものなのでもちろん100%はないのですが
ICO件数として毎月100件を精査して精査して
その上でリリースされてる案件なので

見てみる価値はかなり高いと思ってます。
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/


ちなみに、別の案件の話になってしまうのですけど
この前メルマガで紹介していたスイスのCVS社の案件ですが
登録した方はラインアットでご存知の通り

あの後、公開日時が2日間早まって情報公開と
なりましたが、

登録していない方に教えてあげますが 
実はあの案件で公開された無料情報の通貨ですが
25日にCVS社からの情報があって、そのときの取得価格から

現在「たった2日で2倍近く」になっていますね~
(この仮想通貨全体が低迷してる中、ですよ)

一応通貨名なんかは書いてもいいんですが
私のメルマガよく読んでくれて登録してくれた読者だけが
知ればいいということで 書いたらバイナンスで買えちゃうので
あえて書きませんが

10万円でやってみた読者さんはこの2日で8万円から9万円前後
儲かっていて
100万円でやってる読者さんはこの2日で80万円から90万円前後は
儲けが出てる状態ですので

やはり私が思ったのは「情報の精査」は強力だ、ということです。


それでこの前のスイスの会社が黒船としてやってきまして情報精査能力が
高い会社さんでしたが

国内の会社も情報精査(DD)では各国に人材置いて
負けていないということで今回の案件も
相当数ICOなんかを毎月100件以上精査して

「これだ」というものを見つけてきて
枠を取り付けてきたそうなので

見てみる価値はありますね。
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/




さて、今日はその太陽さんとヒロヒデさんの事務局から
読者さんにメッセージです!


===============

3/19、セントラリティ級のコインです。



セントラリティ級みたいです・・・
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/

2018年1月15日、

世界中でパソコンの前に張り付きながら
12時を待つ人が続出しました。

仮想通貨、もっと言えば爆上げコインに
興味がある人ならわかりますよね?

そうです、セントラリティという案件の
セールスタート予定の時間でした。

その日は朝からパソコンに張り付いて
ずっとソワソワしている人がたくさんいたはずです。

実際は数時間遅れてしまい、
かなり待たされたので、イライラもしたでしょう。

で、さらに発狂しそうになったのが
たった6分で90億円の枠が埋まってしまったことです。

1円たりともセントラリティを
買えない人がため息混じりにうなだれて
3日はショックを引きずったはずです。

オーブス、テレグラムなど
優良と言われる案件はすぐに枠が埋まり
買えなくなります。

ですが、安心してください。
セントラリティ級と噂される
超レアコインの情報が飛び込んできました。

3月19日のスタート予定で
日本ではこちらのページから
登録した人しか、参加ができません。

今、実際にこの話題で
業界が持ちきりなんです。
2月の初めぐらいから

・なんか、すごいらしいよ。
・セントラリティ超えるかも?
・過去最高のコインだって。

とみんなが口走っていました。

また、3月19日の詳細を知りたくて
みんな躍起になっています。

これだけ注目度が高いのは
本当にセントラリティと同じです。

あの時も業界中が熱気を帯びて
セントラリティ祭りみたいに
なっていました。

今、興味がなくても
ページから登録しておくだけは
しておいたほうがいいです。

本当にここからしか
情報は手に入りません。

世界でも3社のみ、
日本でこのレアコインを
紹介しているのは、ここだけです。

内容を聞いたら、

あ、これはやばいな、、、
世界を変えてくれるな。と
気がつくと思います。

そんな人が日本、世界に数千、数万、数十万と
溢れていったら、、、、

「上がる気」しかしないですね。

とにかく、業界や仲間内でも
今一番話題になっているコインの情報を
手にすることができるのはここからだけです。

登録しておくことを
強くオススメします。

セントラリティ級みたいです・・・
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/



【3月19日エイダ、リップルを超えます。】



すごい情報をゲットしました。
読者さんにいち早くお伝えしたくて
今、このメールを書いています。

気になる方は今すぐチェック!!
http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/

仮想通貨界では有名な「あの方」から
直接お聞きした情報ですので、
集中して聞いてください。

仮想通貨を実際に持っている人、
持っていないけど知っている人なら
エイダコイン、リップルといった
コインの名前を知っているかもしれません。

リップル(XRP)最大620倍
エイダコイン(ADA)最大850倍
イーサリアム(ETH)最大6800倍

これらの爆上げコインを超える、
㊙︎コインの情報が飛び込んできたんです。
http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/

話によると、、、

毎月100個以上のコインを精査する
国際的な仮想通貨精査チームからの情報ということで
すごく興奮しています。

もし、読者さんがリップルを初値で買えていたら、、、
もし、読者さんがエイダコインを初値で買えていたら、、、
もし、読者さんがイーサリアムを初値で買えていたら、、、

読者さんは間違いなく、今「億り人」として
時間も、お金も、人間関係も自由に
理想の人生を送っていたはずです。

今回得た情報は、来たる3月19日に
公開される、ある「爆上げコイン」の情報です。

こちらのページをご覧になってくれた方に
初値で手にするチャンスがあるようです。

もちろん、私も登録しようと思います。
3月19日ということで、まだ時間がありますが
かなり期待しています。

みんなと同じようにこのチャンスを
確実に手に入れたいと思うなら
こちらのページをご覧ください。

国際的な仮想通貨精査チームが
月に100件以上の案件を精査して
やっと、やっと見つけた
過去最大のコイン情報です。

http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/

こちらから、メールアドレスを登録し
ご紹介するコイン案件の情報を見ていただくと
特別なボーナスも受け取れるようなので

ぜひ、今すぐに
リンク  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/
をクリックし
メールアドレスを登録してみてください。

==============================


以上です!


ちなみに今回のコインですが情報の精査に相当時間とお金を
かけているコインと聞いてまして
特に今日印象的なことがあって、

それが私ゆうが以前から書いてるけど太陽さんの仮想通貨の塾も
入ってるんですね。たぶん私だけじゃなくて塾生の多くの人が
普通に数百万円、数千万円、数億と多かれ少なかれ儲かってる塾です。

(私もかなり儲かりましたけど、反省があって太陽さんの勧めるもの
全部に乗れなかったって言う点ですね。
全部乗ってたらさらにパフォーマンス上がっていたなと。)


それで実はこの案件ですが太陽さんって有料塾の塾生にかなり
色々濃すぎる?情報を定期的に送っておりますが
やっぱり塾生にはかなり太陽さんが厳選してる情報を送ってるわけです。


それで今回のICO案件に関してはもちろん自分の判断でということでは
ありますが、「かなり精査した上で可能性が高い」と太陽さんも
判断されてるそうで、有料の塾生にも送ってらっしゃったんで

やはり個人的にはその辺を見ていて注目しております。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/


太陽さんいわく2018年最強のコインと言われている
っていうことですよ。
上記のセントラリティは6倍になってますが
このコインはそれを凌駕するっていう認識っぽいです。

ちなみに太陽さんはご自身でもこのコイン
紹介しておりますが自分でも
当然買う予定で予約済みらしくて

しかも太陽さんには珍しく このコインに「大きく」投資する予定
ということですね。
だから私は注目しました。

なので今業界の金持ちたちがかなり出資しているコインですので
もちろん100%はないのですが
基本的に私の考え方として

「金持ちの真似しておけば
長期的に金持ちになっていく」

ってうのがありますのでもし読者さんが金持ちになりたいようであれば
彼らが今何に注目して実際にカネをそこに投じていく予定なのか
分かるので見ておくことをおススメです。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/



それで私が感じたこととして「スピード」が本当に大事ですね。
っていうのはもう読者さんでも儲かった人がこの2日間で大勢出ましたが
この前のスイスの会社の案件。

もちろん自己判断ではありますが、あの案件で公開された
「精査された情報のバイナンスの某銘柄」ですが・・・


当時と比べて今日の2月26日時点で既に約2倍近くになりましたよね。
だから100万円でやった人はこれ大体もう180万円前後になってるわけです。
200万円でやった人は同じく360万円くらい。


まあここまで上がったら後はもっと伸ばすか、元本だけ利益確定して
抜いて放置で伸ばすか、資金管理はその人次第だけど
最近は無料情報の段階でも稼いでる人が実際相当増えてるってことです。


それでスイスの案件もそうだったけど「スピード」がある人が
すばやく判断して、乗れてたった2日で2倍にしてるわけですね。
ちなみに乗らないと判断した人もそれは間違いじゃないわけで
ちゃんとそこに情報を全て精査した上での判断があったなら良いと思いますね。

それで今回あのスイスの会社さんのバイナンス銘柄でもう
資金を数百万円増やしてる人もいるわけですが(たった2日で)

結局の話「スピード」がある人が強いわけです。
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/



スピードっていっても別にすごいことじゃなくてただ
口座開設したり、ちょこまか細かいことをやるだけのことなんだけど
それさえもやらない人が大半だったりするんですね。

一方スピードがある人は情報をしっかり的確に判断しまして
そこで判断を下して、それで資金を増やしていく、わけです。

今年2018年はICO元年といわれますがこういうスピード感を持った人が
莫大な資産をこれから築いていく年になりますから

スピードをどうやってあげていくか?というのは
意識してもいいかもしれません。
私も最近はこの辺をよく考えてます。

それでこの案件も転ぶか上手くいくかはADAコインのように
数年後に判明しますが
ただ今の時点では世間一般では話題になっていないものの

一方大金持ちたちの多くが資金を大きめに割り振ろうと動いてるICOなので
やはり日本の暗号通貨長者たちで特にインフォ系の人らは情報力が
すごいので

見てみるといいと思います。
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/


ちなみにこの案件ですが太陽さんやヒロヒデさんという大金持ちが
やってるので
やはりそのコインが全然上がらず泣かず飛ばずだったらかっこ悪いですから

やはり相当情報精査しているわけですよね。

それで太陽さんの塾の塾生がなぜ結果出しているのかというと
太陽さんは日本だけにこだわらず
世界中にネットワーク作ってきてるのですね。

アメリカとイスラエルとスイスにICO精査チームを置いてるのだけど
そこで毎月100件以上情報精査させるということを
太陽さんなんかはしてるわけです。

ちなみにこういう作業をDDデゥーデリジェンスといいまして
情報精査、絞り込みを金持ちはお金使って徹底的にやります。

ちなみにですけど太陽さんは塾生に上記のセントラリティも推奨してたけど
上がりましたね~
(私は情報を塾生で受け取っていたのに
入らなかったんです、反省)


それでその上でこれらのチームのDDを通して
「これが2018年最強」と判断されたのが今回の
案件ということなので


これは相当気になりますよね。
それで太陽さんなんかも予約して買う予定だそうです。

そして今回は電子書籍として「仮想通貨大全」というのも
プレゼントされるので読書する今月の本も増やせますし

さらに上記のアメリカとイスラエルとスイスのICOチームの精査する
ICO情報も定期的に教えてくれるそうなので
超オトクな案件ですから見ておくといいと思いますね~


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/





追伸・・・ちなみにここで学ぶ必要があるのは
「金持ちは情報精査に相当時間をかける」であります。

「あ、このICO面白そうだな~買おう」じゃないんです。
DDデゥーデリジェンスを相当行ってその上でようやく買う、
のでしてこのDDに相当カネと時間かけます。

バフェットの話も書いたけどバフェットも一緒ですよね。
公開情報を徹底的に読み込んで絞り込んで絞り込んで
「これ買う」とする。

結構情報の絞込み、が実は一番大事だったりします。
だから「情報精査が投資ではすさまじく重要」ですね。
ちなみに詐欺ICO案件というのはこのDDかければ大体見抜けるそうです。

それで今回はこのDDを相当かけた上での情報提供だそうですから
もちろん自己判断ですが富裕層たちがお金と時間と資源を
世界中にかけた上で期待値が高いと判断してる案件なので

どういうものか見ておくのは勉強になると私は思いました


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/14/








===============編集後記===============

さてさて、オリンピックが終わりました。

このオリンピックというのは主権国家論で行われるもので

大衆には基本的にこの主権国家論を洗脳する目的を持っていると

思われますが


まさに「大衆にはパンとサーカスを与えよ」の論理で

サーカスが終わったという感じですよね。


ちなみにパンとサーカスってのは、

詩人ユウェナリス(西暦60年 – 130年)が

古代ローマ社会の世相を揶揄して詩で使用した表現なんですが


権力者から無償で与えられる

「パン(=食糧)」と「サーカス(=娯楽)」によって、

ローマ市民が政治的盲目に置かれていることを指摘したわけです。



愚民政策の例えとしてしばしば用いられる名言でありまして、

私なんかはこの前日本に帰国していたとき、


まさにオリンピックはサーカスなんだろうと思って

この「パンとサーカス」という言葉をすごい考えていましたね。



それで、この前オリンピックが終わったのですが

これから数ヶ月がまさに軍産と対峙していく

アメリカのトランプ大統領と

韓国ムンジェイン大統領の勝負どころになります。


ちなみに日本の左翼の人の特徴として

「トランプ大統領は軍産に負けた」と分析する人が多いですが

これは私はもう少し勉強したほうが良い、という認識です。


まず軍産ってのはこれヒラリーが銃規制を主張したように

基本的にアメリカ民衆の抵抗権を奪いたがってます。


なぜアメリカで銃規制が進まないのか?ってのはまさに

リバータリアン思想で、簡単に言うと

「国家為政者(公務員たち)が銃を持つならばそれに抵抗できなければ

丸腰で重税や徴兵を課せられる。


だから国家権力である公務員だけが銃を持つというのは許されない。

私たち民衆も銃を持って国家に抵抗する」


という思想があります。


これはアメリカ合衆国憲法修正2条を根拠としますが

この修正2条ってのは思想としては「(国家に対する民衆の)抵抗権」

という考え方から来ております。


(※その後ろには民主主義思想というよりは

「自由主義思想」があります。人類史で初めてこの

自由主義と民主主義思想を合体させて近代デモクラシーを作り上げたのが

アメリカでそれは修正2条にそれが顕著に反映されているといえる)


だから銃規制っていうのはこれは抵抗権のことを言及しない記事は

全て嘘であるとさえいえまして

この抵抗権という考え方をなるべく大衆に教えたくないという

マスコミの動きがあります。




それでもしトランプが軍産に下っておりましたら

これは当然 自称リベラルに負けて銃規制を進めますが


トランプはそれに抵抗している、という動きがこの数週間

見られますが、こういうところでもトランプは軍産との戦いは

健闘しているといえるのですが


この辺が見えていないとやはり今の政治情勢は見えないですね。


また金融では

以前書いた

【「隠れQE4」をトランプ配下のパウエルFRB新議長が開始したのではないか?
という仮説について考える!】

でも書きましたが

この辺でもNYダウ吊り上げたいトランプと下げたい軍産という

戦いは見られますね。



ちなみにトランプというのは思想としては

「自爆していってアメリカの帝国覇権をつぶしていく」

という人ですけども


この辺が分からないと彼がやってることがハチャメチャに見えて

理解が難しいと思います。


しかし「あえておかしな煽りをしながら

アメリカの帝国覇権を彼が衰退させようとしている」


という見かただとトランプの一連の行動や言動は

あまりに筋が通っているというのが分かるわけですね。


政治家には表向きと本音ってのがあるわけでして

この表向きだけ分析してるのがマスコミの

右と左でありますが、現代人の多くは右と左のどちらかに


考え方として属しているわけですが

実際は右も左も表向きしか見えていないということです。



さて、それでオリンピックで韓国と北朝鮮の和解が

色々と妨害がある中でも進みました。


韓国と北朝鮮の急接近というのは米日マスコミでも報道されていました。

この2カ国が急接近すれば日本人が心配する北朝鮮脅威は

なくなっていくのに、なぜか批判的な日本のマスコミという

構図が非常に象徴的でした。


これはもし韓国と北朝鮮の接近が続いていくと

結局ムンジェインがずっと狙っている在韓米軍撤退の動きに

なっていき、


その次に在日米軍撤退という動きにつながるのを外務省官僚が

恐れてマスコミにネガティブ報道することを求めている

というのが実際のところでしょうが


やはり日本の官僚たちはこの韓国と北朝鮮の急接近は相当警戒している

というのが分かりますね。


それで韓国と北朝鮮の急接近によって

これを和解の象徴として南北合同の女子アイスホッケーチームを

ノーベル平和賞の候補にすべきだ、という意見が


国際五輪委員会から出ました。


それで重要だったのが金正恩の妹である金与正が訪韓して

それでムンジェインに北朝鮮訪問を要請したことですよね。



ちなみに以前から書いてますがムンジェインなんかは

ダブル凍結案の支持者です。


このダブル凍結案の話については2017年の9月にメルマガで

書いております。




【PDF】【北朝鮮問題についての「ダブル凍結案」について考える!!】
http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……double.pdf



このダブル凍結案というのは

「韓国とアメリカが合同軍事演習を凍結する見返りに

北朝鮮は核ミサイル開発を凍結する」というものですね。



ロシアのプーチンとかもこの案の支持者であります。

そしてトランプも実際はこの案の支持者でしょう。


それで2月25日でオリンピック閉幕となりましたが

これから注目はムンジェインの北朝鮮訪問です。


ここで韓国のムンジェインが無事に北朝鮮を訪問してそこで

核問題の解決で合意できるかどうか、というのが

注目になります。



ちなみに米韓合同軍事演習については最近は

韓国側が発言権を増してますので


韓米合同軍事演習と記載したほうがいいと思いますが

この韓米合同軍事演習は

韓国が棚上げすると決めれば、アメリカが不満でもこれは

棚上げになる構図です。


それでアメリカと日本の批判としては

「北朝鮮の核を「廃棄」させるんじゃなくて「開発凍結」

させるだけのムンジェインの案は 北朝鮮問題の解決にならない!

(だから戦争すべきだ)」


という感じですよね。


ただ北朝鮮の核兵器なんかよりもアメリカが北朝鮮を

攻撃して(副島先生が書かれていたように)


そこで朝鮮戦争の再発で韓国がつぶれることの方を

韓国のムンジェインは危惧してるわけですね。


特に韓国首都ソウルなんて北朝鮮にかなり近いですし

そうテレビや新聞が言うように数日間だけで

戦争が終わるってことも言えないわけです。


これは戦争の不確実性というのがありまして、やはり

そう事前に計画したようにうまくいきませんから


ここで泥沼化することは考えられるわけです。


だから韓国のムンジェインとしてはアメリカの批判を無視してでも

南北対話を進めて行きたい。


そしてムンジェイン大統領は上記のダブル凍結案を

北朝鮮核問題の解決、とみなすでしょう。


これは中国もロシアも賛成します。


それでオリンピック中に見られた韓国の動きとして

オリンピックで訪韓した北朝鮮に対して


核ミサイル開発を批判することを避けてましたよね。


なるべく北朝鮮を逆撫でしないで対立的でない形にして

北に核ミサイル開発凍結をしてもらいたいという感じで

韓国は動いておりました。



一方アメリカなんかはそれに対抗するかのように

ペンス副大統領が開会式で北朝鮮の代表の金与正とすぐ近くの

席に座っていたのに


何も話さないとして米朝対話を拒否ったと。


ちなみにアメリカは訪韓予定ではなかった日本の安倍首相に

依頼してそれで訪韓させましたが


そこで「もし韓国が北朝鮮とくっつきそうだったら韓国を引き戻す」

ということをしようとしましたが、これは全く効果がなかったわけです。


また安倍のあの写真の冴えない表情を見ると分かりますが

安倍もどうも乗り気ではない。


安倍自体はこれからアメリカ覇権が崩壊していき

そしていずれ在韓米軍撤退とかトランプが意図した動きに

収束するのを知ってるかのようです。




それで、この「表向きのアメリカの行動」ってのがあるわけです。

ペンス大統領がすごい韓国と北朝鮮の急接近に冷たいとか

マティス国防長官が「南北対話なんてうまくいかねー」って言ってる

わけです。



例えば日本の右も左もこの辺は意見が一緒で

「トランプ大統領は韓国と北朝鮮の親密さが深まるのが嫌なのだな」

という風に捉えているのだけど


これは間違いである可能性が非常に高いです。



これが分かるか分からないかっていうところの分かれ目になると

思いますが


このアメリカの冷淡な姿勢は「どういう結果を招くか」

ということなんですけど


結局の話、韓国がアメリカ離れを引き起こして

韓国と北朝鮮が対話して、


そして中国やロシアがそれを支持して安定化していく

という流れが加速することになるんですね。


それでアメリカを孤立させることになります。


そしてオリンピックをよいチャンスとして

韓国と北朝鮮と和解してもアメリカはそれに批判的で


北朝鮮に厳しい態度を取り続ける戦略というのは


これはトランプがペンスたちに命令していることです。



すなわちトランプはこの辺を見ると分かりますが

結果的にアメリカの孤立を深めるように

「意図的に」動いているということですね。


これはある意味自爆しようとしている、とも言えます。


ただ読者でも「なぜ軍産とトランプが対立してるといえるのか

分からない」という人もいるんですけど


とりあえず私たちが考えるべきは実際の政治というのは

マスコミで報道されるほどの単純さではない、


ってことです。



例えばここでトランプが真正面から表向きと本音という

日本人にお馴染みの本音と建前を使い分けていく政策を

取らないと


JFKのように殺されて終わりですよね。


最近の政治というのは「あえて過激にやって失敗を故意に招く」

という戦略がとられることが多々あります。


ちなみに私のメルマガではアメリカ大統領選挙で

ヒラリーではなくてトランプが大統領になっていくというシナリオを

やたら扱っていましたが


マスコミはヒラリーが大統領になるってみんなやってたんだけど

この辺はやはりマスコミの分析が単純すぎるという

問題があるわけです。


それでこのトランプのやり方ってのは

たぶん、会社員の人なんかはすごいよく分かると思うんですね。


会社でも、例えば労働法が守られていないことがあったとして

そこで例えば従業員や課長たちってのは


そこで上司にこき使われながらも役員だったり

部長には笑顔で接するわけです。


が、後ろでは労働組合だったりにかけあって彼ら上司に

攻撃を仕掛けようとしている・・・


こういう場面ってのは会社生活だと結構ありますよね。


ちなみに私が会社員やってたころあったのは

課長とかマネージャーっていう中間管理職の私の友人たちが

いて、


彼らは表向きは会社に反抗的な私をしかりつけたりするんです。

役員がいる前では。


しかし後ろでは、すなわち周りに誰もいない時とか

もしくは私に電話がその後あって


「どうかこの会社のおかしいところをなんとかしたい。

その方法を教えてくれ」


と言ってきたりするんですね。


私がブラック会社と戦って完全勝利したっていうのは

実はこの辺の政治を理解していて


「面従腹背」というのだけども


上記マネージャーの人たちのように本当は反抗心を

持ってるんだけど表向き役員には笑って対応してるけども


後ろで攻撃を仕掛けようとしている人たちが多くいたんです。

彼らが色々後ろで味方になってくれた、ってのはあったんです。


トランプなんかの政治もまさにそういう政治なんです。


表向きは軍産が好むことを言ったり行動したりするんだけど

彼の場合 面従腹背 的なやり方をするので

故意に失敗する方向に情勢を誘導していくわけです。


それでトランプなんかがペンスら側近にあえて北朝鮮無視させたり

韓国を批判するってのは


最終的にアメリカの孤立につながるのですが

これは確信犯なわけですね。


こう見ると、トランプのやり方っていうのは

表向きが1次思考の方法としたら


裏でその後招かれる失敗の結果を意図して動いておりまして

少し複雑な2次思考を取っている

わけです。


彼のこの思考方法が分かると彼の行動や政策や発言が

あまりにも綺麗に線でつながってきますよ。



アメリカがQE4っぽい金融政策をしだしているっていう仮説も

以前書きましたが


これも最終的にはバブルが膨張して、そしてそれは

いずれ大きくはじけますから、


これはアメリカの帝国覇権の大きな崩壊に

最終的にはつながるんです。


だから彼は確信犯的な政治をやるわけですね。


ちなみにトランプというのはすごい不動産投資家であって

資産は実際のところ隠れたものを含めると6兆円といわれます。

(副島先生の試算で見ました)


バフェットには及ばないものの、彼がなぜ1代でそこまで

資産を増やせたのか?というと


こういう政治交渉を不動産ビジネスでも繰り返していたのだ

っていうのが分かるわけですよ。


それを彼は実際の国際政治で行っているということですね。

だからまあそういう視点で見るとトランプの政治というのは

生きたビジネスの勉強にはなります。



それでアメリカが北朝鮮との外交交渉なんかは拒否して

それで今にも北朝鮮を先制攻撃しそうな状況ですが


ここで重要なのがオリンピック後のこの数ヶ月で

韓国のムンジェインが


(意図的に)北朝鮮関係で

無茶ばかり言うアメリカに見切りをつけて


そこで


1北朝鮮と和解していき、ダブル凍結の考え方で

核問題を解決していき、


2そして米韓軍事演習も指揮権を取り戻した韓国による


一方的な延期で凍結して


3アメリカはそれを批判しながらも嫌々と従う



というシナリオをうまく進められるかどうか、というところです。



このシナリオは田中宇先生のシナリオで、

この辺の考え方は戦争が起こるという

副島先生なんかとは違いがあるわけですが


私なんかはこの辺は個人的に注目しておりまして

両方のシナリオを知っておいたほうがいいと思います。


ただ個人的にはやはり上記のダブル凍結案シナリオが

進んでいく地合いは強いと見ておりまして


ここから一気に韓国のアメリカ離れが加速する可能性は高い

のではないか、と考えてます。



それで重要なのがこの流れをあえて作っているのが

以前から書いているのですがトランプ大統領なんですよ。


元々トランプ大統領は韓国に冷淡な対応とって

あえて韓国内で反米世論をあおってましたが


そこで韓国主導で北朝鮮問題を解決させたいと思っていたわけです。


もっと言うとこの戦略はトランプ大統領背後のキッシンジャーのもの

だと思います。


それで今まさにそのシナリオで動いてるということですよね。



だから大きくはアメリカのトランプ大統領が

自分で(故意に)孤立していっているということですね。


これは以前書いたベネズエラの仮想通貨PETROでもそうで、

PETROの裏はやっぱり中国です。



ただこのベネズエラのマドゥーロ大統領が中国の支援をうけてでの

仮想通貨PETROを進めようとなったのも


トランプがベネズエラに相当冷淡な態度を2017年に取った結果

なんですが


ここでベネズエラもアメリカ離れしている。


そしてこれは韓国とアメリカとの関係でも起こっております。


そして韓国が従来の対米従属、アメリカの属国状態から

逃れていくという流れは


トランプが世界的にアメリカの覇権を放棄していくっていう

流れに沿ってるんです。



それで南北対話ムードが広がるオリンピックの韓国で

北朝鮮を敵視して好戦的に振舞うペンスなんかのアメリカは


韓国から嫌われる存在になっている。


ただこのアメリカの韓国と北朝鮮問題に関しての孤立

っていうのは


トランプが意図的にさせてるわけですね。


アメリカのトランプ大統領は意図的に孤立している

ということです。


ちなみに日本の右系のマスコミの産経とか読売とかの分析は

いつも間違ってるのですけど

左系もこの辺は間違ってるわけですね。


右も左も上記のトランプが 

ペンスに意図的に好戦的に振る舞いさせてるんだけど

(これは軍産が批判できない振る舞いでもある)


そこで「トランプは軍産に下った、負けたのだ」とか

そういう分析をする人も多いですが


これは大きく間違っていると私は思ってます。


トランプの真意を読めていないと私は考えますね。


実際はアメリカのトランプ大統領は好戦的に振舞って

そこであえて孤立を狙っています。


しかし、これが2016年に彼が大統領になる前に

言っていた「アメリカファースト」

「米軍は外国から撤退していきます」

「他国に干渉しません」


という公約に沿う結果になるわけです。


トランプはしっかりとこの辺の公約を果たそうと

実際は動いているのだけど


最近はアメリカ人たちもこの辺の動きに気づかない

マスコミやネットの工作記事に洗脳されてる自覚のない

自称リベラルの人が増えている。



それで韓国のムンジェイン大統領はオリンピックが終わりましたから、

ここで4月下旬には米韓合同軍事演習が行われる予定ですが


その間に、北朝鮮のピョンヤンを訪問したいわけです。


この訪問がうまくいくかどうかが私が今注目してるところです。


ここで問題なくムンジェイン大統領が北朝鮮の首都ピョンヤンを

訪問できましたら


ほぼ軍産と戦う面従腹背のトランプと

ムンジェインの勝利でしょうね。


ここでムンジェインが国内の軍産の手下の

ホンジュンピョの勢力を押さえて


ちゃんと北朝鮮のピョンヤンに訪問できたら

ここで韓国と北朝鮮はダブル凍結案による解決札に

合意する可能性が非常に高いわけです。


そしてこれがうまくいけば韓国は米韓軍事演習の凍結を

アメリカに通告するという流れです。


それで2018年度の韓米合同軍事演習は中止となる。


ただそうなれば当然アメリカの軍産にとっては嬉しくない

わけですから


ここでアメリカと日本の軍産およびそことつながる

官僚の手下のマスコミなんかは


「韓国がやった外交は北の核開発中止を求めただけで

核の廃棄はしていないから無意味だ!!」


って報道するでしょうね。


このシナリオで進んだら

時事通信とか、産経とか読売はそういう論調で報道するはずです。



そこで軍産と官僚傀儡の米日マスコミが今にも

アメリカが北朝鮮を攻撃しそうだ、という感じを

作り上げていくわけです。



ただこれは韓国のムンジェインからしたら

アメリカが北朝鮮を攻撃すればここで多大なる死者が

韓国側でも出ますから


それは当然アメリカが先制攻撃することは反対しますよね。



ムンジェイン大統領は昨年から

「韓国の許可なしにアメリカが北朝鮮を先制攻撃するのは

許されない」

ということを言ってます。



ダブル凍結案で解決していきたい韓国のムンジェインが

先制攻撃に反対しておりますから



ここでアメリカなんかでは


「韓国の反対を無視して北を先制攻撃すればいいのだ!!」


っていう意見や


「もはや韓国はアメリカの同盟国ではないから

アメリカは半島に関与するのをやめてしまえばいい。


北朝鮮への先制攻撃をやめるだけじゃなくて

もう在韓米軍も同盟国でないのだから撤退してしまえ」


という意見の両方が出てくるというのが考えられる。


そしてこれは当然トランプが狙ってるのは後者の言論が

出てくることですから、


結局最終的には後者の動きになっていくわけですね。


だからこのシナリオがうまく進めば

まさに朝鮮半島から在韓米軍撤退がさらに進んでいく

ということになります。


南北がダブル凍結を決めて核問題が解決、となったら

中国ロシアも協力してここで国連での北朝鮮制裁も

解除されていくわけです。


アメリカは拒否権を持ってますがそれを迂回して

制裁が実質的に解除されていくとなります。



そこでアメリカが意図的に孤立していきまして、

アメリカ抜きで 韓国と北朝鮮と中国とロシアで

朝鮮半島の今後の安定が実現していく、となりますね。



ここで北朝鮮を含む極東の経済開発が進んでいくということでして

ここにおそらく中国のAIIBでの投資が入っていくでしょう。


2017年9月にプーチンが提案したとおりのシナリオになりますが

トランプがそれに影ながら協力しているってのはやはり

あると思います。


だからいずれにしても北朝鮮はこれから経済成長率を

あげていく国、ダークホースになってくる可能性が高いですよね。

(だからもう早い日本の大企業は

北朝鮮投資を影で進めてますよね)



ただそうなると次は同じく在日米軍の撤退という議論も

当然次の議論となってきますよね。


これを2009年の小沢鳩山政権をつぶした

外務官僚は怖がっているわけです。


彼ら官僚機構の力の源泉は米軍にあるわけですね。


米日合同委員会っていうのがあってここで米軍と官僚の

上層部が出席して日本の大体の政治とか戦略を決めるんですよ。


ここでだれだれを首相にするとかですね、決めるわけです。


あとは永田町のCSIS日本管理委員会とかですね。

この日本管理委員会にいるのがワシントン官僚たちですね。

(以前有名だったマイケルグリーンなんかはまさに官僚です)


こうやって実際は日本の政治っていうのは

米軍と日本の官僚たちが決める体制というのが戦後ずっと

継続されていましたが


ここで米軍がいてくれないと困るわけですね、

構造的に。


「アメリカにこう言われたからこう動いてください」


と政治家たちにいって

日本の官僚たちは隠然と権力を独占できたのだけども


まさに政治家たちに従うふりをしながら彼ら政治家を馬鹿にして

動かしてきたわけですが


これが在日米軍撤退になるとできなくなります。


だから日本のマスコミを官僚は押さえておりますが

ここでマスコミにどうしてもこのダブル凍結案シナリオは

報道させないとなってるわけですね。


ただ日本の国家官僚たちにとっては在日米軍撤退は

とても不都合なシナリオだけども


日本の民衆にとってはどうだろう、ということです。


官僚(為政者)と民衆というのは互いに利益相反してまして

官僚が損をすれば民衆は得をして

官僚が得をすれば民衆は損します。

この当たり前の政治学の考え方を私たち日本人は

故意に教えてもらえないけど。


官僚支配が強いから税金問題なんかで

みんな苦しむわけで

民衆がどんどん貧乏化するのに官僚の手下である公務員の

給料がどんどんあがるという


まさに「国栄えて民滅びる」状態になってるわけだけど


この韓国のムンジェインのダブル凍結案での解決という

方向は最終的には官僚の弱体化につながりますから

日本の民衆利益にはつながるだろうと私は考えてますね。


が、当然、この意見は当然少数派ですが

重要な見かたであると私は考えてます。


それでここでじゃあ日本の政治家たちはどう考えてるか??

ということですが


どうも安倍首相はこれからのアメリカ覇権の衰退という事態を

知ってるっていうことです。


一応安倍はトランプに言われて北と近づく韓国を日本がけん制する

ために一応オリンピックの開会式に出たわけです。



ただここでもう日本政府の中でも政治家と官僚で

大きく意見が違ってきていると思われまして


官僚たちはこれスタンスとしては「ダブル凍結案は解決ではない」

ですよね。


日本のネットウヨとかは官僚に不利なことは一切言わないことから

官僚の傀儡ですが


彼らも南北対話を嘲笑しておりますね。


彼らネットウヨの世論誘導メディアがまとめサイトなんだけど

このまとめサイトに洗脳されてる日本人は多いですが

やはりネットウヨというのは日本の官僚の傀儡であるといえる。


ただここで安倍首相ってのは韓国北朝鮮中国ロシアを

実際は敵視していないっていうのが見えてきます。


むしろ裏では彼は韓国北朝鮮中国ロシアに表向き挑発する

ような言動を取りながら、和解していく姿勢を急激に

トランプ大統領誕生後に進めておりますね。


実際に安倍は2017年から

「できるだけ早めに日本と中国と韓国で外相会談サミットやりましょう」

「習近平の訪日まで実現したい」


と言ってるわけです。


要するに、もう安倍は戦後数十年続いた

アメリカが日本や韓国を属国として従属させていく

従来の体制が崩壊していき、


在韓・在日米軍が撤退していく大きな流れに入っていく

というのを知ってるわけですね。


だから経済でもアメリカ抜きのTPP11なんかを作ったりして

ここでアメリカ覇権が終わった後の体制を作ろうとしている。



だからここで安倍ってのが大きく変節したってことに

気づいてる人は今は超少数なんだけど


これは以前の小沢一郎と似てますね。


安倍なんかは2013年から2016年後半までは

まさに軍産の傀儡、官僚の傀儡として動いてきたけど


アメリカでトランプという反軍産の人間が出てきたら

全然姿勢を変えてきたわけです。


小沢一郎も昔は軍産の犬だったけども

そこで一気に軍産の衰退を見て態度を反対に翻して

それが2009年の小沢鳩山政権誕生となりましたが


安倍は実はこの1年ちょっとでかなり変節してる

といえると思います。


実際はだから安倍は中国嫌い、韓国嫌い、ロシア嫌い

のネットウヨさえ騙して、それで政策を今進めている

っていうことですよね。


安倍は南北が和解していったら自分もピョンヤン訪問したい

と思っていて

また自分が首相の間にロシアとの和解、北方領土問題解決も

やっていきたいと思ってるわけです。


それでこの動きに日本の自称右のネットウヨだけではなく

日本の左派リベラルってのは気づいていない

愚鈍さがありますが


そういう彼らの意見しか報道されなくなっているのが

日本のメディアですよね。


実際は日本の政治家もトランプ登場後のアメリカ覇権の

衰退という流れにあわせて、


今までアメリカにぺこぺこしていた政治家たちも

態度を変えて動き出していると分析できますが、


こういう分析は当然日本の右の新聞の

読売 産経 時事通信なんかでも出ていないし

左の朝日 毎日 などの新聞でも出ていないです。


なぜか?というと日本のマスコミの右も左も両方とも

官僚には逆らえないんですね。


だから戦ってるようで実は日本のマスコミの左右両方とも

官僚のコントロール下なんだ

と言えます。


ただ日本だとこの辺の分析は田中宇先生だけがやってますから

やはり彼のメディアは新聞代わりに

相当値段も安いから見た方がいいと思います。



ということでこの極東情勢がどうなるか?

とうのは大変注目なのですが


ここでトランプがあえて過激な言動や行動をとって

韓国のアメリカ離れを作り出しているわけですけども


オリンピック終了した後のこの時期数ヶ月の4月までの

米韓合同軍事演習の間


韓国のムンジェインが北朝鮮を訪問できるか??

が注目です。


彼が訪問できたら、一気に情勢は進みまして

軍産とトランプの戦いはトランプの戦略勝ちという判定になりますから


私はやはりこの動きは注目しております。


では!



ゆう





追伸・・・そしてもう少し補足すると


なぜトランプがあえてアメリカの帝国覇権を放棄してるか?


っていうとこれは正義感というよりはやはり

カネの「投資家・資本家の論理」なんです。


今まではアメリカが帝国覇権を持ってそこで

世界の警察官として振舞ってきましたが

その結果この数十年一部の

日本やアメリカや欧州などの地域周辺だけ発展したわけですね。




一方、東南アジア、特にフィリピンなんかが典型だけど

アメリカ帝国覇権で発展が阻害されている貧乏なまんまの

地域ってのは多いですよね。


東南アジアだけじゃなくてアフリカもそうだし、

あとは南米も中東も、そうでしょう。

貧乏な国のままです。


ここで「発展効率性が悪い」という問題が帝国覇権が存在する場合

見えてきたわけです。


ただここでアメリカが帝国覇権を放棄して

世界的に多極的な平均的な発展

をさせればここでまさにマレーシアで見られるように

中間層なんかが誕生していくんですね。


そこで消費が生まれて行き、企業は儲かります。


そこで投資家はそれらの国々に投資してより儲けられるわけです。

大きくはここでの儲けを資本家は狙ってるわけでして、


軍産は戦争や対立状態の恒久化(こうきゅうか)で

儲けようと考えますが



資本家の論理というのはこれは世界を平均的に平和的に発展させて

そこに投資していきリターンをあげてさらに儲けよう

という論理ですよね。


ただ私は戦争して儲けるという経済体制ではなく
(前期資本主義といいます)

この後者の資本家の論理は純資本主義の考え方に近いですから

そっちのほうがマシである、という考え方です。


よって、分析すると

トランプは資本家の論理の通りに動いているとも言えます。

だからこの辺はキレイゴトじゃなくてお金の論理も理解する必要があります。


だからこれからの時代は必然的に投資家がより儲かる時代に入っていく

ってことなんですが


特にアジア地域で発展が遅かった地域はどんどん豊かになっていきますし

例えばインドネシアなんかは経済大国になって日本を抜きますし

またベトナムやらフィリピンやら、また北朝鮮も2040年代に向けて

成長軌道に乗るのは

大きな世界のダイナミズムとして必然と言えます。


またそれ以外にもベネズエラのことも書きましたが

南米地域、中東地域でもどんどん金持ちや中間層が生まれていきます。


投資家はそれら地域に

資金を投下することで


中間層が大量に作り出されるので

大きく資産が拡大する時代になる

ということです。



そして今までは大企業+官僚が経済を支配する体制

(新自由主義というのはそういう体制)でしたが


これは共産主義と親和性がある体制です。


が、これからはあくまでも中小企業や個人なんかの事業者たちが

経済の主体になっていく体制になるんですよね。
(キッシンジャーはそういう体制が必要と言ってるわけです)


ネットビジネスや投資で儲かってる人たちが多いっていう

日本の現象は

その予兆みたいなものです。


だから、これから明らかに投資の土壌というのが整えられて

世界経済で発展できていなかった地域で

中間層が多く誕生してきます。

(まさに私がよく扱うマレーシアのように。)


なので

投資を勉強しておくと今後数十年非常に強いということでもあります。


では!








※より詳しく学びたい人は値段も新聞の数分の1で安いから

田中宇先生の分析を読むと

世界情勢の流れを把握する力が付くと思います。


ちなみに金融の大きな流れを把握するために投資家にとっては相当役立つと

私は思います。

ぶっちゃけブルームバーグより役立つな、と思います。

ちょっと内容は難しいけど、数ヶ月読んでると慣れてくると思います。

https://tanakanews.com/





コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください