無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【日本人の50パーセントが月に一冊も本読まなくなってる!?】 (一方、「大富豪は読書ばかりしている」)

2018 2月 25 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【日本人の50パーセントが月に一冊も本読まなくなってる!?】
(一方、「大富豪は読書ばかりしている」)

⇒編集後記で
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



どうもゆうです!

読者さん、おはようございます!



さてさて、前号で

【マレーシアにあるピザハットのレストランは 安くてオトクです
(写真あり)】

という号を流しました。


ほんと最近の東南アジアはどんどん暮らしやすくなっているな~

なんて思います。


そしてみんなが成長していってる雰囲気がとても良いと感じます。


さて、それで今日は

【日本人の50パーセントが月に一冊も本読まなくなってるらしい】

という話をしたいと思います。


これは最近日本人なのに日本語の長文読解ができない

という人が増えているという問題があって、


私はこの辺をすごい最近考えるのですね。


というのはマレーシアにいて英語に触れるんですけど

何かしら結構長い英語の文章を読解する機会ってこっちは多くて


例えばこの前は私が住んでるコンドミニアムのオフィスから

長いセキュリティに関するレポートが英語で届いて

5ページくらいに渡って数千文字でこれからの

コンドミニアムのセキュリティ対策のアップデートについて
書かれていたわけです。


なんでもハイテクのアプリを導入していくからということで

その発想や思想について書かれている文章が住民に配られた。


まさに「長文読解」が日々求められるんですよ。


んでこういうことは日本ではないですから

日本人って最近長文読解をしなくなってるのではないか、とか思って

調べていたら


どうも最近は日本人の50%が本を読まなくなってるんだそうです。


そして、これは別に先生のように けしからん とか言うわけではなくて

単純にこの本を読むって行動と、年収がすさまじい強い相関性を持ってる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということも分かりました。


これ海外で調査されてることなんだけど

年収と本を読むかどうかってめちゃくちゃ相関してるみたいです。

私もこれは明確な数字としては知らなかったんだけど、


ほんと 本を読むことと年収は
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あまりにもきれいに正比例 してるらしい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

編集後記で!





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
       【公開予告】

2018年の2月26日の月曜日18時から開始する予定の

案件の告知です!


なんと3月19日に仮想通貨市場最も値上がりの可能性がある

といわれる革命的コインが誕生するらしいです。


・620倍まで暴騰したリップル

・850倍まで暴騰したADA

・6800倍を記録したイーサリアム


これらをはるかに超えるかも?というコインといわれてます。

それについての情報を2月26日月曜日18時から

公開するということですが


その予告ページがこちらです

⇒  http://taiyouasp.com/lp/17623/745415
(明日月曜日の夜18時から登録フォームが出てきます)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
   【ビットコイン女子会に潜入したそうです】


ビットコイン女子会に潜入取材したそうです。

この可愛らしいブラジャーの紐が若干見えてる若い女性ですが

なんと稼いでる額は可愛くなくて1億4000万円だそうです。


ちょっと動画があります

⇒  http://freeclub.jp/lp/17505/61453


そしてこの彼女は「実は私はビットコインで稼いでるのではないのです」

と言ってますが

実は彼女が使ってるシステムがこれです。


⇒  http://freeclub.jp/lp/17503/61453


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆









==============編集後記=============

さてさて、ここ最近日本人が本を読まなくなっているらしいです。


これは私が政治経済を勉強している副島隆彦先生もよく書籍に書かれていて

最近はもう出版業界がだめになっているようで


「本を読む」という文化自体が日本から消えてきているのだ

というのは聞いたことがあります。



だから副島先生は本を読むというのを習慣化している少数の人たちを

読書人階級とか言ったりするんだけど


もう本を読む人と読まない人は階級なんだと。


そういうことまで副島先生は言ってるくらいです。


それで、私なんかがこの本を読むということについて興味もって

調べていたんだけど


何でも件名に書いたように

日本人の50%は本を読まなくなっている(月に1冊でさえ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
らしいんですね。



正確には文化庁の調査で4年前の調査なんですけど

47.5%が月に1冊も本を読まないらしいです。


が、4年前のことなので今の2018年は下手したら50%

超えてるんだろうな、と思った次第です。


それで産経新聞なんかが以前この文化庁調査を記事にしていたようですが

「1冊も本を読まない」…47・5% 文化庁調査で「読書離れくっきり」
http://www.sankei.com/premium/……18-n1.html



ここで、



「マンガや雑誌を除く1カ月の読書量は、

「1、2冊」と回答したのが34・5%、

「3、4冊」は10・9%、

「5、6冊」は3・4%、

「7冊以上」が3・6%だったのに対し、

「読まない」との回答が最も多く、47・5%に上った。」



と書いているわけですが


1ヶ月で本を5冊以上読むのは100人中6人くらいで

1ヶ月で本を一冊も読まない人は全体の50%近くなわけです。


たぶん2018年はスマフォの普及がさらに2014年から進んで

ゲーム関係の売り上げも上がっているところから見て


もっと数字は上がっているのではないかな?と思います。

だから2018年時点ではもう日本人の半分かそれ以上が

1ヶ月に1冊も本を読まなくなっているということですよね。



それで私ゆうなんかは結構本は読むほうだと思いまして

1ヶ月5冊以上はたぶん最低でも読んでるかなって思いますが


本読んでるとこれ書きたいことって沢山出てくるんですよね。

だからまあメルマガの文章が昔から私はかなり長いわけですが


ただ実はメルマガやっていて結構問い合わせとしてあるのが

「文章が長くて読みたいけど全部読めないです、

短くしてください」


みたいなのが結構あるんですね。


ただ私の場合、このメルマガやってる目的っていうのが

まあもちろんビジネスの部分もあるけど


それ以上に日本の学びたいみたいな人の学習欲求を満たして

そんでできれば考える力みたいなものを身につけてもらいたい

ってのが正直あって、


っていうのが今の日本の自殺問題とかありますが

あれって考える力がある人は自殺なんてしないんですよね。


考える力があると脳みそが麻痺して人間って悲劇的な行動とっちゃうんだけど

考える力がない=弱さだと私は思っていて


やっぱ強く生きられる人をもっと増やしたいっていうのが

弟の件もあって私が考えてるところなんだけども


そこでやはり多くの人が見てくれてるわけです。


が、やはり「もっと短くして~~」って言う人もいるわけでして

私は正直言うとこの辺は頑なに拒否ってるのですが


私自身がちょっと不思議なのは私の文章って結構口語で

文語は避けてるのですよね。


例えば、「避けてるのですよね」という書き方してるけど

文語とか大学のレポートでは「避けてるのである」みたいな固い表現を

使うのだけどそれは意図的にやめているわけです。



だから私のメルマガってたぶん10分~20分もしないで

読めるとは思ってるのですが


最近はたぶん5分以上かけて文章を読むという人が

明らかに少なくなっているんだろうと思っておりまして、


それはやはりこの

日本人の50%は本を読まなくなっている(月に1冊でさえ)


というところが影響してるんだろう、とメルマガ運営していて

うっすら感じていたわけです。


ちなみに、私は3ヶ国語話せまして、日本語がネイティブですが

あとは韓国語と英語も独学で話せるようになったんですが

とりあえず英語なんかは欧州の人らと政治経済議論とかもしたりは

します。



それで私なんかは英語はネイティブではありませんから、

英語学習って高校の頃から結構積極的にやっていたのだけど


そこで苦戦したのがやはり「長文読解」だったんですよね。

「長文読解」ってまあやはり慣れないとできません。


そして英語のスキルとして「長文読解」っていうのは

かなり重要なスキルであるのですね。


今は英語でも長文読解も出来るし、英語のWEBサイトも

結構長くとも理解はできるようになっています。


ただこれ最近感じたのが、日本人の場合ですね、

「日本語の長文読解ができなくなってきている」

ということではないかな??


と思ったわけです。


「日本人なのに日本語圏の人なのに

日本語の長文読解ができない」


という人は実は最近すごく多いんだと思います。


これ結構やばくね??と、私なんかは思いました。



ちなみにこの傾向は情報業界では顕著に出ているのを

気づく人も多いと思います。


昔のインフォ業界ってライティングが重視されていて

有名だったのは村上むねつぐさんでした。


彼ってかなり長文書くのですけど

まあ内容はかなり面白くて私はファンだったんだけど


まあ人々がタブーにしてるエロいこととかも随所に混ぜながら

こう刺激していって、それで商品買って貰うみたいな

そういう長文のライティングを使ったマーケティングが

彼の得意分野だったと思います。


だから実は数年前のLP(ランディングページ)って

文章量が結構多かったと思うんですよ~~


けど最近私なんかはLPとかメルマガやってる都合上沢山見るのですけど

最近は文章が消えてきてまして、


「絵」になってきてるんですね。


気づきましたかね。



もう絵が主体なんですよ。


要するに人々はツイッターの文字数140文字を超えたら

「文章長いから読めません状態」になっているわけでして



実際に文章短くして、それで

「1万円当たりました」みたいな感じの文字だけ

大きくいれて


あとは下にアニメとか漫画を挿入したほうが登録率が上がる人たち

のほうが多くなってるわけですね。


これはマーケティングの視点なんだけど実際そうなんです。


だから以前は重視されていたライティング技術、というのは

今のインフォ業界で少し消えてきていて、


どっちかというとデザインとか動画とかそっちのほうが

重視されるようになってきてるんですね。


「多くの人は文字を読まないからアニメや絵で表現するLP」

が、これ時代の需要の流れで増えてきてるわけです。



んが・・・私がいつも思うんですけど

「文字読めない人が自分で稼ぐってかなり無理でしょ」


とか思うんですよね・・・


っていうのは抽象思考って大事で

例えばビットコインのことにしても

「マスメディアが世論をあおりだして大衆が買いに走り出したら

利益確定が必要だ」


ということを2017年の年末あたりはよく書いていましたが

これも「世論」っていうのはかなり抽象的なものです。


何か食べられるものでもなければ、

触れられるものでもないわけですね。


思考の中で作られる抽象概念なんですね。


んで稼ぐ人たちってのは、この抽象概念を駆使して稼ぐわけです。


その抽象概念を強くするためにどうしても長文を読解していく

ってのは大事なのだけど


これができないと当然稼ぐのキッツイよね、という話になっちゃう。



それで最近は「1万円当たりました」みたいなLPがあって

そこに使われるのはアニメだったり絵だったりするんだけど



実はこれはネットの流れそのものでして、


昔私がWINDOWS98の時とかってWEBサイトってどういう

WEBサイトだったか若い人はご存知ですかね?


まあ私も30代だからおっさんになったと思うけど

私が20代のころなんかはこれ


WEBサイトで今でいうまとめサイトとかNAVERまとめ

とかヤフー知恵袋とかツイッターとかLINEはなかったけど


もろに専門的な掘り下げまくったサイトばかりだったんですよ。


だから基本的に長文で、そのWEBサイトを読破するまで

100時間とかかかったものです。



ちなみに私なんかは20代のころは「ナ,,んパ」のことについて

よく調べていた。


ただこれ、面白くて今のまとめサイトとかとは比べ物にならない

くらいの深く掘り下げた記事が多かったですね。



このサイトとかなんかは右側にアーカイブがあって

2000年代から見られるけど2000年代から見ると面白くて


「タダでナん,,パして死す」というサイトなんだけど

すごいところがこのナ,,んパという一見ちゃらいと思われる行為の中に

脳科学とか人間の行動論とか仏教思想だとか全てが詰め込まれて

哲学となっているんです。


fmtbank.seesaa.net/
(見たい人はコピーしてURLを貼り付けてね)


ちなみに私は当時この辺がすごくうまくなって女性の友人が

増えすぎて逆に色々と日本は一夫一妻制度ですから困ったことも

あったものだけど



普通はこれ1人でナ,,んパというのはできないわけです。

が、友達と一緒にというのはみんなできる。


けど1人になるとみんな脳みそのコントロール方法とかを

身に着けてないから臆病になってできないものだけど


こういうのを上記ブログは 異性に声をかけるという行動を

哲学として捉えていて、


それをずっとブログHPなんかで掘り下げているわけです。


だから女性は呆れると思いますが、中にはその異性に声をかける

というのを哲学化して、やってる人間もいるってことです。



それで2000年代ってこういうちょっと一見頭逝っちゃってる

けどすごい追求心のブログやHPって多くてですね、


まあすごかったと思います。


政治経済でも「お前は明らかに諜報員でばれないと思って

HPに書いてるだろ」という人も沢山いて、


だから「こんな情報書いていいの?」くらいの情報が沢山あふれていました。



それで基本的にどれもある程度の文字数でしたよね。


が、ネットの主要媒体はどんどん変化していった。


まず文字数制限が無制限のHPから始まり、

それが次にある程度文字数が制限あるブログになってきました。


しかしその後ツイッターが出てきて文字数が140文字になって

そんでその後はこれLINEですよね。


LINEなんかは最早文字を使わずスタンプだから絵なんですよね。


どんどん人々は文字から離れているわけです。


そしてネットの進化とともに人々は「ある程度の分量がある文章を読む」

という習慣をなくしてきてまして


本なんかも日本人の半分は月に1冊も読まないみたいな事態に

なってきていると。



ちなみにネットでもこの辺は議論されていて


「最近の日本人ってガチでちょっとだけ馬鹿入ってるやろ 」


「読む暇がないからしゃーない 」

「けど漫画は読む模様
ゲームはする模様
アニメは見る模様
スポーツ観戦はする模様
なにが時間がないだ笑わせてくれる 」


「面白い本ならまだええけどつまらない本って
読んでも全く頭に内容入ってこんしただ疲れるだけやで 」



という感じで色々議論されているわけですね。


ちなみに最後の「」の文章で注目は、

読書している人だったらつまらない内容であろうとも

頭に内容入ってくるじゃないですか?


けどこの人は

「全く頭に内容入ってこんしただ疲れるだけ」

と言ってるわけですが


こういう人が多くなってるということだろうと思います。

要するに本の著者が言ってる主張がいまいち理解できないとか

そういう日本語の長文読解力が相当落ちてるのだろうと。



それで私は「これは日本人に限ったことなのか??」というのも

調べていたのだけど


どうもこれは日本人が明らかに読書しなくなっている

という傾向はあるようです。


ISSP国際共同調査というのがあるのだけど

「15歳のときの蔵書数」を調べたところ日本は91冊になり

先進国の中では日本は29位だったんですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だから上の

「最近の日本人ってガチでちょっとだけ馬鹿入ってるやろ 」

っていう指摘は無視できない。



15歳の時に日本人は家に本が91冊しかない、

というのが普通みたいです。


ちなみにここで「え~~91冊もないよ」っていうのが

たぶん大方の意見だと思うのですが


実態はもっと低い可能性がある。


一方この調査の1位はアイスランドになり、その数は336冊なんですね。


アイスランドといえば私のメルマガでも以前扱いましたが

それこそ銀行家の支配から逃れようとして

なんとか今豊かになろうと政治が動き出している国であるけども


やはりそういう国の国民は蔵書数が多くて日本の3倍本を読んでると。


それで「先進国中29位」という数字って

ピンと来る人もいるだろうけど


「日本人の一人当たりGDPが27位まで落ち込んだ」

というのを以前書いたことがあります。


これになんか連動している気はしますよね。


ちなみに日本人の年収って、昔の「普通」はたぶん

年収500万円から600万円くらいだったと思います。


私が小学生くらいのころ、


「大人の年収の普通は600万円くらい」と認識していたのを

覚えております。


しかし今の大人の年収の普通はこれ300万円台とか

だと思いますよね。


徐々に人々の年収が日本では下がってきてるわけですが

これは読書する人が減っているというのと奇妙に連動している


という相関を私は感じるわけです。


というかこの辺は私の主観ではありますが、間違いなくこれは

相関してるんですよ。


というのが私は「年収と読書の関係」というのも調べていて

それを調べたら一目瞭然でした。



今日実は件名をどうつけるかどうかも迷ったのですが

副題としては


「大富豪は読書ばかりしている」


なんです。



これは重要な調査があって、

Business Management Degree(ビジネス マネージメント ディグリー)

による英語圏の調査だけど

こちらで調査の結果出ているのが


「読書量と年収は正比例する」


というのが出てるんですね。



これは「正比例」ですから読めば読むほど年収が上がる

とも言えます。



それでこの読書と年収の相関について調べた調査の結果分かったことが

あるんですね。


Business Management Degree(ビジネス マネージメント ディグリー)

では


ビル・ゲイツ氏やウォーレン・バフェット氏のような

大富豪を含む富裕層





年収3万ドル(約300万円前後)以下の層


について、読書量を調査して

以下のように発表してるんです。



まずバフェットを含む資産最低1億円以上持ってる

富裕層の特徴なんだけど


「富裕層はなんと88%が1日30分以上ビジネス書なんかを読む」

というのが出ています。


だから最近のインフォ業界とか仮想通貨業界の人の

メルマガなんか見ているとなんだかんだ本とか書籍の話題が

たまに出てくるけど


それはその人たちが本読んでるから、なんですよね。


それで、じゃあ「年収3万ドル(年収300万円前後)の人たち

はどれくらい本を読むか?」


なんだけど


なんとこの年収300万円前後の層は 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
なんと2%しか1日30分以上
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本を読まないんだそうです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


それでじゃあ「時々本を読む人」だとどうか?というと


富裕層は86%がやはり本を時々でも読むわけですが

年収300万円以下の層は26%だそうです。


また富裕層の63%は移動時間にオーディオブックを聞いているけど

年収300万円以下の人は5%しかオーディオブックを聞いてない


という結果が出たのですね。




ちなみに私なんかは副島隆彦の書籍をよく挙げているけども

じゃあその本のことについて話す相手がいる、


という人がいるのも大事で、


「この前副島があんなこと書いていてあいつおもしれーよな」

みたいに話す相手がいるかどうかって結構大事なんですね。


ちなみに私の自営業の友人がいて、彼らなんかは副島読者が

すごい多いんだけど、そういえば彼らの年収って意識したことなかったけど

みな1億円前後だったりもしくはそれ以上超えているけど


私なんかは彼らと「副島隆彦の新刊が今度出るらしい」とか

時々話すんですよ。


それで相手も「あの人の○○の本とかやべーよな」とか

そういう話をするんです。


ちなみにその人、名前は書かないけど表に出てないけど

最近インフォ業界で

実は実質、結構トップレベルの成績出してる人です。

(色々なアカウント持っていて何かの案件では

総合では一番みたいな。

けど隠れ副島読者。)


だから年収が比較的高いとされる富裕層は

本を読む人が「圧倒的に」多く、なおかつその本について

話す相手がいるってのが特徴としてあるようです。


一方年収が比較的低い層 300万円前後の層は

本を読む人が極端に少なく、


1日30分以上となるともう2%になってくるらしいです。



特に調べてみると

ビルゲイツやウォーレン・バフェットなんかは

1日30分以上は確実に本読むみたいですね。


ちなみにビルゲイツといえばWINDOWSであって

マイクロソフトだけども


日本マイクロソフトの代表を務めるビルゲイツの相棒の

成毛さんってのは確か相当若いうちに日本マイクロソフトの代表になって

話題になったものだけど


彼曰く 周りの経営者やクリエイティブな人の中で

本を読んでないなんて人は存在しなくて、


特にゲイツみたいなさらに優秀な人たちは「良い本」を

大量に読んでるということです。


それでなんでも結構この本を読むことで年収が上がる

っていう相関はかなり注目されていて


ひとつの意見ではありますが

「遺伝子がオンになる」ってのがあるらしい。



人間は遺伝子を持ってるけどそれがどれだけ

「スイッチオン」になってるかが重要らしくて


それが個人の能力の差になるのだそうです。


それで「スイッチオン」にするための一番手っ取りはやい方法は

「人に会う」ことで人に会うことで

会話を交わして、その会話から潜在的に思考や思想が


相手にも伝染していくものですが


そこでスイッチはオンになりやすいといわれます。


が、別に一流の人に会わずとも

一緒に仕事できなくても


一流の人たちの本であれば誰でも読めるわけで

それに近い効能は得られるのだ、という主張はあって

私はそれは確かにそうだ、と考えてます。



たとえば、スティーブジョブスの伝記を読みまくれば

ジョブスにその遺伝子をオンにしてもらえる。


バフェット関係の書籍を読みまくればバフェットにその

遺伝子をオンにしてもらえる。



そんな感じで、こうやって読書を繰り返す人ってのは

遺伝子がオンになりまくるってのを繰り返すので


当然そこで姿勢や考え方に変化が出てくるわけですね。


んで「行動できない」っていう問題を抱える人が多いわけです。


これは小野さんの監修するこの

ビットコイン女子の案件の動画をほんと良かったら

騙されてみてほしいけど


⇒  http://freeclub.jp/lp/17503/61453



ここでこのビットコイン女子の講師さんが

動画で言ってるのが


「最初上がる銘柄を教えてそれで実際にあがったのに

それでも稼げないという人たちがいた」


ということでした。


これ謎じゃないですか?


だって「こうやってポートフォリオ組んだら

儲かる確率が高いよ」って教えてもらって


そんでその通りにやったら利益出たわけですが

それでも「稼いでいない人が大半だった」らしいです。


それでこの原因を調べるために上記女性講師のみなみちゃんが

アンケートを生徒にとったらしい。


それで分かった驚愕の事実があって


「稼いでいない人の大多数は口座開設していなかった」


という事実があったそうです。



「え~~それ意味ないじゃん!塾に入ったお金無駄じゃん!」

とか思いますが


実はこれインフォ業界の事実として口座開設しないで

稼げないといってる人多いんですね。


私も他の販売者に聞いたけど本当に口座開設とかしたり

ってするのは半数以下らしい。


確かに口座開設ってめんどくさいわけで

そこで色々登録とか身分証確認とかとにかくめんどい。


最近だとIDカードと自分の写真が両方写るように

写真撮れとかありますから。


これらめんどくさいのを乗り越えられる人ってのが

全体の半数以下なんですね。


すなわちみんな「行動できない問題」を抱えている。


それで「じゃあなんで行動できないの?」となるじゃないですか。


この行動できない原因は
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
やっぱり上の「読書していない」ってのが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
大きな原因としてあるのではないかってことです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


っていうのがこれは人間の行動はどのようにして

起こるか?


っていう話なんだけど


それは「脳内でイメージして」行動するんですよ。


例えばトイレに行くってのは一見考えていないようで

考えてるんです。


「トイレに行く自分の姿をイメージして」

それで、

トイレに行くんです、人間は。


何もイメージしないでトイレに行く人はこれは夢遊病とかの

病気になってしまうけど


基本的には人間って「イメージするから行動する」

んですね。


実はこれ、上記村上むねつぐさんの何十万する塾に

私が入っていて

彼と白石さんと伊勢さんに学んだことです。


逆を言うと「イメージ力があれば行動する」んですよ。


例えばそうですね、口座開設できなければ


「口座開設する自分の姿を1週間常にイメージしてください」

とやればみんな嫌でも口座開設します。


これが人間の行動論です。


例えば「1週間ずっと、本を勤勉に読んでる

あなた自身をずっとイメージしてください」


とすれば、その人は本を読み出しますね。



これが人間の行動。だから脳内のイメージと人間の行動は

相当つながってるんです。


FXの検証ができません、勉強さぼっちゃいます、

という人は単純に

「脳内でFXの検証や動画で学ぶのをしている自分自身を

なるべく具体的にイメージする」


ということをすればそれができるようになりますよ。

私はそうやりました。


それでこの「イメージ力」ってのは本読むとかで

鍛え上げられるわけです。



だから行動力ある人ってのはイメージ力が強い人たちです。


ちなみに私ゆうはマレーシアに移住してるけども

最初マレーシアなんてよく分からない国じゃないですか?


私がマレーシア来る前はイメージ的には

マレーシア=ジャングルですよ(笑)


「寝てる間にワニに食い殺されるんじゃないか」みたいな

イメージです。


がこのイメージを更新してくれたのが副島先生で

副島先生の学問道場で彼のマレー旅行記を数年前に見たんです。


そんで「若いやつはどんどんアジアに行ってマレーシアなんかに行って

成長を味わって、人生をもっと前に進めろ」


みたいなメッセージが書かれていて、

この副島レポートに触発されて

初めてマレーシアに行ったんですね。


そこで「あ、マレーシアって超発展してる!

ジャングルとかないじゃん、副島先生の旅行記に書いてる通りだ」


となって、ここで初めてマレーシアにやってきて生活実感を得た

んだけどそれが5年前ですね。


んでその後マレーシア関係の書籍を結構買って色々読んで

それで「マレーシアで暮らしたいな」って思って


それでいよいよ「行動」につながったわけです。

家族説得したり大変だったけども、それは

裏に本なりの深い掘り下げた情報があってそれが


私に「海外移住する」っていう結構まあ普通だとハードルが高いことを

乗り越える行動力をくれたわけです。


ちなみに覚えているのが与沢さんがこれまた

長文のコラムで

「資産を作ろうという人間が日本にいようとするのは怠惰である」

ということを書いていて、


それはすごい心に突き刺さったのは覚えています。


ちなみにこの与沢さんは副島隆彦とも対談本出してるくらいなんだけど

まあやっぱり私は色々な人の意見を見て、聞いて

それで行動に移してたりしますよね。


そこではやっぱり「考える」ということをしてるわけです。


それで主にそれらは、本とか書籍とか活字で読んで、

考えてるわけで

そしてそれが行動につながってるわけです。


だから実は行動力って本で読んで身につける

抽象的思考=イメージ力みたいのがとても大事で


それが実は行動力の源泉です。


ちなみに上にナ,,んパのサイトを貼り付けました。


これも普通は「地蔵」といって

「女性に声をかけたいのに声かけられない」状態のことを

言うんだけど


それがまあ世間一般の男の普通の状態ですね。

これは実は日本人だけじゃなくて外国人もそうです。


けどこれを克服するためにナ..んパとかも哲学として捉えていくと

それができる様になってくるんですね。


ちなみに私は今のパートナーとは私が

コンビニでチキンを買った時にパートナーが

コンビニ店員だったんだけど

そこで私が声かけたのがきっかけです。


今は一緒にマレーにいるわけで

本当にだからこれ一つでも人生変わったわけです。


投資だってメルマガでよく引用する

ウォーレン・バフェットとか竹田和平とか彼らの考え方を

書籍経由でも身に着ければ利益は出るわけで


お金を稼ぐこともできる。



だから文章を読んで読解していってイメージ力を高めるって

人生変えちゃうんですよね、本当に。


それで私たちは学校の教師たちにもしくは親に

「本を読め」といわれるけど


本を読めといわれて強制されて読むやつはいません。

私も正直本を読むことの意味が子供の頃は分からなくて

全然本なんて1年に1冊も読んでませんでした。


けども「富裕層の大半が本を読んでいて

貧乏層の大半が本を読まない。


年収と読書量は正比例する」


といわれたら結構本を読む人は増えるかなって思って

今号で扱いました。


本を読んでお金を稼げるようになったら

様々な美女と交流が増えてチョメチョメする機会も増えるかもね


とか書いたらみんな本読むんじゃないですかね・・・(笑)


私は全然俗っぽい理由でいいと思うんだけど

それで人々が本を読み出したら時代は変わるな~~


とか思うわけです。


ということで本を読むか読まないかってのは

まあその人の自由だし、私は読まない人でも別にその人の自由だと

思うんだけど


こと「自分で稼ぐ」という分野においては

本を読むのと年収が正比例することが

データとして出てしまってますから


自分で稼ぎたい人は 本とかも読むとお金儲かっていいのかも

しれませんね。


ちなみに「じゃあ本を読んでる人みんなが金持ちか」

というとそうでもないわけですけど


これは単純に読書家の人っていうのは金稼ぎは俗っぽいと

思ってるものなので(カトリック的な思想を持ってる人は多い)


その思想を疑って、もしその人たちが


お金稼ぎの正当性を考えるようになって

お金稼ぎに集中したら思考力があるから

やっぱりすぐ稼ぐと思います。



逆にお金稼ぎにフォーカスしてる人だったら

そこで本を読んでいけば自然と年収は長期的に上がってくるのが

普通だ、とも言えますね。


ちなみに富裕層の88%が1日30分は本を読む、

年収300万円の貧乏になってる層は1日30分本を読むのは

2%


と44倍の開きがあるわけですが


これは私の生活実感でも間違いないと思っていて


以前派遣社員時代に、やはり年収200万円~300万円くらいが

同僚の普通だったんだけど


本の話をすると


「ゆうさん、本読むんですか、すげ~~」


という反応だったりしました。


これはとても良い仲間たちだったけど

「本読むこと=すごいこと」と思ってる人たちは

多かったですね、そういえば。


一方、稼げるようになって接するようになった

富裕層たちは本を読むことが普通のことであったりするので

この辺が年収を分けてるんだなっていうのは経験的にも

すごい分かります。

(ちなみに富裕層は哲学的な話をする人が多くて

日本語の単語の使い方にしてもやはり違ってきます)



それでこの読書量と年収の強烈な相関があるんだけど


最初の本題に戻ると、

【日本人の50パーセントが月に一冊も本読まなくなってるらしい】


ということだけど


これはどんどん日本人が本を読まなくなって

日本語の長文読解をしなくなって


それで必然的にどんどん年収が下がっているというのは

読書量と年収の相関を見ても

当然なんだなっていうのも分かってきます。


ただ私たち日本人はそれこそまとめサイトとか

ツイッターとかLINEとか

とにかく短文に囲まれる生活に移行しており、


LINEなんて最早スタンプで文字がなかったりします。


短文っていうのは情報を一元的に得るのはいいんだけど

それを「掘り下げる」ことはできないんですね。


掘り下げる能力がない、っていうことは致命的であって

仮想通貨の投資だって株の投資だって

FXだって掘り下げないと絶対に長期で利益でないわけですから


やはり貧乏な人が増えていくのは必然的である

とも思いました。


そしてじゃあ豊かになってる東南アジアのマレーシアは??

韓国は??


というとみんな長文読んでる、って強烈に感じます。


マレーシアなんかは空前の教育ブームでとにかく子供たちは

読書しだしてます、英語で。


だからそれが当たり前だからコンドミニアムの

セキュリティポリシーなんかも英語の長文で渡されたりして


それを理解することが住民にも求められます。


なのでこっちにきて日々長文読むことを生活の中で強制されるので

英語の長文読解力が明らかに私は上がりました。


それでマレーシアはどんどん豊かになってきている

ってことです。



ということで明らかに長文を読解するという読書をする層と

そうじゃない層では

年収の格差も開いてきているし


また年収だけじゃなくて上でナ..ンパの話もしましたが

恋愛格差も開いてきているのは事実で


生活の質の格差というのは主にこれは

読書量格差と 正比例していて相関してしまってるのは

どうも間違いないと分かってきてるので


人生を豊かにしたい人はちょっと

スマフォの使い方も考え見るといいかもしれません。


スマフォでまとめサイトとかゲームするその時間を

電子書籍のKINDLEアプリ使うようにするだけで


年収は上がる確率が飛躍的にアップするということが

結論として言えますね。


だからスマフォでどのアプリ開くか??
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
というところで年収格差は実生活でも開いていくということです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということでスマフォは便利だけど

そのスマフォでどのアプリを使うか??


っていうところでも年収格差は出てくるといえます。



では!




追伸・・・ちなみにスマフォだったら

アマゾンのKINDLEアプリがやはり優秀です。


私はアマゾンはそんな好きじゃないけど優秀といわざるを得ない。

特にアマゾン unlimitedというのがあって

一ヶ月1000円とかで本が読み放題です。


これはすごい良いですね。

海外にいようともどこにいようともスマフォ持っていれば

本読めて、世界中の知識を吸収できます。


グーグルは使えなくなってきてるけど、

アマゾンのKINDLEはそんな中で

比較的情報統制されていない書籍ベースの情報を得られるから

情報媒体として貴重になってきています。



それで上の私の文章で自分で気になったのが

「日本人だけが先進国で明らかに本を読まなくなっている」

という現象です。


これ・・・不思議ですけど私はずばり対日本民衆への

情報工作の結果だと

思ってます。


私はネットの使い方としては

英語と日本語とあとは時々韓国語でも検索するんですよね。


そこで日本語で何か検索とかネットサーフィンしていると

明らかに短文に当たるんです。


まとめサイトとかがその代表だけどそのほかにも知恵袋とか

あとはラインニュースとかそんな感じです。

情報の掘り下げがあまりに弱い文章が多いです。


けど英語で検索していくとやはり当たるサイトは結構な長文に

当たります。

英語版のまとめサイトとかヒットしないし

そもそも存在さえしていないのかな?とも思います。


だから英語だと論文みたいなサイトに当たるケースが多いです。


この前ベネズエラの仮想通貨ペトロについて私の考え方を書いたけど

ペトロにしても日本語で検索すると

ニュースサイトの短文数百文字がヒットするけど

だから長文読解力は必要とされないけど


英語圏だと最終的には長文のホワイトペーパーにたどり着きます。

ホワイトペーパーは論文だから、長いですよ。


韓国語でもそうで、韓国語で検索すると

結構論考が長いんですよ。

それを翻訳しながら読んだりするんだけど。


だから3ヶ国語一応私は扱えるから

最近分かってきたのだけど

日本語で検索なりネットに接するとやたら短文に当たるんです。


ということはこれはネットの工作として日本人に

あまり長い文章を読ませないという動きが背後にあると

私は考えてまして、


この辺はやはり日本人の長文読解による

抽象思考が退化するように


ネットの情報工作を仕掛けてる 

より頭の良い人間がいるだろうな

と強く各国のネット情勢を比較した上で感じます。



それで上記の読書量と年収の相関関係を知れば

短文しか読まなくなると、読むのに何時間もかかる書籍を読まなくなると

年収は必然的に下がる傾向であって


これは日本の貧乏化が進んでしまうと。


先進国で日本人の読書量が29位というのは大きくは仕組まれてると

思わざるを得ないってことです。


ちなみに、私のFXの師匠が根崎さんですけど

根崎さんなんかは以前聞いたけど

プライスアクションとかダウ理論とかについては


英語版のパンローリングの書籍で20代前半で相当読み込んだらしいです。

それで今は何十億円とか稼いでますけど


これは根崎さんだけじゃなくて野田式FX道場の野田さんも

相当数のFXの本を原理原則関係のものにしぼって

読んだみたいですよ。


あの人も一ヶ月に時には1000万円以上稼ぎますよね。



だから私の周り見ても、もろにそういうのが年収につながってるな

っていうのはほんと感じます。


それで、お金稼いでウハウハしたければ

本を読むのがやはり手っ取り早くて、


その上でインフォとかの稼ぐ情報を扱って実践すれば

そこに思考力が伴ってるから結果が出やすくなる


という分析になりますね。


よく結果出してる生徒さんと結果出していない生徒さんの

議論を私は販売者とするんだけど

実は結果出してる生徒って本読んでる人が

圧倒的に多いんです。


だから本を読むか読まないかってのが同じノウハウでも

結果出すか出さないかで大きな分かれ目になっている

という仮説がいえるわけですが


たぶんこの仮説は合ってますから

スマフォでゲームとかする時間をアマゾンのアンリミテッドの

本読み放題に使っていくという時間のマネージメントをすると


年収はどんどん上がっていくと結論付けられますね。





追伸2・・・ちなみに漫画はどうなのか??

ということですが、


漫画は結構金持ちでも読んでる人が多いですよね。


たぶん漫画も本ほどじゃないけど、メッセージ性があるものは

比較的良い影響が脳みそにあるはずで


イメージ力は高まります。



特に最近は読者さんが教えてくれるけど社会派の漫画も

増えているから。


投資家なんかは「カイジ」は読んでも勉強になりますね。


また「ドラゴンボール」ではサイヤ人のゴクウが

瀕死状態になってそこから復活してさらに強くなるのだけど


これは起業家や投資家が 何か失敗して大変だったけど

そこから這い上がってさらに儲けるっていうのと

イメージとしては通じていまして
(まさに与沢さんはそうで、あの人はサイヤ人的なんです)


あれは人間の本質をサイヤ人というものを題材にして

書いています。



また「より強いやつと戦いたい」のがゴクウの思想だけども

これは「より弱いやつと戦いたい」という思想とは間逆であって


より強い儲けてる人のレベルになりたい、という成長欲求とも

つながってるんですね。


だから漫画でも本ほどじゃないにしても

良いんではないかとは最近思います。


もちろん本のほうが良いだろうけども。



それで「スマフォの使い方をちょっと変える」だけです。

今までLINEゲーム開いていたのを

単純にアマゾンのKINDLEアプリ開くだけでして


ここでアプリの使い方一つで年収が変わる時代であると

いうことです。


ちなみに本は本当に読みやすいと自分が感じるものからで

よいと思いまして、


そこで「慣れてくる」ので、慣れてきたらちょっと難解だけど

自分に必要と思う本を読んでいくといいですね。


したら、難解な本も慣れてきて2時間とか3時間で読めるようになってきて

映画見る感じで本も読める脳みそになってきます。


そうなったらしめたもので、

バフェットとかビルゲイツみたく毎日本読んで知識吸収するのが

当たり前になって、


お金もそのあとにどんどんついてくると思いますね~


ここで、人生は他人が決めるものではなく
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分でデザインして生きていくという哲学が育ってきて
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

結果納得はまあできる人生になっていくと私は考えます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
















★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
       【公開予告】

2018年の2月26日の月曜日18時から開始する予定の

案件の告知です!


なんと3月19日に仮想通貨市場最も値上がりの可能性がある

といわれる革命的コインが誕生するらしいです。


・620倍まで暴騰したリップル

・850倍まで暴騰したADA

・6800倍を記録したイーサリアム


これらをはるかに超えるかも?というコインといわれてます。

それについての情報を2月26日月曜日18時から

公開するということですが


その予告ページがこちらです

⇒  http://taiyouasp.com/lp/17623/745415
(明日月曜日の夜18時から登録フォームが出てきます)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
   【ビットコイン女子会に潜入したそうです】


ビットコイン女子会に潜入取材したそうです。

この可愛らしいブラジャーの紐が若干見えてる若い女性ですが

なんと稼いでる額は可愛くなくて1億4000万円だそうです。


ちょっと動画があります

⇒  http://freeclub.jp/lp/17505/61453


そしてこの彼女は「実は私はビットコインで稼いでるのではないのです」

と言ってますが

実は彼女が使ってるシステムがこれです。


⇒  http://freeclub.jp/lp/17503/61453


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
















コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください