無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【世界の仮想通貨長者ランキングがすごい】

2018 2月 20 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin



【世界の仮想通貨長者ランキングがすごい】



どうもゆうです!

読者さん、こんばんは!!



さてさて、前号で

【「隠れQE4」をトランプ配下の
パウエルFRB新議長が開始したのではないか? という仮説について考える!】


という号を流しました。


アメリカなんかはQE QE2 QE3 と続けてきましたが

2018年の2月にQE4に見える

債券買い増しの動きが新FRB議長パウエルになってから

出てきたというのはちょっと注目ですね。



ちなみに仮想通貨の暴落なんかも気づいてる人は気づいてるけど

イエレンFRB議長が債券を狂ったように売却した時期に起こってますが

仮想通貨市場なんかはもろに債券市場に影響されてるな~

なんてここ数ヶ月金融市場を分析していて思いますよね。




さて、それで仮想通貨なんかは暴落説もあれば暴騰説もあれば

という感じではありますが


【世界の仮想通貨長者ランキング】がやっぱりすごかったです。


この前2月最初の時点でフォーブスが発表したものですが

公表されてるデータだけでもこれだけのすごさ

という感じです。



それで早速世界の仮想通貨長者ランキングを見ていきましょう!




【10位】はマイケル・ノボグラッツさんで

7〜10億ドル(753億~1076億円)です。



彼は元々ヘッジファンドマネージャーをやっていた人で

2007年から2008年にはフォーブスの億万長者ランキングに

入ってまして、


それでやはりここで出てくるのが「ゴールドマンサックス」なんだけど

ゴールドマンサックスのパートナーもやっていた人ですね。。


それで彼の資産配分は重要で仮想通貨に割り振っていた額は

全資産の10%だったそうです。


それでこのマイケル・ノボグラッツが言ってたのは

2017年時点で「仮想通貨は史上最大バブル!」ってこと

でしたけど


ただ「2018年には時価総額は200兆円まで値上がりする」

とも言ってます。

現在の仮想通貨全体の時価総額が55兆円くらいですから

彼なんかはそれが3倍から4倍前後にはなると

見ているようです。




それで

【9位】はブロック・ピアス(Bitcoin 財団会長)

です。


彼の資産総額は7〜10億ドル(753億~1076億円)

といわれます。


それでこのブロックピアスはビットコイン財団の会長

でありますけども


彼なんかは南カリフォルニア大学を卒業して

そのあとオンラインゲームでゲーム内のコインを手がける

ビジネスをしていて


そこで「仮想通貨はこれからくるぞ」ってことでいち早く

参入したら相当儲かったという人ですね。





それで

【8位】はアンソニー・ディ・イオリオさんです。


そう、ずばりイーサリアム共同創業者ですね。


資産額は7.5〜10億ドル(807億~1076億円)です。


カナダのライアソン大学を卒業していて

それでビットコインに次ぐといわれてるイーサリアムの

共同創業者でして、


相当数のイーサリアムを保有している、といわれます。


ちなみにイーサリアムとかは個人的にはずっと持っていて良い

と思う銘柄ですが


今は10万円くらいですが、これが

将来的にもっと値上がりした場合、彼の資産はもっと

増えることになりますよね。




それで


【7位】ですがマシュー・ロスザックです。

資産額は9〜10億ドル(969億~1076億円)ですね。


このマシュー・ロスザックは仮想通貨のブロックチェーン技術の

会社で「Bloq」っていうのがあるのですが


ここの共同創業者。


そこで仮想通貨専門の投資ファンドを組織して

運用したりしてまして、


このマシューロスザックあたりで1000億円超えが

出てきます。




それで

【6位】はブライアン・アームストロングです。

資産額は9〜10億ドル(969億~1076億円)ですね。


このブライアン・アームストロングは

仮想通貨取引所のコインベースの創業者です。


コインベースは仮想通貨業界でも最初の

時価総額1千億円を超える企業でユニコーン企業と

言いますが、


そのコインベースの創業者の彼が第6位です。



それで

【5位】は?というとマシュー・メロンです。


ちなみにこのマシュー・メロンですが役職というか

職業は「個人投資家」ですね。


ただ普通の個人投資家と違って

名前から分かると思いますが


アメリカの名門財閥のメロン家の子孫が彼です。


ちなみにメロンの名前は株やってる人にはお馴染みでして

メロンなんかは日本の大企業の大株主欄にも出てきますし


あとはアメリカの大企業の株でもメロンの名前は出てきますね。


ただ、このメロン財閥の子孫である彼ですが

メロン財閥の中でも以前は「仮想通貨は投資じゃない」みたいな

感じだったそうです。


だから他のメロン財閥の家族に「仮想通貨への投資なんてやめておけ」

くらいの感じだったそうですが



ただ彼は仮想通貨は200万円で購入したんだそうです。

メロン財閥なのに200万円って結構普通だな~

なんて思いますが


そこで彼が買った銘柄はずばり「リップル」でした。


そしてこの「リップル」が200万円で買ったところ

彼の読みがあたって大当たりしまして、


そこで1000億円になったと。


それで仮想通貨長者ランキングで世界5位になってる

わけです。


それで彼は


「俺の家族は俺の気が狂ってるといったが

俺はそれがホームランになると確信を持っていた」


といってるんですね。



彼のこの言葉「確信」が重要だと思います。


ちなみにメロン財閥ですから大いに人脈でインサイダー情報が

入っていたと思いますが


そこできっと「確信」があったんでしょう。


結局情報持ってる金持ちは強いということは事実として

あるな~とは思いますが


ただ一般の人でもこの「確信」を持つことは

情報分析すれば可能ですから、


この「確信」ってのが大事なんでしょう。


金持ちは金持ちになるための教育をずっと受けていますから

必然的に子供も200万円の資金を1000億円にしちゃう


っていう事例ですね。



それで


【4位】はウィンクルボス兄弟です。

資産額は9〜11億ドル(各自)(969億~1184億円)です。


このウィンクルボス兄弟はフェイスブックのアイデアを

創業者のマークザッカーバーグにパクられたということで

訴えたことでも知られていて


映画の「ソーシャルネットワーク」で敵役として

登場してる人です。



それでこのウィンクルボス兄弟っていうのは

フェイスブックから訴訟で70億円くらいを勝ち取った

んだけど


そこで「あのパクったマークザッカーバーグには負けねーぞ」

って精神があったんだと思いますが



そこで2013年にビットコインを購入したんですね。


当時は130ドルだったビットコインですが


その後今や1万ドル前後ですから


そこで一気に資産を伸ばしたということです。


おそらく訴訟で勝ち取った70億円のうちの

15%前後をビットコイン購入に充てたと思われますが


そこで一気に仮想通貨長者になってきた、ということです。



ちなみに兄弟二人ともハーバード大学を卒業して

その後オックスフォード大学でMBAを取ってまして


やはり相当量勉強してる人ではありますね。



それでここで

【3位】ですがジャオ・チャンポンです。

ここでアジア人の彼が登場ですね。

資産額は11〜20億ドル(1184億円~2144億円)

といわれます。



この彼はみんな知ってる バイナンス binanceの

創業者です。



バイナンスなんかは日本でも多くの人が使っていますが

とにかく取り扱い銘柄が多くて手数料も低いから


大人気ですよね。


それでもともとジャオ・チャンポンは中国最大のOKCOIN

の共同創業者であったんだけど


中国拠点が政府規制で閉鎖されてから海外に移動して

ここでチームを10以上の国々に配置して、


あらゆる規制に対応できる体制を作り上げてます。


ちなみにこのジャオ・チャンポンは日本が大好きな人で

仮想通貨規制が緩いので


実は結構日本にいて仕事している時間が多いそうで

渋谷とか六本木とかその辺にいるかもしれませんね。


バイナンス創業者強し。


それで


【2位】ですがジョセフ・ルービンです。


資産額は10〜50億ドル(1076億~5360億円)

で一体いくらあるのかフォーブスも計算できないそうですが


とりあえず最低1000億円以上は持ってるようで

最高だと5000億円くらいという感じです。


ちなみにこのジョセフ・ルービンもイーサリアムの共同創業者

です。


彼はアメリカのブリンストン大学でコンピューターサイエンスを

学んで、


その後ソフトウェア会社や投資銀行でサラリーマンしていた

わけですが


その後2014年にイーサリアムプロジェクトを共同創立

してます。


それでイーサリアムを持ち株のように沢山持ってるわけですが

そのイーサリアムは当時112円だったけど

今は10万円ですから、1000倍ですよね。


ということでイーサリアム創業者強しという感じですが

彼なんかもエンジニアでブリンストン大学で

コンピューターサイエンス勉強していたって言う人で


相当数勉強して行動に移した人だな、っていう感じがします。




それで


【1位】ですがクリス・ラーセンです。


そう、リップルの共同創業者ですね。


ちなみにこのクリス・ラーセンはリップルを52億リップル

持ってるそうで、


それは当然今も手放していないでしょう。


それで今はリップルは110円くらいだけど

以前は400円くらいまで上昇していたので


その時彼の資産額は2兆円に達していたということ

になりますね。


それで彼の場合、仮想通貨だけじゃなくて

リップル社の株式の17%を保有してる大株主ですので


そこで一時的に純資産は6兆円を超えていたわけで

世界の長者番付でも5位に入ってました。


んでこのリップル創業者の彼なんかはサンフランシスコ州立大学を

卒業してスタンフォード大学でMBA取っていて


やっぱりかなりの経歴重ねてきた人物ですが

もういまや資産は兆超えといわれる人で


おそらく近いうちにバフェットやビルゲイツを抜くんじゃないかな

みたいな感じです。






ということで世界の仮想通貨長者ランキングですが

ちょっとスケールがヤバいですね。


ただ実は上のランキングですが有名なロジャーバーとかは

入っていませんし


また私が友人に聞いたところによると

特に中華系では資産数兆円とか10兆円超えてる?


みたいな人もいるらしいんですね。


ただ仮想通貨の場合匿名性が高かったりするので

これはフォーブスでも調べられないということだと

思いますが



実は上記10位の人たちの何倍かは

彼らを上回る長者が世界には存在すると思われます。




それでここまでの長者が出るのはおそらく

ITバブル以来だと思いますが


結局暗号通貨の技術というのは暴落を繰り返しながらも

2020年台には必須の技術、多くの人が使い出すもの

になっていく流れなんでしょう。


一度ここまで追求された新技術が消え去るという事例は

あまり聞きませんが


これから2020年台にかけて仮想通貨市場というのは

やはり注目となりますよね。


それで2020年台にはひょっとしたら

長者番付のほとんどが仮想通貨関係となるかもしれません。




それで長者を見ると、主に投資家と技術者(兼起業家)

ですよね。



いずれの人たちも世間の人が目をつけていないときから

行動していたわけで


世間にはメロン財閥の子孫の彼のように変人扱いされていた

わけですが


そこでも自分を持って前に進んでいった強さはあるわけです。


だからみんながすごいって言ってそこで

行動してるんでは遅いんだなっていうことがよく


このランキング見てると分かりますね。


それでコンピューターサイエンスを専攻してる人間は強いな

ということですよね。


もし今学生の人がいたら理系でコンピューターサイエンスを

目指すと将来結構お金持ちになれるかもしれませんね。




それで「仮想通貨全体のこれからの成り行きはどうなるか?」


ってのはすごい議論される対象で



ある人はこれからも上がっていくというし、

ある人は暴落して終わるというし



じゃあどっちなのよ??


ってことになるわけですが


上のランキングに乗ってる金持ちたちの発言とかを見ると

極めて楽観的な人が多いというのも感じたところでした。



ちなみにこういうのは単純に暗号通貨全体の時価総額の

チャートをダウ理論で見てみればいいわけですね。




英語のサイトだけど

分かりやすいので見てみるといいです。


このサイトにある「ZOOM」ってところで 

1Y=1年 にあわせると全体像が見えます。


Cryptolizationっていうサイトです



仮想通貨の時価総額全体を見ることができるサイト
https://cryptolization.com/




ちょっと1年しかなくて5年とかがないのが

不便ではありますが、



ただ大きな視点で仮想通貨市場全体の時価総額を見ると

ダウ理論の見かたでは全然上昇トレンド中、


と言えます。今は落ち込んでますけど


2月20日時点では一度底をつけて上がってる

という感じですね。



それで、私なんかはこの仮想通貨全体の時価総額チャートは

定期的に見ているのだけど


だからまあ仮想通貨は保有してます。


もし仮想通貨を手放すということになるならば


最低でも上のチャートの仮想通貨全体の時価総額で

今は55兆円くらいありますが

(4700億ドル)


これがまあ2兆円とかの以前のラインを割ってきたら

仮想通貨本当にやばい、という感じですけど


今はまだ55兆円の時価総額がありますね。


それで上記Cryptolizationっていうサイトで

暗号通貨市場全体の時価総額みるとまあ


ダウ理論的には上昇基調と言えますから


上の金持ちたちなんかもこの辺見ていてまだまだ

これからだ、って思ってる人が多いんだと思います。


ちなみに、例えばアップルというIT株がありますが

このアップルの時価総額は単独のIT企業で約100兆円

なわけです。


だから仮想通貨全体の時価総額55兆円

<IT株アップル1社の時価総額100兆円


の関係性です。



ただ仮想通貨の技術って2020年台は

やっぱりITのように浸透して来るのは

中国のアリペイの浸透具合からも簡単に想定できますんで


これは時価総額は今のレベルではなくなる可能性は

やはりあるとチャート見ていても思います。


なんで、大きな仮想通貨全体の時価総額という視点で

チャートだけ見ると、


10年という大きな枠組みで見たら

まだまだこれからだな、っていう感じもしますよね。



それで上位ランキングを見ると分かるのが

みんなだから「売ってない」んですよね。


結構年末からかけて暴落していますが

彼らは売ってないで保有したまんまで


フォーブスの仮想通貨長者ランキングに載ってます。


たぶん彼らは仮想通貨全体の時価総額のチャートの成り行きを

見ているんだけど


10年とかの長い期間で考えると

まだまだと考えてる節はありますよね。



時価総額全体のチャート見ると最悪落ちて

今の55兆円の時価総額が25兆円前後まで落ちることは

想定できますが、ただもっと数年単位の長期で見ると

まだまだなのかな、ていう感じもしました。



なので世界の仮想通貨長者ランキングをみると

色々と勉強になりますね。


それであまり大金持ちの創業者たちは時価総額が

最高値の半分以下になっていても


彼らが仕込んだ時期の数百倍になってるため


それを売っていない

ということは分かりますので


これはこれで参考になると思いました。


それで結局 仮想通貨の時価総額全体も

上に示してるように

チャート化されていて英語だけど上のサイトとかで

ダウ理論ベースで見ることができるので


あくまでも時価総額みて長期投資するのは

大事かなって思いますよね。


これ実は株でも一緒なんですけど

仮想通貨も同じかなと。


それでは!!



ゆう





追伸・・・ちなみに世界の仮想通貨長者ランキングの人らは

持ってる仮想通貨をホールドしていることが資産額から読み取れるのだけど


じゃあ彼らがレバレッジかけて保有してるか?というと

10位の人おそらく全員誰もレバレッジを使って保有していないんだろう

ということです。


全員おそらく現物=レバ1倍 で持ってるのはほぼ間違いないはず。

世界の仮想通貨長者10位のおそらく全員が現物で保有してるのに

一般の個人投資家の資産1億円も無い人たちがレバを使ってる


ってなんか面白いですよね。


もっと言うと取引所の創業者は誰もレバレッジ使って保有していないのに

顧客にはレバレッジ取引できるようにしてるっていうのも見えてこないと

いけないです。


だから新興株と一緒で仮想通貨は現物で買ったら基本放置

というバフェット的な投資的スタイルの人が結局

仮想通貨長者になってるな、っていうことですね。













コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください