無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






「1日1時間を自分のためだけにあてよう」(バフェット名言から考える)

2018 2月 16 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


「1日1時間を自分のためだけにあてよう」(バフェット名言から考える)
⇒編集後記で


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
   【投資系の新案件です!】


【簡単3ステップ】
  ↓ ↓ ↓
月収50万円の受け取り方法

1)システムを起動
  ↓ ↓ ↓
2)音が鳴るまで好きに過ごす
  ↓ ↓ ↓
3)音が鳴ったら指示通りに発注

たったこれだけで月に50万円稼げる「非売品システム」を無料提供中です。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/

《実践者の成功率100%》


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




どうもゆうです!


読者さん、こんにちは!!


さて、世界を代表する投資家として有名なウォーレン・バフェットについて

時々メルマガで扱ってるのですが

読者さんはバフェットの

「1日1時間を自分(のためだけ)にあてるべきである」

と言う言葉を知ってますか?



実は、現代人の多くというのは、特に日本人のサラリーマンとかは

そうだけど大多数の時間を「他人のために」使っているものです。



それに対してバフェットなんかは「自分自身のためだけに1日1時間を当てるべきだ」

ということを言ってるんですね。


今日はこの辺を考えて生きたいと思います。

編集後記で!






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【ネイリストのKさんが落ちてるお金を拾うだけで
月収50万円を達成】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




さて、今日は久しぶりに投資系の新しい案件が登場しました!



なんとこちらの案件ですが今のところではありますが

実践者が100%稼いでるという案件です。


2ヶ月で86万円稼げたという方も出てきたということで

注目ですね~



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/




さて、今日はこちらの案件を担当されています

豊田さんより読者さんにメッセージです!

(またその次に講師の谷口さんからもメッセージです)
↓↓


========================



【落ちてるお金を拾うだけで月収50万円】




読者様、豊田です。


道に落ちているお金を見つけて
ただ拾うだけで、月収50万円。

もちろん合法的で、
一切リスク無しというお仕事が
期間・人数限定で公開されています!


昼間はネイリスト、夜はアルバイトと
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
忙しい毎日を送っていたKさんが
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
毎月40~50万円を得られた方法です!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 

読者様はまだご存知ないですか?


これを知らなければ
かなりの損をしているので
至急、確認をしてください。

⇒⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/
【期間・人数限定公開です】


『年収1000万プレーヤー』

年収1000万円と言えば、
誰もが超えたいと思う金額だと思いますが、

残念なことに1000万円どころか、
平均年収は400万円台だと言われています。


稼げていない理由はいたって単純。

『正しい稼ぎ方を知らない』

ただそれだけです。


一方で、

この『お金の拾い方』を知った人は

すでにそれだけで
月収50万円を稼いでいるそうです。

月収50万ということは、年収600万円。

今までのお仕事に
600万円がプラスされたら・・・

年収1000万円は十分に
可能性のある数字ですよね!


ごく普通のネイリストの女性が
『月収40~50万円』稼いだり、

今までお金がなくて実家を出られなかった人が
この方法で100万円貯めて、一人暮らしを始めたり。


自営業者のKさんは、


毎月40~50万円の収入の柱が出来て
~~~~~~~~~~~~~~~~~
金銭的、精神的な余裕が生まれた…
~~~~~~~~~~~~~~~~

とのことです。


この方法は、お金を拾うだけですから、
特別な経験は一切必要なし!

読者様も安定的に
お金を稼げるようになります!


しかもリスクは一切ありません!


現在の収入に満足していないのであれば、
必ずチェックしてください!

⇒⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/


・ビジネス経験がないしなぁ…

・長時間の難しい作業はできないよ…

そんな不安があったとしても問題ありません。


読者様に必要なのは

『稼ぎたい想い』と『実行をする』こと!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それだけです。

実践した人は100%成果を出しています。


読者様が本当に稼ぎたい、
そういった強い想いがあるのなら、
今すぐ確認してみてください。

⇒⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/





はじめまして。

谷口と申します。


とある極秘ツールを使って
毎日最低1万円を拾っている人がいます。

多い日には1日3万円拾うこともあります。

道に落ちているお金を見つけて
ただ拾うだけ。

それだけで、月収50万円。

信じられますか?

信じられないですよね、ふつうは。

信じられない読者様は正常です。

でも、事実です。

彼らはこの稼ぎ方を知ってからは
本当に毎日気楽で楽しく過ごしています。


「私もお金を拾いたい!」

そう願う読者様に、今回特別に、
私が開発した極秘の
お金拾いツールの秘密をお話します。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/
 【期間限定公開中】



ただし、条件があります。


本気で稼ぎたい!夢を叶えたい!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そう願っている人限定です!!



そんな強い想いさえあれば
誰でもお金を拾えるように作ったのが
私が提供するお金拾いツールです。



その証拠に、ある自営業の方は、
昨年の9月~10月のたった2ヶ月で
合計86万円を拾った実績があります。


ネイリストをやっている女性は
毎月40~50万円のお金を得て、
旅行を計画しています。



この2人に共通していたのが、

『本気で稼ぎたい!!』

という強い気持ちです。


知識や経験は不要です。

というか、

お金を拾う知識って
意味がわかりませんね。


忙しくて時間がない!

そんな方でも収入を増やすことができ、
時間的にも、精神的にも
余裕ある毎日を送ることができます。


ちょっと想像してみてください。

今のお仕事のお給料にプラスして
毎日1万円稼げたら・・・

ずいぶん豊かな暮らしができると思いませんか?

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/
 【毎日最低1万円を拾ってみる】


もちろんリスクは一切ありません。


すでに落ちているお金を拾うだけ。
だから、100%リスクはありません。

落ちているお金は、
誰かの落としたお金ではないので、
交番に行く必要もありません。

拾ったら拾った分だけ、
全額読者様のお金になります。


読者様は落ちているお金を
見つけて拾うだけでいいのです。

それだけで、一切のリスクなく
全く不安のない生活を
手に入れることができます。


実践者全員が、一切のリスクなく
100%稼ぐことができた
お金拾いツールが欲しい人は
今すぐここをクリックしてください。

⇒⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/
 【期間・人数限定公開です!】


========================


以上です!




それでこの案件の詳細なのですけど

私のメルマガでもお馴染み上記豊田さんから教えていただいてるのが


「●勝率100%、再現性100%、
月利100%という本物のノウハウを無料で完全公開。
更に高精度のツールも公開してしまうというキャンペーンです。

例えていうなら道に落ちている1万円札をどこまでも
拾っていくかのような単純な作業を繰り返すだけ。

全4話の無料動画を見るだけで100%勝てるようになる。
あり得ないキャンペーンです。

投資に興味があっても無くても、なぜ利益になるのか、
どうすれば利益になるのかを分かりやすく解説し自動ツールも公開。

使う商品はバイナリー・・・・しかし、ハイローバイナリーとは違って
日本の金融庁からお墨付きの特別な商品を使います。

今まで何をやっても勝てなかった人も勝てるようになり、
「読者様の夢を実現できる」を実感してもらえるキャンペーンです。
キャンペーンに登録するだけで
全くの初心者でもわかる本物のノウハウを無料で完全公開予定です」



ということでした。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/



それでこの案件を担当しているのが私のメルマガでもよく

扱う沖縄の会社さんなんですが、


やはりこの会社さん、多くの生徒や顧客を稼がせてきた会社なので

今回の案件もなかなか注目ですね~~


ちなみに上にあるようにバイナリーを使うのですが
ハイローバイナリーとは違う、


日本の金融庁からお墨付きという「特別な商品」を使うことで


今までは無理であった




勝率100%、再現性100%、
月利100%という本物のノウハウ


が出来上がったということです。



それで今回は4回の動画で100%勝てるようになる、

というのを目指す案件ということで


なかなか斬新ですね~~



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/




それで、私ゆうは今マレーシアから日本に戻ってきていて

色々な方とお話していたのですけど


ここ最近 経済格差というのが言われているわけですけど


おそらく本当に大きいのは「情報格差」なんだろうなと

思った次第です。



というのが私が日本に戻るともう必ずと言って良いほど

儲かる情報みたいのがゴロゴロ入ってくるんですね。


結構一部の人がやってるような儲かる情報というのがゴロゴロと

入ってくるわけです。



まさに今日友人たちと話していたのですが

「情報格差=収入格差」であるのですね。


これはページでも書いてある通りです。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/




特にLPに書いてある文言でこれがまさに真実だな

と思うわけですが



=======================

極端な事を言ってしまえば、
私たちと彼ら(富裕層)の違いは



“簡単にお金を手に入れる方法を知っている”



この一言に尽きます。



つまり、情報の差が収入の差を生み出すことを
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼らはしっかりと認識しているのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今は情報が溢れすぎています。



テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、インターネットなど、
私たちは大量の情報に囲まれており、

そのほとんどが処理できていない状況です。



しかし残念なことに、その99%以上は
私たちにとって役に立たない情報です。



これはお金儲けにしても同じです。



例えばグーグルの検索ボックスに
「会社員 副業」と検索してみてください。



そうすると数え切れない数の情報が
あなたの目の前にズラーっと並びます。



そして、その中でも本物の情報というのは
0.1%以下しかないと言われているのです。



もちろん本物の情報も存在します。

しかし、それをあなたが見分けるのは
ほぼ不可能と言えるでしょう。



なぜか?



あなたが実際にお金を稼ぐ知識を持っていれば
既にそういった本物の情報を手に入れて

実際に高い収入を手にしているはずだからです。


=======================



以上です。


こういうことが書かれているわけですが


たぶん上の文章、稼いでる人はまさにその通りだと思うだろうし、

そうじゃない人は「何言ってるの?」という感じかもしれません。




情報の格差というのが、本当にダイレクトに収入の格差になってしまう時代

であるわけですね。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/



それこそ、最近は渋谷とか六本木周辺にいる

IT系の富裕層たちってのがいて、


はっきりいえば彼らが一番 国に税金で狙われている人なんだけど

裏を返せば日本で一番稼いでるのって彼らだったりするんですね。


それで実際にそういう輪に入れば

「あれあれの方法ではこの前5000万円利益が上がった」

「あの方法ではこの前1億円以上利益上がったけど

口座凍結された」


とかまあそういう話が結構されているわけです。


そういう情報体系というのがあるのだけど


じゃあそういうものをグーグルで検索して引っかかるか?

というと当然引っかかりません。


それでじゃあ私たち日本人にメインで入ってくる情報は?


というと


「日本人の多くがオリンピックで沢山メダルを取ってメダルラッシュ」


とかそういう情報でして


これってまあ人によっては誇らしいと思うんだろうけど、

それってじゃあ私たち個人に得はある情報だろうか??


というのが私が日本にいて感じたことです。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/



まあそりゃ、日本人の同胞が銀メダルとか、銅メダルとか

それは良いことだと思いますよね。



ただじゃあその日本人がメダル取った取らないってのが

私たち個人、「読者さん個人」に役立つ情報か?というと

例えばイケメンのフィギュアスケーターの

年収1億とも7億とも言われる

羽生君が金メダル取ったとしてもそれは私たちに

ダイレクトに役立つ情報ではないわけです。


かなりドライに見る視点になりますが

羽生君が頑張ってメダルを取れば、CMとかが増えて

彼は年収が現在の7億円からさらに上がるかもしれませんが


それを応援している年収300万円の人の年収は300万円のまま

なわけです。



「なんでも収入で考えるってあなたかわいそうな人ね」

状態のことを書いているのは理解してるのだけども、


ただ、テレビや新聞で入ってくるだれだれがメダル取ったとか

活躍したとか


そういう情報って私たちの個人の豊かさにはほんと関係ないわけです。


そして私たちはそういう情報に囲まれているわけです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/


テレビは日本人のメダルラッシュを沢山報道してくれますが

じゃあそこで私たち個人が稼ぐための情報を教えてくれるでしょうか?


一方ですが、今の渋谷とか六本木とかあとは上記沖縄とか

その辺でIT系で稼いでる人たちってのは


テレビとかはあまり見ない人ばかりなんだけども、

彼らは例えば時期柄 今の例だと、

逆にオリンピックのことなんてよく知らなかったりします。


本当に「羽生」選手の読み方も知らない

レベルの人もいらっしゃいます。


ただ映像を見たら「この人知ってる」レベルの感じで。


じゃあ彼らが囲まれてる情報って何か?というと


「何が儲かる」とか「こういうシステムは今結構稼げる」とか

「今は金は保有しておいたほうがいい」とか

「金地金は100グラム単位で買うならあの店が安い」とか

「ICOで次来るって億トレーダーが言ってるやつはあれだ」とか、

「自動売買ソフトで唯一ずっとプラス出してるのが

10億円稼いだ○○君が開発してる自動売買ソフトだ」


とか、まあ具体的にはそういう情報体系でありまして、



全く一般の人たちと囲まれている情報が違うって言う事実は

あるわけです。


「自分をどういう情報で囲むか?」で本当に収入って変わっちゃいます。


もっと言うと一般の人はLINEでSNSメッセージをやり取り

してると思うけど


富裕層たちは暗号通信が不完全なLINE自体最近はあんまり

使っていなくて


そういう情報交換するときはもっと暗号化が強いアプリで

通信してたりしまして、


そもそもIPHONEとかで使ってるアプリ自体が違ったりもしますね。


だからLINEみたいな周りに丸見えのアプリで

大事な情報をやり取りしてくる人自体信頼されない、というのも最近起こってることで
(国家はLINEで文字検索してお金にまつわるラインの民間のやり取り、
情報はチェックしてるといわれる)


富裕層たちは最近はLINEさえ重要な通信時には使っていなかったりして

お金関係の重要なやり取りは違う暗号化が強い

メッセンジャーアプリを使ってたりするわけです。




だから上に書かれている


「つまり、情報の差が収入の差を生み出すことを
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼らはしっかりと認識しているのです。」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


というのは間違いなく、真実ですね。



それで今回の案件は沖縄系の会社が担当しているのですが

この会社結構な比率で面白い世間ではまず知られていない情報を

出してきてる会社なので


見てみるといいと思います。



基本的には「情報の差=収入の差」になりますね。




⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/






追伸・・・ちなみに、なぜ「情報の差=収入の差」になるか?

っていうともっと説明できまして、


資本主義の前提として重要なのはこういう重要情報を

「全ての人が等しく持っている完全情報状態」が必要とされます。


が、今の世界で資本主義が完全に成り立ってる国はありませんので

(一番進んでるのはアメリカだけどアメリカもまだ不完全。

そういう意味ではアメリカも純資本主義じゃない)


今の時点ではまだ、完全情報状態なんてありませんから、

だから「情報の偏在」というのが今の世界で起こってることです。


これは今後10年間である程度は是正されていくだろうけど

ネットも情報統制されてるから、

例えば「稼ぐ系のガチのエッジきいた情報はグーグルに嫌われるし」

2018年は完全情報状態なんて、まだまだ、なんですね。


だから稼げる情報は一部の人の間で「ぐるぐる」と回ってます。

そういう意味では今の時代はその「ぐるぐる富裕層たちの間で出回ってる情報」

にアクセスしていくっていうのが大事になってくるわけですね~



それで今回は一部の人の間で出回ってる新しい方法ということですが

今のところではありますが実践者が100%稼いでるという

状態だそうですので見てみると面白いと思いますね~






⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/









=============編集後記=============


さてさて、今日はバフェットの

「1日1時間を自分にあてるべきだ」という名言について

考えたいと思います。


まず前提として、一部の人は気づいてるだろうけど

大多数の労働者とかサラリーマンというのは自分の人生のほとんどの

時間を他人のために使っているわけですね。



私は昨日まで日本に一時帰国してまして

それで今はマレーシアに帰ってきてKLの空港で

このメルマガを書いてるのですけども


やはり日本に滞在していて思ったのが

日本の象徴的なものって「サラリーマン」だなって思ったわけです。

まあみんな同じような服装と髪型で道を歩いているわけで


それはある意味 新鮮で、独特です。


さらに満員電車とかに乗ってぎゅうぎゅう詰めにされて

無表情で出勤し、


週末なんかは東京の繁華街でみんなお酒を飲んで

帰るときの週末の電車で山手線なんかは

これまた電車が酔ったサラリーマンたちで

ギュウギュウすし詰め状態

だったりするわけですね。


(私は羽田空港から終電近くに帰るときにこれに巻き込まれた。

そしてあまりにも人が多くてOLの女の子が反対のドアで

降りたい駅で降りられないで

「降ります~」とか言ってるのに、声が細いから

誰もよけずその子が電車を降りられない

という光景を見た。


周りの年配の近くにいたリーマンたちは

絶対聞こえてるはずなのに見てみぬふりで


誰も声出してそのか細い声の女が電車から降りられるように

助けないから、私はびっくりした。


だから私が大声で「人降りるぞー」と声張り上げたのだけども。

その女の子はありがとうございます、とか細い声でお礼だけ言って

なんとか降りた。



私はかつて日本に住んでたとき、このような困ってる弱い人が目の前で

いるけど見てみぬふりをするサラリーマンという光景を頻繁に見てるわけです)





それで日本で多くのサラリーマンの姿を見ていて思ったのですが

実は大多数の人というのが

「自分の人生の時間を自分のために使っていない」

現状はあるのだろうと思いました。



朝7時に起きて9時に出勤して、夜18時とか19時まで

働いて、それで帰宅する


という労働パターンがあるわけですが

これって基本的には

会社で労働生産するための行動ですよね。


決して「その人自身のためではない」わけです。


そしてその会社と言うのは株式会社であれば必ず株主に保有されてる

わけで、


このサラリーマンたちが必死に働いて得た利益というのは

これは株主の利益になるわけですね。構造的に。



そして毎日のようにサラリーマンたちが、株主を潤すために

必死に満員電車に乗って、人生の時間の大半を費やして

労働している姿、というのを日本にいて私は見たわけです。



大多数の労働者というのは自分のために時間を使えない状態になっていて、

いつの間にやら、「他人のために自分の時間を使う」という状況に

なっているわけですね。


そしていつの日かそれを疑うこともしなくなる、という。


実際の話、

労働拘束時間を含めたら、この1日10時間以上の

彼らの労働の時間とか出勤の時間というのは

株主を潤すために費やされているわけです。



それで、これがまあ資本主義の特徴といえば特徴なんですけども


若い頃のバフェットはアメリカでも

似たような状況があったから


そこで「自分の人生を生きたい」と思ったわけですね。


そこで出てきたのが

「1日1時間を自分にあてるべきだ」というバフェットの名言なわけです。



バフェットは投資の神様とも言われますが、

投資だけではなく自分の人生も長期的に考えないといけない、

と考えるわけですね。



バフェットは世界一の投資家として知られていますが

彼の「投資家としての動機」は何か?というのはあまり知られていませんが


実はバフェットが金持ちを目指したのは

「他人にあれこれ指図されることなく、自分の人生を生きたかったから」

なわけです。


そしてバフェットは「自分のために働くのが一番重要である」という
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
考え方を持つわけですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ちなみに私ゆうが疑問に思うことというのがあって、

日本では「自分のためにお金を稼ぐ」とか

「自分のために生きる」とか言っちゃいけない「空気」

ってありませんかね?



なんかお金稼ぎに対してやたら崇高な理念を提示しないと

他人のため、みたいに言わないと、


それはいけないことだ、みたいな価値観ってあると思うんですね。


例えば会社の社訓で

「お客様のために なんとかかんとか」

とか

「社会のために なんとかかんとか」


とか、そういうのって多いと思いまして、それを朝礼なんかで

社員たちに読ませている経営者たちってのは多いと思う。


「俺は俺の人生が充実するように仕事します」


と自分中心で考えるのはなんか悪いこと?みたいな風潮って

日本はあると思うんですね。


何かしらの立派な利他的な大義名分をかかげないとお金稼ぎを肯定できない

社会風土というのがきっと日本にはあるんでしょう。


だから日本では「○○のために働いてます」と

○○の中に貧困とか子供とか社会的弱者とかそういう言葉を入れると

尊敬される傾向があるわけですね。



そして結果そういう国では大多数の国民が

「他人のために働くことになり

自分の人生をないがしろ」にする傾向が強くなるわけでして


結果、大多数の人が株主のために働き、自分の人生のために

時間を使えないという結果になってるわけです。



まあ大きくはキレイゴトを使っての洗脳体系があるわけで、

仕組まれているわけです。





それでバフェットはお金を稼ぐとか働くというところで

そういうキレイゴトは言っていなくて

「自分のために働くのが一番」と考えたわけですね。


「他人にあれこれ指図されたくもない、

そして自分の働きというのが他人の利益になるというのもなんか嫌だ

だから自分の働きが自分の利益になるように

自分のために働くのが一番」


と考えたわけです、平たく言うと。


これはすごい大事なことだな~と私は思いまして、

多くの現代人というのは、ちゃんと哲学なり思想を持たないと

意図せずに、「知らず知らず」のうちに他人のために働くことになる

んですね。


実際に多くの労働者が株主の利益のために働いているわけですけど

こう「知らず知らず」のうちに無意識に他人のために働いてしまう

そういう構造がこの私たちが生きる社会には存在するわけです。



それで「他人のために働いた人」



「自分のために働いた人」


これが10年経過したらどっちが幸せだろう??

ということなんだけど


幸せになるのは当然後者なんですね。


だって自分の幸せや人生の充実のためにその人は働いているわけで

それを目標としているわけだからそれは幸せになる確率が高まるに

決まっている。



一方「他人のために働いている人」っていうのは

これはあくまで その他人の利益があがる手伝いをしているわけですから


それは10年経過すれば幸せになるのはその他人であって

その人、本人ではないわけですね。


それでその他人(例えば株主)が今まで自分がその人の利益のために

尽くしたのだから、後で恩返ししてくれるだろう、なんて思う人もいるのだろうけど

実際の世の中は無情ですので


大体のケースで恩返しなんかもされませんし、

結局他人のためにずっと働いた人は

自分の人生の満足度がなんか低いまま終わってしまうわけですね。



他人のために、働く人というのは多いわけだけど

大体のケースでその「他人」というのは為政者の官僚だったり

大企業の株主であったりするので、



彼らを潤すだけで、その人本人の人生の満足度は低いまま

ということに

なりやすいわけですね。


バフェットはそれはおかしいという考え方ですから


「自分の人生を生きたい」と考えたから

だから金持ちになろうと

思ったわけです。



ちなみにバフェットと同じように考えていたのがチャーリーマンガー

っていう人で


彼はミシガン大学で数学を専攻して

気象予報官を経てハーバード大学のロースクールで弁護士になった

秀才です。




ただマンガーは弁護士では満足できなくて、

副業として不動産開発を手がけたのだけど


そこでやがてバフェットと出会いまして、そしてバフェットのパートナー

となっているわけですね。



このバフェットとマンガーの意気投合した部分というのがまさに

「自分のために働くのが一番」

という哲学・思想だったわけです。



ちなみにこの逸話というのは結構バフェット好きな人なら知ってること

だろうけど


当時「自分のために働くのが一番」というのが

バフェットにもマンガーにもお互い新鮮に聞こえたのは

なぜか?


ということだけどそれはやはりアメリカでも

「他人のために働くのが素晴らしいみたいな偽善的な価値観」が

広まっていたんだろうと思いますよね。


実はこの価値観はキリスト教カトリックのものでありまして、

まさにそこには偽善があるわけです。


社会的弱者を救って、その人たちのために生きましょうとかですね、

その慈善的な価値観が素晴らしい、みたいなある種の空気がアメリカに

あったんだと思いますね。


そこで人々は自分のために働きたい、家族のために働きたい

という人が大多数だろうに


そこで

「私は世界平和のために働きます」とか

「私は貧困問題解決のために働きます」とか


崇高な理念を言わないといけない「空気」が醸成されていたのだろうと

思います。


結果そうやって為政者のキレイゴトに抵抗できず

搾取されてきたのが人類の歴史です。


実は今の日本がまさにそうで、お金稼ぎする人にはそういう崇高なものが

やたら大衆から求められるわけだけど


私はその日本の雰囲気を知ってるから

たぶんバフェットがこの名言を言った時も

今の日本と同じような雰囲気だったんだろうと

思います。


しかしバフェットは

「他人のために働くのではない、

自分のために働くのだ」

(キレイゴトばかり言うな、という意味が後ろにある)


という考え方をしたわけですね。


だから本当の本当のところはバフェットの名言には偽善的な

ことに対しての強烈な批判が入ってる、

ともいえるわけです。



それで当時「自分のために働くのが一番」という考え方は

偽善があふれる社会では斬新だったようで、


そこで同じような価値観のバフェットとマンガーが出会って

意気投合するわけですね。


要するに「自分のために働くのが一番」というのが社会の当時少数派であった

ということで、


そこで少数派であったバフェットとマンガーが意気投合した

ということですよね。


それで当時マンガーは「自分にとって一番大事な顧客は誰か?」

と考えました。



そしてここで、マンガーは素晴らしいくらいの自分本位の答えを出すわけだけど


それは



「自分にとって一番大事な顧客は 自分自身だ」


と考えたわけですね。



そこでマンガーなんかは毎日1時間自分のために働くことにしたのです。



そこで朝早く起きて建設や不動産開発の仕事をしたのですが

そこでバフェットとマンガーは出会ってるんですね。



そしてマンガーは「脚が生えてる本」と言われるくらい

本を読む人だったんだけど


その努力家の姿勢というのはバフェットにも評価されているわけです。


そこでバフェットが言う言葉が


「誰しもこのマンガーを見習い、まず自分自身が顧客になり

次に他人のために働くべきだ。


1日1時間を自分に当てるべきだ」


と言ってるわけですね。


だからバフェットは何も利他的なことを否定してるわけではない

わけです。



バフェットが否定したのはだからあれです、


日本の会社組織とかでよくあると思うけど


「自分の人生を犠牲にして他人のために働くこと」


ですよね。



バフェットが言ってるのは

「まずは自分のために働くことが大事。

そして「次に」他人のために働けばいいんだよ」


ということなわけです。


ここには明確に「自分自身=私」が存在しているわけですね。

それが最優先である。




一方日本的に礼賛されるのは


自分を犠牲にして、他人のために働くことだろうと思うけど


ここには「自分自身=主体的な私」がないわけです。



バフェットはそういう人間のあり方を否定していて

「まずは自分自身が 自分の顧客になりなさい」

ということを言ってるわけですね。


そして次にようやく他人のため、という話が出てくる。



それなのでまずは自分自身のために働くことが大事なのだから


「(最低でも)1日1時間は自分に当てるべきだ」


とバフェットは言うわけです。



投資というのは、資金を企業に投じるだけではなくて

「時間を自分のために使い」

そして自分の可能性を広げていくことにつながっていくべきだ、


ということですね。



なのでバフェットのこの言葉はとても深いわけです。



そしてもっと言うとバフェット関係の本を私は昔から読むんだけど

気づいたことがあって


「ニーチェとそっくり」なのですね。


思想体系が。


例えばカトリック的な「他人のために働くことは素晴らしいのです~」

みたいな偽善に対して


ニーチェは直接カトリックという名前を出して

そういった偽善で大衆を洗脳して人々の行動を統制しようとする


カトリックのあり方に批判を加えたけど


バフェットはそういうカトリックとかの名前は出さないけど

「自分のために働くことは良いことだ」

と、言うわけです。



ちなみにこのバフェットの言葉に似た言葉がニーチェの言葉でもあって


バフェットは「時間を自分のために使い」というのを重視するわけだけど

一方ニーチェも、同じような格言を残していて


「1日の時間の3分の2を「自分のために」使っていない者は

奴隷同然である」


と言ってるわけですね。



だから起きてる時間が16時間だったとしたら

1日10時間くらいは自分のために使えていないとその人は奴隷だ

とニーチェは言ったわけです。



「自分のために使う時間」について


バフェットは1時間でもいい、というスタンスですが

ニーチェは最低10時間だ


くらいの違いですよね。


ただバフェットもニーチェも、実は根本的に同じ思想が

根底にあるわけですね。



この辺が分かるとバフェットの格言の奥深さが分かってくるわけですね。


それでまずは私たちは自分自身のために働くべきだ、

ということでして、


これが自営業という生き方でありますね。



そしてバフェットが言う、1日1時間を自分に使う、

というのはとても大事なことですね。



この1日1時間というのをもっと伸ばせるように私たちは

努力していくといいんだと思います。


それで今のその働きが「他人のため」なのか「自分のため」なのか

は考えたほうがよさそうですよね。


多くの場合自分のためになってると

自己暗示をかけてるだけであったりして


実際は他人のために働いてることが多いものですので、



ここで自分本位の、読者さんだけのために働く時間というのを

作るのは重要になってくると思いました。



ちなみに日本では家族との時間を犠牲にして

会社なりで働く人が多いわけですが



一方日本以外の国は 家族との時間を過ごすためにカネが必要だから

会社なりで働く、と考える人が多いわけです。



だから仕事が終わったのに上司や会社が例えば

飲み会を空気的なものを作って強要したとしたら、

そこで家族とすごす時間を上司が剥奪しようものなら、

それは問題になるわけですね。



あくまでも「自分の幸せ」というのが先にあって

その後に顧客とか他人の幸せってのがある、と考えるのが日本以外の国の

傾向だと思います。



バフェットの「自分のために働くのが一番重要である」というのは

まさにその価値観を象徴するものだけど


これは今の日本人の大多数にも大事な価値観じゃないかな~

なんて気もしました。


そして「自分のために働くのが一番重要」であると考えたから

バフェットは投資一直線になれたわけですね。



そういう意味で考え方、マインドとしてはこの辺がすごい

投資家として重要なのかな

って私は思いますね。



それではまた!




ゆう









☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
   【投資系の新案件です!】


【簡単3ステップ】
  ↓ ↓ ↓
月収50万円の受け取り方法

1)システムを起動
  ↓ ↓ ↓
2)音が鳴るまで好きに過ごす
  ↓ ↓ ↓
3)音が鳴ったら指示通りに発注

たったこれだけで月に50万円稼げる「非売品システム」を無料提供中です。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/

《実践者の成功率100%》


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください